人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

3年前、鬱病のようになり、生きる気力を全く失って何をやってもうまく行かなかったときに、ある新興宗教をすすめられ、お経を1ヶ月ほど毎朝1時間かけて読んでいるうちに不思議と活力が戻りました。自分の先祖をたどれるだけさかのぼって、先祖の霊をおまつりするのです。その間に購入した、お数珠、経典、先祖の霊が入っているという仏壇などなど、今となっては不要となってしまいました。
かといって、あのころのことを思うとやはりとても感謝しているし、とてもそれらのものを無下に捨てることはできないです。いわゆるあくどい宗教ではなかったし。はっきりいって、これらのものの処遇に困っています。いいかげんな扱いもできないけど、部屋に飾っておくのも違和感があるのです。こういうものを、その宗教と関係ない、自分がふだん行く近所の神社やお寺などで燃やしてもらうのもよくないことですよねえ?
どなたか、アドバイスいただけませんか?

A 回答 (3件)

 その新興宗教のところへ行って、事情を話して、どうしたらよいかをたずねるのが一番と思います。


 それを聞いた上で、自分で考えて、行動されるのが良さそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どこかで逃げようとしていたのかもしれません。
最後は自分で考えて行動する。
それしかありませんね。
その為にもきちんとした宗教であれば私の気持もわかっていただけるのかなと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/07 13:47

私は宗教は古いか新しいかということに関係なく信じない方ですが、chamaru37さんの場合は相性が善かったのではないでしょうか?



>自分がふだん行く近所の神社やお寺などで燃やしてもらうのもよくないことですよねえ?

ふだん行くといっても近所と云うだけで信心されてない神社やお寺で、仏壇を燃やしてしまうと言うのも奇妙な話だと思います。

過去に宗教に頼った方は今後全然ないとは云えないでしょう・・・ましてや燃やしてしまってから後、たまたま自動車事故等と

いうこともないとは限らないし、10年位は布でも掛けてしまっておき何かの時には、思い出してみてもよいのではと思いますが。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通りですね。
自分の目の前から単に処分したい為に
燃やすようで、あとあときになるにちがいありません。
もう少し考えて見ます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/07 13:38

まずは、入信した宗教団体の人に相談してみてはどうですか?


普通、仏壇とかを処分する場合は「魂抜き」とかいうものをした後で処分するようですけど・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。
怪しい宗教でなければ、正直に話せばわかっていただけるのかもしれません。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/07 13:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新興宗教の経典や数珠の処分の仕方

長年の友人より、ひょんなことから、先祖供養のためにと、戒名と数珠、経典などを頂きました。友人はただ、私の事を心配してくれたのだと思います。特に宗教に勧誘されるわけでもなく、ただ、祈れば少しは気も紛れるだろうとのことでした。調べますと、立正佼成会のようですが(詳細は友人の口からは聞いておりません)。その際は、友人の心を優先に、とりあえずいただきましたが、実際持ち帰ってみましても、私に宗教心はなく、また、家族がいる中で、仏具のようなものを置く場所もございません。どれだけ友人に返そうかとも悩みましたが、これまで、お互いに精神的に助け合ってきた仲を思いますと、一度頂いたものを返すのも気が引けまして。友人とは、以前は家が近いこともあり、頻繁に家を行き来しておりましたが、今は私が引っ越したこともあり、年に一度、訪問しあえれば良い方です。もっぱら電話やお手紙でのやりとりが多くなってはいますが、まったく家に訪れてこないわけでもありませんので、勝手に処分しましても、発覚したときのことを思いますと、処分できずにいます。

最初から受け取らなければよかったのですが。私の蒔いた種とはいえ、今回の件におきましては、どう処分したら一番角が立たないか、また、気持ちの上で、先祖や家族などに支障がないよう処分できるのか、頭を悩ませている毎日です。

大変勝手な相談と、本当に恥ずかしい思いですが、皆様、どうか良いお知恵を授けてくださればと存じます。よろしくお願いします。

長年の友人より、ひょんなことから、先祖供養のためにと、戒名と数珠、経典などを頂きました。友人はただ、私の事を心配してくれたのだと思います。特に宗教に勧誘されるわけでもなく、ただ、祈れば少しは気も紛れるだろうとのことでした。調べますと、立正佼成会のようですが(詳細は友人の口からは聞いておりません)。その際は、友人の心を優先に、とりあえずいただきましたが、実際持ち帰ってみましても、私に宗教心はなく、また、家族がいる中で、仏具のようなものを置く場所もございません。どれだけ友人に...続きを読む

Aベストアンサー

先祖にはすでにお墓や葬式の時に戒名などをいただいた宗派があるはずなのですが、
新たに別の宗教を始めて供養をすると言われても、先祖も困るだけでしょうね。

簡単に言うと支障などありません。出来たら、燃やした方が良いので、燃えるごみに出せば済む話です。
罰が当たるとか全然ないです。気になるなら、処分お願いしますと言って、お寺にでも持って行くとかすれば良いでしょうが、自分で処分するにしても完全に燃やしてしまう事をお勧めします。

先祖とは別の宗派の戒名などをもらっても意味が無いです。
友達には、実家や先祖と宗派が違うと喧嘩するから、良くないと言われたと言えば良いのじゃないかな。
戒名や経典など、いつも友達の目に届くところに置いてないだろうし、訪問されても気がつかないのじゃないでしょうか。その宗教に入信している訳じゃないから、そんなに気にしなくてもいいでしょう。

新興宗教を新たに始めるのは、何かと要注意です。

Q創価学会の人かどうかの見分け方を教えてください。

事情で、創価学会の人とできるだけ関わりたくありません。
(詳しくは書きませんが、かなり迷惑を被っています。)
これからいろいろな人と知り合いになると思いますが、
創価学会の人かどうか見分け方がありましたら、
知っておきたいです。

ちなみに自分なりに考えたのが、
・どこの新聞をとっているか聞く
・どんなスタイルの結婚式を挙げたかを聞く
(神式、キリスト教式だと大丈夫かも)  です。
最近知り合った人には、さりげなく聞いてみて一安心でした。

たまたま私の知り合った人が熱心すぎる人だっただけで、
学会の人全てを否定しているわけではありませんが、
この事にかなりナーバスになっていますので、
学会の方はお気を悪くされないで下さいませ。
あと、学会の批判ではなくて、見分け方のみご回答願います。

Aベストアンサー

学会会員です。比較的簡単な見分け方は.

1.死者がいないのに(紙製の)仏壇を持っている
2.木製の仏壇の場合は.つくりが派手(他の宗派の場合には.分家したときに作った仏壇をいつまでも使いつづけるので.結構古い物が転がっています)。
3.お守り.破魔矢.熊手.達磨等の縁起物を持たない・買わない(私のような例外もいますが)
4.命日など家族で遠距離の墓参りに行く。(近所の宗派の方は.命日の近くの都合のよい日に出かけます。)
5.若い人のばあいには.「宗教の話をする」。今の若い方々は.宗教関係に興味を持たないのが大多数ですから。
6.夕方特定の遊びまわるわけでもないのに集まる(勉強買いです)。若い方の場合には.酒飲んでカラオケで騒ぐのが普通ですが.これをしない場合です。
7.宗教(日蓮)関係のわけのわからない本がある。

Q霊友会ってどんな宗教ですか

母が最近、霊友会という宗教に入ったらしく自分の部屋でお経を読んだりしています。私の家は昔からの日蓮宗大谷派で私の父はお寺の総代も務めた人です。そんな中、父がいなくなった寂しさもあるのだと思いますが、母は話し相手ができて楽しいと言っています。只私の妻がそういう宗教が全く嫌いで受け付けません。仏壇がありながら違うお経を唱えている母を見ると悲しくなります。
霊友会とはどんな宗教なんですか?人の話しによると仏壇も往く往く取られてしまうとも聞きました。妻がお父さんが天国で悲しんでいると毎日家な中が重苦しいです。
ご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

以前、私の身内も霊友会に入会していた関係で
私も活動をしていたことがあります。
# 今はまったく活動していないです。

霊友会は、ご先祖様の供養を行う宗教法人です。
東京の六本木に「本部」と呼ばれる
巨大な釈迦殿(しゃかでん)があったり、
伊豆大島の法の山の中にも何泊かして泊り込みで
修行をするような場所「弥勒山」(みろくさん)があったりします。

活動の内容などは「支部」によって違うようです。
私がいたのは「第26支部」と呼ばれている支部で
もっとも「霊友会らしい」と呼ばれていたらしく、
下記で詳述する「導き」に最も力を入れていました。

この霊友会では、世に言う勧誘活動を「導き」と呼びます。
26支部の場合は、誰か一人を導くことで(つまり入会させることで)、
ひとりのご先祖様を成仏させることができるという考え方で
活動を行っていました。
26支部の方ならみな、ある1枚の紙を持って活動していると思います。

自分自分の罪や咎(とが)は、過去のご先祖様から
未来の子孫に永遠に続くのである。
それが導きによって救われるのだから、これはありがたいことである。

というような感じの内容です。
つまり、導きという勧誘活動によって、
自分の先祖供養や、自分自身が背負っている罪や咎を
なくしていこうという考え方です。

私が思うに、世間を騒がせている様々な宗教と比べると
かなりおとなしめの宗教法人です。
高価なつぼや鏡を買わされたりすることはありません。
月会費も1ヶ月一人500円です。
日本最大の別の宗教法人では、お布施(要するに寄付)の制度をとっているそうで、
「金額=気持ち」の表れとされているのとは対照的です。
なぜなら、俗世間の金額が必ずしも信仰心の表れではなく、
また経済的に苦しい人たちでも活動できるように、との考え方から
そうなっているそうです。

お母様は、おそらく亡くなられたお父様のために始めたのだと思います。
おそらく、毎日(かな?)、唱えているお経とは
「あおきょうかん」と呼ばれるもので、
表紙には「朝夕のおつとめ」と入っていませんか?
# まあ見る気も起きないと思いますが…。
それが霊友会の基本的なお経です。
他にも私が知る限り3種類あります。
それは、「導き」によって入会した人がいっぱい増え
それによって自分の苗字を冠した「準支部」や「支部」を
作れたりしたときに読むようになるお経です。
(入会した人を子と呼びます。入会させた人を親と呼びます)

その親(つまり入会させた人)をさかのぼっていくと、
必ず「○○支部」のように
ある方の苗字を関した「支部」の支部長と呼ばれる方がいます。
たとえば、田中さんなら「田中支部」のような感じです。
そのような方のところで月1回程度「法座(ほうざ)」と呼ばれる
会合を行います。
みんなで支部長宅の仏壇(霊友会の仏壇も法座呼ぶのです)に向かって
お経を上げ、それが終わると
みなで導きの状況や、自分の体験談を報告しあいます。

おそらく、上記で私の知っていることは書き尽くしたと思いますが、
要するに、「お経を上げる」ことと「勧誘活動」の2つが
基本的な活動内容です。
決して人を拉致したりはしません。

私の場合、母親の強い勧めによって
強制的に入会させられ、勧誘活動もさせられましたが、
# 社会人になってからはしていないです。
こういう場合、自分から「やる」と決めた人間を諭すのは
相当難しいです。
ご本人が飽きるまで放っておくのが一番かと
経験上思います。

長文、失礼いたしました。

こんにちは。

以前、私の身内も霊友会に入会していた関係で
私も活動をしていたことがあります。
# 今はまったく活動していないです。

霊友会は、ご先祖様の供養を行う宗教法人です。
東京の六本木に「本部」と呼ばれる
巨大な釈迦殿(しゃかでん)があったり、
伊豆大島の法の山の中にも何泊かして泊り込みで
修行をするような場所「弥勒山」(みろくさん)があったりします。

活動の内容などは「支部」によって違うようです。
私がいたのは「第26支部」と呼ばれている支部で
もっとも「霊友...続きを読む


人気Q&Aランキング