いつも丁寧な回答ありがとうございます。今回も是非回答をお願い致します。

【Aは弟Bとその子(Aの甥・姪)C・Dの3人と昨年2月末から同居していた】
 →Bが妻に出て行けと言われ、Bは無職だった為生活できないという理由から。
  又それ以前にもBの子より連絡を受け、Aは光熱費や食料を提供していた。
【Bは約3ヶ月間職がなく、その間Aが全ての生活費を出していたが、就職後月3 万円をAに支払うようになった】
【8月頃よりBが3万円の支払いをしぶるようになる。その後「3人の晩御飯はい らない」とAに申し出、そのかわりに3万円は支払わないと言う】
 →AがC・Dに何度か注意したこと(トイレの電気は使ったら消せ、などの日常生  活に関するささいなこと)をいじめと取っていたらしい。
【結局1月末にBは行き先も告げずに出ていった】
 →AはBの行き先を調べ、Bに今までの光熱費等支払いを求めたが、Bは拒否。
  Bは「自分達はそんなに光熱費を使っていないし、いじめによって追い出され  たのだから払う必要はない」と言う。

以上が状況を簡単にまとめたものです。
Aは自らも借金がある中B達を助けてきたにも関わらず、「恨みこそすれ感謝などしていない。兄弟の縁を切る」とまで言われ、大変なショックを受けています。
そこで皆さんにお伺いしたいのですが、AはBに今までの生活費などを請求することはできるでしょうか?もちろん契約書などというものはありませんが・・・。
ちなみに光熱費の領収書はすべてあり、それ以前にB宅の光熱費や食費を支払った領収書もあります。自宅の電話は通話記録があります。又A名義の携帯をBが使っていたのですが、それの領収書もあります。あとA宅は賃貸住宅なので毎月家賃も発生しています。
Bに何とか思い知らせてやりたいのです。
回答をお願い致します。


 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

法的な見地からお答えします。


まず、AとBは兄弟でありますので互いに扶養義務があります(民法877条)。次にCとDに対しては「特別の事情」があるときは、家庭裁判所はAにその扶養義務を負わせることができます(同条ニ項)。この「特別の事情」には同居者であるという事情も含まれますからあるいは裁判所はこれを認定するかもしれません。

以上のことよりAはBとの関係では扶養義務があるため原則的に扶養料請求は出来ません。ただ、明治34年ですが、「過去の扶養料は請求時以降の分に限り請求することができる」という判例があります。そのため請求時以降に関して扶養料が発生している場合に限り請求できると考えます。
次にC及びDとの関係について。
この場合には、家庭裁判所の審判がない以上、Aには扶養義務は発生していないと考えられます。従ってこの2人に関しては扶養料請求が可能と考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
法的にどうなのか知りたかったので大変参考になりました。
C・Dに対しては今までにかかった費用を請求することが可能なわけですよね。
ただ、CとDは未成年なので実質Bに請求することになるのではと思うのですが、
その辺はどうなんでしょう?
もしよろしければ詳しくご説明頂けますでしょうか?

お礼日時:2001/02/12 21:27

補足します。


CDには法的には行為能力がありませんので、その法定代理人であるBに請求することになります。
今までのいきさつを考慮すると、そうすんなり請求には応じないと思います。内容証明をうってもあまり期待できないかもしれません。場合によってはいきなり支払督促を申し立てた方がいいかもしれませんね。これもあくまで法定代理人であるBに対してですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足ありがとうございます。
そうですね、多分普通に請求しても無視されると思いますので、少々強く(あくまで合法的に)請求した方がいいですね。
早速相談してみます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/02/13 10:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生活費がかかりすぎてる気がします

夫婦2人で毎月200万程の収入が有ります。(ボーナスは別)
100万は貯金で100万は生活費です。
別に何かに困ってるわけじゃないんですが他の人の生活費を見てると夫婦2人で毎月30万の収入で貯金までしてる人たちがいます。
私も残せるものなら将来のことも考えて少しでも多く節約したいと思っているのですがどうもやりくりが下手なようで空回りするばかりです…。
主人に話しても今のままでもいいからそんな神経質になる必要は無いと言われますが、私自身、やっぱり他人と比較してしまい、自己嫌悪におちてしまいます。

皆さんはどのように生活費をふりわけていますか?
光熱費などの節約方法とかも教えて下さい。
(なぜか我が家は月5万以上かかっていて、これって高すぎますよね・・・?)

あと、生活費などの参考になるサイトが有れば教えて下さい。

Aベストアンサー

夫婦合わせて200万の収入が毎月ですか!?
羨ましい限りですね。

節約に関してのサイトですが、検索エンジンに「節約」と
入力するだけで、こんなにたくさん出てきます。
http://www.google.com/search?hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E7%AF%80%E7%B4%84&num=50

節約自体は、結構どんぶり勘定でもいける気がします。
ウチはそんなカンジですし。
どうすればいいか分からないときは、まず生活の中で優先順位を
つけてみてください。
例えば、同じ食事をするのでも、外食をするのと家で作って済ますのでは
金額的にも随分違いますよね?
洋服なんかも、ムリに買わなくても何とかなるハズだし。
それだけで多少、無駄な出費は抑えられるんじゃないかと思います。
光熱費は削ろうと思えば、いくらでも何とかなります。
あとは、検索してご自身で調べていただいた方がいいでしょう。

では、頑張ってください!

QA社がB社へ社員を派遣するのに、A社とB社の社長さんが同じ人って、ありですか?

バイトを首になったので新しく正社員さんになろうと思って、会社を探したら自分に合いそうなところが見つかりました。
そしたらそこから別の会社に出向(?)するための募集だそうです

ところが、その出向させられる先の会社の社長さんも、募集している会社の社長さんと同じ人なんだそうです。それって、怪しいんでしょうか?。

派遣会社って何か法律とかに縛られていませんでしたっけ?よく、派遣会社登録~号とか求人票に書いてありますよね。この会社はかいてないんです。
出向(?)なら派遣会社ではないんでしょうか?
同じ社長の会社へ派遣するって何か深い意味があるんでしょうか?

もしかして、雇われた会社だけ倒産とかしてまた首になると困ります。
とても不安なんですが条件はいいんです。
どなたか、わかられる人がおいでになれば、どうか御教授ください。

Aベストアンサー

出向には、元の会社に籍を残して出向期間が終わったら戻ってくる在籍出向と、籍を移して元の会社に戻らない移籍出向とありますが、通常はすでに雇用している社員を役職定年などを機に、他の会社で就業させるときなどにいうように思います。

在籍出向させるために新たに雇い入れ、ずっと出向先の会社にいるのであれば、労働者派遣と同じ就業形態ですから、労働者派遣法違反になる可能性が高いです。違法と思われないように便宜的に「出向」とよんでいるだけで、派遣の許可を取らずにもぐりでやってる違法行為かもしれません。特に社長が同一であれば、かなり怪しいです。労働者派遣事業の許可や監督は、都道府県労働局がしていますから、労働局に相談されることをおすすめします。

なお、「専ら(もっぱら)派遣」というのは、特定の企業だけを対象に労働者派遣を行うことを言い、専ら派遣を行うために労働者派遣の許可を受けることは認められていません。大企業のグループ内の派遣会社も、グループ内企業にしか派遣しないとすることはできず、新たな派遣先確保を行うよう指導を受けているはずです。

Qもしもの為に生活費を貯金

実家暮らしなのですが
もしもの為に生活費の4カ月分を貯金しておきたいのですが
そもそも生活費ってどの事を言うのでしょうか?

一人暮らしならば、
家賃、水道光熱費、食費、雑費、携帯代などを生活費と出来ますが
実家暮らしの私は
手取り13万のうち
6万を親に入れ
雑費10000円、自分の食事代、10000円、服代20000円
飲み代10000円、交通費5000円、化粧品5000円
ジム10000円です。

どれを生活費とすればいいのかわかりません。
それとも親にお金を渡してるので
もしものための生活費の貯金はしなくても大丈夫でしょうか?

年齢は28歳です。

Aベストアンサー

もしもの生活費は、だいたい半年分が必要と言われています。

あとは、100万円もっていれば、多少の期間はなんとかなるようです。

質問者様の今かかっているお金は、生活費とは言わないと思います。
生活するためのお金・・・電気、ガス、水道、家賃(住宅費)、食費、交通費、などです。

Q会社Aからの注文に対し、会社Bが支払う場合。

Aという会社があります。
この会社には同じ経営者が経営するBという会社もあります。


Aという会社から100万円ほどの注文がありました。

無事納品も追え、請求段階になって
支払いは会社Bからおこす旨の連絡が来ました。


この場合は何か法律に触れますか?

Aベストアンサー

ご質問を拝見する限り、御社がA社に申出に応ずることが、何かの規制の脱法行為になって、あとあと御社に累が及ぶということには、なりそうにありませんが…。

ご質問を拝見してケースとして考えられる法律関係は…。
1 債務引受の場合(免責的債務引受又は重畳的債務引受)
2 第三者のためにする契約の場合
3 履行の引受の場合
ざっと、こんなところでしょうか。
1の債務引受のうち、免責的債務引受については、#1の回答者さまが詳細にご回答になっているとおりで、私から付言させていただくことはありません。
あと、「重畳的債務引受」というのは、ご質問のケースであれば、A社のほか、B社も債務者になるということで、御社としては、はどちらの会社にも代金の請求ができるようになる場合です。
2の「第三者のためにする契約」であれば、ご質問のケースであれば、A社がB社に対して債権を持っていて、その債権の弁済(支払)を原資としてA社が御社への支払を考えている場合、その支払を、A社がいったんB社から受け取って、更に御社に支払うという手間を省き、B社から、直接御社に支払う場合ということになります。
3の「履行の引受」というのは、ご質問のケースであれば、御社に対する債務者はあくまでもA社なのですが、(債務者はA社のままで)単に現実の支払行為だけを、B社が、A社の履行補助者として実行するだけの場合ということになります。

さて、ご質問のケースがいずれに当たるかは、結局、A社の代表者(兼B社の代表者)に聞かなければ分からないことになります。ただ、御社としては、A社代表者の意図がどこにあるのか、きちんと把握し、これを書面化=本来の契約書とは別個に、債務の弁済方法に関する契約書として作成しておくことが肝要であると思います。
この場合、ご質問のケースを重畳的債務引受として整理ができれば、御社としては、A社にもB社にも請求できることになるというメリットがあることになりますし、これを「履行の引受」として整理できれば、万一のB社の不履行の場合にも、あくまでも債務者はA社であることを明らかにできるメリットがあることになります。

ご質問を拝見する限り、御社がA社に申出に応ずることが、何かの規制の脱法行為になって、あとあと御社に累が及ぶということには、なりそうにありませんが…。

ご質問を拝見してケースとして考えられる法律関係は…。
1 債務引受の場合(免責的債務引受又は重畳的債務引受)
2 第三者のためにする契約の場合
3 履行の引受の場合
ざっと、こんなところでしょうか。
1の債務引受のうち、免責的債務引受については、#1の回答者さまが詳細にご回答になっているとおりで、私から付言させていただくこと...続きを読む

Q定年後の生活費

よく定年後の一カ月の生活費は28万とか?
ゆとりのある生活費は38万と聞きました。
ただ立場により違うと思いますが、収入が年金受給(17万)のみの生活なら、健康保険・市府民税は上記の生活費に含まれて要るのか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

>現在の生活費が40万弱掛かり~妻が不安がって要るが事実です。

持ち家で月40万の生活としたら掛かり過ぎですね、一般的には持ち家での場合は、全てを含めて(税金、車の保険、自家用車(普通車、但し車庫付)で夫婦がそれぞれ2万円程度の小遣いを取って31万としたものらしいです。ただし これは住宅や何らかのローンが残っていたり、賃貸住居の場合は参考にならないです。

試算で、
年金月17万x20年=4,080万
手持金・・・・・・・=4,000万
    計・・・・・=8,080万

現在生活費40万、
月生活費40万x20年=9,600万
手持金と年金計・・・・=8,080万
   不足金・・・・・=1,600万

仮想生活費31万、
手持金と年金計・・・・・・=8,080万
月生活費31万x20年・・ =7,440万
    残額・・・・・・・=  640万

従って現状としては月の生活費を31~32万で押さえる必要がありそうですね、しかし 長期の入院治療費、住宅の補修費は入っていません。

ご自分宅の正確な生活費を算出するには1年間、出来るだけ正確に記録し12で割って出すのが一番です。

>現在の生活費が40万弱掛かり~妻が不安がって要るが事実です。

持ち家で月40万の生活としたら掛かり過ぎですね、一般的には持ち家での場合は、全てを含めて(税金、車の保険、自家用車(普通車、但し車庫付)で夫婦がそれぞれ2万円程度の小遣いを取って31万としたものらしいです。ただし これは住宅や何らかのローンが残っていたり、賃貸住居の場合は参考にならないです。

