【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

売掛金管理業務担当者の具体的仕事内容や、
携わっていての感想(好きな点・ストレスな事etc.)と
求められるタイプやこの業務に向くタイプなどをお聞かせ下さい。
大まかな流れは分かっているつもりなので、
担当者としての業務の進め方ややり方などをお願いします。
Ex.でよく使うスキルもお願いします。

関連して、請求書発行に関してもお願いします。

請求書発行~売掛金回収の一連の流れを担当する場合、
一般事務・営業事務・経理事務の内
どの職種に分類されることが多いですか。
会社によって違うと思いますが、
比較的よく使われる職種名から業務に自分が向いているかなど
判断材料の1つにできたらと思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「売掛金管理業務」とひとくちに言っても、その具体的業務内容は、会社ごとに異なります。

したがって、一般的にいえば、売掛金発生・確定~請求~売掛金回収~催促・督促~貸倒設定という、売掛金に関する一連の流れの全部または一部の業務をおこなう、ということになりましょう。

具体的に何をおこなうか(例えば、発生の有無の確認、伝票の起票、伝票の入力、請求書の作成、請求書の送付、回収状況のチェック、催促状の作成、催促状の送付、催促の電話の入電その他)は、これも会社によりそれぞれでしょう。

担当者に求められるスキルは、入力作業等のPCとの格闘が主な仕事か、社内連絡等が多くあるか、得意先とのやり取りが生じるかなどにより異なるでしょうから、何ともいえません。

また、エクセルでよく使うスキルも、その会社で売掛金に関してエクセルをどのように利用しているのかによるので、会社に問い合わせるほうが早いのではないでしょうか。仮に就職活動等であれば、自分はどういうことが出来るのかを示すほうが良いのではないか、と思います。

それから、請求書発行~売掛金回収を担当する職種は、「一般事務・営業事務・経理事務」の3部門に分かれている場合には、営業事務または経理事務になることが多いでしょう。このどちらがより多いのかについては、統計データを存じませんので、分かりません。なお、財務部門があるときは、売掛金回収については財務が担当していることもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速有難うございます。今回はある求人を見て質問しました。

その求人や問い合わせた結果は、
主に回収状況チェックということでした。
・期日までに入金されているか、なければ担当営業に連絡する
 (得意先とのやりとりは営業がするみたいです)
・売掛金を管理する為会社独自の専用端末とは別に
 エクセルで自分で表組みして管理する、
・翌月に未回収の繰越がある時は所属長に説明ができるようにする、
・請求書は、専用端末から出力したものをチェックし発送する、
・エクセルでは、SUMやAVERAGEなどはよく使うが
 IFやVLOOKができると嬉しいというニュアンスでした
・大手メーカーの関連会社の求人で取引業者は150社位とききました
・売上計上は担当外
・手形や小切手の管理や銀行への持込、現金の受け渡しもある
・スピードをつけていくことが望ましく、補助的な仕事ではない
・経理補助として仕訳も含まれる
・派遣会社への要望 (派遣求人です) は、派遣元営業によると
 エクセルが得意で経理に興味のある人、メンタルが強い人らしいです。
・総勢3~4名の部署で、今回の業務は1人で担当です。

私は、売掛の管理経験がなく、
経理事務として買掛金に関して携わった事がある程度です。
それも、仕入の請求書を1社1社点検するのは別のA部署で、
点検されたものを会計ソフトに業者ごとに計上したり、
A部署の指示通りに支払処理をしたり、
年度末に買掛金残高が取引先と相違があれば
A部署に相違額を伝えるだけ(何処か違うか等の精査はA部署)でした。

売掛は買掛の逆とはいえ、
支払う側よりも売上に関わるという事で苦手意識があります。
また、派遣仲間が口を揃えて
「売・買掛金管理や消し込みはやめた方が良い」
「支払う方はまだしも受け入れる方(売掛金)は、
 きっちりスムーズに業務や消しこみが進まない」
「その割に、残業が多いし、仕事の幅が広がるわけではない」と言います。
今回の求人も残業が20時間以上あります。

私自身も、営業事務に向いた性格ではないので躊躇している所です。
少し派遣元営業に過大評価されていると感じる部分もあります。
入ってみないとこれ以上の事はイメージできないかもしれませんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/01 14:29

売上高を確認し売上伝票をもとに請求書を作成するとともに帳簿を作成し未収残高を確認する業務です。

また、入金が遅い場合は催促の電話等を行います。営業事務に属する業務です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり営業事務的な要素が強いんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/01 14:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

売掛金」に関するQ&A: 買掛金、売掛金とは?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実務での売掛金、買掛金管理ってどんなことをするのですか?

もし、HPなどもあれば教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 通常売掛金の場合は、売上の発生と入金の追跡となります。たとえば

   ×年     ○○株式会社       
 日 付 摘  要 売上金額  入   金 残  高  
○月○日 商品売上 ×××円      ×××円
○月○日 入  金        ×××円 ×××円
(この書式のパターンは業種、業態、会社によって違います。)

というように相手先ごとに時系列にそって売掛金残高を追跡していくものになります。相手からくる請求書は、伝票ごと個別請求となっていなければ

前回請求 ご入金 繰越額 今回お取引額 消費税 今回ご請求

 などとなっていると思いますが、支払いサイト1ヶ月の場合こちらが支払った「ご入金」の額の記載はたいてい請求書発行のタイミングのずれで遅れます。「今回ご請求額」の通りに支払ってしまうと、残高がくるうおそれがありますのでご注意を。

 決算時には残高証明をとったりしますが、常に相手との間に売掛金の差がないように管理していく必要があります。中には商品違い、容量違い、返品、約定値引きの情報の経理への未到達、金融機関を通す場合の振込手数料の計算違いなど違算が発生する要素はやまほどあります。それをリアルタイムで訂正をかけないと、一日放置すれば解決はそれだけ難しくなります。一週間の放置でほぼ解決は不可能となる恐れが大きくなります。このあたりが売掛金管理の仕事の本質かと思います。
 
 大事なのは訂正の内容が業務上公的なものであるのか、その保証を確保していくことです。つまり担当者が勝手に計算が合わないからと言って、値引きを起こしたりしてしまえば場合によっては、横領と同じような扱いをされることがあります。訂正処理についていつ誰から指摘を受けてもきちんと説明できるようにその内容についてメモを残すなどして、明白な状況にしておくことです。

 買掛金のほうはこの作業の逆となりますが、売上台帳や仕入台帳を別に作って、売掛台帳や買掛台帳にはその伝票番号で行をまとめて記載することもあるかと思いますが、携わっていらっしゃるご商売の規模ややり方によってお決めになればよいでしょう。

 むろんこれらの作業は機械的な作業ですので機械(パソコン)にやらせてもよいとは思いますが、相手先への問い合わせや交渉、社内での調整は人間にしかできません。機械と人間の仕事の分担をはっきりさせるためにも、業務にパソコンを使うことに関するさまざまなスキルはしっかり身につけてください。

 こういった事務作業で成否を分ける一番重要なことは、処理の徹底的な日常化・定型化ということです。売上処理の転記を一回忘れれば、残高はそれ以降ずっと狂ってきます。PCのプログラムでやってしまうほどのスキルがおありなら別ですが、処理の徹底した日常化、定型化はとても大事なことです。一つ一つの処理は簡単でだれでもできますが、それを毎日毎日正確にこなしていくことができてこそ企業実務のプロと言えます。

 社内の基幹ソフトに販売管理をさせているならその機能を徹底的にしることも大事です。その際に基幹ソフトが使いにくいとかエクセルなら簡単だとかなれるまでは決して口にしてはいけません。あいつなら大丈夫だと仕事を任されるようになって初めて提案すればよいことです。

 通常売掛金の場合は、売上の発生と入金の追跡となります。たとえば

   ×年     ○○株式会社       
 日 付 摘  要 売上金額  入   金 残  高  
○月○日 商品売上 ×××円      ×××円
○月○日 入  金        ×××円 ×××円
(この書式のパターンは業種、業態、会社によって違います。)

というように相手先ごとに時系列にそって売掛金残高を追跡していくものになります。相手からくる請求書は、伝票ごと個別請求となっていなければ

前回請求 ご入金 ...続きを読む

Q売掛金の照合又は管理方法に「ついて

我が社では売掛金の管理をシステム課が作った自前のシステムで管理
しています、そのシステムから出力される売掛金台帳(我が社は月末締め)と営業が得意先に送った請求書のコピーとをつけ合わせして
残高照合を200社位手作業でやっています。
我が社は月末締めで得意先の検収締めが20日とすると当然締め日のズレによる照合はやらなければならない作業だと思いますが、請求書を都度請求で発行したりしている得意先などもあり、この作業に多くの時間を
要してしまいます。
中には15日や20日締めの得意先などがあり入金されてくる日もまちまちです。入金されてくる金額が正しいかどうか把握する為に、この作業をやっているらしいのですが今度私が担当になってしまいました、私は経理初心者なのですが、上司に相談したところシステム課に提案してこの作業をなるべく簡素に出来るところはオートマチックにしてもらうように提案書を作成してプレゼンしろと言われました。
しかし私の知識が浅くプレゼンの資料が作れません。
皆さんの会社ではどの様に売掛金の照合・管理をなさっていますか?
やはりどこも我が社と同じようなことをしているのでしょうか?
なにしろ私はこの時代に手作業でチマチマするのが嫌です。
自分なりに勉強したのですがやはり作れません、ずるいかもしれませんがどなたかプレゼンの資料の見本など参考に頂けると大変助かります。
どなたかお願いします助けてください。

我が社では売掛金の管理をシステム課が作った自前のシステムで管理
しています、そのシステムから出力される売掛金台帳(我が社は月末締め)と営業が得意先に送った請求書のコピーとをつけ合わせして
残高照合を200社位手作業でやっています。
我が社は月末締めで得意先の検収締めが20日とすると当然締め日のズレによる照合はやらなければならない作業だと思いますが、請求書を都度請求で発行したりしている得意先などもあり、この作業に多くの時間を
要してしまいます。
中には15日や20日締めの得意先などが...続きを読む

Aベストアンサー

プログラムの専門家ではありませんので参考までに。
通常、売掛金と請求管理システムは一体化しています。従ってコピーとのつけ合わせ作業というのがピンとこないのです。
システム課という専門の部署があるのであればデーターベースで比較的簡単に作成できます。市販のものでもかなりいいものがあります。
締め日の違いはどこの会社にもあります。取引先の締め日に応じて請求書を発行しなければなりませんし、自社は末締めで財務諸表を作成するはずです。これもデーターベースで簡単に対応できます。
入金についての確認作業はどうしても必要になってきます。
締め日が違うので自社の売掛金残高と取引先請求書残高は違います。
しかし、これも入金処理(入力)さえきちんと行えば問題ないと思います。

Q仕事ができない。未経験から一人事務員に。

お世話になります。

この度転職をし、未経験で事務職に就きました。
小さな会社で、事務は私一人、雑用から経理・総務・書類作りまで一人で行います。
仕事内容は幅広く、お金やお給料のことなので基本的にミスは許されません。
事務については社長も把握しておらず、事務員一人のみが把握しているようです。

現在入社して1週間であと1週間は前任者が引き継ぎをしてくれますがそれからは全くの一人です。
そのため、日々の業務について教わるとともに、月末月初の処理、給与処理からさらには決算補助まで日々様々なことを教わります。
メモはしていますが、次から次に新しいことを教えてもらい行い、さらには違う業務を頼まれたり、前任者が思い出すごとに今現在の取り組んでいる業務とは関係ないことを教えてもらったりという感じです。
前任者の人が悪いわけではなく、時間がないからそうなってしまい、また本当に時間がなくメモの時間も十分には取れないという感じです。
全ての資料は綺麗にファイリングされておりますが、仕事の幅が広く物理的にもかなりのファイル(30以上?)を一人で管理し、適時適切なファイルを参照し、適切なファイルに保管し、それをパソコン上の様々な管理ファイルに記録し、また事後処理も適切に行う必要があります。

私も精一杯頑張っていますが、一つのことができるようになってもそれに関連するある処理を忘れていたり、また初めて行うことは事前に丁寧に教わったのにミスが多かったり、簡単なことにもすごく時間がかかったりという状況です。
あと1週間で一人になると思うと不安です。

なので、休みのうちに、
・教わったことをまとめなおす
・わからないことをまとめる
・ある業務に対して行う処理をリスト化する
を考えています。

これ以外でやるべきことを教えてください。

また、初めて事務に着いたときや一人事務にどのくらいで慣れたでしょうか?
さらにどのようなことに気をつければミスはなくなるでしょうか?

それらを教えて貰えると幸いです。
よろしくお願いします。

お金やお給料のことで社員や会社にとって大切であると共に、取引先からの信頼を失うわけにもいきません。
また、きちんとやるのが当然ではありますが、社長が神経質なのでさらに失敗してはいけないという思いがたかまっています。

会社の性質上クビもあり得、恐れおののいています。
年齢や今まで職歴が多く短いので長く続け実力もつけたいです。

お世話になります。

この度転職をし、未経験で事務職に就きました。
小さな会社で、事務は私一人、雑用から経理・総務・書類作りまで一人で行います。
仕事内容は幅広く、お金やお給料のことなので基本的にミスは許されません。
事務については社長も把握しておらず、事務員一人のみが把握しているようです。

現在入社して1週間であと1週間は前任者が引き継ぎをしてくれますがそれからは全くの一人です。
そのため、日々の業務について教わるとともに、月末月初の処理、給与処理からさらには決算補助...続きを読む

Aベストアンサー

事務員4年目です。2ヶ月で前任から引き継いだ後は一人事務
に加え、一部分の事務仕事をやってる先輩に教えたりチェックしたり
(この先輩が周囲が認める無能なのでこうなった)です。

切手と収入印紙の区別もつかない者だったので
半年ぐらいは考えながら自作マニュアルを見ながら
なのでトロ過ぎて休日出勤したり でした。
1年ぐらい経った頃には、余計な書類を省いて効率化を考える程度
2年経った頃には、最初2日ぐらいかかってた事が3時間で終わる程度
(いつも時間をはかりながらやってる)

>適時適切なファイルを参照し、適切なファイルに保管し、それをパソコン上の様々な管理ファイルに記録
事務仕事はリンクさせなきゃいけないところがとても多いですね。
言い換えると、リンクと金額と書式が合ってればそれでいい。

私は完成した書類をコピーして注釈を書きまくる というマニュアルを作りました。
とりあえず書式が正しければ、自動的に計算間違い等も判明すると思ったのでね。

>さらにどのようなことに気をつければ
どうしてこんなにあっちこっちに書かなきゃいけないの?
と最初は思っていましたが、書く必要があると理解出来たら抜けはなくなり
なくてもいい書類がある事に気付いて省きました。

今は前任がやってた事をなぞるしかないでしょうが、その内
得意な事と苦手な事 がわかれて来ると思います。
苦手をどう克服するか、どう気付くかが問題で、
その為には教えを乞える人を確保していなければなりません。

多分あなたには社長さんしかいないでしょうから、
細かい事ばかり言う、クビの恐れがあるからと、避けがちになるのは不利でしょう。
事務仕事の細かい部分は分からなくても、基本的な考え等は教えてくれるでしょう。
何といっても経営者ですからね。

私は左利きで電卓が使えない(一般の電卓は右利き用)、2桁の暗算も出来ない
という、事務員としては致命的なものがあり、社長に相談したら
「お前はパソコンが得意だろ エクセルでも何でも使え」
と言われて、エクセルを多用してどうにか出来ています。

事務員4年目です。2ヶ月で前任から引き継いだ後は一人事務
に加え、一部分の事務仕事をやってる先輩に教えたりチェックしたり
(この先輩が周囲が認める無能なのでこうなった)です。

切手と収入印紙の区別もつかない者だったので
半年ぐらいは考えながら自作マニュアルを見ながら
なのでトロ過ぎて休日出勤したり でした。
1年ぐらい経った頃には、余計な書類を省いて効率化を考える程度
2年経った頃には、最初2日ぐらいかかってた事が3時間で終わる程度
(いつも時間をはかりながらやってる)

>適時適切なファイ...続きを読む

Q売掛と請求の違いなどについて。

売掛とは一言で言うと何なんでしょうか??
そして売掛と請求との違いとは?
売掛はまだ回収していない金額なんですかね?

そして、
末で締めて請求書を出して、そこの得意先から
手形で入金をもらうとして、
それの売掛って言いましたら売掛はなくなった
っていいますか?
それとも実際入金は手形期日になってからなので
それで初めて回収したってことですか?

総務経理で今年度入りましたが難しいことだらけで・・。

Aベストアンサー

「売掛金」とは、掛売をして未入金になっている額を云います。

この未入金について、入金の依頼のための書類を「請求書」と云い、この行為を「請求」と云います。

請求書を提出して、現金や手形で回収をすると売掛金は消滅します。
ただし、手形で回収して場合は、売掛金が消滅して、新たに「受取手形」という債権が発生します。
従って、実質的には、手形が支払い期日に決済されて、完全に回収が終わったことになります。

売掛金と受取手形を合わせたものを「売掛債権」といいます。

Q未払金と未払費用の違いについて。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の購入費用。
会計原則では、「継続的な役務提供を受ける場合、期末までに提供済みの部分について未払いのもの」となっていますが、実務では、費用の未払い分と理解してして簡易処理する場合があります。

各々の定義は以上の様になっていますが、未払金の説明にある
>会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。
という文がある為に混乱しています。

「費用になるもの」も未払金になるのであれば、未払費用とはどうやって区別すればいいのでしょうか。
未払金と未払費用の正しい分別の仕方を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の...続きを読む

Aベストアンサー

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてください。

>例えば、給料を考えてみましょう。
>毎月20日締めの翌月10日払いとします。
>当月21日~末日までの給料は未払費用となり、
>前月21日~当月20日までの給料は未払金となります。
>なぜなら、この例でいえば、契約上、毎月21日~翌20日までの役務の提供をもって完了すると考えられるので、
>月末における翌月10日に支払う給料は未払金として処理され、
>当月21日~末日までの給料は、月末時点では、当該契約から判断して、
>役務の提供がすべて完了していないので未払費用として処理されることになります。

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてくださ...続きを読む

Q●就職1週間以内の退職希望について

いつもお世話になっています。

カテゴリがあっているか不安ですが、
質問させて頂きます。

今月から中途採用で就職したのですが、
会社の雰囲気や方針が自分に合わないと感じ、
たった数日間の勤務ですが退職を考えています。

世間をなめるなという反感も買いそうですし、
自分自身も会社としては良い会社なので出来れば続けたいのですが、
とても残り数十年をあの会社で過ごしていけるとは思えないのです。

全ては面接時などに確認しなかった自分に落ち度があるのですが、
職場の雰囲気や年齢層、仕事内容に至るまで、
全てが自分に合わないと感じていて、
朝出勤時には吐き気を感じてしまう状態です。

自分が変わればとも思えるのですが、
同じ事務所内ではそういった雰囲気は全く無く、
ただ機械のように仕事をしている状態で打ち解けようがありません。

そんな状態なので中途半端に長居するよりも、
早い方がいいのではと思い現在退職を考えています。
もしこの状態で退職を希望する場合どういった手順を取るべきでしょうか。

正社員としての入社です
身内調査などの書類は提出済み
保険関係の手続きも進んでいるようです
入社後2週間は見習い期間のようです
トライヤル雇用ではありません

通常であれば直属の上司に退職願を提出
→人事へ→承認→数週間後退職
という流れになるかと思うのですが、
出来ればすぐにでも辞めた方が
自分の為でも会社の為でもあると思うのです。
(自分への業務引継ぎなどの時間を考えると)

こんな状態なのですが、
一番最良の退職方法があればお教え下さい。

ご批判を受ける事は百も承知の上ですので、
あくまで方法のみをご回答頂ければと思います。
宜しくお願いします。

いつもお世話になっています。

カテゴリがあっているか不安ですが、
質問させて頂きます。

今月から中途採用で就職したのですが、
会社の雰囲気や方針が自分に合わないと感じ、
たった数日間の勤務ですが退職を考えています。

世間をなめるなという反感も買いそうですし、
自分自身も会社としては良い会社なので出来れば続けたいのですが、
とても残り数十年をあの会社で過ごしていけるとは思えないのです。

全ては面接時などに確認しなかった自分に落ち度があるのですが、
職場の雰囲気や年齢...続きを読む

Aベストアンサー

直属の上司(もし指導担当者がいるならその人)に
まずは口頭で退職の意が有ることを伝えてください。
退職日や退職届提出などの手続きは「指示があれば指示どおりにしたい」と申し出て指示を待つのがいいのではないでしょうか。
あっさり「辞めるなら早く辞めて」となるか、
話し合いなどに発展して引き止められたりするかはわかりません。

Q売掛・買掛管理について

商社の売掛管理、買掛管理、消し込み、という仕事は、具体的に仕事の流れと内容はどういう事をするのですか。
商社ではなかったら、業種によって内容が変わりますか。
営業事務要素が強いのでしょうか、経理要素が強いのでしょうか。
現場はどういう雰囲気ですか、良い点悪い点を教えてください。
また、雰囲気にも関連しますが、
どういう人が向きますか(好まれますか)。
どういうタイプが向かないですか、或いは馴染めないでしょうか。
必要とする経験やこの仕事をして身につくことは何ですか。

私のイメージは、照合や整理が大変で落ち着いてできる仕事ではなく、PCと電話を使いこなせる事は必須で、
性格的には人見知りするコツコツタイプは向かないというイメージです。

沢山質問してすみません。
一般事務にも経理事務にも営業事務にも、このような仕事内容がよく書かれているので、現場の声を聞かせていただきたく質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会社によって、その組織割や分業の体制が違うだろうことと、その社内コンピュータのシステムによりどのような書類や入力作業があるのか、色々でないでしょうか。
経理事務と、営業事務の中間のような仕事とも言いえます。
例えば売掛の明細が月に1-数件程度しかないところは、入金額に対して、どの売掛を引き当てて消し込めばいいかというのは、割と単純です。

逆に大量の取引があって、行数(件数というか)にして数百行-数千行あって、その売掛け金と、入金の明細を消しこむというのは大変な作業です。理由があって全てが売掛金全件全額入金しない可能性がありますから。相当以前ですが私が以前勤務の商社では、売掛金明細が入金引当明細という名目で出力され、引き当てる際にその行に○印を付けるという形で消しこむものでした。大口取引先からは、支払明細(会社によって検収明細とか呼び名は色々)を取り寄せて消しこみます。ない場合は電話にて聞くか書類での提出を督促します。入金合計額と、売掛金明細消し込み合計額が最終的に一致させないといけないのですが、なかなか色々なミスが重なりあわないという苦労が。でもこの消しこみを正しくやっておかないと、取引先のと残高があわなくなり時間が経ってから調べるのは大変なことになります。
取引先との連絡は限られていると思います。
まーがんばってーください。

会社によって、その組織割や分業の体制が違うだろうことと、その社内コンピュータのシステムによりどのような書類や入力作業があるのか、色々でないでしょうか。
経理事務と、営業事務の中間のような仕事とも言いえます。
例えば売掛の明細が月に1-数件程度しかないところは、入金額に対して、どの売掛を引き当てて消し込めばいいかというのは、割と単純です。

逆に大量の取引があって、行数(件数というか)にして数百行-数千行あって、その売掛け金と、入金の明細を消しこむというのは大変な作業です。理由...続きを読む

Q納品書・請求書の照合について(仕入)

商品を仕入れて販売する小さい会社の経理です。
仕入先は20社くらいあります。
多めに仕入れていくつか在庫にしておいて、残りを販売することもあります。
納品書は後日郵送でまとめて届くことが多いです。
今までは納品書と請求書の照合はしてなくて、請求書の合計額を仕入として1本で会計ソフトに入力していました。
でもこれでは、納品されてないのに、請求書に多めに記載されるかもしれないし、間違ってるかもしれないといった感じでどこまで確認していくのが良いのか悩んでいます。

納品書・請求書を扱う方、どういう経理処理しているのかチェック方法教えてください。
やはり納品書を見て毎日仕入を入力するのが普通ですか?

Aベストアンサー

私は納品書が到着した時点で 仕入れ/買掛金 の伝票を起こしており、
(摘要欄には納品書No.など入力(会計ソフトを使用していたので))
月締めの請求書がきたらその月の各社ごとの細かい買掛金と照合してました。
買掛金 10回分で100万円と、請求書100万円が合っていれば処理、
請求書が105万円であれば請求明細と買掛金明細を照合していました。

納品書を見て、その都度仕入/買掛金伝票を起こしたほうがより正確です。
何より、仕入れ商品は会社の資産であり売上げに繋がるものですから、
その数字を正確に把握すれば横領や横流しなども防げます。

Q【営業事務】買掛金の管理について

この度、派遣会社から紹介を受け、今週中に派遣先と顔合わせの予定なのですが、業務内容について解らない事があり、質問をさせて頂きました。

(1)買掛金の管理とは、具体的にどの様な業務になりますか?
(2)違算明細書の作成とは、具体的にどの様な業務になりますか?
(3)数字に弱い場合、この様な職種には向かないのでしょうか…?

派遣会社の担当の方にも上記の内容で質問をしてみたのですが、
「詳しくは何とも言えません」
「営業事務の経験があれば問題ないですよ」
との回答でした。
ただ、何度も派遣会社の方にはお話をしているのですが、以前営業事務の経験があるとは言え、商品の受発注の電話応対、注文内容の入力、見積書の作成は経験があるのですが、経理的な内容は未経験なので、初めて聞く様な業務内容で不安でいっぱいになってしまって……。

営業事務経験のある方、ぜひ教えて頂けませんでしょうか。

Aベストアンサー

職種によって多少の違いはあるでしょうが、
(1)買掛金とは仕入のことです。単純に言えば、いくらでどこから仕入れて、支払いはいつで、残高がいくら、ということです。
会社というのは一般人が買い物をする時のように、その場で現金を支払うということはまずありませんので、買掛金の管理は会社の信用を左右する大切な業務です。
(2)おそらく自社で仕入の約束をした金額と仕入先からの請求書金額が違う場合に、ここが違いますという明細でしょう。まず自社の仕入担当者と確認した後になりますが。
(3)簡単な足し算・引き算ができれば大丈夫です。
電卓を使っても計算を間違えちゃうほど弱い場合は保証しかねますが(笑)。
何回か確認の検算をすれば大丈夫ですよ。当然上司の確認も入るでしょうから。

気楽に行きましょう。慣れ、ですよ。

Q経理実務経験者ってどれくらいのレベルを指しますか?

派遣会社の求人を見ていると、応募資格に「経理実務経験者」または「経理実務経験者歓迎」というのをよく見かけます。
わかりやすいのは「決算経験のある方」とか「経理実務経験○年以上」というもの。これは要件がはっきりしていますよね。
でも上記の場合、相場としていったい具体的にどのくらいの経験求められるのか、未経験者の私には漠然としてわかりかねるところがあります。
派遣会社や人事採用者の方、もしくは実務経験者や知人のおられる方、教えてください。

補足;・私は今まで簿記資格やMOS資格(スペシャリストレベル。Excel,
Word2003)をアピールして、未経験可の経理派遣に募集してきましたが、採用には至りませんでした。その為早く経験者になりたいという焦りがあります。つい最近、不合格になった会計事務所の面接担当者から取引先の会社で経理事務の募集をしているということで紹介を頂きました。パート採用であることと、賃金が安いこと(時給1000円以下、交通費支給)、取引先である会計事務所担当者の推薦があることから、これまで応募してきた中では採用に近いのではないかと思っています。
具体的な仕事内容は
一般事務・管理業務及び経理事務
となっており、ここでの経験からステップアップすることも視野にいれています。ここで実務経験者の仲間入りを果たせば、のちのちの転職に役立つと思うのですが、これは紹介されての仕事ですので、紹介者の顔もたてなければならない関係から、一年以内の転職はやはり好ましくないでしょうか。
現在35歳という年齢より、ここ1年が勝負なので、今ここに決めるのか、正社員も含めて他を受けるべきか悩んでます。
会計事務所の面接担当者は合わなければ断っていただいてもOKですとは言ってくれてます。ですので、面接を受ける前のこの段階でいったん判断して良いということですね。
もちろん面接を受けた上で詳しく聞いてから判断すればいいのでしようけど、紹介者がいる以上、お断りしにくくなるとおもいます。
ここで働くことでステップアップできるなら、採用の可能性がある分チャンスなのかもしれないし、逆に他のもっといい条件の仕事を受けるチャンスをみすみす逃す結果となるのかもしれません。
そこで質問です。この会社は会計事務所の顧客の為、中小企業にあたるのですが、この仕事内容から、「経理実務経験者」にあたる経験が積めると読み取れそうですか?また相場としてどのくらいの期間働けば、またどんな仕事をすることで経験者として認めてもらえるようになりますか?

派遣会社の求人を見ていると、応募資格に「経理実務経験者」または「経理実務経験者歓迎」というのをよく見かけます。
わかりやすいのは「決算経験のある方」とか「経理実務経験○年以上」というもの。これは要件がはっきりしていますよね。
でも上記の場合、相場としていったい具体的にどのくらいの経験求められるのか、未経験者の私には漠然としてわかりかねるところがあります。
派遣会社や人事採用者の方、もしくは実務経験者や知人のおられる方、教えてください。

補足;・私は今まで簿記資格やMOS資格(スペ...続きを読む

Aベストアンサー

現在未経験者である質問者様が受かる会社だと経理の仕事内容は至って単純でしょう。
1年やそこらの経験で転職市場でステップアップできる売りを得ることはまず無理です。

2・3年経理事務をやったとしても、小さな会社では独自のルールが強すぎて
普遍的なスキルを得ることはできません。
実務をやりながら座学を行うことがどうしても必要になってきます。
そこで実力がついて初めて決算というものに関与できます。
転職活動を行う際に「決算を自社で行う会社」をキーワードにして活動して
やっと入口に辿り着けます。

もし質問者様が経理の職務経験を積んで、会社を替わりながら高収入を目指している
んだったら止めた方がいいです。
中小というより零細企業と経理に高収入を払える会社では「会計」に関する
考え方が根本的に異なります。
キリスト教の牧師になりたいのにコーランを読んでいても意味はありません。
まずは地に足をつけて働いてみて、私の上の文章の真意が掴めるとこまで
頑張ってみてはどうでしょうか。

ちなみに自称人事の役職者ではない一介の会計事務所あがりの経理マンです。
全く信憑性に欠ける情報を排除する能力もこういうサイトでは重要ですね。

現在未経験者である質問者様が受かる会社だと経理の仕事内容は至って単純でしょう。
1年やそこらの経験で転職市場でステップアップできる売りを得ることはまず無理です。

2・3年経理事務をやったとしても、小さな会社では独自のルールが強すぎて
普遍的なスキルを得ることはできません。
実務をやりながら座学を行うことがどうしても必要になってきます。
そこで実力がついて初めて決算というものに関与できます。
転職活動を行う際に「決算を自社で行う会社」をキーワードにして活動して
やっと入口に辿り着...続きを読む


人気Q&Aランキング