学校の音楽レポートを書くのに困っています。
ショパンの
「プレリュード 変二長調 作品28の15『雨だれ』」
「ピアノ協奏曲第2番 へ短調 作品21:第2楽章」
「アンダンテ・スピアナートと華麗な大ポロネーズ 変ホ長調 作品22」
について、何かご存知のことがあったら教えてください。
曲の時代背景や、当時のショパンの状況など、
なんでもかまいません。
レンタルCDのカードにも解説が載っていたのですが、
できればもっと詳しいことが知りたいです。
どうぞ、よろしくお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

さっき「雨だれ」について回答させて頂いたLITHRONEです。

他にも質問が来そうなので、先手を打たせてもらいます(笑)
一つ一つ回答するのは、面倒な事が苦手な性格上出来ませんので、URLを紹介して、回答とさせて頂きます。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/fuji/nob/ongaku/chopin/mo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とっても詳しいURLを紹介してくださって、ありがとうございました!!
ホントに助かりました!!
ほんのお礼として、ポイントを差し上げます☆

LITHRONEさんはショパンがお好きなんですか??
私はショパンの曲が好きです!
流れるようなカンジが乙女心をゆさぶります(笑)

この度は、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/13 23:24

先ほどの回答の件で探しにくいといけないので、アドバイスです。



ピアノ協奏曲第2番 については、1830年を
アンダンテ・スピアナートと華麗な大ポロネーズ については、1831年のところをクリックしてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレポートの書き方

経営学部の大学一回生です。冬休み初めてレポートの課題が出たのですが、書き方が全くわかりません。2000字で現代企業の人材育成と職務拡充について企業例を1つ説明しなさい。なんですが書き方のコツや使ってはいけない記号等ありましたら教えてください。

Aベストアンサー

有名企業をひとつ選んで、公式ホームページで公表している情報と、リクルート等の人材募集広告を比較してはいかがでしょうか。矛盾点があるようなら、ニヒリ、ですよね。同業他社との比較も面白いと思います。

また、企業の内情を知りたければ、図書館でビジネス系雑誌を読みあさるのが良いかと思います。そのうち、何かネタが見つかるでしょう。

株式会社を表す「(株)」や、項目ごとの冒頭に新聞等で使われている「(1)、(2)」などは、機種依存文字といってWindows以外のPCでは文字化けを起こしますので、印刷ではなくデータ形式での提出を求められているのであれば、使ってはいけません。また、半角カナ(横幅が半分のカタカナ)は、最も嫌われる機種依存文字です。

Qショパンの雨だれの前奏曲について

よく分からないですが、ショパンの雨だれは24の前奏曲とも言われてますか??
あと、24まであるならどんな曲があるのか、どのくらいのレベルなのか教えてください。

Aベストアンサー

No.1さんのご回答のとおり、「雨だれ」は24の前奏曲の中の1つですね。

1オクターブには12の音がありますが、それぞれの長調と短調の曲があって
12×2=24曲になります。
(曲という数え方が正しいかどうかは自信がありません。)
1番はハ長調(C)で、
次の2番はその9半音上の短調(イ短調=Am)、
3番はその10半音上の長調(ト長調=G)、
4番はその9半音上の短調(ホ短調=Em)、
5番はその10半音上の長調(ニ長調=D)、
     :
という感じになっているようです。

レベルの感じ方は個人差があると思いますが、
ショパンの他の曲(ワルツやポロネーズなど)と比べると
簡単なものが多いように感じます。
楽譜も1ページに収まるような短いものが多いですし。
(私自身は、楽譜を買った時点で満足してほとんど弾いてません(^^;)

「雨だれ」の他に、例えば7番(イ長調)は「太田胃散」のCMでおなじみの曲ですね。
http://www.ohta-isan.co.jp/04tvcm/index.html

Q中学の理科の実験レポートの書き方・・・

中学の理科の実験レポートの書き方が詳しくのっているサイト教えてください。  例などあると助かります。

Aベストアンサー

http://www.kyoto-su.ac.jp/~oda/essay1.html

http://www.info.kochi-tech.ac.jp/hama/lab1/report.html

http://www.cs.is.saga-u.ac.jp/lecture/report.html

上の3つは、ちょっとよんでみるといいですよ。

参考URLのが、わかりやすいとおもいますよ。

参考URL:http://www.mitene.or.jp/~minowa/rika/note/noteindex.htm

Q長調と短調

長調と短調の違いがわかりません。
確か音楽の時間に長調=明るい曲、短調=暗い曲とならいました。でも、明るい、暗いって人の主観によると思うんですけど。

わかりやすく、「明るい、暗い」から一歩すすんで説明してもらえませんか。

Aベストアンサー

本当は、明るい、暗い、というわけ方はあまりよくないのですが、何せ多くの人が、その響きに「それらしいもの」を感じてしまうので、よくこの言葉が使われるのです。

とりあえず、その曲の中心となる和音が、「ド、ミ、ソ」の響きがしておれば、長調、「ラ、ド、ミ」の響きならば、短調です。

同じ「ジャジャジャジャーン」でも、結婚行進曲の前奏ならば長調、ベートーベンの運命ならば、短調。

同じ「チャ、チャ、チャーン、チャ、チャ、チャーン」でも、「ジングルベル」になるのならば、長調、「青い山脈」になるのならば、短調です。

音が鳴らないので、わかりにくくてすみません。ちなみに、巷にあふれる曲は、長調とも短調ともいえない曲が多いことも知っておいてください。響きは、多様化しているのです。

Q大学のレポートの書き方について質問します。手書きで書かなければならない

大学のレポートの書き方について質問します。手書きで書かなければならないレポートなのですが、書き方や、筆記用具は何を使うなど詳しくのっているサイトはありますか?

Aベストアンサー

基本的には市販のレポート用紙にボールペンで書けば問題ないと思いますが、先生によってA4またはB5の指定があったり、鉛筆でもよかったりするのでそれに従えばいいと思います。
http://www.report.gusoku.net/kihon/reportyousi.html
先輩の過去レポが手に入ると書き方のお手本になるので楽なんですけどね。

Q調(長調、短調)について

初心者向けの音楽書を呼んでいて素朴に思いました。1オクターブを12等分した平均律の場合、12ある音程を自由に使って(調や楽譜や音楽理論を意識せずに)作曲してはいけないのでしょうか?そもそも、長調とは?短調とは?何なのでしょうか?いくつかの教科書を読んでみましたが、(オタマジャクシの列び方のパターンの比較だけで)決定的な説明を見つけることができませんでした。実際に音を出して聴けば分からないでもありません。が、記譜するのに何でオタマジャクシの数を七つに限定するの?例えばオクターブを“6線譜”で表し、臨時記号をなくてしまった方が分かりやすくないでしょうか?そうすれば長3度や短3度の別もなく3度は3度で合理的に思うのですが…。音楽理論といっても必ずしも合理的でないので、現状は理解できても変なところで考え込んでしまいます。初心者に分かりにくいこれらの質問、どなたか易しくご教授下さい。

Aベストアンサー

長調、短調という形を取らずに、無調(または12平均律)という
タイプの音楽は、昔から考えられています。

古典的作品で一番有名なのはヨハン セバスチャン バッハでしょう。
また、現代音楽は大抵無調で書かれています。

http://plaza19.mbn.or.jp/~jmaieh/yamashiro/yamashiro.htm

なぜ、長調、短調が普通に使われるかというのは
私が書くよりも参考URLの方が説得力があるので、
こちらをごらんください。

また、譜面の表記を変えるのは、それが普及してしまえば
問題ないのではないでしょうか。
ハーモニカ(数字符)の例もありますから、他人が見てわかるのであれば
どちらでもかまわないと思います。

ただ、鍵盤楽器や多くの木管楽器のように譜面に沿って作られている楽器は
扱いにくくなりますね。

参考URL:http://members.aol.com/User962351/tonal2.htm

Qレポートの書き方

こんばんは。
冬休みの課題で、「美術館に行ってレポートを書く」というものが出ました。
ですが、あまりレポートを書いたことが無いので書き方がわかりません。
アイヌ文様の美というのに行こうと思っているんですが・・・
やはり写真もレポートには入れた方がいいでしょうか?
レポートの書き方に次いでわからなくて困っています。
美術が好きなので、良いレポートを書きたいと思っています。
どうか、書き方を教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

美術大学に在籍しています。ご参考程度に、私の経験からアドバイスをさせて頂きます。


全体の構成としては
(1)表紙(主題タイトル)
(2)本文

主題について、どういうところが自分にとって魅力的なのか、
それにはどういう由来や歴史があるのか、何を意味するのか など
いくつかの項目に分けて考えると書きやすいと思います。

例えば…「印象派について モネの魅力」が主題だとすると
1.印象派とは
2.モネの生きた時代とその功績
3.代表作『睡蓮』の連作とその変化
(以下必要なだけ項目を設ける。最終的に、
ある程度自分の主観を入れた論述があったほうが「美術館に行って」という部分が活かされるので、良い と
私は思います。)

…など
主題の背景(アイヌの文化でしたら、アイヌ民族のことなど)から
徐々に幅を狭めていって、主題を浮彫りにしていくと読み手がすんなり入り易く、
印象に残るレポートができるのではないでしょうか。
又、写真は効果的に入れていったほうが良いと思います。
レポートの読み手はその内容について知らないわけですから
いわば教科書や新聞のようによりわかりやすく情報を伝えることを考えると…
あったほうが、親切なように感じます。

(3) まとめ
上にも記述しましたが、「美術館に行って」ということなので
美術館に対する感想、今回レポートを作ったことによって気付いたことや良かったことを書き、あとがきとします。
ある程度の長さがあったほうが説得力があると思います。
又、最後に
参考にした文献(本やWEBページ)について「参考文献」として記述しておきます。(箇条書きで大丈夫です)
本はタイトルとISBN、WEBはタイトルとURLを記述します。
版権的な問題のためもありますが、これだけ色々調べました というアピールにも繋がると思います。


私は以上のような手順で、レポートを書いています。
わりと高評価を頂くこともあるので…ある程度参考にして頂けると思います。

余談ですが
「美術館の入場券の半券を
表紙かはじめのほうに展示タイトル・日時・場所 の明記と共に貼って提出しなさい」という指定で
レポートを作ったことがありまして…
指定が無くてもそうすると、なんだかそれらしくなる気がしますので、
ちょっと使える手かもしれません。


レポート制作 頑張ってくださいませ!
微力ながらお力添えできていましたら幸いです。

美術大学に在籍しています。ご参考程度に、私の経験からアドバイスをさせて頂きます。


全体の構成としては
(1)表紙(主題タイトル)
(2)本文

主題について、どういうところが自分にとって魅力的なのか、
それにはどういう由来や歴史があるのか、何を意味するのか など
いくつかの項目に分けて考えると書きやすいと思います。

例えば…「印象派について モネの魅力」が主題だとすると
1.印象派とは
2.モネの生きた時代とその功績
3.代表作『睡蓮』の連作とその変化
(以下必要なだけ項目...続きを読む

Q長調、短調ってなんですか

今さら恥ずかしくて聞きづらいのですが、長調、短調ってなんですか?
よくクラシックの曲名に付いていてもなんのことだかさっぱりわかりません。
長調、短調の種類や意味、存在理由、なぜ上りと下りの音階が違うのか、などどんなことでもよいので教えてください。

Aベストアンサー

ふたたびこんばんは。

楽譜を見ると、一番頭に#や♭がいくつか書いてありますが、あれの数で調が決まります。

#の数:調
1:ト長調
2:ニ長調
3:イ長調
4:ホ長調
5:ロ長調

♭の数:調
1:ヘ長調
2:変ロ長調
3:変ホ長調
4:変イ長調
5:変ニ長調 という具合です。

ところで、ハ長調とイ短調には#も♭も付きません。つまりある長調はある短調と兄弟みたいな関係になっています。これを「平行調」といいますが、どうやってキーを見分けるかと言いますと、#2でも回答しましたとおり、音階(スケール)がハで始まるときは長調、イで始まるときは短調となるのです。

大体、歌の始めと終わりの音はキーもしくはキーをルートとするの和音の構成音であることが多いので、その辺りで見分けますが、絶対これだ、という法則があるわけではありません。

楽器を演奏できるのでしたら、実際に旋律をなぞってみて、譜面に起こしてみると良いです。

そのときに、とりあえずハ長調と考えて採譜しますが、ある音に必ず#や♭つく事があります。その場合、その#や♭をまとめて楽譜の最初に付けると、その曲の調になります。

コードが弾けるのでしたら、最初のコードがその曲のキーと考えれば間違いありません。つまりCで始まる曲はハ長調、Amで始まる曲はイ短調という具合です。

ふたたびこんばんは。

楽譜を見ると、一番頭に#や♭がいくつか書いてありますが、あれの数で調が決まります。

#の数:調
1:ト長調
2:ニ長調
3:イ長調
4:ホ長調
5:ロ長調

♭の数:調
1:ヘ長調
2:変ロ長調
3:変ホ長調
4:変イ長調
5:変ニ長調 という具合です。

ところで、ハ長調とイ短調には#も♭も付きません。つまりある長調はある短調と兄弟みたいな関係になっています。これを「平行調」といいますが、どうやってキーを見分けるかと言いますと、#2でも回答しましたと...続きを読む

Qレポートの書き方を教えて下さい。

今日、学校でレポートの宿題を出されたんですが、今までにレポートを書いた事がありません。なのでどんな事でもいいので簡単なレポートの書き方を教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

とりあえず提出するレポートには表紙をつけましょう。
用紙は中身のものと同じものでかまいません。

表紙に「課題名」、「学年・組・出席番号」、「氏名」をかきます。

レポートの宿題、とありますがどのようなレポートなのか解らないので中身についてはアドバイスのしようがありません。

提出時には、レポート用紙がバラバラになってしまわないようにしっかりとホッチキスなり何なりでとめましょう。

Q長調と短調の区別について

長調と短調の区別が良く理解できません。長音階は基準音から3番目と4番目の間と7番目と8番目が半音、短音階は…2番目と3番目…5番目と6番目が半音、以上の様にして暗記する以外に内のでしょうか? 何か他の理論でもあれば解りやすくご説明お願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ
cdj66210さんのご質問が、とても高度な書かれ方ですので、ほかのご回答の方々もそれぞれ高度にご返答されていますが、大変失礼かもしれませんが「短調」「長調」がわからない、というご質問の主旨そのものがほんとうだと受けとめて、私としては、ほんとうに音楽がよくわからない初心者の方を想定したわかりやすい説明をしてみましょう。

第一に超おおざっぱで、長調=「楽しく陽気な気分の音階」。短調=「さみしく悲しくなるような気分の音階」。と小学校で最初には教えていますね。

しかし、短調には#1のかたがお答えのとおり、「自然的短音階」「旋律的短音階」「和声的短音階」と3種類あります。(それぞれの違いは下の参考ホームページをごらんください*)

dj66210さんのご質問は、そのような単純なものではない、「長調と短調という分類があるのは知っているが、世の中には長調とも短調ともつかない音階があるじゃないか?それらは一体、長調なの?短調なの?」というご質問かとも思います。
そのとおり、ちまたの五線譜で記述できる西洋音階だけでも、短調でもない長調でもない音階がたくさんあります。

dj66210さんのお手元にピアノ(オルガンでもピアニカでもアコーデオンでも鍵盤があればOKです)はありますか?
シャープもフラットもつかわない(黒鍵はつかわず全部白鍵だけで)と考えてください。

「ドからはじまるドレミファソラシド」=いわゆる長音階です。これをちょっと難しく言うとギリシャの「イオニア音階」といいます。
「レからはじまるレミファソラシドレ」=これは短調みたいに寂しいという気もするし、長調みたいに陽気かもしれないしよくわかりませんね。これは長調でも短調でもありません。ギリシャ音階では「ドリア音階」と呼んでいます。
おなじく「ミから」=「フリギア音階」
「ファから」=「リディア音階」
「ソから」=「ミクソリディア音階」
「シから」=「ロクリア音階」
と呼ばれていて、長調でも短調でもありません。

上の例で「ラ」からはじまる音階をわざと外したのは、これがずばり単純な「自然的短音階」だからです。ギリシャ音階では「エオリア音階」といいます。

ですから、ご質問の「長調」「短調」に限った「一番わかりやすい丸暗記のしかた」としては、「ド」からはじまる音階か、「ラ」からはじまる音階、という丸暗記が一番単純で、それ以外に長調でも短調でもない音階がたくさんある(上記ギリシャ音階以外にもっとたくさんあります)、けれど、それらは長調でも短調でもないから無視、ということでもよろしいかと思いますがいかがでしょうか・
そんなことはもう知ってらあい(^^)ということでしたら大変失礼しました。。。お許しください。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/4-1.htm

こんにちわ
cdj66210さんのご質問が、とても高度な書かれ方ですので、ほかのご回答の方々もそれぞれ高度にご返答されていますが、大変失礼かもしれませんが「短調」「長調」がわからない、というご質問の主旨そのものがほんとうだと受けとめて、私としては、ほんとうに音楽がよくわからない初心者の方を想定したわかりやすい説明をしてみましょう。

第一に超おおざっぱで、長調=「楽しく陽気な気分の音階」。短調=「さみしく悲しくなるような気分の音階」。と小学校で最初には教えていますね。

しかし、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報