皆様お力をお貸し下さい。
アイフ○に13年の4月から16年の3月まで取引があり、それから返済が滞り16年の11月に約30万ほどで和解しました。
それで最近になって過払い発生してるのではと思い計算してみると、その和解金で過払いが数万円発生していました。
急ぎ訴状を提出し裁判まで待つこと一ヶ月・・答弁書が来ました。

内容は・・・平成16年(ロ)第○○6号仮執行宣言付支払督促正本に基づき、和解額30万として和解合意をし弁済完了となった。
よって原告・被告間には債権債務は存在しない。

と言ってきたのですが、これは請求できないのでしょうか?
もし、あるとすればどう反論すればよろしいでしょうか?
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

一応債務名義として確定してる、途中で期限の利益喪失の時期により数万円の金額の差になったのでは、再審請求の方法もありますがあきらめた方が無難です。

但しこれ以前に借入がある場合は再審請求、以前のもののみの計算で請求をしてください。
    • good
    • 0

再契約や和解の場合は引き直しを行っていませんか。


契約の金額がわからないのですが、払った額が少し多いのは遅延金ではないでしょうか。
    • good
    • 0

主張のためのキーワードを挙げておきます。


あとは自分で調べてください。

「支払督促には判決と違い既判力がない。実際に裁判官が審理を行う判決と異なり、一方的に書記官が発する支払督促によっては、一切の事実審理が行われないからである。」

「利息制限法は借主保護のための強行法規であり、これに反して和解を結んだとしても一切の効力を持ち得ない」

「仮にこのような和解が有効であるとすると、貸金業者としては裁判制度を悪用していくらでも存在しない債務を請求することが可能になる」

「貸主は利息制限法超過の利息を収受できないことについて悪意であり、一方借主はそうした事情を一切知らなかった。これは貸主の詐欺または借主の錯誤を構成し、このような和解は無効である。」

「このような和解は信義誠実の原則に反する。」

「そもそも、仮執行宣言付支払督促が発せられたとしても、それには既判力がなく、和解は訴訟外で行われたのだから、実体法上この和解を尊重するべき理由はない。」

このへんをうまくつなぎ合わせるといいかな。
勝てる可能性が100パーセントだ、なんて思わないでくださいね。
あくまで、勝てる可能性があるよ、くらいで思っといてください。
    • good
    • 0

#3の方の補足。



>錯誤無効を主張し
判例がありますので調べてください。
ごく簡単に内容を言えば、貸金業者は悪意であり過払いが発生していることを当然知っていた。
あなたは過払いが発生していることを知っていたら和解しなかった、という主張になります。
ただし、あなたが過払いが発生していたことを予見できなかったかどうかの過失にもよります。
    • good
    • 0

> これは請求できないのでしょうか?


普通は出来ないとなりますね。

> もし、あるとすればどう反論すればよろしいでしょうか?
錯誤無効を主張し、和解を破棄する裁判を起こす。
主張が認められて和解が無効となったら、取引履歴から再計算を行う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど和解を破棄する裁判を起こすのですね。

訴訟額が数万円しかないのですが、やってみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/22 22:30

元々いくらの借り入れをされていたのか判りませんが、少なくとも元金・利息・遅延利息合わせて30万円以上だと推測します。


それを30万円で「和解」された訳ですね。
つまり相手側は「30万円払ってもらえば、借り入れを0円にします」と言っている訳です。
それを貴方は了解し、30万円払ったという事になります。

つまり仮に、元金20万円+利息合計5万円=25万円で、5万円多く払ったとしてもなんら問題ありません。

相手側はこれから入るであろう利息を損して、貴方は数万円を損して和解に和解したと解釈するべきだと思います。

つまり、請求できません。

この回答への補足

しかし、全く同じケースで約百万ほど払って和解した某貸金業者は、答弁書にしっかり和解金を提示してきたのですが・・・。

補足日時:2008/04/22 22:23
    • good
    • 0

「和解」されたのですよね。

30万円で。
で、過払い請求??? 和解して無いじゃないですか。
過払いも含めての「和解」です。
和解後に請求するなら 和解取り消しで債務全額支払いですね。
なら 過払い金の請求できますよ。

この回答への補足

説明が不十分でした。
残っていた元金+利息の約30万をこちらが払って和解となったのです。
その30万払った金額を入れて計算したところ過払いとなってました。

補足日時:2008/04/22 22:21
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど和解を取り消して債務を全額支払いですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/04/22 22:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過払い請求電話和解後の撤回について

はじめまして。今回過払い初めてなのでアドバイスください。アイ○ルに取引明細の開示をお願いした所、後日電話連絡があり過払い金約150あるけれどウチは潰れかけなので1割しか出せないとの事。話しを進めて行く内に4割でどうだと言われ思わず了解してしまいました。しかし和解書が送られ後はサインするだけになると冷静になり勢いとはいえ電話和解してしまった事を後悔しています。
和解書が送らてきたのですが
白紙に戻しまた交渉する事は出来るのでしょうか?
自分の未熟さに後悔しています。
どうか善きアドバイスを頂きたく質問させてもらいました。

Aベストアンサー

こんばんは!
文章を読んだ限りでは、まだ引き直しされてないんですよね!
でしたら、引き直ししてからすっきり和解したいと伝えたらいいのでは?
絶対に引き直しすべきです
アイフルに関しては、色々な噂ありますが、武富士は貸出し停止から9ケ月で倒産しました。
アイフルはまだ貸出し停止はまだです。
こればかりは、誰にもわかりません。
とりあえず、よく考えてから和解する旨を伝えるべきだと思います。
和解書送ってなければ大丈夫ですよ!

Q過払い金返還訴訟の際の再計算と訴状について

エポスを相手に本人訴訟をしようと考えております。
ネット等調べてみたのですが分からなかったため、
どうぞ皆様のお力をお貸しください。

契約日平成13年10月10日
完済日平成22年10月14日
最高借入額は39万円で完済しております。
取引履歴を送ってもらい、確認したところ、

実質年率18.0%(2007年3月15まで:実質年率27.0%、2010年2月28まで:実質年率17.7%)

との記述がありました。

質問(1)
上記の場合、2007年3月16日~2010年2月28までを17.7%の金利で計算し、
残りは18%で再計算してよろしいのでしょうか?
それとも一連で18%計算でしょうか?

質問(2)
訴状なのですが、途中で過払い金が発生しましたが、再度借入を行ったため債務発生。最終日に過払い金発生となっております。
裁判所に提出する際は下記で大丈夫でしょうか?

訴  状
平成23年3月○○日
○○簡易裁判所御中

〒○○○‐○○○○
自宅住所
原   告 ○○ ○○
電話番号 ○○○‐○○○○‐○○○○

〒164‐8701
東京都中野区中野四丁目3番2号
被   告 株式会社エポスカード
上記代表者 代表取締役 篠瀬 達也

事件名 不当利得金返還請求事件
訴訟物の価格 金33万3333円
貼付印紙額 金4000円

第1 請 求 の 趣 旨

1.被告は原告に対し,金33万3333円および内金33万3333円に対する平成22年10月15日から支払い済みまで,年5%の割合による金員を支払え。
2.訴訟に関する費用は被告の負担とする。
との判決ならびに仮執行宣言を求める。

第2 請 求 の 原 因

1 被告の表示

被告は全国に多数の支店を持つ,消費者に対して小口の貸付を行う関東財務局登録の貸金業者である。

2 被告との取引

原告は,平成13年10月10日から,被告との間で,金銭消費貸借取引を継続しておこない,借入,弁済を繰り返した。(甲第1号証)

3 被告の不当利得

原告と被告との間の金銭消費貸借取引について定められた利率は,利息制限法所定の上限利率を上回るものであり,利息制限法超過利息の弁済については,元本に充当されるべきである。原告は利息制限法所定の金利により再計算(甲第2号証)を行ったところ,平成22年10月14日の弁済により元本は完済され,金33万3333円の過払金が生じた。同過払金は債務が存在しないのに,原告はそれを全く知らず支払われた金員であり,被告は法律上の原因なくして同金員を受益したのであるから,被告の不当利得金である。


4 悪意の受益者

被告は貸金融業者であるから,利息制限法による引き直し計算を行えば,過払いになることを当然承知しており,原告から弁済を受ける際,これを知りながら弁済を受けてきた。であるから,悪意の受益者として,受けた利益に利息をつけて返還する義務を負うものである。被告は前記の通り,過払い金の発生当初から,民法704条の悪意の受益者であったから,過払い金に対し,発生当日から法定利率である年5%の割合による利息を支払う義務がある。

5 結論

よって,原告は被告に対して不当利得返還請求に基づく過払金33万3333円および内金33万3333円に対する平成22年10月15日から支払済みに至るまでの法定利率である年5%の利息金の支払を求めるものである。

証拠方法
1.甲第1号証取引履歴(被告作成)
2.甲第2号証利息制限法による計算書(原告作成)

付属書類
1.訴状副本 1通
2.甲号証写 各1通
3.代表者事項証明書 1通

以上


長文失礼いたしました。
ご回答の程、よろしくお願いします。

エポスを相手に本人訴訟をしようと考えております。
ネット等調べてみたのですが分からなかったため、
どうぞ皆様のお力をお貸しください。

契約日平成13年10月10日
完済日平成22年10月14日
最高借入額は39万円で完済しております。
取引履歴を送ってもらい、確認したところ、

実質年率18.0%(2007年3月15まで:実質年率27.0%、2010年2月28まで:実質年率17.7%)

との記述がありました。

質問(1)
上記の場合、2007年3月16日~2010年2月28までを17.7%の金利で計算し、
残りは18%で再計算してよろしいのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

先ずは訴訟頑張って下さい!
私も質問者さま同様、訴状準備完了最終確認中
でも、ここからなんですが、ここ一ヶ月準備や交渉で疲れました。
何せ私の場合は相手が多いし複雑な事案も多く苦慮しました。

>上記の場合、2007年3月16日~2010年2月28までを17.7%の金利で計算し、
残りは18%で再計算してよろしいのでしょうか?
それとも一連で18%計算でしょうか?

期間ではなく、残元金によって決まります。
仮に、初回借入が数万円ならば20%スタート
途中、残元金が10万越えれば18%
更に100万越えれば15%
一旦下がった金利は上がることは無く
最終弁済まで固定です。
初回10万以上なら18%スタートで
100万越さなければ最後まで18%です。
途中10万切っても20%にはならず18%のままです。


訴状は色々な書き方があり私とは違いますが、
要点は抑えてあり、期日等(14日を15日にするなど)間違いなさそうです。
これもどちらでも良さそうですが、
私の場合、証拠は
甲第1号証~順番に
法定利息計算書~取引経過(被告作成)~過払い金返還請求書~配達記録
としました。

先ずは訴訟頑張って下さい!
私も質問者さま同様、訴状準備完了最終確認中
でも、ここからなんですが、ここ一ヶ月準備や交渉で疲れました。
何せ私の場合は相手が多いし複雑な事案も多く苦慮しました。

>上記の場合、2007年3月16日~2010年2月28までを17.7%の金利で計算し、
残りは18%で再計算してよろしいのでしょうか?
それとも一連で18%計算でしょうか?

期間ではなく、残元金によって決まります。
仮に、初回借入が数万円ならば20%スタート
途中、残元金が10万越えれば18%
更に100万越えれば1...続きを読む

Q過払いの和解金について

某大手司法書士に過払い請求をお願いしています。三件中、一件(レイク)が今月頭に40万ほどの和解金で成立できないかと申し立てたので、了承し8月に振り込み決定しました。私はこの時点でレイクでのひきなおし計算をしなおかつ、返金(24%のまま何年も払っていて一昨年18%に変更しました(ということで、レイクは0になったと思いましたが、今、司法書士に月々払っている契約金を、そこから引くことはできないかと聞くと、和解金はもし残高がまだ残っているならそこに充当するので、契約金は引き続き支払いをしてくださいと言われました。
たしかに三件とも完済せずに過払い請求をしているので、この場合の残高というのは、和解金で成立してもまだレイクにあると言うことになるのですか?
それとも他社がまだ交渉中なので、そのことをさしているのでしょうか?なかなか聞きづらく、詳しい方がいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは

取引履歴で計算後 過払い金が発生している場合
その金額から残金を引いた金額が過払い請求額になるので
40万の金額が和解にて入金されると言う事は残金以上に
過払い金が発生していたと言う事です。

仮に 残50万で過払い入金40万であれば
実際の引直し計算後の過払い金は、90万になっていた
と言う事です。

ただし、今現在入金された訳でもなく他社の過払い請求も
裁判になり敗訴すれば残金は一括返済しなければなりません

さらに、司法書士や弁護士は報酬を受け取ってないので
保険の意味で引き続き入金をして下さいと言われたのです

もし 過払い金40万が入金され司法書士に積み立てた金額合計が
残りの残金+報酬を上回る用でしたら、もう入金はしなくて良いですと
司法書士に言われると思います。




            

Q昨年過払い請求を弁護士に依頼し8割和解でどうかと返事がありました。

昨年過払い請求を弁護士に依頼し8割和解でどうかと返事がありました。
弁護士は和解した方が良いとの意見だが(訴訟だと期間が長くなる、業者の体力が…)皆様の御意見を聞かせて下さい、業者アコムで130万です。

Aベストアンサー

> 訴訟だと期間が長くなる
ついでに、弁護士の費用もそれなりに高くなる。
> 業者アコムで130万
2割だから約25万円。
即日結審でないなら、費用対効果が疑問になる。
数回弁護士に出廷してもらったら、持ち出しの方が高くなって、損になる可能性も。

相手もそこら辺を見積もっての提案と思うから、乗っても戦ってもたいした違いはないと思う。
自分の考えと、気分で決めて良いと思います。

Q過払い金 和解金額

とある消費者金融に過払い金の返還請求通知書を送りました。


過払い金が約72000円。対する5%の利息が約11000円。総額約83000円。

先日、電話で先方が70000円の和解案を提示してきました。
これは妥当な金額だと思いますか?
経験者の皆様ご回答お願いします

Aベストアンサー

請求にかかった手間と時間と費用等を勘案すれば妥当だと思います。

特に利息は訴訟起こして判決まで持ち込まないとなかなか取れません。
また訴訟費用(印紙、郵券など)も発生しますし、それは訴訟提起時にあなた(原告)が支払わなければなりません。
判決までいって勝訴すれば、訴訟費用は被告に請求できますが、その手続きも手間と時間がかかります。
大体が裁判上で和解することが多いと思いますので、そうすると訴訟費用は原告負担です。

ただ、最後にもう一押し「(約)72000円なら和解します」と言っても良いかもしれません。
相手が渋って、あなたも約2000円に固執しなければ70000円で和解すれば良いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報