ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

最近浴場においての死亡事故をよく耳にします。
その原因の1つとしてよく効くのがレジオネラ菌です。
しかし、レジオネラ菌の被害に合う多くの人は高齢者や子供だそうです。
私はこれらを見ていて疑問に思いました。

1.塩素は本当にレジオネラ菌を殺傷しているのか?
2.レジオネラ菌をなくすために入れている塩素の方が体に悪いのでは?
3.塩素を入れている天然温泉等は塩素によって温泉の効能・効果は無くなってしま うのでは?
4.塩素のほかに効果的な殺菌方法は無いのか?

塩素臭い温泉、銭湯に行くだけで私は気持ちが悪くなっています。
また、塩素が多く含まれている水道水は飲み水として飲めないと言っておきながら
その水道水で沸かしたお風呂には入れる、体を洗える。この感覚があたりまえになっていることに少し不安になります。

塩素に対して色々疑問が出てきました。わかる方、どんなことでも良いのでご回答宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

消毒のため仕方ないとはいえ、塩素こわいですよね。

植木に水をやるときでも水道水とエビアン等の水とでは
違うような気がしますし、水槽の水でも1日おいて(塩素を抜いてから)使うようにしてますが。これからは
塩素を抜くための商品が飲用だけでなくたくさん出てくると思いますよ。食品を長持ちさせるために使う添加
物も体によくありませんからね。安全と言っても基準値内でのことで、自分で対処していくしかないのではな
いでしょうか?皮膚からも吸収すると思うので、程度の差はあれ塩素は抜いて入浴した方がいいと思います。
    • good
    • 0

気体の状態の塩素は第一次世界大戦で毒ガスとして使用されたとおり窒息効果のある物質です。

しかし水に溶けているかぎり、よっぽど濃度が濃くなければ問題はないでしょう。勿論水道水に入っているくらいですから安全です。早い話、気体の状態の塩素が危険なのです。
通常の細菌は塩素で十分に殺菌されます。しかし芽胞形成菌などは塩素ぐらいでは死にません。レジオネラ菌については大丈夫でしょう。他の殺菌、滅菌法としては所謂、煮沸滅菌、高圧蒸気滅菌、放射線滅菌、紫外線滅菌、消毒剤による殺菌などがあります。消毒剤としてはアルデヒド系がもっとも強力ですが、人体には使用できません。他には次亜塩素酸ナトリウムも比較的強力な殺菌剤です。ポピドンヨード、逆性石鹸、アルコール系なども使用されます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング