CCDカメラのカタログの仕様を見ても認識速度が載っていません。また、サンプリング周期とはなんですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「認識速度」の意味がよくわかりませんが、CCDのカタログで見る速度関係の項目は、




1)Frame late: 一秒間に何枚画面が出力されるのか。
Field lateだと、インターレース方式ならば2枚で一画面の計算になります。
 ノンインターレースだとField late = Frame late です。

2)CCD Clock and sampling late and pixel late
1画素を読み出す速度です。時間表示の時と周波数表示の時があります。

3)水平走査線周波数
水平位置ライン分の速度を表します。

4)垂直走査線周波数
一画面完成(Field or Fram)の速度を表します。

これ以外にも、色んな速度関係の数値がありますので、用語がわからなければ何を知りたいかを述べていただければわかります。
そのときに、具体的なカメラの情報もあるとありがたいです。
(CCDカメラといっても非常に種類が多くて、それによって各種の速度はまちまちですから)
    • good
    • 0

専門外ですが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「処理速度」
⇒「読み取り速度」の記載はないでしょうか?

補足お願いします。

参考URL:http://it.jeita.or.jp/document/ocr_scanner/sakui …
    • good
    • 0

認識速度ってどの状態までの時間なのか良くわかりませんが、1画面分のデータとして完成するであろうサンプリング周期の1つ分がその認識速度なんじゃないですか?



専門家じゃないんで詳しい事は判りませんが、CCDの原理と質問されている二つのキーワードからの推測です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q応答速度とサンプリング数の関係

教えて下さい。
例題:
<<行いたいこと>>レーザ測長機を使用して、平面上2点間の直線上の高さ情報を得たい。
<<条件1>>レーザーを平面に平行に移動することができる。2点間を移動する。速度変更が可能である。
<<条件2>>レーザーの応答速度2kHzである。
<<条件3>>2点間の距離は10mmである。
<<条件4>>レーザーからのアナログ信号をA/D変換機で取り込む。
<<条件5>>レーザー移動軸にはエンコーダを取りつけ、そのエンコーダパルスをアナログ信号取り込みトリガにしている。分周が可能である。10mmで2000のトリガをかけることができる。2000を分周可能である。
問題:
速度とレーザーの応答速度から10mm内で得られるサンプリング数が決まるような気がするのですが、例えば、10mmを1秒で動作すると、レーザー応答速度2kHzより2000点のサンプリング数が得られる。0.01秒で動作すると20点となると思うのですが、、、、
この場合のサンプリング数の決定する方法はどのようにして求めるのですか?上記のような考え方であっているのですか?それともサンプリング定理の信号の倍の周波数で取り込まないということを考えると、サンプリング数は上記の倍にしなければならないのですか?

長々と書いてしまいましたが、教えて下さい。お願いします。

教えて下さい。
例題:
<<行いたいこと>>レーザ測長機を使用して、平面上2点間の直線上の高さ情報を得たい。
<<条件1>>レーザーを平面に平行に移動することができる。2点間を移動する。速度変更が可能である。
<<条件2>>レーザーの応答速度2kHzである。
<<条件3>>2点間の距離は10mmである。
<<条件4>>レーザーからのアナログ信号をA/D変換機で取り込む。
<<条件5>>レーザー移動軸にはエンコーダを取りつけ、そのエンコーダパルスをアナログ信号取り込みトリガにし...続きを読む

Aベストアンサー

レーザ測長機とありますが、レーザ光源の配置,光軸の向き,センサの配置がわからず、測定したい物体(あるんですよね?)との関係もわからないので、「平面に配置された2つのセンサの上の方に固定された物体に、センサの方向から平面に垂直な光軸をもってレーザを照射し、レーザ光源を2つのセンサを結ぶ直線に平行に移動することによって、物体表面に当たっているレーザの光点を走査する」と推測して回答します。

10mm内のサンプリング数は、TeamMSYさんの考えかたであっています。
光点を移動させながら一定周期で物体形状のサンプリングをおこなうのですから、物体表面上のサンプリング間隔(寸法)は移動速度×サンプリング周期になります。

サンプリング定理は「時間的な周期関数の波形を細かくとらえるには、とらえたい周波数の2倍のサンプリング数が必要」という意味です。 サンプリング数の決定は、物体の測定ならば、わざわざ時間軸上の変化に変換することなく、「とらえたい物体形状の細かさの1/2の寸法間隔(分解能)でサンプリングする」と良いということです。

Q太陰周期(メトン周期)はなぜ19年なのか

ある本に、太陰周期(メトン周期)の説明として
「ある日のユリウス暦日と月の位相とが同一となる周期、19年」
と書いてありました。これは、

(経験的に19年らしいことが分かっていて、)
1.ユリウス暦では4年に1度うるう年があるので一年の長さを365.25日として、これと19の積である6939.75
2.平均朔望月29.530588と235の積6939.68818

1と2で求めた積の差が極めて小さいから、そう定めたのでしょうか。

上述した私の推測が正しいか、正しくなければその理由を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メトンの周期は紀元前440年頃にメトンという人が発見したので、現在のような高精度の観測ができるわけもなく、「経験則」であることは間違いないでしょう。 月の軌道は長い年月で見ると地球から遠ざかっていっており、周期も長くなっていきます。 となると、メトンの周期が19年というのは、この時代だから発見された「偶然」ということになります。 また19太陽年を365.2422×19=6939.6018日とすると、すでに「ぴったり19年」から外れつつあることになります。

Q火星との会合周期は2.14年である。 火星の公転周期は何年か。

火星との会合周期は2.14年である。
火星の公転周期は何年か。

Aベストアンサー

地球の公転周期:E
惑星の会合周期:S
惑星の公転周期:P
の関係は、外惑星の場合は1/E-1/P=1/Sです。
http://ene.ed.akita-u.ac.jp/~ueda/education/sentan/cosmology/g1_11a.html

火星の公転周期をPとすると
 1/P=1/E-1/S=(S-E)/(ES)
 P=ES/(S-E)=2.14/(2.14-1)=2.14/1.14=1.877…

火星の公転周期は1.88年です。

Q1 ここでいうTって単振動の半周期に相当しませんか? ドップラー効果の式より速度の入れ替わりに相当す

1
ここでいうTって単振動の半周期に相当しませんか?
ドップラー効果の式より速度の入れ替わりに相当するので

Aベストアンサー

No.2です。「お礼」に書かれたことについて。

>fmaxからfminまでにかかる時間差はT/2ですよね❔

はい、そういう読み方だと思います。

>単振動の周期Tとするならあなたのような答えになりますが。

「周期」といったらそういう意味になると思います。
問題文にも、「操作」のところに「音源Sを鉛直方向に単振動させた (a)」として、その「(a)において」というところに「fmaxとfminの間で数秒程度の時間周期 T をもって変動した」とあるので、明らかに「周期」です。
それを「fmaxからfminまでの時間差」と解釈するのは、日本語的にも物理的にもあり得ないでしょう。

「fmaxからfminまでの時間差」という意味であれば、「fmaxからfminまでの時間をTとする」「fmaxからfminまでの時間間隔をTとする」と書くでしょう。

Q漢検6級の熟語構成の問題を探していますGoogleに載っているもので、載っていたら紹介してくださいm

漢検6級の熟語構成の問題を探していますGoogleに載っているもので、載っていたら紹介してくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

http://kankenmondai.com/6kyu/kousei-01.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報