電子書籍の厳選無料作品が豊富!

以前にも似たような質問をさせて頂きましたが、有益な情報を得ることが出来なかったため改めて質問させて頂きます。
現在、社会人ですが会社を辞めて、大学院(マスター)に一般入試で入学しようと決意しているものです。
そこで、今年の10月入学か来年の4月入学のどちらの試験を選択するか迷っています。今のところマスターとして早く大学院で研究を行いために、10月入学を考えていますが、10月入学の場合、4月入学と比べて不利な状況(点)はありますか?
また、10月入学の場合、就職活動は何年次の何月から始めればよいのでしょうか?

A 回答 (6件)

受け入れ側として思うことです。

あくまで思うことなんで、見流すて程度にしてください。

4月はこれから新学期が始まり、当然のことながら研究室に新入生が入ってくる時期です。そういうときにはオリエンテーション的なことから始めて、みんな横一線で一斉に教えていくということをやりますし、みんなが同時に入ってくるのでやりやすいです。

しかし、10月という中途半端な時期に入ってこられると、その入ってくる人だけのためになんらかのことをしなくてはいけなくなります。
また、4月に入ってきた4年生は卒論に対して忙しくなる時期でもあります。

そういう意味で、わざわざ10月に入学しなくてもって思います。
たしかに、留学生等は10月に来たりしますが、「留学生だから」ということで動かざるを得ないという感じです。

ちなみに、医学系のうちの研究室では。外国からの留学生以外で10月に入学した人は見たことありません。

個人的にも、長い研究人生になるとしたら、6ヶ月ちょっと早くいったとことでなにが変わるのだろうと思います。それくらいの違いだったら、最初からしっかり受け入れ体制ができている4月からのほうがいいのでは、と。

就職活動などは、実際に10月入学をした人をあまり知らないのでわかりません。あくまで受け入れ側の私個人的な考えです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり、10月入学は中途半端過ぎますよね。早く研究をしたいという気持ちもありますが、もし10月入学で研究室に入ってきても研究室の方々に迷惑をかける点などを考えれば4月入学の方が理想ですね。

お礼日時:2008/04/26 10:58

#5です。



理系の修士での就職であれば、3月卒業と9月卒業の場合の求人の差は、学部卒の場合と同様です。学校に確認してみればわかります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/04/27 21:52

修士卒で研究職を希望ということだと、


企業の研究部門に就職希望ですよね。
公的研究期間のほとんどは博士号を持っていることが採用条件ですから。

そう考えると4月入学を薦めます。
4月入学なら同期も沢山いるし、
就職活動なども同じタイミングで出来るため、
有益な情報をたくさん共有できると思います。
他の方が書かれているように
新卒の4月採用の方が募集も多いでしょうし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとございます。
やはり4月入学がベストのようですね。

お礼日時:2008/04/27 21:51

理系か文系かでかなり違うと思います。

また、就職は修士課程終了後すぐなのか、博士課程も終えた後なのか、就職先はアカデミックなところを狙うのか、でずいぶん違うと思います。
このあたりを補足していただけないでしょうか。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
私は理系です。就職は修士課程を終えた時点での就職です。将来は研究職を希望しています。

補足日時:2008/04/26 10:51
    • good
    • 0

一般論として、10月入学はレアケースです。

修士では実施していない大学院の方が多いと思います。しかし、募集しているのであれば、格段の不利益はないと思います。ただし、現実問題として帰国子女や外国人を想定しているのかもしれませんので、先方の(受験予定の)研究室に問い合わせて、その結果から判断するのが良いでしょう。
就職活動に関しては不利というか不便があると思います。多くの会社では新卒の採用は4月を想定しているのが現状です。もちろん、10月から入るところも多く存在するでしょうが、通常の新卒とは別の扱いになるかも知れません。
だとすれば、中途入社という事も想定する事になりますので、就職活動をいつ始めるかということの答えはありません。つまり、あなたの修了予定時期での採用人事を会社が始めた時という事になりますが、そもそもそれに多くの労力を割く会社があるかどうか疑問です。個別の交渉なり、大学の研究室からのコネのような形になりがちです。

また、修士の就職事情は文系か理系かによって全く違いますし、大学や学部学科によっても違います。つまり、修士修了者の求人が多いところとそうでないところがあるという事です。
大学院に何を期待されているのか知りませんが、就職よりも研究を重視したいのであれば10月入学が良い事は確かですが、一般の学生のような就職活動をしたいのであれば4月の方が対応しやすいでしょうね。

なお、就職を強く意識しておられるような印象を受けますが、大学院を修了したからといって、就職が良くなるとは限りません。分野によって悪くなる事もあります。まあ、その辺りの事はご承知だと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
もちろん、会社を退社し大学院(修士課程)に進学するのですから研究を第一に考えているのは当たり前です。ただ、どうしても就職関係(研究職)の事を意識するのは当然のことであると思います。

お礼日時:2008/04/26 11:04

私はこの四月に修士課程に進学した者です。


同じ研究室に昨年の10月に入学した同期生がいます。彼は帰国子女で9月に学部を卒業したので社会人でおられたlaudfhさんとは立場が違うでしょうが、参考にはなると思います。
彼曰く10月入学でも不利になることはないそうです。ただし同時に入ってくる人数が少ないので横の繋がりはできにくいと言ってはいました。
また就職活動ですが、私達と同じ3月に卒業するようにプランを組んでいるので私達と同じだそうです。卒業を同じ時期にしたのは
1.大学院のカリキュラム上9月に卒業するのは困難なこと。(不可能ではない)
2.早く内定をもらえても就職できるのは次の4月から
だそうです。(ただし1は大学によって、2はlaudfhさんが社会人を経験しておられることで変わってくる可能性はあると思います。)
以上のことから10月入学でも違いはあまりないと言っていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
10月入学だと横のつながりが少ないのは欠点ですね。やはり、人間関係も重要ポイントになってくると思っています。

お礼日時:2008/04/26 11:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています