ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

だれか博士課程での生活面について教えてください
修士との違い、(学業面)
私生活面(平日と休日)
などいろいろありましたらなんでもいいので
よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

人それぞれだと思うので、


学部や修士とは異なる点で、私が個人的に強調しておきたいことだけ書きます。

(1)研究に責任を持つ。・・・修士の頃だと教授の指示に従ってればそこそこなんとかなりますが、博士はそうはいきません。修士は「努力賞」程度にしか見られない世の中の傾向が最近はありますので、博士はそれなりに自主的に問題解決をすることができる人として、卒業後に遇されます。博士課程はある意味その訓練みたいなものといえます。

(2)英語を使いこなせる。・・・英語の論文をしこたま読みますし、外国人との交流の機会も修士までよりも多くなると思います。国際会議で英語でプレゼンすることもあるでしょうし、自分で英語の論文を書くこともあります。ですから、そういう経験をこなしている博士は英語がそれなりに使える(読んでしゃべれる)とみなされます。そういうことを頭に置いて、日常的に英語を使う必要があります。

(3)収入がない。・・・あたりまえですね。20台後半になって無収入というのは、ちょっと寂しい気持ちになります。もちろん、バイトを両立して頑張る人もたくさんいますが。それを乗り越える強い意志が日常必要になります。上手くいけば、奨学金があたったり、学振などの奨励金を取得することも出来ますが、運と実力次第です。

(4)論文を書く。・・・博士は国内外の学術誌に論文を投稿する必要があります。修士でも本来は一つくらい書くべきなのですが、なかなか最近はそうもいかないです。博士では論文を書かないと卒業できませんので、執筆活動がかなりのウェートを占めるようになります。作文が上手になります。

(5)時間がルーズ。・・・悪い意味ではありません。同世代の働いている人とは違って、自分の時間は作りやすいです。それを利用して、たとえば短期の海外留学をしたり、日中の安い語学学校に通ったり、というメリットはあります。いわばコアタイムのないフレックスタイム制です。もちろん、朝弱い人は昼から仕事を始めることもできます。ただし、社会に出てから生活のリズムをかえるのは大変なので、あまりオススメしませんが。

(6)かならずしも大学の先生にはなれない。・・・昔は博士になると大学の先生、みたいなレールがあったのですが、今は、ポストに空きがすくないので、そうはいきません。会社でも博士を取得した人に求められる役職は増えています。ですから、学部生などに混ざって就職活動したりとかもします。あと、就職後の新人研修では、結構若い新人に混ざって一人だけ年寄りだったりして、ちょっと寂しかったりするそうです。(もちろん、そのときだけですけど)

(7)教授とは一生のつきあい。・・・指導教官はいわば師匠ですし、同じ専門分野の研究者でもありますし、公私ともに一生のおつきあいは続くと思います。○○教授のところで博士をとった、というのが一つの肩書きみたいになりますし、就職も教授の紹介やつてなどが大きくものをいいます。

(8)後輩の相談役。・・・教授と学部生、修士の学生の間にたって相談に乗ることも多くなります。

(9)研究室に住む。・・・長く研究室にいるわけですから、荷物が増えます。1日の大半を研究室で過ごすわけですから、ある意味生活をすることになります。学部生とは違って、広い机やスペースを与えてもらえる場合も多いです。

(10)学会の会員になる。・・・修士くらいなら会費がもったいないから、と入会をしないことも多いですが、その分野で博士をとろうとするなら、その学会にいくつか入っておくことを勧められると思います。学生会員ですから安く入れます。もしマイナーな学会で博士の学生が少なかったりすると、結構可愛がられます。エッセーを学会誌に書いてくれ、といわれたりすることもたまに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳細にありがとうございました。
とても参考になりました

お礼日時:2002/11/06 15:39

進路が理系と言う前提で話させていただきますね.



学業面ですが,修士以上にしっかりとした勉強をする必要があります.
これは量の問題ではなく,質の問題です.
ペーパー1報読むにしても,自分だったら実験をどう進めるか,
結果の解釈は理論的に正しいのか,新しい知見はあるか...等々
多角的に深く読んでください.
そして,ペーパーが書けるような研究をするためにはどの様に研究を進めなければ
ならないのかを考えてください.
ただ読んだだけのおざなりの勉強では役に立ちません.
自分の頭で考える事を訓練してください.

私生活ですが,分野にもよりますがあんまり休日という感覚は持たない方が良いかもしれません.
むしろ,kawakawaさんも仰ってますように,自分の研究スケジュールで動き,
そのためには休日出勤も厭わないようにしてください.
もちろん,休日に来たからといって平日に休むというのは論外です.
きちんと平日に仕事をしてこそ,夜遅くまでとか,休日出勤も評価されるのです.

ですが,一日も休まず仕事を続けるのは余りお奨めしません.
私は半年間休まずに実験し続けてノイローゼ気味になりました(笑).
仕事をするときは仕事をきちんとやり,休むときはしっかり休む.
中途半端に遊びながら仕事をして遅くまでいるより,仕事をさっさとこなして
家に帰って休む(勉強する)ほうが精神的に良いですよ.

