モーツアルトのドイツ映画で「くたばれアマデウス」のビデオの入手先を探しています。以前にレンタルして見たことがあるのですが、今はどこのレンタルショップにも見あたりません。
是非もう一度見たいので入手先を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

80年代のドイツ映画ですから、セルビデオにも多分ならないでしょうし、よほど大きなレンタルビデオ店でないと残ってないかもしれませんね。

あるとしたらTSUTAYAの恵比寿辺りでしょうか。

あとはオンエアを気長に待つか、中古店を探すしかないんですが、下記URLの店は希望を出しておけば、そのビデオを探してくれますので、1度利用してみてはいかがでしょう。

参考URL:http://www.tk.xaxon.ne.jp/~videom/top.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東欧3都市を舞台にした映画

 ウィーン、プラハ、ブダペストのどれかを舞台にした映画を教えてください。
 「アマデウス」「第三の男」は知っています。

Aベストアンサー

○ウィーンを舞台にした映画
http://homepage2.nifty.com/TAMACHAN/movie.htm
意外なとこで、寅さんもウィーンまで行ってるんですね^^

○プラハを舞台にした映画
受け売りですが・・・
『9デイズ (2002) BAD COMPANY 』
『 トリプルX (2002) XXX 』
『 ブレイド2 (2002) BLADE II 』
『 ボーン・アイデンティティー (2002) THE BOURNE IDENTITY 』
これは、プラハを別の国に仕立てて撮影している映画だそうです。
『ミッション・インポッシブル』もそうだそうです。

Q「アマデウス」モーツアルトは生きていた?

映画「アマデウス」を観て感銘を受けました。
最後のシーンで多くの方と見解が違うようなのでその根拠を探したく質問させてもらいます。
※様々な解釈があって良いと思っています。ちょっとした興味程度ですので色々な意見をお聞かせ下さい。

サリエリらしき老人がカン高い笑い声で笑う最後のシーンの意味は、サリエリだと思っていたのは、精神が狂ったふりをして陰謀(と借金)から逃れていたモーツアルトであり、作者はあたかもサリエリがモーツアルトを殺したかのように演出し、最後に大どんでん返しを持ってきたのだ!とその構成に驚嘆して観終わりました。
しかし、多くのサイトで感想を観ると、やはりあの老人はサリエリで、神に背いた罪を犯したことで気が狂ったのだ、ということのようです。
私の見解は間違っているのでしょうか。あの大どんでん返しが最後にくるから、この映画は凄いと思ったのですが。。

根拠としては以下です。
・モーツアルトの土葬の際、寒く、雨が降っていて早く仕事を終わらせたい業者がしっかりと埋葬もせず袋を捨てる映像を入れたこと。※ちゃんと埋葬されていない。
・老人のサリエリ(実はモーツアルト)が隔離されていた精神病院から脱出する際(最後のシーン)、表情にみるみる内に生気がみなぎって行く。※暫くぶりに外に出られる喜びを表現しているのでは?そしてあの笑い。※サリエリの真似をするシーンも別にありましたよね。モーツアルトは茶化して人の真似をするのが好きなようでしたし、、。
・また、精神病院には老人のサリエリよりもよっぽど精神に問題がありそうな者ばかりが収監されており、意思疎通がしっかりとできるサリエリが完全隔離されているのも不自然です。自殺(のフリ)は精神病院を出る為の嘘であると思います。※わざわざ人が扉の前に居る時に自殺を図っている事からも。

確かに長期に渡って精神病院に隔離されに行くなんて実際には考えにくい事ですが、作者はモーツアルトは実はしたたかに生きていた事を表したかったのだと私は思うのです。

色々と想像できるのが楽しいと思うので皆さまの意見をお聞かせ下さい。

映画「アマデウス」を観て感銘を受けました。
最後のシーンで多くの方と見解が違うようなのでその根拠を探したく質問させてもらいます。
※様々な解釈があって良いと思っています。ちょっとした興味程度ですので色々な意見をお聞かせ下さい。

サリエリらしき老人がカン高い笑い声で笑う最後のシーンの意味は、サリエリだと思っていたのは、精神が狂ったふりをして陰謀(と借金)から逃れていたモーツアルトであり、作者はあたかもサリエリがモーツアルトを殺したかのように演出し、最後に大どんでん返しを持ってき...続きを読む

Aベストアンサー

私は「アマデウス」を見たの、ずいぶん前なのですが、老人はサリエリです。
病院をたずねた神父さまに「私を知っているか?」と聞き、しらないと言われて憤慨していましたよね。

精神病院に入ったのは、冒頭の自殺をしたあとなので、病院を出るための自殺ではありません。
冒頭に出てきた、サリエリの自殺しようとした部屋は、病院ではありません。

隔離されていることについて・・自殺願望のある人なので、繰り返さないように拘束していると考えました。

モーツァルトの土葬については・・・偉大なる作曲家である彼があのように無残に葬られる無常さ(栄光と没落)を観客に見せたかったのではないでしょうか。

最後に笑うシーン。 私には自虐的な笑いに見えました。
自分がねたみ、貧乏や過労死へ追い詰めたモーツァルトが偉大な作曲者として名を残し、若い頃に宮廷作曲家であった自分は忘れ去られて老いぼれていく。(冒頭で、召使が二人出てきたので、きっと財産は持っていたのでしょう。孤独な老人です)
その皮肉な状況に、笑っていたのではないでしょうか。

私はそう感じました。

Qアマデウスの出演者

私は、アマデウスという映画が大好きな主婦です。
アマデウスの出演者(アマデウスの映画の裏話でも)について、些細な事でもいいです。何か知っている事があれば、教えて下さい。

Aベストアンサー

アマデウス
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1199

F・マーレイ・エイブラハム
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=40943

トム・ハルス
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=40548

エリザベス・ベリッジ
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=40944

ロイ・ドートリス
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=40945

サイモン・キャロウhttp://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=64026

ジェフリー・ジョーンズhttp://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=44398

Qモーツアルトの映画

以前(かなり前です)、宮廷作曲家サリエリから見たモーツアルトの生涯を描いたアマデウスという映画がありましたが、この映画に前後して(たぶん後だったと思います)モーツアルトの人生を綴った作品がもう1作あったのですが、ご存じの方がおられたら映画の題名、その他お教えください。
できればDVDでも出ていればと思うのですが、お店で聞いても知っている店員さんがいません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「アマデウス」のヒットでその後にモーツアルト関係の映画は結構作られたり、未公開作品をテレビで放送したりしたので内容や映画館見たかテレビで見たかなどの情報が無ければ

>この映画に前後して(たぶん後だったと思います)モーツアルトの人生を綴った作品がもう1作あったのですが

これだけでは特定できないでしょう。
「モーツァルト/青春の日々」はモーツァルトを主人公にした青春映画ですが、むしろ彼の死を中心としたのが

「くたばれアマデウス!」

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=6266

日本未公開で、劇場公開題名が無くテレビ放映のみでテレビ放送題名のみなのが

「わがまま天才モーツアルト」

http://www.imdb.com/title/tt0184030/

「モーツアルト」

http://www.imdb.com/title/tt0276709/

Q映画アマデウスについて知ってる方

『アマデウスの中で、モーツァルトの死後、サリエリはなぜ自殺を図らなければならないほど苦しまなければならなかったのか?』
の質問の答えがわかる方いらっしゃいますか?アマデウスを見たことのある方、ぜひ、この質問の答えを教えてください!!

わけのわからない質問ですみません。緊急なもので・・・

Aベストアンサー

サリエリは音楽を愛し、努力の末、宮廷音楽家となりました。(なんて簡単な説明でしょう!)
彼は、その才能を与えたもうた神に感謝を捧げ、彼自身の作品を愛したのです。ところが、突然現れた天才モーツァルト(下品な若僧)の音楽は、サリエリの作品を陳腐なものにおとしめ、あろうことか、密かに憧れていたプリマドンナさえつまみ食いされてしまうのです。悲劇であることは、サリエリにはモーツァルトの音楽を理解できるだけで、彼自身にはその才能がないことを知っていたことです。
そして、その嫉妬と苦しみは、十字架を燃やして、モーツァルトを出現させた神に復讐を決意するにまでエスカレートします。
サリエリには彼の音楽が全てだったのでしょう。
それが、歳月が経ち、宮廷も没落し、彼の音楽が人々から忘れ去られていくことで彼自身の存在までが否定、忘却されることに精神のバランスが取れなかったのだと思います。
アマデウスは、サリエリの回想として話が進みますが、モーツァルトを殺したというのも本当はでっち上げかもしれないという見方もあると思います。
わざわざ自分から広めていたことになってますから。
忘れ去られた自分と比べ、死後ますます評価の高まるモーツァルト。これに乗じて、自分の音楽、名誉、存在をとりもどそうとする試み。

ということで、苦しんで、自殺未遂をしますが、そこにはモーツァルトを死に至らせた罪悪感というものは無いのでは、と(私は)思ってます。あくまで、彼の芸術=音楽=彼自身が消滅する危機感で精神が破綻した。

映画のストーリーを書きすぎてはいけないのですが、キーワードとして載せますと
凡庸なるもの(Mediocrities)と天才
神と人間、芸術の永遠性と死すべき定めの人間
こんなのが、この映画の中心にあったのでは、なんて思います。
専門家の方は既に評論をされているはずですので、どなたかサイトをご存知の方が回答をくれると思います。(ごめんなさい、私は探すのがへた)

サリエリは音楽を愛し、努力の末、宮廷音楽家となりました。(なんて簡単な説明でしょう!)
彼は、その才能を与えたもうた神に感謝を捧げ、彼自身の作品を愛したのです。ところが、突然現れた天才モーツァルト(下品な若僧)の音楽は、サリエリの作品を陳腐なものにおとしめ、あろうことか、密かに憧れていたプリマドンナさえつまみ食いされてしまうのです。悲劇であることは、サリエリにはモーツァルトの音楽を理解できるだけで、彼自身にはその才能がないことを知っていたことです。
そして、その嫉妬と苦し...続きを読む

Qあの戦争映画をもう一度

お世話になります。

最近、第二次世界大戦もののDVDの新発売が少ないとお嘆きの貴兄へ。
DVD発売祈願!!としまして、
まだDVD化されていない第二次世界大戦ものの忘れられない戦争映画を
ご紹介下さい。

私はそうですねぇ、マイナーですが
1968年作品の「鉄海岸総攻撃」よもう一度。
当時のTV放送で観て以来ですが、印象に残ってますね。

攻撃される直前に、ブルーフィルムを見て喜んでる独軍将校達・・
独軍好きの私には、妙に情けなかった想い出が・・(笑)

Aベストアンサー

「地上最大の脱出作戦」!...と思ったらちゃっかりDVD出てましたね♪いまだにイタリア軍が抵抗を続けているらしい村を制圧に行くと、そこでサッカーしながら遊んでるイタリア軍と遭遇しちゃったアメリカ軍部隊(笑)...

というわけでDVD発売祈願。「ペチコート作戦」! バカぶりでは「地上最大..」に負けてません。

VHSでは出てた筈なんですが何故かDVDが出ない...

潜水艦映画に駄作なし、というコトバはココでも生きてます♪
ブレイク・エドワーズ監督の戦争ギャグ映画ですが、とにかくケイリー・グラントとトニー・カーチスの真面目なバカぶりが笑えます。赤と白のペンキしかないので仕方なく艦体をピンク色に塗ったら敵味方両方から攻撃されるわ、看護婦さん拾って乗せたら艦内大騒ぎになるわ...
「東京ローズ」のパロディとか、沈んだフリして日本軍をやり過ごす時に魚雷発射管から射出するものがないので女物の下着詰めて撃ち出したり(これがタイトルの意味)...思いっきりバカで面白いのに...

Qアマデウスのディレクターズカット版のDVD!!

 この前アマデウスのディレクターズカット版を観てとても感動しました。私の中では、この映画が一番好きです。ところで、そのディレクターズカット版のほうのDVDは販売されるのでしょうか?販売されるのだったらいつ出るんでしょう?どなたか知っている方がいたら教えてください。                  そういえば、アマデウスの役者さんはこの映画に出演したあとあまり表に出ていないような気がするのですが、気のせい?モーツァルトやコンスタンツェ役の人は今どうしているんですか?これもどなたか知っている人がいたら教えてください。コンスタンツェ役の人が超かわいかった!!

Aベストアンサー

↓↓のYHOです。

アマデウス ディレクターズ・カット発売2003/2/7
2980円だそうです。


ちなみに、北米版のDVDには1枚おまけが付いていて、メイキングやインタビューなど入っているようです。

Q洋画で是非これは見て欲しい!という作品

こんにちは。最近外国の映画に興味を持つようになりました。「夏休みのレモネード」「17才のカルテ」「ローマの休日」くらいしか洋画は見たことありません^^;。中学生にも分かりやすいようなおすすめ洋画を教えてください。泣ける作品だったらうれしいです。

Aベストアンサー

#5の者です。

そうか、中学生さんだったんですね。
私が#5で勧めたのは衝撃的なのと、ある程度大人になられてからの方が分かりやすいかも知れないと思い、勧め直します。

泣ける方面で、
■チャンプ
■チャンピオンズ
■この森で天使はバスを降りた。
■フォレスト・ガンプ

感銘を受ける方面で
■アメリカン・グラフィティ
■炎のランナー
■ランボー 怒りの脱出
■ゴッド・ファーザー(Part1)
■ひまわり

どきどきして気分が晴れやかにになる方面で
■スティング
■ビッグ ウェンズデー

質問者様の御希望通りのものばかりでは無いかも知れませんが、お勧めであることは自身があります。
機会があれば観て下さい。

Qアマデウスの曲

映画アマデウスで一番最初にかかる曲ありますよね?タイトルは何ですか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

モーツァルトの、交響曲第25番ト短調 K.183ですよ。

Q映画「アマデウス」での不明点

先日、アマデウスを見たのですが、どうしてもわからない点があったので、
分かる方教えてください。

・皇帝がオペラを禁止した理由
→オペラ全部ではなく、「フィガロの結婚」が階級差別があるのでこれのみ禁止していたのか?
・同じく皇帝がバレエを禁止した理由

勘違い、見落とし点があっただけなのかもしれませんが、
どなたか教えてください

Aベストアンサー

それでは一つだけお答えします。

○オペラの禁止について
もちろん全てのオペラではなく、一部のオペラのみを禁止しています。
それは「フィガロの結婚」の内容をよく知っていると、何故オーストリア皇帝が上演を禁止したのかよく分かります。

お話は、ある伯爵に仕える召使いフィガロが、同じく伯爵夫人に仕えるメイドと結婚するところから始まります。
伯爵がその地域に古くからあった「初夜権」を復活させようとし、それに怒った伯爵夫人がメイドに成りすまして、夫である伯爵の浮気の現場を押さえようと画策します。
伯爵夫人に頼まれ、メイドに女装して成りすまし、伯爵を騙してしまおうとする少年も現れて、ハタから見たらバカげたお話しを最後は円満に丸くおさめた、特権階級を風刺したドタバタ劇なわけです。
※「初夜権」=当時、召使いは勝手に結婚する事は出来ず、領主の承認が必要であったため、領主に結婚を認めてもらう代わりに、結婚初夜の権利を領主が有するというもの

民衆にすれば、こんなばかげたオペラを、領主を主人公にして見たならば、どんなに胸のすく楽しいものになるでしょうか。
皇帝は、フランスで段々と大きくなる民衆の力をオーストリアにまで広げるのを何とか食い止めたいという思いもあり、こんなオペラを上演させるのはもってのほかと禁止したわけです。

こんな感じでしょうか。
バレエの禁止については、私は勝手に皇帝の趣味の問題かと思ってますが、もしかしたら、やはりきちんとした理由があるかもしれません。
それについては、他の回答をお待ち下さい。

それでは一つだけお答えします。

○オペラの禁止について
もちろん全てのオペラではなく、一部のオペラのみを禁止しています。
それは「フィガロの結婚」の内容をよく知っていると、何故オーストリア皇帝が上演を禁止したのかよく分かります。

お話は、ある伯爵に仕える召使いフィガロが、同じく伯爵夫人に仕えるメイドと結婚するところから始まります。
伯爵がその地域に古くからあった「初夜権」を復活させようとし、それに怒った伯爵夫人がメイドに成りすまして、夫である伯爵の浮気の現場を押さえよう...続きを読む


人気Q&Aランキング