星新一さんのショートショートで、探している作品があるのですが、
題名等を忘れてしまい困っています。
内容は、近未来の世界(彼の作品ってほとんどそうですが)で、
ふれてはならないタブー、言ってはいけない言葉というのがあり、
本などのすべての記録からもその言葉は抹消されていて・・・
というものです。禁句は「戦争」だったと思います。
作品のタイトル、収録されている本(できれば新潮文庫)を
ご存知でしたら、教えてください。

A 回答 (2件)

妻が星新一フリークなのですが、あまりにも冊数が多いのと今手元にないのとで、あいにく確信はありません。

たぶんこれだと思うのですが・・・。

 「制服」か、
 「白い制服」か、
 「白い制服の男」

ではないでしょうか。そのまま文庫のタイトルにもなっているはずです。戦争に関する情報や記憶を抹消するために働く男の話で、彼の白い制服がそういった仕事に従事していることの象徴であり、誇りの印、ということでそのタイトルがついたように覚えています。

いかがでしょうか。御参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!いただいた回答を読んで思い出しました。
「白い服の男」。新潮文庫でこのタイトルで出てますね。
現物を確かめましたので、間違いありません。
星新一さんのショートショートは私も結構読んだのですが、
おぼろげな記憶はあっても、確実には覚えていないんですよね。
たすかりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/02/13 18:52

覚えているタイトルと内容が一致していないかもしれないので、はっきりしたことは言えないですが、「生活維持省」かもしれません。

新潮文庫の「ボッコちゃん」に入っているそうです。書店などでちらっと見てみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

残念ながら私の求めたものとは違いますが、これもよく似た雰囲気の話ですよね。
犯罪も事故も病気も自殺もない、安全で平和な世界。
人々は生きる権利を持つかわりに、死ぬ義務をおう。
次に死ぬ人をカードで選び出し、殺しに行く役人の話。最後は自分が選ばれる。
こちらも久しぶりに読み返しました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/13 18:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