SFT日本の代表で、チベット難民2世のツェリン・ドルジェ氏は、「私たちは北京オリンピックに反対する立場ではありません。聖火リレーを妨害もしません」とした上で、中国政府に向けて6つの要望を提示した。

(1)独立した調査団をすみやかに(チベットに)受け入れ、何が起こったか事実関係を調べてほしい
(2)報道機関に対して、直ちにチベット全域での自由で公正な取材を保障してほしい
(3)直ちにチベット人への弾圧を中止してほしい
(4)思想的理由による逮捕者や拘束者をすみやかに釈放してほしい
(5)負傷したチベット人がすぐに適切な手当てを受けられるようにしてほしい
(6)封鎖状態にあるチベット仏教寺院の軟禁を解き、チベット人僧侶の行動の自由を保障し、生活必需品を入手させてほしい


中国が侵略無法国家でないなら受け入れるべきでは?
世界中が中国の真の姿を見極めようとしていますよ

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

>「私たちは北京オリンピックに反対する立場ではありません。

聖火リレーを妨害もしません」


これはあまり有効ではないと思います。
各国にいるチベット系住民を押さえられないと思うからです。
「私たちは中国政府に対し自治を求め今後一切デモなど活動はしません」と指導者のダライ・ラマ氏が約束するなら受け入れるのではないかと思います。

中国にとって、五輪開催中の抗議活動は最も恐れるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

五輪開催中の抗議活動、残念ながら最大のチャンスですね。

しかし、ダライ・ラマ氏の影響力が絶大でないことも懸念材料です。

ありがとうございました

お礼日時:2008/04/26 11:56

なぜ、中国とチベットの問題に日本人がここまで関心を持つのか分かりません。

ユーラシア大陸の奥地で何かあっても、日本人にどれほどの影響があるというのでしょうか。
 日本にも大いに関係のあるオリンピックの聖火が通ることは歓迎されてもその場を利用しての騒乱は迷惑千万です。かてて加えて、日本人(一部)までが付和雷同して騒ぎ立てるのは一体何なんでしょうか。
日本・日本人して取り組まねばならない問題はないのでしょうか。
日本人はみんな暇をもてあましているのでしょうか。
 
 日本に限らず、欧米先進国がなぜ、これほどよその国のことで騒ぎ立てるのでしょうか。「天は自ら助くるものを助くる」。当事者そっちのけで、事実関係もよく知らない第三国が騒ぎ立てて、却って問題を複雑化し、解決を難しくしてしまっでいるうらみはないのでしょうか。
 国際平和への貢献?集団平和主義? 私には無責任な興味本位の言動にしか見えません。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

チベット・ウイグルへの侵略、前年対比20%増世界3位の軍事予算、アフリカ諸国への武器輸出、核保有、共産党独裁・・・

世界が中国を監視し意見しないと、北朝鮮問題どころでなありません。
このまま暴走し史上最凶国家になってからでは手遅れですから

ありがとうございました

お礼日時:2008/04/27 16:22

何かしらの条件提示も中国側からもあり


ほんの少しは聞き入れるのではないでしょうか
中国上層部でないので解りませんが

そもそも彼らの思考は大陸自体が自分達の物と考えてるから
侵略?なにそれって感じでしょう

参考までに「中国からみた日本」でヒットさせて
覗いて見て下さい ある意味面白いですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>そもそも彼らの思考は大陸自体が自分達の物と考えてるか

この考え方はとんでもないですね
世界平和などありえない

ありがとうございました

お礼日時:2008/04/27 16:12

中国は子分の将軍様が居る北朝鮮と似たような者です。


核を保有し、核弾頭付きミサイルを日本と台湾に向け200発も配備しており、チベット覇権、特ア3国の親分、アフリカ覇権・内政干渉等を行い、軍事的優位に立っているから貴方一人・日本一国が何を言っても無駄です。馬の耳に念仏。蛙の面に小便。焼け石に水です。

日本も憲法を改正し、核弾頭付きミサイルを中国に向けて配備し、軍事的バランスを保ってからでないと対等に話を聞いてくれないでしょう。
或いは、米国をはじめ世界各国が一丸となって軍事的圧力を背景に交渉をしない限り、貴方の要望を受け入れてくれない国です。
それまでは日本の首相も「中国様の仰るとおりです、非常に前向きですね!」と言い続けるのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お話から絶望的な気がしました。

共産党が潰れ、指導者層が変わらない限り、中国もアジア諸国も不幸です。
ありがとうございました

お礼日時:2008/04/27 16:03

はじめまして。


私は反中主義者ではありませんが、
中国の国民とチベット自治区の方々の行く末に憂慮を持っております。
中国首脳が素直にごめんなさいとできれば前に進めるのでしょうが
いきりたつ国民の手前困っているのが正直なところではないでしょうか。
敬愛する偉大な中国の思想家の老子は
『大国が小国にへりくだったときに大国はより大国になる』と
おっしゃっておられます。
偉大な思想家をもつ中国の国民がダライラマ以上にへりくだりの精神
を発揮することは難しくないと思います。
日本の残留孤児を育てていただいた優しき心は、今も生きている
と信じております。
中国の国民とチベットの方々が幸福でありますように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>いきりたつ国民の手前困っている   同感です

チベットの方々の幸福、現状は中国の軍事力行使により、最悪の状態です。

ありがとうございました

お礼日時:2008/04/27 16:00

中国とまともに話そうとしても無理です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2008/04/27 15:54

>中国が侵略無法国家でないなら受け入れるべきでは?



無理です。
中華人民共和国はまさしく侵略無法国家ですから。
中国に関する報道を見てください。
とてもまともな政治体制とは思えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2008/04/26 11:59

こんな所に主義主張を書いても、


中国政府の耳には届きません。
どうか、要望書なりを中国大使館までお届け下さいね。
その折にデモでもしている様なら、一番前に参加でもされると良いですよ。

世界平和のために、ガンバッテ下さいね、応援しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろご意見ありがとうございます

草の根運動とでも言いましょうか、今回の問題解決に少しでも関われればという気持ちです

お礼日時:2008/04/26 11:59

国家レベルでの呼びかけにもなかなか柔軟に応じる姿勢を見せていませんから、個人のレベルでの要望など一蹴されるでしょう。



>中国が侵略無法国家でないなら受け入れるべきでは?
受け入れるべきかどうかと聞かれれば、当然「受け入れるべき」という答えです。
しかし、中国政府としてはそうそう簡単にチベット政策を柔化するという選択肢はないのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オリンピック聖火リレーへの世界的な注目が集まる中、中国政府がダライラマ氏との会話を条件付で認めました。

世界レベルでの呼びかけに、チベット政策は改善の兆しがあります。
この世界レベルでの呼びかけが強まることを期待しています。

ありがとうございました

お礼日時:2008/04/26 11:53

貴方一人が言っても120%中国政府は聞きません。



こんな所に主義主張は書いても削除対象です。
「質問ではない」ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「中国政府に向けて6つの要望! 中国は聞けますか?」

上記が質問でしたが、下記の質問へのご回答もお待ちしております。

「中国政府に向けて6つの要望! 中国人の方は認められますか?」

お礼日時:2008/04/26 11:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチベット問題など、現在の中国について。

そもそも中国がチベットを資源的、民族的、軍事的理由から理不尽に植民地化しようとしていて、独立を望み反発するチベット人を中国政府が武力を行使し無理やり押さえつけている、といった見解を私自身持っているのですが(間違いがあったらぜひ指摘してください)なぜそのようなことがまがり通っているのでしょうか。不思議でなりません。

Aベストアンサー

>なぜそのようなことがまがり通っているのでしょうか。

中国は、古くからの思想で「中華思想」というものがあります。
曰く、世界の中心は中国である。曰く、世界は中国を中心に動いている。
ですから、歴代中国王朝も中華思想で行動していました。
分かり易い例では、「三国志」なる物語がりますよね。
この三国志は、近隣諸国では「侵略志」とも揶揄されています。
「中国皇帝の命令に従わないのは、遺憾である。奴隷化している住民を解放する為に、軍を出す」というのが基本です。
軍師孔明の命令の下、各将軍が各国で侵略大量虐殺を行ないます。

20世紀でも、モンゴル・東トルキスタン・チベットを侵略しています。
侵略のお題目は「奴隷化している住民を解放する」なんですよ。
(モンゴルの場合、旧ソ連に援助を求めたので北半分は独立を保ち、南半分は中国に支配された。可哀想なのは東トルキスタンで、「新疆」は「新しい領土」を意味する言葉です)

では、何故日本を始め諸外国が強く非難しないのか?
7人に1人が中国人である現実では、中国は将来世界最大の消費国です。
経済的に無視する事が出来ません。
また、何故か常任理事国ですから拒否権を持っています。
国連でも、中国に対する批判は100%否決です。
(政治に関係ない世界遺産でも、原爆ドーム登録に対しても中国一国だけが強く反対しましたよ。日本は戦争犯罪国だ。全く反省していない。世界遺産登録をすると、加害者が被害者になる!との理由だったようです)

>なぜそのようなことがまがり通っているのでしょうか。

中国は、古くからの思想で「中華思想」というものがあります。
曰く、世界の中心は中国である。曰く、世界は中国を中心に動いている。
ですから、歴代中国王朝も中華思想で行動していました。
分かり易い例では、「三国志」なる物語がりますよね。
この三国志は、近隣諸国では「侵略志」とも揶揄されています。
「中国皇帝の命令に従わないのは、遺憾である。奴隷化している住民を解放する為に、軍を出す」というのが基本です。
軍師孔明の命令の...続きを読む

Q安保法案を「安全保障」と騙って国民を騙している、という割には、「安全保障関連法案」という法案の名称を

安保法案を「安全保障」と騙って国民を騙している、という割には、「安全保障関連法案」という法案の名称を「戦争法案」と言いかえることで、字面で悪いイメージを与えようという印象操作を行っていると言えるのではないか、と感じました。マスコミなどの多くは、安保法案の方は叩いているのを目にしますが、こちらの方を指摘しているのを見たことはありません。

曖昧な点や分かりにくい点があり、修正するべき、という民意があるならば、それに応えていく、理解を深めさせる努力をする必要はあると思います。
しかし、今の世の中は、国会ですら、この点をこう直せばより良いものになるのではないか、という議論ではなく、子供が駄々をこねているような「反対反対!」に毛が生えたようなものであることが多く、見るに耐えません。
より良くする案を提示すれば、いたずらに反対するだけの政党より、支持率も上がると思います。反対するにしても、明確な理由を提示し、「そうじゃなくてこうしたらいいよ」と議論すれば良いと思います。

なぜ、印象操作に頼ったり、ただただ反対する、のような幼稚な対応しかとらないのでしょうか。なぜ、生産的な議論を行わないのでしょうか。皆さんの考えをお聞かせください。
建設的な議論はしているよ!情報操作なんかしていないよ!お前の勘違いだよ!と思うのでしたら、そう考える根拠などを回答していただければ幸いです。

分かりにくい、長々とした文章で申し訳ありません。回答、よろしくお願い致します。

安保法案を「安全保障」と騙って国民を騙している、という割には、「安全保障関連法案」という法案の名称を「戦争法案」と言いかえることで、字面で悪いイメージを与えようという印象操作を行っていると言えるのではないか、と感じました。マスコミなどの多くは、安保法案の方は叩いているのを目にしますが、こちらの方を指摘しているのを見たことはありません。

曖昧な点や分かりにくい点があり、修正するべき、という民意があるならば、それに応えていく、理解を深めさせる努力をする必要はあると思います。
し...続きを読む

Aベストアンサー

民主党が政権を取った時。

「政権交代」
というキャッチフレーズで勝ちました。
大した対案もなくです。


そういう過去があるので
民主党や他の野党は
味をしめているんだと思います。

味をしめてまた勝てると思っているのかなと。
実際、一度民主党に乗っかって大変な目に国民はなっているので
今の野党ではもう政権を取る事は出来ないでしょう。

政権を取る方法としては
やはり確固たる対案を出して
政策論争するしかないですね。

まあ、対案作るほどの力がないので
キャッチフレーズで勝負するしかないというのが野党の本音ですが。。

Q政府の『直ちに健康に影響しない』という発言は問題だ

ただちにただちにって
ただちってどれくらいの期間のことかな?
マイクロシーベルトにミリシーベルトにベクレル
1時間あたりに24時間あたりに1年あたり
うまいこと言ってっけどなんだか釈然としなくね?

Aベストアンサー

みなさんが指摘してるところですよね。

NHKの総合テレビではその時々のニュースを流し、教育テレビでは素人でもわかる原子力基本講座みたいなのを繰り返し繰り返し流せばいいのに。
マスコミの目線からすれば、国民ってよほどのバカに見えるんでしょうか?
シーベルトとベクレルという単位の意味や、放射線と放射性物質の違い、外部被曝と内部被曝の違いだけでもきちんと解説してくれれば、国民はそれぞれに理解できると思うのですが。
それとも本当の意味を知られちゃまずいのかな?

1999年に起きた東海村臨界事故の作業員は10~20シーベルトの被曝をしたらしいです。マイクロシーベルトでもミリシーベルトでもありませんよ。
でも被曝当初は嘔吐などはしていたものの意識もしっかりしていて、担当医師は最初はこれが重度の放射線被爆者なのか信じられなかったそうです。
でも残念ながら作業員3名のうちお2人は数カ月のうちに命を落としました。
政治家が使う詭弁であればこれだって「ただちに」じゃないでしょう。
政治家がうやむやに誤魔化して物を言う時には、最悪の事態を想定して聞かなければいけません。

みなさんが指摘してるところですよね。

NHKの総合テレビではその時々のニュースを流し、教育テレビでは素人でもわかる原子力基本講座みたいなのを繰り返し繰り返し流せばいいのに。
マスコミの目線からすれば、国民ってよほどのバカに見えるんでしょうか?
シーベルトとベクレルという単位の意味や、放射線と放射性物質の違い、外部被曝と内部被曝の違いだけでもきちんと解説してくれれば、国民はそれぞれに理解できると思うのですが。
それとも本当の意味を知られちゃまずいのかな?

1999年に起きた東海村臨...続きを読む

Qチベットと東トルキスタンの違い

チベットと東トルキスタンのメディア露出度が明らかに違うので疑問に思い、質問いたしました。

最近テレビ、新聞などのメディアでチベット問題が良く取り上げられますが、
似たような境遇にある東トルキスタンが全くといっていいほど取り上げられていないような気がします。
「チベット 東トルキスタン」で調べてみると、チベットと東トルキスタンを同列視しているサイトがいくつか見つかりますが、
テレビなどのメディアを見ている限り、チベットと東トルキスタンが同列に扱われているようには見えません。
このような違いはどこから来るのでしょうか?

Aベストアンサー

大きな理由は、チベットの運動が亡命チベット人主体で、ダライ・ラマ14世(ノーベル平和賞受賞者)を中心に、非暴力主義と平和主義を貫き、とくに70年代の末にトウ小平が「独立という問題以外はいかなる問題も交渉で解決可能」と非公式に表明して以来、チベット亡命政府の用語では「中道の方法」という穏健路線をとっていること、普通選挙の民主政、環境保護、平和主義と、先進国にとって非常に説得力を持った運動をしていることです。

実をいえば、今年3月の争乱以前は、チベット問題もどっちにしろ日本ではほとんど報道されていませんでした。ダライ・ラマが来日してもニュースではとりあげず、そのかわりNHKの教養番組などでむしろ宗教的、思想的、文化的な切り口で紹介してたのがせいぜいのところです。

それに対して東トルキスタン独立運動は、イスラム教徒ですからイスラム圏ではかなり知られていますし、連帯や支持の動きもあります。ただそれが先進国にとっては厄介なところでもあり、また実際にその疑いも濃厚なのですが、独立運動が中近東を中心とするイスラミズム過激派運動と結びついている可能性、いつテロリズムを含む暴力的な運動に変わるか分からないと思われているところがあります。つまり非暴力主義と人権、環境を前面に掲げるダライ・ラマを中心とするチベットに較べ、とりあげにくいどころか、敵視しないと世論の反発すら出て来ると思われているわけです。ですから知ってはいても、報道したり支援したりしにくい。

またダライ・ラマという天才的なスポークスマン(いわゆる政治的発言の決まり事を常に破ってしまうだけに、逆に天才的--あるいはいわゆる“天然”?)が、東トルキスタン独立運動にはいない、ということもあるでしょうね。

北京オリンピックに向けてアルカイダが東トルキスタン独立支援でオリンピックをテロの標的にする可能性も取りざたされており、実際のところ北京政府ではそのことをかなり警戒しているようです。もっとも、それも含めてイスラム教徒への偏見ではないか、と言われれば、反論のしようもありませんが。

ちなみに、

> ナチスの鍵十字とインド伝来の「卍」が似ているのも、ヒトラー自身がチベットの何かに憧れていたから接点があったとの見方が有ります。

ナチスのカギ十字は同じアーリア系の優等民族とナチスの人種思想がみなしていたインドのヒンドゥー起源ですから、チベットとはなんの関係もありません。

> だから、かなりの数のイギリス人やアメリカ人が入り込んでいます。

いわゆる中国による「チベット解放」時にチベット領内にいた西洋人は6人、そのうち一人はオーストリア人の登山家です。イギリスはインドの領主としてダライ・ラマ14世の即位式に使者を出してますが、1950年以降のいわゆる「チベット解放」についてチベット政府が不当性を訴えた公式の書簡は、あらゆる西洋列強にも、国連にも事実上無視され、わずかに独立したてのインド政府が懸念を表面し、ダライ・ラマ亡命受け入れを検討し始めただけです。1970年代までチベットのいわゆる「味方」は、インド政府以外には日本の一部の仏教者と、「反共包囲網」で資金を拠出したCIAくらいなもので、かなり孤立していました。チベット問題が西洋で注目を集めるようになったのは80年代以降で、とくにダライ・ラマによるチベットを平和地域にする5項目の提案と、ノーベル平和賞受賞、 ほぼ前後して起ったラサ戒厳令あたりからです。

大きな理由は、チベットの運動が亡命チベット人主体で、ダライ・ラマ14世(ノーベル平和賞受賞者)を中心に、非暴力主義と平和主義を貫き、とくに70年代の末にトウ小平が「独立という問題以外はいかなる問題も交渉で解決可能」と非公式に表明して以来、チベット亡命政府の用語では「中道の方法」という穏健路線をとっていること、普通選挙の民主政、環境保護、平和主義と、先進国にとって非常に説得力を持った運動をしていることです。

実をいえば、今年3月の争乱以前は、チベット問題もどっちにしろ日本ではほ...続きを読む

Q国際社会がチベットを支援する方法は?

チベットで暴動が起きてますが、国際社会がチベットを支援する方法は
案外と限られてるのではないでしょうか?

・チベットは独自に軍事力を持たない
・内陸国なので中国に逆らって、他国がチベットを支援するために
陸軍海軍を展開するのはほぼ不可能
・巨大になった中国経済に経済制裁するのは無理

ということで、各国とも適当に非難してお茶を濁すような展開に
なりそうですが、これ以上に有効な方法があったら教えてください。
(オリンピックボイコット以外で)

Aベストアンサー

中国のチベットや他地域での分離独立運動に携わる人間に対する
逮捕や拷問の数々というのも、ちらほら漏れ聞こえてきますが、

それでも国際的に影響力を持つ先進国の一つとして
アピールしたい中国に対しては、穏便な手法での
圧力が最も有効かつ、現実的な手段だと思います。

>チベットは独自に軍事力を持たない
・昔、CIAの肝いりでチベット人の特殊戦闘部隊を領内で
独自に訓練をしていたなんて話もありましたが。

>内陸国なので中国に逆らって、他国がチベットを支援するために
陸軍海軍を展開するのはほぼ不可能
・戦争をするつもりなら、パキスタン、インド経由でも展開可能です。
まあ、あまり意味はありません。

>巨大になった中国経済に経済制裁するのは無理
世界経済に組み込まれつつある中国ですから、ダメージはむしろ
大国になったからこそ大きいと考えますがどうでしょう。

いずれにしても、第二次世界大戦後すぐにアメリカをはじめとする
国際社会から見放されたという経緯がありますから、
軍事力による独立をはじめ、分離独立というのはありえないと思います。

中国人がくわえた食べ物を吐き出すか。。。
なんてことを書くと失礼と叱られそうですが、ありえないですね。

中国のチベットや他地域での分離独立運動に携わる人間に対する
逮捕や拷問の数々というのも、ちらほら漏れ聞こえてきますが、

それでも国際的に影響力を持つ先進国の一つとして
アピールしたい中国に対しては、穏便な手法での
圧力が最も有効かつ、現実的な手段だと思います。

>チベットは独自に軍事力を持たない
・昔、CIAの肝いりでチベット人の特殊戦闘部隊を領内で
独自に訓練をしていたなんて話もありましたが。

>内陸国なので中国に逆らって、他国がチベットを支援するために
陸軍海軍...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報