人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

NHKラジオ英会話講座より(英作文)
彼のファンは彼のことをまるで神様のように扱う。
His fans treat him as if he were a god.
(質問)先生はラジオの中で「godは小文字です」と念を押されました。[god]と[God]の違いが分りません教えてください。以上

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

tommy0313さん、こんにちは!




 言語の文化的背景に触れる問題ですね。ご存じのように、ユダヤ教は1つの神だけを認め、それ以外の(例えば古代ギリシャ・ローマの)神々に対する信仰は邪教として異端視しました。そのユダヤ教の中からキリスト教が生まれたわけですが、キリスト教はユダヤ教の唯一の神を継承しています。(キリストの呼びかけた神は、ユダヤ教の神だったわけですから。)

 となりますと、ユダヤ教、キリスト教、(それに後に成立したイスラム教)という血を分けあった一神教群にとって、自分たちの神を、a god と呼ぶわけにはいきません。なぜなら、a をつけるということは、他にもいろいろ god が存在することを前提とするからです。従って、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の神はこの世に1つしかない固有名詞として扱われ、Tokyo と同じように、大文字の God で表示されるわけです。

 英語圏文化は基本的にキリスト教文化圏ですので、神と言えば God です。一方、英語圏の人間にとって、異教徒(英語でheathenと言います)たち、例えばヒンズー教を信奉する人々が祀っている神々をどう表記するかというと、これは自分たちの Godとは違う、有象無象の(やがてキリスト教に改宗されるべき)神々にすぎませんので a god / gods と表記するわけです。当然、日本の神々も gods であって、Godではありません。

 ただ英語圏の人間でも、キリスト教を信じなければ、キリスト教の神も、ヒンズー教の神も変りはしませんから、I don't believe in a God. と言うことはあり得ます。というのは、その人にとっては、キリスト教の神とイスラム教の神は同じには思えず、どちらも God と言っているなら、1台のトヨタ車を a Toyota と呼ぶように、a God と言って構わないわけですので。

 お尋ねの His fans treat him as if he were a god.は、アイドル崇拝ですので、heathenの範疇です。キリスト教では、人間に Godを適用することはできません。神は人間とは違う超絶的な存在と考えられているからです。(日本の宗教では人間は死んでしばらく経つと神になりますが、こうした考えは、キリスト教にとっては、恐るべき罰当たりな考えということになるでしょう。)idol は偶像ということで、それを崇拝することはキリスト教の厳しく禁じているところです。ちなみに、キリスト教では、Godの他にキリストというGodが措定されているわけですので、理屈から言えば Godsになるべきところなのですが、三位一体(神、キリスト、聖霊は一体)の神学により、Godの単数形が保全されているのです。

 以上、an infidel による怪しげな神学講義ですが、god と Godの違いが感じていただければと思います。

 
    • good
    • 5
この回答へのお礼

いつもご回答いただき感謝いたしています。とてもよく分りました。キリスト教の成り立ちなども教えていただきとて興味深く拝見しました。英語を学びながら、世界の文化や宗教までも学べる幸せを感じています。今後ともいろいろお話をお伺いできれば嬉しいです・・。宜しくお願いいたします。まづは御礼まで。

お礼日時:2008/04/26 19:29

こんばんは。



>[god]と[God]の違いが分りません教えてください

私も、辞書で調べて、この辺りの説明は、あまり、とやかく理屈をつけずに、一般名詞としての言葉があるのだなっていうか、大文字の「唯一神」の神とは違うのだなっていう認識のをしていればよいのではないかなって思います。

多くの人のファンがあって崇拝されていたり、影響力のある人のことを、"a god" と呼ぶわけです。

それと、掲示板ですと、どうしても、宗教の話は、発展的な意見やらが入ってきて、英語界では、キリスト教の話をしたりしますが、それらのいくつかはかなり考え方も違うし、いずれにしても、ここでは、オフ・カテになってしまうと思います。

私は、「一般人」ですが、

ただ、
His fans treat him as if he were a god.

