個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

うろ覚えの記憶なので、はっきりしないのですが、「女の子の11歳の誕生日に真珠を贈られると、幸せになる」ということを聞いたことがあるのですが、こういう言伝えがあるのでしょうか?あれば、それはどういった由来なのでしょうか?
ご存知の方が、いらっしゃいましたら、お教えいただければ幸いです。宜しくお願いします。

A 回答 (4件)

社交界デビュー記念に、純血のシンボルとして真珠を贈るというのが有ります。



ヨーロッパでは娘が誕生すると、お誕生日ごとに一粒づつ真珠を贈る。

真珠は高貴や富、健康、長寿の象徴とされています。

古代ギリシアでは「MARAGARITES(光の子)」と表されていました。

真珠は宝石の女王と言われています。

天然真珠ができるまで大粒のものは10年以上かかります。

ご質問の「11歳の誕生日に・・・」と言うのは
直接聞いたことが無いのですが
上記の事柄が何か関係していればと思い回答してみました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
やはり、社交界に関係しているのですね。

お礼日時:2002/11/04 08:39

「社交界 デビュー記念 ーー 純潔のシンボルとしてデビューの門出に贈る」というのもあるそうです。


http://www.rakuten.ne.jp/gold/murata/page/tanjos …
ただ、社交界にデビューするのが11歳なのかどうかは・・・?

守護石となる宝石の力は強いのであまり幼いうちは持たせるな、という話はどこかで聞いたことがあるのですが、
11歳ともなれば、解禁(?)なのでしょうか。

参考URL:http://www.rakuten.ne.jp/gold/murata/page/tanjos …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/04 08:38

『ヨーロッパでは、誕生日ごとに真珠を一粒ずつプレゼントする』


という話しでしたら、聞いたことがあります。

http://s-russia.co.jp/ayan/pearl-1.html

参考URL:http://s-russia.co.jp/ayan/pearl-1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/11/03 22:48

すいません。

聞いたことが無いです。

私が聞いた話では、女の子が19歳の誕生日に銀の指輪を贈り、20歳の誕生日に金の指輪を贈ると幸福な結婚ができるというものです。

ただ、別に指輪なんざもらわなくても幸福な結婚はできますし。
この現代社会においては、価値観が多様化していますから、結婚が幸福とも限りません。一人で生き、社会的にも成功を収め、なおかつボランティア等の社会貢献をされている女性だってたくさんいらっしゃいます。彼女たちが結婚していなくても、別に不幸扱いする人は居ないはずです。

そう考えると、別に11歳に真珠なんかあげなくてもよいのではないでしょうか?
宝石業界の戦略に喜んで乗ることもないかと思います。

ちょっと失礼な言い方になりますけど、11歳の誕生日に真珠をあげなければ幸せになれないのなら、ずいぶん女というのは金のかかる「俗っぽい嫌な生き物」ではないかと思います。(ちなみに、私は女です)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

Goriraimoさんのおっしゃるとおり、宝石屋の陰謀(?)であるのならば、私もそんなことをするつもりは一切ありません。
そのためにも、どういった由来なのかをお聞きしたかっただけです。

お礼日時:2002/11/03 22:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング