自衛艦の名前のつけ方ってルールがあるようですが、どうなっているのでしょうか?
島とか波とかだったと思うのですが?
例えば潜水艦は?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

多分専門家でいいんじゃないでしょうか?。

かなり年月経ってますね。
noburinさんの『実際の自衛艦は排水量が大きく巡洋艦クラスのものが多くあります』に補足しますと はるな型「はるな」「ひえい」は、旧海軍巡洋戦艦(改装後戦艦に艦種変更) しらね型「くらま」は、旧海軍装甲巡洋艦 こんごう型「こんごう」「きりしま」は、旧海軍巡洋戦艦(改装後戦艦に艦種変更)「みょうこう」「ちょうかい」は旧海軍一等巡洋艦からの襲名となっています。
まあ巡洋艦の名前を襲名した艦は、乗組員も「ゆき」や「きり」の駆逐艦とは、違うんだというプライドを持ったりしています。最後にしらね型「しらね」ですがこの艦は、故金丸信代議士の意向により、氏の出身地の白根町(山梨県)から取ったという話が隊内では、通説でした(真相は、定かではありませんが・・・)ちなみにこの艦だけDDHでは、旧海軍の巡洋艦の名前を襲名していません
    • good
    • 0

艦名の命名基準はpisutachioサンが示されたとおりです。

自衛艦の機動艦艇にはDD、DDH,DDGといったものがあり、それぞれ他国の海軍でいう駆逐艦、ヘリコプター搭載駆逐艦、ミサイル駆逐艦と訳すことができますが、実際の自衛艦は排水量が大きく巡洋艦クラスのものが多くあります。これらの艦艇には旧海軍の巡洋艦等の艦名が使用されています。(「みょうこう」「ちょうかい」は巡洋艦、「こんごう」「きりしま」「はるな」「ひえい」は金剛型高速戦艦からとっています。) そもそも自衛艦の艦名自体が殆ど旧海軍の艦名で占めており、これはなぜかといえば旧海軍からの伝統としかいいようがないでしょう。潜水艦については旧海軍の駆逐艦名のうち、「~しお」を当てています。艦名の決め方としては、海幕で艦名の案を作成し、防衛庁長官が命名しています。実際はいくつかさきの船まで艦名はきまっているようです。
    • good
    • 0

自衛艦の命名の仕方は昭和35年施行の「自衛艦番号・艦名付与基準一覧表」に規定されているそうです。


「東西艦名考」というページに詳しく書いてありました。
参考資料のURLを確認してください。
ルールは以下の通りです。

護衛艦    DD  天象地象、山岳名、地方名
 〃     DE  河川名
潜水艦    SS  大型は「潮」、水中動物名
          小型は「潜水艦何号」(番号)
掃海艦    GP  列島・諸島名
掃海艇    MSC  3字で「島」のつかない島名 4字で「島」のつく島名
掃海母艦   MST  瀬戸名
掃海母艇   MST  水道名
敷設艦    ARC  海峡名
駆潜艇    PC  草木名 鳥名(トン数により2字・3字・4字)
輸送艦    LST  半島または岬名
練習艦    TV  神社名
潜水艦救難艦 ASR  城名
補給艦    AOE  湖名
海洋観測艦  AGS  風光明媚の地名

参考URL:http://www.nifty.ne.jp/forum/frekishi/other/cont …
    • good
    • 0

旧海軍では、戦艦(国の名前)巡洋戦艦・重巡洋艦(山の名前)軽巡洋艦(川の名前)1等駆逐艦(気象現象)2等駆逐艦(植物の名前)航空母艦(空をイメージさせるもの)潜水艦(伊・呂・波)などそれぞれ決まったルールがありました。


自衛隊でのルールは知りませんが、名前を見る範囲では旧海軍のような決まった付け方はしていないようです。旧海軍の駆逐艦の名前が多く使われていますが、イージス艦はより強力な巡洋戦艦(こんごう、はるななど)の名前が付けられているのは気のせいでしょうか。ただし潜水艦だけは最後に潮が付くようです。”やまと”や”ながと”と名付けられた護衛艦が出現しないよう祈っています。
    • good
    • 0

護衛艦はクラスによって(排水量?)~さめ、~ゆきみたいにルールがあるようです


潜水艦はゆうしお、はるしお、なだしお、のとおり潮です
ちなみに、やまと(シーバット)はありませんでした。
    • good
    • 0

潜水艦に「なだしお」って名前のがありますね。


でも、私はよく知らないです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q護衛艦は駆逐艦?それとも・・・

 国防とか軍事のカテゴリーがありませんので、カテゴリー違いかもしれませんがお尋ねします。
 海上自衛隊の「護衛艦」は、旧海軍の軍艦に当てはめれば、何に相当するでしょうか。
 昔の軍艦には「格」というものがあったと思います。大東亜戦争末期には、駆逐艦も大きいのが出てきて、戦力では軽巡より上というのもありましたが、菊の御紋もなく駆逐艦は駆逐艦でした。
 米海軍には現在でも戦艦、巡洋艦、駆逐艦などの呼称が使われているようです。(戦艦は太平洋戦争時代の骨董品を仕立て直して使っていたように思いますが、もう退役してるかもしれません。したがって戦艦はもう存在しないかもしれません。)
 旧日本海軍との比較が困難であれば、現在の米海軍の何に当たるかでも結構です。
 それと護衛艦の艦長の階級も教えてください。

Aベストアンサー

駆逐艦あるいは護衛艦と呼ばれる現代の戦闘艦についてのご質問ですが、回答の前に簡単に現在のアメリカ海軍の状況を説明した方が分かりやすく、また基準にもなるかと思います。

現在世界最強の海軍国といえば、アメリカがその代表というのは異論のないところだと思います。一時は旧ソ連がアメリカに拮抗するほどの海軍力を持っていましたが、ロシアになってからの海軍力は見る影もありません。

現在アメリカ海軍には空母、潜水艦、巡洋艦、駆逐艦、そしてフリゲイトなどの戦闘艦が在籍していますが、ご質問の駆逐艦にはDDとDDGという2種類があります。

DDは汎用駆逐艦という、主に対潜戦能力に長けた駆逐艦の事を指し、DDG(Gは誘導ミサイルの頭文字)は対空戦能力に長けた強力な対空レーダーシステム(イージスが有名ですね)を備え、最新の対空ミサイルを装備しています。

アメリカではDDとDDGを強力な対空戦能力を持つ駆逐艦をDDGと呼び、そのほかをDDと呼んでカテゴリー分けしています。とはいえDDであっても短距離対空ミサイルや対空対水上艦砲を持っていますし、逆にDDGも対潜兵器をちゃんと持っています。

では何が違うのかといえば、つまるところ中長射程の対空ミサイルを持っているかいないかの差であると考えてください。この対空ミサイルは現在北朝鮮の弾道ミサイルで脚光を浴びているスタンダードミサイルですね。

ただDDであれDDG,もしくはFF、FFGでも艦体はほとんど遜色のないほど似通っていますし、DD,FFであってもトマホーク巡航ミサイル、ハープーン対艦ミサイルそしてシースパーロー短SAMなどを標準装備しているので、年々その棲み分けがかなり怪しくなってきています。そしてその状況は他の国々の海軍でもそれほど変わりはなく、自国の艦船の艦種呼称をどうするかの判断はそれぞれの国が自由に決めています。つまり現在では艦種の呼称にきちんとした基準はなく、みんなそれまでの慣習や伝統にのっとって勝手に決めているということです。

そこでご質問ですが(前置きが長くなってすみません(-_-;))

>海上自衛隊の「護衛艦」は、旧海軍の軍艦に当てはめれば、何に相当するでしょうか。

旧日本海軍の艦種に当てはめるならば現在の護衛艦は地方隊にある護衛艦が(これは従来のフリゲートクラスで、国際的にはDEとなっています)、当時の水雷艇や海防艦、駆潜艇クラス、護衛隊群に所属する護衛艦DD、DDGが当時の駆逐艦、巡洋艦クラスと考えて良いかと思います。
DD、DDGを駆逐艦、巡洋艦に区分けする根拠としては、排水量と装備する各種兵器の違いです。詳細は長くなりますので省きますが、現在の海自のなんでもかんでも護衛艦と呼んでしまう現状はいくらなんでもちょっと無理があるのではないかと思っています。
ちなみにDD,FFという呼び名ですが、DDはデストロイヤーなのでD、FFはフリゲートなのでFと頭文字は1個でいいのに2個もつけていますよね。これは書類上の混乱を避けるためと艦上での伝達をはっきりと伝えさせるためにこうなっています。つまり海軍では公式文書にD123とかいってドキュメントの頭文字と番号をつけますが、これだと駆逐艦123番艦と間違えられることもありますし、戦闘中の混乱の中で敵艦や味方艦を呼称するときに一文字だと聞きづらい、発音しづらいという理由からこうなったといわれています。

>旧日本海軍との比較が困難であれば、現在の米海軍の何に当たるかでも結構です。

ちょっと乱暴な例えですが上から言えば、「こんごう」型イージス艦が米海軍の「タオコンデロガ」級および「アーレイ・バーク」級。「あまつかぜ」型が「オリヴァー・ハザード・ペリー」級。「むらさめ」型および「はつゆき」型が「スプルーアンス」級と考えていいかと思います。残念ながらヘリコプター護衛艦の「はるな」型は日本特有の艦種で、強いて言えばヘリ空母と言えなくもないですが、それに近い艦種は米海軍にはありません。

>それと護衛艦の艦長の階級も教えてください。

これはいちがいにこのクラスの艦ならこの階級の艦長が収まる、なんてことはいえません。なぜなら現在海上自衛隊は陸空と同じく士官が多く、逆ピラミッド状態になっています。つまり将校が余っている状態ですので、数少ない護衛艦の艦長のポスト争いは熾烈です。また普通なら司令や幕僚クラスになれる士官でも頭がつっかえているため、ある意味不本意ながら現場に残るという場合もあります。
このため艦長の階級と聞かれれば、その艦その艦の艦長を個々に調べるしか手はありません。ただ護衛艦なら他の回答者さんが言われているように3佐以上の士官であると思っても間違いではないと思います。

長くなりましたがご参考になれば幸いです。

駆逐艦あるいは護衛艦と呼ばれる現代の戦闘艦についてのご質問ですが、回答の前に簡単に現在のアメリカ海軍の状況を説明した方が分かりやすく、また基準にもなるかと思います。

現在世界最強の海軍国といえば、アメリカがその代表というのは異論のないところだと思います。一時は旧ソ連がアメリカに拮抗するほどの海軍力を持っていましたが、ロシアになってからの海軍力は見る影もありません。

現在アメリカ海軍には空母、潜水艦、巡洋艦、駆逐艦、そしてフリゲイトなどの戦闘艦が在籍していますが、ご質問...続きを読む

Q船の名前に「丸」を付けるのはどうしてでしょうか。

船の名前に「丸」を付けるのはどうしてでしょうか。
外国人に船の名前に丸がついているのはどうしてかを聞かれました。ついでにフネにも舟、艇、船、艦などと使い分けていますが、これらの名前にも「丸」がついているのでしょうか。日の丸とは関係があるのでしょうか。

Aベストアンサー

「丸」をつけるようになったのかはいくつかの説があります。
自分のことを「麿(まろ)」といっていたものが、飼っている犬や刀などの愛するものや大切なものにもつけられるようになり、さらに船にもつけられるようになって、やがて「麿」が「丸」に変わっていったという説。
古くは問屋のことを問丸といいましたが、その問丸の所有する船にも丸をつかうようになったのがはじまりという問丸説などです。
そして明治時代にできた船の法律で、なるべく「丸」をつけるようにとすすめられ、その後に造られた多くの船が「丸」をつけるようになり、定着していきました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報