この文章に対して、heathen" と言うのは、意味的にまったく違うはずですね。それに、この言葉自体、今は、あまり会話的に使われなくなった言葉のはずですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。文化や宗教の違いを感じられて、興味深く拝見しました。勉強になりました。有難うございました。敬具

お礼日時:2008/04/26 19:14

辞書を引きましょう。


こんなことはここで聞かなくても辞書にすべて書かれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。

お礼日時:2008/04/26 19:14

多分


・god は普通名詞
・God は (キリスト教の神を表す) 固有名詞
だと思う.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもご回答いただき感謝いたしています。とても分りやすいご説明で納得です。今後とも宜しくお願いいたします。敬具

お礼日時:2008/04/26 19:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QgodとDeityの違い

godとDeityの違いは何でしょうか?

Aベストアンサー

 Godと先頭を大文字にすれば、一神教の神で、普通はキリスト教の神のことですね。不可算名詞です。godと先頭を小文字にすれば、可算名詞で普通は多神教の神、とくに男神です。ちなみに女神ならgoddess。古英語からある英語本来の名詞です。そのためか、いろいろな表現に使われます。

 Deityと先頭を大文字にするなら、普通はtheをつけて万物創造の絶対者。deityと小文字なら、多神教の神。不可算名詞で神性・神格・神位といった概念も表せます。男神・女神両方に使えます。ラテン語でdeusにitasが組み合わさったdeitasが語源です。隠れキリシタンが絶対神を「でうす様」といっていたのはラテン語由来らしいです。

QHave you got~とDo you have~

イギリスでHave you got(I've got)とDo you have(I have)はどれくらいの割合でしゃべられていますか?イギリス英語ではHave you gotですが、イギリス英語の教材を聞いているとDo you haveを使ってる方もいるので気になりまして・・・
教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

イギリスでは両方が使われますが、

Have you got...はカジュアルな表現
Do you have...はよりフォーマルで丁寧な表現

友達同士なら、もっと崩され、

Got...?
が使われます。

Do you have a pen? ペンをお持ちですか?
Have you got a pen? ペンを持っていますか?
Got a pen? ペン、持ってる?

意味は同じですが、丁寧さの度合いが異なるのです。

一般的な「普通」の会話ならHave you gotが使われます。一方、会社の上司に対してならならDo you haveと言う方が少なくとも相手にはより良い印象を与える表現になります。

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q映画の料金を支払う時の身分証明書

最近友達と映画をみに行ってきました。
その時に身分証明書を忘れてしまって、気がつかないまま、受付のお姉さんの所へ行きました。

友達「高校生二人お願いします。」
受付「はい。身分証明書を見せてください。」
友達はたまたま持っていたので、すぐ、出しましたが…
私「…ない。です。」
受付「では、一般料金となりますが、よろしいですか?」
私「………はい…」

本当にくやしかったです(泣)
「よろしいですか?」と聞かれた時に「よろしくないです。」と言いたくなりました(泣
 実はその映画館には10回ぐらいは行っているのですが、いままでに1度も「身分証明書を見せてください。」と言われた事がありませんでした。
友達も「いつもは身分証明書いらないのにね。しかも、どうみても、大人じゃないのにねぇ。」と言ってましたし、
「さっき隣の人を見てたら、身分証明書だしてなかったよ。」といっていました。

 そういえば、違うところですが。またもや、身分証明書をうっかり忘れた時に「身分証明書忘れました」と言ったら、「次回から持ってきてください。」と言われただけでした。
 (これは、映画館初心者の時なのですが)あらかじめ、忘れた事が分かっていた時には、友達が古い定期券を貸してくれました。同じ名前の人が二人いるのに気がつかないのが不思議でした…。

 身分証明書を忘れた(忘れすぎかもしれないですが…)私がいけないのですが、受付の人によってちがうのでしょうか?同じ所なのに、マニュアルはないのでしょうか??
違う所だと対処が違うのは、その映画館によって決められているのでしょうか?
みなさんはいつも身分証明書みせていますか??

最近友達と映画をみに行ってきました。
その時に身分証明書を忘れてしまって、気がつかないまま、受付のお姉さんの所へ行きました。

友達「高校生二人お願いします。」
受付「はい。身分証明書を見せてください。」
友達はたまたま持っていたので、すぐ、出しましたが…
私「…ない。です。」
受付「では、一般料金となりますが、よろしいですか?」
私「………はい…」

本当にくやしかったです(泣)
「よろしいですか?」と聞かれた時に「よろしくないです。」と言いたくなりました(泣
 実はその映画館に...続きを読む

Aベストアンサー

映画館でチケット販売のアルバイトをしています。

大学生・高校生は学割が効くので、いつも証明書をご提示いただいています。そのときに証明になるのは、学生証か学割表示のある有効期限内の定期券です。
で、お持ちでないときには一般料金になってしまいます。

ちなみに、保険証や免許証は×なんです。それだったら学生かどうかということはわからないので…。17歳でもフリーターの人とかいるしね。最近はOLさんみたいな高校生のコとか、小学生に見えるような大人の方もいらっしゃって、本当に見た目だけで判断するのは難しいです。

というのがだいたいのマニュアルだと思うんですが、映画館によって見せなくていいトコもあるみたいです。
それから、マニュアルのあるところでも、人によってはマニュアルどおりじゃなく、自分のやり方でやったりしてる人もいますね。学生証忘れたと言う人でも、「今回はなしで結構ですけど、次回からは必ずお持ちくださいね」といって割引にしてる人もいます。ごくまれですが。
blue-teruteruさんが証明書を忘れて行ったときの受付の人は、ちゃんとマニュアルを守る人だったんでしょうねぇ。なのでしっかりした映画館ともいえるかもしれませんね。

「一般料金になりますがよろしいですか」と言うと、「見たらわかるやろボケ」とブチキレる高校生もいます。そういう場合には学生料金になりますけど(^^;

私も高校生のときに学生証を忘れて一般料金になった経験があるので、それからは必ず持って出かけるようにしています。財布に常に学生証を入れておくとイイよ! いつも持っておけば何かあったときにも安心だと思います(^^)

映画館でチケット販売のアルバイトをしています。

大学生・高校生は学割が効くので、いつも証明書をご提示いただいています。そのときに証明になるのは、学生証か学割表示のある有効期限内の定期券です。
で、お持ちでないときには一般料金になってしまいます。

ちなみに、保険証や免許証は×なんです。それだったら学生かどうかということはわからないので…。17歳でもフリーターの人とかいるしね。最近はOLさんみたいな高校生のコとか、小学生に見えるような大人の方もいらっしゃって、本当に見た目だけで...続きを読む

Q一冊の本を読む時間について、

通常、約300ページくらいの本を何時間くらいで読んでおられるでしょうか。私は、約12時間くらい、かかっているのですが、遅いでしょうか。ある本に、約3時間と書いてありました。そんなに早く読んで、内容を理解できるものなのでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

内容によっては1時間くらいで読んでしまうものもありますが,平均するとやはり3時間くらいでしょうか。
関連性のある本をすでに読んでいる場合などは,語句の意味を改めて咀嚼しないでよいので早く読めます。というか,斜め読みって感じですね。
反して普段読まないようなジャンルでは,出てくる語句の意味を別の本で調べながら読んだり,前へ戻ったりとするので,10時間とか軽くかかっちゃうこともあります。
ミステリーなどは逆に早く結末が知りたくて一気に読んでしまったり,恋愛ものでは最初にさらっと気になる場面だけ読んで,改めて最初からじっくり読んだりもしますね。やはり,皆様が仰るように,本の内容と本への取り組み方で時間のかかり具合は違うようです。また,1つの本を読んでいるとき,以前に読んだ関連性のある本の内容を即座に思い出せるかどうかでも,理解力や読書時間はかなり変わってくるのではないでしょうか。
ちなみに,私が最近はまっているジャンルの本はドラマCDが出ており,読むときには頭の中で好きな声優さんをキャスティングして声を再生(?)しているので,結構,時間がかかるときもあります。これも一種の楽しみ方かしら(笑)

内容によっては1時間くらいで読んでしまうものもありますが,平均するとやはり3時間くらいでしょうか。
関連性のある本をすでに読んでいる場合などは,語句の意味を改めて咀嚼しないでよいので早く読めます。というか,斜め読みって感じですね。
反して普段読まないようなジャンルでは,出てくる語句の意味を別の本で調べながら読んだり,前へ戻ったりとするので,10時間とか軽くかかっちゃうこともあります。
ミステリーなどは逆に早く結末が知りたくて一気に読んでしまったり,恋愛ものでは最初にさらっ...続きを読む

QGodとLordとChristという言葉を使うとき

(1)GodとLordとChristはどのように違うのですか?
Godが創造主でChristがキリスト(だとおもう)ですが、Lordの意味がよくわかりません。
(2)英語で、「My God!」って言う人と「Jesus!」と言う人は、宗教が違うのですか?
ふと疑問に思いました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
>(1) GodとLordとChristはどのように違うのですか?

God というのは、英語であり、大文字で書く場合は、英語を使うキリスト教社会では、普通、キリスト教の「神」、つまり、カトリックで「天主」と呼んでいるものに相当します。この世界・宇宙を創造し、人間を創造した神のことです。

god と小文字で書く場合、キリスト教の絶対神である「神=天主」以外の、様々な宗教に出てくる神や霊のことです。キリスト教の立場からは、例えば、日本の「八百万の神々」は、gods となります。

また、ギリシア神話の神々も gods で、そのなかの特定の神は、god となります。god apollo は「アポロ神」です。キリスト教には「女神」はいないのですが、日本の宗教や、ギリシアの神々には、女神がいます。これは英語で、goddess と書きます。

goddess Amaterasu とか、Aphrodite the goddess つまり、天照女神、アプロディーテ女神などとなります。goddess の場合は、大文字で書くことがあります。

Christ は、ヘブライ語の「メシア」つまり「油注がれた者・聖別された者」のギリシア語訳が、Χριστοs(Khristos, クリストス)となり、この英語での形が、Christ(クライスト)です。日本語では、「キリスト」と言います。

キリストは、「救世主」とも呼ばれ、また「神の御子」とも呼ばれます。天主である「父なる神」と、御子なる「キリスト」、そして「聖霊」という霊が、三つの名前と姿を取るが、本質は一つであるという考えを、キリスト教の「三位一体説」と言います。聖霊のことを、英語では、Holy Ghost と言います。

ラテン語では、「Deus et Christus et Spiritus Sanctus」と言います。「父なる神とキリストと聖なる霊」の意味です。

Lord というのは、元々ゲルマン語のはずで、英語に固有の言葉で、「主人」という意味です。あるいは「上に立つ人」です。英語では、Lord God というときは、「父なる神」つまり God, 「天主」のことで、単に、Lord というと、「主」という意味で、普通は、キリストを表します。

しかし、lord というのは、主人という意味でしたから、国王や貴族を呼ぶとき、My lord というような言い方をしました。また、貴族の姓に付けて、その人が貴族であることを示します。(正確には、Lord Brown というような言い方をすると、イギリスでは、男爵のことで、「ブラウン卿」というように日本語に訳します)。

神(God)は、ラテン語の Deus の訳語で、主(Lord)は、ラテン語の Dominus の訳語です。ラテン語で、Dominus Deus を英語で訳して、Lord God と言うのです。

キリスト教では、Dominus Deus つまり Lord God は「父なる神」で、Dominus つまり Lord は、「子なる神=キリスト」を意味します。My Lord は、キリストへの呼びかけにもなるのです。

>(2) 英語で、「My God!」って言う人と「Jesus!」と言う人は、宗教が違うのですか?

My God ! とか、Jesus ! というのは、感嘆詞のようなもので、日本語だと「おお!」とか「ああ!」とかいうような感じです。昔の年寄りは、何か凄いことや、事故や事件が起こると、「なんまんだぶ」とか「なんまんだ」とか言っていましたが、これは「南無阿弥陀仏(なむ・あみだぶつ)」の略で、「阿弥陀仏陀に挨拶します」という意味ですが、こう言ったからといって、その人が必ずしも、阿弥陀仏を信仰しているとは限りません。

阿弥陀仏を信仰し、「南無阿弥陀仏」と唱えるのは、日本では浄土宗系の仏教宗派です。他方、日蓮宗などは、「南無妙法蓮華経」と唱え、「なんみょうほうれんげきょう」と言います。これは「素晴らしい法華経に挨拶します」という意味で、こういう人は一応、法華経の信者、日蓮宗が主となりますが、「なんまいだ」というのは、浄土宗には限りません。

それと同様、My God!(マイ・ガッド!)とか Jesus!(ジーザス!)と言ったからと言って、キリスト教のどの宗派とは判断できません。英語での感嘆詞だと考えるのがよいです。
ただし、こういうのは、意味を知っている人は、キリスト教の人か、無宗教でも、キリスト教の下敷きのある人です。

イスラム教の人は、こうは言いません。言いそうになると、言うのをやめます。また仏教徒も本来言うべきでないのですが、日本人で英語を喋る人のなかには、アメリカ人のまねをして、こういう人がいます。

(My God ! は、「くそったれ」とかいうニュアンスがあるので、あまり綺麗な言葉ではありません。「ちくしょう」とかいう感じもあります。Jesus ! の方は、驚いたときなどに使い、そんなに汚い意味はありません。My God! は、清らかな意味もありますから、使うのが難しいのです)。

なお、Jesus は、イエズスまたはイエスのことです。ギリシア語では、「イエースース」と言い、ラテン語では、「イエズス」と言います。ヘブライ語の男子の名前である「ヨシュアー」が、アラム語で、「イェシューアー」というような形になり、これをギリシア語で表現したものが「イエースース」です。

イエズスまたはイエスは、「人となったキリスト」の名です。人間のイエズスが、神であるキリストになったのではなく、神であるキリストが人間に生まれたのです。イエズス(イエス)=Jesus=Christ=キリストと考えて差し支えまりません。
 

 
>(1) GodとLordとChristはどのように違うのですか?

God というのは、英語であり、大文字で書く場合は、英語を使うキリスト教社会では、普通、キリスト教の「神」、つまり、カトリックで「天主」と呼んでいるものに相当します。この世界・宇宙を創造し、人間を創造した神のことです。

god と小文字で書く場合、キリスト教の絶対神である「神=天主」以外の、様々な宗教に出てくる神や霊のことです。キリスト教の立場からは、例えば、日本の「八百万の神々」は、gods となります。

また、ギリシア神...続きを読む

Q「There is ~」 と 「Here is ~」の違い

「There is ~」と「Here is ~」は同じなのでしょうか?調べてみたものの,その違いが分かりません。。。もし,両者の使い方が違うのであれば知りたいので,回答いただけるととても助かります。

Aベストアンサー

参考になるかどうか分かりませんが、
私は最初There is しか知りませんでした。例えばテーブルの上に本がありますは、There is a book on the table.
のように、~がありますといった場合は、全てThere isで通していました。ところが先日ネイティブにそれはHere is だよと直されました。つまり、目の前にテーブルがある場合はHere is a book on the table.となります。hereはここ。この意味がそのまま反映されるようです。

QI hope this email finds you well. とは?

友人からのメールで冒頭に I hope this email finds you well. とありました。日本語に置き換えるのであれば
どう訳せばいいのでしょう?findを何と訳せばいいのか分りません。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

これは通信文でよく使われる表現です。昔はemailの変わりにletterでしたが・・・

日本語では一般名詞が人称名詞と同様に主語になるケースは犬、猫など限られた動物だけですが、欧米語では、抽象名詞でも自然現象(風、雨など)でも主語になります。

この慣用文は日本語なら「(私はあなたが)お元気のことと思います」というところを欧米人の習慣(発想)から「このメールがあなたが元気であることを見出すことを期待します→お元気のことと思います」と表現しています。

参考;How do you find yourself this morning?
今朝、あなたはあなた自身をどのように見出しますか→今朝はご気分いかがですか。

Q「彼の話によると」の英訳

「彼の話によると」と言うのを英語で言うとどのような表現になるでしょうか?

状況としては、「彼の話によるとね○×△なんだって」といった日常会話です。

According to his talk
これは硬いので言わないですよね。

he says that ....
現在形でこのように言いますか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>he says that ....
>現在形でこのように言いますか?

これでいいのではないのでしょうか。現在か過去かは場合によるので判断が難しいと思います。今目の前でいってるわけではないので、言ったのは過去ケースがおおいでしょうが、いまでもその意見を彼が持ち続けていると思うなら現在でもいいと思います。

tells/toldも使えます


According to himもつかえるとおもいます。おっしゃる通りsayよりはかたいです。

QEarth/The Earth/earth/the earthのニュアンスの違い

SF小説などを読んでいると、『Earth』と『the Earth』を適宜使い分けているように感じます。
辞書を見ると、”地球は『Earth』、ときとして『the Earth』ともいう”というような説明で
まったく釈然としません。

小説から、断片的に例文を挙げると、例えば、次のような文章があります。
(A)The comet will bring us back to Earth.
(その彗星は、われわれを地球に連れ戻してくれるでしょう)

(B)The comet appeared in the sky above the Earth every two million years.
(その彗星は、地球の上に200万年ごとに出現しました)

他の箇所もみると、『Earth』といった場合には、おおよそ
 ・われわれの故郷
 ・われわれが暮らしている場所
 ・母なる地球
などという、温かみのある訳がしっくり来るような感じです。

いっぽう、『the Earth』といった場合には、おおよそ
 ・天体としての地球
 ・太陽系の惑星のひとつとしての地球
 ・物体としての地球
などという、無機質かつ科学的な訳がしっくり来るような感じです。

この感じ方は適切でしょうか? 
無冠詞か定冠詞かで、なぜこのような肌触りのちがいが生じるのか
おもいつきません。
ご教示をお願いします。

ちなみに、小説のなかでは、小文字の『earth』、『the earth』は、でてきません。
小文字になると、大文字の場合と、またニュアンスが大きく違ってくるのでしょうか?

以上、ご教示をお願いします。

SF小説などを読んでいると、『Earth』と『the Earth』を適宜使い分けているように感じます。
辞書を見ると、”地球は『Earth』、ときとして『the Earth』ともいう”というような説明で
まったく釈然としません。

小説から、断片的に例文を挙げると、例えば、次のような文章があります。
(A)The comet will bring us back to Earth.
(その彗星は、われわれを地球に連れ戻してくれるでしょう)

(B)The comet appeared in the sky above the Earth every two million years.
(そ...続きを読む

Aベストアンサー

 確かに冠詞の有無によって受け止める感じも違ってきますね。これをしっかりと理解するためには、話し手(小説なら、主人公)の立場をよく見極める必要があります。すなわち、その時点だけの感じなのか? あるいは、時間を超えたものなのかというものです。

 これだけではわかりにくいかと思いますが、別の例を挙げてみましょう。

 たとえば、「God」と「god」の意味わかりますか? 「God]といえば、人間と違って、過去から存在し、また未来にも存在し続けるような、超越的な存在者であるという感じがあるはずです。そのような存在者は、どんな形をしているのか、その姿を見極めることは出来ないはずです。抽象的な存在者というわけです。

 つまり、「区別できない」ものには、冠詞がつかないのです。ですから、冠詞のつかない「Earth」といえば、「God」のように、永久に存在するような、その時点だけの姿でなく、愛しいというか、われわれの愛する「地球」という感じです。これに対して、宇宙船の窓から外を見て、「ああ、あそこに月が見える、そして地球も見える」というような、区別できるものには、冠詞のつく「the Earth」を使うわけです。

 なんで、「the earth」としないかというと、それでは、他にもありそうな星(地球に似た星)を含めて考えていることになり、「われわれの住んでいた、あるいはわれわれのあこがれる地球」であると、特別視した言い方にならないおそれがあるのです。つまり、神を単に「god」としては、他の神(イスラム、仏教、インドなど)の内の一つを意味して、まずいわけです。「自分にとっての神である」と思えば、「God]と大文字にしないと、「唯一の神である」という気持ちが出てこないわけです。

 ですから、主人公の立場をよく見極めて、単なる感想なのか? あるいは気持ちを込めた感想なのかを理解する必要があります。

 「the」とあったら、それは、「自分の知っている、地球である」という、目の前の判断を意味します。冠詞がついていなければ、過去から存在し、現在にも存在し、未来にも続くような、ものとかんがえるのです。「われわれの住んでいた、われわれの。。。」という感じです。質問の通りです。

 教室での説明なら、「地球」は単なる用語なので、「Earth」ということもあるでしょうね。しかし、温暖化の問題で、現在の地球を述べるのなら、「the Earth」ということもあるでしょうね。

 まとめていえば、冠詞のつく物は、話し手の現在の判断を示し、冠詞のつかない物は、話し手の判断を越えたようなものを示すと考えることが出来ます。難しいかな? 

 まあ、他にも回答が来るのでしょうから、それも見て理解してください。

 確かに冠詞の有無によって受け止める感じも違ってきますね。これをしっかりと理解するためには、話し手(小説なら、主人公)の立場をよく見極める必要があります。すなわち、その時点だけの感じなのか? あるいは、時間を超えたものなのかというものです。

 これだけではわかりにくいかと思いますが、別の例を挙げてみましょう。

 たとえば、「God」と「god」の意味わかりますか? 「God]といえば、人間と違って、過去から存在し、また未来にも存在し続けるような、超越的な存在者であるという感じが...続きを読む


人気Q&Aランキング