【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

熱力学、熱工学、伝熱工学
これらの違いってなんですか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

これがあなたにどういう意味をもつのか分からないので答えのピントがずれるかもしれませんが・・



工学は工業上の応用を考える学問です。
熱力学は、ニュートン力学を熱の授受に関するところだけに限定して展開したものです。授受する熱と仕事との関係を論じることがコア。
工学部では、工業熱力学と称して、熱力学を工業上で利用し易いように整理して教えている場合が多いようです。
その場合、熱工学と工業熱力学の間にはほとんど差はないでしょう。
伝熱工学は熱が伝わるメカニズムを考える学問です。工業上重要な分野です。
伝熱工学と銘打って講座を開くのは大学院ではないでしょうか。
学部では熱工学の分野で一括処理してしまうことが多いようです。
学部での講義はあっても伝熱概論か。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q機械工学で必要な物理分野

私は大学生です。機械工学科で主にロボットの事を学んでいます。
高校で物理をやらないで大学に入りました。
大学のパンフに補修授業があることが書いてあったのに関わらず、実際は行われていませんでした。先生方にも聞いてみましたが、やっていないし、そのような物は一切ないと言われました。大学で補習授業のようなものは無いので独学でやみくもに勉強しています。でも勉強成果は出ていません。今現在は単位を落とす寸前でした。本来なら不合格なのに先生方がいつも一生懸命授業に参加しているという理由で合格にしてくださいました。物理はどうやって勉強すればいいのでしょうか?また、物理の中で機械工学で必要な分野はどこらへんでしょうか?
今、とっても苦しいです。お願いします!!教えて下さい!!

Aベストアンサー

制御が中心でしたら、やっぱり微積と線形が大事ですね。で、物理については
『どのような現象がどのような微分方程式で現せられるか』
という視点で勉強するのが一番です。どうせ制御工学でもそういうことをするので。
力学でも電磁気学でも結局同じ形だということがわかったりして楽しいですよ。

Q大学の工学部で相対性理論とか量子力学

大学の工学部で相対性理論とか量子力学をきちんと教えているところってどこでしょうか?
東工大の電子物理工学を出ている人でもよくわかってないみたいなので、工学部だといったいどういう人なら勉強してるのだろうとか不思議です。

Aベストアンサー

量子力学: これは工学部でも電子工学や材料を勉強するならば
避けて通れない分野ですから、きちんと教えられていると思います。

特殊相対性理論: 特殊相対性理論という講義はたぶん開かれませんが、
 電磁気学か力学の講義の一部で、ローレンツ変換などについて
 ごく浅く習うと思います。

 ただし、工学部の専門科目で、相対性理論を使うことはほとんど稀なので、
 忘れてしまう人やそもそもよく理解しなかった人も多いと思います。

一般相対性理論: これは工学部ならばまず開講されないと思います。
 そもそも一般相対性理論が必要になるのは、天体物理か、
 素粒子・原子核物理を研究する人だけですし、
 普通工学部ではそんなことは研究しません。

工学部の大学生で一般相対性理論に詳しい人:
 大学の講義ではなく、個人的に興味をもって独学で勉強した人ではないでしょうか?

回答者が相対性理論に興味をもった高校生で、工学部に進学するか悩んでの質問であれば、
工学部に進学して、相対性理論は自分で本を読んで勉強するという手もあることも
検討してください。
  

Q大学に編入するか大学院に進学するか、あるいは両方か

今年から大学生になったものです。志望校であった国公立大(成績が低いため必然的に地方)が不合格で私立大に行きました。
さて、予備校の先生は「どうしても国公立大に行きたいのなら卒業後、国公立大の大学院に行くといいよ。編入という方法もあるけど、編入よりも大学院に行くほうが学歴がきれいになる。」と言っていました。
私はずっと国公立大に行きたくて国公立大にこだわりがあったので、先生に言われるまでもなく編入や大学院のことを考えていました。卒業後の進路はまだ考えていませんが、大学院への進学も視野に入れています。では国公立大に行きたい場合、編入と大学院はどちらが良いと思いますか?国公立大に編入してからそこの大学院に進学するというのもありです。もっとも、まだ大学が始まったばかりですからまずは大学に慣れることが先決だと思いますが。
質問に対する疑問点や足りない情報がありましたら言ってください。補足します。

Aベストアンサー

>学歴がきれいになる

あはは。いわゆる「学歴ロンダリング」を,なんとも的確に換言した表現ですね。

基本的な認識のずれがあると思うので,書いておきます。

1.第3年次編入学の制度は,「短期大学や高等専門学校を卒業してさらに勉強したい人」のために作られたものです。敗者復活戦ではありません。

2.ぼくは編入生もいくらか見てきていますが,おおむね学力というか,地頭というか,勉強の要領というか,そんなものが低いきらいはあります。それを熱意や努力で補える人は,ちゃんと単位をとって卒業し希望の方面に就職しています。いっぽう,国立大学の受講生の少なさ(教員の目がとどくので怠けられない)や講義の難しさから逃げまわって,卒業証書だけが目的のように見受けられる人は,いい結果になりませんね。河岸(かし)を変えても生きていける人には,それなりの根性があるんです。

3.大学院入試では,入学時に水準が高く,水準が高い教育を受けた学生のなかで,さらに大学院まで行こうという優秀者と競うことになります。ただし,専門的知識や研究計画を問われ,大学入試とはちがう基準になりますから,その方面で筋のいい人は合格できます。大学入試では理数系がパッパラパーだったけれども,哲学の才能は並じゃないというような人には可能性があります。

>学歴がきれいになる

あはは。いわゆる「学歴ロンダリング」を,なんとも的確に換言した表現ですね。

基本的な認識のずれがあると思うので,書いておきます。

1.第3年次編入学の制度は,「短期大学や高等専門学校を卒業してさらに勉強したい人」のために作られたものです。敗者復活戦ではありません。

2.ぼくは編入生もいくらか見てきていますが,おおむね学力というか,地頭というか,勉強の要領というか,そんなものが低いきらいはあります。それを熱意や努力で補える人は,ちゃんと単位をとって卒業し...続きを読む


人気Q&Aランキング