メルヴィン・マヌーフやミルコ・クロコップなどの総合でのストライカーがシューズを履かない理由は何ですか?
履いたほうがキックの威力が上がるような気がするのですが。
UFCでは禁止ですがDREAMやPRIDEでは認められてたと思います

ご回答お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

総合格闘技(空手家も含む)をやってる友人たちと昨日BBQをしてきたので聞いてきました。


1. 他の人も回答しておられますが、打撃系の選手が総合で試合するとき、相手に足首を捕まれると逃げれないので極まりやすくからだと。

2. 空手家などはもともと素足なので、これも他の人が言っているように感覚を重視しているのかも。(本人に聞いてみなけりゃ分からんと)

それと友人たち皆が同じ事を言っていたのですが、シューズを履いて蹴られるより素足で蹴られるほうが絶対に痛いんだと。
彼らの足ってかなり鍛えられているのでメチャメチャ硬いんですよ。

例えば、金属バットで直接殴られるのと、バットに柔らかい皮を一枚巻いて殴られるのはどちらが痛いと思う?って聞かれました。
私にすればどっちも痛いと思うのですが、納得する一言でした。

オープンフィンガーなども同じで、拳を痛めるとかは無しで考えると素手で殴られるほうが痛いし効くそうです。

ボクシンググローブの場合は痛くは無いが、逆にあれで殴られると気持ちいいくらい効く効くんだそうです。

そういった理由でキックを武器にしている人はシューズを履かないんのではないでしょうか。

以上、格闘家の友人をたくさん持つ野球バカの回答ですので参考までに。
    • good
    • 0

ミルコ・クロコップに関してはよくわからないのですが、メルヴィン・マヌーフの場合、足をキャッチされるのを避けているからです。

彼は猛獣と言う異名をとり、ラフファイト的なイメージですが、彼の動きには緻密な計算があります。
 そして、関節技があまり得意でないために相手の技を受けにくくするためにはかないと言うのを聞いたことがあります。
    • good
    • 0

こんにちは。


足の感覚を重視してるのではないでしょうか。

私は剣道をやってたので少し判るのですが、足の感覚ってすごくいろんな情報を与えてくれるのです。
怪我した時、足袋を履くだけで全然変わっちゃって、慣れるまで、なんか空中で試合してるような感じになります。

キックの威力ですが、蹴りはそもそもつま先で蹴るわけじゃないので、靴の意味は殆どありません。
#足の甲に金具なんか仕込んだら反則だし。

空手などをやった事がなくて、つま先で蹴ってる人は靴が必要なんじゃないでしょうか。
もしくは、足の鍛え方が足りなくて、キックの衝撃を足の骨で吸収できず、靴の裏の固い素材でサポートしてる、とか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど感覚ですか。
確かにストライカーほどステップやフットワークが重要な気もしますね。

靴を履くと若干足を上げる時にロスがありそうですし。

お礼日時:2008/05/04 16:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミルコ・クロコップ 綺麗にハイキックが決まった試合

1999年~2003年くらいの間に行われたミルコ・クロコップの試合で、
一番綺麗にハイキックで相手をKOした試合はどれだと思いますか?

Aベストアンサー

99年の、リッキー・ニケルソン(ニッケルソン?)相手に放ったハイキック。右ですけど。

「ハイキックでKO」と言われると、どうしても他に思いつくのが、2006年のヴァンダレイ・シウバ戦しか
思い出せないのですが、2003年までとのことなので、OUTですね。

「ハイキックが原因でTKO勝利に結び付けられた試合」なら、いくつもあるんですけどね。。。
99年のベルナルド戦が一番印象強いです。ミルコの左ハイは打点が高いみたいで、
ベルナルドがガードしているのに、その上から当ててダウンさせていたように見えました。脱線失礼。

http://www.youtube.com/watch?v=ceYCPy0GkDQ&feature=player_embedded

Q小川良成 VS ミルコ・クロコップ

もしPRIDEのリングで戦ったなら、小川の方が勝ちますよね?

小川はこの間までチャンピオンだったのに比べて、

ミルコはK-1でチャンピオンになったことないし……

小川のインサイドワークにミルコはついてこれないと思うのですが……

どう思いますか?


注 元柔道選手の小川のことではなく、ノアの小川のことです

Aベストアンサー

猪木祭りでの永田はミルコのハイキック1発で決まりましたよね。
あのハイキックはブラジリアンキックみたいに途中で軌道を変えるキックでした。
そのため永田はミドル気味に決まると思ってガードした上に決まりました。
そういう技をガードする技術を習得する必要があります。

あと、バックドロップですが、ミルコのバックに回る必要がありますね。
今までのミルコ対プロレスラーでもプロレスラーは自分の得意な領域に持ち込むため
タックルをして寝技に持ち込む戦法をしてきました。ただ、不用意な飛び込みは
藤田戦であったような結果を招きます。そういう意味ではミルコの足の届く範囲内に
いかに攻撃されずに入ることができるか、ということが重要になると思います。
で、バックに回りバックドロップを仕掛けるためにはこのミルコの足の届く範囲内に
後ろから、それも自分の両足もその領域に入る必要があるのではないでしょうか?
これはかなり難しいものと思います。

またバックに回ることができても、バックドロップをされないように重心を低くする、
足をかけるなどをされたらただでさえ10kg重い相手ですから投げることは
できないと思います。

まあPRIDEでかつてバックドロップがなかったかというとそうでもないのですが
(PRIDE20でのジャクソン対佐竹)、三沢もバックドロップを受けるときは
自分でちょっと跳んで、自分の受け身のとりやすいタイミングで投げられる、
と言っていますので相手の協力なしに投げることは難しいと思います。

身体能力などから小川がミルコに勝つ可能性はあるかもしれませんが、
それに対する準備をしっかりとやらなければ勝てないと思います。

猪木祭りでの永田はミルコのハイキック1発で決まりましたよね。
あのハイキックはブラジリアンキックみたいに途中で軌道を変えるキックでした。
そのため永田はミドル気味に決まると思ってガードした上に決まりました。
そういう技をガードする技術を習得する必要があります。

あと、バックドロップですが、ミルコのバックに回る必要がありますね。
今までのミルコ対プロレスラーでもプロレスラーは自分の得意な領域に持ち込むため
タックルをして寝技に持ち込む戦法をしてきました。ただ、不用意な飛び込...続きを読む

Qミルコ・クロコップについて

いまやプライド無差別級チャンピオンのミルコですが、彼が総合格闘技に挑戦するきっかけは何だったのでしょうか?たしか総合デビュー戦は2001年の藤田戦だったと思います。キックボクサーとしてK-1で活躍していた選手が、いきなり総合に挑戦するにはかなり抵抗があったと思います。格闘技に詳しいかた、教えてください。

Aベストアンサー

あくまでも憶測ですが…

K-1時代に、ホースト、フグなどのトップファイターに
負けて、壁が立ちはだかっていることを実感し、
直後に無名のマイケルマクドナルドに負けています。
K-1以外に活路を見出したかったのではないでしょうか?

人によっても考え方は違いますが、一般的に制約の
少ないルールのほうが「路上戦闘」に近いですから、
「人類最強」を決めやすい と思います。
幼少期にユーゴ紛争を経験し、それがミルコの「戦う意欲」
を覚醒させたのですから、ルールの少ないリング(=MMA)
に移籍するのも最もだと思います。
(なぜミルコがもともと立ち技にこだわったか は、
ジャンクロード・バンダムの影響だと思います。)

ボクは、シウバとの一線がミルコのMMAへの進退を
考えたきっかけとなったのではないかと思います。

ミルコは現状に甘んじる選手ではなく、次々と
自分に課題や目標を課して、努力していく選手ですから、
K-1→PRIDE→UFC というのは、ミルコらしい流れだと
思っています。
(結局はPRIDEに戻ってくるような気もします)

あくまでも憶測ですが…

K-1時代に、ホースト、フグなどのトップファイターに
負けて、壁が立ちはだかっていることを実感し、
直後に無名のマイケルマクドナルドに負けています。
K-1以外に活路を見出したかったのではないでしょうか?

人によっても考え方は違いますが、一般的に制約の
少ないルールのほうが「路上戦闘」に近いですから、
「人類最強」を決めやすい と思います。
幼少期にユーゴ紛争を経験し、それがミルコの「戦う意欲」
を覚醒させたのですから、ルールの少ないリング(=MMA)
...続きを読む

Qミルコ・クロコップ選手について

K-1のミルコ・クロコップ選手の大FANです♪ミルコについてどんなことでもいいので教えてください★公式サイトなどは知っているので割とレアな情報おねがいします(^.^)

Aベストアンサー

ミルコ・クロコップ・フィリポビッチ
出身クロアチア

彼は96年に一度ミルコ・タイガーと言う名前でK-1デビューしています
96年K-1GP開幕戦でいきなりジェロム・レ・バンナからダウンをうばい
判定勝ち、それから期待の新人として騒がれるが、2回戦でホーストにKO負け
その後しばらくK-1から姿を消して最近K-1にもどってきました
もともとK-1GP初代王者ブランコ・シカティックの弟子で96年K-1GPでも
セコンドにいます。当時はシカティックの弟子にホーストがリベンジする
と話題になったものです。96年K-1GPはレンタルビデオでもでているので
若き日のミルコをみてみては?

Q秋山成勲とメルヴィン・マヌーフの違反行為処分の格差

昨年の大晦日dynamiteで桜庭選手と対戦した秋山選手は体に油のようなものを塗っているとの事で結局後日負けになりました。
そして、メディアやファンに相当叩かれ今でも反響があります
年が明けてHERO'S開幕戦でメルヴィン・マヌーフが足の裏にマツヤニを塗っていたとリング登壇後のチェックで明らかになり、イエローカードが出されましたが、試合はそのまま行われました。
その後のメディアやネットの情報等を見ましたが、マヌーフ選手の行為は秋山選手ほど叩かれるわけでもなく、今月のdynamiteUSAにも何気なく出場予定になっています
何故秋山選手ほどマヌーフ選手は叩かれないのでしょうか?
桜庭選手に対してやった事が大きいのでしょうか?
個人的にはそういう問題ではないと思っていますし、選手によって影響力が違うのはわかりますが、あまりにも処分が違いすぎると思っています。

Aベストアンサー

ファンの反発の有無が最大の要因でしょう。以下の要素が反発を高めたでしょう
・ダイナマイトという大舞台で桜庭に対して行ったという事
・マヌーフは未遂で終わったのに対して秋山は既遂である事
・犯行直後のFEG・TBS・秋山の誠意にかける対応
・秋山にはもともとアンチが多いこと(国籍によって2ちゃんねらーから嫌われ、柔道時代の疑惑で柔道ファンから嫌われ、大会側の露骨なプロテクトで一部の格闘技ファンから嫌われ、私もダイナマイトはカード決定時からドン引きでした)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報