出産前後の痔にはご注意!

こんばんは、初めて質問させていただきます。
HIVウイルス(エイズ)についておたずねしたくて
書き込みました。

早速ですが血のついたタオルを使用したらHIVに感染する
でしょうか?

いつも私だけが使用しているタオルで今日の朝、いつものように
顔を拭きました。拭いた後に気づいたのですがタオルに血が
付いていたのです・・・
後から家族に聞くと兄の友人が遊びに来ていて洗面所に行ったときに
私のタオルを勝手に使用した事がわかりました。
その友人というのが風俗などに通っているらしく
もし本当に彼の血液だとしたらそのタオルを使用してしまった私は
感染する可能性は高いでしょうか?

タオルでは感染しないとか空気に触れるとHIVウイルスは死滅する
など良く耳にしますが私の手にはササクレがあったり
顔にはニキビやひっかき傷があったりするのでその傷口から
ウイルスが入ってたらどうしようと不安になりました。

血液は乾いていたように見えますが微妙に渇いてない部分も
あったかもしれません。
この場合は感染した可能性は高いでしょうか?
もちろん8週間たったら保健所に検査に行くつもりです。

どなたかどうぞ知恵をお貸しください。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

HIV とは」に関するQ&A: HIVとは?

A 回答 (2件)

こんにちは



>感染する可能性は高いでしょうか?

まず大丈夫だと思います。
HIVウィルスは感染力が非常に弱いです。
そもそもその「兄の友人」がHIVキャリアだという確証もないですし、
日常的に相手の血のついたタオルを共用していたならまだしも、
この程度では「感染した可能性は0じゃない」という程度。
町を歩いてて車にはねられる可能性の方が何百倍も高いです。
ロト6で3億円当てるより可能性低いと思いますw

この回答への補足

早々のご回答ありがとうございます!

「兄の友人」というのが個人的に信用できない人なので
とても心配です。
固まった血液の中のHIVウイルスというのは死滅している
のでしょうか?
色んなHPを拝見したところHIVウイルスは感染力弱いから
直接的に血液に触れれなければ大丈夫だと書いてありましたが
どう思いますでしょうか?

お手数をおかけし申し訳ございません。

補足日時:2008/04/29 14:07
    • good
    • 1

感染の心配は皆無と言っても差し支えないでしょう。


もちろん、医学論文的に極めて希な例としての感染のおそれはありますが。

固まった血液といっても中心部が固まっていない場合、中心部では確かにウイルスは感染能を維持している事はありますが、タオルなどで乾燥している場合は、通常内部まで乾燥しているので大丈夫です。

この手の質問では、HIVの感染を心配する方が多いのですが、むしろ他の感染症の方が心配です。
といっても、その他の感染症でも大丈夫でしょうけれど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門家の意見をうかがえて安心しました。
またこの度は遅くなり大変申し訳ございませんでした。

お礼日時:2008/09/02 02:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHIVの生命力はどのくらい弱いのか

よくある説明では、
「HIVは非常に感染力(生命力)が弱いので、空気感染はしません。」
「HIV感染者と同じお風呂、トイレを使うなど日常生活をそばでしていてもうつりません」
ということですが、

そこまで断言するということは、体外に出たHIVは、非常にわずかな時間(数秒、数分?)で死滅してしまうということでしょうか。乾燥に弱いということですが、乾燥とは具体的にどういう状況でしょうか。精液などが見た目に乾いていれば、HIVは死んでいると考えてよいでしょうか。だいたい乾いていても湿度が高いときはすぐには死なないという意味でしょうか。

オナニーやセックスの後は、体や衣服、あるいはベッド・床などに精液・分泌液などがそれなりに付着していると思います。
ノロウィルスなど感染力の強いウイルスは便などが微小についた手でドアノブなどを捻り、他の人がそのドアノブを触る・・・という経路でもうつるそうですが、間接的にでもHIV感染者の血液や精液などが自分の手に(気づかない間に)付着し、その手で自分の粘膜を触った場合に感染の危険は無いのでしょうか?

フレッシュな(?)状態の精液や血液がべったりとついた手でのオナニーは、おそらく直接の接触と同じくらい感染の原因となると思いますが、簡単にぬぐった場合など、目にはわからない程度の付着のときなどはどうなのかなぁ?その程度でも「乾燥」の状態となり、すでにHIVは死滅しているのでしょうか。

HIVについて詳しい方がいらっしゃいましたら、お教えくださいませんか^^

よくある説明では、
「HIVは非常に感染力(生命力)が弱いので、空気感染はしません。」
「HIV感染者と同じお風呂、トイレを使うなど日常生活をそばでしていてもうつりません」
ということですが、

そこまで断言するということは、体外に出たHIVは、非常にわずかな時間(数秒、数分?)で死滅してしまうということでしょうか。乾燥に弱いということですが、乾燥とは具体的にどういう状況でしょうか。精液などが見た目に乾いていれば、HIVは死んでいると考えてよいでしょうか。だいたい乾いていても湿度が高...続きを読む

Aベストアンサー

私もそういう問題に興味がありまして、色々調べたんですよね。

HIVはウイルスですので、死ぬというより感染力を失うという方が正しいでしょう。
20度の室温で一時間くらいなんだとか。
というとかなりかかるような気がしますが。
宿主である細胞が死んだらまず感染しません。
ラップもかけずに室温で生肉をフレッシュな状態で保てと言われても無理でしょう?
なので、カラカラに乾燥している場合は感染しない。
HIVはかなりデリケートなヤツで、実は、感染のための条件を揃えてやるほうが難しいみたいですよ。
二重の膜構造になっているので水中では浸透圧の違いから膨張して破裂。
膜には脂肪を含むのでアルコールなど油を溶かすものにはあっけなく破壊される。
注射針による針刺し事故での感染率は0.3パーセント。
88件のHIV陽性患者の血液による針刺し事故で感染者はゼロだったという報告もあります。
とにかく、目には見えない程度の量では絶対に感染しない。
ということだけは確かです。

Q肝炎やHIVの方が使ったバスタオルで剃刀や歯ブラシ

肝炎やHIVの方が使ったバスタオルで剃刀や歯ブラシなどを拭いた場合感染の危険はありますか?

この質問で嫌な思いをした方がいたらすいません。

考えすぎなのかもしれませんが、やさしい解答お願いします・・。

Aベストアンサー

、A型肝炎は糞便を介した経口感染で、糞便に汚染された器具
、手指等を経て感染する。また、ウイルスに汚染された水や野菜、魚介類など
を生や加熱不十分なまま食べることによっても感染する。食物を介さずに、
性行為による感染も報告されている。
日本での主な感染源は、カキ二枚貝と考えられているが
、輸入野菜が感染源になった例も報告されている。


B型肝炎ウイルスは血液を介して感染する。感染経路は主に以下がある
。成人以降での水平感染 の多くは一過性であることが多い。

垂直感染:母子感染
水平感染:性行為感染・輸血・臓器移植・刺青・針刺し事故等


c型肝炎はHCVは血液が主な感染経路で、かつては輸血による感染が多かったが
、現在においては先進国では検査体制が確立したためほとんど見られない
。現在は針刺し事故や刺青、覚醒剤注射の回し打ちなどが主である。
性行為や母子感染率は少ない。

HIV
通常の環境では非常に弱いウイルスであり、一般に普通の社会生活をしている
分には感染者と暮らしたとしてもまず感染することはない。

一般に感染源となりうるだけのウイルスの濃度をもっている体液は血液・
精液・膣分泌液・母乳が挙げられる。一般に感染しやすい部位としては粘膜
(腸粘膜、膣粘膜など)、切創(せっそう)や刺創(しそう)などの血管に達
するような深い傷などがあり、通常の傷のない皮膚からは侵入することはない。
そのため、主な感染経路は以下の3つに限られている。

性的感染
性交による感染では、性分泌液に接触することが最大の原因である。通常の性交では、
女性は精液が膣粘膜に直接接触し血液中にHIVが侵入することで感染する。
男性は性交によって亀頭に目に見えない細かい傷ができ、
そこに膣分泌液が直接接触し血液中にHIVが侵入する事で感染する。
そのため、性交でなくても性器同士を擦り合わせるような行為でもHIV感染が起こる恐れがある。
また肛門性交では腸粘膜に精液が接触しそこから感染するとされている。
腸の粘膜は一層であるため薄く、HIVが侵入しやすいため、膣性交よりも感染リスクが高い。
コンドームの着用がHIVの性的感染の予防措置として有効である。
ただし使用中に破れたり、劣化した物を気付かずに使用する場合があるため、
完全に感染を防ぐことができるとはいえない。コンドームの使用に際しては、
信頼できる製品を使用期限内に正しい用法で用いることが推奨される。
また割礼によって感染リスクが低減するという研究結果が複数ある。傷つきやすく
、免疫関連細胞の多い包皮を切除することで、HIVの侵入・感染が抑えられるためだと
考えられている。 なお口腔で性器を愛撫する場合も、
口腔内に歯磨きなどで微小な傷が生じていることが多く
、そこに性液が接触することで、血液中にウイルスが侵入する恐れがある。

血液感染
感染者の血液が、傷、輸血、麻薬まわし打ち等によって、血液中に侵入することで
感染が成立する。特に麻薬・覚醒剤中毒者間の注射器・注射針の使い回しは
感染率が際立って高い。以前は輸血や血液製剤からの感染があったが、
現在では全ての血液が事前にHIV感染の有無を検査され、
感染のリスクは非常に低くなっている。医療現場においては、
針刺し事故等の医療事故による感染が懸念され、十分な注意が必要である。

母子感染
母子感染の経路としては三つの経路がある。出産時の産道感染、
母乳の授乳による感染、妊娠中に胎児が感染する経路である。
産道感染は子供が産まれてくる際、産道出血による血液を子供が浴びることで起こる
。感染を避ける方法として、帝王切開を行い母親の血液を付着させない方法があり
、効果を上げている。母乳による感染が報告されており、
HIVに感染した母親の母乳を与えることは危険とされている。
この場合は子供に粉ミルクを与えることによって、感染を回避することができる
。胎内感染は、胎盤を通じ子宮内で子供がHIVに感染することで起こる。
物理的な遮断ができないため、感染を回避することが難しい。
感染を避ける方法として、妊娠中に母親がHAART療法により血中のウイルス量を下げ、
子供に感染する確率を減らす方法がとられている

、A型肝炎は糞便を介した経口感染で、糞便に汚染された器具
、手指等を経て感染する。また、ウイルスに汚染された水や野菜、魚介類など
を生や加熱不十分なまま食べることによっても感染する。食物を介さずに、
性行為による感染も報告されている。
日本での主な感染源は、カキ二枚貝と考えられているが
、輸入野菜が感染源になった例も報告されている。


B型肝炎ウイルスは血液を介して感染する。感染経路は主に以下がある
。成人以降での水平感染 の多くは一過性であることが多い。

垂直感染:母子感染
水平感...続きを読む

Q同居の家族がエイズ(HIV)になったら・・・

現在肺炎で入院中の兄がいます。

本人は絶対に口を割りませんが、HIVひいてはエイズの可能性が高いです。(担当医に聞いても本人に聞いてくださいと言われてしまう)

肺炎の状態は良くなってきているのでそのうち退院するようですが、同居の家族として注意することはありますか?

家族として兄を迫害するつもりはありません。
ただし、生まれて間もない赤ちゃんがいるので、赤ちゃんのことが少し心配です。

あまり詳しい知識が無いので、同居家族の心得を簡単に教えてくださると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 以前、行政で感染症の対策を担当していました。

 結論から申し上げれば、日常生活では感染する可能性はきわめて低いです。例えば、汚い話になりますが、唾液にもHIVが含まれています。しかし、バケツ何杯分という単位を一気に飲まないと、感染しないといわれています。そのくらいHIVは感染力が弱いということです。
 一番危険なのは、性交渉です。これは、赤ちゃんには関係ないですね。

-------------------------

 以下、基本知識です。興味があれば読んでください。

○通常の感染源は3つ

 HIVは感染している人の体液に含まれていますが、人に感染させるだけの量のHIVが含まれているのは、血液、精液、膣分泌液、母乳、この4つです。ただし、母乳に関しては、身体の免疫機能がまだ大人のように発達していない赤ちゃんが、(主食として)大量に飲むため、感染源となり得ますが、通常は、血液、精液、膣分泌液の3つが感染源と考えてください。
 この3つの体液のいずれかと、あなたの粘膜、あるいは傷口とが濃厚に接触した場合、HIVに感染する可能性があります。「可能性がある」という言い方をするのは、必ず感染するという訳ではないからです(例えばコンドームなしのセックスで感染する確率は、0.1~1%と言われています)。

 ただし、血液などの感染源となり得る体液がかなりまとまった量、唾液の中に混じっているような場合は、これは唾液だけとは言えませんので、感染する可能性が出てきます。
 この他、リンパ液や脳脊髄液にも人に感染させ得るだけの量のHIVが含まれていますので、血液に準じた取り扱いが必要となります。まー、日常生活では余り関係ないですが。

○何で感染するのか

 以上のように、HIVに感染する機会というのは非常に限られていますので、「~では感染しない」と覚えるのではなく、「何で感染するのか」という基本をしっかり理解しておくことが大事だと思います。そうすればいたずらに怖がることなく、基本を応用してどうすれば予防できるかがわかると思います。

○日常生活での話

 日常生活で気になるのは、食事、トイレ、歯ブラシなどだと思います。

・まず食器。
 先ほども書きましたが唾液での感染はまずありません、ただ口内で出血されている場合は感染する可能性がないとは言えませんので、可能であれば、大皿の料理よりも、個人ごとに始めからわけてあった方がいいかもしれません。

・次にトイレ。
 世界的にも、トイレの共用で感染した報告例はありません。
 同じ便座を使うことに対してのご心配でしたら、もし同じ便座の上に座ったとしても、そこに感染源となり得る血液や精液、膣分泌液がまだ乾かない状態で目に見えるほど付いていて、その上に座り、なおかつそこに触れたあなたの皮膚に傷口がない限り、感染することはありません。
 健康な皮膚に多少付いたぐらいでは感染しないからです。第一、目に見えてべったりと血液が付いているような便座にそのまま座るというのは、常識的にちょっと考えられないですね。

・最後に歯ブラシ。
 まず歯ブラシを共用されることは無いと思います。
 ただ、歯を磨いた時に歯茎などから出血することがありますね。したがって、歯ブラシなど血液が付くかもしれない日用品は、念のため間違って人のものを使わないような配置にされておけば、万全です。
 これは念のためです、普通は水ですすいであれば、間違って使っても感染する可能性はきわめて低いです。つまり、血液が付いているかどうか、見た目では全くわからないようなごくわずかな量でしたら、そのような量では感染は成立しませんので、ご心配は無用です。

 こんにちは。

 以前、行政で感染症の対策を担当していました。

 結論から申し上げれば、日常生活では感染する可能性はきわめて低いです。例えば、汚い話になりますが、唾液にもHIVが含まれています。しかし、バケツ何杯分という単位を一気に飲まないと、感染しないといわれています。そのくらいHIVは感染力が弱いということです。
 一番危険なのは、性交渉です。これは、赤ちゃんには関係ないですね。

-------------------------

 以下、基本知識です。興味が...続きを読む

Q乾燥した血液からの感染

乾燥した血液が傷口や目に入った場合肝炎やHIVに感染する可能性はあるのでしょうか?
B型肝炎については乾燥して1週間経過した血液をチンパンジーに静注したら感染したという実験があるようですね。
医師に尋ねても医師により回答が異なります。
HIVに関しては乾燥すれば感染力を失うという記述が多いですが、医師によっては乾燥では活性を失わないという方もいます。
本当のところはどうなんでしょう?
微生物学に詳しい方ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

乾燥していれば物理的に血管の中に入りにくくなると考えられます。少し違いますが、コレラ菌なども下痢や飲料水のように液体に浮遊している場合には感染しやすくなるのと同じように考えてよいと思います。また乾燥していればそれだけ時間がたっていますからウイルスが死滅している可能性もあります。死滅の仕方はウイルスによって大きく違うはずです。HIVにしても肝炎ウイルス(B型でもC型でも)にしても一番危険なのは針刺し事故です。新鮮な傷がなければまず感染は考えられないはずです。手洗いを励行するよりも手に傷をつけないことのほうが有効な予防法です。しかし、水で洗うということは流れ出した水の管理がきちんとしている限り、感染の確率を低下させます。もちろん高度に汚染されているものを扱う場合には手袋やピンセットのような器具を適宜使うべきです。煮沸でほかのウイルスは死滅すると思いますが、B型肝炎ウイルスは煮沸では死なないと聞いたことがあります。またこのウイルスは乾燥にも強いはずです。

Q血液感染

デパートのトイレのペーパーに血液が付いていました。
表面ではなくて巻いてある部分が見える所に飛んだ感じで2滴ついていました。
たぶん私より前の方が生理で血が手に付いたのを気づかずに触って付いた感じでした。怖かったので血液の付いたペーパーは使用せず新しいペーパーで拭きました。しかし、用を足してから気づいたので、便座を拭くときに使用して、少し肌にふれました。

誰の血液かわからないので、もしその血液がB型肝炎、C型肝炎などの感染症の血液だったと思うと怖いです。。。とくにB型肝炎は感染率が高いと聞いたのでとても不安です。
(1)触ってしまったのですが感染しますか???
(2)その場合B型肝炎の感染率は低いですか?
(3)触ったあとトイレを出るとき服やかばんなど触りますが、ウィルスは付いていませんか?
ナーバスになっています。

Aベストアンサー

こんにちは。薬剤師をしている者です。

まず、質問させて頂きたいのですが、B型肝炎の予防接種は受けていらっしゃいますか?
されていらっしゃるのでしたら恐らく問題はないかと思います。されていらっしゃらない場合は医師の診断を受けられては如何でしょうか。
C型肝炎にしましても外来の血液が「自身の血液内」に入り込んだ場合の感染率は高いですが、そうでない場合は恐らく手もその場で洗っていらっしゃると思いますし、その日のうちにお風呂にも入られたでしょうからね、念のために医師に検査をしてもらえばそれで問題はないと思いますよ。
年齢にも依りますが、B型肝炎は「垂直感染(母子感染)」と言いまして、殆どが出産時の母親の血液によって感染します。
昔は出産時の予防接種が殆ど行われておりませんでしたのでB型肝炎に罹患する方が比較的多かったようです。実際私の義理の叔父も生後40年以上も経ってから発病致しました。

参考URLにWikipediaの関連項目を掲載させて頂きましたが、確かに「血液感染」という語句は出てくるものの、「接触感染」という考えでの感染率は低いかと思います(全くないとは言えませんが...)。

以上をふまえまして
(1)触ってしまったのですが感染しますか???
健常人の場合、可能性は低いかと思いますが、感染しないとは言い切れません。

(2)その場合B型肝炎の感染率は低いですか?
なんとも言えません。
ただし、予防接種をされていた場合、感染率は低いと思います。
出生時に予防接種した可能性もありますので母子手帳などでチェックされた方がよろしいかと思います。
検査を受ければより確実かと思います。

(3)触ったあとトイレを出るとき服やかばんなど触りますが、ウィルスは付いていませんか?
肝炎ウィルスが確実に血液に含有されていた場合、ほぼ確実についているかと思います。
消毒(不活化)方法についてはいろいろと方法がある様ですが、一般的には次亜塩素酸ナトリウムを使用しているそうです。漂白剤に使用されている成分ですね。
薬局ですと「ピューラックス」という名前で販売しております。ただし、本剤は金属を腐食させますので金属には80%エタノールが有効かと思います。
これで肝炎ウィルスの場合、殆ど不活化すると思います。

とにかく、良く手を洗い、その時身につけていたものを可能な限り上記薬剤などで処理すれば良いかと考えます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/B%E5%9E%8B%E8%82%9D%E7%82%8E

こんにちは。薬剤師をしている者です。

まず、質問させて頂きたいのですが、B型肝炎の予防接種は受けていらっしゃいますか?
されていらっしゃるのでしたら恐らく問題はないかと思います。されていらっしゃらない場合は医師の診断を受けられては如何でしょうか。
C型肝炎にしましても外来の血液が「自身の血液内」に入り込んだ場合の感染率は高いですが、そうでない場合は恐らく手もその場で洗っていらっしゃると思いますし、その日のうちにお風呂にも入られたでしょうからね、念のために医師に検査をしても...続きを読む

QHIVウィルスの食品からの感染

HIV ウィルスは感染者の血液が調理後の食事に混ざっていた場合感染の危険性はどれほどあるのでしょうか

Aベストアンサー

HIVウィルスの感染は非常に弱いです。調理された場合、確実に死滅されています。

エイズは空気に触れた瞬間に死ぬ訳ではありませんが、血液がカラカラに乾いた状態だと感染力は失われています。

エイズは乾燥に弱いと言われていますが、血液や精液、膣分泌液など、エイズを含む体液が身体の外に出て、空気に触れた瞬間に死ぬ、つまり感染力を失うという訳ではありません。
厳密に言えば、その時の体液の量やそこに含まれるウイルス量、部屋の温度、湿度、どういう状態で体外に出て、どういう状態で、どのぐらいの時間保存されたか、また体外に出た体液がどこにどういう状態で付着したか、あるいは付着しなかったかなど、さまざまな要因が絡んできますので、一概に「何秒たったから感染力を失う」とは言えません。
実際、感染者の血液を大量に浴びて、長時間それを放置しておいたことによって感染した例が報告されています。

しかし、エイズは人間の血液、しかも主にリンパ球の中でしか生きられない、どちらかと言えば感染力の弱いウイルスですから、ウイルスにとってかなりいい条件がそろわないと感染は成立しません。感染が成立するにはある程度まとまった量のウイルスも必要です。
また、空気感染や飛沫感染、食べ物を介しての感染などはないということもわかっています。

さて、乾燥についてですが、HIVを含む血液でもカラカラに乾いた状態ですと、血液の中のリンパ球自体も破壊されていますので、その中でしか生きられないウイルスも、当然感染力を失っていると言えます。

HIVウィルスの感染は非常に弱いです。調理された場合、確実に死滅されています。

エイズは空気に触れた瞬間に死ぬ訳ではありませんが、血液がカラカラに乾いた状態だと感染力は失われています。

エイズは乾燥に弱いと言われていますが、血液や精液、膣分泌液など、エイズを含む体液が身体の外に出て、空気に触れた瞬間に死ぬ、つまり感染力を失うという訳ではありません。
厳密に言えば、その時の体液の量やそこに含まれるウイルス量、部屋の温度、湿度、どういう状態で体外に出て、どういう状態で、どのぐ...続きを読む

Q血液などの体液がついた服は大丈夫?

 今日、ちょっと洋服を見に量販店に行きました。ちょうど、セールのワゴンがあったので、ごそごそあさっていたのですが、ふと自分の指先を見ると傷のようなものがありました。血は出ておらず、傷というよりは、ふやけた皮膚がはがれたあとという感じでした(食器洗いのバイト後に行ったので・・・)。でも、もしかしたら血が出ていたかもしれないし、洋服に血がついていたら心配です。そこで2つ質問をさせてもらいたいと思います。

(1)洋服についた血液などの体液から感染する病気はありますか?
(2)布についた血に感染力はありますか?また、万が一、乾いていたら大丈夫!…だったとしても、乾いた血が汗などの水分によって感染力を取り戻すことはありますか? 

