今まで読んだ時代小説は以下のとおりです。
100点満点で点数を付けました。
こんな私にあった時代小説を教えてください。
次に何を読むか迷っています。

・池波正太郎
剣客商売シリーズ 100
鬼平シリーズ 95
男振り 80
おとこの秘図 80
丹波大介シリーズ 70

・藤沢周平
蝉しぐれ 90
隠し剣シリーズ 90
用心棒シリーズ 80
橋ものがたり 70
よろずや平四郎活人剣 70

・司馬遼太郎
燃えよ剣 60

漫画では、子連れ狼が大好き(100点)です。
お暇な時にでも、お答えいただけたらうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

藤沢周平さんでしたら「彫師伊之助捕物覚え」シリーズが、司馬遼太郎


さんでしたら「国盗物語」「峠」が私は好きです。

一番おすすめは、他の方も挙げていらっしゃいますが、山岡壮八さんです。
「徳川家康(全26巻)」が一押しですが、「伊達政宗(全8巻)」もおすすめです。

あとは、北方謙三さんの「日向景一郎シリーズ」、羽山信樹さんの「第六天魔王信長」なども面白いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「彫師伊之助捕物覚え」読んでみたいと思います。あと藤沢周平では、「三屋清左衛門残日録」も面白いと聞きました。山岡壮八は徳川家康がおすすめなんですね。漫画で半蔵の門というのは面白かったです(主人公は半蔵ですが)。まず1巻を読んでみたいと思います。北方謙三もチェックしたいと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2008/04/30 12:16

少し御嗜好のものと違うかも知れませんが


吉川英治「武蔵」
秋山香乃「新撰組藤堂平助」
などはいかがでしょう?

私も、父の趣味に付き合っている内に、子連れ狼が大好きになりました。
ドラマの方も観ていましたよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

吉川英治も本屋で良く見ますね。「武蔵」は確か、バカボンドの原作でしたかね。漫画の方は面白かったです(まだ最後まで読んでませんが)。秋山香乃は初耳です。新撰組の話は面白そうですね。読んでみたいと思います。子連れ狼は、現在続編が連載されてますね(まだ続いてるのかな?)。途中まで読みましたが、ちょっとイマイチに感じてやめてしまいました。ありがとうございました!

お礼日時:2008/05/13 11:11

こんにちは。



佐伯泰英さんのシリーズは面白いと思います。

また、宮部みゆきさんのシリーズ化している
「ぼんくら」と「日暮し」も楽しめると思います。


ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

佐伯泰英さんの名前は初耳です。調べてみたいと思います。宮部みゆきさんは、火車や蒲生邸事件、魔術はささやく、を読みました。時代劇はすすめてくれる人がいなかったので、イマイチじゃないかという先入観から敬遠していました。チェックしてみたいと思います。シリーズは長く楽しめるので良いですね。ありがとうございました!

お礼日時:2008/05/07 22:07

池波、藤沢、司馬ときたら、もうそれを超える人は当分現れないと思います。

誰を挙げても完全に満足されないと思いますが

佐藤雅美 居眠り紋蔵シリーズ
白石一郎 十時半睡シリーズ

女性作家はお嫌いですか。
北原亜以子 慶二郎縁側日記シリーズ

割と新人ですが
乙川優三郎の作品

大物では柴田錬三郎は、まだお読みでないのですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。。。すごく面白いのを読みつくしてしまったって事でしょうかね。。。どの作者も初めて名前を聞きました。チェックしてみたいと思います。柴田錬三郎は眠シリーズがテレビで好きだったのですが、小説も面白いのでしょうか?1冊の途中まで、まあまあ面白い感じで読んでいたのですが、そこから間が開いてしまってます。再度読み始めたいと思います。シリーズものですから、長く楽しめますからね。ありがとうございました!

お礼日時:2008/04/30 12:11

山岡荘八『織田信長』



柴田錬三郎『御家人斬九郎』『眠狂四郎』シリーズ

宇江佐真理『泣きの銀次』『春風ぞ吹く』等江戸の町人や下級武士の人情話が多いので、剣の出番はやや少ないですが。

隆慶一郎は『鬼麿慚人剣』『吉原御免状』シリーズあたりなら高得点なのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

山岡荘八はたくさんありますね。一度何か読んでみたいと思っていました。歴史小説は「燃えよ剣」で抵抗ができてしまいました。織田信長はあまり好きな人物でもないですが、面白いんですね。1巻読んでみたいと思います。眠は、テレビシリーズや映画等、大好きでした。剣が出てくる方が好きなので、隆慶一郎のおすすめも読んでみたいと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2008/04/24 12:43

峰隆一郎



人斬り弥介シリーズ
柳生十兵衛シリーズ
素浪人宮本武蔵シリーズ


などなど出てます。
峰隆一郎さんの場合は時代小説といわずにチャンバラ小説言うそうですけど。
好き嫌いはあると思いますがオレは結構好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

隆慶一郎の「花の慶次」は漫画で読みましたが(いまいちでしたが)、峰隆一郎をすすめていただいた事は初めてです。私に合うかどうか、1冊読んでみたいと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2008/04/22 15:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔の時代劇の品揃えが豊富なビデオレンタル店(東京都内)探しています。

昔の時代劇が好きで好きでたまりません。しかし近所のビデオレンタル店はもちろんのこと、渋谷のツタヤなど大きなお店でも最近は時代劇の品数が徐々に減っていっているような気がします。
どこか(東京都内)に時代劇を大量に扱っているビデオレンタル店はないものでしょうか!!

Aベストアンサー

同じTUTAYAでも新宿東口のほうにあるTUTAYAはわりと品揃えがいいですよ。
私はあまり時代劇は見ないので注意して見たことはありませんが、昔の俳優別、監督別などに別れわりとたくさんあった気がします。
近くまで行ったらちょっと覗いてみてはどうでしょう。
場所は紀伊国屋本店の道を挟んだ向い側です。

Qおすすめの時代小説は?

24歳、女です。資生堂から出ている「花椿」という雑誌に連載されている、海野弘さんの「にっぽん草子」を読んで、時代小説に興味がわきました。しかし、今まで時代小説を読んだことがないので、何から手を付けて良いかわかりません。(ためしに山本周五郎の「さぶ」を読みました。とても良かった!)そこでみなさんのおすすめの時代小説を教えてください!
読みたいキーワードは
義理人情、粋、「ええ話やなあ~」、できれば短編ではなく長編、文体が難しくない、です。
※ちなみに、時代小説と書いていますが江戸時代を舞台にした、という意味です。この解釈はまちがっていますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一応、時代小説というのは、歴史上のいつかを舞台にした小説。歴史小説は、歴史上の事件や登場人物などを素材にした小説ではないかと思います。ですから、時代小説は江戸時代とは限りません。

ともかく、江戸時代を舞台にして、義理人情、粋をキーワードにした「ええ話」の小説ですね。

平岩弓枝『御宿かわせみ』
連作短編集です。短編集だけど、話は続いているので、一大長編ともいえます。最初はかなわぬ恋愛小説風だけど、だんだんホームドラマ風に変わってきます。でも、粋と人情は豊富ですね。泣けてくるほど切ない話もあります。

藤沢周平『消えた女』
彫師伊之助捕物覚えシリーズの第1作。
長編で3作あります。
暗い過去を持つサラリーマンが義理にひかれて、仕事をごまかしながら人助けをするせつない世界ってところかな。

Q「楽市楽座」か「楽市・楽座」か

織田信長の行った、「楽市楽座」についてお聞きします。
この場合の表記は「楽市楽座」が正しいのでしょうか、
それとも、「楽市・楽座」と中に、点を打つのがただしいのでしょうか。
中学校の教科書には、「楽市・楽座」と表記されていました。
あるいは、どちらでもいいのでしょうか。
お教えください。

Aベストアンサー

 こんばんは。
 回答番号1の者です。
 <ですので、「・」を入れないほうが正式と思います。>は間違っていました。正しくは、
 「・」を入れるのが正式です。

Q小説を早く読む方法

 小説を読むとき必ず頭で文字を音に出して読んでしまいます。文字を見て頭に音を出さないで読むと早く読めるらしのですがどうなんですか?
どうすれば早く本を読めるようになりますか?
読む方法を変えて本を読むスピードが早くなった方その方法を具体的に教えてもらえませんか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 遅いのですが一応。
 結局、早く読むには速読を習得するのが一番だとは思うのですが、単純に薦めるわけにはいかないのが現状かと。
 速読のシステムがしっかり馴染んで、取り立てて意識しないでもほとんど自動的に速読ができる様な状態だと、読むためのエネルギーがかなり減って(私見でいいなら、感覚的には10から2、3位に減った感じ。)、その分中身を楽しむ余裕みたいなのものができて、速読できなかった時よりもより物語に浸り込む事ができ、また、以前は手を出さなかった物にも手を出したりと、以前より本に親しめる様になりました。
 しかしこの段階に達する事が出来るかどうかは、「悟りを開く」様なもので、頑張ったところでどうにもなりません。
 その上、出来る様になるまでは基本的に「読む為の労力+速読をするための労力」と普段より余計なエネルギーを使って読む事になるので、単純に労力がかかるだけで速読としてのメリットはほとんど享受できませんから、読む事がむしろつまらなくなります。特に小説とか内容を楽しむ様な物は顕著に。そして、その事が速読が習得し難いものにし、また、安易に読み飛ばしや斜め読みでどうにかしようとする事になり、結果そういったものが「速読」だと誤解したままに途中でやめてしまい、先に出ている様な回答が往々にして見られる事になる原因の様に感じています。
 ただ、それでも早く読みたいというなら、習得に少なくとも数年はかかると構えてやってみる価値はあるかと。
 極論効率良く文字を認識するためのスキルなので、思いの外汎用性が高いスキルです。

 あと、昔書いたあれこれ。参考程度に。
 知識が半端だったために速度が違ってたりしますが。
>>http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3784319.html
>>http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3901871.html
>>http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4014236.html
>>http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4164407.html

 遅いのですが一応。
 結局、早く読むには速読を習得するのが一番だとは思うのですが、単純に薦めるわけにはいかないのが現状かと。
 速読のシステムがしっかり馴染んで、取り立てて意識しないでもほとんど自動的に速読ができる様な状態だと、読むためのエネルギーがかなり減って(私見でいいなら、感覚的には10から2、3位に減った感じ。)、その分中身を楽しむ余裕みたいなのものができて、速読できなかった時よりもより物語に浸り込む事ができ、また、以前は手を出さなかった物にも手を出したりと、以...続きを読む

Q劇団四季 小学生でも楽しめるのは?

小学校3年と4年の子がいます。劇団四季の公演を見に行きたいのですが、どの劇なら子供も楽しめるでしょうか? 

また劇団四季以外でも子供と一緒に見るのにおすすめの劇団がありましたら教えて下さい。(東京在住です)

Aベストアンサー

 こんにちは。劇団四季の公演はいくつかみたことがあります。「オペラ座の怪人」や「コーラスライン」など見ましたが、お子さんと見られるのなら「キャッツ」がお勧めです!劇場全体が舞台のような感じですし、はじめて「キャッツ」を見たときはこんな世界もあるんだ~って圧倒されました。「オペラ座の怪人」などよりは、お子さんが見ても全然楽しめるのではないかと思います。万が一、お子さんがストーリー展開がよくわからない…となっても、踊りや歌、舞台そのものに触れる機会として「キャッツ」は最適なのでは?ここまで推奨すると逆に嘘っぽい感じもしますが、お芝居や舞台といったものに全く興味がなかった自分がはじめて家族と一緒に見に行って「すごーい!」と価値観を変えられた舞台だったのでお勧めしました。参考にどうぞ。

Qミステリー小説はどれから読めば?

無性にミステリーが読みたくなったので、今まで全く手を出したことのなかったエラリー・クイーンを読んでみようと思っています。
そこで質問なのですが、エラリー・クイーンの作品で一番初めに読むとすれば、どの作品なのでしょうか。
(どれから読んでも大丈夫なのでしょうか?)
この順番で読んだら良いよ、というものがもしありましたら教えていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は小学生の頃(うんと昔・・・笑)初めて読んだ推理小説が「Yの悲劇」でそれ以来推理小説にのめり込みました。
なので、No.1.の方の仰るクイーンの4大悲劇シリーズはお薦めです。
1番好きな探偵の一人がドルリー・レーンなんで、ラストはかなり衝撃的でした。

他にこれから始めれば?と、言う作品ならば、是非国名シリーズからお読みになる事をお勧めします。なるべく書かれた年代の古いものから読まれるのが良いでしょう・・・単発で後に読むなら「災厄の町」などが面白いです。
国名シリーズは「ローマ帽子の謎」が最初です。ミステリファンの間で傑作と言われているのは「エジプト十字架の謎」ですが、私は初期のものの方が好きですね。初期のものには読者への挑戦も挿入されてますので、推理してみてください(^-^)

本屋に行って東京創元社の創元推理文庫版か、早川書房のハヤカワミステリ文庫版のシリーズを見てみて決めてください♪

Q15~20分くらいの劇の台本をご存じありませんか?

こんばんは。

中学生の妹が、文化祭で劇をすると言っています。
自由参加部門で参加するので、時間は15~20分しかとれないそうです。
人数はクラス全員の26人です。

今日、学校で決めたという台本を持って帰ったので読ませてもらいましたが、その劇はもともと45分で行う劇で、短縮するのもとても無理そうです。

どなたかいい台本をご存じありませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

下記URLは、台本検索サイトです。
「脚本検索」で、時間や人数。ジャンルなどを指定して検索できますよ。

お探しのものに合うものがあるといいのですが…
ご参考までに。

参考URL:http://www.haritora.net/

Q25歳以上の女性の方、青春時代に読んでいた雑誌教えて下さい!

女性ファッション誌の歴史について調べています。
大変失礼かとは思いますが、年齢と、自分が青春時代(中高生~20代前半位)に読んでいた雑誌を教えて頂けませんか?
それと合わせて、周りではどのような雑誌やファッションが流行っていたかも答えて頂けると幸いです。
それぞれの時代について、リアルタイムに生きていた人の貴重な意見を参考にしたいと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

30歳ですけどいいですか?

中高生の時は、キューティ、ピーウィー、オリーブ、ノンノなど。20歳前後は、それにジッパー、スプリング、アンアンが加わりました。
ちなみにアンアン、スプリングは今でも良く読んでます。

ファッションで言えば、
中高生の頃はちょうどバンドブームだったので
長袖Tシャツにブラックジーンズorミニスカート、
それにラヴァーソール、という感じ。
20歳ぐらいの頃は、
ラルフのボタンダウンとか、アニエスのスナップカーディガンが流行っていたような…。

Q文化祭の劇の案を募集しています!

私の高校の文化祭で、劇をすることになったのですが、
なかなかいい案が浮かばず悩んでいます。

希望としましては、
・最後にソーラン節とダンスを踊るため、そこにつなげられる話
・ソーラン節に合う話にしたい
・シリアス度低めの吉本新喜劇のような面白い劇ににしたい

この3つです。いいアイデアはありませんでしょうか?

Aベストアンサー

水戸黄門風にするのはどうでしょうか?
舞台をお住まいの地域にして、土地の歴史や名物などを取り入れると楽しいと思います。
ストーリーは決まっていますから、お話を作るのは簡単ですし、そこそこ面白いものができます。
もうすぐ村祭りで練習中のときに事件がおきた、という設定にすれば
最後にソーラン節を入れても不自然ではないでしょう。
殺陣はナシで、すぐ印籠を出してしまっても無問題です。

現代劇限定でしたら申し訳ありません。

Qこれしか読んだ事が無い → 次何読もう…(ミステリー)

私は東野圭吾さんの本しか読んだ事がありません。
もうじき読み終わるので次にどなたの本を読もうか悩んでいます。
こんな私にお勧め作家・作品を教えて下さい。

私は今までまともに本を読んだ事が無く、読み慣れてなれてなかったので異常に遅かったです。
その状態だったのもあってと思いますが、昔、西村京太郎さんのトラベルミステリーと
内田康夫さんの浅見光彦シリーズのどちらも1冊読んだことがありますが(どちらも古い作品かと)引き込まれませんでした。(好きな方申し訳ありません!)

ちなみに東野作品では「私が彼を殺した」を初めて読み引き込まれました。
読みやすかったのもあります。
「手紙」「虹を操る少年」はあまり好きではなく、それ以外は大抵好きです。
作品に関しての感想は苦手なので上手くいえませんが、

・面白い要素を取り入れる
(「悪意」の日記のような感じや「十字屋敷のピエロ」のようなピエロを使ったのとか「私が…」「どちらかが…」の二人称三人称形式で話を進めるとか)
・トリック
・謎解き
・はらはらドキドキ風
・意外な犯人で意外な結末
・どんでん返し
が好きです。(ベタですね^^;)
後、東野圭吾さんが書く「笑い」も好きです。大阪ネタ、大阪弁も好きです。

エッセイ、恋愛小説は苦手なのでミステリーかサスペンス
かで、短編か300P前後までの作品でお願い致します^^;

後、自分なりに調べて思ったのですが宮部みゆきさんと東野圭吾さんってタイプと言うか話の作り方か何か似ている部分があるのでしょうか??
よく「この二人のファンです」とか「お勧め」と見かけるので…。

以上ですが宜しくお願い致します。

私は東野圭吾さんの本しか読んだ事がありません。
もうじき読み終わるので次にどなたの本を読もうか悩んでいます。
こんな私にお勧め作家・作品を教えて下さい。

私は今までまともに本を読んだ事が無く、読み慣れてなれてなかったので異常に遅かったです。
その状態だったのもあってと思いますが、昔、西村京太郎さんのトラベルミステリーと
内田康夫さんの浅見光彦シリーズのどちらも1冊読んだことがありますが(どちらも古い作品かと)引き込まれませんでした。(好きな方申し訳ありません!)

ちな...続きを読む

Aベストアンサー

他の人も勧めていらっしゃいますが、宮部さんなら「ファザー・ステップ・ファザー」が、まずお勧めでしょう。あと、短編集で「サボテンの花」という短篇が入っているものがありますが(書名は忘れました(^^;))、この「サボテンの花」は、意外な謎と結末に加えて、思わず目頭が熱くなるような傑作で、ミステリ作家の間でも評判のいい作品です。
宮部さんの本が書店で見つからないようでしたら、今は公共図書館に多く入っていますので、そこで捜してみられるのもよいかと思います。ただ、気に入ったら、買って差し上げて下さい。いくら宮部さんが売れっ子でも、図書館からは一銭も入りませんので、応援と言うことで。あくまで、気に入ったらですが。
「火車」は、やや重い作品で、どちらかというと社会の問題を描いた作品ですね。結末の付け方は面白いのですが。
結末の意外な最近のミステリというと、歌野晶午さんの「葉桜の季節に君を想うということ」があります。途中、だれるかもしれませんが、最後まで読むと、あまりにも鮮やかなどんでん返しに、それまでの記述がすべて伏線になっていたのが分かります。ミステリの面白さを満喫させてくれます。
短編集だと、北森鴻さんもお勧めです。主に連作短篇を書いていらっしゃいますが、どれもひねりがあって、やられた、という気分になります。小説としても面白いですよ。

他の人も勧めていらっしゃいますが、宮部さんなら「ファザー・ステップ・ファザー」が、まずお勧めでしょう。あと、短編集で「サボテンの花」という短篇が入っているものがありますが(書名は忘れました(^^;))、この「サボテンの花」は、意外な謎と結末に加えて、思わず目頭が熱くなるような傑作で、ミステリ作家の間でも評判のいい作品です。
宮部さんの本が書店で見つからないようでしたら、今は公共図書館に多く入っていますので、そこで捜してみられるのもよいかと思います。ただ、気に入ったら、買って差し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報