個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

ログイン項目にmailを入れているのですが、先日突然、マックを起動してmailが起動される際に、
「~メールボックス●●.mboxはユーザー○○によってロックされています。~このまま開くとメールボックスが壊れる恐れがあります。」
というような警告が出るようになり、
「キャンセル」「読み込み専用で開く」「このまま開く」という3つの選択を迫られます。
「このまま開く」を選んで起動は出来るのですが、そのあと、
「キーチェーンのパスワードまたはパスフレーズを入力して下さい」
と、パスワードの入力を促す警告が出てきます。パスワードを入力すれば問題なく使えるのですが、
以前は警告などなく起動できていたので、警告が出ないようにしたいのですが・・・。
ちなみに受信したメールの1件目を削除する際にも
「~このまま開くとメールボックスが壊れる恐れがあります。」
という警告が出てしまいます。
原因についても心当たりがありません。
警告を出さない方法と警告が出るようになった原因を教えて下さい。お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

10.1.1からセキュアルールが変更されやや厳しくなり、


パスワード要求がされることがありますね、

キーチェーンアクセスのルールを作り直してみるとか、
メッセージが出てきた時の下にある「詳細な情報」にはキーチェーン保存場所アプリケーションが表示され、
最下部に「拒否」「一度だけ許可する」「常に許可する」のボタンが付いていたと思います、
ここで「常に許可する」を選択してみるとどうなりますか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

キーチェーンアクセスを色々いじってみた所、警告が出なくなりました。丁寧に教えて頂き本当に助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/10 09:12

AppleのTILに似たような解決方法がありますが、


自分が以前Mailを使っていた時には(Netscape7にしたので最近は使ってません)、
Mailアプリがクラッシュした時にこの様な状態になりますが(OSの保護機能でファイルをロックしてるようですが、次回起動時にロックを外すのを忘れるというバグの可能性も)、
特定の文字列がメール本文などにあってもロック状態になる事もあるようです、

ユーザーアカウントのLibrary>Preferenceにあるcom.apple.mail.plist(Mailの初期設定ファイル)とあるファイルを削除して再設定でOKな場合と、

MacOS9.xで起動するか、
TinkerToolで不可視ファイルを表示できるようにして、
管理者権限のあるユーザーで、
/(USER)/Library/Mail/Mailboxes/の中にある、
メールのファイルのパッケージを開き、
中にあるファイルを確認し、
ロックされていればFinderの「情報をみる」からロックを外していけば解決する事もあります、

OSX10.2のMailは使っていないので確認できてませんが、
10.2では起きないかもしれません。

参考URL:http://til.info.apple.co.jp/cgi-bin/WebObjects/T …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございました!初期設定ファイルを削除したら、最初の警告は出なくなりました。でも相変わらず、パスワードを要求してくるんですよね・・・。これはまた別の原因があるのでしょうか?

お礼日時:2002/11/09 03:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング