今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

韓国語は単語の途中で有声音化(濁音化)が発生しますが、韓国人は清音・濁音の聞き分けができないと聞きました。

例えばハングゴ(韓国語)を日本人が、ハンクコ、ハングコ、ハンクゴ等と発音すると韓国人にはどのように聞こえるのでしょう。全て同じに聞こえるのでしょうか。差があること自体は分かるのでしょうか。

韓国語ネイティブかそれに近い方がおられたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

韓国語ネイティブではないので推測になりますが、「訛っている」と判断されるのではないでしょうか。


外国人が日本語を喋ると得てして「ん」の使い分けがおかしくなりますが、これを私は「外国人訛りの日本語」だと感じます。
文字で書けと言われれば同じになるけれど何か変な感じがする、そんなイメージではと思います。
清音が激音になるような、向こうの文字でも表記し分けられる感じられないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

確かに外国人の「ン」の発音に違和感を感じることがあります。

3種類の「ン(n、m、ng)」のどれを発音しているのかは分からないが日本語として正しく発音していないことは分かるという状態なのかも知れませんね。

お礼日時:2008/05/05 07:16

あの、簡単に自分の考えるところを申しますと。


そんなことはありません。
「ハンクコ、ハングコ、ハンクゴ」はみんな違いますから、聞き分けできると思います。実際色んな単語があるじゃないですか。
ま、日本語は音がより少ないから、より気にするかもしれませんが、とにかく当たり前に聞き分けると思います。
日本語の1音節目の清音を濁音で発音する癖はあるようですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

日本人は 3種の「ン」の発音を使い分けはできても、聞き分けはできないように、韓国人は平音の清音、濁音の聞き分けはできないのかと思っていました。

お礼日時:2008/05/04 17:30

聞き分けは当然できます。

ただし区別してないだけ。
区別といっても音の意味の区別ではなく音としての生りを区別してないだけ。
日本語に例えるならば

泣き所(なきどころ)を(なきところ)とは、読みにくいでしょう。
つまりそういうことです。
ここではハングル表記ができないので、説明しにくいですがg-k d-tの子音は単語の発声での最初の発声部分では清音で始まるのが普通ですが音の流れの途中に存在すると一般的に有声化します。
音の流れの途中であっても同じような音を所謂清音として読ませる場合には、また違う文字がありますので、韓国語はハングゴと読まなければ。
?という顔をされるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

日本人は 3種の「ン」の発音を使い分けはできても、聞き分けはできないように、韓国人は平音の清音、濁音の聞き分けはできないのかと思っていました。

お礼日時:2008/05/04 17:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q감다の読み方は?なぜ濁音化しないんですか?

감다(目を)閉じるの読み方は감따のようですがパッチム口の後なのでカムダのように濁音化しないんですか?なぜに濁音化??
남다もしかり남따と発音するみたいです。

감기はカムギと濁音化されるのに、納得いきません。

どうしてか教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

語幹の最後がパッチム m、n のとき、t で始まる語尾が付くとその t は濃音化するという規則が有ります。

一応 ta は原形を作る語尾なのでこの規則に該当します。

Q【長文です】韓国語は語頭が濁らないってウソ?

韓国人から韓国語を習っています。その先生はとても日本語が上手で、敬語、尊敬語、謙譲語等も
私達日本人より正しい言葉を使える方なのです。先日 発音の練習をしていたら指摘を受けました。
(1)「見る」「行く」「暑い」「甘い」等々の単語の 語頭の発音が「少し強いです」といわれました。
見る→b
行く→g
暑い→d
甘い→d
・・・上記のようにアルファベットで発音を書いて下さったのですが、全て濁音になっていますよね?
私の持っているテキスト全てには 「韓国語は語頭はにごらないという法則がある」とか「カ・タ・パ・チ」
の音が語中や語尾に来た場合は「濁音化」すると説明されているので
それを鵜呑みにして今まできておりました。
先生にそれを話すと「そんなことはないですよ!ためしにdやgの音にして発音してください」と
おっしゃるのでそのようにしてみると「それでokですよ!すごくいい発音です!」と言われました。
(2)「餅」→dd 「短い」→jjでとの指導も。
(3)「脱ぐ」「易しい」等のパッチムの音も「p」ではなく「b」で 発音が「上手です!」といわれました。
(4)会話のCDを聞いてみると、語頭が濁音化されているものはないのです。いろいろなテキストに
付録されているCDを全てをよく耳を澄まして聞いても 語頭からgdbjの音で発音されているようには
どうしても聞こえないのです。。。

そして同じ「行く」の単語が語中や語尾に混じる文章でも gのときとkのときとがあって
どう理解すれば良いのかますますわからなくなりました。
他に知り合いの韓国人にもきいてみましたがやはり「見る」→「p」ではなくて「b」だと言います。

(1)(2)(3)(4)を全て答えていただけなくても結構なので
詳しく分かりやすく すっきり説明してくださる方 待っております

韓国人から韓国語を習っています。その先生はとても日本語が上手で、敬語、尊敬語、謙譲語等も
私達日本人より正しい言葉を使える方なのです。先日 発音の練習をしていたら指摘を受けました。
(1)「見る」「行く」「暑い」「甘い」等々の単語の 語頭の発音が「少し強いです」といわれました。
見る→b
行く→g
暑い→d
甘い→d
・・・上記のようにアルファベットで発音を書いて下さったのですが、全て濁音になっていますよね?
私の持っているテキスト全てには 「韓国語は語頭はにごらないという法則があ...続きを読む

Aベストアンサー

もう既に、回答を得られているかもしれませんが、私も昔疑問でしたので…。
まず、音の区別として(1)清音/濁音 (2)平音/激音の区別を考えると、
(1)は韓国人には難しく、(2)は日本人には難しい。ということがあります。

また、
アルファベットの「b/pの違い。」「k/gの違い。」を
日本人は(1)の違いととらえており、韓国人は(2)ととらえている。
という事情が話をややこしくします。

日本人にとっては
b/pの違い =濁音/清音のちがい。
韓国人にとっては
b/p=の違い =平音/濁音の違い。
のようです。

つまりアルファベットの音は日本人と韓国人は異なる
とらえ方をしてます。

 韓国人が「bでなくpで発音!」とか「kでなくgで発音」
といった場合、日本人はこれをそのまま受け止めてはいけなく、
韓国人にとっての違いに読み替えて、平音でなく激音 とか激音でなく平音という意味でとらえないといけないです。

互いにアルファベット表記で意図している音が違いますので、発音の説明に
アルファベットを使いだしたら注意が必要です。

あと、語頭の平音は濁らないというのは、日本人から見た法則です。
そもそも韓国人は清音と濁音の区別はしないのですから、彼らは語頭でも
語中でも同じ平音のつもりでいます。
また、語頭の平音を濁音で発音しても、韓国人は清濁の区別をしないので
平音にさえなっていれば濁っていても通じます。
また、音声学的な事実として、韓国人は「(自覚なしではあるが)語頭の平音は濁らずに発音している」はたいていは事実のようですが、私の経験上は語頭でも濁って発音するケースもあるようです。
 人によって、そういう発音しがちな人とそうでない人があるような気がしていますし、当然発音時の、前の発話の影響もあるようです。
たとえば、直前の話が、口篭もるような、フェードアウトするような感じだが、ずっと小声で発音が尾を引いて残っている状況での次の発話に移る場合とか、は語頭ではあるが、音声としては、前の音をつながってるので濁るとか…。

もう既に、回答を得られているかもしれませんが、私も昔疑問でしたので…。
まず、音の区別として(1)清音/濁音 (2)平音/激音の区別を考えると、
(1)は韓国人には難しく、(2)は日本人には難しい。ということがあります。

また、
アルファベットの「b/pの違い。」「k/gの違い。」を
日本人は(1)の違いととらえており、韓国人は(2)ととらえている。
という事情が話をややこしくします。

日本人にとっては
b/pの違い =濁音/清音のちがい。
韓国人にとっては
b/p=の違い =平音/濁音の違い。
のようです...続きを読む

Q単語の語中・語尾の濁音化について

独学で韓国語の学習し始めて間もないのですが、分からない事があるので
助けて頂ければと思います。

韓国語では単語の先頭か中・後によって濁音が付くか付かない発音があると学びましたが、
例外もあるのでしょうか?

画像に例として3つの単語をあげましたが今まで習ったように読むと、
 (1) メクジュ
 (2) ソジュ
 (3) ピビムバプ
となると思いますが、実際は(1)と(3)の語中、語尾の濁音の変化の仕方が
違いますよね?

 やはり単語ごとに濁音の変化が違う場合があり、読み方も単語ごとに覚えた方がいいのでしょうか?
単語の語中、語尾だから濁った発音で読んでいると上記のように間違った発音になってしまいますよね。

 また、単語だけではなく文章になった時の濁音化も教えて頂けると助かります。
 例)アンニョンイ カセヨ(ケセヨ)
 上記の文章だと発音的には「アンニョンイガセヨ(ゲセヨ)」となるのでしょうか?
それとも「カセヨ」で区切って一つの単語なので『カ』は濁音化しないものですか?

Aベストアンサー

1.「ジュ」に対する報告書。


人気Q&Aランキング