29歳になり初めて虫歯になりました。

普通虫歯というと、歯の上に穴があくと思っていたの
ですが、私の場合、歯の根元に穴があいてしまいました。
丁度、歯の生え際で、歯茎のすぐそばです。

現在、痛みはありません。

こういう虫歯はどの様に治すのが普通なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

補足です。


歯頚部に虫歯が出来ることは、良くあります。
ですから、その部分の治療については、歯科医師側も十分な経験を積んでいることが多いです。 歯肉を切らないで治療するための方法も色々あるので、安心して歯科医院へお越し下さい。
ただし、「こりゃ、切った方が綺麗に治るで」とか「切らんとムリ!」ってこともあります。 お話を伺っている分では、なんとかなりそうですけどね・・・

ではでは
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

歯頸部に虫歯が出来ることはよく有るんですね。
知りませんでした。

私の症状が例外でなく安心しました。

痛みがないうちに歯医者に行くことにします。

どうもでした。

お礼日時:2001/02/13 19:08

歯と歯茎の境目のところが虫歯になったんですね。

歯磨きのさい歯ブラシの毛さきがその境目にあたるようにブラッシングするようにしなければ、歯の歯垢がたまりやすい場所なので気をつけて食後の歯磨きしてくださいね。歯の治療としてはその虫歯になっている歯の神経をとるとおもいます。その後、穴のほげたところをぐりぐり繰りときれいにお掃除してもらってお薬をつめ穴のあいているところをプラッチックで一見みためには、違和感ないふうな仕上がりになります。(歯の色に似ています。)この場合、保健の適用範囲でちりょうしていただけるとおもいます。

余談・・・いま同じ症状で歯医者さんからもどったばかりです。歯医者さんの機械の音『ウィィ~~ン、ギィ~~~ィ、ジコジコ、、、、』苦手です。失礼しました。
    • good
    • 1

歯科医師HINOMIYAがお答えします。



 虫歯は、歯であればどこにでもおきる可能性があります。 歯の生え際にちかい部分の事を歯頚部と呼びますが、もちろん歯頚部にも良くおきます。
治療法としては、咬合面(上のところですね)の処置と
かわりません。 少し表面を削って、コンポジットレジン
と呼ばれる樹脂を詰めるのが、最近のもっとも一般的な治療です。 これだと、上手に治療すれば虫歯の治療痕が目立たないので、前歯の他人から見えるところでも大丈夫。
 ただし、実際の症状によって治療法はかわりますので、実際に診てみないとはっきりお返事できません。 また、痛みはないそうですが、それだけでは、治療の必要があるかどうかもお返事できません。 お近くの歯科医院で相談してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

やはり、削るしかないのですね。
しかし、削るとなると、私の場合、歯茎と
歯の生え際に穴があるので、歯茎も削られるの
でしょうか。

あ~・・・。笑うと、穴が見えてしまうので、
早く歯医者に行くことにします。

ドウモありがとうございました。

お礼日時:2001/02/13 16:40

虫歯は普通、歯の表面のエナメル質を溶かし次ぎに象牙質を溶かしますが、エナメル質の段階であればまだ痛みはなく黒ずんでいるだけです、エナメル質を越えた虫歯菌は急速に象牙質を溶かしますのでこの時神経にひびき、痛みを感じます。

しかし虫歯はどんなに小さくても自分では治せないので虫歯と感じたら歯医者さんに行くのがベストでしょう。
しかし、ここからは私見ですが、虫歯体質は家系で遺伝すると聞きます。なぜなら人間の体内には何億種という細菌が共存していますが人間の抗体に体内にいることを許される菌は生後数ヶ月で決まるそうです。歯を溶かす酸を分泌する菌はこの数ヶ月間に口内に侵入できなければ人間の抗体に雑菌とみなされ殺菌されてしまいます。言い換えるとこの期間にこの菌に対し抗体を持った人は虫歯にならないと言うわけです。しかしほとんどの人が感染してしまうのは母親から授乳や両親からのキスを受けるからです。なぜ家系で遺伝するかと言えば母親がこの菌を持っていなければ子供に感染する可能性は低くなるからです。なので私としては29歳まで虫歯にならなかったあなたはこの菌に対し抗体を持っていると考えます。だから多分その穴は虫歯ではないと思いますよ。でも素人意見ですから虫歯かもと思われるならやはり早いうちに歯医者に行かれる事をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

抗体がやる気無くしたのでしょうか。(笑)

私の家族は皆、虫歯を経験しているのに、私だけ
今までならなかったというのは、やはり、
抗体があるのかもしれません。

そうですね。自分では直せませんので、
歯医者に行くことにします。

回答、有りうがとうございました。

お礼日時:2001/02/13 16:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • むし歯・う蝕のまとめページ

    むし歯(う蝕)とはどんな病気か  むし歯は、口のなかに常在している細菌の感染により歯質が軟らかくなり、崩壊していく病気です。日本では、食生活の変化とともに多くの人が罹患(りかん)するようになっています。  6年に一度行われる歯科疾患実態調査の最近(2005年)の結果では、6歳における乳歯のむし歯および12歳における永久歯のう蝕有病歯率(ゆうびょうしりつ)(処置された、あるいは未処置のむし歯をもっている割合)がともに回を追うごとに減少してきています。すなわち、乳歯・永久歯ともむし歯の急増しやすい時期における減少傾向が認められます。  むし歯は、砂糖を含む食物との関連が深いことがわかっています。とくに毎...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング