お世話になります。
今日、ジャイアントパンダの死亡が報道されてましたが、37年前に中国からやってきた、といいながら、死亡年齢は22歳7ヶ月というのはどういうことなのでしょうか?
些細な質問ですがよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

リンリンが初来日したのは1992年だってさ。


1972年にやってきたのは「ランラン」と「カンカン」

37年前に中国からやってきたのは別のジャイアントパンダで、だいぶ前に死んでる。
お前の勘違いっつうことやな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう訳なんですね(笑)
あざ~ス☆

お礼日時:2008/05/01 01:09

はじめてパンダが日本にやってきてから37年目、という意味だと思います。


ずっといたパンダが上野動物園からいなくなってしまったと言いたいのではないかと。
下記の記事を見ても、当時のことを知らないと少しわかりにくいですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080430-00000 …

1985年生まれのリンリンが日本に来たのは1992年。
はじめてパンダがやってきた年から20年たった頃のことでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど☆
ご回答ありがとうございました。
ポイントは順番で付けさせていただきました。

お礼日時:2008/05/01 01:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれは泥棒か動物のどちらの仕業だと思いますか? 外で水槽で魚を飼っていたのですが、昨日夜22時ぐらい

これは泥棒か動物のどちらの仕業だと思いますか?

外で水槽で魚を飼っていたのですが、昨日夜22時ぐらいにガタガタと外から音がして行ってみるとだれもいなかったのですが、朝魚がいなくなっていて、水槽のライトが水槽の中に落ちてる状態でした。家族は猫が食べたって言うのですが、猫がそこまでするのかわからないので、皆さんはどう思いますか?

Aベストアンサー

高級魚だけ居なくなったのであれば、人間の仕業ですね

Qジャイアント南米モス

名前の通り、大きくなった南米モス?ウィローモスの三角葉?
ウィローモスから南米モスに変更途中で見つけました、南米モスの柔らかい感じが気に入っているのですが、育成環境等も関係するのでしょうか?

Aベストアンサー

南米ウィローモスの形が変わってしまったということでしょうか??
光が足りなかったりしたら、南米モスの特徴である三角葉がウィローモスのようになってしまうかもしれません。

それともジャイアント南米モスというものが売られていたのでしょうか?
南米モスといっても、何種類か存在するようです。

http://aquagreen.main.jp/QandA/AquaPlant_MossSankaku.htm

Q中国のパンダ

なぜあんな大金を払ってパンダを買ったんですか?
教えてください!

Aベストアンサー

皆さんの回答のように年8000万の10年レンタルですね。

年8000万+餌代=年1億強でしょう。
上野動物園は東京都の所管です。パンダ人気にあやかれば、地方からの観光客や入場料で、東京都全体の税収入がプラスになるのははっきりしています。都の事業とすれば新東京銀行(だっけ?)経営の赤字を埋めるかも知れません。

Qコアラとパンダ

戦ったらどっちかつ???

Aベストアンサー

パンダ
 奴らは肉も食いますよ

Qパンダ出目金の病気について

一緒に暮らしてるパンダ出目金さんが弱っています。

病気の様子は…

3月程前に尾くされ病になり、グリーンFゴールドで薬浴しました。
尾びれも回復したので元の水槽に戻しました。
ひと月位すると尾くされ病が再発してしまい、再び薬浴しました。
初回の発病時に比べ、尾びれの回復は遅かったものの、何とか形も治ったので元の水槽に戻しました。
するとすぐに尾が切れ切れになってしまい、3度目の薬浴をしました。

薬浴も十分行い今は薬も薄い状態です。現在尾びれのギザギザは無くなったものの、長さがいっこうに回復せず泳ぎにくそうです(*_*;

そして数日まえから、水槽の底でよく横たわっています。
食欲はあります。
餌やり時に水面に上がってきたくても、尾びれが原因なのか、クルクル回ってしまい上手く水面にこられません。とにかく金魚自身、思う方向に泳げないみたいなんです。

金魚の病気について知識がないのですが、大事な金魚なので、勉強して責任を持って助けたいです。

まだ薬浴をしないといけないですか?

できれば『原因』とアドバイスを頂けませんでしょうか…

Aベストアンサー

処方箋は間違いはありませんが、腐敗症は細菌が生き延びていますので、鰭腐は治まっても鰓腐や炎症を併発します。短期間での処方では対応はできませんので、他にデメキン以外に飼育しているのならば直ぐに隔離しないと駄目です。潜伏期が長く、気が付くと全滅になりますので参考までに。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報