ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

母(71歳)が進行性の卵巣がんと診断されました。

開腹手術により主病巣(卵巣、子宮、大網)は摘出しましたが、
QOLを考えて転移の見られた腸などはあえて残し、
今後の化学療法に期待をつなぎたいところですが、
病理検査の結果は芳しいものではありません(再発は必至)。
でもまぁ、全身状態は好転しつつありますので、
しばらくは落ち着いた時期が来るものと思っています。

ところで。
私自身は民間療法というものはほとんど怪しいと思っているのですが、
病人自身はやはり自分のことですし、いろいろ玉石取り混ぜた情報も
入ってきますので、いろいろ試してみたいと言い出します。
治りたい、という意志も、治療のためには必要ですから
その気持ちを無にすることは忍びないですよね。

しかしながら、薬と間違えて毒でも取らされた日には
元も子もありませんし、中には人の弱みにつけ込んで、
月々何十万もの金を奪い取るがごとき民間療法もあります。
医学的に快癒するという証明はなにもないわけですし、たとえ母が
快癒したとしても、それで一文無しじゃ溜まったもんじゃありません。

そこで、次の観点から見てお勧めできる民間療法っての、ありませんか?

(1)患者にとって害にはならないこと。
(2)常識の範囲で無理なく実行できたり、摂取できたりすること。
(3)納得できる範囲のコストで実施できること(月3~4万が限度)
(4)指導、カウンセリング、説明会の類は一切お断り。
(5)その療法に関する「客観的」な情報(賛否とも)が得やすいこと。

ちょっと虫が良い話かもしれませんが、よろしくおねがいします(__)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

癌治療に対する民間療法はいろいろあるようですが、価格も高額であるし、それらが効果があると宣伝してもケース紹介のみで科学的に立証されたデータがないものがほとんどではないでしょうか・・・?


データと言っても症例報告ではなく、それなりの施設での試験成績(可能であれば治験成績)がなければ信用できません!

個人的には、これらに過度な効果を期待することには否定的です。
それらの中で過去ログにもありますが、可能性があるとすれば(?)、「メシマコブ」位でしょうか・・・???
これも卵巣癌で有効例があるのかどうか分りませんが、一応韓国では医薬品(?)として認可されているようです。
他のものでも、本当に効果があるのであれば、既に医薬品になっているでしょうし、少なくとも医薬品の認可申請をしているでしょう!

サプリメントを基礎体力あるいは免疫力増強(?)で摂取される程度が良いのではないでしょうか?
いずれにしても、主治医と相談されながら考慮されては如何でしょうか?

ご参考まで。

補足お願いします。

この回答への補足

御回答ありがとうございます。

えーと、私自身民間療法が効くとは思ってませんし、
効き目に期待もしてません。というわけで、素人療治の効果について、
主治医の先生に相談する気もありません。
現代医学にできる範囲の中で質問し、説明は求めますが、
治療方針に納得がいけば、それでよいですし、現状では不満もありません。

効果として期待するのは、プラシーボ効果みたいに、
患者自身のメンタル的な部分での効果に過ぎません。
「これは医者が薦めないからダメ」と頭ごなしにやって、
患者が治ろうとする気力を失ってしまう事を恐れるだけです。
ですから、薬にはならなくとも害にならなければ良い
(たとえば、現代医学の効果を真っ向から否定するようなものは困るし、
患者の身体に害にならなくとも経済的な被害も真っ平)、
と考えております。

サプリメントも流行っているようですが、特定の栄養素だけを
薬剤として摂取すること自体、私は好ましいとは思っていません。
というわけで、結局のところ、「いい健康食品ありませんか?」
的な質問ということになるんでしょうか(笑)。

とりあえず、今日アガリスク茶(中華街で買ったやつ)を置いてきました。
メシマコブもキノコですねぇ。どんなもんでしょう。
結局キノコ汁でもおいしく食べてもらったほうがいいような…(^^;。

補足日時:2002/11/04 15:40
    • good
    • 0

はじめまして


たぶん全然質問の答えになってはいないと思いますが....

私は、以前コンサルティング関係の仕事をしておりました。
その当時のお客様が末期癌だということがわかり。。
しかし、病院等の治療の甲斐もなくこの世を去ってしまいました。
あとのことを頼むといわれいろいろ奔走したのを覚えております。

現在では、当時と違い現代病についてかなりのことがわかってきたと聞きます。
アメリカでは1990年代前半にマクガバンレポートという3000人の学者を使った調査があって、それによれば、現代病は食原病だと結論付けられております。
そのアメリカにおいてはそれに基づいてさまざまなサプリメント、健康食品が存在しているようですね。しかし日本においては健康関連の新聞記事を毎日見ていればおわかりかと思いますが、まゆつばものが多いのも現状ですよね。
私の知ってる限り、薬ではないが、アメリカの国立がんセンターでも研究対象になっているものもあるようですよ。それらの情報は簡単に調べられますからご自分でお調べになるといいかと思います。(1)安価で(2)確固たる研究機関での臨床データが存在し(3)一切無害(4)PDA等にも掲載されているといったら、その気になればすぐに調べられるでしょう。

いずれにせよ主治医の先生とご相談なさって
また希望をおすてにならないようにね。
    • good
    • 0

末期癌患者への対応の場合には.


栄養条件の改善
だけですね。
    • good
    • 0

いろいろな民間療法があります。

そのなかで科学的に証明されつつあるものとして
 れいし(猿のこしかけといわれるキノコ)
 丸山ワクウチン
 アガリスク(キノコ)
 などがあります。このなかで医者として推薦するものは丸山ワクチンです。
 ただし、放射線療法をやった患者という条件つきです。
  れいしは食品関係を専門とする重野先生が推薦しています。
  丸山ワクチンは日本医科大学の丸山研究所にておこなわれています。
  (他県の患者のため自宅や主治医にて使用できます。)
  値段的には丸山ワクチンがやすいでしょう。
    • good
    • 0

こんにちは。


私の父親は昨年、胃の悪性進行がんの手術をしました。
お母様をお思いになるお気持ち、分かります。
術前から、民間療法の超ミネラル水の「おきじん」又は「慶波(けいは)」を飲んでいます。
家族で色々な民間療法の物を探してみましたが、どれも高額で継続していけるかどうかという点でとても悩みました。
そこで見つけたのが超ミネラル水です。
これに決めたのは父親がこれを飲んでみたいと決めたからです。
超ミネラル水といっても、元はお水。
人間には欠かせない物なので、害はないだろうと。
金額は2リットルで6000円ですが、1日に飲む量は多くても120mlで、
うちでは2リットルで1ヶ月持ちます。
食前15分前に飲んでいます。
味は強い金属味と酸味があるので、水道水で薄めて飲んでもいいそうです。

この超ミネラル水については、マルチ商法を行っているところがあるのも事実ですが
うちではこの対象外のルートの物です。
知人などに勧めて飲んでみたいと思われたら購入してもらいますが
マージンは一切ありません。

うちの購入先のHPは以前ありましたが、今はもうないのですが
同じ系列と思われる物のHPがありました。
「城南メディカル」で検索してみて下さい。

うちではこういった物をやっています、という経験談ですので
超ミネラル水を推奨している訳ではありませんので、ご了承下さい・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。

お勧めのサイトも見てみましたが、
…ノーコメントとさせてください(__;。
私自身一応現代科学を学んできたものですので…。
患者本人がもしどこかから聞き込んで希望すれば、
そのときにまた考えることにします。

お礼日時:2002/11/04 16:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング