痔になりやすい生活習慣とは?

フィンランド語で「オーロラ」をさす「Revontontori(レヴァントリ)」という言葉がありますが、これはフィンランドだけでなくスウェーデンやデンマークなど、北欧の他の国の人にとっても一般的な言葉なのでしょうか?また、たとえばフィンランドの人は自分の国の言葉(フィンランド語)の他に、デンマーク語やスウェーデン語などもたいてい理解できるし、ふだんの暮らしの中で一般的に使ったりもしているのでしょうか?微妙な質問ですが、北欧の言語についてくわしい方、よろしくお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

良い回答をなさっている方がすでに何人もいらっしゃいますが、


私はデンマークに住んでいたので、その見地から。

デンマーク語でオーロラ:nordlys

デンマーク語、スウェーデン語、ノルウェー語は、互いに似通っています。
英語、ドイツ語など同じインド・ヨーロッパ語族ゲルマン語です。
一方、フィンランド語は全く違い、バルト3国の言葉やハンガリー語等の仲間になります。
evidenceさんの回答の中にもあるように、アジアから流れてきた言語らしいです。

デンマーク人、スウェーデン人、ノルウェー人は、特に勉強しなくても、
お互いの言っていることがなんとなくわかるくらい言葉が似ています。
しかし、フィンランド語に関しては全く言葉の成り立ちが違うので、
勉強しない限りチンプンカンプンです。

他の方の回答を読んで、私も勉強になりました。
ありがとうございました。
    • good
    • 0

実際にスウェーデン人やデンマーク人とオーロラについて話した事はないので何とも言えませんが、フィンランドにおけるスウェーデン語の普及率と、他の北欧諸国におけるフィンランド語の普及率では、かなりの違いがあります。


理由としては
●フィンランドの歴史において、スウェーデンの統治時代がある。
●フィンランド語は北欧圏の中でも特殊
●一応フィンランドではスウェーデン語も公用語
といった理由があります。
他の3ヶ国は同じ系統の言語のため、100%とはいえないまでも、多少話が通じる事がある、と言う感じですし、それぞれ英語教育も行き届いており、どうしても完璧なコミュニケーションをしたければ英語を話せばよいわけで、ノルウェー人やデンマーク人がフィンランド語を習うメリットは殆ど無いわけです。

ま、そのようなわけなのでデンマーク人やノルウェー人がフィンランド語を解する率は極めて低いです。
ちなみにスウェーデンではオーロラはNorrsken、ノルウェーではNordlys、どちらも北の光と言う意味なので、英語のNorthern Lightsと同じですね。
    • good
    • 1

フィンランドの公用語はフィンランド語とスウェーデン語ですので、学校でも


スウェーデン語を教えています。

ほとんどの商品等の表示はフィンランド語とスウェーデン語で書かれていますし、
ヘルシンキなどの大きな街では通りの名前もフィンランド語とスウェーデン語の
2ヶ国語で表示されています。

テレビでもスウェーデン語のニュース番組がありますし、フィンランド語の番組の
場合スウェーデン語の字幕が出る場合があります。
映画館では、外国映画の字幕はフィンランド語とスウェーデン語の両方が出ます。

しかし、フィンランド人全てがスウェーデン語を流暢に理解するかどうかは別で、
日本での英語教育(日本人の英語)と同じ程度だと理解すれば当たらずといえども
遠からずというところだと思います。
普通のフィンランド人の日常会話でスウェーデン語の単語が時々使われる時もあり
ますが、日本人が英語でサンキューというレベルです。

それから、オーロラはフィンランド語でrevontulet(レヴオントゥレット)と云います。
私はスウェーデン語やデンマーク語は知らないので、このレヴォントゥレットが
他の北欧諸国で通じるかどうかは知りません。
    • good
    • 0

こんにちは。


オーロラのことはわかりませんが、フィンランドと、残りのスウェーデン、デンマーク、ノルウェーとは民族が違い、言語もまったく違うはずですよ。もしかしたら通じることもあるかもしれませんが、フィンランドはアジア系で残りの3国はヨーロッパ系なので、無理なのではないかなぁ、と思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北欧の言語について

北欧の言語と言えば デンマーク語、スウェーデン語、
ノルウェー語、フィンランド語がありますね。
フィンランド語を除く3つの言語は非常に似通っていているらしいですが、デンマーク語に関しては発音が
非常に難しいらしいですね。それらの3ヶ国語は語彙の面では 英語よりもドイツ語に近いんでしょうか?文法の面では 英語に近いのかドイツ語に近いのか、それともラテン語やロシア語のように語尾変化が複雑なのか見当がつきません。また、英語ともドイツ語とも違う独特の性質があると思います。
それから フィンランド語というのは それらの3ヶ国語とは言語学的に別系統らしいですね。むしろ 日本語に近いんでしょうか?そうだとしたら フィンランド語も日本語のようにSOVの形を取るんでしょうか?
どなたか、ご存知の方 回答お願いします。

Aベストアンサー

面白い主題ですね。
まず、デンマーク語、スウェーデン語、ノルウェー語、そしてアイスランド語は原始北欧祖語(古代スカンディナビア語)という言語からそれぞれ分かれたと言われています。ここで今のノルウェーに住んでいたバイキングの一部やアイランド、スコットランドから来たケルト人達が
今のアイスランド人の先祖になっており、(900年頃)
その後、殆ど異民族との交流とか移住がなかったので、地球上で遺伝学的に単一民族として認められる少ない例だと言われていますね。
そのせいか、アイスランド語はいちばん古形を保っていて
言語学的な化石とも言われます。外来語も中国語みたいに
全部既存の古有語を組み合わせて作りますね。当然、ヨーロッパの他の言語の影響が続いた残りの3つの言語とは
ぜんぜん通じないし、文字の上の特徴も目に付きますね。

三つの言語はお互いに通じると知られていますが、実は
そうでもないようです。おっしゃるどおりに
デンマーク語は声門閉鎖音というもののせいで、変わった
発音で有名なんですね。そのせいか、スウェデン人においてはデンマーク語が聞き取れないという話を聞いたことが
あります。これに比べて、スウェデン語にも他のゲルマン語にない特徴として、高低アクセントというものがあって、音楽的な音感があるといいます。中国語の
声調のような感じかな?ノルウェー語はさらに Bokmal
と Nynorskという二つの公用語が並立しており、一つの
ノルウェー語がないということです。Bokmalは 文章語が
ほとんどデンマーク語と同じ、 Nynorskは主に地方の方言を集めてデンマーク語と異なるノルウェー語を作ろうとして成立したそうです。使用比率は 80 : 20 らしいですね。
普通、ノルウェー語としたら、このBokmalのことです。

相互関係を言えば 口語はノルウェー語(Bokmal)とスウェデン語が近いし、文語(文章語)はノルウェー語とデンマーク語が近いと思われます。

語彙や文法はこれらの言語がゲルマン語のなかでも別のグループなので英語かドイツ語かどちらにちかいか、単純比較は無理がありますね。文法の性は両性名詞と中性名詞の
対立があって、ドイツ語と近い感じですが、格変化は
しないようで、英語と近い感じです。語彙は中世以来には
ラテン語、ドイツ語、フランス語などから入ってきましたが、英語からの影響は近代以来からです。まとめて見れば
難易度は英語とドイツ語の中間で(日本人から見て)
その特徴もドイツ語よりは文法が簡略化されているけど、
英語ほどはないと言っていいようです。しかし、綴りは
逆に英語よりは規則的であるが、ドイツ語ほどはないと
いうことですね。

フィンランド語の場合はフィンウグル語派なので、エストニア語に近い言語です。ヨーロッパではハンガーリ語と
ともに難しい言語として、有名ですね。けど、基本的には
SOVで日本語と同じで格の数が15になっておりますが、ロシア語とかドイツ語の格概念じゃなくて、接詞みたいものです。

minä olen (わたしは です)
sinä olet (あなたは です)
hän on (かれ かのじょは です)

たしかに語順が同じ 名詞に性の区別がない 後置詞を遣うということで日本人に馴染みやすい部分はありますね。

面白い主題ですね。
まず、デンマーク語、スウェーデン語、ノルウェー語、そしてアイスランド語は原始北欧祖語(古代スカンディナビア語)という言語からそれぞれ分かれたと言われています。ここで今のノルウェーに住んでいたバイキングの一部やアイランド、スコットランドから来たケルト人達が
今のアイスランド人の先祖になっており、(900年頃)
その後、殆ど異民族との交流とか移住がなかったので、地球上で遺伝学的に単一民族として認められる少ない例だと言われていますね。
そのせいか、アイスラン...続きを読む


人気Q&Aランキング