相互会社が(特に生保)最近、株式会社になって経営統合をする話しをよくみみにしますが具体的にどうするんですか?
社員は契約者なので例えば資本金が100億だとすると契約者に株式が割り当てられるのですか?

A 回答 (2件)

 保険業法89条に具体的手続き方法が載っています。



保険業法第89条 (社員への株式の割当て)相互会社の社員は、組織変更計画書の定めるところにより、組織変更後の株式会社の株式の割当てを受けるものとする。
2 前項の株式の割当ては、社員の寄与分(社員の支払った保険料及び当該保険料として収受した金銭を運用することによって得られた収益のうち、保険金、返戻金その他の給付金の支払、事業費の支出その他の支出に充てられていないものから当該社員に対する保険契約上の債務を履行するために確保すべき資産の額を控除した残額に相当するものとして総理府令・大蔵省令で定めるところにより計算した金額をいう。)に応じて、しなければならない。
3 商法第二百十七条第一項及び第二項(一株に満たない端数に関する処置)並びに非訟事件手続法第百二十六条第一項(管轄裁判所)及び第百三十二条ノ二(端株の任意売却許可の申請)の規定は、前二項の場合について準用する。
4 第一項の規定により社員に割り当てた株式を発行する場合には、当該株式を商法第百六十六条第一項第六号、第二項及び第三項(定款の記載事項)に規定する会社の設立に際して発行する株式とみなす。
5 商法第二百十八条第二項(株式分割)の規定は、組織変更の場合について準用する。
6 前各項に定めるもののほか、組織変更の場合における株式の割当てに関し必要な事項は、政令で定める。

となっていますが、設問の様に、資産を全部資本金に割り当てれば、資本金の剰余部分がなくなり、会社の経営が不安定になります。まだ具体的な算定方式は決定していない様です。
 なお、参考URL参照。
また
http://www.fsa.go.jp/p_mof/singikai/kinyusin/gij …
には、質疑応答が載っています。

参考URL:http://www.fsa.go.jp/p_mof/houan/hou08b.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。
有難うございました。

お礼日時:2001/02/25 18:03

直接の回答では有りません。


参考までに読んでください。

生保が相互会社から株式会社に変った場合、加入者は株主となります。では、どのように株式を配分するかというと、保険に加入してからの年数や、払い込んだ保険料などを基準に株式割当額を決めるのが柱です。ただ小口契約者や加入後の経過期間が短い契約者は割当額が株式の最低額面である5万円に満たない「端株株主」となるため、端株を市場で一括売却して株式の代わりに現金を交付する仕組みを設けるようです。現金交付の対象は全契約者の3分の2程度を占める見通しです。組識変更直後の新株発行による資本増強も認め、保険会社の自己資本強化を目指す方針のようです。
資本金のうち株主の分がどのくらいになるかは、わかりませんが・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。
有難うございました。

お礼日時:2001/02/25 18:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【みんなの資本主義】みんなの資本主義という本が売られていますが、資本主義というものは人を蹴と落として

【みんなの資本主義】みんなの資本主義という本が売られていますが、資本主義というものは人を蹴と落として成り上がるという思想ではないんですか?

みんなの資本主義って発想自体おかしくないですか?

資本主義の下には奴隷と使用者という身分格差があって成り立つ思想ではないんでしょうか?

資本主義でみんなハッピーという考えはあり得るのでしょうか?

みんなの資本主義ってタイトルはおかしくないですか?

Aベストアンサー

「みんなのための資本論」のこと?映画のこと??
資本論をきちんと理解して、搾取されないようにしようねって啓蒙している。

Q株式の相互持合いについて

株式を相互持合いすることにどういったメリットがあるのでしょうか。
また、株式相互持合いが社会全体にどのような影響を与えているのでしょうか。
詳しく教えて下されば幸いです。

Aベストアンサー

株式の相互持合いは、安定株主対策としてとられているケースが大半です。
お互いに株式を持ち合って保持することで、自社の経営方針等を支持してくれる株主の比率を上げるメリットがあります。
株主が安定していて流動しないことで、良い意味では経営(陣)の安定性が維持されてきましたが、反面問題の大きい経営(陣)が守られるというデメリットもありました。

Q発行株式と資本金

掲題の件について教えてください。(1) 発行済みの株式の額面総額とその会社の資本金額は必ず一致するのでしょうか?例えば1株額面500円の株を100,000株発行している会社の資本金は必ず50,000,000円なのでしょうか。(2) それと先にトヨタが自社株を買い戻した(発行済み株式が減った)ケースなどで仮に資本金が変わらないとすると、それはどういう場合ですか。どういう財務上の処理がなされるのですか。経済にうとくてお恥ずかしい質問なのですがどなたかお教えください。

Aベストアンサー

 昭和25年の商法の大改正でアメリカ法の導入を図ったとき、無額面株式の採用により、1株額面金額×発行株式数=資本金 という図式はなくなりました。いまでは、50円額面株式を1000円で発行して500円を資本金に繰り入れることもできますので、つながりはありません。ただ、額面額以下で発行することができませんので、資本金は、株式額面総額を下回ることはありません。トヨタの場合は、資本金の部の資本準備金を取り崩します。この場合、発行済みの額面総額は減少しますが、資本金は変わりません。

Q株式会社における「資本金」の定義

株式会社における「資本金」の定義について教えて下さい。(1)設立時の資本金はどのように計算されるのですか。発行株式数や株価と関係があれば、どういう関係か?(2)上場後、株価が市場で動くようになったときはどういう計算になるのか(あるいは株価とは関係がないのか)?

Aベストアンサー

資本金は、いわば会社の元手となるお金のことです。

たとえば、会社を設立するぞ、といった時、事務所をおく建物や土地がなければいけません。
製造業なら当然、工場の機械設備、それと原料が必要です。
まずは、それらをいったん買い揃えなければなりませんが、たいていは、会社を設立した人が個人資産を持ち出し、現金等を用意して手当てします。その元手が資本金です。

資金が足りない場合は、銀行から借金します。この金額は、借入金として、負債の部に計上されます。

小さなお店ならば、小額で済むでしょうが、鉄道・電力などは多額の資本金が必要になってきます。

つまり、業種や会社規模によって必要となる資本金が異なり、売上高、総資産と同様に、会社の規模を示す代表的な指標となっています。


株式を公開している会社の場合は、必ずしも「資本金=会社の規模の大小」とはなりません。

特に株価が高く、何回も時価発行増資を繰り返してきた会社がそうなります。

時価発行増資とは、たとえば額面1株50円の株式を、株式市場の時価で発行し、投資家に買ってもらうことです。

当然、株価が高い会社ほど多額の資金を市場から手に入れることができます。

企業活動のルールである商法ではこうして手に入れた資金の1/2を資本に組み入れることができるため、会社の規模の関係なく資本金が膨れ上がってしまうということになります。

資本金は、いわば会社の元手となるお金のことです。

たとえば、会社を設立するぞ、といった時、事務所をおく建物や土地がなければいけません。
製造業なら当然、工場の機械設備、それと原料が必要です。
まずは、それらをいったん買い揃えなければなりませんが、たいていは、会社を設立した人が個人資産を持ち出し、現金等を用意して手当てします。その元手が資本金です。

資金が足りない場合は、銀行から借金します。この金額は、借入金として、負債の部に計上されます。

小さなお店ならば、小額で済...続きを読む

Q『株式会社(の誕生)』と『資本主義経済』は関係あるものなのですか?

『株式会社(の誕生)』と『資本主義経済』は関係あるものなのですか?


先日、友人との会話の中で

株式会社の誕生が資本主義経済が
ここまで広まった要因だ、というような言い回しを聞きました


実際にはどうなのでしょうか?
それぞれ独立したシステムだと思っていたのですが…

逆に、株式会社は社会主義経済にはなじみにくいということなのでしょうか?

経済の歴史とかは全然分からないので、(もしそうであれば)
簡単で結構ですので教えてください

Aベストアンサー

友人の言う通り。

所有と経営を分離する株式会社が発展することで、資本主義は拡大した。
旧時代は経営者=資本家本人であり、資本はあっても経営センスが無いものはなかなかビジネスに手を出せなかった。

消費税も年金も別制度だがお互いに影響を与えているように、資本主義も株式会社もお互いに別ではあるが影響している。



>逆に、株式会社は社会主義経済にはなじみにくいということなのでしょうか?

決してそんなことは無い。社会資本主義体制であれば資本主義であり、自由主義ほどではないがなじみにくいとは言わない。現在の中国も社会主義国家だが起業家が多く生まれて資本主義が拡大している。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報