3年間って結構あっという間にすぎてしまいます.
1年目にどれだけがんばれるかが後々大きく響いてきます.
とばしすぎは良くないですが,頑張るところは頑張って
メリハリのある博士生活を送ってください.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変だと言うことが改めてわかりますありがとうございました

お礼日時:2002/11/06 15:39

私は平日休日区別なく,いつも悩んでおりました.


生活リズムも不規則で,いたずらに研究室に泊り込むことも大概でした.
D2の秋くらいがどん底でした.
自分の存在価値について考えてしまい,わらをもすがる思いで教会に通ったり...
でも努めて気分転換しようと,映画観に行ったり,山に登ったりしておりました.
D3には「これで学位が取れる!」と見えた瞬間から,ぱっと明るくなりました.
今から思えば,D2の頃はちょっと変だったな,と自分でも思います.
でもとても良い修行期間でした.

周囲のD学位取得者や現在D中の人達見渡せば,人それぞれって感じではあります.
少なくとも私は上記のような感じでした.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

生活面のことにおいて詳細にありがとうございます
結構不安です。この3年間で自分の人生が決まると思えば
がんばらなければと思います(まぁがんばるのは当たり前ですけど)

お礼日時:2002/11/06 15:43

マスターの方ですね。



私は文系なので、理系のはちょっとわかりませんが
(masa01004さんがどちらかわからないので)
参考になれば幸いです。

まずマスターとの相違点は

・目的意識等が強く、研究者の卵としての最低限の力がある(高度な論文作成能力など)

という感じかなぁと思います。
マスターだと、学部の延長のような印象が多少ありますが、ドクターともなると目的意識が強いです。就職を選ばないで、専門的なことにつこうとしていますからね(時に就職に不利になることもあり)。年齢も気になるところでしょう(まわりが働いて、家庭を築いているのに、自分はまだ学生など)。そういった意味で、精神面の忍耐力もある気がします。

私生活は人それぞれ。
マイペースに研究を続けていく人。大学教授等を目指している人なんかは論文書いていますね。
文系だと博士号がなくてもなんとかなるので(大学教授などになれる)、オーバードクターも多いです。
マスターの頃より論文を書きますね。書かない人は出た後に苦労します。そしてマスターのように授業が多くあるわけではないので、自分自身でプランをたてます。かなり自分との戦いです。平日は非常勤講師をやったり、仕事をしながらの人もいて、研究onlyとかけもちとでは異なる感じです。

休日は学会などがありますね。
あまり平日と休日の違いがない気がします。
自分で休みをつくれるというか…

結婚している人もいますし
ホント人それぞれだなぁと…
ただ目的意識がないと、どんどん堕落していきます。
なのでマスターより自分の研究に対して責任感をもっています。

こんな感じでしょうか?
うちのドクターはいろんな人がいすぎて個性的です。
最終的には研究する時間をお金で買っているようなものなので
自分がしっかりしていないと、意味のない院生生活になってしまう危険性をはらんでいます。しかし目的意識がはっきりしていれば、院生生活で自分を伸ばすいい機会になるのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2002/11/06 15:45

修士と違うところ;


自分で初めから実験系を組み立て,自分で結論までの過程を導き出すことができること。
修士以下を指導できること。
ということが言えるでしょうネ。
行き詰まって誰かに助けを求めるというのは最後の最後の手段でしょう。
院生さんの研究ですから,本人の力で行なうものです。
ゼミの発表などにおいて,何等かの示唆をしたり軌道修正をしますが,最終的には院生自身が行なうものだと思っていますヨ。
平日・休日なんていう区別があるのは学部生の,それも3年生以下だけの話だと思うのですが。
自分の実験プランに合わせて配分をし,それが生活の基本となるものでしょう。
専攻分野によって異なるとは思いますが。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんにもすごく感謝していますしno1にも感謝しています
お礼も同じようになりますけどご了承ください
ありがとうございます

お礼日時:2002/11/06 15:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学院博士課程の研究生活について

大学院の博士後期課程を修了できた方に
お伺いしたいのですが、どのような研究生活を過ごしましたか。
例えば一日の研究時間、勉強時間、ディスカッションなどです。
正直なところ息抜きに遊ぶ時間ってあったのですか。
また、博士後期課程への心がまえを教えてくだされば
うれしいです。アドバイスをどうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まだ在学中のみですが…。

一日の研究時間・勉強時間は平日12~20時間ぐらい?かな?日曜日、休日は幅があって3時間ぐらいから15時間ぐらい。遊ぶ時間というのは…まぁちょっときついかも。息抜きというのは例えば博士課程というならば教授からくっだらない用事を押し付けられることもままあって、そういうのを逆に息抜きにしているという面もありますね。
また、こういう生活をしていると五分の待ち時間の間にリフレッシュしたり、酒をかっ喰らったり、時間がないのにむりやり運動して精神的ストレスを肉体的ストレスに変換して精神の平衡を保つというワザは必須ですよ(笑。人一人より重いタンクやボンベをわざわざキャリアーを使わずに運んだりしたり(笑。
自分は学部生時代に格闘技をやっていて、五分の待ち時間の間にシャドーをしていてすっかり怪しい人だといううわさがついてしまいました(笑。
そもそも時間がないときに限ってこのサイトに書き込む量が増えるという傾向も(笑。

