私は将来、自宅で作った弁当を軽自動車を使用しオフィス街等で販売し生計を立て様と考えております。そこで、皆様に下記の点についてお伺いしたいのですが・・

1.必要な資格(食品衛生士でしょうか調理師でしょうか)
2.お弁当の、大体の売価及び原価
3.需要

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、自分で作るということですが「調理師免許」が必要です。

次に販売に従事される場合には「食品衛生士」の資格が必要と思われます。それと同時に販売に必要な設備が必要です。例えば弁当の販売であれば、作られた弁当を冷蔵保存ができる冷ケースなどです。
恐らく軽自動車で十分な設備を有するのは難しいでしょう。
であるならば、必要最低限の食材の保存が可能な冷蔵庫を有してその場で調理するほうがいいのでは?と思います。この場合は、おかずはその場で調理、ご飯はそのばでジャーからもる、付け合せは冷蔵庫から盛り付ける。と考えれば冷蔵保存するものの量が少なくて済むと思われます。但しこの場合の車両は特殊車両となります、改造も必要ですが陸運局での認可が正式には必要となります。よく普通の軽自動車の後部で発砲スチロールなどに食品を入れ販売している車両がありますが正式には違法となります。しかし、彼らの言い分は「出前の為の車だ!?」と言っている為、即摘発は難しいのです。
次に価格ですが、大手弁当チェーン店が最近の価格崩壊の為300円を割った販売がされております。しかし、この手の食べ物はほとんどが揚げ物中心の食べ物で、食べる側としては飽きてしまう、コンビニの弁当は毎日決まったもので飽きてしまう。この部分をターゲットにしてみてはいかがですか?
需要?先にも記載したとうりサービスする弁当の中身と価格がつりあっていれいいと思います。しかし、OL達の話題になるようなものがいいと思います。

※男性たちは食べれればいい!空腹が満たされればいい!という回答が大半です。上手く女性の心をつかむ弁当を作ってもて下さい。
 ともうひとつ、路上で販売する場合には、警察の届出と許可が必要です、場合によっては販売しようとする一体の治安を維持するという名目で、それなりの方々に金銭の支払いがある場合があります。
販売しようとする近くで商いをされている屋台の方に聞いてみるといいと思います。

長々となりましたが、参考にして頂ければ幸いです。
    • good
    • 0

1.まずは食品衛生責任者の資格が必要です。


これは保健所などで定期的に講習会を開いています。
講習会は1日で済みますし、試験などはありません。
費用は一万円ほどかかります。
調理場は保健所の営業許可が必要となります。
これにはいくつか備えていないといけない条件があります。
それから軽自動車を使って販売する場合は
道路使用許可が必要ですね。
これは最寄りの警察署で許可をもらいます。

2.お弁当の内容にもよりますが
販売価格500~600円、原価はその30%~50%くらいではないでしょうか。

3.需要はお売りになられるオフィス街にもよりますが
周りに飲食店が無い場所、コンビニなどが無い場所などは良く売れると思いますよ。

2.
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q街角の弁当屋さんは大丈夫?

よくオフィス街などで昼休みに路上で弁当を販売している人 (店?) がいますよね。 店の名前 (どこかのレストランとか ・・) をノボリなどでアピールして販売しているところもある一方、まったくの素人 (?) のオバサンが弁当を売っているところもあります。 

後者の場合なのですが、大体同じ人が同じ場所で店を開いているようです。 中には常連客がいて、店の人と会話しているシーンも見ます。 11時頃に車で来てテーブルを広げ、その上に弁当を並べています。

ボリュームもあって値段も安そうだし、買ってみようかなと思った事があるのですが、問題は無いのでしょうか?

というのも、記憶では弁当などを販売するには保健所から米飯提供者とかの免許(?)を所得しなければいけなかったかと思います。 これを取得した店には保健所から定期的に衛生面で問題ないか調査にくるはずです。

店名を出していない街角の弁当屋さんはこの免許を持っているのでしょうか? それとも誰でも免許や届出なしで弁当を売る事は許可されているのでしょうか?

それと、もし食中毒など発生した場合ですが、どこの誰が販売した弁当か分からないわけですから責任の所在もハッキリせず、それも心配になります。 

そんな場合、一体どうなるのでしょうか?

ちょっと気になったので質問してみました。

よくオフィス街などで昼休みに路上で弁当を販売している人 (店?) がいますよね。 店の名前 (どこかのレストランとか ・・) をノボリなどでアピールして販売しているところもある一方、まったくの素人 (?) のオバサンが弁当を売っているところもあります。 

後者の場合なのですが、大体同じ人が同じ場所で店を開いているようです。 中には常連客がいて、店の人と会話しているシーンも見ます。 11時頃に車で来てテーブルを広げ、その上に弁当を並べています。

ボリュームもあって値段も安そうだ...続きを読む

Aベストアンサー

突然割り込むような形になって申し訳ないのですが、回答します。

まず弁当ですが、不特定多数が口にするものは、製造したその場で販売するか、他所へ持って行って売るかの関係なく、まず製造すること自体に営業許可が必要です。そして大概の都道府県の場合、弁当類は販売するにも営業許可が必要です。

そこで、ご質問のあった街角で固定店舗を構えずに販売する場合ですが、扱いとしては弁当の行商になります(東京都の場合)。
これは営業許可とは違って届出ですので比較的簡単に取得できますが、条件があります。扱う弁当は、営業許可を受けた施設で製造されたものであること(許可を受けていない家庭の台所で作ったものなどもってのほかです。)、製造者や消費期限、使用した添加物などの表示がきちんとされたものであること、移動しながら販売することです。(だから、本当はテーブルなどに広げて販売するのは違反です。)

ただ実態は、参考URLの3ページ目(5)食品移動販売者及び行商の一斉監視指導結果、を見ていただければお分かりのように、無許可営業などの理由で保健所に何らかの指導を受けたのが約4分の1と、非常に高い割合です。(店を構えて商売している所でこんなに高い所はありません。)
また、移動販売や仕出し弁当などは調理場にお客さんの目が入りません。お客さんの目が入らない状態で、衛生管理にコストを支払うか、その費用を利益とするかのどちらに流れやすいかはご想像ください。
また、信用云々の話も、悪いうわさが流れて売り上げが減れば、場所を移すだけのことです。(そのための移動販売です。)

最後に、こういった弁当で食中毒が発生した場合、当然保健所は調査を行ないますが、調査する業者が判らなければ調査のしようがありません。この場合は、泣き寝入りとなるでしょう。

参考URL:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/kansi/2005/h17_6-8.pdf

突然割り込むような形になって申し訳ないのですが、回答します。

まず弁当ですが、不特定多数が口にするものは、製造したその場で販売するか、他所へ持って行って売るかの関係なく、まず製造すること自体に営業許可が必要です。そして大概の都道府県の場合、弁当類は販売するにも営業許可が必要です。

そこで、ご質問のあった街角で固定店舗を構えずに販売する場合ですが、扱いとしては弁当の行商になります(東京都の場合)。
これは営業許可とは違って届出ですので比較的簡単に取得できますが、条件があり...続きを読む

Q路上販売、何か許可が必要なのでしょうか?

平日の昼食時に外出したら、公道に机を出して弁当を販売している業者を見かけます。

しかし、休日に外出した時に、公道に机を出してアクセサリーを販売している業者が、警察に何か言われて、そそくさと商品をしまっている光景を見ました。

路上販売をするのに何か許可が必要なのでしょうか?

仮に許可が必要であっても、役所の前で弁当を販売していて、客のほとんどが公務員の場合であれば、警察が黙認しているのでしょうか?

私が見た業者は、役所の前で弁当を販売している業者も、一般企業の事務所の前で弁当を販売している業者も、事務所や役所から少し離れた所で弁当を販売している業者もいましたが、警察に何か言われているのを見たことがありません。

販売する時間が昼食時に限られているので、警察が黙認しているということなのでしょうか?

Aベストアンサー

道路上に屋台などのお店を出すには「道路使用許可」というものを警察から出してもらう必要があります。いわく、
「道路使用許可申請手続のご案内
1手続の内容、許可基準等
道路は、人や車が通行する目的で作られたものであり、通行という本来の使用行為は基本的に自由に認められています。本来の使用目的以外の道路の使用は、道路の効用を害し交通の妨害となり、危険があるため一般的に禁止されています。
しかし、道路工事、作業、工作物の設置、露店等の出店、祭礼行事等の道路使用に対しては、
○現に交通の妨害となるおそれがないと認められるとき
○許可に付された条件に従って行われることにより、交通の妨害となるおそれがなくなると認められるとき
○現に交通の妨害となるおそれがあるが、公益上又は社会の慣習上やむを得ないと認められるとき
について総合的に検討し、警察署長が許可をしています。

2道路使用許可が必要な行為
・道路において、工事もしくは作業をしようとする行為(1号許可)
・道路に石碑、広告塔、アーチ塔の工作物を設けようとする行為(2号許可)
・場所を移動しないで、道路に露店、屋台等を出そうとする行為(3号許可)
・道路において祭礼行事、ロケーション等をしようとする行為(4号許可)」
です。
http://www.police.pref.gunma.jp/koutuubu/03kisei/douro-kyoka.htm

路上でお弁当販売するには、上記の「3号許可」が必要なのです。
「黙認」うんぬんについては、それぞれの警察の内部事情でしょうから、ここでは判断できないことです。
ただ推測すれば、お昼の弁当販売は短時間であり、アクセサリーは一定の長時間だとすれば、短時間の方が黙認されている可能性はあるでしょう。
ある程度短時間のものまでいちいち取り締まるほど警察も杓子定規ではありません。

道路上に屋台などのお店を出すには「道路使用許可」というものを警察から出してもらう必要があります。いわく、
「道路使用許可申請手続のご案内
1手続の内容、許可基準等
道路は、人や車が通行する目的で作られたものであり、通行という本来の使用行為は基本的に自由に認められています。本来の使用目的以外の道路の使用は、道路の効用を害し交通の妨害となり、危険があるため一般的に禁止されています。
しかし、道路工事、作業、工作物の設置、露店等の出店、祭礼行事等の道路使用に対しては、
○現に交通の妨...続きを読む

Qお弁当屋さん。営業許可が必要か否かの違いは?

知人10人程度に、お弁当をつくってあげて、代金をもらおうと思っています。

もしも、お弁当屋さんを開くとしたら、保健所の営業許可が必要とのことですが、知人が望んでいて、自分がそれにこたえるという、こういう形であれば、営業許可をもらわずに、お弁当を販売しても、違法とはならないでしょうか。

営業許可が必要か、必要でないかの違いはどういうところでしょうか。

Aベストアンサー

お金をもらった時点で営業行為となります。
もちろんお礼として一回とかなら問題は無いでしょうけど
厳密にはこれも違法行為です。
これを「販売」とは言いませんね。

これを定期的に繰り返せば当然営業行為と取られるでしょう。

しかし、一番怖いのはトラブった時。
食中毒でも起こせば営業許可を取ってないのですから、丸々製造者の責任となります。
その処分は相当重いと思って下さい。
下手すりゃ命にかかわる場合もあるのですから…

多少のお金でこれを負うのは割りに合わないと思いますよ。

ちなみに営業許可は事業の規模などには関係ないです。
(大量に工場で生産するならまた別ですが)
月に一個売るのでも、日に100個売るのでも必要な許可は一緒です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報