出産前後の痔にはご注意!

営業マンです。
営業成績が芳しくなく、会社内でも肩身が狭い状況です。
もともと話し下手ではないのですが、最近気負いがすべて裏目に出てしまっているみたいです。
スランプに陥っていると思います。
営業の成績を劇的にあげたいのですが、会話術の書籍や営業力アップの本を読んでも、人よりも突き抜けることは不可能だと思っています。
(とても役立つ反面、それで上達できたらみんな営業の達人になるわけで)。

世の中の営業の達人やカリスマ店員をテレビなどで拝見するたびに、なぜ自分はそうなれないのか悩んでいます。
逆に言えば、営業の達人は何かを会得していると思います。
一朝一夕に身に付くものではないと思いますが、ああいうトップレベルの存在になりたいと強く願っています。

そこでですが、営業力を上げたり、会話や話し方の技術が格段にあげる方法や講座、セミナーを教えてください。
実地で経験を重ねていくことが一番の近道だとわかっていますが、トップに行くまでの指標が欲しいです。
おすすめの方法等ありましたら、教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。



私がとても役立った講座(プログラム)がありますので、
参考にどうぞ(参考URLに書きます)。かなり成績が向上しましたし、はじめて営業の仕事が楽しくなっています。

下の方が書いているように、やっぱり信念は必要なので、マイナス思考で取り組むよりも、信念を持って立ち向かっていって、営業会話術を獲得してください。
営業は会話術ではなくて、人間対人間です。
そのためには会話なんか定番でうまくおさめることはないです。
いくらいい商品説明をしても、買う動機付けは絶対おきません。
なぜ買いたい! 取引したい!という感情が起きるのかというと、感情を揺さぶられるからです。
そういうところを教えてくれますし、信念がなんだかわからない人でも
その大事さを気づかさせてくれますし(私も営業の達人になりたいという憧れだけで信念はありませんでした)、もっと根本のところから身に付かせてくれる会話術のプログラムでした。

私が受けたのは、会話の格闘術という名前だったり、話し方弱点克服プログラムというもので、心理コンサルタントの岩波さんがやっています。心理セラピスト、カウンセラーであるので、心理面から教えてくれますし、確実に身に付かせてくれると思います。
トップ営業マンが会得している「何か」も岩波先生は教えてくれますし、とにかく定番の方法でやるところでは。ありません。
今までの従来考えてきた正しいやり方がどれだけ効率が悪いものだったか気づかされました(うまく話す必要はないetc)
人間の心理面を攻略するために必要なことは何であるかを教わり、そのために何を自分は身につけることができればいいのか、どんな信念、心構えが必要か、よくわかりましたよ。

みんながみんな講座やセミナーを受けたり、話し方や営業会話術の書籍を読んだりすれば、トップ営業マンになれるわけではなく、大体が月並み以下にしかなれないですよね。それはただ定番をなぞっているにすぎないからです。それを破壊しないとトップ営業マンにはなれっこないです。
自分のスタイルを持つという意味も、つまり人と同じではなく、自分にできることを徹底的に追求することです。そこにオリジナリティが生まれ、信念が生まれ、熱意が生まれ、お客や取引先の心を揺り動かすことができるわけです。何を話したらいいか、どう切り出したらいいか、どこで仕掛けるかなんてことは、五の次くらいの重要度です。
これらが身に付いたら、自分でいうのも何ですがかなり営業成績があがりました。

ですので、定番を教えている講座はおすすめしません。
そうしたら、自分なりに営業の実地を重ねて試行錯誤していった方がいいです。そこからオリジナリティが生まれてくる余地もありますから。

岩波先生の資質、能力も、非常に高い人ですし、先生自体が会話術の達人なのでとても勉強になったり、刺激を受けると思います。
営業成績があがらないときはコンプレックスにばっかり目がいきがちですが、誰にでもトップ営業マンになれる可能性があります。
ありきたりのことさえしなければ、ですが。

頑張ってください。

参考URL:http://www.mind-artist.com/art/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なご返答ありがとうございました。
具体的に書いていただいて、営業会話術、会話の格闘術のことが大変よくわかりました。
また自分の道も改めて気づかされ、感謝しています。
ここで質問をして良かったです。また岩波先生の存在を教えていただき一番嬉しいです。

あこがれだけでは何も変わらないし、定番だけでは人より上はいけないことを痛感しました。芯の通った回答者様の書き方に勇気づけられ、刺激を受けています。
教えていただいたあと、岩波先生のことをよく知る機会がありました。
カリスマがあって、たいへん人望があって、心理面において右に出る人がいないくらい凄いそうですね。
岩波先生なら! と思い、電話で運良く接することができました。
岩波先生ならこの現状や自分自身を変革するきっかけになると確信しました。とても自信を持っていらっしゃる方で、この方ならと強く感じました。
このすばらしい出会いのきっかけを与えてくださって、ありがとうございました。

生半可な気持ちではなく、覚悟と信念を持って(ただのお題目にするつもりはありません)、自己改革をして、営業会話術、会話の格闘術を身につけたいと思います。

お礼日時:2008/05/22 15:44

こんにちは。


質問者さんに必要なのは心理手法を用いて顧客を引き付ける技術ではないです。今の質問者さんに必要なのは相手を変えることではなく、自分自身が変わることです。これができなければ何時まで経っても成績は上がりません。
では、質問者さんに必要なのは、それは「信念を持つ」ということです。そして、これは全てのトップ・セールスマンの「必須の条件」です。

「営業話術」
「顧客心理」
「作業手順」
「礼儀マナー」
「優良顧客の見付け方」
このようなものは事細かに研究されていますので、書物から習得し、実践することは幾らでも可能です。ですから、必要なものを積極的に取り入れ、それをご自分の仕事の役に立てれば良いだけです。みんなやっています。
ならば、みんなやっているのだからトップ・セールスマンになれるはずだ――、
なれませんね。
では、どうして質問者さんはなれないと思うのでしょうか。
それは、ご自分に「信念」がないからです。
これではどのようなセミナーに参加しても効果はありません。

「自分は口下手だ」
「やっても無駄だ」
「どうせ売れないに決まっている」
これでトップ・セールスマンになれたひとはいないです。
「信念」持って下さい。
「自分は商品の知識を持っている」
「その知識は必ずやお客様の役に立つ」
「自分はお客様に迷惑を掛けているのではない」
自信がなければ知識や技術を身に付けて下さい。そのためには書物でもセミナーも何でも使います。ですが、ご自分にその信念がなければ何をやっても上手くゆきません。

決して性格を変えるということではないです。「姿勢」を変えるんです。ここで性格を変えようとするひとは必ず挫折します。
セールスマンに向いていないひとはいません。自分の性格をセールスに活かせば良いのです。それが#1さんの仰る「スタイル」ですね。全てのトップ・セールスマンはこれで成功しました。
信じられないと思われるかも知れませんが、信念を持って望むならば質問者さんの環境は自然と変わり、その日からあらゆるものが質問者さんの味方になります。
人間を相手にする仕事ですから確実な手段というものはありません。ですから、相手を変えようとしてはいけません。では、少なくともお客様は、信念を持っていないひとから品物を買ってはくれません。ならば、環境が自然と変わり、それが味方になるということは、その日からお客様が質問者さんの品物を買ってくれるようになるということです。
セールスの仕事はとてもたいへんですが、がんばって下さい。
    • good
    • 1

経験者です。


トップセールスも、失格セールスマンもどちらも経験しました。
上司(直接の指導者)は、自他共に認める、トップセールスでした、
売り上げを上げる方法は、あり過ぎて、(多分)全部書ききれません。

おおまかに分けて、3つのスキル(技術)が必要です。

1)お金の匂いを嗅ぎ分けるスキル
2)相手の買う気を見抜くスキル
3)自分のコンディションを整えるスキル

1)何処の誰が必要としているか? 何処の地域で売れるか?
   どうすれば少ない労力で大量に売れるか? 売れる筋をどうみつけるか?
   こういった分析力で、売れないと見切ったら、即撤退することも含めての分析&行動力です。

2)まったく買う気のない人間に物は売れません、相手に買う気があるかないか、
   (言葉はウソを言いますから)表情、しぐさ、態度などから判断するスキルです。
   買う気有りと見ると、様々な条件を提示し様子を見ます、反応した条件のところで攻めて行きます。
   買う気なしと見ると、無駄な努力はしません、即撤退です。問題は、迷っている人間です、
   迷うということ自体、買う気有りです、相手の不満や言うことをよく聴いて、
   不満をひとつひとつ潰して行くことで、契約にもって行きます。

 ※2)の為には、商品説明は、完全に暗記するくらいでなければ、相手の表情を見て変化を見れません。

 ※セールスは、客が100人いれば、説明の必要がなく買ってくれるのが1-2割、
  絶対買わないのが5-6割、後の2-3割の迷っている人にどれだけ買ってもらえるのかが
  トップセールスの腕(スキル)です。

3)売れる人は、毎日売れます、これは、売れる人が毎日売れるのが当然だと思いそのように
   行動しているからです。逆に売れない人は、売れないのが当然と思いそのように行動する為、
   当然のように売れません、新しい顧客に対応するとき、売れる人は、売れた良いイメージを
   もって対応します、当然、態度は自信に満ちて、余裕があります、人は自信のない人間からは
   物を買いません、自信のない態度は、顧客に不安を与えます。自分の体調、心を整え相手に
   不安を与えない、セールスの基本です。

 ※売れていないときは、売れた経験(もしくは自分の過去での成功体験を)を思い出し何度も味わって
  自信をもって、顧客を訪問します。

最後に、トップセールスを続けることに重要なことは、
「マメさ、と記憶力」です。記憶力は記録することで補佐が出来ますが性格的な、マメさは、
一朝一夕では身につきません、売れたお客さんへの気配り、誕生日の葉書など
細かな気配りが、あなたのファンとリピーターを増やして行き、トップセールスが持続するのです。

セールスのスタイルをいう方のおりますが、ガムシャラにいまある仕事をこなして行く事で
自分なりのスタイルを作り上げて行くものです。一度売れてトップに立つと、
セールスとしての、「やるべきこと、やってはいけないこと」が見えてきます。
こればかりは、ご自身の体験で掴み取ることなので、本読んでも解りません。

取りこぼしている部分も沢山ありますが…こんなところで…
    • good
    • 1

人を説得する方法、人を話せるノウハウなどは、心理に関する分野では確かにあります。

営業成績を上げるというのは、ちょっと畑違いだったので躊躇していました。しかし、No.1の回答を読んでやはりと思い、書きました。

あなた自身が書いているように、そんなものがあればみんなトップセールスマンになってしまうと思います。そのようなノウハウを如何に、自分のもにするかどうかによって、トップセールスマンになれるかが決まって来ると思います。No.1の方のベージュのコートのセールスマンの人もあなたと同じように、たぶんスランプの時があったと思います。そのときに、その方は色々悩んだと思います。その結果がそのコートでしょう。だから、それをまねしてもトップセールスマンになれないでしょう。スランプというのは、一つのチャンスだと思います。今までやってきたことがうまくいかない、それは現実を見直して新たな活路を見いだすチャンスです。

私の好きな言葉に確か王貞治の言葉だったと思いますが、「天才は1%の才能と99%の努力から生まれる。」です。また、万有引力を発見した逸話に、リンゴを落ちるのは誰でも見ていることだが引力を発見したのはニュートンであるというのがあります。ニュートンはたぶん普段からその事を考えていたと思います。それが、リンゴを見て閃いたと思います。その閃きは才能かもしれませんが、それに至るまでの努力はあったと思います。

質問文に「もともと話し下手ではないのですが、最近気負いがすべて裏目に出てしまっているみたいです。」その気負いが、スランプの元凶ではありませんか。
営業成績が上がらない→焦る→攻めのセールス→相手は嫌がる→営業成績は上がらない→・・・・
上記のような悪循環にはまっていませんか。攻めのセールスだと相手は「売りに来ているな。早くとっとと退散しないかな。」と思うでしょう。また、初対面の人との緊張を解きほぐすために、最初はセールスと全然関係ないような話もするでしょう。また、体の向き(相手が自分にたして体を開いているようならば話を聞こうという姿勢がある、反対に閉じていればそうではないと言われています。)などから、相手の感情を観察するでしょう。攻めのセールスだと売り込むことだけに一生懸命になって焦り、そのような回り道や相手の様子を観察する余裕はないと思います。スランプの原因は焦りだと思います。

私はセールスと無縁の所にいます。質問文から感じたことを書きましたが、机上の空論で失礼なところがあったならばお許しください。
    • good
    • 0

何かを会得していると言うよりも・・・



私が見てきた、聞いたトップセールス!
様々なトップセールスと言われる人を見てきましたが、一つ共通している物がありました。それは独自のスタイルを持っていると言う事です。それは服装だったり、行動だったり、スタンスだったり。

一番印象に残っているのは、ある車ディーラーのトップセールスです。
その方は、春夏秋冬どの季節でもベージュのトレンチコートを着ていました。さすがに夏場は暑いので手に持っていたらしいですが、きまってベージュのコート。
ベージュのコートを着て、与えられた受け持ちエリアを営業活動をしていたようです。周りの人にも自然と知れ渡り、ベージュのコート=車やさんとなり、実績も上げたと聞いた事がありました。

自分の営業スタイルをどのように築きあげるか、とても大切な事だと思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q営業成績の悪かった人って決まって

決まって採用面接で、営業ランキング聞くと、中の上だったと答えますよね?

Aベストアンサー

中途市場は駄目だよ(笑)

以前ね、創業10年目で、地域では有名になった企業の社長さんと飲んだ時、中途市場の悲惨さについて話してくれたことがあります。彼いわく、中途市場の男性は『ゴミ』で拾っても臭くて使えないって話で、中途市場では結婚退職した女性に限るらしいです。結婚退職後の女性市場は、非常に優秀な人がゴロゴロいるようで、子育てをするうえでの融通を会社で利かせてあげたとしても、馬鹿な男性よりは、はるかに生産性が高いって言ってましたね。

私も経営者ですが、元々、大手企業の社員でした。退職する人って、会社の文句を散々言うけれど、実際には『使えない』か『組織に従おうとしない』だけで・・・・

(1)使えないから居場所が無くなり退職
(2)出来るが組織に従わないので居場所が無くなり退職

どちらかですね。(1)のケースの場合が中途市場のメジャーで、(2)のケースの場合が起業市場のメジャーです。私も14年前の起業した頃、起業仲間を作りましたが、(1)を理由に起業する人は、3年以内に、ほぼ100%消え去ります(笑)当たり前ですが。(2)を理由に起業する人は、基本的に営業が出来るので、起業した業界に需要があれば!とりあえず生き残れますね。

営業経験を積んで『それなり』の人はさ、経営者を選ぶのではないでしょうか?。逆に、営業実績があっても経営者はリスクが高いから嫌だ!ってのなら、どうして退職する必要がある?。その会社の営業部長なり取締役の地位を目指したほうが利得があるだろうから。

なわけで中途市場においては、技術屋は良いけれど、営業マンに関しては、期待できないですね。むしろ技術屋をやっていた人の中で、そこそこ話せる人を営業マンに鍛え上げるほうが、ずっと良い結果が出そうな気さえしますよ。転職する営業マンって『人間的に信用できない』と良く思います。前職がトラック運転手で、営業やってみたい!くらいな人に賭けたほうがマシですね(笑)

中途市場は駄目だよ(笑)

以前ね、創業10年目で、地域では有名になった企業の社長さんと飲んだ時、中途市場の悲惨さについて話してくれたことがあります。彼いわく、中途市場の男性は『ゴミ』で拾っても臭くて使えないって話で、中途市場では結婚退職した女性に限るらしいです。結婚退職後の女性市場は、非常に優秀な人がゴロゴロいるようで、子育てをするうえでの融通を会社で利かせてあげたとしても、馬鹿な男性よりは、はるかに生産性が高いって言ってましたね。

私も経営者ですが、元々、大手企業の社員...続きを読む

Q色仕掛けに落ちない男性

とある女性が合計12人の男性に色仕掛けをしていきました。
男性たちは彼女の虜になり、すぐにホテルに向かい行為をしたと言っています。
その後付き合っては別れを繰り返していたそうです。


その12人に1人だけ、落ちなかったそうです。
二人でプールに行き、周りから見れないように彼の首筋にキスをしたり、「キスしよ……」と何度も誘ったけれど、
「いやいやいや、それは好きな人にしたほうがいいよ」
「あなたが好きなの」
「いや良く考えたほうがいいって」


結局彼はどんなに色仕掛けをしても最終的に落ちず、彼女から告白しても断られたそうです。
彼女は彼にはきっと性欲がないと言っていおりましたが、彼は「いや性欲あるよ。色仕掛けかけられた時もムラムラとか男性として反応してるし」と仰っていました。


ただそれをされた時、すごく重く感じたとも言っていましたし、「色仕掛けでよく11人も落ちたよね……」と言っています。


そんなことから、彼女は彼のことを特殊な男と呼んでいますし、周りからも「頭がおかしい」や草食系を超えた光合成男子と言われています。実は男色だという疑いもありますが、本人はそれを笑いながら否定しています。


私の交友関係内ではどうも特殊だと見られている彼ですが、交友関係以外ではどんな意見があるのかな?という興味もあり聞いた見ました。


お待ちしております。

とある女性が合計12人の男性に色仕掛けをしていきました。
男性たちは彼女の虜になり、すぐにホテルに向かい行為をしたと言っています。
その後付き合っては別れを繰り返していたそうです。


その12人に1人だけ、落ちなかったそうです。
二人でプールに行き、周りから見れないように彼の首筋にキスをしたり、「キスしよ……」と何度も誘ったけれど、
「いやいやいや、それは好きな人にしたほうがいいよ」
「あなたが好きなの」
「いや良く考えたほうがいいって」


結局彼はどんなに色仕掛けをしても最終的に落ちず...続きを読む

Aベストアンサー

大学時代に交際した彼が、そういうタイプでした。

彼には、高校時代からの同級生がいました。
色仕掛けで男性を虜にするのが得意な女性で、彼女自身、そう豪語していました。
「私は男性をその気にさせて、口説かせるの上手よ~」

当時、彼と彼女は同じアパート住まいの隣同士。
彼も、彼女のターゲットのひとりでした。
彼に片想いしていた私は、気が気ではありませんでした。

でも、彼は彼女の挑発をかわし続けました。
同じアパート住まいの先輩男子が、なびかぬ彼の態度に業を煮やす彼女に加担し、彼を何とか好色な気分にさせようと、彼女の部屋から壁越しに、アダルトビデオの音声を、彼の耳に届くフルボリュームでわざと聴かせたり、そういった嫌がらせに近い行為も、彼は何度か受けたようです。(彼と付き合うようになってから知らされました。)
仲間達から「男色では」とからかわれていた点も、同じです。

彼は恋愛対象外の女性とのスキンシップを許容できない性分でした。
ただそれだけのことです。
また、自身がそういう性格ですから、誰彼かまわず性交渉を行うことをいとわぬ女性には、かなりの抵抗感や嫌悪感があったようです。

彼と付き合い始めた頃、私の親友が、「手っ取り早く稼げるから」と、風俗業界で学生アルバイトを始めたことがありました。
それを聞いた彼は、「たとえ生活が貧しくても、カネのためにプライドを棄てるような、恥知らずな真似はするべきじゃない。飢え死にしそうでも、他人様の米を盗もうとはしないのと同じ。友達なら制止するのが、お前の務めだろう。きれいごとしか言えない仲なら、縁を切れ!」と、激しく憤り、私を責め立てました。
私自身、彼の主張に共感したため、親友を説得したことを憶えています。

私が短パン姿で出歩いたときも、彼は、「オトコを誘うようなみっともない格好は止めろ」と、私を叱りました。

公の場では、どんなときも誰に対しても、終始、穏やかで、ほんわかとした笑顔を絶やさず、草食系の顔しか見せていなかった彼が、そうした亭主関白な素顔を持ち合わせていたことは、私は勿論、仲間内にとっても、新鮮な驚きでした。

男性は皆、女性をいやらしい目で見ているに違いない。女性経験は豊富な方が、男性らしくていい。

そういう色眼鏡で男性を見ていた我々女性こそ、合成された妄想の世界に囚われ、男性の現実を知ろうとしないイタい存在である証ではと、気付かされました。

私は、質問者様の知人さんを変わり者とは思いません。
むしろ、性を軽んじる風潮に流されぬ、毅然とした言動に好感を抱きますし、異性としては勿論、ひとりの人間としても、信頼関係を築けそうです。

彼自身、質問者様達に見せる、のほほんとした表情の裏側で、彼なりの譲れぬイズムを抱えているのかも知れません。
彼が意中の女性と巡り会ったとき、あらためて、彼の男としての素顔を、皆様が垣間見れるチャンスが訪れるかも。楽しみですね。

大学時代に交際した彼が、そういうタイプでした。

彼には、高校時代からの同級生がいました。
色仕掛けで男性を虜にするのが得意な女性で、彼女自身、そう豪語していました。
「私は男性をその気にさせて、口説かせるの上手よ~」

当時、彼と彼女は同じアパート住まいの隣同士。
彼も、彼女のターゲットのひとりでした。
彼に片想いしていた私は、気が気ではありませんでした。

でも、彼は彼女の挑発をかわし続けました。
同じアパート住まいの先輩男子が、なびかぬ彼の態度に業を煮やす彼女に加担...続きを読む


人気Q&Aランキング