ディスカッションは自分の教授は自分から仕掛けない限りなかなか腰を上げない人なので…。普段は助手や助教授に知恵を借り、結果がでたらもって行って怒られる(笑)の繰り返しなのでなんとも言えません。

遊ぶ時間というのは…遊んだ記憶が…。研究室旅行ぐらい?うちの研究室は学生は参加が必須なので…。(そのぐらいの余裕をもてない人間がまともな実験結果をできるわけがないというわかるようなわからんような理屈で)
体力の回復は重要な問題ですから…。基本的に休めるときは倒れてます…。

まだ在学中のみですが…。

一日の研究時間・勉強時間は平日12~20時間ぐらい?かな?日曜日、休日は幅があって3時間ぐらいから15時間ぐらい。遊ぶ時間というのは…まぁちょっときついかも。息抜きというのは例えば博士課程というならば教授からくっだらない用事を押し付けられることもままあって、そういうのを逆に息抜きにしているという面もありますね。
また、こういう生活をしていると五分の待ち時間の間にリフレッシュしたり、酒をかっ喰らったり、時間がないのにむりやり運動して精神的ストレスを肉体的ス...続きを読む

Q大学院の修士課程と博士課程の違いは?

大学院の修士課程と博士課程の違いは?
博士はドクターと言うことですが
修士は?
勉強の内容が違うんですか?
そもそも大学院は何を勉強するところですか?
分かりやすく教えてください
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

過去の回答を見て、
私の時とはひょっとして
いろいろ制度が変わったのかしら?
と首をかしげているのですが

文科系の学科では、修士課程は2年、博士課程は3年が
一般的だったと思います。
ただし、それは大学によっても違いますし、
私大と国立によっても違います。
たとえば修士課程を、博士課程前期と言い換えて、
いきなり博士課程5年にするところもあります。

決して何年でも在籍できるわけではなく、
大学によって全4年なり全8年なり、
限度はあります。

学生(学士過程)では
授業(講義)を受けることにより
研究作業の訓練を習得しますが、
大学院では訓練で習得したことを生かして
主体的な研究作業をします。

つまり、学士では一般常識と同時に、
大なり小なり教授や助教授の方法論や
研究成果やを学びますが、

大学院では、より主体的なテーマを設定して、
研究を発展させていきます。
(大学によってはチームで研究することもありので
あくまで、個人的研究ではなく、主体的研究です。)

ただ修士の場合は、一方で、
学士と同じように講義を受けなければなりませんので、
(学士と一緒に受ける場合もあるし、修士のみの授業もある)
大学院でも初等的な訓練もしなければならないということでしょうか。

博士になると講義そのものはありませんが、
大学によっては出させてくれるところもあるようです。
また、教授や助教授の研究のお手伝いをしたり、
講義のお手伝いをしたり、
愛犬の散歩をしたりします(笑)

実質的な違いは、はやり名声とお金という
殺伐とした話になります。

たとえば大学の役職は教授職、助教授職、講師、助手などがありますが、
たとえば教授職になるための条件の一つとして、
博士号を修めていることなどがあります。
助手や、まれに講師職でしたら修士程度でも
雇ってくれるところはあります。

またたとえば、同じ助教授職でも、
雇用契約書によっては博士と修士の間に
給与の面で差をつけるところなどもあります。

就職難の今日では大学院へ行く人が多いようですが、
大学院に在籍しているからといって、
就職できないわけではありません。

たとえば、修士課程を受けながら、
ほかの県の予備校などで高校生相手に
受験勉強を教えている方など
いっぱいおられます。
中には昼は大学院で、夜は建設業(ドカタと言ったほうがいいかも)の方もおられます。

終戦で勉強したくてもできなかった
おじいちゃんやおばあちゃんがいる大学院も
中にはあるんじゃないでしょうか?

いずれにせよ、大学院過程は
大学によって違うし、
文科系、理科系によってもちがうし、
国立、公立、私立などの違いもあるでしょうから、

一番よいのは、志望する大学に問い合わせて
(たいていの大学院はパンフレットを発行していて
そこに研究方針やしくみなど詳しく書かれてあります)

場合によっては、教授や助教授を
直接たずねられてみてはいかがでしょうか。

最後にこの情報は何年も以前のうろ覚えですので、
今現在はこれが性格かどうかは責任もてませんが・・・

がんばってね。

過去の回答を見て、
私の時とはひょっとして
いろいろ制度が変わったのかしら?
と首をかしげているのですが

文科系の学科では、修士課程は2年、博士課程は3年が
一般的だったと思います。
ただし、それは大学によっても違いますし、
私大と国立によっても違います。
たとえば修士課程を、博士課程前期と言い換えて、
いきなり博士課程5年にするところもあります。

決して何年でも在籍できるわけではなく、
大学によって全4年なり全8年なり、
限度はあります。

学生(学士過程)では
授...続きを読む

Q博士課程の人は、結婚してない?

博士課程の人は、25歳から27歳ということで、
男でもじゅうぶん結婚してもいい年齢だと思うのですが、
やはり就職の見通しもぜんぜんまだということで、
結婚なさらない方が、圧倒的に多いのでしょうか。

もちろん勉学がいそがしいし、資金的な面もあるという
話はじゅうぶんすぎるほど承知なのですが。

みなさんの周りのケースを、教えてください。
(特に、自分の人生相談という訳じゃないです)

Aベストアンサー

私の場合の話です。

私は理系の修士課程の者(女)です。
来月に入籍する予定です。
結婚相手は、今春、博士の学位を取得した研究者です。
現在、既に新居で生活を始めました。

金銭的にもかなりきつい生活ですし、
お互い、実験に追われ、帰宅は深夜で、
体もきついですが、二人で歩む人生を選びました。

年齢的には私が25歳、相手が27歳なので、
世間で言う適齢期に該当してると思います。
修士課程での結婚の例はあまり聞きませんが、
博士課程に至っては少しはあるようです。
周りの外人の博士課程の学生にいたっては、
ほぼ全員が結婚していますが。

日本人のドクターコースの学生(男)が結婚する場合は、
相手の方が仕事されている場合が多いようです。
学位取得を待ってから結婚となると、
待ってる方が女性の場合、適齢期を過ぎ、
あせりも感じるようになるので、それを避け、
自分(女性)が養うことになろうとも、結婚を選ぶようです。

私の場合ですが、
結婚したい!と心が動き出したら、
止められなかったといった感じでした。
相手の人が学位を取れ、
働き始めたっていうのもタイミングが良かったです。

私の場合の話です。

私は理系の修士課程の者(女)です。
来月に入籍する予定です。
結婚相手は、今春、博士の学位を取得した研究者です。
現在、既に新居で生活を始めました。

金銭的にもかなりきつい生活ですし、
お互い、実験に追われ、帰宅は深夜で、
体もきついですが、二人で歩む人生を選びました。

年齢的には私が25歳、相手が27歳なので、
世間で言う適齢期に該当してると思います。
修士課程での結婚の例はあまり聞きませんが、
博士課程に至っては少しはあるようです。
周りの外...続きを読む

Q博士課程に進んだ彼氏・・将来はどうなるのでしょうか?

カテゴリー違いでしたらごめんなさい。(恋愛の方がよかったかもしれませんが。)

■博士課程卒業後の道について教えて下さい。■

私は、現在芸術系大学4年、就職が決定している状態です。
彼氏は現在、有名な某W大学の大学院に在籍していまして、就職はせず、博士課程に進むそうです。

付き合いが長く、一緒に住むこともほぼ決定していて、将来は結婚・・・という話しもするのですが、博士課程までいくと就職がないと聞きます。(理論系です。)

私の父は会社務めで、私自身芸術系大学をでて普通に就職するので、彼氏がどのようにして生活していくのか、結婚したらお金はどうなるのか(子供など育てられるのか・・)大変不安です。

助手になる・・とか海外にいかなければいけない・・とかいろいろな噂を聞いているのですごく不安です。
詳しいお話を聞かせて下さい。

私は職業柄、ピアノを持って家を出るため、海外についていかないといけなかったりするとそれも不安です。

同棲をする際に、結婚までの練習みたいな形で「2年うまくやっていけたら結婚しよう」という形にしないとダラダラしてしまう・・とこちらでアドバイスいただきましたので、同棲の相談の際に結婚を意識にいれないといけないのだということを強く認識させられました。

彼についていって大丈夫なのか、お金の面で心配です。
博士課程の社会的な立場、卒業後の進路などの例を教えていただけるとありがたいです。

カテゴリー違いでしたらごめんなさい。(恋愛の方がよかったかもしれませんが。)

■博士課程卒業後の道について教えて下さい。■

私は、現在芸術系大学4年、就職が決定している状態です。
彼氏は現在、有名な某W大学の大学院に在籍していまして、就職はせず、博士課程に進むそうです。

付き合いが長く、一緒に住むこともほぼ決定していて、将来は結婚・・・という話しもするのですが、博士課程までいくと就職がないと聞きます。(理論系です。)

私の父は会社務めで、私自身芸術系大学をでて普通に就...続きを読む

Aベストアンサー

toroporiさんこんにちは。

状況に、親しみを持ちましたので、書かせていただきます。
私自身、音楽大学を出て、現在ピアノ教師をしています。
(演奏活動はしていません。主婦、子供1人あり)
そして弟は、都内国立大学(理論系物理)を卒業後、同大学院に入学、卒業を待たずして同大学助手に採用、その何年後かに(弟のことなので詳しく覚えていません)博士号取得、その何年後かに結婚。現在1児の父で、都内に住宅も取得、奥さんは専門知識を生かした仕事に、週2,3日ついています。
弟の同僚には、博物館の職員になった方や、一般企業の研究者になった方がいると聞いています。

今は、どんな職業も、不安ばっかりです。
就職しても、会社が潰れるかもしれません。
弟だって、独立法人化に伴う再編で、先のことは分からないと言っています。
将来の生活の安定を、男性の方に全て頼るような時代ではなくなっているのかもしれません。

私の主人が、起業したとき、収入がない期間が、1年ほどありました。
そのあいだは、私が音楽教室の講師、自宅でもピアノ教室、音大受験生も紹介して頂いて、バリバリ働きました。
おかげ様で今は仕事も順調で、恵まれた生活をさせてもらっています。

結婚とは、苦難を一緒に乗り越えていけるかどうかが問題なのだと思っています。
苦難がない生活が保障される結婚なんて、あるのでしょうか。
問題は、toroporiさんが、彼の何に惹かれて結婚を考えていらっしゃるかだと思うのですが...

他人事とは思えず、ついつい辛口になってしまったようです。ご勘弁ください。

toroporiさんと彼に、幸せな未来があるように、お祈りしています。

toroporiさんこんにちは。

状況に、親しみを持ちましたので、書かせていただきます。
私自身、音楽大学を出て、現在ピアノ教師をしています。
(演奏活動はしていません。主婦、子供1人あり)
そして弟は、都内国立大学(理論系物理)を卒業後、同大学院に入学、卒業を待たずして同大学助手に採用、その何年後かに(弟のことなので詳しく覚えていません)博士号取得、その何年後かに結婚。現在1児の父で、都内に住宅も取得、奥さんは専門知識を生かした仕事に、週2,3日ついています。
弟の同僚には、博物館...続きを読む

Q修士課程や博士過程に入っている人の生計って・・・

修士課程や博士過程に入っている人の生計ってどうやってたてているんですか?ティーチングアシスタントだけでもある程度の収入が得られるものなんでしょうか?できればどのようにして生計をどのようにしてたてているか、又は収入はどの程度得られるものなのかを失礼のない程度に教えていただきたいです。あと、僕がと言うわけではないのですが、一つ気になっていることがあるのですが、結婚しながらの修士、博士課程に入るということは可能に思いますか?どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ティーチングアシスタントは学校によっても違います。
私の場合、ティーチングアシスタントで修士のとき年間3万円程度しかもらえませんでした。(国公立)
博士課程では年間30万程度もらえました。私立になるともうちょっとたかいかもしれません。
結論から言いますと、大学によってちがいますが、ティーチングアシスタントだけでは収入は得られないといっていいでしょう。
たいていの人は塾の講師をしたり、家庭教師をしたりして生計を立てている人が多いように思います。
博士課程に入るとバイトなどしていると論文がかけません。ですので短時間で高収入といえば塾のバイトか家庭教師のバイトかになります。家庭教師は。地域新聞などあるのでしたら投稿すれば博士ということもあり自給5000円でした。週3はいるとだいたい10万以上ありました。
あとは、奨学金ですね。奨学金でも色々な制度があり、例えば都道府県の奨学金でただでもらえる奨学金というものが以前あり私は月4万円程度もらっていました。
修士でも同じようなものではないでしょうか。

結婚しながらの修士、博士課程に入るということは可能は可能です。しかし、修士だとある程度楽ですが、博士になると、研究、論文とめちゃくちゃ忙しいので(私の工学部の場合)結婚相手には理解してもらわなければならないでしょう。
何かありましたらまたいってください。

ティーチングアシスタントは学校によっても違います。
私の場合、ティーチングアシスタントで修士のとき年間3万円程度しかもらえませんでした。(国公立)
博士課程では年間30万程度もらえました。私立になるともうちょっとたかいかもしれません。
結論から言いますと、大学によってちがいますが、ティーチングアシスタントだけでは収入は得られないといっていいでしょう。
たいていの人は塾の講師をしたり、家庭教師をしたりして生計を立てている人が多いように思います。
博士課程に入るとバイトなどしてい...続きを読む

Q博士号はバカでもとれる?

某私大の准教授(東大、理博)が言うには、
「理系の場合、博士号はバカでもとれる。京大より東大のほうがとりやすい。」らしいです。
僕はこの人が大げさに言っているのはわかりますが、本当にバカでも取れるのでしょうか?末は博士か大臣かといわれるほど難しいと思っていましたが、現代では簡単に取れるのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

今現在は、No.11のご回答にもあるように
コースドクター、つまり大学院に在籍していないと
博士号が取れないようになったので、少し事情が
違ってきていますが、教授に論文を出せばいいという
ペーパードクターが認められていたときにはかなり
酷かったです。

>「理系の場合、

 日本は特に、工学系の博士号取得者が多いのですが、
この殆どはメーカー務めの人たちです。大学院での研究なら
日々の研究を教授を含め研究室の人たちが何かしら見て、知って
いますが、メーカーでの研究など、どうゆう役割分担でやって
いるかなど、大学の教授が知ることなどできるはずがない
わけです。
 優秀な人に研究をやってもらって、その内容を
まとめさせ、自分の名前を書いて提出すればそれで
博士号を取ることができるわけです。
 教授のほうも、資金援助などの面でメーカーにお世話になる
ことも少なくないので、「この研究、あなたが本当にやった
んですか?」なんて追求しないわけです。
 口頭での説明など、実際に研究なんかしてなくても
研究した人に詳しく聞けば、誰でもできます。

 No.9のご回答に
>バカが博士号取ったとして、その後どうするのでしょう?
 というにがありますが、博士号という名前だけ欲しい人など
掃いて捨てるほどいます。特に日本の場合、年功序列という制度が
長く続いたため、大した能力も業績もないのに、大手メーカーの
管理職やら役員という人たちが沢山いるわけです。
 見栄だけは人並み以上にあるので、博士号だけ東大で
取るという、いわゆる学歴ロンダリングというのが横行し、
これが海外でも有名になったんです。

>京大より東大のほうがとりやすい。」らしいです。

 東大のほうが企業との結びつきが強いのと、
メーカーの研究に直結しやすい工学系の
研究、そういった方面の教授が多いから
結果的に東大のほうが学歴ロンダリングに
利用されやすいということです。

 ですから、博士号でも文系の場合は事情が全然
違うんです。

 
 だいたい修士課程まで研究したら、博士号取得のための
課題もその分野のもので、それをよく理解してくれているのは
研究室の先生なんですから、少なくても日本の場合、
大学院が東大じゃないのに、博士号だけ東大なんて
いうのはちょっとおかしいんですよ。全部が全部とは
言いませんが。
 でもそうゆう学歴の人って、メーカーには沢山
いるんですよねー。

 それかNo.10のご回答に
>「大学院に入れた人なら」というのが最低基準で、

 というにがありますが、基準の緩和というのが行なわれて、
大学卒業と同等と認められるなら、大学院に入学を
許可してもいいということになっていて、その基準の
具体的内容は大学院まかせなんです。
 ですから高卒のサラリーマンでも、実社会での
仕事の成果を認めるとかして、大学院入学を許可し、
働きながら大学院の夜間に通ったなんてことにすれば
博士号取得ができます。

 かつては、大学院の設置基準そのものが厳しかったので、
先生の何割以上が博士号取得者であることなんていうのがあった
のですが、今はそれもなくなりました。

 法科大学院の設置時など、博士号など持っていないものの
実務経験豊富な弁護士さんなどの多くが大学院の教壇に
立てるようになるなどの利点もあったのですが、
極論を言えば、金さえあれば大学院が設置できて、
基準があればだれでも大学院に入学させ、学位も持って
いない人でも学位認定ができるというのが現状なんです。

 学位の名前だけ欲しいという人、つまり需要は
沢山ありますし、授業料を取れれば大学院の
経営としては問題ないわけです。

>現代では簡単に取れるのでしょうか?教えてください

 金とほんの少しの社会的地位があるというのが前提に
なるとは思いますが。

 




 

今現在は、No.11のご回答にもあるように
コースドクター、つまり大学院に在籍していないと
博士号が取れないようになったので、少し事情が
違ってきていますが、教授に論文を出せばいいという
ペーパードクターが認められていたときにはかなり
酷かったです。

>「理系の場合、

 日本は特に、工学系の博士号取得者が多いのですが、
この殆どはメーカー務めの人たちです。大学院での研究なら
日々の研究を教授を含め研究室の人たちが何かしら見て、知って
いますが、メーカーでの研究など、ど...続きを読む

Q大学院、または博士課程に在学中の男性に質問です

大学院か、博士課程に在学中の男性にお聞きしたいのですが、やはり大学の勉強は忙しいですか?

私の好きな人は今大学院生で、次は博士課程に進むそうなのですが、どんな日常を送っているか全然想像がつきません(>_<)

ちなみに国立大学で理系なのですが、女の子はそんなにいないのでしょうか? 彼女がいる人の割合はどれくらいでしょうか?


また、大学院まで行くくらいのレベルの男性だと、恋愛に女性側の学歴も関係してくるのでしょうか?


たくさん質問してしまって申し訳ないのですが、大学院生の恋愛事情についてお答えいただけると嬉しいです。^^

Aベストアンサー

具体例として、私の1日のスケジュールを^^;

【平日】
5:00 6:00 起床、朝食
6:00 9:00 早朝のアルバイト
9:00 (午後)3:00 研究室で実験とかする
3:00 10:00 大学の授業など(通学時間も混みで)
10:00 11:00 夕食、入浴、休憩
11:00 (翌日午前)1:00 自分の勉強とか

【休みの日】
6:00 8:00 起床、洗濯、掃除など
8:00 12:00 自分の勉強(研究)
12:00 1:00 昼食
1:00 4:00 自転車の練習(趣味の時間)
4:00 6:00 自分の勉強
6:00 9:00 夕食、入浴、休憩(好きな本を読む)
9:00 12:00 自分の勉強

私の場合は化学や工学のように実験室がなければ研究ができないというほどでもないので(動物実験をする平日の幾日かだけ)、それほど時間を束縛されることもありません。でも、いわゆる"純"理系ならば、研究室の他の人の手伝いがあるので拘束される時間も多いでしょうね(私には心中、そういう体制が理解しがたいですが^^;)。

私は拘束時間が少ないので、遊び放題が可能ですが、、、 それでも「暇を持て余す」ということができない性格なので、彼女とケンカ別れなどしょっちゅうです(苦笑)

ちなみに、ボクはすぐに女の子に声をかけたりとかチョーシこいてますが、それは一時的なものでしかないので、彼女ができてもすぐに「この人ちょっとおかしくない?」みたいに思われて3週間くらいで別れることもあります(実際、かなりおかしい人ですケド)。

具体例として、私の1日のスケジュールを^^;

【平日】
5:00 6:00 起床、朝食
6:00 9:00 早朝のアルバイト
9:00 (午後)3:00 研究室で実験とかする
3:00 10:00 大学の授業など(通学時間も混みで)
10:00 11:00 夕食、入浴、休憩
11:00 (翌日午前)1:00 自分の勉強とか

【休みの日】
6:00 8:00 起床、洗濯、掃除など
8:00 12:00 自分の勉強(研究)
12:00 1:00 昼食
1:00 4:00 自転車の練習(趣味の時間)
4:00 6:00 自分の勉強
6:00 9:00 夕食、入浴、休憩(好きな本...続きを読む

Q大学院生ってそんなに忙しいですか?

こんにちは。私はつきあって2年の彼氏がいます。
私は社会人で、彼氏は某有名大学の大学院生(化学専攻)です。

彼が「学校がいそがしい、レポートがいそがしい」といっているので、1ヶ月以上会っていません。少なくても2週に1度は会っていました。

メールで連絡をとるのも1日おきぐらいです。
電話は以前からする習慣がありません。

私が会いたいと言っているわけではないのですが、ここまでほっとかれていると、「つきあっている」という意識が薄れてきてしまいました。

彼のことは信頼してきたのですが、だんだん信じられなくなってきました。

大学院生って、そんなに忙しいのでしょうか?彼女のことが大切なら、忙しいけど平日の夜とかに時間を割いてあってくれたりしますよね?どうなんでしょうか・・・

Aベストアンサー

大学院で物理学専攻の修士2年♂です。
基本的に院生は皆忙しいと思いますが、私の通っている大学では化学が一番忙しいと言われています。話によると、何かの締め切り前(学会etc.今なら修士論文でしょうか。)は一週間家に帰れない人もいるとか。風呂などは大学近くに住んでいる友人に借りるそうです。

大学の研究費を使い研究室の看板を背負う以上、研究において責任が問われその出た結果のみが評価される、そんなところが大学院です。少なくとも、学生だからといって学部生と同じ扱いをしては彼がちょっとかわいそうかな・・・。人にもよりますが、忙しい時は本当に他のこと一切何も出来ないぐらいになります。といいますか、やるべきこと以外は考えたくない、という気持ちにまでなります。

もし今の時期、彼が修士論文を抱えているとなると、平日の夜に時間を割くなど正気の沙汰ではないです。その時間、研究室内はおそらくサバイバル状態だと思いますよ。もう少し待ってあげて、彼に余裕ができた時にじっくり話し合われてはいかがでしょうか。

少々偉そうな事書いてしまい失礼致しました。理系の院生や研究者でも彼氏彼女ときちんとしたお付き合いをしている人は大勢おられます。sakana22様達が良い恋愛ができることを祈りつつ・・・。頑張ってください。

大学院で物理学専攻の修士2年♂です。
基本的に院生は皆忙しいと思いますが、私の通っている大学では化学が一番忙しいと言われています。話によると、何かの締め切り前(学会etc.今なら修士論文でしょうか。)は一週間家に帰れない人もいるとか。風呂などは大学近くに住んでいる友人に借りるそうです。

大学の研究費を使い研究室の看板を背負う以上、研究において責任が問われその出た結果のみが評価される、そんなところが大学院です。少なくとも、学生だからといって学部生と同じ扱いをしては彼がちょっとかわ...続きを読む

Q女性の博士課程進学について

僕の姉は24歳M1、専門は光触媒という研究らしいです。姉が今悩んでるのが博士課程に進学するかどうかです。勉強の面白さがわかり大学の教員のなりたいと言ってます。でもここで姉の心配事があります。
 (1)博士課程修了するときは28歳なんで結婚のことを考えると少し不安
 (2)修了しても助手になれるかわからない
 (3)出産しても大学の教員としてやっていけるか
ということです。僕はそんなに悩みごとが多いなら、博士課程は甘くないだろうから修士で卒業して就職したほうがいいんじゃないかとは言います。皆さんのアドバイスをいただきたいです。

Aベストアンサー

(2)についていろいろな意見が出ていますが。
分野によって全然違います。
博士課程3年で学位を取るのが当然のところが有れば4年めで取得したり単位取得退学して数年後に取得するのが普通といったところもあります。
博士号を取った後、定職を求めて何年か武者修行するのが当然の分野もあれば、そうでない分野もあります。たとえば数年前まで学科新設があいついだ情報系は、卒業後即助手になれるのが当然でした。
これが文系だともっと大変で、非常勤講師をしながら何年~10数年も常勤ポストを得られるのを待つという話も聞きます。
光触媒がどういう分野か知らないのですが、助手へのなりやすさはお姉さんがよくご存じだと思います。

あとAno.5で女性は採用されにくいと言っておられますが、そういうことはないとおもいます。
近年、文科省その他から教官/教員の男女比を改善せよと言うプレッシャーがますます強くなっています。大学の内部評価書にも男女比を報告する説が有りますし、女性が少ないときには改善方針も決めて書かないといけません。さすがに、「女性なら実力が劣っても採用される」と言うところまで行っていません。公募の際に女性だから採用を避けるという大学が存在しないとまでは言いませんが、それほど心配は無いと思います。私の勤めたことのある大学ではとくに女性を忌避はしていませんでした。

(3)についてですが、私の後輩の女性はは博士課程で教員と結婚しました。出産のため博士課程を休学したり、ダンナの在外研究員について1年間海外に行ったりしました。でも、二人目の子供の時はすでに教官になっていて産休をとったんじゃなかったかなぁ?現在、この夫婦は車で1時間くらい離れた別の大学に勤務しています。ま、博士課程中に出産するという戦略もあるということで。

(2)についていろいろな意見が出ていますが。
分野によって全然違います。
博士課程3年で学位を取るのが当然のところが有れば4年めで取得したり単位取得退学して数年後に取得するのが普通といったところもあります。
博士号を取った後、定職を求めて何年か武者修行するのが当然の分野もあれば、そうでない分野もあります。たとえば数年前まで学科新設があいついだ情報系は、卒業後即助手になれるのが当然でした。
これが文系だともっと大変で、非常勤講師をしながら何年~10数年も常勤ポストを得られるのを待つ...続きを読む

Q偏差値の低い大学で博士号をとるということは?

僕のことではないですが、ある人は学部・修士と京大で学んだのですが、教授が退官し偏差値40代の大学に移動しました。その学生は教授についていきその偏差値の低い大学の博士課程に進んだのですがなんでそんなことをするのか疑問です。
最終学歴が京大ではなく、偏差値の低い大学の博士(理学)ということになり学歴が重要な研究者にとっては不利ではないのでしょうか?
無知な自分に教えてください

Aベストアンサー

A No.3 です。

その後「大学によって博士号の難易度が違うから不利」というご意見が出たようですが、私の認識と違いますので、補足させていただきます。

分野によって違いはあるかもしれませんが、私の知る限り、研究者として誰かを採用するときに、「どこどこ大学でとった博士号だから価値があるだろう」という考えが影響することはないと思います。博士号を判断するならなら博士論文の内容を見ると思います。

そもそも通常、博士号の必要条件は、大学名など全く関係のない学術雑誌への出版状況が主要ですから、大学ごとの最低基準は似たようなもののはずです。著しく通常より低い基準で博士号を出す大学院を作りたくても、おそらく設置のときに文科省にはねられると思います。博士号の水準を維持することに熱心な大学では結果的に博士号をとるのが難しいということはありますが、学部の入学試験の偏差値とは無関係な話です。

また、仮に博士号の最低基準が大学ごとに違うとしても、研究者として採用されるか否かは、有名大学の博士号であればお墨付きになるといったような水準の話ではありません。

話を思いっきり単純化して、能力を100点満点で評価するとしましょう。90点以上の人が採用されるとしますね。仮に、A大学の博士であることは70点以上である保証、B大学の博士であることは60点以上である保証としますね。90点以上を採用したいのに、70点や60点の保証は全く無意味です。

A大学であろうが、B大学であろうが、90点以上かどうかを博士論文の内容なども考慮して判断するしかありません。また他の方も書かれているように、博士課程には、どこの大学もトップクラスの学生が進学しますので、90点以上の卒業生は沢山います。

博士号に関しては、大学ごとの違いは、卒業生の能力というよりは、人数だと思います。ある一定以上の能力の卒業生が多い大学、少ない大学はあるでしょう。それは教員数など大学の規模にも依存することです。

関連することでもう一つ付け加えますと、大学院を卒業し研究者としての就職先を探すときには、ポストが少ないわけですから、上で言った90点以上の卒業生であっても普通は就職先の大学の選り好みはしません。そんなこと言っている場合ではないからです。従って、地方の大学か大都市圏の大学かで、研究者の能力には大きな差はありません。基本的に人数や規模の違いです。(就職先の選り好みができる研究者もごく一部いるでしょうが、その人たちがみな東大京大を好むとも限りません。)ただし立地やスケールメリット、進学する学生の人数、文部科学省の政策もあり、結果的な実績にはある程度の差があります。しかしそれは大学院卒業生の能力に大学院名によって烙印を押すようなレベルのものではありません。

以上のことより、やはり大学院名で判断するのは、現実をよく知らない人だけだと思います。

A No.3 です。

その後「大学によって博士号の難易度が違うから不利」というご意見が出たようですが、私の認識と違いますので、補足させていただきます。

分野によって違いはあるかもしれませんが、私の知る限り、研究者として誰かを採用するときに、「どこどこ大学でとった博士号だから価値があるだろう」という考えが影響することはないと思います。博士号を判断するならなら博士論文の内容を見ると思います。

そもそも通常、博士号の必要条件は、大学名など全く関係のない学術雑誌への出版状況が主要で...続きを読む


人気Q&Aランキング