『遺体』と『死体』の使われ方の違いについて教えて下さい。

ニュースなどでは『死体』とは殆ど使われていないですよね。

やっぱり『人の時には使わない』とかなのでしょうか?

A 回答 (5件)

身近に警察の人がいるんで、その人に聞いてみたところ、人間の「死体」は証拠物件として扱い、検死にかけるそうです。

この段階では、「死体」は物なのだそうです。このとき、刑事たちはその「死体」にはまだ人間の「遺体」として接しないため、手を合わさないんだそうです。よく刑事ドラマなんかで、「死体」を見つけてすぐに刑事が手を合わすシーンがありますが、あんな事はまず無いそうです。
そして、検死の結果その「死体」が人間のものだとわかったときに、初めて「遺体」として扱われ、現場の刑事たちはそのときに初めて「遺体」に手を合わすそうです。
聞き書きなんで、自分もよくわかりませんが、参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほえ~、なーんかリアルですねぇ。

『遺体』は人間に対して使うというのは大体意見が揃うところでしたが、
その過程が、これまたクールというか、冷静というか・・・

a24さん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/09 22:39

 広辞苑を参考にしてます。


 遺体は「人の」なきがら、つまり人の場合にしか使わない。いくら愛犬であっても「犬の遺体」とは言わない。
 もう一つは、おそらく気持ちの問題。「死」は生物学的な「死」生命維持のための気候が働かなくなった状態をいう語。それに対して「遺」は「のこる」「のこす」と読むことから、「遺体」は「のこされた体」、つまり、「魂」が昇天し「肉体だけが残った状態。人の死を「死」ととらえるのではなく「魂」の抜けた肉体で、魂は天国でまだ生きているということ。これはおそらく日本人の死生観に基づくものではないでしょうか。
 このようなことだと思うのですが、いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、『人かそうでないか&魂という概念』って言われると実際的には
そんな感じですね。

『死体』というのはなんだか冷たい感じがしますし。

gonta-11さん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/09 22:36

すごく前のテレビ番組で、「遺体と死体、女性の場合はどちらを使う?」


というクイズがありました。答えは女性だったのですが・・・・・・なんか意味分かりませんよね。
 回答と関係なくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~ん・・・
難しいですね。(^^;)

どうなんでしょう???

確かに謎ですが、tudukiさん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/07/14 01:38

広辞苑によると


遺体
 (「父母ののこした身体」の意から) 自分の身体。
死体
 死んだ人や動物のからだ。死者の肉体。死骸。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、辞書的な説明も参考になりますね。

でも、なんかこう一般的に使用されているニュアンスも
知りたいなーって思ったもので、、、

madmanさん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/03/02 18:11

参考URLによると


遺体:身元がはっきりしている時に使用
死体:身元がわからない時に使用
とありました。

参考URL:http://www.fin.ne.jp/~endoh/kotoba.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか。
けっこうはっきりとした違いなんですね。

しかし、このサイトは為になります。
この機にしっかり言葉について勉強しよーっと。

neiさん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/02/14 22:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明かな水死の場合、警察の検死時間の目安は?

知人のお子さんが水死した際、ずいぶん長い時間検死に時間を取られたと言っていました。あと事情聴取(お子さんが知的障害を抱えており、家族らによる他殺と考えたのかもしれません)も結構な時間だったそうです。

通常(ケースバイケースでしょうが…)明かな水死の場合の検死はどれくらいの時間が必要なのでしょうか?
そもそも、事故死はすべて検死が必要なのですか?
ご存じの方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

ここでお尋ねする質問でない場合はすいません。ここの回答者さんが一番適切かなぁと思い質問させていただきました。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 うちの祖母も風呂場で死んでいたので検死があったのですが…

 まず、明らかな水死との事ですが、発見者の主観では「風呂場で死んでいたんだから…」「海でおぼれたんだから…」とゆう理由で水死が明らかだと『思い込んでいる』だけで、実際に調べて見なければ本当の死因は分かりません。法的な死亡報告書は誰かの「主観」で書く事はできず、あくまでも客観的な事実で無ければなりません。

 だから、家族の側からすると「明らかな水死を何時までも調べている…」と感じるだけで、不審な点が無い限り1時間程度で検死は終了したのでは無いでしょうか?

 「両親の殺害を疑う…」とゆうのも、その方や周りの人の考えすぎで、警察はあくまでも周囲の状況と死体から何があったのかを判断するので、それなりに時間はかかります(何かあった事を見つけるのは一瞬ですが、何も無い事を証明するのは、それこそ手がかりさえ何も無いので、普通は時間がかかるのです)。ただし、確かに不真面目な医師や警官による「思い込みの」検死、捜査も無いではなく、むしろ短時間で警察が引き上げる事のほうが問題です。

Q死体と遺体の違いは?

死体と遺体の違いは?

Aベストアンサー

まず、遺体は人間限定です。
動物には適用しません。

次に、遺体は身元の判明しているものという事でしたが、テレビの報道などでは「人の死を死因、身元で差別してはいけない」、「死体は生々しい」という考えから、人の場合は全て「遺体」と言うこともあるようです。

法律用語では、すべて「死体」に統一されています。

Q突然死の検死についての質問です。

突然死の検死についての質問です。
友人の祖母が突然亡くなりました。その場合の検死って
どのくらいの時間をひつようとするのでしょうか???
おしえてください><宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

行政解剖の場合、死に至る原因がある程度わかっている場合(交通事故など)は、約1時間程度。
そうでなければ、それ以上かかる場合もあり、一概には言えません。

Q「死体」と「遺体」の違いについて

先日放送されたテレビ番組(はなまるマーケット??)の中で、「死体」と「遺体」の違いについて次のように説明されていました。
「死体」・・・身元の判明しないもの
「遺体」・・・身元がハッキリしているもの

ところが今朝の読売新聞には『田んぼに男性遺体』の見出しで『身元不明の被害者』の記事が載っていました。

どちらが正しいのか、「広辞苑」を開いてみましたが解決できません。自信のある方お願いします。
       

Aベストアンサー

 「花まるマーケット」で言われた区別というのは、厳密には警察内などでの用語ではないかと思います。
 言葉の意味としては
死体→死んだ動物・人間の体
遺体→死んだ人間の体
 です。死体はモノで、遺体にあるような人に対する扱いの格はありません。
 そのためにマスメディアでは表現がきつすぎるとより柔らかく聞こえる「遺体」を使うなどの自主的な配慮があるのだと思います。
 
 参考URLの言葉のはなし901をごらんください。
 

参考URL:http://www.ytv.co.jp/anna/t04901.htm

Q検死について

こんにちは。
検死について疑問に思うことがあるので教えてください。
たとえば首をつり自殺した人がいると仮定してお伺いします。
死亡解剖はなしとして検死のみと仮定します。

1どんな検死をして遺体から何を調べるのか?

2 死亡推定時刻の出し方は何を基準にしているのか?
3 採血をする理由と血液はどこから抜くのか?
4 血液を抜いて覚せい剤などの反応も調べるのはなぜか?
5 4で抜いた血液は警察医がいる病院で検査するのか?また、結果までどのくらいかかるのか?
4 もしも薬が見つかった場合は遺族に伝えるのか?
5 首つりの場合の所見はなにか?
死斑や点状の内出血はなにか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法医学の知識はかなり衰えましたので、それほど自信はありませんorz
その前提の上で。
1.まずは事件性の有無が最重要でしょうね。事件性があれば、警察にわたし、司法解剖となりますので。体表の傷や出血などの状況、推定される死因に合致するか否か。
2.直腸温が簡便に使われます。死斑や死後硬直などの所見も参照とし、状況から推定される死亡推定時刻などと照らし合わせます。
3.普通の検案では採血をしないのではないでしょうか?するとしたら事件性があることが推定されますから。
4.5.がいっぱい・・・。検案のみという仮定なので、4.5.4.は割愛しますね。
最後の5.は首の擦過痕に首から上の溢血などがありますね。

Q死体蘇生術で復活した死体の名称

さっき人造人間の名称について質問したものです・・・。
(皆さん回答ありがとうございました)

人造人間についてのことは分かりました。

じゃあ、と新たな疑問が浮かびました。

死体蘇生術(たしか、ネクロマンシーでしたっけ?)
でよみがえった死体(?)のことは、なんていうのでしょうか?

あと、この質問のカテゴリーは『教育』となっておりますが、気にしないでください。
(当てはまるカテゴリーがなかったため、
一応『教育』にしておいただけなんです・・・)

伝説、小説、テレビなどなんでもいいから、
皆さんの知っている事をお聞かせください。

よろしく お願いします。

Aベストアンサー

「アンデット:undead」とか「ゾンビ:zombie」かな?

Q検死医マッカラムに出ていた俳優の名前

以前放映された「検死医マッカラム」で、マッカラムの
部下のアンジェラや恋人のジョアンナを次々に誘惑して いくドクターを演じていた俳優をご存知ないでしょうか?
ショーン・ビーンに似ていたと思うのですが。。。

Aベストアンサー

彼は、Hugo Speerという俳優です。
(日本語読みはヒューゴ・スピーアとなるのかな?)

「フル・モンティ」に、
Guy役で出演していました。
ロバート・カーライル率いる男性ストリップ6人組の一人です。
(オーディションに来て、脱いだらすごかった、
という男性です。)

ショーン・ビーンにも似てるかもしれませんね。

Q死ねとか気軽に使う人ってどういう感覚で使ってるの?

よく「マジで死ねよお前~」とか「マジ殺すぞ」とかってそう言った類の言葉を友達や家族やネット上の人に対して、冗談半分で(?)使ってる人を耳にします。

あれってどういう感覚で使ってるのですか?

以前居たバイト先でも高校生が事あるごとに「XX死ねよ」とかって使ってました。

もし死んじゃったら…なんて考えた事ないんですかね?

ふと思った疑問です。普段日常的に上記の言葉を使ってる人、そうでない人答えてくれると嬉しいです。

Aベストアンサー

言葉の慣れ、ですね。
使用回数が増えるにつれ意識外で使っていることも多くなります。子供などは特に異常な適応能力をもって慣れていくのではないでしょうか。言葉の付加価値の相違というのもあると思います。

といっても、わたくしもそのような言葉を平気で口にする世代の人間であり実行する側の人間ですが。

たとえばある言葉によって傷ついた・傷つけられたと自分が認識すれば、当然しばらくは同じ言葉を口にすることを自制します。しかし学校などの似たような環境・状況・年頃の、何にしても未熟な集団に常に身を置くとなれば、そのような言葉は四六時中飛び交っているといっても過言ではありません。よってそこに「慣れ」が生じる。これはそんなに重い言葉じゃない、当たり前に日常で使われる言葉だ、といった具合に。

よく言葉を覚えたばかりの幼稚園児の間で、「馬鹿」とかいった類のありきたりで悪意を持った悪口が急激に蔓延しますが、それが年を重ねた上で無意識に口をついて出るようになった、と考えればいいんじゃないでしょうか。勿論それが全部というわけではなく、中には確実に憎しみを持って口にする人もいるでしょうけど。

言葉の慣れ、ですね。
使用回数が増えるにつれ意識外で使っていることも多くなります。子供などは特に異常な適応能力をもって慣れていくのではないでしょうか。言葉の付加価値の相違というのもあると思います。

といっても、わたくしもそのような言葉を平気で口にする世代の人間であり実行する側の人間ですが。

たとえばある言葉によって傷ついた・傷つけられたと自分が認識すれば、当然しばらくは同じ言葉を口にすることを自制します。しかし学校などの似たような環境・状況・年頃の、何にしても未熟な集...続きを読む

Q検死について教えてください。

不謹慎ですが、殺人事件などで殺され、遺棄された遺体など検死というものをするそうですが、随分早く終わって普通に葬式がとりおこなわれているのをテレビで見て、犯人も捕まっていないのにそんなに早くお骨にしてしまっていいのかなーなんて思ったことがあります。後になって、やはり遺体のどこかに証拠が・・調べておけばよかった・・なんてありえないのでしょうか。
分かる方お願いします。

Aベストアンサー

確かにどこかの漫画などでは「検死官」いたり、「監察医」が検死したりしていますね。実はかなり違うのです。この問題はそこから説明しなきゃならないです。

では、日本の制度を説明しますね。
そのあと、質問の答え。
 
 変死・変死疑(異常死体といいます:自殺、DVや虐待死も入ります。異状死体とは違います。)の死体は普通、司法警察員(警察)により代行検視が入ります。(本来、検察庁(司法機関である検察がにより検視する:刑事訴訟法229)司法解剖はふつう大学医学部の法医学教室の法医学の先生が行います。ちゃんと標本をとりますので、きちんとしていれば証拠がなくなることはあまりないでしょうね。
 行き倒れなどは行政解剖ですがこれはすでに死んでいるので死体解剖保存法の管轄で、このような犯罪に関係がない異状死体(異常死体とは別)の解剖を監察医が行うことになっていますが、実情、臨床医全てが死体検案医として独居老人の一人で死んだものなどの検死を行い、死体検案書なるものを書かねばなりません。実は異状死、あるいは異常死かもしれんのに。証拠なんて残りません。すぐに灰です、灰。
 日本の制度はちょっと、ぐちゃぐちゃな感じもしなくはない。

 パトリシア・コーンウェルの検屍官という推理小説はなかなか好きですが、検死官(コロナー)や監察医は捜査権があるのあんなかっこいいことができるのです。日本の法医学の先生には捜査権はありません。検死官自体いません。外国では医療機関は医事紛争の兆候が見られた場合は直ぐにコロナーに報告し解剖して徹底して究明して医事紛争が水掛け論になるのを防ぎますね。
 
 ご質問へのお答え:普通の医師の行う”検死”(検案書を作ります)ではありうるというか証拠残りません。欧米のような”検屍官”制度は日本にありません。司法解剖が法医学教室の先生によって行われたときが法医解剖で、これがご質問の本筋でしょうね。法医学の先生には捜査権がなく、捜査と一体になった司法解剖になるかどうかはチームワークに依存する結果になります。でも、標本とっていなかったということはあまりないです。とりまくります。毒カレー事件での被害者などからの砒素検出なんてばっちりでした。その辺は信頼できる科学力があります。
 ただ、医師が司法に所属して捜査権があると、もっと切れ味が変わってくることは間違いないでしょうね。
 この辺の法律を議論する前に、まだたくさんの法整備をしなければいけない日本。ちょっと疲れた。
 お休み。
 

確かにどこかの漫画などでは「検死官」いたり、「監察医」が検死したりしていますね。実はかなり違うのです。この問題はそこから説明しなきゃならないです。

では、日本の制度を説明しますね。
そのあと、質問の答え。
 
 変死・変死疑(異常死体といいます:自殺、DVや虐待死も入ります。異状死体とは違います。)の死体は普通、司法警察員(警察)により代行検視が入ります。(本来、検察庁(司法機関である検察がにより検視する:刑事訴訟法229)司法解剖はふつう大学医学部の法医学教室の法医学の先...続きを読む

Q『おざなり』 vs 『なおざり』

タイトルに挙げた2つの単語について質問があります。
gooの国語辞典で意味を調べてはみたものの、
意味も何となく似ていますし、
漢字も見てみましたが、
「なるほど!」としっくり理解が出来ませんでした。
(※おざなり=お座形/成、 なおざり=等閑)

どなたかこの2つの単語の違いと使用例などを
教えて頂けませんでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

仕事をなおざりにしてデートに行った。
-- 仕事を途中でやめてデートに出かけてしまった。

仕事をおざなりにしてデートに行った。
-- 仕事を適当に済ましてデートに出かけてしまった。

の差でしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報