痔になりやすい生活習慣とは?

世の中、気筒数が多い方が高級なのが普通です。ところがレガシィに関してだけは4気筒のターボの方が人気が有る。メーカーも何だかターボのほうを売りたいようなラインナップに見える。

「あの」ポルシェと同じボクサー6を、NAで味わえるなんてこんな贅沢なことはないと思うのですが、どうしてスバルはこういう売り方をするのでしょうか。皆さんもレガシィはターボの方が好きですか?

個人的にはターボの不自然なフィールよりも、大排気量のトルクフルなリニアな感じが好きなんですけれど。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

レガシィを3代乗り継いだ人間からの視点ですが…。



1.3Lエンジンの割りに差別化がされていない
レガシィは2Lがメインとして設計されているせいか、3Lエンジン搭載車でも特に「高級感あふれる」「より充実した」といった内装や装備にはなっていませんね。つまりエンジン以外は差別化がされていないので「3Lであることの売り」が少ないのです。

2.購入客層の嗜好とマッチしない
トヨタのクラウンのようなアッパークラスのセダンでしたら「とにかく高いバージョン」ということで3Lを買い求める人もいるでしょうが、レガシィはミドルクラスのスポーツセダンですから、購入客は特に3Lであることにこだわりがないというのもあると思います。また、レガシィの購入客層は、豪華装備であれば買う、といった人種ではないので、大排気量の3Lだから買う、といった流れにもなりませんし…。

3.車のイメージに多少合わない
レガシィは昔からターボをイメージリーダーとしたスポーツセダン&ワゴンとして売り込んできましたので、ターボ車のほうに購入者の意識が行きがち。

といったことがあるのではと思っています。

ちなみに、私はD型購入時に3.0R SpecBと2.0GT SpecBを比べて2.0GTを買いました。
2.0GTにした理由は、
1.3.0はノンターボの割に高価
2.3Lなので税金が高い
3.3.0は2.0GTより燃費が悪い(これはスバル営業マンさえも認めていました)。
といったのがありました。

3L6気筒は、評論家連中の評判はいいようなのですが、買うにあたって「コレ」といった魅力が「スムースで滑らかな回転」くらいしか見あたらないのですよ…。
2L4気筒ターボのほうが絶対的な性能は上ですし、SI-Driveを駆使すれば高速でリッター13kmというかなりの高燃費も叩き出せますし…。

じゃあ、何でわざわざ6気筒を出すのか、というと、アメリカ市場の睨んでのことと思われます。
アメリカ市場では、「高級車」として認められるのは6気筒以上なので、北米でスポーツユーティリティワゴンとして販売の好調なスバル・アウトバックのイメージを高める為に6気筒を追加投入し、それを日本市場にも展開したのではないかと…。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

非常に論理的でわかりやすいご説明をありがとうございます。おっしゃるとおりだと思いました。

確かに水平対向のショートストロークな6発エンジンならスムーズで滑らかに回るでしょう。でもそれだけでは日本では売れないし、少なくともレガシィに人々が求めるものとはちょっと違う(私は違わないんですけど…)。ターボのGTをみんなが求めているんですね。

6気筒はアメリカ市場のおこぼれをいただいているというわけなんですね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/02 23:13

>ボクサー6を、NAで味わえるなんてこんな贅沢な


>ことはないと思うのですが、、、、、

違いの分かる人が少ないからだと、思います。スポーツカーでさえATが、ほとんどの国において、エンジンフィールが、購入の動機になるほどの通を相手にはしていられないからです。

トヨタと提携することですし、世界を相手にするなら通の数も増えますし、他車との差別化の意味でも、6発は重要になってくると思います。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

トヨタと提携することで、軽自動車から撤退し、限りあるリソースを最適な分野へ集中させることができます。スバルはトヨタグループの中では少々プレミアムな世界を形成するのではないかと個人的には考えています。それには水平対向エンジンが一つのポイントになると。

今はレガシィにしか搭載されていないボクサー6ですが、逆にこのエンジンが生かせるような車種を開発して欲しいものだと思いました。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/02 23:17

元内部の人間です。



人気が無い理由ですか・・・?簡単です。

1.高い
 車両価格がターボよりも高い
2.燃費が悪い
 現行モデルになってから大分改善されましたが、それでも今のご時世、
 都会でリッター6km(ハイオク)はキツイです。
3.値落ちが激しい。
 3Lモデルのレガシィは他のモデルと比べて、価値が下がりやすいです。
4.そもそもフラット6に魅力を感じる人が少ない

私も3Lモデルに乗っていましたが、やっぱり好きな人で無いと厳しいような感じはしますね。
トルクに関しても、他社の3Lと比べると、若干落ちます。
(水平対向は現在の構造上低速トルクが稼ぎ難いのです)
但し、モーターのように回る滑らかなエンジンは素晴らしいですね^^

コレがスバルの魅力でもあります。
(ちなみに現行レガシィは設計段階から3Lエンジンの事が考えて開発されています。)


ちなみにポルシェと同じ6気筒ではありますが、使っている部品の「質」が全然違います。
スバルにもポルシェ並みのスペシャルカーを作ってもらいたいですが、
そんな予算はありません(笑)

スバルとポルシェのエンジンを引っ張り出して見比べてみると、同じ6気筒でもスバルはずいぶんとコンパクトだなぁ?と感じますよ^^
    • good
    • 9
この回答へのお礼

車両価格は高いでしょうか。3リッターとしてみれば結構リーズナブルなのではないでしょうか。

でも、そのわりに値落ちが激しいんですね(笑)。これはつまり不人気ということでしょうけど。

レガシィはスポーツイメージのリーダーとして2.0GTをそれこそ結構なお値段で売っています。人々がレガシィに求めるのはGTであって、Rのようなジェントルなイメージではないということなんでしょうね。

水平対向6気筒といって、私も何にあこがれるか、といえばポルシェと同じというイメージだけで、それ以上のものがあるわけではないです。実際乗ったことないし。トルクの薄い6気筒というのは少々寂しいです。しかもそのポルシェよりも部品の質が落ちるとしたら…

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/02 23:07

気筒数が多い=高級車というイメージがあるからでしょうね。



4気筒(というか2L)がベースになっているので、内装などは高級感が無い。
馬力も2.0GTより低く、税金は1万円高い。
お買い得感が低いのが原因だと思います。

スバルはNAに関しては宣伝も上手くないと思います。
車の事をよく知らない人だと、ワゴンのターボしかないと思っている人が居ました。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

おお税金。そうか税金のことを忘れていました。排気量が大きくなれば税金も上がるんですね。それは損だ。

スバルは6気筒に関しては宣伝が下手というか、マーケティングがなっていないと思います。市場が求めているから売るというより、自分達が作りたいから作っているのでしょうね。それは市場に迎合していないという意味で強烈な個性となりえますけれど、下手をすると金儲けを逃すことになります。
まあ、今度金儲けの上手な某メーカーとの縁が深まったのでどうなるか気になるところです。個人的には今のスバルであって欲しいな。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/02 22:59

D型3.ORのオーナーです。

確かに3.0Rはマイナーで私も悲しい思いをする事が多々あります。ほぼ100%の確立で2.0Rと言われます。レガシィオーナーにまで・・・
まあ、私の話はいいとして、メーカーとしても、売れればそれなりの売り方をするのでしょうけど結果として売れなかったと言うのがあるのではないでしょうか?実際D型には3.0RスペックB(6速MT搭載モデル)というやる気満々なモデルもありましたよね(笑)それにレガシィと言う車格に3リッターはやはり特殊になると思います(趣味性が強くなると言いますか)。2リッターがレガシィには非力ならば別ですが、十分な性能を有してますよね。性能が十分ならば2リッターを大半の人が選ぶのもうなずけます(レガシィの2リッターが非力ならばレガシィ自体が売れないでしょうけど)。また、3リッターの割には低速のトルクの細さも問題です。(MTでは坂道発進に気を遣うとか・・・ATでは2千回転辺りが厳しいです)ショートストローク・ビックシリンダーの宿命なんですかね~逆に高回転は気持ちいいです。大排気量の下から来るトルクフルな感じを求めている人には”え!?”って感じでしょうね。長々書きましたが、結局市場が求めていないんでしょうね。私のようなマニアックな人間の為にこのグレードを残してくれているとしか思えません。(笑)なんだかんだ言っても私はターボが嫌いで6気筒が欲しくて購入した人間ですから、高回転重視の低速のトルクの細さもこれまたかわいらしく感じてます。(トヨタなどではありえない味付けです)長く乗り続けたい車だと思っています。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

おお、3.0Rのオーナーさんでしたか。個人的にはレガシィは3.0Rがいいなぁと感じていたので、どんなだろうと思っていたのですが。そんなにマイナーなんですか(悲)

確かにおっしゃるとおり水平対向ではショートストロークにならざるを得ず、トルクが思ったほど厚くならないというのは初めて知りました。でも言われてみればそのとおりですね。

でも高回転が気持ちいいと聞いてちょっとほっとしました。大変参考になりました。ご回答ありがとうございました。コメントいただけて嬉しいです。どうぞ大切に乗ってください。

お礼日時:2008/05/02 22:54

気筒数が多い=高級 という扱いなのはエンジンコストを車体価格で吸収しやすいからであって、


エンジンが高級ということではまったくありません。
またスバルはSTIのイメージをウリにしているため、必然的にターボ主体のラインナップになります。

ただ同じ水平6発とはいえポルシェと一緒にするのはどうかと…
同じ直4だから、と一括りにするようなものですよ。
暴論極まりないです。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

まあ確かにエンジンが高級ということではないのかもしれないですね。エンジンが高いから他も高くして、結果的に高価格≒高級に見せるというどこかの国のトップメーカーみたいなことをやるという。

そうですか。やはりポルシェとエンジンを一緒にするのは暴論でしたか。個人的には非常に誇りに思っていたのですが。確かにレイアウトが一緒だというだけですからね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/02 22:48

レガシーの6気筒はジェントルなパワー特性を狙った高級路線のクルマですが、ベースが2000cc4気筒なので高級感はありません。



対して2000cc4気筒のGT-Bはスポーツグレードの最上級車と位置づけられています。

富士重もレガシーは2000ccをベースに設計しています。6気筒は派生モデルなので開発、販売も控えめです。

現に6気筒の生産計画数量は少ないです(^^;)

でもフラット6が好きならば迷わず購入することをお勧めします。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

結局レガシィの6気筒はエンジン以外は差別化されていないんですね。むしろ2リッターターボの方が差別化されている。スポーツグレードとして。ジェントルでラグジュアリーな路線へ行ってもらえばその方面もあるのではないかと思うのですが。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/02 22:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレガシィーツーリングワゴン3.0R良い点悪い点

中古で購入しようかと検討しています。現在レジェンドクーペ3200のV6エンジンです。3.0Rも6気筒、3000ccなのでスポーティーかと思っています。3.0Rの燃費、走り、オーナーでないと分からない良い点、悪い点を教えていただけましたら助かります。

Aベストアンサー

インスパイアーからレガシィに乗り換えた物です。

レジェントとは 車の作り方 コンセプトが全く違う車種です。
が レガシィツーリングワゴン3.0Rは 高級車的魅力は少ないですが スポーティーワゴンの上位でしょう。
ATミッションは ホンダ(精機技研製)よりスバル(自社富士重工製)の方が 良いです。

サスペンションは 言わずと知れた ビリュシュタインですので 固すぎずしなやかで 感動物です。
後付とは違い 専用設計の純正装備なので とても良いです。
エンジンは V6はまた違ったフィーリングと思います。エンジン振動は感じませんねー

燃費に関しては プレミアムガソリン仕様で 高速で10km/l行くか行かないか?
AWDで3Lですから 良い方だと思います。

3.0Rの欠点 若干のフロントベビー気味な重心が下り坂のコーナーリングで 気になるかな?
しかしながら AWD(四輪駆動)ですので 楽チン
片手ハンドルで余裕で旋回 雨の日走行も 気になりません 
とにかく 1回といわず 2~3回試乗してみて下さい 特に雨の日のウエット路面での試乗比較がよろしいかと思います。

装備ですが マキントッシュオーディオは是非お薦めです。 車体側にデットニング処理まで施されており
完璧です。大人向けなクリアーなサウンドです。

横滑り防止装置 VDCはまだ熟成度が低い用なので
あえて選択はしなくて良いでしょう

シートは 本皮よりアルカンターラー素材の方が 使い易い(滑らない)

現行モデルのSiドライブはあまり 利用価値は無いのですが ハンドル・パドルシフトが付きました!
これは 大いに欲しい装備です~

3.0Lは玉数有りますので 色々試乗しまくってご検討されては?

インスパイアーからレガシィに乗り換えた物です。

レジェントとは 車の作り方 コンセプトが全く違う車種です。
が レガシィツーリングワゴン3.0Rは 高級車的魅力は少ないですが スポーティーワゴンの上位でしょう。
ATミッションは ホンダ(精機技研製)よりスバル(自社富士重工製)の方が 良いです。

サスペンションは 言わずと知れた ビリュシュタインですので 固すぎずしなやかで 感動物です。
後付とは違い 専用設計の純正装備なので とても良いです。
エンジンは V6はまた...続きを読む

Qレガシィタイミングベルト交換費用

17年式のBPレガシィターボワゴンに乗っています。
今回走行距離が96000kmに達したのでタイミングベルトを交換しようと思い、ディーラーに見積もりを出してもらいました。
その結果が約12万円(工賃51480円+部品代68090円)でした。
過去のQ&A等見て、水平対向の交換は高いというのは分かったのですが工賃が5万円というのは見あたりませんでした。
詳細を書きますので妥当かどうか教えてください。
あと、この見積もりはディーラーで出してもらったのですがどこのディーラーに行っても共通価格ですか?
ディーラーによっても値段が違うとかはあるのでしょうか?
<技術料>
タイミングベルト脱着・交換 31200円
オイルポンプ脱着取付 8580円
クランクシール交換
ウォーターポンプ交換 7800円
カムシール交換 3900円
<部品代>
タイミングベルトアンドラベ 14800円
アイドラコンプリートベルト 6480円
アジャスタアセンブリベルトテ 10100円
アイドラコンプリートベルト 2710円
オイルシール 2480円
シールOリング 560円
シールOリング 700円
オイルシール 380円
シールOリングシリンダブロ 140円
ウォータポンプアンドガスケ 13300円
サーモアセンブリ 1840円
ホース 490円
ホース 450円
ホースクランプ 140円
ホースクランプ 160円
ホースラジエータインレット 1510円
ホースラジエータアウトレット 1630円
クリップ 1080円
クーラント6L 4500円
キャップアセンブリラジエータ 1300円
ベルト交換
ベルト 1660円
ベルト 1680円

17年式のBPレガシィターボワゴンに乗っています。
今回走行距離が96000kmに達したのでタイミングベルトを交換しようと思い、ディーラーに見積もりを出してもらいました。
その結果が約12万円(工賃51480円+部品代68090円)でした。
過去のQ&A等見て、水平対向の交換は高いというのは分かったのですが工賃が5万円というのは見あたりませんでした。
詳細を書きますので妥当かどうか教えてください。
あと、この見積もりはディーラーで出してもらったのですがどこのディーラーに行っても...続きを読む

Aベストアンサー

特に見積りの内容におかしいところは無いようです。
ただ、タイミングベルトの交換だけではなく、走行距離や年式からタイミングベルトを交換する際に同時にやっておけば将来的に工賃が節約できるということを考慮したフルスペックだと思います。

この車の過去の部品交換や点検修理履歴がわかれば、まだ必要の無い交換部品もあるかもしれませんが、スレ主さんが今後この車をどのように乗っていかれるのかを含めて相談されれば省いてもいいものも出てくると思いますが、滅多に分解しない部分ですので、高価でない部品は省かずに一緒に交換しておくことをお奨めします。

ボクサーエンジンは非常に特殊ですし、特にタイミングベルトはいくら新しいものと交換したといっても、長期間保管して劣化した新品のものと交換されたら元も子もありませんので、部品の回転率が高いディーラーでの交換をお奨めします。

通常の走行であれば、10万kmピッタリで切れるわけではないので、次回の車検時に交換されれば、値引が大きくなるかもしれませんよ。

Qスバル車の耐久性ってどうなんですか?

自動車でもメーカーや車種によって耐久性の違いってあると思います。

例えば、あのメーカーはミッションが弱いとか、あのメーカーは電装品がすぐ壊れるとか、あの車種はあそこの箇所がよく壊れる、とかです。

それで言うと、スバル車ってどうなんでしょうか?
やっぱり販売台数からみても小さい会社なので、作りこみや部品の精度なんかにコストはかけていないのか?
それとも車作りにこだわりがあると評価も高いブランドだけに、そのあたりも他社より優れているのか?

自分はMTのレガシィB4ターボの中古の購入を検討しています。
15年・15万キロは重大な故障がないかぎり乗り続けたいのですが、実際
スバル車の耐久性ってどうなんでしょうか?


特に気になる点は
・エンジンのオイル漏れ
・MTミッションの耐久性
・ターボの耐久性
・エアコンや各所操作系、電装系のトラブルのおこりやすさ
などです。

水平対向エンジンはオイルがにじんできやすいのが弱点と聞いたことがあります。
15年・15万キロをシリンダーガスケットの交換などの大掛かりな整備無しで乗り切ることは可能でしょうか?


この他にも、レガシィ以外や、上記の特に気になる点以外でもいいのでスバル車全般の「各箇所の耐久性」について詳しい方や経験のある方がおられましたら教えていただけませんか?

よろしくお願いします。m( . . )m

自動車でもメーカーや車種によって耐久性の違いってあると思います。

例えば、あのメーカーはミッションが弱いとか、あのメーカーは電装品がすぐ壊れるとか、あの車種はあそこの箇所がよく壊れる、とかです。

それで言うと、スバル車ってどうなんでしょうか?
やっぱり販売台数からみても小さい会社なので、作りこみや部品の精度なんかにコストはかけていないのか?
それとも車作りにこだわりがあると評価も高いブランドだけに、そのあたりも他社より優れているのか?

自分はMTのレガシィB4ターボの...続きを読む

Aベストアンサー

乱暴な使い方おせず
規則正しいメンテナンスをすれば 持ちます。15万kmは楽勝ですね
相性の良いオイル 高級でなくてもよいのですが 5千kmを越えぬように交換していけば良いと思います。
自分は車検の度に クーラント、ミッション、デフオイル、ブレーキオイルを交換してます 車検と一緒にやれば安く済みます。
 パワステオイルは車検2回に1回の割合で交換
自分は BG5 GT-Bを 9年9万km ノントラブルでした。

オイル漏れ、にじみは どんなエンジンでも7~8万kmまでに起きるものです N社 SRエンジンオイル漏れで有名です。
メンテナンス性の悪さを言われますが M社デアマンテの横置きV型エンジンのほうが 大変です 
水平対抗エンジンにに慣れてる ディーラー及びスバル専門チューニングショップさん曰く 問題なく出来ますよ!と当然ながら言ってくれます。
エンジン基本ブロック自体 もうかなり古く OHVからの設計変更での進化エンジンです 新型エンジン開発に予算が出せないメーカーですが その分 他社に無いほど長い期間熟成させてきたエンジンでもあります。 

余談ですが 知り合いの大工さん サンバーを32万km走行で使ってます。 国内メーカー内でも 小型車・軽共に 耐久性は高い方でしょう。

車のエンジンピーク 一番調子が良く出る所 T社は 2.7万km位当たり SUBARUは 4.5~5万km位当たりに設定してるそうです
技術者談
このことからも T社は 馴染みは早く来ますが その後下降線だといえます。 車として美味しい期間が短いといえます。
こういわれてみると なるほどと思い浮かぶ事が自分にはあります。

乱暴な使い方おせず
規則正しいメンテナンスをすれば 持ちます。15万kmは楽勝ですね
相性の良いオイル 高級でなくてもよいのですが 5千kmを越えぬように交換していけば良いと思います。
自分は車検の度に クーラント、ミッション、デフオイル、ブレーキオイルを交換してます 車検と一緒にやれば安く済みます。
 パワステオイルは車検2回に1回の割合で交換
自分は BG5 GT-Bを 9年9万km ノントラブルでした。

オイル漏れ、にじみは どんなエンジンでも7~8万kmまでに起...続きを読む

QレガシィBP5の最高時速って??

ちょっと気になってしまったので質問してみました。
私はレガシィBP5 後期のD型(SIドライブ搭載)のspecB  5速AT ツーリングワゴンに乗ってます。   最大出力発生地点である6000rpm と レブリミッと7000迄まわした時の速度が知りたいです。

カタログ値はマイナーチェンジ後 トルク2000rpm/35,0kg   馬力 6000/260ps  の車両です。
参考までに実走値では5速固定で、  80km→1900rpm  100km→2480rpm 130km→3000rpm  の具合にターボらしく好調に上がって行きますが6000rpmのはるか手前 4400rpmの地点で180kmを振り切り測定不能。それ以上先に行きません。
3000rpmで130kmなので単純に倍である最高出力の6000rpm迄回せば260kmぐらい出るのでしょうか?   
よろしくお願いします。
 
   
 

Aベストアンサー

初代レガシィが10万キロ連続走行で平均時速220km以上という記録をたたき出しています。
平均時速なので給油やメンテナンスの時間も含めてのことなので最高時速は持っと出ていたと思われます。

個人的にはリミッターを切れば260kmまで出ると思います。

インプレッサはクロスレシオなので多分250kmくらい。
インプもレガシィも乗りましたがリミッター解除してないので試したことはありません。
ただリミッターの180kmまではあっという間に出ますね。

https://www.youtube.com/watch?v=AC4PPJuDghs

Qノンターボのレガシィの魅力って何でしょう?

レガシィ平成13年TXを中古で購入しようか検討中です。(後は判子を押すだけの段階)


レガシィ関連のHP等をみているとGT系がメインでNAの話題は乏しい様です‥

たしかにGTに比べて加速力は雲泥の差があると思いますがGTにはないNAの魅力を是非教えて下さい。

またNAでもボクサーサウンドはあるんでしょうか?

Aベストアンサー

10年式(3代目の初期)のブライトンに14年まで乗ってました。TXと同じNAです。GTに比べた魅力というと大して無いのですが、レギュラーガソリンで済むので約1割燃費が経済的です。欠点は、加速が悪いこと。横道から街道に割り込むときや山登りで加速せずにあせったことが数回ありました。ただし、高速道路では特に困りません。日常の使用でも全く問題無しです。燃費がいい分、色々な場所に行けたので私はこれでいいかと思っています。
これはレガシー全体の魅力ですが、雨の日の高速道路と雪道では抜群の安定性です。重心の低さが影響しています。但し、アクセルを踏んでいれば抜群に安定しているのですが、ブレーキを踏んだ瞬間に普通の車のレベルに落ちるので、その落差が激しいです。ブライトンにもポテンザの様な高性能タイヤを履かせていたのは、この落差を少しでも埋めるためではないかと推測されます。友達のGTも知ってますがNAもいい車です。
音は、3代目も多少のボクサーサウンドがするのですが、私はあれが嫌いだったので・・・、コメント無し。

Qレガシィ 2.0 GTとGT spec.B(5速or6速)どちらがいいでしょうか?

現在レガシィツーリングワゴン(MT)を購入検討中です。

新車で購入予定ですが、[2.0 GT] or [2.0 GT spec.B]で
どちらにすべきか悩んでいます。

予算的にはもちろん安く抑えたいので[2.0 GT]をと
思うのですが、1つだけどうしても気になる点があるんです。
それはspec.Bが6速という点なんです。

ミッションが5速、6速ではどのように違うのか、
もし6速の方が良いという場合、それだけのメリットがあるのか
といったことを教えていただけるとありがたいです。
他にもGTよりspec.Bはこう違うから良いなどでも構いません。

購入の際はもちろん試乗して決める予定ですが、
MTの運転歴に関してはまともな?MTは教習所の時くらいで、
時々軽トラを運転する程度でして乗り比べてもどちらがいいと
判断できるか不安なため質問しました。


それから納期についてお聞きしたいのですが、
現在少しでも安く購入しようと3月の決算期を狙っています。
そこで実際に納期がどれくらいかかるかによって商談を始める時期も
変わってくるので、大体の納期を教えてもらえると助かります。


以上2点についてみなさんの意見をよろしくお願いします。

現在レガシィツーリングワゴン(MT)を購入検討中です。

新車で購入予定ですが、[2.0 GT] or [2.0 GT spec.B]で
どちらにすべきか悩んでいます。

予算的にはもちろん安く抑えたいので[2.0 GT]をと
思うのですが、1つだけどうしても気になる点があるんです。
それはspec.Bが6速という点なんです。

ミッションが5速、6速ではどのように違うのか、
もし6速の方が良いという場合、それだけのメリットがあるのか
といったことを教えていただけるとありがたいです。
他にもGTよりspec.Bはこう違うから良い...続きを読む

Aベストアンサー

元スバルセールスです。

まず、GTとスペックBは 5速、6速以外にも以下の点が違います。

外装
 ・フロントバンパーの形が結構違います
 ・ホイールサイズが違います。 GTは17インチ スペBは18インチ
 ・ヘッドライトが若干青く色づけされて居ます。

見た目は若い人なら明らかにスペックBを好むでしょう。

5速と6速に関してですが、走り屋さんでもない限り余り気にならないと思います。
何度も乗りましたが、慣れると気持ち6速の方が運転しやすいかなー?と思います。
フィーリングなどに関しては、難しいことを話してもアレだと思うので、完結に・・。
現在のレガシィMTは正直慣れるまでエンストしまくると思います。

3月の決算は確かに狙い目ですが、今現在何かお車をお乗りですか?
下取りが何も無いなら、正直、いつ購入しても同じかもしれません。

値引きをしようと思えば、いつでも出来ます。
3月の決算などで有利なのは、下取り額を高く付けられたりするくらいです。

ちなみに、少しでも安く買いたい場合はご相談ください(笑)
東京ですが、煩わしい商談無しに最安値を出せますよ^^

あと、レガシィは来年フルモデルチェンジするらしいですよ。
もちろんフルチェンジ後は値引きがとても厳しいと思いますが・・・。

元スバルセールスです。

まず、GTとスペックBは 5速、6速以外にも以下の点が違います。

外装
 ・フロントバンパーの形が結構違います
 ・ホイールサイズが違います。 GTは17インチ スペBは18インチ
 ・ヘッドライトが若干青く色づけされて居ます。

見た目は若い人なら明らかにスペックBを好むでしょう。

5速と6速に関してですが、走り屋さんでもない限り余り気にならないと思います。
何度も乗りましたが、慣れると気持ち6速の方が運転しやすいかなー?と思います。
フィーリングなどに関...続きを読む

Qスバルレガシーのターボ車とノンターボ車の違い

車の乗り換えを踏まえての質問になります。現在レガシーツーリングワゴンのGT-B(2代目レガシーのターボ車に乗っており5月頃に現行のレガシーツーリングワゴンに乗り換え予定です。できれば同じグレードのターボ(GT )がいいのですが予算から言ってノンターボ車になりそうです。

スバルの車でターボ車からノンターボ車に乗り換えた方もしくは周りの友達でそういう人がいたら実際やはり物足りなかったのか、それほどでもなかったのか?ぜひ経験談をお伺いしたいと思います。ちなみに私は飛ばし屋ではありませんが次に買うのもマニュアルシフトです。特にレガシーツーリングワゴン、インプレッサなどの経験談だとうれしいです。。このご時世なのでハイオクからレギュラーガソリンに変わるのは長い目で見るととても重要な事項です。よろしくおねがいいたします

Aベストアンサー

 初代レガシィワゴン(BF5)のGT → 3代目レガシィワゴン(BH5)のTStypeR → 現行レガシィワゴン(BP5)の2.0iを乗り継いでいます。
 その他にも車検や修理時の代車でBH5のGT-BやBP5のGT,2.0R等に数日から1週間程度の試乗経験があります。ちなみに全てATです。

 ま、加速性能についてはそりゃもう天と地ほどの差があります。サスも良いので車として総合的にはターボの方が金をかけただけのことがあるのは当然です。
 ですが、これらの車に乗った後で自分の2.0iに乗ってもまったくといっていいほど「乗り換えたい」という気にはなりません。前のBH5のTS-Rに乗っていた時は、試乗車から自分の車に乗り換えるとけっこうゲッソリした気になっていたのですが・・・

 現行の2.0iは、車としては非常に良い仕上がりだと思います。
 エンジンも、BH5のDOHCで155psだったエンジンと今のOHCで140psのエンジンを比べても、低回転から高回転までの全域でトルク、パワー共に今のOHCエンジンの方が上だと感じます。スペックでは劣っていますが。
 街中では交通の流れをリードするのに十分な力を持っていますし、高速や峠でパワーが欲しい時も、回せばちゃんと要求したパワーは出してくれます。レッドゾーンまでストレスなく回るし、それなりのパンチ力すら見せてくれるので、実用エンジンとしては文句の付けようがない良いエンジンだと思いますし、走るのが好きな人にとっても「意外に楽しませてくれるエンジン」です。

 足回りもGT系ほど良いパーツは使ってないのですが、それでも他社の2Lクラスと比較すると非常に贅沢な造りですので、峠で少し振り回してやるくらいの走りにはお釣りが来るほどついてきてくれます。
 私は昔、二輪とカートでのレース経験があるのですが、そのせいかGT系よりフロントが軽い2.0iや2.0Rの操縦性の方が好みですね(2.0Rはなくなってしまいましたが)。

 現行型ももう5月にはフルモデルチェンジしてしまうので、現在は装備面ではほとんどGT系と2.0iの差はなくなっています。
 今のこの時期に現行型レガシィは非常に良い時期かもしれませんね。

 ちなみに燃費は、片道50kmほどの通勤で12km/Lほどです。渋滞した市街地も一部含んでますが、まあ郊外の道が主体という比較的好条件です。
 高速では、抑えて100km/h前後に抑えて走ると、14-15km/Lまでは伸びます。私はそこまで我慢したことはありませんが、我慢しきると17km/Lもあり得る、と思います。15km/Lを記録した時もけっこう追い越し加速などは遠慮せずにガンガン踏んでましたから。
 高速をかなりのハイペースで飛ばしても(ここでは書けない速度・・)、12km/Lを下回ったことはありません。

 初代レガシィワゴン(BF5)のGT → 3代目レガシィワゴン(BH5)のTStypeR → 現行レガシィワゴン(BP5)の2.0iを乗り継いでいます。
 その他にも車検や修理時の代車でBH5のGT-BやBP5のGT,2.0R等に数日から1週間程度の試乗経験があります。ちなみに全てATです。

 ま、加速性能についてはそりゃもう天と地ほどの差があります。サスも良いので車として総合的にはターボの方が金をかけただけのことがあるのは当然です。
 ですが、これらの車に乗った後で自分の2.0iに乗ってもまったくといっていいほど「乗り...続きを読む

Qスバルの宝刀水平対向エンジン。 トラブルはどういうの??

こんにちは。

ふと思ったのはスバルの水平対向エンジンなのですが、良くあるトラブルや、燃費、維持費などを教えてください。
そのほか特徴なども教えてください。

エンジンは2000ccのターボです。

Aベストアンサー

BG5 GT-Bに9年乗ってました。
BE5RSKも約5年ノントラブルです。

良くオイル漏れが酷いとか言われますが 使い方やオイルメンテの問題だと思います 自分の場合7万km7年で 車検時タペットシールガスケットからオイルが少し滲んでるけどといわれ 酷くなって修理も面倒なので 車検で交換してもらいました
7万kmなら普通どんなエンジンでも出る問題早くはない 
日産SRエンジンなんて2万km走らずオイル漏れ 酷かったです。
修理代 工賃は狭いやり難い面少々UP 部品も水平対抗で低重心なので仕方ないでしょう SUBARU乗りなら納得です。
左右にシリンダーが分かれているので 約2倍と言う感じになりますが 
しかしV型エンジンもこれは同じ事です。(V型横置きの運転席側なんてもっとやり難く作業困難)
ダイレクトイグニッションも9万km故障はなしですねー
プラグキャップについているので 素人や大型量販店のPIT作業で
外す際に壊すことが原因では? 慣れない人には触らせてはいけません

レガシィ、インプ、フォレ 皆改造される方が多く 本人の認識は無くいじり壊している場合が多く感じます。

故障回避維持方
無意味な改造をしない 社外部品を装着の場合メリット以外デメリットを理解し そのデメリット改善策も取る(マフラー交換→ECUセッティング+プラグ交換+アーシング施工)
メンテナンスを正しく行う エンジンオイル3~5千kmまたは半年以内で絶対交換 乗り方によりますが固すぎるオイルを入れない
車検(2年毎)ミッション(ATF)、デフ、クーラーント。ブレーキー、パワステオイルの交換を行う事 純正でまとめて車検時依頼すればなら安いです。
数分でも暖気し エンジンを安定した状況にして走り出す(いきなり飛ばさない)初め徐々に走り2km程度走ってから 通常走行すれば エンジンに優しいと考えます。

大事に思って扱えば ぶっ飛ばしてもそう壊れません
少々お金が掛かりますが 2倍なんて掛かりません メンテをしっかり行えば 乗って楽しい飽きない SUBARU車水平対抗エンジンが味わえます。 

BG5 GT-Bに9年乗ってました。
BE5RSKも約5年ノントラブルです。

良くオイル漏れが酷いとか言われますが 使い方やオイルメンテの問題だと思います 自分の場合7万km7年で 車検時タペットシールガスケットからオイルが少し滲んでるけどといわれ 酷くなって修理も面倒なので 車検で交換してもらいました
7万kmなら普通どんなエンジンでも出る問題早くはない 
日産SRエンジンなんて2万km走らずオイル漏れ 酷かったです。
修理代 工賃は狭いやり難い面少々UP 部品も水平...続きを読む

Qスバルのビルシュタインって実は国産メーカー製?

とあるサイトのカキコミで
「スバルの(レガシーの?)ビルシュタインは国産で、○○○(メーカー名)で作ってる」
というのを見ました。しかも文脈ではあまり評価の良いメーカーではない様子。
本当ですか?
確かに、結構前からレガシーにはビルシュタインを装着してますし、最近では他のメーカーもグレードによってはビルの足を持っているのもあります。純正でビル足のくせに車両本体価格で考えると、異常に安いと思いますが。
ちなみに、同様でスバルのマッキントッシュもクラリオン製とか。
知っている方、うわさを聞いたことのある方。教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは、ご質問の日本製ビルシュタインの話ですが、国内OEM(他社向生産)はトヨタMR2に設定されていたビルシュタイン車が最初で、製造メーカーはカヤバです。安く作る為にオーバーホール及び、リセッティングが出来ない使い捨て仕様でした。現在スズキの一部車種などに採用されています。ちなみに、私はスバルのレガシーRSターボ(BD)に乗ってますが、しっかりゲルマニィーの刻印がありオーバーホールとリセッティングも数回しています。国内製かドイツ製か、調べる方法として国内でビルシュタインのメンテやオーバーホールのサービスを一手に引受けてるエナペタル社に車種とグレードを問合せてみると良いかも知れませんね。

Qターボ車に乗りたいです。スバルでは速いのはインプレッサですか?どの程度

ターボ車に乗りたいです。スバルでは速いのはインプレッサですか?どの程度駿足なんですか?ちなみにレガシーとフォレスターはどっちがどの位出だしを含めて速いですか?

Aベストアンサー

仕事関係で様々なスバル車に乗り、
レガシィとインプレッサを所有しました。
現在はインプレッサWRX STI SpecCを所有しています。

スバルは昔から四駆とターボを採用していて、
その熟成した技術による極めて高い走行性と安全性が魅力です。

主観的に思うというだけでなく、
客観的にも世界各国で評価され、
様々な試験に合格し多くの賞を毎年受賞し続けており、
小さな会社ですが世界トップクラスの車を作るメーカーです。

速さを求めるのならインプレッサSTIがおすすめです。

ファミリーカーをベースとしていますが、
中身は大変硬派なスポーツカーです。
その生い立ちはWRCで勝利するため、
過去ランエボと切磋琢磨のシーソーゲームを繰り返し、
FMC、MCの度に走りの性能を極限まで高めた車です。
その時点で世界的な頂点に存在する指標と言える車です。

スバルの思想は最高の運動性能こそ最高の安全に結びつくというものです。
速いからといって危険というわけではなくむしろ安全性も高くなっています。

インプレッサSTIは走るために生まれた車です。
過去の旧型は重量が軽かったりエンジン特性にもより体感的にも速かったですが、
現行型では非常に繊細にしなやかに仕上げられており、
気が付くとこんなにスピードが出ていたというような感じです。
もちろん法定速度内でコントロールしても十分楽しめます。
車のレベル走りのレベルが相当な高みにあります。
いずれにせよ手綱を握るドライバーの意のままですから自覚が必要となります。

実質的な速さやフィーリングはYOUTUBEやサーキットレコードなどをご確認ください。

スポーツカーが少ない現在では、
本格的に走るハイスペックなターボ車は条件によりランエボとインプSTIしか選択肢が無いと言えます。

フォレスターはインプレッサのコンポーネントを使用してSUVにした車です。
レガシィはGT、クルーザーとしてつくられた車です。
フォレスターのほうが好みに合うと思います。
ちなみにフォレスターSTIも存在しています。

速さから入っても、
それだけではない懐の深さを十二分に享受できる車がスバルの最高のスポーツモデルSTIです^^

http://www.youtube.com/results?search_query=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B5%E3%80%80STI

仕事関係で様々なスバル車に乗り、
レガシィとインプレッサを所有しました。
現在はインプレッサWRX STI SpecCを所有しています。

スバルは昔から四駆とターボを採用していて、
その熟成した技術による極めて高い走行性と安全性が魅力です。

主観的に思うというだけでなく、
客観的にも世界各国で評価され、
様々な試験に合格し多くの賞を毎年受賞し続けており、
小さな会社ですが世界トップクラスの車を作るメーカーです。

速さを求めるのならインプレッサSTIがおすすめです。

ファミリーカーをベースとして...続きを読む


人気Q&Aランキング