輪廻とは 輪廻転生として 生まれ変わることであり 業とは 因果応報であり これら両者を合わせて 人生を捉えるとするならば そのときには 次のような疑問は起きないのでしょうか。
 いまこの世において もしわたしが 悪なる被害を受けたとするとき そのことも その結果としての被害内容に対応した原因があったということでしょうか。すなわち わたしが いづれかの過去において 悪なる行為をおこなったその報いであるという解釈になるのでしょうか。
 つまり 疑問は こうです。いま取り上げている応報(被害)というのは 現世に生まれてから 加害者と何の関係もなかったという場合であり その場合にも わたしの過去のおこないが悪かったから その縁起によるということですか という問いです。

《輪廻》:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BC%AA%E5%BB%BB
《業》:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%AD

 なお 解脱によって 輪廻の種子を断つことが出来た場合には もう人間などとして生まれ変わるということはないということでしょうか。つまり 言いかえると いま生まれて来ている人は みな 過去において解脱を実現しえなかった者ということなのでしょうか。

 単純な疑問が浮かびました。よろしくどうぞ おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (82件中1~10件)

そのような考え方は一部の宗教指導者にはとても都合が良く誰にも証明できない事をまるで衆知の事実のように言えば相手は簡単にへこみます。


今の不遇は前世行いが悪かったからだと納得してしまいますね。
これはインドのバラモン教の考えなのでしょうが大衆を骨抜きにして自らの地位を不動のものにするのにとても便利でしたね。

でもこのような思想がまかり通るなら場合によってはこの世は闇ですよ。全く身に覚えの無い前世の犯罪とやらを現世で責任を取らされる、これがどんなに理不尽な事かちょっと考えれば分かります。文明が3000年も後退してしまいます。

仮にbrageloneさんが「貴方は前世で人殺しをしたので現世では懲役二十年に処す」これが輪廻の法則だと言われたら納得できますか?
甘んじてその判決を受けますか。
冗談じゃあないですよね。
近代国家は殺人犯に対しても心神耗弱状態云々で罪に問えない場合が有ります。人殺しをした事が誰疑う事無く証明出来てもです。

なのに前世での犯罪で裁かれるなんて納得出来るはず無いでしょう。私はそのような理由もあって貴方の前世は・・・などと言う馬鹿げた話は大嫌いです。あまりにも卑怯だと思うからなのですよ。

>いま取り上げている応報(被害)というのは 現世に生まれてから 加害者と何の関係もなかったという場合であり その場合にも わたしの過去のおこないが悪かったから その縁起によるということですか という問いです。

冗談じゃあないです、そんな理不尽なこと絶対に認められません!!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答をありがとうございます。

 そうですよね。いままで こんな単純なことが 疑問に浮かばなかったんですけれど どうなっているのでしょう。たぶん 日本では一般に この因果応報説は 仏教のおしえだと思って 受け容れられているように思えるのですが これで いいのでしょうか。

 善因善果(または 楽果)そして 悪事を犯したことを因として悪い性質を帯びて生まれてくるというような悪因悪果(苦果)なら それでよいというように わたしたちは わかったようになっていたと思うのですが 悪人の行為の被害者になるという悪果は どんな場合でも その被害者じしんの過去の悪因によるということであれば 問題であるはづですよね。
★ 文明が3000年も後退してしまいます。

☆ この哲学カテゴリだけででも はっきりさせたいと思うのですが。
 さらにこの問いの行方を見守ります。

お礼日時:2008/04/22 00:19

こんにちは、brageloneさん。



●いじわるばあさんの親戚より。< いじわるばあさんの親戚って…(-_-)zzz…

ある意味 …それって… オニ? < おぉぉ))))) こわ |(><)|

第三幕もオニつながりの地獄めぐりへご招待~♪

おいらのあそびばだよ(*^^*)>゛゛゛あそびましょう~♪

【国営昭和記念公園】
http://www.showakinenpark.go.jp/child/index.htm
【有馬富士公園&人と自然の博物館】
http://www.ryuusenkaku.jp/navi/200707.html
http://hitohaku.jp/top/kaseki_news.html
http://www.hyogo-park.or.jp/arimafuji/
『ありまふじとカミナリの子』
http://www.aidy.jp/aidynews/13.arimafuji%20park/ …

【おまけ】
http://www.kcc.zaq.ne.jp/dfcln804/newpage73.htm


むむ、どこぞから 

      “おめってー のには 分別て もんは ねーのか?!”

                            声が…

ありますよ、もちあわせてはおります。

【分別】
もろもろの事理を思量し、識別する心の働き
discretion,prudence

いまの関心ごとといえば…
中高一環教育の方向へ向かう波にいささかの憂いをおぼえます。
それはなぜか?
ええ、入学,卒業といえばひとつの節目。子どもの成長段階にしたがって人と人が出会いと別れを体験する場。セレモニー。見知った集団の中から一歩出て、また一歩とその歩みを進め独り立ちの訓練を学ぶ場。中高一環、なにやら受験も無く同一の環境が用意される。ともすれば、そこで築かれた常識がすべてと思いかねない共同幻想が生まれる。人は死なないと。いっておこう、人は生まれてきたならば必ず死ぬ。誰の元にも等しく死は訪れる。死なない人はいない。人の死に直面したとき、もって行き場の無い悲しみに暮れることの無いように。我ひとりになったとき、ひとりでその歩みすすめられるように。入学,卒業のセレモニーによって歓びと悲しみを疑似体験をする。中高一環、いいこともまたあろうが、いつもどこでもその環境が用意されているわけではない。そこから一歩足を踏み出れば、未知の世界が無数に存在する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 そうですね。
 【QNo.78352 肯定(皇帝?)の国 】に 【矢井田 瞳 /My Sweet Darlin' 】をうたう乙女たちは――そこに わが国のブッディストたちも入るのかな=その理論は 歌詞と同じようですからね―― もってこいのようですね。
 
 ★ まだ死んだわけじゃーねーぜ。
 ☆ コグンフントウですね。とうとう 卑弥呼になるのかな。最後は ウーマン・パワーなんですね 《皇帝の国》は。
 わたしは 北の森の泉に憩っていますが。
 もう役者は みな引きあげてしまったようだけれど まだまだ 地獄の第三幕は つづくのですね。
 《不思議の森の泉》は よかったですよ。その昔は 聡明な麗人だったのですね。
  
 ブッディスムなる観念の帝国より 幸か不幸か 帰還した自由人より。

 * 拉致被害者の人たちは ひょっとすると 自分では 自業自得ですと言うかも知れない。・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ★ ♪ My Sweet Darlin'
 ☆ の歌詞は サッカリンの砂糖漬けだよん。もしこの内容で 共感を得る人がいるとするなら まるで おとぎの国にいるみたいぢゃわい。

 ☆ やがて 死ぬ人は 稀になるでしょう。大いなるなぞとして。

お礼日時:2008/05/14 17:29

●でも 生死即涅槃・煩悩即菩提・娑婆即浄土だそうですから 


《コトダマ》思想にのっとって この幻想の地獄は どこまでも続くのでしょうね。!


のっけから“ 地獄 ”って、、、 

        < ちょっと ちょっと ヾ(-_- )コワイってば、、、

      《 読者の皆さん、言葉に惑わされてはオモウツボ!←ココ注意!!》

よく見てみてください。地獄の前に“ 幻想 ”の文字。
前回もそうでしたが、一見オドロオドロしそうにみえるものって
これって案外見る側のこころがつくりだしていたりもします。
コワイのはコワイですから、楽しいことを思い浮かべて
シーパラダイスよろしく、“地獄めぐり”とくりゃ、温泉でしょう~♪
http://www.beppu-jigoku.com/images/jigoku.pdf
http://www.beppu-jigoku.com/
http://asianet.cocolog-nifty.com/nippon/

(*^^*)/ハイ!修学旅行へGOー☆

つづきますよ、“線路は続くよどこまでも~♪”

あっ!?ちがった

千里、千里、『千里の道も一歩から』と

…テクテクテク …テクテクテク テク


     “色は匂えど散りぬるを、我が世誰ぞ常ならむ
     
      有無の奥山今日越えて、浅き夢みじ酔ひもせず ”

        ↑
と、言ったからとて、まだ死んだわけじゃーねーぜ。
        ↓
【QNo.3346636 日本人は 死んでいるのでしょうか ANo.26】
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3346636.html


『月明かり花あかり雪あかり』 青木玉←このお話の文中に

三文字の言葉は、一字一字には何のつながりもないが、
三字寄り合うと、質の異なる美しさが互いに補い合って、
それ以上の美しさは考えられない風情が浮かび上がる。

と、ある。

で、ANo.80に『ガラスのジェネレーション』の歌詞をアップしたよね、最後らへんに“つまらない大人にはなりたくない”と言葉があるんだけれども、“つまらない”から“ら”を一字抜くと“つまない”となり“つまない大人にはなりたくない”という男性側の心情がひとつ浮かび上がってくる。それからそれから、ひとり身の男ってところで“やもめ”が浮かび上がる。“やもめ”とくれば“かもめ”かな?懐かしいところから引っ張り出してみる。

【絵本「かもめ」寺山修司】
http://blog.goo.ne.jp/masamasa_1961/e/445f70320d …
【「寺山修司評論集 アメリカ地獄めぐり」】
http://www.d9.dion.ne.jp/~sachiee/
http://sgenji.jp/search/index.html


           「唐衣」在原業平

             からころも 
      
             きつつなれにし 
      
             つましあれば 
      
             はるばるきぬる 
      
             たびをしぞおもふ


【QNo.78352 肯定の国 】
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa78352.html

【矢井田 瞳 /My Sweet Darlin' 】
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND12669/index. …

【質量】
物体を特徴付ける量であって
同じ物体である限りはかわらない

九十九であってもカウントは1
一であってもカウントは1
1:1
男と女
万有引力

【「夫婦」名言集・格言集 】
http://www.oyobi.com/maxim01/06_01p3.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 そうですね。
 【QNo.78352 肯定(皇帝?)の国 】に 【矢井田 瞳 /My Sweet Darlin' 】をうたう乙女たちは――そこに わが国のブッディストたちも入るのかな=その理論は 歌詞と同じようですからね―― もってこいのようですね。
 
 ★ まだ死んだわけじゃーねーぜ。
 ☆ コグンフントウですね。とうとう 卑弥呼になるのかな。最後は ウーマン・パワーなんですね 《皇帝の国》は。
 わたしは 北の森の泉に憩っていますが。
 もう役者は ほとんどみな引きあげてしまったようだけれど まだまだ 地獄の第三幕は つづくでしょうか。
 《不思議の森の泉》は よかったですよ。その昔は 聡明なお方だったのですね。
                 いじわるばあさんの親戚より。

 * 拉致被害者の人たちは ひょっとすると 自分では 自業自得ですと言うかも知れない。・・・

お礼日時:2008/05/14 07:43

こんばんは、brageloneさん。



★ 『鎮座まします』
 ☆ だとすると 早い遅いの違いだけだという理論になるように思われるけれど。・・・


座して死を待つ…   ちょっと ちょっと ヾ(-_- ) コワイってば、

あっ!? ちょいにてるね

ああ、まって、まって、“座して死を待つ”じゃないよ、はやまらないで

ちょいにてるね、っていってもそれは↑コッチじゃなくて↓こっち

【「空」の理論 】 http://www.joy.hi-ho.ne.jp/hiroshi-w/on-4.pdf


これはこれとして、ほやけど、これからしてみてもバケルてる。
理論でバケルといえば、理論化学、『アボガドロの法則』はずせんでしょう?
【-基礎物理定数の改訂に貢献、原子質量標準の実現に道を拓く-】
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr200 …





『ガラスのジェネレーション』
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND1394/index.h …

この回答への補足

 【「空」の理論 】の書き手は 思惟のあり方ということについて 東西両様の形態をよく踏まえて 表題の主題をめぐって よく解説しています。そして けっきょくのところ 次の結語をさらに明確な表現で述べるとよかったでしょう。
 ▼~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ・・・一切が空であるという境地を《無上正等覚》という。・・・時空を超えたところにいる それら無数の仏たちが存在するかどうかが問われることはもはやないらしい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ 《〈ブッダ葬送〉が 妥当な結論であるだろう》とつけ加えるとよかったでしょう。
 No.42へのご返事で ナーガールジュナ(龍樹)について中村元が評価するところをわたしは 書き込みました。この箇所が 重要だと思われるのに つまり
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  《わがもの》という観念を離れ 自我意識を離れたものなるものは
  存在しない。《わがもの》という観念を離れ 自我意識を離れたも
  のなるものを見る者は 〔実は〕見ないのである。
    (『中論』第十八章 アートマンの考察 第三詩)

という。これは驚異的な発言である。われわれは平生は我欲に悩まされているから 我欲を離れた境地に到達したいと思う。ところが我欲を離れた境地というものが別にあると思う人は 実は真理を見ていないのである。
    (中村元『龍樹』2002 pp.225)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この点が 大事だと思われるのに いくつか抜粋している原文の中に入っていない。
 また 立川武蔵が この空観に 慈悲の実践が その後 加えられてくるのだと言っています。そのように 《色即是空 かつ 空即是色》の両面をたずさえた(つまり 往相還相の往復切符をもった)菩薩道であることは もともと 分かっています。このわたしでさえ 知っています。
 ですが 結局 ここ( goo )のブッディストたちは この慈悲行を放棄してしまいましたね。いまの時点で そう言えるのではないでしょうか。
 もしくは 九十九匹に対しては 仏智を分かち合おうとするけれども あとの一匹に対しては 排除することによって おのれの幻想共同体を死守しようとしていることになります。
 要するに ブッダはクタバッタということになります。もともと 何もなかったわけです。空と言っているじゃないですか。
 でも 生死即涅槃・煩悩即菩提・娑婆即浄土だそうですから 《コトダマ》思想にのっとって この幻想の地獄は どこまでも続くのでしょうね。

補足日時:2008/05/12 08:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

《取り憑かれたるたましい L'irremediable》  ----Ch. Baudelaire

 観念の死か? いや生活のあり方そのものか? 
 いやいや 人間まるごとだって? 落ちてゆくとは!! 
 この晴れた空の下 何を嫌ってのことか? 落ちてゆくとは!! 
 えっ? ここは三途の川だって? まさか? 
 へどろが鉛のように絡みつくからと言って まさか!! 
 ああ あの五月晴れの宙よ! いと高き山よ!

 だが 天使だったのだ。
 ちょこっとおっちょこちょいだとは言え 愛が 
 愛が ちょこっと臍を曲げただけさ。それを この
 悪夢か? 何と遥か先にまで広がっている夢路であるか! 
 かくなる上は 苦しみ甲斐があるというものだ。

 縁起がよいとは到底言えないからと言って 
 われが たたかわないとでも? 
 それにしても この渦巻きは 何だ? 
 遥か先まで 歌をうたっているではないか。その調子はづれは 
 何だ? ああ 
 眩暈。まわれ まわれ おまえよ まわれ。

 これは われの所為ではない。われは ただ
 魔法にかけられたに過ぎぬ。この逃避行こそ 
 試みに値するのだ。青い空の下には 
 ヤモリにイモリ イグアナにオオトカゲ 
 この這い回る輩らを われは嫌っただけだ。
 われこそが光を手にする。
 
 ここは 暗闇。ランプくらいは持って来るべきだった。
 あそこには 地が穴を開けている。
 底無しの底から這い上がってくる匂い。落っこちたら 
 おしまいか。せいぜい手すりを作っておいてくれ。

 何かおるぞ。ぬるぬる坊主たち。
 燐光とは あやつらの目か。その光が 
 なお暗闇を深めておるわい。目と目とのみ にらみ合っている。

 われは ちがう。
 極北の星を われは 追い求めたに過ぎぬ。われは 船だ。
 宙を航く船だ。星のきらめきに惑わされたからと言って どうして 
 それが 罠だったのか。この落とし穴。あの星星のあわいを
 抜けて来たというその何処が まちがっていたのか。

 この定めを想えというのか。あの道こそが ここへと通じていたと
 いうのか。おれは 知っていたというのか。
 神こそが この海の導き手だったというのか。

(No.68お礼欄へつづく)

お礼日時:2008/05/20 16:28

こんばんは、brageloneさん。



解けた!

『鎮座まします』がキー

【座禅草 (ざぜんそう)】
http://photohito.com/photo/18929
http://www.hana300.com/zazens.html

でもって、

【中国語の落とし穴--054】
http://www.geocities.jp/iwa_kaz/trap054kyuukyuus …

テレコテレコで、

【集英社| デジタル読み物サイト】
http://renzaburo.jp/
「終わりは始まりII」 中村航・フジモトマサル 〔回文〕

**********************************************************************


応答をひっくりかえしたら答応
中国語で答応を発音すれば…ダーイン
ダーインってなんだ…人が死ぬ、死体の傍にメッセージ
だとすれば…それは…ダイイング・メッセージ?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4% …

…思い出せ

●世にはいろいろな種類の言葉があり、どれ一つ意味を持たないものはありません。

そうだ、どれ一つ意味を持たないものはないんだ。

ならば、死体は何を語っていたのだろう…

ふむ、否定の否定は肯定(きらい きらい も すき の うち)
http://www.dokkyomed.ac.jp/dep-m/german/ess21a.h …


「憧れのハワイ航路」
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/a …

不条理な死によって散っていった命、惨く惨たらしくおぞましいイメージを焼き付けることよりも憧れの地としてのイメージに置き換えることを人は選んだんじゃないんだろうか?それはなぜ?惨く惨たらしくおぞましいイメージのままでは鳥も通わぬ荒地となる。慕い愛した者達が眠るその地。自らの死後誰一人として気にかけ訪れる者もなくなれば、そこで散っていった命は無きに等しい。己の他者を憎む感情を優先さすことよりもその思いを抑え、不条理な死によって散っていった命が存在していたことを薄れ行く人の記憶のどこかに残したいとする人の思いが憧れの地としたのではないだろうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 晩上好 小接吻小姐。我非常感謝□。□的答応有好意思。
  * □= ni

 たとえば こうやって みなさんに考えてもらって みなさんの心に居ついてしまうほどである。 

 ★ 『鎮座まします』
 ☆ だとすると 早い遅いの違いだけだという理論になるように思われるけれど。・・・

お礼日時:2008/05/11 22:36

取りあえず座ってください。



brageloneさんの疑問は解けますから。→輪廻と業によれば 被害もすべて自業自得ですか。不条理な死を何故迎えたのか。

無分別、是非の無い世界を観て来て下さい(これは体験です、頭の中でで、ああだ、こうだで解るのではありません)brageloneさんの疑問は解けます。言葉で説明できるものでは有りません(不立文字です)

本当に極めようと思うならば参禅をして下さい。ここでまだ言葉遊びをしたいなら別ですが。

参禅したなら必ず解けます。

以上おわりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ★ 以上おわりです。
 ☆ 了解しました。

お礼日時:2008/05/11 07:54

右手の拍手の音をお聞きください。


>聞きました

聞えますか・・・右手の拍手の音、理屈の世界に居ては聞えないと思いますよ。   どう聞えたのでしょうか・・・?


不条理な死を迎えた人は、人間智(理屈)或は常識的(分別)な考えれば不幸ですよ、これは絶対不幸です。本当にお気の毒だと思います。不条理な事件を防ぐ為に警察官をもっと増やす、若い女性は夜遅く歩かないとか、人間智を使わなければ成りません。残念ながら人間智は100%では有りません。そこに矛盾が有り苦しみが有るのですが。その解消は仏智しか有るません



不条理は仏智から見れば不幸ですか?宗教の本質から見て不幸ですか?  宗教の本質は、不幸を逃れる事ですか・・・?不幸幸福・生死は一元だと自覚させる事だと、私などは思いますが(最初に葬式を済ませる事だと思いますが)



同じ事を言う様ですが、輪廻と業によれば 被害もすべて自業自得ですかは、人間の分別智での中だけです。

brageloneさんに言っても、暖簾に腕押しですか・・・。



brageloneさんは凄く物事を知ってらっしゃいますが、日頃から感心しています、ですが、過ぎたるは及ばざるが如くのようにも感んじます

この回答への補足

 ri-zyuさん 
 ★ 右手の拍手の音、理屈の世界に居ては聞えないと思いますよ。どう聞えたのでしょうか・・・? 
 ☆ これこそが 理屈ではないでしょうか。

 あなたが問うておられるこの主題は わたしの筆の力の及ばないことがらですので 引用文にて補います。例によって パウロです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 なぜなら、キリストがわたしを遣わされたのは、洗礼を授けるためではなく、福音を告げ知らせるためであり、しかも、キリストの十字架がむなしいものになってしまわぬように、言葉の知恵によらないで告げ知らせるためだからです。
 十字架の言葉は、滅んでいく者にとっては愚かなものですが、わたしたち救われる者には神の力です。
 それは、こう書いてあるからです。

   わたしは知恵ある者の知恵を滅ぼし、
   賢い者の賢さを意味のないものにする。(イザヤ書29:14)

 知恵のある人はどこにいる。学者はどこにいる。この世の論客はどこにいる。神は世の知恵を愚かなものにされたではないか。
 世は自分の知恵で神を知ることができませんでした。それは神の知恵にかなっています。そこで神は、宣教という愚かな手段によって信じる者を救おうと、お考えになったのです。
 ユダヤ人はしるしを求め、ギリシア人は知恵を探しますが、 わたしたちは、十字架につけられたキリストを宣べ伝えています。すなわち、ユダヤ人にはつまずかせるもの、異邦人には愚かなものですが、ユダヤ人であろうがギリシア人であろうが、召された者には、神の力、神の知恵であるキリストを宣べ伝えているのです。

 神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強いからです。
 兄弟たち、あなたがたが召されたときのことを、思い起こしてみなさい。人間的に見て知恵のある者が多かったわけではなく、能力のある者や、家柄のよい者が多かったわけでもありません。
 ところが、神は知恵ある者に恥をかかせるため、世の無学な者を選び、力ある者に恥をかかせるため、世の無力な者を選ばれました。
 また、神は地位のある者を無力な者とするため、世の無に等しい者、身分の卑しい者や見下げられている者を選ばれたのです。
 それは、だれ一人、神の前で誇ることがないようにするためです。
  (コリント前書1:17-29)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ★ 不条理な死を迎えた人は、人間智(理屈)或は常識的(分別)な考えれば不幸ですよ、これは絶対不幸です。本当にお気の毒だと思います。
 ☆ 《本当にお気の毒だと思います》が なぜ《絶対不幸》なのですか。《分からない》のではなく なぜ《絶対不幸》なのでしょう?
 《人間智(理屈)或は常識的(分別)》ではなくして捉えれば どうなるでしょう?そういうご回答も 歓迎します。自業自得説は 筋は別でしょうが そういう回答の試みですね。

補足日時:2008/05/10 09:09
    • good
    • 0

こんばんは、brageloneさん。



補足をいただいて、ども m( _ _ )m

(*^^*)>゛゛゛ってことで、七瀬再びと、もう一丁(^o^)/いきまーすぅー!

おっと、その前に。突っ込みを入れねば

いつのまに講師から教授に昇格してんのよ???きいてねーぇー!!!

それならそれでいいんだけど、ただ気になったのは…

講師のつぎは教授?順番からいってなんかすっ飛ばしてるような…

そんなのあり?

超越してる… 

…無言… 

くらくら |(◎◎)| めまいしそう 

読み込むのにちょい時間かかりますが…



補足に
●サリン事件の被害者あるいは あの拉致被害者 またその身内の方々 これらの人びとと 
あい対するときに わたしたちは どういう考えと思いで臨むのが 望ましいでしょう?

と、言葉おいてあったから…

【超越論的分析論】に目を通してきた。
http://www.nagaitosiya.com/b/transzendentale_ana …
http://www.asahi-net.or.jp/~bb3k-isb/resumefree1 …

それと、時計の針をちょいともどして

・07/10/24 23:42bragelone講師
【QNo.3417579 三身常住は 三位一体とどう違うでしょう】 ANo.13
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3417579.html

・02/11/12 21:25littlekiss
【QNo.396894 日本文化がヨーロッパに受け入れられた理由について】ANo.6
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa396894.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ★ 【超越論的分析論】

 ☆ これは いわば第四の思想類型に属すものとして 提起したということでしょうか。

 1.実体を想定する有神論
 2.実体を無とする無神論
 3.無神論だが 唯心論のもとに 実体に似たもの(無作・無為)を
  想定している。この無作は けっきょく概念としてなら 実体のこ
  とであるが これを 心の中におさめるという想定のもとに 無神
  論でありつづけるか。 
 4.無神論だが つまりしたがって 経験世界をあつかうことがすべ
  てなのだが この経験領域を統一的に知覚する究極の作業を 人間
  の能力に想定する。(3)のように 《心・心象》の問題ではなく
  経験事物のあり方の問題である。あたかもこの事物の相互に錯綜し
  て依存しあう関係構造を 統覚する作業が その経験世界とともに
   人間に はたらくという想定か。

 (1)と(2)の単純な有神論および無神論なら 《身におぼえのないことの報いとしてのように受けた被害》について その原因なりその実相なりについて《分からない》と言うと思われる。
 (3)と(4)の特殊な無神論なら 同じく分からないながら 分かりうるという姿勢を見せることになると思われる。
 さらに そのあとのことは 果たして どうなるのだろうか。
 (きわめて 推測にもとづく理解であることを お断わりします)。

お礼日時:2008/05/10 03:01

>その場合 こういう質問を問うてはいけないのですか。



わかりません。

さて、終わります。

この回答への補足

 仮りの想定で もとから疑いを挟んでいた事柄に似たことを 相手に言わせれば それで 自分の推測した疑いが 証明されたと取ったわけだ。
 さらに仮りにそうだったとしても 《分からない》という答えが わたしのもとで 初めから分かっていたということが証明されたまでである。けれども 《分からない》という答えが分かっていたということは もしその分かったという理解が 絶対のことでない限り 質問をなおも なおも 促すものでこそあれ 問いを押しとどめるものではないであろう。
 このことが証明されたまでである。
 初めから みづからの推測に相手の表現を誘導したまでである。それを 論証したと勘違いしてしまったに過ぎない。

補足日時:2008/05/10 02:37
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 なぜ
 ★ わかりません。
 ☆ なのですか。

お礼日時:2008/05/10 01:26

なぜなら


昔、似たような質問を受けた人の回答が

無記だから。

この回答への補足

 ありえない仮想としてでも 問答に応じましょう。

 ・初めから 答えが 《分からない》だと分かっていた場合

 その場合 こういう質問を問うてはいけないのですか。
 だったら その時の人の対処の仕方は 以前に同じ質問があって これこれの結論が出ているよ と伝えるのが ふつうでしょう。
 なんで こんな問答をつづけなければならないのか。

補足日時:2008/05/10 01:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ☆ 輪廻と業によれば 被害もすべて自業自得ですか
という問いに対して
 ★ 無記
 ☆ という意味が分かりません。少なくとも
 ・《分からない》
 という答えとは 異なります。一方は 《考えない・取り上げない》であり 他方は 《取り上げて 考え続けている〔けれども 分からない〕》である。

 輪廻に対して 無記とすることとも 別な問題であるでしょう。輪廻について無記とした場合でも 自業自得なのかの問いに対して 考えることはありえます。

お礼日時:2008/05/10 01:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

1  2  3  4  5  6  7  8  9 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイラクの誘拐事件は政府の責任、自業自得という人が平和ボケの意味教えて下さい

 ニュースやインターネットで今回のイラクでの
誘拐事件の事を見ていると、自衛隊の撤退を
求める集会などで今回の誘拐事件の責任は
政府に有るという様な事をいっている人がいたのですが
何処にあるのか分かりません。

 
 政府→「危険だからイラクには行かないで下さい」
     と何度も注意していた
             ↓
    注意したのも関わらずイラクに行った3人が
    誘拐された、3人の解放の為に色んな人が
    尽力した
  (イラク行きを決めたのは本人たちで政府は関係ないのでは?)


 これで政府に責任があるという意見は
正しい、間違っている以前に意味が分からないのですが
どういう意味でしょうか?


 あと危険な状態にあるイラクに行って
誘拐された人に自業自得という人は
平和ボケだという意見も見たのですが
これも意味が分かりませんでした。
これの分かりやすい説明もお願いします。

 二つ質問させていただきましたが
これらの意見に反対だとか、嫌味だとか
そういう意味でなく本当に意味が分からなかったので
質問させていただきました。

 どちらか一つでも結構ですので
分かりやすい説明よろしくお願いします。

 ニュースやインターネットで今回のイラクでの
誘拐事件の事を見ていると、自衛隊の撤退を
求める集会などで今回の誘拐事件の責任は
政府に有るという様な事をいっている人がいたのですが
何処にあるのか分かりません。

 
 政府→「危険だからイラクには行かないで下さい」
     と何度も注意していた
             ↓
    注意したのも関わらずイラクに行った3人が
    誘拐された、3人の解放の為に色んな人が
    尽力した
  (イラク行きを決めたのは本人た...続きを読む

Aベストアンサー

#9です。
まず…平和ボケとはなんぞや??? ボケというからには、思考力や想像力が低下しているということでしょう。
例えば、「自分自身が日々を平穏に暮らせているがために、以下を失ってしまった状態。1:平穏でない暮らしを送るひとびとの苦しみを想像する力 2:平穏でない暮らしがここにあるのは何故なのかを考える力 3:平穏でない暮らしが自分にも襲いかかるかもしれないという危機感」…などなど。もっとあるかな。ぱっと思いつかないのだけれど。

当の犯人に「何故彼らを人質にしたのですか?」と問えば、
「日本の自衛隊がイラクにいるからです。自衛隊は米英に協力しているから出て行って欲しいのです。」と答えます。
人質となったひとたちに対し「自業自得だ」と言うこと、すなわち
「彼らがそこにいなければ事件は起きなかった」と考えること。それは正しい。正しいけれど、
もし「彼らがそこにいたことそのものが事件の要因だ」と考えるのであれば、それは正しくない。
彼らがそこにいなくても、自衛隊の駐留をよろしく思わないイラクのひと(今回の犯人)は現に存在するのだから。
事件の要因も犯行の動機も、犯行を犯した犯人自身の中にある。自衛隊とそれをよこした日本政府への敵意というかたちで。
これが事実だとすると、日本人は非常に面倒なことを考えなくてはならない。
自衛隊派遣の是非?政府は自衛隊の活動についてイラクの全国民に理解してもらえるような努力をしたか?
憲法が何言ってるか知らんが自国民の首に縄つけてイラクから全員引きずり出せないの?
…なんだか政治的ですごくめんどくさい問題ばかりです。
でも、今回の事件を「被害者の自業自得」と考えておけば、事件の要因のすべてを被害者に負わせることができる。
面倒なことを考えなくてもいいし、政府の行いにケチをつけることもしなくていい。
自分がそこに生き関与している国の政治問題、しかも今回は多数の国の民間人も兵士もたくさん死に続けている大きな戦争に関わる問題について考えることをすっ飛ばして「被害者が悪い」で片付けようとする。これって例えば上記の平和ボケすべてにちょっとずつ当てはまるのではないかなぁ、と思ったのであります。


参考サイトで言ってることは、感情的でわかりにくいでしょうかね(^^;
部外者は何も言うな、ではありませんよ。ただ「自己責任だ」ということは当人たちは当然のこととして自覚しているのだから、あたかも「わかってねーな、これだから若いヤツは」ってな説教のつもりでそれを言われても、彼らにとっては何ら新しい教えにはなっていない。彼らは自ら体験してすでに知っている。ってことです。
平和ボケしていると、平和でない暮らし(をするひとびと)に思いを馳せることができなくなってしまう。思いを馳せたとしても、行動に移すだけの力を持たなくなってしまう。何故ならば、それをしなくても、自分は平穏に生きていけるから。そう思い込んでいるから。すると、彼らのような熱意や正義や信念による捨て身の行動はまるで「まわりに迷惑をかけただけのばかげた行い」でしかないと、思えてくるのでは。そんな見かたしかできないから、「自己責任」なんてわかりきったことしか言えないんだよ。 …って話だと思います。
(ここで言う「自己責任」は、「捕まったこと」に限りますよ。その後の犯人の声明内容も、日本中の大騒ぎも、彼らに責任はありません。)

幸いなことに何をどう考えどんな発言をするのも自由なこの国です。この回答欄にも、新聞にもテレビにも雑誌にもいろんな見かたが飛び交っています。納得いかないものも、理解できないものもあって当然です。
いろんな意見をご覧になってゆっくりお考え下さい。長文失礼。

#9です。
まず…平和ボケとはなんぞや??? ボケというからには、思考力や想像力が低下しているということでしょう。
例えば、「自分自身が日々を平穏に暮らせているがために、以下を失ってしまった状態。1:平穏でない暮らしを送るひとびとの苦しみを想像する力 2:平穏でない暮らしがここにあるのは何故なのかを考える力 3:平穏でない暮らしが自分にも襲いかかるかもしれないという危機感」…などなど。もっとあるかな。ぱっと思いつかないのだけれど。

当の犯人に「何故彼らを人質にしたのですか?」...続きを読む

Q輪廻と業によれば 被害もすべて自業自得ですか

1. 輪廻とは 輪廻転生として生まれ変わることであり 業とは 因果応報であり これ
ら両者を合わせて人生を捉えるとするならば そのときには 次のような疑問は起きないの
でしょうか。

2. いまこの世において もしわたしが悪なる被害を受けたとするとき そのことも そ
の結果としての被害内容に対応した原因があったということでしょうか。

3. すなわち わたしがいづれかの過去および過去世において 悪なる行為をおこなった
その報いであるという解釈になるのでしょうか。

4. つまり 疑問は こうです。いま取り上げている応報(被害)というのは 現世に生
まれてから 加害者と何の関係もなかったという場合です。拉致事件なる被害に遭ったとい
う場合です。その場合にも わたしの過去のおこないが悪かったから その縁起によるとい
うことですか という問いです。

5. けれども・しかし・そうは言っても わたしと同じDNAを持った存在は 過去にい
たとは考えられません。生まれ変わりは あり得ません。なぜ輪廻転生としてのいのちの系
譜における因果応報が さも妥当な理論であるかのようになおいままだ唱えられているので
すか?

6. ブディズムは ただのマヂックであり催眠術でありお花畑幻想であり人間の白痴化へ
の陰謀ではないのでしょうか?

1. 輪廻とは 輪廻転生として生まれ変わることであり 業とは 因果応報であり これ
ら両者を合わせて人生を捉えるとするならば そのときには 次のような疑問は起きないの
でしょうか。

2. いまこの世において もしわたしが悪なる被害を受けたとするとき そのことも そ
の結果としての被害内容に対応した原因があったということでしょうか。

3. すなわち わたしがいづれかの過去および過去世において 悪なる行為をおこなった
その報いであるという解釈になるのでしょうか。

4. ...続きを読む

Aベストアンサー

No.23です

別人の記憶なら、どうやってその情報を手に入れたのか?
という疑問が残ります。

また、記憶だけではすまない記録も多々あるのですが、仏教中心のご質問の趣旨からそれるので、これまでとさせていただきますね。

Q自業自得「One gets what one deserves. 」について

One gets what one deserves. はよく「自業自得」と訳されているのですが、
単語をそのまま見れば、自業自得=悪い結果は過去の自分の悪い行いのせい
というようなマイナス方向の意味だけでなく
やっただけのことは返ってくる、みたいな意味にも取れそうなんですが、
やはり英語圏でも自業自得というマイナス方向の意味でしか使われていないのでしょうか。

Aベストアンサー

deserve という語はいい意味でも悪い意味でも「~に値する」という意味です。

You deserve it. といえば,
「いい気味だ」という場合もあれば
「よくやった」という意味にもなります。

ただ,One gets what one deserves. の場合は,
通常悪い意味で用いられます。

「自業自得」というのも,仏教の言葉で,本来,善悪に限らず過去の行いの報いを受けることですが,多くは悪い行いについて用いられます。

Q輪廻転生を信じている方で、人間は何のために輪廻転生を繰り返すと思います

輪廻転生を信じている方で、人間は何のために輪廻転生を繰り返すと思いますか。

Aベストアンサー

はっきり言えば、わかりません。
もしかしたら、たましい そのものが存在し続けるためには、
入れ物(肉体)を、必要としているからかもしれません。
又、
沢山の生物が存在するけれど、
たましい の数に限りがあるか?、増えるのにもの凄く長い時間が、
必要なのかもしれません。

輪廻転生を信じる、信じないは、別として
生前の前の記憶を持って生まれてくる人が居ることは、
事実のようです。
ただ、どうゆう分けか、大きくなると忘れてしまうようです。
よって、科学的には、実証できませんので、
なにも、答えは、ないです。

Q「これも自業自得かな」の「も」の用法について

例えば、自分の運転していた車で事故を起こしたとします。
原因は車の定期検査を怠ったために、車の故障に気づいていなかったためでした。
そこで一言・・・

「これも自業自得かな」

この「も」の使い方、文法的には誤りなのでしょうか。
自分は普段よく使っている言い方なので不自然には感じないのですが、
人から「ほかにも自業自得だと思うことがあったということ?」と聞かれて初めて気づきました。確かに「も」は「他にも類似の事物が存在する」ことを意味しているはずなので・・・
となると、「これも自業自得かな」のような言い方で使われている「も」は、どう説明すればよいのでしょうか。

Aベストアンサー

・まったく世も末だ。
・奴も落ちぶれたもんだ。
・俺がこんなに強いのも 当たり前田のクラッカー

これらと同じ用法です。すなわち、強調ないし詠嘆・感動です ( ^^

Q輪廻転生の思想はいつごろから

一遍上人の出家したきっかけは、「独楽をみて、人の輪廻転生の運命に思いをはせたため」と聞きました。

すると少なくとも鎌倉時代には輪廻転生の思想が日本に根づいていたを思われます。
この輪廻転生の思想はいつごろから日本にあったのでしょうか?
仏教の教えの中にあったものでしょうか?

また世界的にみると、輪廻転生の思想はいつ、どこで発祥したものでしょうか?

Aベストアンサー

釈迦は「輪廻転生」について直接の言及はしていなかったといわれています.

しかしながら,輪廻思想はこれまで,いわば仏教のメタファーとして存在するかのように扱われてきましたし,そう解釈されてきました.

輪廻転生と宿業(カルマ)は表裏一体の考えであり,成仏することでカルマを克服し,輪廻を抜け出す(=解脱)のだとされてきました.(だからこそ輪廻を超克した仏が信仰されるのです)

輪廻転生思想の発端が仏教以前であるというのは定説ですが,これはアーリア人の一種のイデオロギーのようなもので,広くインド社会で受け入れられていました.このことからも,古代インドにおける新興宗教としての(釈迦入滅後の)仏教が輪廻思想を自明のこととして,自らの教義を整えていったのは自然なことなのかもしれません.

日本に移入された時期ですが,そもそも輪廻転生や宿業論と類似した思想は世界各地に存在します.古代ギリシャにも輪廻思想はあったといいますし,誤解を恐れず言えば,キリスト教における原罪も,宿業論につながる考えと言えるかもしれません.

その意味では,日本においても仏教伝来以前からの土着信仰に輪廻思想につながるものをみることができるでしょうし,そうした土台があったからこそ,日本において仏教が受けいれられたともいえるのではないでしょうか.
(ここでいう「日本」は=日本人という意味ではなく,地理的概念上,便宜的に使っているものです.)

ここらへんはさまざまに解釈が可能ですし,厳密には日本伝来の仏典解釈や,古代土着思想の解釈にもかかわってきます.
ひとまず大づかみですが,私は以上のように考えています.

釈迦は「輪廻転生」について直接の言及はしていなかったといわれています.

しかしながら,輪廻思想はこれまで,いわば仏教のメタファーとして存在するかのように扱われてきましたし,そう解釈されてきました.

輪廻転生と宿業(カルマ)は表裏一体の考えであり,成仏することでカルマを克服し,輪廻を抜け出す(=解脱)のだとされてきました.(だからこそ輪廻を超克した仏が信仰されるのです)

輪廻転生思想の発端が仏教以前であるというのは定説ですが,これはアーリア人の一種のイデオロギーのよう...続きを読む

Q自業自得・・・なぜ自業自損じやないのか?

自業自得・・自分の行いの結果が、自分に返ってくる
という意味ですが、悪い場合にのみ使いますよね?

なのに、なぜ「得」という字を用いているのでしょうか?

なにか、深い意味合いがあるのかと思うのですか
どなたかご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

仏教用語です。

業とは善業、悪行というように人間の行いの事です。

得とは、儲けの意味もありますが、第一義は手に入れる、自分のものとするという事です。

従って仏法の説くところは『あなた方が日常行う良い事も悪い事も、最後は自分に返ってくるので、善を積むようにしなさい』ということでしょう。それを強調するために善い行いの時よりも悪い行いの時に説教することが多いので、一般には
悪の報いという使い方がポピュラーになったのだと思われます。

Q魂と輪廻転生について

本当は、「宗教」のところで聞いてみたかったんですが、
探す限りカテゴリが無かったので、こちらに投稿させてもらいます。

1)魂はいつ生まれたのか。
いわゆる親は誰?

2)どの段階の人類から魂があったのか。
また、滅んでいった種にはあったのか。

3)魂と肉体はいつ結合するのか。
人工授精、クローンの問題は?

4)人口の推移からして、
魂や霊の数が足らないのでは?
それとも、あの世にはもっとたくさんいる?

5)宇宙人には魂はないのか。
あるいは、同じ星でしか生まれ変わらない?

6-1)人類が核戦争等で絶滅したらどうなるのか。
他の星で生まれる?
6-2)宇宙が滅ぶ時にはどうするのか。
別の宇宙にでも行く?
※地球が太陽に飲み込まれる前には、
宇宙船なりで脱出できたと仮定して。

7)生まれ変わりの最終目的は何か。
この世を天国みたくする?魂の修行?その後は?


以上、素朴な疑問です。哲学・宗教・個人的な意見、何でも構いません。
これらの疑問に、筋を通せる考え方をご存じの方がいらっしゃれば、
ぜひ教えてください。

本当は、「宗教」のところで聞いてみたかったんですが、
探す限りカテゴリが無かったので、こちらに投稿させてもらいます。

1)魂はいつ生まれたのか。
いわゆる親は誰?

2)どの段階の人類から魂があったのか。
また、滅んでいった種にはあったのか。

3)魂と肉体はいつ結合するのか。
人工授精、クローンの問題は?

4)人口の推移からして、
魂や霊の数が足らないのでは?
それとも、あの世にはもっとたくさんいる?

5)宇宙人には魂はないのか。
あるいは、同じ星でしか生まれ変わ...続きを読む

Aベストアンサー

色々考えられると思いますが、「神」自体が向上を望んでいるとも考えられます。いや「神」というのは、法則それ自体という考えもあり、いわゆる人格を持つ「神」は高級霊であると言えると思います。かつて人間だった意識体でもあれば、肉体を持ったことのない自然霊で、高級なものが「神」と多くの人が呼ぶものだと考えら得れますが、そういう高級霊は、今度は「神韻縹渺たる死後の世界をも含む世界を貫く法則」を神と呼んでいる場合もあります。例えば、シルバーバーチの霊訓のシルバーバーチ、またはマイヤースの「永遠の大道」「不滅への道」http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8D%E6%BB%85%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93-%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3-%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%BA/dp/4393322134/sr=8-24/qid=1165993835/ref=sr_1_24/503-9461685-0027147?ie=UTF8&s=books、等。また「個人的存在の彼方」マイヤースが伝えたもので、カミンズが霊媒で伝えた本があり、これは「心の道場」という心霊サークルがあるのですが、そこから手に入れられます。「心の道場」と入れるとHPが出てきますから、読みたい場合はそこから入って下さい。
マイヤースというのは、かつて心霊研究にいそしんでいた古典学者で、スピリチュアリズムの研究に邁進された方で、死後三十年後カミンズという霊媒を通して霊界通信をして、死後の世界の実相を伝えたもので、非常に有名です。そして、シルバーバーチやマイヤースがそのようなことを言っています。

何故人間は不完全なのか、それは高級霊自体が、不完全だからだと言える可能性もあると思います。高級霊いわゆる「神」が更なる向上を目指すため、人間が不完全に生まれてきて、より向上を目指して、進んで行き、いつしか神界の世界へと溶け込んでいくことにより、更に神界が向上するという訳です。スピリチュアリズムでは「グループソウル」「類魂」という考えがあり・・・・興味があるなら、江原さんの本なり、第一弾DVDやシルバーバーチの霊訓やマイヤースの「永遠の大道」等を読んで下さい。余りに長くなります。お手軽に読みたい場合は、「古代霊は語る」http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E9%9C%8A%E3%81%AF%E8%AA%9E%E3%82%8B%E2%80%95%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%81%E3%81%AE%E9%9C%8A%E8%A8%93%E3%82%88%E3%82%8A-%E8%BF%91%E8%97%A4-%E5%8D%83%E9%9B%84/dp/4806313955/sr=1-2/qid=1165994388/ref=sr_1_2/503-9461685-0027147?ie=UTF8&s=booksを読んでみて下さい。

色々考えられると思いますが、「神」自体が向上を望んでいるとも考えられます。いや「神」というのは、法則それ自体という考えもあり、いわゆる人格を持つ「神」は高級霊であると言えると思います。かつて人間だった意識体でもあれば、肉体を持ったことのない自然霊で、高級なものが「神」と多くの人が呼ぶものだと考えら得れますが、そういう高級霊は、今度は「神韻縹渺たる死後の世界をも含む世界を貫く法則」を神と呼んでいる場合もあります。例えば、シルバーバーチの霊訓のシルバーバーチ、またはマイヤース...続きを読む

Q統一教会で洗脳拉致されて、韓国の田舎に売り飛ばされた日本人女性数千人は自業自得のバカでしょうか?統一

統一教会で洗脳拉致されて、韓国の田舎に売り飛ばされた日本人女性数千人は自業自得のバカでしょうか?統一教会で洗脳拉致されて韓国の田舎に売り飛ばされた日本人女性数千人は自業自得のバカでしょうか?
帰ることはできません。

Aベストアンサー

創価学会の実態をどれだけ知っているのか?。
実態を知ってからモノを言え。

Q輪廻転生について

カテゴリーがあっているかどうかわからないのですがこのことに
ついて詳しく教えていただければと思います。
またわかりやすく説明している著書がありましたら
教えてください。

恥ずかしながらこれでも仏教の高校を卒業し授業も
受けていたのに、言葉だけで頭に残っていません。

いまさらながら少し勉強してみたいと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
これは難しい問題なので、簡単に述べます。

「輪廻」と「転生」は別の概念です。普通、一緒にして「輪廻転生」と言いますが、違う意味内容の言葉・概念です。

「転生」というのは、「生まれ変わり」ということで、世界の文化でほぼ普遍的に認められ、存在する考え方です。亡くなった人が、再び、別の人として、子供として生まれてきて、この世に「帰って来る」というような考え方です。

「転生」の場合にも色々と条件が付く場合があります。文化ごとでそれは違っています。例えば、良い行いをした人は、今度生まれてくる場合は、良い境遇に生まれてくるとか、生涯敵同士として闘い、殺し合った二人は、今度生まれて来るときも、敵同士になるとか、愛し合う二人は、今度生まれて来るときには、また恋人になるなどです。

一般的に、転生は、家族や親族内部で、または共同体の内部で起こるというのが普通の考えです。

「輪廻」というのは、サンスクリット語で「サンサーラ」と言い、元々ウパニシャッド思想(紀元前8世紀から6世紀頃)において、梵我一如(「ブラフマン=梵」と「アートマン=我」は本質的に同一であるという思想)の原型と共に、輪廻の思想も形成されました。

ウパニシャッドの輪廻の考え方では、「太陽の道」と「祖霊の道」というものが考えられ、後者は、「転生」の概念にほぼ近い考えで、死んだ後、魂は、雨水などと一緒になって、天から下りてきて、また女性の胎内に入り、生まれて来るというような考えです。

「太陽の道」は、「祖霊の道」を歩むと、どこまで言っても、転生を繰り返すに対し、死後、ある方法で、太陽の道に進ことができると、もはや、この世には、再び転生して来ない道があるという考えです。

「輪廻」とは、転生のなかで、「業(カルマ=行い=生前にどういう行動・生き方であったか)」によって、次の転生先や転生のあるようが決まり、この決定規則は厳密なもので、機械的に起こり、動物をむやみに殺していると、転生先は、殺していた豚や牛になるとか、ブラフマ階級の者は、儀式を行っている限り、転生してもブラフマ階級であるとか、非常に細かく規則が決まって来ます(それには、長い時間がかかりましたが)。

ヒンドゥー教、ヒンドゥー思想では、この運命決定論的「輪廻思想」が正しいとされています。その一方で、「不二一元論=ブラフマンとアートマンは本質は一つであるという思想」もヒンドゥー思想の中核にあり、輪廻論と、不二一元論は、どう調和するのかは、結局、輪廻もこの世の生も、すべて「幻(マーヤー)」であるということになります。

マーヤーから脱し、個人のアートマンが覚醒して、ブラフマンと一致するとき、輪廻の幻からも脱出するのであり、これを、「独存」とも言います(仏教では、「解脱」と言いますが、ヒンドゥー教では、違う表現ですし、内容も違います)。

「輪廻」というのは、元々古代インドに始まり、時代と共にインド文化で洗練されて来た、転生についての理論なのです。

仏教の「六道輪廻」は、このインドの輪廻思想と非常に密接な関係にあります。仏教はヒンドゥー教の異端とも言え、民衆に広く流布して行くと、ヒンドゥー教との境界が曖昧になります。仏陀釈迦牟尼は輪廻を唱えていませんし、その後の代表的な仏教思想家たちも、輪廻は説いていませんが、仏教の教えの一部に入り込んでしまいます。

仏教では「諸法無我」と言い、もろもろの事物には、それ自身で存在しているという性質(自性)がなく、従って実体でもないので、相互作用のなかで、変化する必然にあり、従って、「無常」であり、転生とか輪廻などは、「ない」というのが妥当なはずです。

しかし、仏教のなかに、輪廻の思想が実際には含まれていて、仏教の教えの一部としても、かなりな重要性で一般の人のあいだで説かれているので、仏教の輪廻思想、つまり、六道輪廻などの考えと、根本テーゼである、諸法無我はどう調和するのかという議論になり、「輪廻する主体=実体は何か?」ということが、仏教思想で重大な問題として、紀元の初期前後から議論されて来ました。

結局、そのような「実体=主体」は「ない」というのが、最初から分かっていた結論だったとも言えます。色々なものを輪廻の主体、つまり業(カルマ)の蓄積と転生での継承の主体と考えても、どうしても、そのような主体は、自性を持つ実体の側面を持つので、諸法無我と矛盾してくるのです。

仏教における六道輪廻については、それこそ、無数の解説書があるはずです。しかし、転生や、特定の形式の転生を、また広義に「輪廻」と呼んだ場合の輪廻は、世界中の文化に存在する考えです

例えば、西欧キリスト教文化でも、転生の考えは残っています。亡くなった祖父の名を、生まれて来た男の子に付けるのは、新生児が亡き祖父によく似た特徴があるとき(血のつながりがありますから似ていることは起こるのです)、これを亡き祖父の転生と考える思考があって、こういう命名をした古い時代の伝統が残っています。

中世キリスト教の異端または異教である「カタリ派」は、独特の輪廻思想を持っていたことが知られています。

輪廻転生というと、すぐ仏教に結びつけるのではなく、仏教の輪廻思想は、ヒンドゥー思想の輪廻の影響の元に生まれた考えであること、また、輪廻も転生も、世界の文化で、色々な形の考えがあるのだという視野が必要でしょう。

オンラインのブックショップの「アマゾン・ジャパン」で、「輪廻」とか「転生」のキーワードで検索してください。自分で、参考書を探す努力をすべきでしょう。

(仏教における「輪廻の主体」の問題については、次の質問の回答が、比較的に正確な話になっていると思います):

>No.431743 質問:輪廻の主体は何なのでしょうか
>http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=431743

>アマゾン・ジャパン
>http://www.amazon.co.jp/
  

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=431743,http://www.amazon.co.jp/

 
これは難しい問題なので、簡単に述べます。

「輪廻」と「転生」は別の概念です。普通、一緒にして「輪廻転生」と言いますが、違う意味内容の言葉・概念です。

「転生」というのは、「生まれ変わり」ということで、世界の文化でほぼ普遍的に認められ、存在する考え方です。亡くなった人が、再び、別の人として、子供として生まれてきて、この世に「帰って来る」というような考え方です。

「転生」の場合にも色々と条件が付く場合があります。文化ごとでそれは違っています。例えば、良い行いをした人...続きを読む


人気Q&Aランキング