親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

皆さんこんにちは。よろしくお願いします。

ラジコンで飛行機(低翼トレーナー)を飛ばしています。エンジンは4サイクルです。
車やバイクのエンジンはよくわかるのですが、ラジコンのグローエンジンの仕組みが
よくわかりません。

ふと思ったんですが、、、、
OILは燃料に含まれています。2サイクルはガソリンエンジンも同じですが、OIL
の必要な部分には、ガソリンも通るのでOIL混合燃料でOKです。
でも、4サイクルは給油が必要なプッシュロッドやヘッド周りに燃料は通りませんよね?
(クランクケースを通らずにシリンダーに入る)
4サイクルの場合、OILはどのように回っていくのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

質問の件、私も疑問でしたが自分でOHをするようになり理屈がわかりました。


標準的なOSエンジン(他メーカーもほとんど同じ)の場合、クランクシャフトのカムギア部分からOHVのプッシュロッドのアウターパイプを通してシリンダーヘッドにオイル(混合気)を回しています。
クランクケースからの加圧で上げるのか、ヘッド内に負圧が出来て呼び込むのかまでの解明は自分にはわかりません。
キャブからバルブを通して直接シリンダーに混合気が入るのに、なぜクランクケースにもオイルが回るのかも謎と言えば謎ですね。
グローエンジン燃料独特の約20%もある潤滑オイルですから、未燃焼オイルをうまく使う理屈なんだと勝手に思って納得しています。(クランクケースからのドレンニップルがあるくらいですからね)
    • good
    • 0

2ST的な 混合気による潤滑を行っています


詳しくは 下記 URLにて

参考URL:http://allabout.co.jp/gs/radiocontrolplane/close …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

OILの通り道は、ピストンとスリーブの隙間からクランクケースに入り、プッシュロッド→カムとなるわけですね。よくわかりました。

お礼日時:2008/04/22 17:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QエンジンRCで付着したオイルの掃除に付いて

タイトル通りですが、皆さんはどの様にして機体(車体)に付いたべとべとオイルを拭き取っていますか?
掃除するコツ(?)等ありましたらアドバイスお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

油汚れは油で落とすのが基本ですので、潤滑剤CRC556や灯油を 布にしみこませて拭けば落ちます
 狭い所の汚れは スプレー式の潤滑剤でノズルをつけてふかせば落ちますよ。
 
 ですがプラスチックが有る場合その部品の劣化を促進してしまう場合があるようです ですからつけたまま放置などはしないように

 あとマジックリン(レンジ周り用)というのも使えます
 ただこれは軸受けあたりに付着すると 錆や軸受けの破損につながりますのでこれも 放置はしないようにしてください。

Qラジコン飛行機で、2スト4ストの排気量比較

皆さんよろしくお願いします。
普段は高翼40トレーナーを飛ばしています。低翼にステップアップするの事にしました。
現在2ストと4ストのどちらにしようか、検討中です。

ちなみに、4ストの経験はあります。40クラスを2機持っていて、OS46LAとFS
-48を乗せています。機体は異なるので不正確ですが、どちらも軽快さは似ています。
(例えば、宙返り・・・どちらも同じ大きさで同じような軌跡を描きます)
ちなみに、手で持ってみると4スト機は2スト機より200gくらい軽く感じるんです。
と言う事から、私の感覚では2ストの1.2倍の4ストだと同じパワー感と思います。

本題ですが・・・
40~60クラスの低翼スポーツ機の場合、同じパワー感で飛行するには4ストの排気量
は、どれくらい必要なんでしょうか?
もちろん、エンジン・機体とも、メーカーや機種によって違うと思います。操縦者の技量
や感覚によっても違う事でしょう。フリー飛行とJRAパターンでも異なるでしょう。
ですから、個人的な感想でも良いので皆さんの換装基準を教えて下さい。
(キットに適応排気量が書かれていますが、無い機体もありますし、基準も各機種で
ばらばらのようです)

皆さんよろしくお願いします。
普段は高翼40トレーナーを飛ばしています。低翼にステップアップするの事にしました。
現在2ストと4ストのどちらにしようか、検討中です。

ちなみに、4ストの経験はあります。40クラスを2機持っていて、OS46LAとFS
-48を乗せています。機体は異なるので不正確ですが、どちらも軽快さは似ています。
(例えば、宙返り・・・どちらも同じ大きさで同じような軌跡を描きます)
ちなみに、手で持ってみると4スト機は2スト機より200gくらい軽く感じるんで...続きを読む

Aベストアンサー

個人的には、
40・・・YS63クラス YS以外70~90クラス 
60・・・YS90クラス YS以外90~120クラス
かなぁー。

スローフライトなら小さい目、パワーフライトなら大き目(限度がありますが)非力なフライトも楽しいものですよ。
最近は電動にこっていますので。(余談でした)<(_ _)>

Qラジコン飛行機のエアブレーキの設定 JR・PCM10X使用

私の所属しているラジコンクラブではF3Aスタント機を飛ばしている先輩たちは着陸の時、両翼のエルロンを跳ね上げ、ブレーキをかけて降りてきます。私もその設定をしたいのですが、先輩たちのプロポはみんなフタバ、私だけJRのため、設定のしかたをわかるる人がいません。そこで皆さんの知識をお借りしたいのですが、

ウイングタイプをフラッペロンに選択するところまでは行きました(コード22)。それからの設定操作がわかりません。スイッチを選択し、両エルロンを跳ね上げるかげんを数値設定し、エレベーターにミキシングをかけるのだと思いますが、具体的にどのようにするのでしょうか。みなさんよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

追伸です
JRだと、フラッペロンではなく、スポイロンの設定がありませんか?

Qグローエンジンに詳しい方お願いします、教えて下さい。

グローエンジンに詳しい方お願いします、教えて下さい。
約2ccのオフロードカー用グローエンジンですが最近調子が悪く、エンジンが冷えていれば(最初の時のみ)問題なくスロットONで吹けあがりますが、熱く(適正温度内)なるとスロットONでエンストします、エンストしてもすぐにリコイルで一発始動なんですが、又スロットONでエンストです、メインニードル、スローニードル、アイドリング調整ネジを総て初期設定にしても、まったく同じ現象です、この故障の原因はなんでしょ?対策はどのようにすれば良いのでしょうか?一応キャブレターは、ばらして洗浄、エンジンは、ばらしていませんがエンジン用洗浄オイル注入でリコイルを引いて洗浄しましたが、エンジンもばらした方が良いですか?よろしくご回答下さい。

Aベストアンサー

No.1です。補足にお答えします。

>5.2ccエンジンはあの後普通に戻り順調に動いています、
前回回答がお役に立ったかは解りませんが、取りあえず良かったです。

>キャブ過熱でパーコレーションを起こしてませんか?(これは分かりません?~)
これはこの意味で使っています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
この中では「キャブレター到達前に」と言っていますが、私はキャブレター内での
ことも指して言っています。ですが、再始動可能なことを含めると可能性は低い
かもしれません。これより大きいエンジンではこれで再始動が難しくなることは
あることですので項目に加えたのですが。

>アイドリングが低すぎませんか?(これは少し高いぐらいなので大丈夫だと思います)
>アイドルでの混合気が薄くありませんか?(これは停止状態でアイドリング調整ネジで隙間を1mm以下にしていますがOKですか?)
あくまでスロットルの開きは見た目は「目安」ですので、実際の回転で決めて下さい。
車ならクラッチが切れればいい筈ですので、この許容内で高めにすれば吹け上がり
のトラブルは減ると思います。本当は回転数を計れればいいのですが。(プロペラや
ローターのある飛行機・ヘリは光学式のタコメーターを使えますが、車ではフライホイル
にマーキングして計るか、振動/共振式(バイブレーションタコメーター、vibra-tach)が
無いと無理です。)

>(ならしも含めて10タンク650ccぐらいです) 
そうは使ってないとも思えますが、何しろカー用エンジンの常識は知らないもので正しい
判断がつきません。最近のカー用エンジンでは中にはレースだけ持てばいいという発想
の極限まで突き詰めたものもあるようですし、その「10タンク分」がどう回されたか見て
もいない訳ですので。ただこの数字では一般的には問題ないとは思います。
この件についてラジコンカーに詳しい諸兄がご覧になっていてコメントを寄せて頂ければ
幸いです。

後、スローニードルが初期位置で甘めとは限りません。メーカー説明書でメインは甘めに
指定されるのが普通ですが、新品・修理品ではメーカーで「スローが続かない」とのクレーム
を避けるためか、スロー側は若干薄めになっていることがあります。最近のOSではこの傾向
があるという話も聞きます。あくまで現状で合わせて下さい。絞る・開けるも「~回転」ではなく
No.2の方のおっしゃる通り、角度にして15°~30°ずつくらいのものです。

また、全くエンジンメーカー名も型番もお聞きせずに回答してましたが、プラグは説明書
推奨でいい筈です。最近のカー用ではロングリーチ/テーパーヘッドプラグのエンジン
(OSでいう「Tシリーズ」)もあるのでNo.2の方の推奨するショートリーチのOSNo.7が適合する
とは限りません。(フタバ・OSのカタログ誌をご覧になったことがあればご存知の筈ですが)
また、使用燃料(主にニトロ含有量)で最適プラグは異なります。一般には
ハイニトロ燃料で気温が高い程、コールド側のプラグを選択します。

>(まず近くにそういった店がないのです、~
そうですか、残念。スロットルハイでエンストと聞いても、実際みて見ないと本当は何とも
言えないのです。何かゴボゴボとこもって止まるならスローで濃すぎとも言えますし、
スポンと止まるなら薄すぎとか判断材料があるのですが。他にも要因が多すぎて、現物
を経験者が見るのが一番なのですが、そうもいかないのですね。独力ではなかなか
大変だろうとお察し申し上げます。

>前回と今回の教えていただいたアドレスを、お気に入りに保存して困ったときの知恵にしようと思います。
他にもネット検索(このサイト内を含め)でキーワードを打ち込めばラジコンカーについて
書かれた記事はあります。そこで探すと割りに簡単に解決することもあると思います。
前回も触れた様に、グローエンジンの扱いは経験者でも日々悩む位、簡単ではありません
ので日々情報を集めることをお勧めします。専門書籍を見るのもいいと思います。

No.1です。補足にお答えします。

>5.2ccエンジンはあの後普通に戻り順調に動いています、
前回回答がお役に立ったかは解りませんが、取りあえず良かったです。

>キャブ過熱でパーコレーションを起こしてませんか?(これは分かりません?~)
これはこの意味で使っています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
この中では「キャブレター到達前に」と言っていますが、私はキャブレター内での
ことも指して言っています。ですが、再始...続きを読む

Qフラップの設定

教えて下さい!
初めて京商のスケール機(飛燕)を購入しましたがフラップの設定及び動作が良くわかりません。

受信機:8ch
送信機:FUTABA FF10
●サーボ接続
1ch:エルロン1
2ch:エレベータ
3ch:スロットル
4ch:ラダー
5ch:引脚
6ch:フラップ
7ch:エルロン2
8ch:バッテリー

●やりたい事
スイッチにてフラップとエレベータを動作させたい。
※一般的にフラップ動作スイッチはどこなのかも教えて下さい。

プロポ(FF10)のどの項目のどこを設定すれば良いのか解りません。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

設定方法まで仔細には書けませんが、概ね以下に様になるといいのではないかと思います。

・エルロンは1ch(右)、6ch(左)に割り振る。フラッペロンミキシングを使う。
・独立した1サーボのフラップは7chに振る。デフォルトでスイッチは「C」になる。
 このスイッチは 3-position なので、フラップは up - middle - full down になる。
・エレベーター/フラップ ミキシングは使わない。(これだと 2ch → 1&6ch
 ミキシングになる。) フラップトリムも使わない。(これは 1&6ch に掛かる。)
・プログラムミキシングで 7ch → 2ch ミキシングを掛ける。
 (フラップダウンで ノーズアップになるかダウンになるかは機体で異なるので
 動作量と方向は不明。フラップダウンに拠る空力中心の後退と揚力増加、水平
 尾翼洗流角の増加によるノーズアップ・ダウンモーメントの兼ね合いで決まる。)
 多分エレベーターはノーズダウン側に補正することになるとは思います。ここまでは
 離着陸時のフラップの話であり、いわゆる空戦フラップであれば 2ch → 7ch
 ミキシング をすれば可能かと思います。( ELE UP で FLAP DOWN )

結果は保証しかねます。出来れば現物を見せながら相談できる、ショップやクラブと
いった経験者の下で行って頂く方がいいのですが。そういった環境はありませんか。


 

設定方法まで仔細には書けませんが、概ね以下に様になるといいのではないかと思います。

・エルロンは1ch(右)、6ch(左)に割り振る。フラッペロンミキシングを使う。
・独立した1サーボのフラップは7chに振る。デフォルトでスイッチは「C」になる。
 このスイッチは 3-position なので、フラップは up - middle - full down になる。
・エレベーター/フラップ ミキシングは使わない。(これだと 2ch → 1&6ch
 ミキシングになる。) フラップトリムも使わない。(これは 1&6...続きを読む

Q2サイクル ガソリンエンジンの混合オイルについて

こんにちわ、宜しくお願い致します。

DLE20CCガソリンエンジンを買ってみたのですが、ガソリンに混合するオイルに何を選べば良いのか判断できず困っています。

エンジンを購入したお店ではオイルを扱って無いとの事で、2サイクルエンジンバイク用の混合オイルでOKですとの事でした。「草刈機用は使わないで下さいとも言ってました」

分かる方おりましたら、品名や混合比など教えて下さい。

Aベストアンサー

こちらのページをご参照下さい。国内供給元、OK模型のページです。
http://www.okmodel.co.jp/faq/dle/index.htm
ここ↓によれば、
http://www.okmodel.co.jp/faq/dle/d3.htm
「ガソリンとオイルの混合比(体積比)は当社取扱説明書に記載のとおり25:1(ガソリン25に対しオイル1の割合)から30:1を推奨します。オイルの混合比は、使用するオイルに指示された混合比率を守ることが基本です。
なお、オイルはガソリンと混ぜた瞬間から酸化が始まりますのであまり長期間保存できません。
混合したあと、1日、2日で使い切ってしまう場合は良いとして、そんなに大量に使わないかたはオイルの酸化防止剤が入った 市販の缶入り「混合ガソリン25:1」 を使用されることをお奨めします。
「混合ガソリン25:1」はホームセンターなどで芝刈り機などの汎用燃料として販売されていますので、どこでも簡単に手にはいると思います。」
とのことで特に草刈機用ではいけないとは書いてありません。(草刈機やチェー
ンソー用では50:1と薄いものがあるので、そういう意味なのか、品質の問題な
のかはそれを言った販売店で確認下さい。)

自作の場合は2サイクル用としてのバイク用等のオイルでいいと思います。
ヤマハ発動機製の産業用ラジコンヘリ(250ccガソリン)は指定で同社製
の2stオイルを混合していました。同種のものでいいのではないでしょうか。

説明書には「高品質の2サイクルオイルを使う様に」、また「合成2サイクル
オイルが高性能と寿命維持に推奨」とあります。
http://manuals.hobbico.com/dle/dleg0020-manual.pdf

こちらのページをご参照下さい。国内供給元、OK模型のページです。
http://www.okmodel.co.jp/faq/dle/index.htm
ここ↓によれば、
http://www.okmodel.co.jp/faq/dle/d3.htm
「ガソリンとオイルの混合比(体積比)は当社取扱説明書に記載のとおり25:1(ガソリン25に対しオイル1の割合)から30:1を推奨します。オイルの混合比は、使用するオイルに指示された混合比率を守ることが基本です。
なお、オイルはガソリンと混ぜた瞬間から酸化が始まりますのであまり長期間保存できません。
混合したあと、...続きを読む

Qフラップと翼端エルロン跳ね上げの違い

ラジコン飛行機仲間との会話で、
翼根に装着されたフラップ装備の機体で、
フラップを下げたのと、
フラップ無し、翼端エルロン機で、
エルロンを両側跳ね上げた状態では、同じ効果だと言われましたが、
私は、どうも違う様に思います。
フラップ装備の機体で、フラップ下げた場合は、
揚力増加→低速で吊れる。
それに大して、翼端エルロン跳ね上げは、
ねじり下げ効果が現れ、失速しにくいが、
揚力は、そのまま・・・・。
圧倒的に、着陸では、フラップ装備の方が有利だと思いますが、
ご意見ありましたら、お願いします。m(__)m

Aベストアンサー

翼根のフラップでは、フラップを下げることで、仰角とキャンバーが増えます。(翼端はフラップがないのでねじり下げですね)

翼端エルロン跳ね上げは、翼端のねじり下げによって、機種を上げて仰角を増やして揚力を得ます。

大きく違うのは、機体の姿勢でしょうね。
前者は、機首下げのまま降下出来るが、後者は機種を上げて降下することになりますね。

気流の剥がれを抑えられるスロッテッド・フラップや翼面積を増加させスロッテッド・フラップの構造も加えたファウラー・フラップのようなものではない、単純フラップでは、機体の姿勢以外は大きな差はないと思いますよ。

単純フラップでは、スロッテッド・フラップのように、大きくフラップを下げると、揚力よりも抗力が増えてしまいますし・・・・

Qラジコン用のエンジンについて教えてください

ラジコン用のエンジンに自動車用とか飛行機用、ヘリ用とか有りますよね?
あれって何が違うのでしょうか?
エンジンマウントの形が違うとか、ヘッドやエンジンブロックに施された放熱器の面積が違うとか以外で違いって有りますか?
用途によってトルクバンドが違ったり回転数とか違ったりするのでしょうか?
また、同じ位の排気量で同じサイクル数のガソリン機関に比べて寿命や出力の違いも教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

質問に対し貴方の予想は的を射てますよ^^

車用、飛行機用、ヘリ用との見た目の違いはエンジンヘッドです。
車用はコイルスターターが付いてる物も多いです。
車用は飛行機用、ヘリ用より少し小さいエンジンが使われます
(OSエンジンの場合、1/10クラス MAX-12 (2.1cc)、1/8クラス MAX-21 (3.46cc))

30クラスのヘリコプター用と飛行機用を比べた場合
実用回転数と馬力は同じでも・・
飛行機に使うエンジンは高回転域を良く使うのに対しヘリコプターに使うエンジンは中回転域を使います。
勿論・・最大トルクの回転数は飛行機は高回転域にヘリコプターは中回転域にありますので用途に合ったエンジンと言えます。

>同じ位の排気量で同じサイクル数のガソリン機関に比べて寿命や出力の違いも教えていただけないでしょうか?

5ccほどのエンジンで1馬力強の馬力が出てますので、軽自動車の排気量が660ccに換算すると(5ccで1馬力とした時)180馬力になる計算に成ります。
勿論小さいエンジンで大きな馬力を出しますから寿命は短いです。
(ニードルをしぼりすぎたら短命に繋がります)
それに燃料の値段が違います、ニトロの%で替わってきますが1Lで¥1.000は普通にしますよ^^;

ガソリンが高くなっても今はまだ¥180円代でしょう?

参考URL:http://www.os-engines.co.jp/line_up/linindex.htm

質問に対し貴方の予想は的を射てますよ^^

車用、飛行機用、ヘリ用との見た目の違いはエンジンヘッドです。
車用はコイルスターターが付いてる物も多いです。
車用は飛行機用、ヘリ用より少し小さいエンジンが使われます
(OSエンジンの場合、1/10クラス MAX-12 (2.1cc)、1/8クラス MAX-21 (3.46cc))

30クラスのヘリコプター用と飛行機用を比べた場合
実用回転数と馬力は同じでも・・
飛行機に使うエンジンは高回転域を良く使うのに対しヘリコプターに使うエンジンは中回転域を使います。
勿論・・...続きを読む

Qエンジンカーのブレークイン方法について

ラジコンマガジン2009年11月号の120-121ページ「近藤塾ここにあり!!」で、ベンチ上でのエンジンのブレークインの方法が解説されています。
この解説では「ニードルはいっさいイジらずに始動&始動後はスロットルを常に全開に」と書かれています。

出荷状態のエンジンですのでニードルは甘めだと思いますが、いきなりスロットル全開で空吹かしをし続けても大丈夫なのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんわ
 35年ほどエンジン関係のラジコンをやっていますが、ここ10年ほどで、ブレークインのやり方は変わってきました。
 いわゆる「テストベンチで」というのは、それよりももっと古い考え方です。測定のためにテストベンチを使うことはあります。
 使用目的(jinmojr様の場合は車に取り付けた)状態で、辛うじてスロットル全開で回転を保てる、且つクラッチがつながる回転数を保って、走らせるのが普通です。車の場合、タンクがせいぜい100cc程度でしょうから、2タンクくらい走らせればよいでしょう。
 ベアリング部分も出荷までに少しばかりの錆が出ている可能性を考えても、プラグをはずし、洗浄剤(ブレーキクリーナーなどの目的で市販されているもの)で、エンジンの中を洗い流し、スターターなりで洗浄剤を排出し、CRC 556で、ベアリングに潤滑をし、(キャブからCRCを吹き込んで)5秒ほどスターターで空回しし、プラグ穴とキャブから吹き返しが無くなった状態で、再び燃料満タンで走行。(満タンにこだわるのは、マフラープレッシャーを有効に使うため)

 「ニードルは一切いじらず」というのは、ひょっとして販売店でニードルをいじってしまう客もあるでしょうから、説明書に書かれている初期の状態を ご自身で正確に合わせてから取り掛かるべきです。

 ブレークインの際には、付属しているプラグで上記の状態を保てればよいのですが、「ニードルを絞らないと回転を保てない」ような状況のために、一段階HOTなプラグを使用しても良いと思いますし、3タンク目から、少しずつニードルを絞り始め、付属のプラグを使っても回転を保てるようになってきたら、走らせながら、少しずつニードルを絞って、安定した走行が出来るようになれば、アイドリングの調整を始めるという手順です。最近のエンジンでは、エンジンをばらした時、ピストンがシリンダーをすっぽ抜けるようになったときには、もうピストンが磨耗しきっていると判断されます。良好な状態でも上死点で回転が硬く感じられるのが正常です。
 ブレークインのつもりが、実は寿命が尽きるのを促進するのでは元も子もありません。燃料に含まれている潤滑剤が ベアリングに回りきれば、もう使い頃になっていると考えて良いと思います。プラグは、アイドリングが保てる範囲でCOLDな方向に持っていくと、フィラメントが落ちて、ポートを傷つけることを防ぐ事が出来ます。

 私はBOAT暦が長いのですが、BOATの場合、波で跳ね上げられた時に、完全に(無負荷)状態になってしまうので、ひとつのエンジンの寿命は
1年に満たない、良く仕上がったエンジンは、レース用に取っておくという感じです。1秒間に500回も燃焼、排気をすることを考えれば、壊れないのが不思議に思うほどです。

 予断序でですが、21(3,5CC)のエンジンが2,5Ph、これを実車に置き換えてみれば、3500CCで2500馬力ですよ,ラジコンのエンジンは、途轍もないストレスにさらされていると思いませんか?

こんばんわ
 35年ほどエンジン関係のラジコンをやっていますが、ここ10年ほどで、ブレークインのやり方は変わってきました。
 いわゆる「テストベンチで」というのは、それよりももっと古い考え方です。測定のためにテストベンチを使うことはあります。
 使用目的(jinmojr様の場合は車に取り付けた)状態で、辛うじてスロットル全開で回転を保てる、且つクラッチがつながる回転数を保って、走らせるのが普通です。車の場合、タンクがせいぜい100cc程度でしょうから、2タンクくらい走らせればよい...続きを読む

Qプロペラモータのスペックの見方,推力計算について

プロペラモータのスペックの見方,推力計算について


この度はよろしくお願いいたします.
http://www.rcdepot-jp.com/top_select/top_top_3.html
のサイトで販売されているPower 46 Brushless Outrunner Motor,670 kVのスペックの見方について説明をして頂けないでしょうか?
そしてPower 60 Brushless Outrunner Motor,400 kVのモータの性能の見方と比較についてお聞きしたいのですが,回転数を見るとPower 46 Brushless Outrunner Motor,670 kVの方が一分間に270回転も多く回転するので同じプロペラという条件ならこちらの方が推力は上の様な気がするのですが,何故推力はPower 60 Brushless Outrunner Motor,400 kVの方が上なのでしょうか?

最後になりますが,プロペラを付けた状態での推力の計算方法について教えてください.

Aベストアンサー

モーターの「KV値」は「電圧1Vあたりの無負荷回転数(rpm)」なので、目安の数値であって、
実際にプロペラを回した際に得られる回転数ではありません。一般にこの値が低い方が低回転
高トルクモーターだということを示しています。詳しくは「KV値」で検索されるといいでしょう。

スペックで見ると「Power 46」は40~46グローエンジン相当、「Power 60」は60相当なので
当然 Power 60 の方が大きく重く、パワーの出るモーターです。「Recommended Prop Range」
を見ても大きいプロペラを回せる仕様になっていることからも解ると思います。

推力計算式はラジコン技術誌2008年10月号の記事からそのまま引用します。
静止推力(g)  Th=(D÷10)^3 x (P÷10) x (N÷1000)^2 x 22
D:ダイヤ(インチ)、P:ピッチ(インチ)、N:回転数(rpm)、「22」:APCプロペラ用の換算数値
となるそうです。回転数は実際のところプロペラとバッテリーの選択で変わりますが、例えば
DxP=12x8ペラ 、N=7600rpm ならばこの式で 約1757g と出ます。
垂直上昇を快適に行うためには、この推力が機体重量の1.25倍以上要る、とのことです。

モーターの「KV値」は「電圧1Vあたりの無負荷回転数(rpm)」なので、目安の数値であって、
実際にプロペラを回した際に得られる回転数ではありません。一般にこの値が低い方が低回転
高トルクモーターだということを示しています。詳しくは「KV値」で検索されるといいでしょう。

スペックで見ると「Power 46」は40~46グローエンジン相当、「Power 60」は60相当なので
当然 Power 60 の方が大きく重く、パワーの出るモーターです。「Recommended Prop Range」
を見ても大きいプロペラを回せる...続きを読む


人気Q&Aランキング