現在、どのような光を用いた医療機器(光生体計測)があるのでしょうか?
詳しく教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

光生体計測機器としてたいていの病院にあると思われるのがパルスオキシメータと呼ばれるものです。

これは先の方が言われた指先脈波計にオキシメータという血中の酸素飽和度を測定する機能を追加したものです。
患者さんの指先に赤外線を用いた発光部とその受光部のついたプローブを取り付けるとアラ不思議、たちどころに心拍数とその都度の酸素飽和度(血液中に酸素がどれくらい含まれているか)が判ります。
正常な人であれば酸素飽和度は95~100%ですが、呼吸不全などになるとどんどん下がっていきます(そうなる前に酸素マスクをしたり人工呼吸器をつけたりしますが・・・)。
この装置は小さく(ティッシュペーパーの箱より二回りくらい小さい)、患者さんの指を洗濯バサミで挟むような感覚で非常に簡単に使用できるので、呼吸管理や手術後には欠かせないものとなっています。

最近の研究としては、X線の代わりに光を用いた光CTや、生体から発せられる極微弱光(生物フォトン)を捉えて診療に応用しようとする試みなどもあります。
    • good
    • 1

 「光を用いた医療機器」でまづ一番に出てくるのは,光ファイバ-スコ-プによる診断と治療だと思います。



 詳細については,インフォシ-クなどの検索エンジンで「光学医療診療部」で検索してみて下さい。病院などの該当部所がヒットしますので,それぞれのペ-ジを御覧下さい。
    • good
    • 0

トポグラフィというのがあります。

↓URL

温度分布を赤外線で検出し、中の血流量を計る検査です。
血流量と活動量が相関する事が判っている脳で主に用いられてます。
主に、脳の活動を研究する分野で用いられています。

他に指先脈波などもあります。
これは、指先に小さな測定器をつけて黒い袋に入れて・・・というやつで、簡易的な心拍や、血流量の変化波形(脈波)などを計測し、病気を診断したり運動負荷の簡易モニターに用いられてます。

参考URL:http://koigakubo.hitachi.co.jp/research/release/ …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療機器の「当たり」「はずれ」について

こんにちは。

いつもお世話になっております。
質問は、タイトルどおり、医療機器の「当たり」「はずれ」についでです。

医療機器のみならず、精密機器であれば、大抵がそうだと思うのですが、同じ製品(機種)を使用しているにもかかわらず、トラブルが頻繁に発生する製品と発生しない製品とがあります。

この違いをメーカーに問い合わせると、「機器には当たり・はずれがありますから」との返答があります。
そこで質問なのですが、

この「当たり」「はずれ」は何故発生するのでしょうか。
メーカーサイドの品質チェックに問題があるのでしょうか。
それとも、設計や生産段階において問題が発生しているのでしょうか。

この「当たり」「はずれ」についてはユーザーの責任ではないにもかかわらず、トラブルが発生するとメーカーサイドから修理費用を請求されるため、納得いかない状況です。

どなたか、ご回答いただければと思います。
特に、メーカーサイドからの回答があると助かります。
宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 う~ん、私もユーザーサイドの人間なのですが、これって特に海外メーカーの場合、間に挟まれたディーラー(の、サービスマンさん)が可哀想なんですよね・・・。何せ、海外メーカーが自社の非を認めるなんて例は、皆無に近いですし。実際、サービスマンさんと個人的に話し込むと、昔話で「あそこのあの製品には、本当に泣かされました・・・」みたいな話も結構伺うことができますし。
 日本のメーカーだと、誠実なところであれば頻回の(しかも、同部位の)障害の場合最終的には「新品交換」となることが多いと思いますが、海外メーカーの場合はそうもゆかないようで・・・。

 これは一般論ですが、「当たり外れ~」的な回答がある場合、いわゆる人間の不定愁訴のように「原因がわからない」場合が多いと思います。人間の場合だって、「検査しても全く異常はありません」「でも、実際痛いんですよ!」といった押し問答?はたまにありますが、それって治療のしようがありませんよね?で、結局対症療法やら、「判らないけど効くかもしれない、みたいな事を片っ端からダメモトで試してみる」ということをせざるをえない。こういうのって、患者さんはもちろん、医者の方だってつらいものです。それを考えると、メーカーさんをあんまりいじめる事って、個人的にはできないんです・・・・・(苦笑)。。。
 でも、実際にその医療機器が使用できなくて困るのは、事実。ですから、その点をしっかり対策(交換も含めて)していただけなければ困る、ということをいかに相手に納得してもらえるか、といったあたりが鍵になるかと思います。なお、実際の例として、海外メーカーで対応があまり芳しくないメーカーにおいて、関連学会のメーリングリストに機器の故障(実際、医療事故一歩手前でもありましたし)という話をアップ、その後にそのメールが学会HPの事故発生報告にも掲載されたところ、一気に事態が進展し、あろうことかかの国の本社から検査結果が報告されたということもありました(苦笑)。。。あまりお勧めはいたしかねますが、そのような方法もあるかもしれません(が、現場の営業やサービスの方の立場も勘案して、最善の方策をとられることをお勧めします)。

 以上、先ずはご参考まで。

 う~ん、私もユーザーサイドの人間なのですが、これって特に海外メーカーの場合、間に挟まれたディーラー(の、サービスマンさん)が可哀想なんですよね・・・。何せ、海外メーカーが自社の非を認めるなんて例は、皆無に近いですし。実際、サービスマンさんと個人的に話し込むと、昔話で「あそこのあの製品には、本当に泣かされました・・・」みたいな話も結構伺うことができますし。
 日本のメーカーだと、誠実なところであれば頻回の(しかも、同部位の)障害の場合最終的には「新品交換」となることが多い...続きを読む

Q特定管理医療機器

薬事法改正に伴い 特定管理…と非特定… に分類されますが同じ定義で 特定と非特定 で区別されている物が有ります。
この判断は誰が行うのでしょうか?
どっちとも取れるものは意図的に非特定としても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

特定管理医療機器は厚生労働大臣告示で指定されており、それに該当するかしないかで決まります。
もし該当するどうかの判断できない場合は都道府県薬務課にといあわせておかないと勝手に自分で決めたのでは薬事法違反に問われる可能性がないとはいえません。(意図的でなければそこまではいかないことが多いですが、自主回収ということはありえます。)

Q臨床工学技士と医療機器メーカー

臨床工学の学校を卒業して病院へ行く人と医療機器メーカー
に行く人がいるようですが、どちらのほうが待遇や給料は
良いのでしょうか?

Aベストアンサー

私は臨床工技技士です。

待遇や給料はその職場によってまちまちみたいです。
メーカーだと営業、転勤、移動などがありますし、実際の医療現場でのアシストをしたりしているようです。

病院だと大体は人工心肺、透析に別れますが新卒では個人病院の透析業務のほうが給料はいいようにみえます。場所によっては心肺の方が給料が良かったりしますけど。

一番は実習などで実際現場を見て、どの業務が自分に合っているのかで職場を選んだ方がいいでしょう。もちろん、メーカーさんも病院に頻繁に来ているので業務内容や、現場での行動を観察してみるのもいいでしょう。

Q人工透析のHF(血液濾過)が生体に近い理由?

某病院にて血液浄化業務をおこなってます、ダメダメの新人です。

HF(血液濾過)は他のHD(血液透析)などに比べて、生体に一番近い理由を教えてください。

Aベストアンサー

原理が違うからだと思います。
血液透析の原理は拡散と限外濾過。
生体が腎で行なうのは濾過と再吸収。

血液透析の分離は透析と限外濾過。
血液濾過の分離は限外濾過のみ。
腎では行わない透析がない分、いくらかは生体に近いのではないでしょうか。

私も今まさに学んでいる身なので正確なことは言えませんが、教科書を見る限りその違いしかわかりませんでした。
もしお持ちでないなら、ME関連の書籍を1つ、参考に購入されたらいいと思います。

Q胸部など人体を計測する「ノギス」を探しています。

胸部の厚み、腹部の横幅などを計測する道具を探しています。
イメージしているのはレントゲン撮影時に使用する人体計測用の「ノギス」です。
ネットで目ぼしいメーカーを探してみましたが、取り扱いはないようです。
レントゲン機器のメーカー、サプライヤーも探してみましたが探しだせませんでした。
どなたか取り扱いしているメーカーなり、販売者なりをご存知でしたら教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

参考イメージとしてネットで見つけた写真(写真の主は購入元はわからないようでした)を添付いたします。

Aベストアンサー

ズバリではありませんが
キャリパー(輪尺)というものが近いようです。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%91%E3%83%BC&psj=1&bav=on.2,or.r_qf.&bvm=bv.44770516,d.aGc&biw=856&bih=594&um=1&ie=UTF-8&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&ei=slpgUbbzK4ikigefjYCIAQ#um=1&hl=ja&tbm=isch&sa=1&q=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%91%E3%83%BC+%E8%BC%AA%E5%B0%BA+-%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AD&oq=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%91%E3%83%BC+%E8%BC%AA%E5%B0%BA+-%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AD&gs_l=img.3...874144.874977.8.876922.3.3.0.0.0.0.195.468.0j3.3.0...0.0...1c.1.8.img.h4Avu_TRqIM&bav=on.2,or.r_qf.&bvm=bv.44770516,d.aGc&fp=389b98d465b2e3e8&biw=856&bih=594

人体に使うならケガ防止の為に鋭いカドなどがない事が求められるとは思いますが...

かと思ったら
「ボディカリパス」という名称で、近いものが存在しました。
http://japanese.alibaba.com/product-gs/ysx1535-medical-body-caliper-510809564.html
入手方法は未確認です。

ズバリではありませんが
キャリパー(輪尺)というものが近いようです。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%91%E3%83%BC&psj=1&bav=on.2,or.r_qf.&bvm=bv.44770516,d.aGc&biw=856&bih=594&um=1&ie=UTF-8&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&ei=slpgUbbzK4ikigefjYCIAQ#um=1&hl=ja&tbm=isch&sa=1&q=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%91%E3%83%BC+%E8%BC%AA%E5%B0%BA+-%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AD&oq=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%91%E3%83%BC+%E8%BC%AA%E5%...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報