親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

住宅購入の資金を以下のものから行おうと思います。
1、2004年に結婚祝いで両親から各自貰った、夫100万円、妻100万円
2、2006年出産祝いに両親から各自貰った、夫100万円、妻100万円
3、2008年出産祝いに両親から各自貰った、夫100万円、妻100万円
4、給料等で家に貯めていたタンス預金、400万円(6年分給料+学生時代のバイトより)
計1000万全てタンス預金で保管しており、これらを購入の一部に当てようと思っているのですが、この1000万に限って考えた場合、夫、妻で共有の登記にしないと贈与税がかかってくるのでしょうか?その場合の配分はどのようになるのでしょうか?
またタンス預金の出所を税務署から問い合わせが来ることなどあるのでしょうか?来たらきたで上記を説明できればいいのではないかと、友人からは言われているのですが本人友人共まったくの素人の為、悩んでおります。

税理士などに相談すればよいのでしょうが、なかなか踏ん切りがつかず
こちらに相談させていただきました。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>この1000万に限って考えた場合、夫、妻で共有の登記にしないと贈与税が…



タンス預金であろうが銀行預金であろうが、出資割合に応じた登記をしないと、贈与と見なされます。
ただし、あなた方が 20年を経た熟年夫婦なら、110万 + 2,000万の特例があります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4452.htm

>来たらきたで上記を説明できればいいのではないかと、友人からは…

それはそのとおりです。

ただ、ことあるごとに夫も妻もともに 100万ずつもらっているのは、ちょっと不自然ですね。
たしかに通常の冠婚葬祭に伴う金品の授受は贈与ではありませんが、並のサラリーマンには考えられない数字です。
税務署に、贈与税対策と取られなければよいのですが。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402_qa.htm#q1

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございます。
残念ながらまだ20年は経ってないので共有を選択する事になりそうです。
結婚出産に伴うお金のやり取りは、結婚時はともかく子供たち(孫)へのイベントも含めて貰ったものでして、(雛人形、五月人形などの購入費)、貰った100万円は使用せず、我々夫婦の通常の預金から出してしまったのです。(もちろん100万円の人形ではなく10万以下のものでしたが)
貰ったすぐに、銀行に預けてしまえばよかったのかも知れませんね。
もし税務署からの連絡があれば経緯を説明してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/29 00:34

税務署よりのお尋ねは、必ずあります。

通常郵送で。その回答が不備、不明なところがあれば、呼び出しがあります。

市役所等無料税理士相談会で相談すればよいと思います。
1000万円を現金で持っているとすれば、気になります。
通常は預金していると思いますので、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

税務署よりの尋ねが必ずあるとは知りませんでした。
尋ねが来た際には経緯を説明してみます。
1000万ははじめは預金をするつもりでしたが、結婚→出産×2と短期間で連続して発生してしまいましたので、金銭的保険と、いつでも使えるという心の保険を優先させてしまいました。とっとと預金してしまえば話は簡単だったのかと思っております。
早々のご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/29 00:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qたんす預金を住宅購入の自己資金として使えますか

教えて下さい。
このたびマンションを購入するのですが、自己資金のうち、100万円がいわゆる
たんす預金なのです。
うちの妻は、五百円玉をビンにためておいたり、きれいなピン札を銀行にいれ
ないでたんすにしまっておくのが趣味で、ここ6年ほどのたんす預金で、全部
計算したら、100万円弱にもなっていました。まあ、子供の出産祝いとか、結婚
祝いでもらったお金も含まれているのですが...。
で、せっかくなのでこのお金をマンション購入の自己資金として充てようと思って
いるのですが、税務署からのお尋ね書類には、なんと書けばいいのですか?
私本人の預金?(まさかたんす預金とは書かないですよね?)として記載する
のでしょうか?

もし税務署からこのお金の出所を示せなんていわれても...。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の方が答えているとおり、自己資金(手元資金)でよろしいでしょう。
この程度で有れば、手元に資金としておいておく方は実在します。まして、今はペイオフが心配な時期ですからなおさらです。
年収などからしても、大丈夫ではないでしょうか?
もし万一問い合わせが来たとしても、自信を持って手元に貯めたお金と答えてください。
後ろめたい金ではないのですから、堂々と実際の所を主張すべきです。
真実は何よりも強いのです。その信念で行きましょう。

Q税務署

中古不動産1000万以下を現金で購入検討しているものです。60歳です。
不動産会社の方が、現金購入をする場合、絶対とは限りませんが
税務署から調べられることがあるとの注意を1ついただきました。

それは、購入後いつごろでしょうか?呼び出されるということですか?
私は、定期として銀行に貯金してないし、退職金ではないし・・・・自宅に置くのが(貯金を)趣味なので・・・・

こんな場合(証明ができないと)、厳しいことをいわれるのでしょうか?自営業ではないです。

Aベストアンサー

不動産の所有権移転登記は法務局にてされます。このデータは税務署に資料として提出されます。
1千万円の土地を購入したこと自体で目につけるなら「売った人が譲渡所得の申告をしてるかどうか」の方が優先です。
そのためには、買った人に、購入価格、支払金額、支払い方法、振込みで支払ったならその振込先などを尋ねてくるでしょう。
この場合でも「呼び出しを受ける」ことなどありません。
署名官印のある公文書でお尋ねとしてきます。
それに回答するだけですし、回答内容に不明な点があれば電話で問合せがくるレベルです。

「現金で買ったらどうのこうの」というのは、不動産屋さんの体験からの話かもしれませんが、不動産登記簿上の所有権移転登記では「代金の支払方法」は不明です。

表に出せないやましい現金というのでないなら、堂々としておられればよいではないですか。
既述のように貴方を調べるのではなく、売った方の申告の妥当性を調べるための調査の場合がほとんどです。

どの程度の知識を持っておられる不動産屋か判りませし、ご質問者が選ばれてる方の批判をするとご気分を悪くされるでしょうが、なんとなくこう思ってるということを、さも真実のように語って「細かいことまで注意してくれる、親切な人だ」「税金の事までよく知ってる、信頼できる」と思わせ、信用度をアップするための発言のような気がします。

第一に税金の相談は税理士以外がすると法令違反ですので、むやみに税の話題をだし「これはこう、それはあれ」などと講釈を述べる「税理士以外の者」には注意です。
知識を振り回して信用させたいという意図があることを見抜くと良いと思います。
真実、税理士法を知ってる方なら「税金の話は、税理士法に触れるので、私の資格ではできません」といわれます。
無資格者が口にしてもいいのは、どうでもよいことだからです。
「、、、かもしれない」と口を濁してるのが良い証拠です。

なお、固定資産税とか不動産取得税などは「地方税」なので、税務署の管轄ではありません。
「税務署は、、、、固定資産税を請求します。」と述べてる方がおられますが、勘違いされてます。
勘違いでないというなら、国税と地方税が同じになってしまってますので、ご質問者の回答に答えるレベルを持ってません。

不動産の所有権移転登記は法務局にてされます。このデータは税務署に資料として提出されます。
1千万円の土地を購入したこと自体で目につけるなら「売った人が譲渡所得の申告をしてるかどうか」の方が優先です。
そのためには、買った人に、購入価格、支払金額、支払い方法、振込みで支払ったならその振込先などを尋ねてくるでしょう。
この場合でも「呼び出しを受ける」ことなどありません。
署名官印のある公文書でお尋ねとしてきます。
それに回答するだけですし、回答内容に不明な点があれば電話で問合せがく...続きを読む

Q贈与はなぜわかるのですか?

知識が乏しく単純な質問で恐縮ですが、

親から子への贈与は一体いつだれが調査するのでしょうか?
銀行が税務署に逐一報告しているとは思えませんし・・。
例えば親の口座からお金を引き出し、子供の口座に入金するような場合です。あるいは手渡しなども考えられます。

よく子供用にお金を貯めておき、必要な時(子供の住宅購入資金や結婚資金など)で親から子へお金を渡す事は当然ある事ですが、こういう時はどうなるのでしょう?
口座を経由せず手渡しならわからないのしょうか?
あるいは最初から子供名義の口座にして貯めておけばいいのでしょうか?
課税調査のシステムがよくわかりません。

あわせて夫から妻に対するお金の出し入れも贈与になるのでしょうか?
すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修正申告書を出して、追徴本税を払い、過少申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担します。

不動産を持った場合に判明するのが一般的でしょう。
不動産の所有権変更などがあった場合は、法務局から税務署にデータが報告されます。
税務署では「売った人間」「買った人間」両者にお尋ねという質問文を発送し、回答を得ます。

不動産をいくらで買ったのか、その資金はどこから得たのかという質問に答えます。
答えたくなければ答えなければ良い話ですが、調査官が「おこんにちは」と家に来られるより良いので、多くの方が答えます。
それで「不動産購入資金としてもらった」のが分かるというわけです。

家を新しく建てたという場合には、ローン控除が受けられますので、これを受けるために「いつ、どんな家を購入して、その資金はどうしたか。」などを不動産登記簿や住民票など必要書類を添付した申告書を提出します。
この資料に「誰からいくら現金を貰った」と記載するので、分かります。
書かなければバレナいだろうとは、思うのですが、銀行からのローン残高とか手持ちの資金からいくら出したのかなどを記入していくうちに「ごまかして書いてもバレそうだ。正直に記載しよう」となるのです。

これ以外にも「ばれる」のは、近所の人がする「タレこみ」です。
また、贈与行為を隠していて税務署につかまって追徴されたという人が、積極的に「おれはバレタ。残念だ」と新聞に発表するわけではないので、「ばれないんんじゃないの。聞いたことないし」というレベルになってると考えられます。
恥ずかしいので口にしない人のほうが多いでしょう。
実際には、贈与税の無申告で追徴されたという方は結構いるようです。
公になってないので「現金だとばれない」という都市伝説ができてるのでは?が私の意見です。


夫から妻に対して現金を渡す行為は「相互扶助義務」の範囲でしたら贈与税はかかりません。
つまり生活費として渡してるなら、その金額が「それは、いくらなんでも多いだろ」という額でない限り贈与税は非課税です。
また所得税も非課税です。

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修...続きを読む

Qローン審査に自分の貯金残高や、支援してもらう親の貯金残高の証明が必要なのでしょうか?

この度家を新築することになり、工務店の強い依頼と、利息についても満足できる物だったので、ある銀行にローンの申し込みをしました。

建築費用は2100万円で、自己資金700万円、両方の親から計700万円、ローンとして700万円という組み合わせを銀行に申し込んだところ、自己資金の証明として自分の通帳のコピー、親の通帳のコピーを求められました。
自分としましては、ローン分の700万円だけに審査が必要と思っていたのですが、それ以外について通帳のコピーまで請求され納得いかない気持ちでした。
親の通帳については難しいと銀行に伝えましたら、もう少し審査が通りやすいというローン先についても申し込み書を書かせられました。
翌日、やはり親の通帳のコピーが必要と銀行から連絡があり、それを聞いた親がクレームをつけ、親のコピーは不要になりました。

銀行の話が2転3転するのと、自分の通帳のコピーを出すのが納得できなかったので、銀行の担当者に、何故自己資金についての証明が必要なのか呼び出して聞いてみました。
銀行としては、建築をひとつのプロジェクトとして考え、自己資金についても確認する必要があるとの答えでした。
それなら、仮に自己資金の部分の支払いが滞っても銀行が責任をとるのか?と質問しましたら、とらないとの回答でした。

質問
1.一般的に、このような資金計画の場合、通帳のコピー等、審査に必要なのでしょうか?
2.建物引き渡し後にはローンのみとなり、自己資金の証明であった通帳のコピーは不要と思うのですが、銀行は通帳のコピーを返却することができないと言っています。返却は求められないのでしょうか?

ちなみに、勤続年数15以上で、年収600万円程度です。
土地の地目は市街化調整区域内の宅地で、宅地の建築用途で購入(支払い済み)しました。

以上、よろしくお願いします。

この度家を新築することになり、工務店の強い依頼と、利息についても満足できる物だったので、ある銀行にローンの申し込みをしました。

建築費用は2100万円で、自己資金700万円、両方の親から計700万円、ローンとして700万円という組み合わせを銀行に申し込んだところ、自己資金の証明として自分の通帳のコピー、親の通帳のコピーを求められました。
自分としましては、ローン分の700万円だけに審査が必要と思っていたのですが、それ以外について通帳のコピーまで請求され納得いかない気持ちでした。
親の通...続きを読む

Aベストアンサー

>1.一般的に、このような資金計画の場合、通帳のコピー等、審査に必要なのでしょうか?
はい。通常銀行はその人物の資金計画がきちんとしているかどうかを確認します。
住宅に限らずいかなる目的の融資であっても基本的には確認をします。
何故なのか疑問に感じているようですから簡単に説明しましょう。理由は2つあります。

まず住宅ローンであれば、その目的は建築ですから、建築外の目的に利用されるのを防止するため、また詐欺行為にあわないようにするためにも融資したお金は直接建築業者に支払います。
そこまでは問題ないのですが、問題は銀行はあくまで土地・建物に対して抵当権を設定することを条件に融資します。ここで問題となるのは、抵当権の設定前に融資が行われる場合です。
建築が完成するまでは建築物の所有権はあくまで工務店となりご質問者ではなく、工務店は代金と引き換えにご質問者に引き渡します。ところが抵当権設定の為には御質問者の所有とならなければなりません。もし自己資金分の支払いが滞ると工務店は当然引渡しを拒否しますので、抵当権の設定が出来ませんので確実に支払える自己資金の存在の有無を確認することは銀行にとって非常に重要な点になるのです。

これが一つ目の理由です。これであればもし有資金が引渡しと同時(抵当権設定可能)であれば、通帳コピーは扶養ということになります。ところがもう一つ重大な問題があります。
銀行は融資の金額がその人物にとって適正なのかどうかを判断して融資を決定します。そのときにその銀行以外からも融資を受ける予定だとすると、その審査過程において当然ながら融資可能な金額に違いが生じます。
つまり本当に自己資金であれば問題ありませんが、それが実は他のところから借りて支払う予定なのであれば、銀行の融資の審査に引っかかる可能性があるわけです。
建築完成時に、かりに自己資金ではなく、その銀行と他の金融機関からの融資で全額まかなってしまうということが行われてしまうと、本来審査ではNGとなる融資額まで融資してしまったことになるわけです。

そのようなごまかしを防止するためには、事前に自己資金が確かに存在していることを確認しなければなりません。もちろん自己資金を示しても、実際には融資を受けて自己資金を温存してしまうという行為まで防止することは出来ないのですが、少なくとも自己資金が存在しているのであれば、銀行としては借りようと自己資金を使おうとトータルの審査基準としては債務と資産の差額が問題なので気にしないということになります。

以上の2点の理由からまず大抵の銀行では確認します。


>2.銀行は通帳のコピーを返却することができないと言っています。返却は求められないのでしょうか?
はい。融資審査をした過程を証明する資料として保管しないと、後日審査に問題がなかったかどうかの確認が出来ませんので。

>1.一般的に、このような資金計画の場合、通帳のコピー等、審査に必要なのでしょうか?
はい。通常銀行はその人物の資金計画がきちんとしているかどうかを確認します。
住宅に限らずいかなる目的の融資であっても基本的には確認をします。
何故なのか疑問に感じているようですから簡単に説明しましょう。理由は2つあります。

まず住宅ローンであれば、その目的は建築ですから、建築外の目的に利用されるのを防止するため、また詐欺行為にあわないようにするためにも融資したお金は直接建築業者に支払いま...続きを読む

Q住宅購入後の資金の出所お尋ねについて

今年建売を購入しました。業者から、来年の確定申告のときに頭金の資金の出所について預金からならばそ通帳を持参して税務署で見せて証明しなければならないといわれました。

住宅資金の出所のお尋ねがあり、その内容で何か税務署の人に怪しいと思われた人だけが、呼び出されてそういうことをすると思っていたのですが、その業者によると住宅購入者は全員そうだと言われました。

5年くらい前に買った人に聞いたところ通帳の持参などそんなことはなかったということだったのですが。

実は心配なのは、複数の証券会社に資金を頻繁に出し入れしたり、出金が郵便局だけ無料の場合などは郵便局から現金で引き出して、歩いてすぐの銀行ATMに300万入金など手数料をケチっていたので、突然の入金のような通帳上怪しい記録がたくさんあって説明できなそうなので心配なんです。

最近住宅購入されて確定申告やお尋ねについての呼び出しを受けた方がいらしたら、通帳を見せたりするようなことがあったのか体験談など教えていただきたく、よろしくお願いいたします。

市町村によるのかもしれませんがちなみに神奈川県川崎市です。

今年建売を購入しました。業者から、来年の確定申告のときに頭金の資金の出所について預金からならばそ通帳を持参して税務署で見せて証明しなければならないといわれました。

住宅資金の出所のお尋ねがあり、その内容で何か税務署の人に怪しいと思われた人だけが、呼び出されてそういうことをすると思っていたのですが、その業者によると住宅購入者は全員そうだと言われました。

5年くらい前に買った人に聞いたところ通帳の持参などそんなことはなかったということだったのですが。

実は心配なのは、複数...続きを読む

Aベストアンサー

やましいことがないのであれば堂々としていればいいと思いますよ。
脱税行為をしていないのであれば、「じゃあ証拠を持ってきてください。脱税していないことを全部証明して見せますよ」ぐらいの(実際はもっと感じよく対応しましょうね)気持ちを持っていてもいいと思います。

お尋ねは必ずしも来るという訳ではないですが、その人の所得(確定申告などで把握されます)に比して、頭金が多額である場合は家に限らず車の購入でもお尋ねが来るときもあるようです。
ごく稀でしょうが…。

とにかく自信を持って行きましょう。
自分からペラペラ話さず、聞かれたら答える、という対応をすればいいのではないでしょうか。

Q住宅ローン審査の際に通帳コピーを…

住宅ローン本審査を受けるにあたり、通帳のコピーを提出しなければならないのですが、我が家はタンス預金(現金)で持っているため、預金残高はあまりありません。


※タンス預金として貯めていた現金を通帳に入金し、それをコピーしたらいいのか


※通帳はそのままコピーし、タンス預金(現金)を持参したほうがいいのか



どちらがいいのでしょう?預金残高あまりないと、本審査に何らかの影響があるのでしょうか?

Aベストアンサー

うちも本審査の頃に金融資産の現在の残高のコピーの提出を求められました。
やはり、「動き」とか別に関係なくて自己資金の確認のようでしたよ。
うちの場合は通帳の口座名義と現在の残高だけわかればOKでした。
資産はいくつかの金融機関に、普通預金・定期預金・国債・投信…と色々分散した状態でした。いつもネットバンキングで利用していて元々通帳が無い、あるいは記帳していない分もあったのですが、その分はそのネットバンキングやネット証券の残高がわかるブラウザ画面の印刷でかまいませんよとのことでした。
うちは、それまで取引が無く住宅ローンのために初めて口座を開いた銀行だったので、「そりゃやっぱ、まとまった自己資金が本当にあるのか確認したいんだろうな」と思って、あまり気にせずにコピー提出しちゃいました。自己資金として話してあった金額があるのがわかればいいのでしょうから、コピーも全ての金融機関分ではなく適当に「まぁこんくらい報告しとくか」な額までにましたが、それで問題なく融資を受けられました。
全く同じケースなのかはわかりませんが、どうぞご参考までに。

Q本審査に落ちました

宜しくお願いします。

住宅ローンの事前審査を通り、
ほぼ間違いないので準備を始めてくださいと不動産屋に言われ、
引越しも決まっていたのですが・・
まさかの審査落ちでした。
落ちた原因ははっきり分からないのですが、
過去の通帳のお金の出し入れがネック・・らしいのです。

正直、理解不能です。
10年も昔からの通帳内容を言われても・・・
覚えているものも覚えてないものもあります。
審査落ちの理由によく「転職・新規借金」と聞きますが、
そんなことも全くありません。
もう他の銀行に行っても無理でしょうか?

現在の住居も出なくてはならないですし、
引越し業者も断らなければいけないし・・
本当に大打撃でした。

Aベストアンサー

関係業界人。
事前でOKだけど本審査で落ちるのは、
(1) 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは
  証拠資料が提出できなかった
(2) 事前審査時より信用状態が悪化した。(他社でも)カードの
  延滞など。
が多いです。また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が
無いなどの証明が必要になるケースがあります。
「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、
事前審査は早急に回答をするためのものなので、
時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた書面を
全面的に正しいものと仮定しているのです。本審査は事前審査の
内容に間違いが無いことの確認作業が大半ですので、今回は通帳の提示などを求めたところ、提出できなかった、もしくは提出したところ
事前審査と相違があった、のいずれかの可能性が高いです。

よく見かけるケースとして、
自己資金の証明ができないことがあります。例えばローン2000万、
自己資金1000万で家を買う場合、1000万について自分のお金である
との証明(自分名義の通帳や証書で証明)が無いと、
「もしかしたらその1000万て他からの借金では?」という風に判断されることがあります。そうなると(1)に該当し、断られる可能性が出ます。
他に、以前に住宅購入など、大きな買い物をしていませんか?
そしてそのために銀行以外(親や親戚、知人、経営・勤務している
会社)から借入をしていませんか?
もしこれがあると、これも(1)に該当し、
「現在の借入残高」として申告した内容と違いが
出てくるため、断られる理由になりえます。

最後に、他行では無理かとのことですが、通る可能性は十分に
あります。包み隠さず相談してみると良いと思います。
(状況に不明な点が多いので、回答に対する自身は「参考」に止めます。)

関係業界人。
事前でOKだけど本審査で落ちるのは、
(1) 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは
  証拠資料が提出できなかった
(2) 事前審査時より信用状態が悪化した。(他社でも)カードの
  延滞など。
が多いです。また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が
無いなどの証明が必要になるケースがあります。
「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、
事前審査は早急に回答をするためのものなので、
時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた...続きを読む

Q不動産購入時の税務署からのお尋ねについて

今度、新築の予定です。費用は住宅取得資金贈与、暦年贈与、自己資金を使用します。

ところで、税務署からのお尋ねって、必ず来るものでしょうか?

お尋ねに回答した場合、税務署は自己資金が入っていた銀行口座などを調査するのでしょうか?

記入時に、注意すべき点など、ございましたら、アドアイスお願い致します。

Aベストアンサー

>税務署からのお尋ねって、必ず来るものでしょうか…

必ずとまでは言い切れませんが、かなりの確率で来る可能性が高いです。

>税務署は自己資金が入っていた銀行口座などを調査するのでしょうか…

例えば、表向きは無職無収入で何年も確定申告をしていず、贈与や相続があった気配もない人が、ウン千万もの貯金を持っていたら不信に思い、調査することはあり得るでしょう。

そんなのではなく、ふつうに働いている人に住宅の頭金程度の貯金があるというだけなら、銀行まで調べに行ったりしません。

>記入時に、注意すべき点など…

金銭の動きを正直に書き込むこと、ただそれだけです。

Q夫名義なのに妻親から援助、贈与税がかからないようにするには

今回夫名義で住宅購入、土地建物共にローンを組むことになり、頭金は夫の親200万、妻の親550万援助を受けました。ここで調べさせてもらうと、夫名義の場合妻の親の援助には贈与税がかかってしまうとのこと。(知りませんでした・・・)贈与税がかからないようにするには妻親とは借用書をかわすとよい、みたいなことが書いてありましたが、もっと詳しく教えていただけないでしょうか?ちなみに私たちの貯蓄はなく、妻親に返済は不可能です。

Aベストアンサー

 返す振りをして契約書をかわすのはまずいでしょう。中には親御さん名義の銀行口座を作って毎月現金を通している方もいるそうですが、税務署が支店の記録を調べるなどすればばれます。奥さんのご兄弟など利害関係にあるかたの知るところになれば、税務署にたれ込まれることもあります。なによりびくびくしながら過ごすのはまともに税金払うよりつらいかもしれませんよ。ともかく返済できないなら、どんな契約書を交わしても贈与と見なされます。

 一定の条件を満たせば申告を行うことを条件に親や祖父母といった直系の親族からの550万円まで非課税となる特例が存在します。この場合奥さんの親御さんからの贈与ですと奥さんしか適用されませんので、持ち分登記を行う必要があります。またこの先5年分の基礎控除を前倒ししたことになりますので5年間は少額の贈与でも贈与税がかかることになります。

 相続時精算課税制度というものもありますが有利とはいえない局面も考えられます。ともあれ住宅取得控除なども考慮しなくてはいけませんし、条件の吟味などに専門的な判断が必要になることも考えられますので、専門家に実地に相談されることをお勧めします。

http://myhome.nifty.com/loan/iroha/vol2d.jsp
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1411596

 返す振りをして契約書をかわすのはまずいでしょう。中には親御さん名義の銀行口座を作って毎月現金を通している方もいるそうですが、税務署が支店の記録を調べるなどすればばれます。奥さんのご兄弟など利害関係にあるかたの知るところになれば、税務署にたれ込まれることもあります。なによりびくびくしながら過ごすのはまともに税金払うよりつらいかもしれませんよ。ともかく返済できないなら、どんな契約書を交わしても贈与と見なされます。

 一定の条件を満たせば申告を行うことを条件に親や祖父母とい...続きを読む

Q税務署から贈与税無申告が摘発されるのはどのような場合でしょうか?

税務署から贈与税無申告が摘発されるのはどのような場合でしょうか?不動産取得の際以外で何かありますか。銀行口座間の振込(1,000万円)後、証券会社口座に移すつもりですが税務署は把握できるのでしょうか?
実際は、私名義の証券口座→私名義の銀行口座→母名義の銀行口座→母名義の証券口座を考えています。
振込ではなく、現金の受け渡しなら把握できない等の情報教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

>個人の口座の金の動きまで把握していないでしょうし、

それがそうでもないのですよ。
No.5の回答にあるように、一定の条件でいろんなところから情報を得ます。銀行、車販売店、証券会社なんかは恒常的な調査対象のようですね。それと国税税務情報と市町村の課税台帳を照らし合わせ、不自然な資金の流れ、資金出所不明な購買をチェックし税務調査へつなげるのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング