ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

一から機械力学を勉強したいと思っています。
機械力学の参考書を買ったのですが数式が沢山でほとんど理解出来ません。
そこで、数学の参考書を買いたいと思っていますがどれを買っていいのやら・・・
高卒の私にもわかり易い参考書などは有りますでしょうか?
出来れば機械力学に役立つ物が良いんですが。
また、そのようなサイトがあれば教えてください。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


機械工学を勉強している一年生です。
私の学校で紹介された本で分かりやすそうなものを、いくつか紹介したいと思います。

機械系大学講座シリーズ(12)「機構学」(コロナ社)
工学基礎「流体の力学」(培風館)
「やさしい物づくりの基礎」(オーム社)
「力学」(裳華房)
「工業熱力学通論」(日刊工業新聞社)
「応用解析要論」(森北出版)
「電磁気学ノート」(コロナ社)
「工業力学」(理工学社)
「材料力学」(森北出版)
「電気電子工学概論」(丸善)
などなど・・・です。

どれが良いと一概には言えないので、図書館などで探して比べてみると自分に合ったものが見つかると思います。(大学の図書館などに行くと、市立図書館などより沢山あると思います。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現役の学生様のご意見有難う御座います。
とりあえず一度図書館に行ってみようと思います。
何が自分にとって合うか模索してみます(レベルが低い程合うんでしょうが・・・)
なにかあったらまた宜しくお願い致します!

お礼日時:2002/11/06 08:04

まずは、高校生用の理系数学の参考書が良いかと思います。

これは使ったことがないので分かりません(^^;

その後は、大学で使うような「微分積分」「応用数学」「応用解析」「解析力学」というような名前の本になると思います。チャート式っぽいのが、
「応用解析要論」(田代嘉宏著、森北出版)
使いやすかったです。

あとは、「図解雑学」シリーズでしょうか。必ず説明に付随する絵がついてるので理解しやすいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答感謝いたします。
とりあえず図書館に行って見たいとおもいます。
>必ず説明に付随する絵がついてるので・・・
絵が付いてると入りやすそうですね(^^;
色々参考にさせていただきます!

お礼日時:2002/11/06 08:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q機械工学のお勧めの本

 大学院受験(他大学)を19ヵ月後に控えています。専攻は機械工学です。そこで、機械工学(熱力学、流体力学、材料力学、機械力学)でお勧めの演習書がありましたら教えてください。講義で使う教科書でも院入試はまかないきれるでしょうか?解き方が詳しく書いてある本が欲しいです。英語、数学の方もお勧めの本や勉強法を教えていただけると助かります。
 また、試験まであと19ヶ月という今の段階で具体的にはどういった対策を練ればいいでしょうか?大学受験で1度失敗しているので試験まで1年以上あっても焦っています。経済的な事情で2部の学部に通っていて昼間は働いて(アルバイト)います。できればバイトは辞めたいのですが辞めてしまうと生活できない状況です。今のところ、国立大学の大学院に入学する為の費用は貯まったのですが。気は焦るけどまだ本格的な勉強は始められないでいます。なにか短い時間で勉強に集中できるいい方法がありましたら経験者の方、ご指導お願いします。短い時間の勉強で合格できる程院入試はあまくはないと思ってはいるのですが・・・。

Aベストアンサー

物理学科→環境学専攻という他専攻に進学しました。
 院試の勉強は大抵半年くらい前からやるものです。焦る気持ちもわかりますが、まずは東京図書”理工系のための大学院の歩き方”等を読むことを薦めます(あせる気持ちが和らぎます)。この本は今は第3版なのかな?私の持ってる第2版には私大2部大学から国立へ進学した人の体験談とか書いてあるけど・・・。
 今は学部の授業を理解することと、卒業研究のことの心配をしましょう。大学院としては、卒業研究がたいしたことない他大の学部生は取らない可能性もあるので・・・。学部時代に学会発表経験などがあるなら武器になります。
 お勧めの演習書はWEBで検索かければいくらでも出るんじゃない?
ただ、大学入試と違って、院試に近道は無いと思ったほうがいいよ。本も自分で書店で見て、気に入ったのを買うという形になるはずだけど・・・

 私個人としてはサイエンス社 演習 材料力学 (多分知ってるよね?有名だし、あの黄色い奴)  同シリーズ 演習 機械運動学、類似シリーズ 熱力学・統計力学演習 など、数学もサイエンス社の黄色い奴でいいんじゃないの?
あの黄色いの全シリーズ買ってみれば?大学院入試問題のシリーズもあるし。
 あと手に入るか知らないけど 槇書店 基礎応用 機械工学演習 枷場重男、結城明泰共著 の本がすごい。辞書みたいに分厚い演習書で、辞書代わりに使える。
 
 

物理学科→環境学専攻という他専攻に進学しました。
 院試の勉強は大抵半年くらい前からやるものです。焦る気持ちもわかりますが、まずは東京図書”理工系のための大学院の歩き方”等を読むことを薦めます(あせる気持ちが和らぎます)。この本は今は第3版なのかな?私の持ってる第2版には私大2部大学から国立へ進学した人の体験談とか書いてあるけど・・・。
 今は学部の授業を理解することと、卒業研究のことの心配をしましょう。大学院としては、卒業研究がたいしたことない他大の学部生は取らない可能性も...続きを読む

Q流体力学ってどのように勉強するのが良いのでしょう?

現在大学4年の理系学生なのですが、流体力学がちんぷんかんぷんです。
今後研究等で必要となるため、勉強が必要なのですが、どのように勉強したら効果的または理解しやすいでしょうか?
また、おすすめの参考書があれば教えてください。

ちなみに、日野幹雄さんの「流体力学」を持っているのですが、読んでもよくわかりません。

Aベストアンサー

参考になるか分かりませんが。。。
私も学生時代に選択しなかった科目(必須教科でなない)を仕事上必要に
なったことがありました。ある意味、独学で学んだのですが自分自身のレベル
は分かっていたので、まず図書館もしくは本屋に行って自分自身のレベル
にあった参考書を探して(簡単なレベルから)学び、次にレベルアップした
参考書を探して徐々にレベルアップしました。
理論的に細かく記載されている参考書から始め、次に演習問題が多い参考書
を購入してひたすら問題を解きまくりました。
時間はかかりましたが、参考書を見なくても理解できるレベルまでいきましたよ。。。
まずは、本屋にでもダッシュで行って自分自身のレベルにあった参考書を探してみてください。数はあるはずです。私は卒業後だったので独学でしたがあなたはまだ大学生ですので#1さんの言う通り分からなかったら教授に張り付いて学んでください。
頑張ってくださいね!

Q比重の単位って?もうわけわからない・・・。

比重というのは、単位はなんなのでしょうか??
鉄の比重を7.85で計算すると考え、以下の疑問に答えてもらいたいのですが、
縦100mm・横100mm・厚さ6mmの鉄板の重さを計算したい場合、
100×100×6×7.85で計算すると、471000になります。
全部mに単位をそろえて計算すると、
0.1×0.1×0・006×7.85で、0.000471になります。

これで正確にkgの単位で答えを出したい場合、
0.1×0.1×6×7.85で、答えは0.471kgが正解ですよね?

・・・全く意味が解かりません。普通、単位は全部揃えて計算するものですよね??なぜ、この場合、厚さだけはmmの単位で、縦と横はmでの計算をするのでしょうか?

比重ってのは単位はどれに合わせてすればいいのでしょうか?

そして円筒の場合はどのように計算するのでしょうか?
まず、円の面積を求めて、それに長さを掛けるのですよね?
これは円の面積の単位はメートルにして、長さはミリで計算するのでしょうか??
わけわからない質問ですみません・・・。もうさっぱりわけがわからなくなってしまって・・。うんざりせずに、解かりやすく、教えてくださる方いましたらすみませんが教えて下さい・・。

比重というのは、単位はなんなのでしょうか??
鉄の比重を7.85で計算すると考え、以下の疑問に答えてもらいたいのですが、
縦100mm・横100mm・厚さ6mmの鉄板の重さを計算したい場合、
100×100×6×7.85で計算すると、471000になります。
全部mに単位をそろえて計算すると、
0.1×0.1×0・006×7.85で、0.000471になります。

これで正確にkgの単位で答えを出したい場合、
0.1×0.1×6×7.85で、答えは0.471kgが正解ですよね?

・・・全く意味が解かりません。普通、単位は全部揃えて計算するものですよね??...続きを読む

Aベストアンサー

#3番の方の説明が完璧なんですが、言葉の意味がわからないかもしれないので補足です

比重は「同じ体積の水と比べた場合の重量比」です
水の密度は1g/cm3なので、鉄の密度も7.85g/cm3になります
(密度=単位堆積あたりの重さ)
重さを求める時は「体積×密度(比重ではありません)」で求めます

おっしゃるとおり、計算をする時は単位をそろえる必要があります
100(mm)×100(mm)×6(mm)×7.85(g/cm3)ではmmとcmが混在しているので間違いです
長さの単位を全部cmに直して
10cm×10cm×0.6cm×7.85(g/cm3)=471g=0.471kg
と計算します(cmとgで計算しているのでCGS単位系と呼びます)

円筒の場合も同様に
体積×密度で求めます
円筒の体積=底面積(円の面積半径×半径×円周率)×高さ
です

比重=密度で計算するならば、水が1gになる体積1cm3を利用するために長さの単位をcmに直して計算してください
計算結果はgで出るのでこれをkgに直してください

最初からkgで出したい時は
水の密度=1000(kg/m3)
(水1m3の重さ=100cm×100cm×100cm×1g=1000000g=1000kg)
を利用して
目的の物質の密度=1000×比重(kg/m3)
でも計算できます
(このようにm kgを使って計算するのがSI単位系です)

0.1×0.1×6×7.85は#4の方がおっしゃるとおり
0.1×0.1×0.006×1000×7.85の0.006×1000だけ先に計算したのだと思います

#3番の方の説明が完璧なんですが、言葉の意味がわからないかもしれないので補足です

比重は「同じ体積の水と比べた場合の重量比」です
水の密度は1g/cm3なので、鉄の密度も7.85g/cm3になります
(密度=単位堆積あたりの重さ)
重さを求める時は「体積×密度(比重ではありません)」で求めます

おっしゃるとおり、計算をする時は単位をそろえる必要があります
100(mm)×100(mm)×6(mm)×7.85(g/cm3)ではmmとcmが混在しているので間違いです
長さの単位を全部cmに直して
10cm×10cm×0.6cm×7.85(g...続きを読む

Q一自由度の振動の問題です。(機械力学)

図のようにばねが繋がれている、完成モーメントI、ながさLの剛体棒の固有角振動数を求めよ。という問題なのですが、剛体棒がθだけ動いたときのばねの変位がわからなくて困っています。そのため発生するモーメントもわかりません。どなたか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

ばねKと棒の支点とを結ぶ垂線の交点と、支点、棒への接続点で作られる三角形は、直角三角形になります。
この三角形の斜辺の長さはℓ/2です。
垂線の交点、支点、棒への接続点のなす角は、(90°/2)+(θ/2)=(90°+θ)/2となります。
したがって、ばねの長さ=2(sin((90°+θ)/2)×ℓ/2)=ℓsin((90°+θ)/2)となります。
これから、さらに変形してθのみの関数にすれば良いと思いますよ。

Q角加速度とトルクと慣性モーメントの関係

トルクを慣性モーメントで割ると角加速度が出ると思うのですが
どうして出るのでしょうか?
トルク:N
角加速度:α
慣性モーメント:I
式はN=α・I
単位だけで見ると
N・m = rad/s^2 × kg・m^2
で一見関係が無いように見えますが・・・
感覚的に、軽くて小さなものと重くて平べったいものを同じスピード(加速度)で回すときは
後者の方がかなり力がいるのはわかるのですが・・・
式から関係性が見えません・・・
どなたかご存知の方、詳しい方、ご教示いただけますでしょうか?

Aベストアンサー

単位だけに注目します。

1Nは1kgの質量の物体を1m/s^2で加速させる力の大きさです。
つまり
1N=1kg・m/s^2

つまりトルクの単位は
N・m=kg・m/s^2・m=kg・m^2/s^2
となります。

慣性モーメントと角加速度の積は
kg・m^2・rad/s^2
となりますが、角度の単位radは無次元量(長さを長さでわったものだから)ですので無視できます。つまりこの積は
kg・m^2/s^2
とあらわせることになり、これはトルクの単位と等しいことがわかります。


人気Q&Aランキング