どちらかでもかまいませんし、わかる範囲でもかまいません。少しでも情報がほしいのでよろしくお願いします。

ちなみに、ちょっと風邪気味です。また、血液検査等はしたことがないので、病気を持っているかはわかりません。

かなりの心配性です。誰かを自分のせいで傷つけたくはありません。

Aベストアンサー

>(1)洋服についた血液などの体液から感染する病気はありますか?
血が付いた直後で、接触した人が「よりによって」怪我などをしていて傷口に「血」がしみ込めば「感染」もありうるかと思いますが、「現実的」には、衣類に血液がしみ込んでしまい乾燥を促進させて感染には至らない・・・です。
病気の種類はさまざまです。HIVウィルスや肝炎ウィルスなど。

>(2)布についた血に感染力はありますか?また、万が一、乾いていたら大丈夫!…だったとしても、乾いた血が汗などの水分によって感染力を取り戻すことはありますか? 
先にも書いていますが衣類に血液がしみ込んでしまい乾燥を促進させて感染には至らない・・・
汗などの水分によって感染力を取り戻すことはないでしょう!
乾燥イコール死滅です。

それよりもあなたが風邪気味であるという事のほうが「空気感染」で被害を広げそうですよ。
血液感染もどきを心配していても現実は「空気感染」を心配しないといけない、、、そういうもんです。

Qお医者さま、もしくは相当の医療知識の有る方限定で、ご回答よろしくお願い

お医者さま、もしくは相当の医療知識の有る方限定で、ご回答よろしくお願いします。
私の主人はB型肝炎ウィルス保持者です。
ある程度の知識はネットなどを介して持っていますが生活していく上で、これはどうすれば良いのか…と疑問に思う事が有り感染予防方法を教えて頂きたいのです。
まずタオル、衣類、シーツなどの布類に付着した血液の処理について、洗濯機で水洗いしただけで安全でしょうか?
また、他の洗濯物と一緒に洗っても大丈夫なんでしょうか?
血液の付いた物を洗濯機で洗って洗濯機内のステンレスドラムなどにウィルスが付着する恐れは無いのでしょうか?

歯ブラシ、カミソリの共有や血液を直接触れずにしていれば普通の生活で感染する事はまず無いと思っていたので、あまり気にせず生活していましたが先日、ある講習で看護士の方が歯みがき粉の共有も歯ブラシを直接付けている場合も有るので避けた方が良いと聞き他にも気を付けなくてはいけない事が有るのでは…と不安に考える様になりました。
特に子供には絶対に移したくないと切望しています。
感染にはウィルスの強弱、又、移る側の抵抗力なども有ると思いますが万が一の事を考えるのなら予防接種を子供に受けさせた方が良いのでしょうか?

主人は痔や歯槽膿漏も有りますので出血してトイレの便座に付いている時も有り今までは水拭きをしているだけです。

たまに料理もしますが指を切ってしまった事も有り、まな板、包丁など(床も)特に消毒はしていませんでした。

そういった些細な事から感染するのか予防また、消毒方法を教えて下さい。

よろしくお願いします。

お医者さま、もしくは相当の医療知識の有る方限定で、ご回答よろしくお願いします。
私の主人はB型肝炎ウィルス保持者です。
ある程度の知識はネットなどを介して持っていますが生活していく上で、これはどうすれば良いのか…と疑問に思う事が有り感染予防方法を教えて頂きたいのです。
まずタオル、衣類、シーツなどの布類に付着した血液の処理について、洗濯機で水洗いしただけで安全でしょうか?
また、他の洗濯物と一緒に洗っても大丈夫なんでしょうか?
血液の付いた物を洗濯機で洗って洗濯機内のステン...続きを読む

Aベストアンサー

医者ではありませんがよろしければ。

ウイルスを消毒したければ、水拭きじゃなくてハイターで拭いてください。
水1Lに10ccです。
物を消毒したければ、同じ溶液に10分漬け込みです。

Q蚊からHIVに感染しないと言うのは本当なんでしょうか?

「蚊が注入するのは血ではなくて唾液です。ですから、前の人の血液が次に刺された人に注入されることはありません」
 これが蚊からHIVは感染しないとして説明されている理由です。
 でもおかしくありませんか?HIVの4大感染経路のひとつに、注射針の共用があるじゃないですか。私は、蚊のケースはどちらかと言うと、こちらに該当するんじゃないかと思うんです。それに、もしあなたが看護婦さんから「エイズ患者さんに使ったのと同じ針ですけど安心してくださいね、採血するだけですから」こんなふうに言われて納得できますか?
 それともうひとつ。つい最近、蚊をつぶした女性が、蚊の吸った傷口から病原体が体内に入り、死亡したケースが報道されましたよね。もちろん病原体の種類は違います。ですがその病原体も、それまで蚊の唾液腺には存在しないため、感染した蚊に刺されても病気になる恐れはないとされてきたそうです。
 どうなんでしょう。本当に蚊からHIVが感染しないと言い切れるものなのか、どなたか感染症に詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

えっと
感染者の血液を吸血した蚊10万匹以上を吸血した直後に同時に 1)自分の明らかに破綻している皮膚の上で体内の血液がでるように確実に全部叩き潰す 2)吸血される と感染が成立する可能性はあるかもしれませんが…
この可能性がないのなら感染しないと言い切れると思います。

理由は
1)HIVウイルスは弱いです。空気中では存在できません。
  針の先端についていたとしてもです。
  針刺しのことを言われていますが、HIVの針刺しによる感染確率は他の肝炎などに比べてかなり低いです。
  注射針による感染の場合。針の先端以外は空気には触れていませんから菌が存在できるということです。
  蚊の針の太さと注射針の太さは違います。
  存在する可能性のウイルス量が絶対的に不足しています。
  注射針と一緒の考えは成立しません。

2)蚊の体内でも存在できません。ウイルスは死にます。
  唾液内にも存在しません。
  さされた時送り込まれる唾液には含まれていません。
  ちなみに人間の唾液ならバケツ3~5杯位飲むと感染できるかもしれません。

3)人間には防疫機能があるので、ある程度のHIVウイルスが体内に同時に入らないと感染は成立しません。
蚊の吸血量だと10万から100万匹ということです。
たたきつぶすと多量に見えますが、実際の吸血量より体液などで薄まり多く見えるだけです。

4)正常な皮膚からの感染はありません。
  ですので血液が付着する場所に傷があることが必要になります。

こんな感じでいかがでしょう?。
これでもまだ 蚊によって感染はしない といわれているのはおかしいと思いますか?

えっと
感染者の血液を吸血した蚊10万匹以上を吸血した直後に同時に 1)自分の明らかに破綻している皮膚の上で体内の血液がでるように確実に全部叩き潰す 2)吸血される と感染が成立する可能性はあるかもしれませんが…
この可能性がないのなら感染しないと言い切れると思います。

理由は
1)HIVウイルスは弱いです。空気中では存在できません。
  針の先端についていたとしてもです。
  針刺しのことを言われていますが、HIVの針刺しによる感染確率は他の肝炎などに比べてかなり低いです。
 ...続きを読む

QHIVの血液感染の確率について

HIV感染者の乾いていない血液が、目に見えて分かるくらい付着したティッシュで、非感染者の傷口の血を拭ったとします。その場合、非感染者にHIVが感染する確率は、何パーセントくらいですか?

Aベストアンサー

パーセンテージを出すのは無理じゃないでしょうか?
まず感染者の血液が非感染者の血液に入って感染する率から100%じゃありません。感染の危険性は高いです。ですが分からないのです。
次にティッシュに付着した血液にどれくらいHIVが含まれている可能性も未知数です。その内どれくらいのHIVが非感染者の血液に含まれるようになるかというのも分かりません。

ただ、可能性はあるのでもし実際にあるのでしたら検査をするようにしてください。もし病院で似たようなことをしているのでしたら即刻関係機関に報告をお願いします。輸血を除き血液は混ぜないというのは病院側の基本なので。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング