「生まれつき耳が聞こえなくても、口の形や舌の使い方などを学ぶことできちんとした発音ができる。」ということを聞いたことがあります。そういった仕事にたずさわりたいと思うのですが詳しいことがわかりません。具体的な内容や必要な資格、またそういう教育をしている学校などを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私もその資格を目指していた者です。


おそらく言語療法士(ST)の事ですよね。
そのつもりで書かせていただきます。
長くなりますがゴメンナサイ。

STは、聴覚障害・音声機能障害及び言語機能障害の
リハビリテーションを行う専門職のことですが、
民間資格のため、定まった名称はなく、
医療言語聴覚士や臨床言語士と呼ばれる場合もあります。

聴覚障害だけでなく、咽頭ガンや脳性麻痺の方
子どもの発達遅延などによる言語障害なども対象になります。

生まれつき聴覚障害がある為に、
発語ができないケースも多いことから、
療法士は言語機能訓練だけでなく、
聴覚機能訓練を行う場合もあります。

療法士は原因を発見し、患者の言語機能を訓練し、
回復を計るために、医師や各リハスタッフ・
手話通訳士との連携をとりながら訓練をすすめます。

病院の他、心身障害児施設や聴覚言語障害者更正施設などが
職場になります。

資格を取るには、2年程度の養成校を卒業する必要があります。
養成校卒業と同時に有資格者となります。

また、学校で言語指導に従事する場合には、教員免許も必要となります。
教員志望者は、大学で行われている特殊教育の一環である
言語聴覚障害に対する教育を受けなくてはなりません。

私の持っている「医療と福祉の資格ガイドブック」という本に
資格の取れる養成校について等詳しく書かれているのですが、
住所しかわからず、この際と似載せては行けないようなので、
本屋さんで同書を探していただくか、
医療福祉系大学を中心にその資格を取れる学科がありますので、
大学案内をご覧下さい。
また、以下のページ(みみだより323号)が
何か参考になればと思います。

あと、手話通訳士の資格を併せて持っておくのも
大事だと思います。

では、頑張って下さい。

参考URL:http://www.normanet.ne.jp/~mimi/mimi323.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

miyonさんのいうとおり今まで言語療法士のことをずっと調べていました。それだけではなく、手話通訳士の資格も大事なんですね。「手話通訳士」という名前は知っていたのですが、詳しくは調べていませんでした。HPも参考にさせていただきます。詳しく教えていただきありがとうございました。かなり参考になりました。

お礼日時:2001/02/14 22:36

ろうの子たちは、泣きながら口話を練習しました。


聾学校では、手話は動物的である、口話でなければ健聴者とコミュニケートできない、といったような理由から、口話を教えていました。
でも、みんな苦労しました。
私が高校生で手話サークルにいた時分は、さすがに手話禁止令は聾学校でも取りやめていたようです。


英語は確かに必要でしょう。
でも、私は日本に住んでいて、英語を使わなければいけない状況に全く出会いませんでした。
しかし、ろうの人は確実に日本に住んでいます。
私が手話が使えると分かったとたんの、ろうの人の笑顔。
外国で日本人に会う以上ものがあるんですよ。
うちの子のクラスにもろうの子がいて、みんなで手話を使っています。
英語も大事ですが、この年で手話を使っていけば、母親の私はいずれ追い抜かれてしまうでしょう。


ろうの人に私達の文化を合わせてもらうことも大事かもしれませんが、私達こそろうの人とコミュニケーションをとることを考えるべきだと思います。
口話の資格より、手話を覚える気はありませんか。
日本語ができれば、どなたでも修得できますよ。
通訳士になるのはかなり難しいですが、ST資格を取りたい意欲があれば、きっとmahiruさんにも取れることだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

手話もとても大事なことだと思います。手話は昔とは違って関心もふえ手話教室なども多くみかけるようになりましたが、やはり使える人が少ないのは確かです。もし口話でのコミュニケーションができればコミュニケーションの幅が広がるのではないかと思ったのです。とても参考になりました。いろんな人の意見も聞けてとてもためになりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/14 22:43

 これを確か「口話法」といったと思います。

「手話」に対するもので、聾学校では伝統的にこの方法で教育がなされてきたと聞いています。その理由は「社会の中で自立するため」ということだったと思います。
 手話はまだまだ健常者なら誰でも使いこなせると言うものではありませんし、地域ごとの違いもかなりあります。そのような社会の中で生きていくために、手話に頼らないコミュニケーションの訓練として行われているそうです。
 ですから、ご質問の趣旨ということで言えば、「聾学校の教員」になるということになるのではないでしょうか。資格としては教員免許状、大学のしかるべき学部学科で勉強するというのが回答になります。
 ただし、私自身、教育学部卒業で特殊教育(あまり好きではない言葉なのですが)2級の教員免許状を持っています。けれども大学で実際に口話法の授業などがあったわけではありません。現在はどうか分かりませんが。
 どちらかというと実際に現場で学ぶことになるのではないでしょうか、私の知っている範囲では口話法の資格というのは聞いたことがありません。
 先に回答があったようにこれからは機械がどんどん進化することは考えられます。しかし、学校現場、教育現場で機械にまかせっきりということは考えられません。機械を使うのは人間であり、メンタルな面でのサポートも必要でしょうし、やはり、そこに教えてくれる人がいると言う安心感は機械で代用することはできません。
 現実に道が開けるかどうか無責任なことはとてもいえません。あとはご自分で判断なさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすくて大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/14 22:29

回答ではありません。


 果たしてそういう仕事に将来性があるのかどうか、ちょっと疑問に感じます。

 既に、聾者が発音練習をするためのソフトが開発されています。PCのマイクに向かって発音すると、その波形と、正常な発音の波形とが図形として比較できる。また正しい舌や口の動きをグラフィックで見せてくれる。このようなシステムを使えば独習が可能です。これがポータブル、ウェアラブルになれば、いつでもどこでも自分の発音チェックができるようになるでしょう。
 いずれこのような、自分で訓練できる安い機械と競合することになったら、とても食べて行けなくなりそうです。杞憂なら良いのですが...
 むしろ、こういう機器の研究・開発・改良においてキーマン的な役割を果たすという事を目的に、勉強の一環として実地に発音の訓練を手伝う経験も積む、というのなら見込みがありそうです。他に、音響学、音声学、言語学、信号解析、音声認識、人工知能、人間工学などの幅広い知識を浅くても良いから習得しておくのが望ましいと思います。勉強にはむしろ大学の工学系の方が良さそうですね。最近ではリハビリ機器・介護機器などを専門で研究している研究室も多くなってきています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

発音練習をするためのソフトが開発されていたことも知らなかったです。実は私がこの話しを聞いたのが5年以上前ですから、そういうソフトが開発されてるのも当然ですよね。とても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/14 22:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雇用保険の資格取得について

資格取得届の提出が所定の期限を相当期間経過して行われた場合、資格取得日が被保険者資格取得の確認が行われた日の2年前の日より前であるとき(遡及適用の特例に該当しない場合)は、被保険者期間を計算する場合、資格取得の確認が行われた日の2年前の日が、その者の被保険者の資格取得日として取り扱われる。

↑上記の解釈として・・・

2年であれば、遡れり資格取得ができる。しかし、2年を1日でも過ぎれば資格取得できない。という解釈で問題ないですか?

他に、問題ありますでしょうか?

Aベストアンサー

社労士の勉強ですか?

> 2年であれば、遡れり資格取得ができる。
本来の資格取得日までさかのぼって記録が修正可能ですね。

> しかし、2年を1日でも過ぎれば資格取得できない。という解釈で問題ないですか?
解釈が間違っています。
本来の資格取得日までさかのぼってはくれませんが、2年前の日を資格取得日として取り扱います。
よって、実際には5年前に雇用保険の被保険者となる要件を備えていた者が、離職に際して本条文に基づき2年前が資格取得日と認定され場合、失業等給付の日数を決めるための期間は2年となりますね。


なお、「雇用保険法の一部改正」により、現在は2年を越えて資格取得日を認定することもできます[条件に合致していることが必要]。
 http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/51784979.html
 http://www.hoshina-sr.jp/article/13822902.html

Qヽ(^o^)丿 「舌を巻く」の舌は、なんの舌? 人間の舌ではなさそうですが……

とても強いものとか、とても立派なものとかに出あったとき、「舌を巻く」といいますが、「舌」はなんの舌でしょうか?
人間の舌は、巻くほど長くはないので、なにかほかの動物の……たとえば蛇が長い舌を出してえものを捕ろうとしたとき、空から大鷲が蛇をねらって急降下してきたので、蛇が出した舌をあわてて巻いて逃げるのを見たむかしの人が、この表現を考えついたとか……

私の想像、荒唐無稽でしょうか?
真相はどうなんでしょうか?
人間の舌でないとしたら、なんの舌でしょうか?
愚問ですみません。
ヒマなので、ついくだらないことを考えました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

物事をたとえて言う表現なので厳密に舌が巻けるほど長いかどうかは関係ないでしょう。この場合の舌は勿論人間の舌です。他にも舌を使った表現はたくさんあります。

*舌は禍の根
*舌を出す
*舌を鳴らす
*舌がすべる
*舌がもつれる

Q資格取得について

現在、国の省庁の地方出先機関に勤めているものですが、資格取得を考えています。既取得は簿記3級と宅建です。
資格取得後すぐに転職等とは考えてはいませんが、収入や勉強内容からみてお奨めの資格はありますか?
また、資格取得にかかる高収入度ランキングはどんなものでしょうか?

Aベストアンサー

資格は取ればいいと言うものではなく、実務ではそれをいかに活用できるかということが大切です。

今までの自分の職務経験、スキルを活用できるものを取得すればいいのではないでしょうか??

高収入度でいけば、医師免許がいいと思います。大学に6年通う必要はありますが、卒業時(資格取得時)では職務経験からくるスキルは全員ほぼ横一線ですので、お勧めです。仮にスキルが劣っていても、高度な医療は全く行わず、風邪だけを診る専門医となれば、食べるにこまることはありません。

また、司法試験もお勧めです。職務スキルは資格取得時に大きな差はありますが、高度な案件は取り扱わない、少額自己破産専門の事務所を開設すれば、食べるに困らないと思います。

Q本当にお恥ずかしいのですが、 雲と蜘蛛の発音の違いがよく分かりません… 何か発音の仕方、コツなどあり

本当にお恥ずかしいのですが、
雲と蜘蛛の発音の違いがよく分かりません…
何か発音の仕方、コツなどありましたら教えて下さると幸いですm(__)m

Aベストアンサー

こちらが参考になるのではないでしょうか。

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:4Nn2Wk9c2HkJ:www.asahi-net.or.jp/~zx5n-ysmt/iso270.htm+&cd=6&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

Q児童指導員の資格取得について

児童指導員の資格について最近知りました。
私は、教員免許(中・高)は、取得しています。児童指導員の資格はどのようにしたら取得できるのか教えて下さい
 また、児童指導員の資格を取得された方で、取得してどのような職業に就職されたか教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

児童指導員は任用資格です。
養成校と認定されている学校を卒業されていなければ、あとは就職する際の雇用先が判断することになります。

就職する際、雇用先へ例えば大学時代の成績証明書を提出し、大学時代にこういう勉強をしてきたから児童指導員として任用するにふさわしい、と雇用先が判断すれば資格を有しますし、判断してもらえないければ、資格はないということになります
都道府県によっては、心理学士・教育学士であれば成績証明書の提出まで求めないところもありますし、教員免許を取得していても、具体的な成績証明書や当時の授業の講義要綱の提出を求めることもあります。

参考のホームページにも、教員免許取得者は都道府県知事が適当と認定したものは資格を有する、となっていますので、一度お住まいの県庁に問い合わせてみたらいいと思います。

参考URL:http://www.infoaomori.ne.jp/aosyakyo/si/si02/sikaku/gi-n.html

Q長い英単語は、どう覚えてますか? 発音もしっかり覚えたいのですが、発音記号などがよくわかりません。

長い英単語は、どう覚えてますか?

発音もしっかり覚えたいのですが、発音記号などがよくわかりません。

長い英単語の覚え方や発音記号の覚え方で参考になるサイトや皆さんがやられてることで、効率のいい方法などありましたら教えてください。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず、長い単語といって、そんなに覚えられないほど長い英単語というのは覚えがないです。何かの単語クイズ(スクラブル・ケーム)でもするなら別ですが。だいたいは、分けて書けば大した長さにならないはずです。

英語ネイティブが読みも単語も覚えにくいと言われる単語にこんなものがありますが、見ればすぐわかる単語で、

otolaryngology (耳鼻咽喉科)
口語では、ネティブでさえ、これをそのまま使うということはまずありえません。
(なんというかというと、ENT =[E]ar,[N]ose, [T]hroat と言います。)
ただし、正確には、"oto(耳)-rhino(鼻)-laryng(喉)-ology(学)" 鼻が抜けています。

どの程度の長さの単語をおっしゃっているのか分かりませんが、コツは分割して、部分・部分で覚えられば問題はないのです。

もう少し例をあげますと、受験単語でないものも含まれていますが、
recommendation ->recommend+ation 推薦
antiarrhythmic -> anti+ar-rythm+ic 不整脈
sphygmomanometer ->sphygmo+mano+ meter 血圧計

ただ、私は、これは単語の綴りを覚えるためで、その語源や語根がどうだといって覚えるほど、有用性はないと思います。

英単語は、目と耳は分離して覚えていることもあります。聞いたことがある単語で読みも言えるけれども、単語の意味が出てこないというものと、読めて意味は言えるけれども、発音が分からないというものがあります。

それと、発音記号の問題なのですが、日本の学校で教わる発音記号というのは、主に「ジョーンズ式」と呼ばれるもので、とても発音記号と呼べるものではありません。カタカナ表記と大差あるものだとは思いません。少しでも、音声学で、IPAの原音の表記の実際を勉強したことがある人間なら、無意味だと気がつくかと思います。それは、逆に日本語の音声表記を厳密にしてみようとした時に、表現方法を知らないことに気がつくはずです。丸口母音とか平口母音とか、「ん」の鼻音とそうでない違いとか、ラ行では、口蓋に舌を弾くようにして発音する「硬口蓋弾き音」と言われ、独特なものが含まれています。

学校教育では、ネイティブの発音を実際に聞けないので、それに代わるものとして、発音記号は、一種の信仰のようなものなってしまったものだと思います。読めれば発音できるし、相手にも伝わると思い込んでいる人たちも多いようです。

http://www.rondely.com/zakkaya/hatu/boin.htm#am
ここに対比がありますが、私にはどちらも同じことです。発音記号は、その符号の訓練を経なければ、表記だけで再現などは不可能です。

communication は、ケミニケーションと聞こえてくるし、secretary (米国の放送では、セケタリー)と聞こえてきます。一体、発音記号のどこをどう読めば、そのような発音になるのか分かりません。だから、発音は音を聞いて覚えるしかない、発音記号はあまりアテにはしないということが重要ではないかと思っています。

自分で聞いたものが、その発音だと思います。
"What You Hear Is What You Get" だと思います。

『おとなの基礎英語』で、ものまねタレントの福田彩乃さんが、英語ネイティブの発音をそっくりコピーしますが、その感の鋭さには一目に値します。

遠山顕さんの『ラジオ英会話』などでは、その日の学習事項に、発音、リズム、イントネーション、リダクションのコツを教えています。

類推が聞くものがありますが、一般論として、聞いたことがない発音は正しく発音できないはずです。

英語の発音・イントネーションを解説したサイト
http://www.pronunciation-english.com/

なお、単語は、常に増やしていこうと、毎日の努力や習慣が必要だと思います。私は食べるほうの「カブ」という英単語を長い間知りませんでした。『ハウルの動く城』に出てくる、「カブ」ですが、"turnip" といいます。学習単語で見ていくと、意外に身の回りの単語がおろそかになりがちなのです。電子辞書で発音がついたものもあればねインターネット辞書サイトでも発音が分かりますから、なるべく聞いて再現するようにしたほうがよいです。

ただ、単語が知らなくて英会話を妨げるものではないにしても、継続して勉強し続けていく必要があります。私は、英会話の練習として、森沢洋介さんの『瞬間英作文』の考え方が良いと思っています。

『瞬間英作文トレーニング』
http://amazon.jp/dp/9784860641344

方法は以下にあります。アマゾンで批判している人たちは、本当の意味を知らないのです。別に、その本で練習しろということではなのです。文法も、この方法で学ぶのです。決して暗記することではありません。
http://mutuno.o.oo7.jp/05_training/05_training02.html

最後に、英会話学校は刺激にはなっても、そこで上達していく人は非常にレアケースだと思います。一種の緊張状態の中で英語を使うから良いのだと思います。

まず、長い単語といって、そんなに覚えられないほど長い英単語というのは覚えがないです。何かの単語クイズ(スクラブル・ケーム)でもするなら別ですが。だいたいは、分けて書けば大した長さにならないはずです。

英語ネイティブが読みも単語も覚えにくいと言われる単語にこんなものがありますが、見ればすぐわかる単語で、

otolaryngology (耳鼻咽喉科)
口語では、ネティブでさえ、これをそのまま使うということはまずありえません。
(なんというかというと、ENT =[E]ar,[N]ose, [T]hroat と言います。)
ただ...続きを読む

Q放送大学で看護師資格取得用の科目を履修できますか?

放送大学で看護師資格取得用の科目を履修できますか?

当方、看護師資格を目指していません。
試験日が合わないので看護師資格取得用の科目の方を履修したいんですが、可能でしょうか?
選科履修生として出願しようと思います。

入学金、授業料以外に看護師資格取得用の科目を履修するとお金かかるでしょうか?
そもそも看護師資格取得用の科目を履修できるでしょうか?

Aベストアンサー

放送大学では、

<生活と福祉コース専門科目>

在宅看護論、看護学概説、基礎看護学、疾病の成立と回復促進、疾病の回復を促進する薬、
人体の構造と機能、感染症と生体防御、がんの健康科学、リハビリテーション論、公衆衛生

<夏季集中科目>

成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、

・・・といった科目を用意していますね。



>試験日が合わないので看護師資格取得用の科目の方を履修したいんですが、可能でしょうか?
>入学金、授業料以外に看護師資格取得用の科目を履修するとお金かかるでしょうか?
>そもそも看護師資格取得用の科目を履修できるでしょうか?

こういった詳しいことは、

放送大学お問い合わせ窓口 043-276-5111
受付時間・・・月~金 9:00~18:00

へ電話をかけてきいてみるというのが確実だと思います。

参考URL:http://www.u-air.ac.jp/hp/nyugaku/new/suguwakaru.html

Q英語の発音で、nの後にvやfがきたときの舌の動かし方がわかりません。 conversation in

英語の発音で、nの後にvやfがきたときの舌の動かし方がわかりません。
conversation information environment などです。
1. nで舌を一度歯茎に当てた後、v/fの音に移るのでしょうか?
2. kingやpink等の様にnの発音で舌を歯茎に当てずに発音するのでしょうか?

1の発音方だと舌の動きが少し不自然に感じて、2の発音方法の方がやりやすいのですが。

回答お待ちしてます。

Aベストアンサー

> 1. nで舌を一度歯茎に当てた後、v/fの音に移るのでしょうか?

教科書的には、これが正しい。
実際には、[n] のときに、すでに上唇が歯にくっついているけどね。
つまり舌先が歯茎につくと同時に、上唇を歯につけるわけ。

まずはこれだけやってみて。
始めに、舌先が歯茎につけて [n] と言う。
そのままの状態で、上唇を歯につける。
これでOK。



> 2. kingやpink等の様にnの発音で舌を歯茎に当てずに発音するのでしょうか?

これは論外。そもそも [n] ではなく、[ŋ] ですから。
[kɪŋ] [pɪŋk]

Q簿記会計の資格を極めるかそれとも別資格を取得するか

いつもお世話になっております。

自分は今、日商簿記2級の資格を持っています。
持っていますとは言っても取得したのは約3年前ですが…(汗)

現在勤めている会社の仕事にも慣れ、余裕ができてきたので、
空いた時間で新たに資格を取得しようかと考えているところです。

そこで簿記会計の資格を極めるか、それとも別資格を取得するか悩んでいます。

極めるというのは“建築業経理検定”などの日商以外の簿記経理資格や
税理関係の資格を取得するということです。

別資格というのは何も簿記とは正反対の資格ということではなく、
直接は関係ないが、少し知識があると良いという社会保険労務士や
FP(ファイナンシャルプランナー)などの資格を取得するということです。

できれば転職に役立つほうを優先して取得したいとも考えております。
と言っても資格はお飾りのようなもので実際は資格がなくても経験者のほうが
就職、転職には有利なのでしょうが…(泣)

それでも資格の勉強をして知識を増やしていきたいと思っています!!

取り留めのない文章になってしまいましたが、お暇なときで構いません。
回答をよろしくお願いいたします。

いつもお世話になっております。

自分は今、日商簿記2級の資格を持っています。
持っていますとは言っても取得したのは約3年前ですが…(汗)

現在勤めている会社の仕事にも慣れ、余裕ができてきたので、
空いた時間で新たに資格を取得しようかと考えているところです。

そこで簿記会計の資格を極めるか、それとも別資格を取得するか悩んでいます。

極めるというのは“建築業経理検定”などの日商以外の簿記経理資格や
税理関係の資格を取得するということです。

別資格というのは何も簿記とは正反対の資格とい...続きを読む

Aベストアンサー

> 極めるというのは“建築業経理検定”などの日商以外の簿記経理資格や
> 税理関係の資格を取得するということです。
こちらの方向へ進むのであれば、日商簿記1級、全計上級、税理士、公認会計士を目指した方がいいですね。あと、ビジネスキャリア検定の『経理1級』『財務管理1級』もいいかも知れません。
 http://www.javada.or.jp/bc/career/guideline.html
一方、建設業簿記ですが、現在お勤めの会社で建設業簿記を必要としていないのであれば、それは「趣味の世界」となってしまいます。


> 別資格というのは何も簿記とは正反対の資格ということではなく、
> 直接は関係ないが、少し知識があると良いという社会保険労務士や
> FP(ファイナンシャルプランナー)などの資格を取得するということです。
偶々、例示された資格は両方所持していますが、現在の仕事で使用しないのであれば「趣味の世界」。特に社会保険労務士は勉強に要する時間と金額を考えると、安易に選択しない方がいいです。

> できれば転職に役立つほうを優先して取得したいとも考えております。
> と言っても資格はお飾りのようなもので実際は資格がなくても経験者のほうが
> 就職、転職には有利なのでしょうが…(泣)
現時点で経理のお仕事をなされているとの事ですから、簿記のほうを選んだ方が有利と考えます。
 ⇒取得した上級資格に対応する実務経験が無いとしても、現在行っている業務に対する
  理解が深まりますし、予め作業準備に取り掛かれたりします。
一方、社労士やFPは『独立開業のための資格』と言う正確が色濃く、特定の業種でなければ資格者を優先的に採用いたしません。又、過半数の方が最初に目指していると思われる「3級FP技能士」は、チョット気にしている人間であれば持ち合わせている日常生活での知識程度と考えておりますので、FPを取得するのであれば国際資格であるCFPにつながる、日本FP協会認定のAFPの勉強から始めた方がよいです。因みに、AFPの認定講座を修了してFP試験に合格すると、2級fp技能士とAFPの両方の資格が自動的に取得できます。

> 極めるというのは“建築業経理検定”などの日商以外の簿記経理資格や
> 税理関係の資格を取得するということです。
こちらの方向へ進むのであれば、日商簿記1級、全計上級、税理士、公認会計士を目指した方がいいですね。あと、ビジネスキャリア検定の『経理1級』『財務管理1級』もいいかも知れません。
 http://www.javada.or.jp/bc/career/guideline.html
一方、建設業簿記ですが、現在お勤めの会社で建設業簿記を必要としていないのであれば、それは「趣味の世界」となってしまいます。


> 別資格というのは...続きを読む

Q受験勉強の基礎固めでやること、勉強法の基本を教えてください。具体的な参考書などではなく、方法や考え方

受験勉強の基礎固めでやること、勉強法の基本を教えてください。具体的な参考書などではなく、方法や考え方などが嬉しいです。

Aベストアンサー

どうこたえたらいいのか。
人に聞いても、参考にならんかも。
自分の信念の問題でしかないので。

---

大学受験でいいのかな?
「僕ならこうやる」というのをかく。

・自分の頭脳の手に負える教材をやる。自分の頭脳を過信しない。
初めて学習するときは、
原則的には「いちばん基礎の教材」を用意する。
・「自分が気に入った教材」をやる。他人のお勧めは参考情報として
参考書を本屋で選ぶ際に使うだけ。
・手を広げずコンパクトにやる。
・理系科目は、理解こそが重要。ちゃんと理解しながらやれば、勉強量が少なめで済む。
・教材には不備が多い。不備な部分は、自分で書き込み、「自分の参考書」を作り上げる。
・自分のいままでの経験から、自分のやり方を信頼する。
・過去問をみて、「出るもの」「重要なもの」をやる。
・教材を買うのはケチらない。(手を広げる、という意味ではない)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報