ネットが遅くてイライラしてない!?

減価償却の話の中で「資産計上しなくて費用計上する」、「費用化する」といった言葉がよく出てきますが、どんなイメージを想像すればよろしいでしょうか。例えば、建物を1000万で構築しました。毎年10万で減価償却(費用化?)していく。減価償却してしまって残存価値がなくなるとその費用化されてどうなるのでしょうか。費用化の意味がもう一つ理解できません。
初歩的な質問で申し訳ありませんが教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

あなたの質問は必要経費に組み込むと同意と思って下さって結構です。


1000万で建物を購入すれば当然1000万の経費がかかります。
その分の経費を控除して税務署に申告しなければ、余計に税金がかかってしまいます。

経費の控除は額が大きい物は数年にわけて償却するようにします。
これが減価償却です。パソコンは4年など、これは物によって償却期間が決まっています。
建物は今はよく分かりませんが、仮に10年とすると毎年100万円ずつ控除できます。

減価償却を資産計上してしまえば、それはその分の収入があったとみなされますから
余計に税金がかかるだけです。
よほどの馬鹿か粉飾決算でもしない限りこんな真似はしません。

もし、あなたが経済学部の生徒なら一度模擬的に確定申告を経験してみるとよいです。
税務署に行って確定申告の書類を貰ってきて、それを作成してみると良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
イメージができました。

お礼日時:2008/04/23 00:08

建物を例に取ると、


1000万で購入した建物は建設会社に1000万を支払ってたのでお金という資産は、建物の1000万になります。
お金1000万=>建物1000万

建物は10年使えるとするなら建物の償却年数は、1年ごとに100万円を経費として計上できます。
この100万円を経費(費用)として利益から引くことができます。
交通費なら払ってしまえばその場で費用になりますが、建物などは長期に使えるので1度に経費で落さないで数年に分けて分割して費用とするのが減価償却費です。

残存価値は確か1円にまで費用にできるようになったようです。
1円まで償却(費用として落とされると)されると建物がまだ使える使えないは関係なく数字上の価値は1円です。
これ以上は経費にできないので減価償却の費用は発生しなくなります。

実際は建物でも木造、軽量鉄筋、鉄筋などの種類で耐用年数は違います。
    • good
    • 1

減価償却費=価値が減少すると考えるといいです。



例えば、建物を1000万円で購入しました。
1年後、誰かに建物売るとき、1000万円で買ってくれません。
古くなっているから、たとえば900万円でしか買ってくれません。
30年後だったら、どうでしょう?古くなりすぎて誰も買いません。
つまり、毎年建物の価値がなくなっているのです。これが減価償却費です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資産の費用化について

(2)つ質問があります。

1、資産の費用化とはどういうことでしょうか?
2、そのメリットはどういうものでしょうか?

Aベストアンサー

大家してます

>1、資産の費用化とはどういうことでしょうか?

大家にとっての「資産の費用化」は「固定資産の費用化」...

固定資産や設備を償却する事ですね

税務上、減価償却として費用化出来ます

>2、そのメリットはどういうものでしょうか?

収入から控除されますので税金が少なくなります

粗い計算ですが...

・そのままだと毎年1千万円の課税対象利益が出るとする
・2億円の物件(建物)を購入する、減価償却が毎年1千万円

利益-減価償却=0円なので税金が不要

・「棚卸資産の費用化」
・「費用性資産の費用化」
・「繰延資産の費用化」

なども有るようですね

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q原価になる費用と、販管費になる費用 ルールは?

会社の費用は、原価になるものと、販管費になるものがあると思いますが、どの費用がどちらに分類されるのかというルールはあるのでしょうか?それは何によって規定されているのでしょうか?

Aベストアンサー

>原価

 製品の製造にかかる費用
 材料費、製造に係わる労務費、外注費、製造部門で使う備品費、消耗品費、固定資産の減価償却費、電気代など
 製造に係わる間接要員(管理部門、管理職)の費用も含まれる。

>販管費

 販売や管理にかかわる費用
 営業、総務、経理の労務費や消耗品費やその他
 運送費

 上記の区分けがが基本だと思いますが、会社の考え方や区分けにより若干変ります。
 製造コスト以外を販管費(販売管理費)としています。
 細かいことをいうと、原則、建物費用や電気代、水道代も、製造コストと販管費に分けます。

Q減価償却 残存価額1円の『意味』と『取扱』

減価償却 残存価額1円の『意味』と『取扱』

意味は、備忘価額だと思っていたのですが、あってますでしょうか?
また、『取扱』ですが、1円はいつ償却するのでしょうか?
除売却や廃棄時のみなのでしょうか?

おぼろげな記憶で申し訳ないのですが、
以前、小額減価償却資産の年割りの時
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5403.htm
>  また、取得価額が20万円未満の減価償却資産については、各事業年度ごとに、その全部又は一部の合計額を一括し、これを3年間で償却する一括償却資産の損金算入の規定を選択することができます。

最終年度では、差額で1円も償却したような記憶があります。
この規定と、減価償却では、1円の最終的な取扱が違うのでしょうか??

すこし混同しております。。
お詳しい方に、背景なども合わせて教えて頂けると非常に助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

会計上(貸借対照表上)も税務上も償却性資産の残存価額 1円は、企業内にその資産が存在している限り、償却しません。
すなわち、備忘価額です。
除却や廃棄のように資産が存在しなくなったときに、オフバランスします。


一方、税務上の少額減価償却資産の一括償却資産の損金算入の規定では、残存価額 1円を残さず、全額を3年で償却します。


これは、3年後に必ず除却されるという仮定があるのでしょう。

過年度に一括償却を選択している場合には、その後の事業年度にも継続して一括償却の計算が実施されます。
このとき、3年を経過する前に譲渡もしくは除却等をし、資産が企業から存在しなくなった場合でも、一括償却計算を続けます。

ここに、一括償却を選択した段階で、3年で必ず除却することを仮定しており、必ず除却するという仮定の下での計算であるのだから、備忘価額は残さないのでしょう。

Qランニングコスト イニシャルコスト

この二つのビジネス用語?の意味おしえてください。

Aベストアンサー

ぶっちゃけ、ランニングコストは維持費。
イニシャルコストは、初期費用です。

クルマで言うなら、購入費用がイニシャルコスト。
ガソリン代や点検費用、消耗品のタイヤ交換費用などがランニングコストです。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q財務表の三角マーク(△)は?

財務諸表で数字の隣にみうけられる「△」「▲」「▽」「▼」マークについて教えて下さい。何を意味しているのでしょうか?

Aベストアンサー

(4番の補足)

エクセルで 書式→セル→表示形式→数値→負の数と順に開いてみてください
(1234)-1234 △1234 ▲1234 などと並んでいるはずです。ここでは増減ということは考えず すべて 負の数 であると考えてください

さて、貸倒引当金は負債ではなく資産のマイナス勘定といいます。単に貸倒引当金では 数を加えてしまう恐れがあります。
 500-15≠500+15

すると、貸借のバランスが崩れること(左と右の数字の合計が異なる)になります。債権から控除(マイナス、-)する形式で表示するため、-や△が付くことになります。

Q資産と経費の処理の違い

仮に会社でパソコンを購入する際、10万未満の資産にならない安いものは直ぐに購入できるのですが、30万以上の資産扱いになる物だと経理が急に渋り出すのは何故ですか?
固定資産税が発生するのは理解できるのですが、経費で単年で損金扱いにするのと、資産に計上して数年かけて減価償却するのでは、税金に違いが出てくるのでしょうか?
減価償却費も損金扱いになり、キャッシュも減らないので固定資産税がかかるのを嫌うのでしょうか?

Aベストアンサー

1. 資産は減価償却しなければいけないため、経理処理が煩雑になること。
でも、これだけが経理が渋る原因ではありません。
(それだけなら経理の職務怠慢です)

2.一番大きな原因は損益に直接影響するからでしょう。
例えば1000万円の車を買ったとして、(200万円×5台でもいいです)
キャッシュで1000万円はなくなります。
車の償却年限は5年ですから、単純に年の経費にできるのは、
200万円です。(実際は違いますが。。省きます)
つまり、1000万円の出費にも関わらず、経費として認められるのは
たったの200万円なのです。

>税金に違いが出てくるのでしょうか?

上の例でいくと、仮に1000万円使ってキャッシュフローがプラスマイナスゼロ
でも、800万円の利益がでてしまい、法人税がそれに○0%かかることになります。

30万円のパソコンでも規模が小さい所にとっては額は大きいですし、
大きな規模の会社ならそれだけ人数が多いので、パソコン1台
というわけにもいかないのです。

つまり、そのあたりの資金計画、収支計画にのっとった購入を
しないと、会社の経営がおかしくなりかねない。という側面も
含んでいるのです。だからリースなんてシステムを利用するところも
多いのです。

1. 資産は減価償却しなければいけないため、経理処理が煩雑になること。
でも、これだけが経理が渋る原因ではありません。
(それだけなら経理の職務怠慢です)

2.一番大きな原因は損益に直接影響するからでしょう。
例えば1000万円の車を買ったとして、(200万円×5台でもいいです)
キャッシュで1000万円はなくなります。
車の償却年限は5年ですから、単純に年の経費にできるのは、
200万円です。(実際は違いますが。。省きます)
つまり、1000万円の出費にも関わらず、経費として認...続きを読む

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 


人気Q&Aランキング