試算で、
年金月17万x20年=4,080万
手持金・・・・・・・=4,000万
    計・・・・・=8,080万
...続きを読む

QAがBに業務処理を委任し、BとC間で締結した契約の、Bの委任終了に伴う権利義務について

 AがBに対し、物品の売却業務を委任し、それに伴ってBがCと、それぞれ、契約の当事者として物品売買契約を締結しました。
 その後、物品の引き渡しや代金の支払いなどの契約内容が履行される前に、AがBに対する委任を解除しました。(そのことについてBは同意しています)
 そして、その後当初AがBに委任した内容と同じ内容をEに委任しました。
 このような状況で、BとCの物品売買契約内容を、EとCの物品売買契約として認めることはできますか?(Eは引き継ごうと思っています)
 できるとすれば、どのような手続きを取ればいいんでしょうか?
EがCに対して、Aから委任を受けましたということを通知して、Cが承諾すれば成立するんでしょうか?
 BとCの契約を解除し、EとCが新たな契約を結べばいいとも思いますが、どうなんでしょうか?(民法でいう更改?)
 Aは本社、B、EはAの営業所で、会社内部の取り決めでBに委任されていた内容をEに委任することになったという状況です。
 Cは個人のお客様です。
 このようなことを、法的にはどういうんでしょうか?

Aベストアンサー

>BとEは、A会社の営業所ですので、同じ会社、法人ということになると思っています。

 そうしますと契約当事者は、A会社とCであって、BとCではありません。B(正確には、A会社営業所Bにおいて権限を有している者)は、A会社の内部的な業務権限の配分により、A会社の代表者に代わって、A会社の名において、ある物品販売の契約を締結する権限が与えられているのであって、B(の権限のある者)が契約当事者になるわけではありません。
 従って、内部的にE(の権限のある者)が引き継ごうか、契約当事者はA会社であることに違いはなく、法的に独自の意味を有するわけではありません。当然、Cの承諾も不要です。(Eの担当者が引き継ぐことを知らせるのは、客商売としては当然でしょうが。)

Q妻が生活費を上げてくれと言ってきます

妻がよく生活費を上げてくれと言ってきます。

私 35歳 (手取り 45万くらい、ボーナス無)
妻 33歳 (手取り 2~3万くらい? 不明です)
子供 2人(9歳、8歳)
妻の母が同居(手取り 不明)

現在妻に生活費として10万円渡しています。
光熱費、通信費、教育費、住宅費、自動車維持費、レジャー費などは上記
生活費に含まれておらず、外食も月1回程度(行かない月もあります)です。

生活費の内訳としては、
・食費
・日用品
・雑費
・妻・子供の医療費(定期通院ではなく、たまに歯医者に行くぐらい)
ぐらいなのですが、10万でも足りないと言ってきます。

私的には普通に生活ができる位の生活費を上げているつもりですが、
みなさんから見て如何でしょうか?

Aベストアンサー

10万はちょっと厳しいかなー。
もちろん10万で足りる月もあるでしょうが、
足りない月の方が多いのではないでしょうか?

うちは大人2人、小学生2人、幼児1人の家族ですが、
食費が結構かかります。
うちは米代月6000円、
あとは1日1500~2000円(1人300~400円)に収まるよう努力しますが、
小学3,4年にもなれば大人並みに食べるので、
月に1,2度の外食や嗜好品も含めて食費だけで6~7万円かかります。

日用品は、6000~1万円。
学校の集金類や文具等2人分で、7000~10000円。
あとは子供会会費やPTA会費、地区会費や自治会費、寺割、
半強制的な募金など、月で割ると5000円。
その他に医療費や奥さんや子どもの美容・理容代、
子どものお小遣い等や子どもの関係するイベントなど・・・
1つ1つは少ないですが、積み重ねると結構な額がかかるんですよ。

質問者様宅は大人3人子ども2人なので、
うちより食費がかかっているかもしれないですね。
でも通信費がやけに高いようですが、
ここを1万削って生活費にあててはいかがでしょうか?
奥様が浪費してる訳ではなく生活費でしょ?
あまり倹約し過ぎると食事の質も落ちますし、
もう少し柔軟に対応してあげて下さい。

10万はちょっと厳しいかなー。
もちろん10万で足りる月もあるでしょうが、
足りない月の方が多いのではないでしょうか?

うちは大人2人、小学生2人、幼児1人の家族ですが、
食費が結構かかります。
うちは米代月6000円、
あとは1日1500~2000円(1人300~400円)に収まるよう努力しますが、
小学3,4年にもなれば大人並みに食べるので、
月に1,2度の外食や嗜好品も含めて食費だけで6~7万円かかります。

日用品は、6000~1万円。
学校の集金類や文具等2人分で、7000~10000円。
あとは子供会...続きを読む

Q3万円以下の領収証

飲み食いで使われた27000円の領収証があるのですが、印紙が貼られていません。印紙は必ず貼らなければ行けないのですか?もしかして貼らなくても良い、特例とかありますか?

Aベストアンサー

物品購入や飲食の売上代金の領収証に関しては、
3万円以上100万円までに対し200円の収入印紙が必要です。
3万円未満の場合、収入印紙は不要です。
なのでshinnyouさんの場合は、収入印紙不要ですね!

Q再婚相手との生活費の分担は?

バツイチ(女)で、子どもが一人います。再婚を考えているのですが、生活費の分担についてアドバイスお願い致します。
仕事は今後も続けます。
年収は結婚相手とほぼ同じか、相手の方がやや多いくらいです。
養育費は全面払うつもりです。
その他、家賃や水道光熱費、食費などの生活費について、いろいろな分担の仕方があると思うのですが、長年うまくやっていくには、どのような分担方法がいいのでしょうか?

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは、2回目です。

「どんぶり」と曖昧な表現を使い申し訳ありません。「どんぶり勘定」・・・計画性がなく予算を立てずに生活し余ったら貯金、足りなかったら給料日前は極貧生活のような意味です。それの「勘定」をとって「どんぶりにする」と勝手な言葉を造ってしまいました。

今回使った、「どんぶりにする」とは決して悪い意味合いはなく、2人で細々分けずに生計を立てるという意味では「通帳をひとつ」と同じくらいの勢いでした。

しかし、返信の中で、今は同棲の状態であり、籍を入れていない状態とのこと、「通帳ひとつにする」のはやはり男の方がびっくりしてしまうかもしれません。よって、実態がひとつになっていればいいのだと思います。基本、男のほうが生活費全般家賃光熱食費デートを出し、あなたは、お子さんの養育のみでよいと思います。何も男に甘えろといっているのではありません。逆に男が調子に乗らないようにあなたのお金はあなたが管理してほしいと思います。俗に言う「財布は妻が握っている」状態がいろんな意味で家庭がうまくいくように思えます。

Q約束手形を受取りました。領収書には3万円以上収入印紙を貼るのですか?

小さい町工場の経理をしています。はじめて約束手形を受け取りました。が当社が領収書を発行するにあたり3万円以上の手形だった場合、は領収書に収入印紙を貼るのでしょうか?前に手形の場合、収入印紙は不要と聞いたことがあるのですが。

Aベストアンサー

>領収書を発行するにあたり3万円以上の手形だった場合、は領収書に収入印紙を貼るのでしょうか?

金銭又は有価証券の受取書や領収書は、印紙税法の17号文書に相当しますので
収入印紙を貼付する必要があります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/7105.htm
http://www.taxanswer.nta.go.jp/7141.htm


>手形の場合、収入印紙は不要と聞いたことがあるのですが。

手形の収入印紙と領収書の収入印紙
  手形 10万円~100万円 200年
  領収書 3万円~100万円 200円
手形金額が5万円の場合、手形には印紙は要りませんが、領収書には必用です。
 このあたりと混同されているのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報