シャルトル公爵シリーズは、現在小学館文庫で「シャルトル公爵の愉しみ」として全7巻が出ている様なのですが、
私はそれ以前に出版された小学館のコミック(?)で揃えております。

「純愛はジゴロの愉しみ」
「アポローンは嫉妬する」
「貴婦人は頷かない」
「向日葵が恋をしたのは誰?」
「黒の皇太子」
「少年は贔屓される」
「悪趣味な美学」
「籠の中のお姫様」
「秘密はバラしてもいい」
「エメラルドは気取り屋」
「縦横無尽の風」
「薄情が薄氷を踏む」

以上12巻で全てだと思うのですが、
文庫全7巻の集話数と上記12巻の集話数と同じなのでしょうか?
それとも、文庫の方にはコミックには収録されてない話があるのでしょうか?
どなたがご存じの方 教えて頂けませんか? 宜しくお願い致しますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

文庫の収録タイトルを書きますので、照合してみて下さい。


1巻「純愛はジゴロの愉しみ/純金は黒ネコの愉しみ/純毛は生娘の愉しみ/アポローンは嫉妬する/デュオニューソスは泥酔する/霧のライオン/アレキサンドライト・アイ」
2巻「ヘルメースは虚言する/貴婦人は頷かない/貴公子は恋をしない/貴族は逆らわない/貴石は輝かない/貴重品は返さない/向日葵が恋をしたのは誰?/糸杉を愛したのは誰?」
3巻「月桂樹に嫌われたのは誰?/ヒュアキントスを殺したのは誰?/乙女に騙されたのは誰?/金色の天使/銀色の鼠/赤い女神/黒の皇太子/透明人間現る」
4巻「少年は贔屓される/少女は偏愛される/青年は翻弄される/公爵は買収される/皇太子は差別される/魅力的な謎/扇情的な憂鬱/悪趣味な美学/不透明な邪恋」
5巻「美味な騎士/籠の中のお姫様/蜘蛛の巣の皇太子/新大陸の大富豪/鏡の国の愚者/教会の前の魔女/約束は守らなくてもいい/秘密はバラしてもいい/報酬は支払わなくてもいい」
6巻「親友は裏切ってもいい/権力は濫用してもいい/サファイアは恥ずかしがり屋/ダイヤモンドはわからず屋/アレキサンドライトは気分屋/真珠は寂しがり屋/エメラルドは気取り屋/臨機応変の闇/疑心暗鬼の光」
7巻「唯我独尊の炎/曖昧模糊の水/縦横無尽の風/薄情が薄氷を踏む/非情が悲運を招く/強情は強制を嫌う/温情が温室を満たす/無情が無聊を慰める」

あと、シリーズより大昔に関連エピソードを読んだ記憶があるのですが、タイトルは覚えていません。ごめんなさい。
行方不明のアンリが足を切断し・胎児を失うお話(「樹海の虜」だったかも)
公爵夫妻がお互い相手を同性だと勘違いして恋をするエピソード
フーケの娘の「幸福の王子」像の宝石が偽物と入れ替わるお話
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。 お礼が遅くなり申し訳ありませんm(_ _)m
完璧なご回答に感謝致します! 入力作業等お手数おかけいたしました。
連休中にでも確認してみたいと思います^^

私も「行方不明のアンリが足を切断し・胎児を失うお話」は
遥かかなた昔に読んだ記憶があります。

お礼日時:2008/04/29 01:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名香智子さんの漫画

この頃、名香智子さんの漫画にハマりだしたのですが違う出版社から沢山コミックが出ていますよね。
けっこう、登場人物が他作品に重複しているとも聞きますが・・。

どの作品から読んでいけば良いか繋がっている作品を
教えて下さい。
又、名香さんの作品で面白かった作品も教えて下さい。

名香さんの作品は「桃色浪漫」は読みました。
「パンドラ★パニック」は面白そうだったので只今、注文中です(~o~)

Aベストアンサー

こんにちは
美女姫シリーズは実は、もっと他につながっていて、コミックスになっているのだと、「樹海の虜」「黄金の少年」「こちらこの世の天国」でしょうか。
特に「樹海の虜」「黄金の少年」は、これを読んでいないとシャルトル公爵シリーズの一部によくわからないところが出てきます。
「こちらこの世の天国」は美女姫シリーズの外伝と言ったところ。
ただ、どれも現時点で新刊で入手可能かはわかりません。なにか文庫に入っていたような気もするのですが…。

他の作品ですが、もし「桃色浪漫」がお気に召したなら、「グリーンボーイ」もよろしいかと思います。ドタバタですが似たタイプの作品です。
あと、単行本で買っているので現在まだ連載中かどうかわからないのですが、「マダム・ジョーカー」も好きですね。
ご参考まで

参考URL:http://www.naka-tomoko.com/

Qチャールズがカミラさんにこれほど惚れたのは何故?

イギリス王室の世紀の結婚式を拝見してました。
もし、ダイアナさんが生きてらしたら何処の席で息子さんの結婚式を
ご覧になってたんでしょうか?
いつも疑問に思ってたのは何故美しいダイアナさんよりあの下品なカミラ
さんと長い間不倫を続け、愛を注いだのでしょうか?
男女間のミステリーを感じます。
不誠実な夫に耐えかねた妻の最後はあまりにも悲劇的、それなのに
カミラはちゃっかりとイギリス王室の一員となってしまった。
カミラの前の夫が彼女は凄い床上手だと発言したのを記事で読んだ
事があります。
"君のタンポンになりたい”という信じられない言葉を盗聴されてしまった
チャールズ。
そこまでカミラを愛し続けたのは何故?相性?同じ趣味?価値観?
真面目に答えて欲しいです。

Aベストアンサー

真面目に答えます・・・。

カミラの曾祖母はエドワード7世(イギリス国王)の長年の公妾にして最愛の女性であるそうです。
そして更に遡ればリッチモンド公爵チャールズ・レノックスの血筋だとも言われてます。

充分に王妃としての素質はあったように思います。

ダイアナと結婚以前からカミラとは関係があったようです。(すでに最愛の人だったみたいですね)
何故、カミラを最初に王妃にしなかったのかまでは王室の事ですので分かりません。
ただ、チャールズ皇太子は伝統に対して抵抗したがるところが見え隠れする方みたいですが、伝統を破るほどの革新的な王子ではないそうです。

ダイアナは正直、自分の言いたい事を言う、好きな時に好きなことを楽しみといった自由人で強く、暖かい人情のある方だったそうです。
しかし一般的な母性はあるとしても極端に甘えさせてくれるなどの懐の深さはなかったようです。

チャールズの母であるエリザベスは王女だった為にチャールズに対して母として接する機会があまりなく愛情不足だったと思われます。
チャールズは気難しく理屈っぽい。正直さ、率直な振る舞いが特徴です。
伝統や格式を担う公人としては適役と思われます。

そして問題なのが、公人としてダイアナを妃にした事としかしダイアナは公人としてでは無く私人として愛して欲しかった事です。
ダイアナは彼を変えられると幻想を抱いてたのかもしれません。
ダイアナは言いたい事を言う性格ですので、キレて文句を言う日々が続いたのかもしれません。
しかし、チャールズはグッと考え込んで大事な事だけ発言するタイプです。
ですから元々の性格は真逆だったと思われます。
その為チャールズはダイアナに寄りつかなくなったのかもしれません。

もちろんダイアナは理屈を理解しようと努力をした事は伺えるのですが・・・理解は出来ても許容する事が出来なかったと思われます。

そしてカミラの場合は難しい理屈などは置いておきたい人のようです。
カミラにとって重要な事は自分を求め愛してくれる人がいること。
ドロドロとした三角関係にあってもチャールズの事を理解しそして許容する事が出来る方のようです。

気難しい彼に対してデリケートな部分を刺激したりしない、とても尊重してくれる方だと言われてます。
そして最大の彼女の魅力は強い母性愛です。
愛する男性を子の様に慈しみ、命を捧げて生涯を守るほどの古典的な母たる姿勢を崩さなかった事と周りから何を言われても誇り高く、強い女性であった為にチャールズにとっては不可欠な女性だったのだと思います。

長くなりましたが、カミラとダイアナでは性格が真逆であることは一番の原因だったのではないでしょうか?
ただ、誰が悪いとかでは無いと思います。

私も最初は否定派でしたが、現在はお二人の関係を暖かく見守って差し上げたい様な心情です。

真面目に答えます・・・。

カミラの曾祖母はエドワード7世(イギリス国王)の長年の公妾にして最愛の女性であるそうです。
そして更に遡ればリッチモンド公爵チャールズ・レノックスの血筋だとも言われてます。

充分に王妃としての素質はあったように思います。

ダイアナと結婚以前からカミラとは関係があったようです。(すでに最愛の人だったみたいですね)
何故、カミラを最初に王妃にしなかったのかまでは王室の事ですので分かりません。
ただ、チャールズ皇太子は伝統に対して抵抗したがるところが見え隠...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報