AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

そのものずばりの質問です。
今度結婚して大阪から岐阜に移ることになりました。
大阪ではずっと都市ガスを使用していて、
今回初めてLPガスと言うものを聞きました。
テーブルコンロ等、色々やっぱり都市ガスとは
違ってくるものなのでしょうか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

LPガスと都市ガスは燃焼効率などが異なるため,ガス器具は同じものが使えません.(無理に使うと事故になりますので絶対に使わないで下さいね)



ガスの性質そのものにはそれほど大きな違いがあるわけではありません.
火力はLPの方が強いようです.

下記は,LPガス関係のメーカー等のHPです.
参考になるかも知れませんが,うのみにしない方がいいかも知れません.(笑)
http://www.iwatani-primus.co.jp/primus-08.html
http://www.across.or.jp/kusagayanenryo/index9.htm
http://www.biwa.net/kusanen/sub13.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コンロは買い換えます。というか買い換えなくてはいけませんね。
火力が強いのならお料理向きでしょうか。
とはいっても大して料理も出来ないのですが…。
有り難うございました。

お礼日時:2002/11/06 10:50

LPガスとはプロパンガスと呼ばれている物です。



各家庭にガスボンベを設置してそれを使います。都市ガスとは性質が違うため、都市ガス用の機器(コンロ等)は使えません。

ガスボンベの残量は毎月ガス会社にチェックされ、少なくなると交換しに来ますよ。アパートだったら管理人が勝手にやるので気にしなくていいです。

なお都市ガスよりプロパンガスのほうが若干火力が強いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コンロは買い換えます。
私の住むのはマンションなのでそれ程気にしなくても良いのですね。
有り難うございました。

お礼日時:2002/11/06 11:09

こんにちは。


岐阜県在住のものです。
ご結婚おめでとうございます。
さて、質問の件ですが、
LPガスとは、液化石油ガス(Liquefied Petroleum Gas)の略語です。
プロパンガスとも呼ばれており、ねずみ色のボンベに入っています。
各家庭単位でガス会社からこのボンベを数本購入し、屋外に設置し使用します。
都市ガスとの違いは屋外にボンベが有るか無いかだけで、その他の使用方法は同じです。
地震などの災害の時など、いつでもどこでもすぐに使える頼もしいエネルギーと聞きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。
本当、地震の時もガスが使えるのですね。
数年前はしばらく調理できなくて困った覚えがあります。
とは言え、あんな地震はもう経験したくないですけど…。
使用方法が都市ガスと同じと聞いて安心しました。
有り難うございました。

お礼日時:2002/11/06 11:00

Liquefied Petroleum Gas(液化石油ガス)とでも訳すのですかね!


都市ガスは、天然ガスです。
LPガスは、カロリーも異なり、器具も専用の物を用います。間違えると大変なことになります。また、空気より重く、生ガスは、床の下の方に移動するために、ガス検知器は下方に、都市ガスは軽いので、検知器は天井に取り付けます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

検知器の場所にも違いがあるなんて知りませんでした。
ガスは危険なので重々注意したいと思います。
有り難うございます。

お礼日時:2002/11/06 10:54

LPG(液化石油ガス)ですね。


カロリーも違いますし、コンロは買い替えの必要があります。
それとLPGは空気より重いので下にたまり、思わぬ爆発を招いたりします。

参考URL:http://www.nissekigas.co.jp/aboutlpg/01.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コンロはやはり買い換えないといけないのですね。
有り難うございます。

お礼日時:2002/11/06 10:48

 こちらのページが詳しいです。



参考URL:http://www.lpg.or.jp/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。
色々と詳しく掲載されており、大変参考になりました。

お礼日時:2002/11/06 10:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング