個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

こんにちは。私は現在大学2年生で、部活で柔道をやっています。
柔道は好きなのですが、やはりどうしても腕や太ももに筋肉がついてしまいます。
割と筋肉質なようで、ちょっと運動しただけですぐ太ももがふっとくなってしまいました。
入るズボンを探すのも苦労するし、夏は特に二の腕が張っていて、一見脂肪に見えるんですよね・・・・・。
やっぱり大学生なのでおしゃれもしたいし、女の子らしくなりたいです。今のところは、授業が忙しくて毎日の練習のうち、週3~4回練習しているので、まだ大丈夫な気がします。私は足首や手首は細いほうで唯一の自慢なんですが(^^;)先輩をみていると足首も太めだし、肩ががっちりしていて、私もあんなふうになってしまうのかな・・・・。と怖いです。
よく雑誌にのっている、ひきしめ方法は普段スポーツをやっていないからこそ、筋肉がちょっとついて引き締まるのだと思うので、あまり意味ないですよね・・・・・。目指すは「バレリーナのような柔道家」なのですが、無理でしょうか・・・・?


女性で柔道をやっている方、バレエをやっている方、その他のスポーツをやっていらっしゃる方・・・どなたでもよろしいのでアドバイスをいただけませんか。男性の場合には、がたいのいい女性はどう思うかも聞きたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

バレリーナのような柔道家といえば思い出すのが、山口香先生とシドニー、アテネオリンピック代表の日下部基栄選手です。

お二人ともスマートで人気のあった柔道家です。奇しくも師弟でもあったのですが、お二人ともすごくもてたそうです。そうだろうなと思います。

山口香先生の柔道の技の解説書に「柔道ビクス」の項目があったのには大変驚きました。柔道とエアロビを合体させたような動きで、先生自ら演じていました。美容ということも考えていらしゃったのだなと思います。(ちなみに昔空手には空手ビクスというのがあって、今日のスポーツジムのコンバット、キックエアロに発展しています。音楽に合わせて空手、キックの動きをするのですが、汗をかき痩せる効果もあってジムでも男女ともに人気のあるメニューです。打撃系は痩身の効果があります。)

柔道の町道場に高校生、大学生、社会人の女性の方がいましたが、ごつい人はいませんでした。ただみなさん週に2、3回の稽古量がさほどでもなかったこと、あと筋力トレーニングも全くやらなかったのでそうだったのだろうなと思います。子どもの頃からやってるという二十代の女性も痩せて華奢で、私服だと柔道をやっているようには見えませんでした。男性も筋肉隆々の人は少なかったです。ですから稽古の内容も関係あるのかもしれませんね。

私は筋力トレーニングに関してはやったほうがいいという考えですが、ただ女性が一日に長時間、そして長期間やるとごつくなるのではと思っています。体質によるので一概には言えませんが、やっぱり筋力トレーニングを長期間やってる女性にはごつい人が多いような・・・たしかに柔道やレスリングなどの組み技系の女子選手に多いですね。高校、大学の部活動、更には選手として選ばれた後も練習が激しくなります。筋力トレーニングもやっている人は相当の練習量なのだろうと思います。

誰とは言えませんがある組み技系の女子選手は、子どもの頃痩せて華奢な感じがしていましたが、男子に混じって練習しているうちに段々顔つき、体つきがごつくなってしまいました。筋力トレーニングもかなりやっていました。

ただ、これは男性に混じって練習することで、立ち居振る舞いや言動、食生活などにおいて影響を受けるからだとも思います。(その女子選手は非常に礼儀正しい女性らしい人ですが) ある大会である高校柔道部の女子部員を見たことがあるんですが、バッグを放り投げたり、がに股で歩いたり、あぐらをかいて荒っぽくしゃべるなど振る舞いが男のようでした。そして翌年見ると本当に男っぽくごつくなっているんですよ。あんまり言いたくないですが、顔が男っぽくエラが張っていたり肩幅が広くなっていました。(それが彼女達のジェンダーかもしれないので100パーセント悪いとは言いませんが)

空手や合気道では女性の体型がそのように急に変化することはあまりないので、やっぱり組み技をやる以上はそういったことは覚悟すべきかもしれません。ただ山口先生、日下部選手、私の通っていた町道場の例もあります。野村選手もスマートですよね。野村選手はテレビで筋力トレーニングはまったくしないと言っていました。繰り返しますが稽古内容、稽古量にもよると思います。

あと痩せていても選手を引退した後に太ってしまった人もいますし、逆に太ってごつかったのに減量して痩せてきれいになった女子プロレスラーもいます。筋肉がついても減量次第で痩せます。今後の日常の運動量、食事も大いに関係すると思います。すいません、長いばかりで答えになっていないですよね。(^_^.)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに、日下部選手や山口選手はまったくごつくはないですよね。
先日(といってもずいぶん前ですが・・・)テレビで赤ちゃんをかかえた日下部選手をテレビで拝見して、とても女性らしくきれいになっているのには驚きました。やはり、柔道を引退すれば美しくなることも可能なのだな、と心強く思いました。柔道ビクスの存在は、はじめて知りました。

やはり、普段の振る舞いからも男らしくなってしまう場合もあるのですね。私は比較的、筋肉がつきやすいほうなので、太ももなどは中学校のときは週に3回の練習で筋トレもやっていなかったにもかかわらず、太くなりましたm(_ _)m

なんだか、柔道における振る舞いを客観的に見ることができたような気がします。回答、ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/17 07:08

男性です。

がたいの良い女性大好きです。(^^)
むしろ逆に細いのはちょっと個人的には・・。

女子大学生だとやはりオシャレしたいですよね。お気持ちもわかります。
ただ、柔道されていてバレリーナなら間違いなく怪我します。
柔道が好きなら柔道に適した体格にならないと後遺症が残るような痛い目にあいます。
本格的にやられていて、乙女心も兼ね備えている方と想像します。
オシャレ、体系のほうを重視したいなら柔道を趣味程度に自身の中で格下げして柔道を二の次にしてみたらどうでしょうか?(柔道好きなら無理だと思いますが(笑))そうすればおのずと体系も細くなるかと思われます。
僕は空手有段者ですが痩せてて怪我多くて、困っているほどですから。
女性としての心と柔道家としての心の葛藤ですね。

答えになってなくてすみません
    • good
    • 4
この回答へのお礼

がたいの良い女性がお好きな男性もいらっしゃるのですね。安心しました(^^)

バレリーナではないです。体が柔らかいほうが怪我もしにくいので、ストレッチは毎日やっていますが・・・。
柔道はスキですが、毎日やっていると嫌になるときもあります。
まわりからも趣味程度にやったらいいよ~とアドバイスを受けました。
hbjc3sk5さんはやせていて困っているのですね。知り合いの柔道家に同じような悩みを持つ人がいて、おなかいっぱいでもおかわりして大変そうでした。

ちゃんと答えになっていますよ!ありがとうございました!

お礼日時:2008/05/15 00:38

一般的にはNO2の回答にあるように食事制限が一番なのでしょうけど、わたし場合例えば痩せの大食いで食べても太らないために悩んだ(笑)経験はあってもダイエットで悩んだことはありません。

 ほんとに女性の場合そういうのが1%なのか解りませんが、体質の場合もあるわけですし、 柔ちゃんや今回その谷選手を破った若い選手(名前をふと忘れてしまいましたが)のような確かにバレリーナほどではなくても細身の筋肉の強い(柔らかく弾力がる)選手も、たくさんいるわけです。   バクバク食べたというのは確かに原因のひとつでしょうけど、 じゃあ谷選手達がみんな小食あるいはかなりの食事制限をしているかというとそれもあるかもしれないけど、やはりそういう体質であるという点も 自分がそうなもので女性でももっとたくさんいるのではと思えてしまっています。

で、回答かどうかは解りませんがちょとユーモラスな話なんですけど、私は本屋で「太りたい人のための本」というのがあったので思わず衝動買いしたことがあります。 レジでお金を払う段で、レジの女の子が笑いをこらえてるのが解り「あ」と恥ずかしくなったのですが、そこまではただ夢中でこれはいい本見つけたとばかり思ってました(笑)。 内心ほんとに悩んでいたんです。    そうそう、でもそこには健康になるさまざまの方法が書いてありましたから損はしなかったのですが、 さて、それを実践した私は何キロ太れたでしょうか?  去年も53キロ、今年も53キロ、という感じでなんと0,1キロさへも変わらなかったかもしれないわけです。

私は男性ですが、 このへんは、人は一生、 なにが大事なのかは忘れないようにしたいですね。  まず健康という魅力はなんものにも変えがたいですし、美味しいものを美味しくいただく心は、ロボットがどんなに発展しても実際に見たり感じたりすることのできない生物の特徴の中でも うーん、なんていったらいいんだろう、 最高に尊い命の世界の1つじゃないですか?   あ バクバク食べるっつうのは過ぎたる世界。 ダシの香り、新鮮な取れたての野菜、 調理の違いの解る女(笑)になってくだされ。

 柔道ってすごいと思います。 ほんとうに好きになったらたぶん、谷選手のような総合的な魅力も これは体質に関係なく養われていく世界だと思います。  

これからいろいろお化粧とか美容とかの学習していかれるときに、憶えているといいのではと思うことは、たしかに美人の方が得なのですが、それはそのほうが内面の魅力が より大勢の人に解りやすいからであるだけですよ、 ほんとにその本質をよく考えればそういうことです。

ここにおごって内容の浅い美人はかえってすぐ飽きられてしまいがちだったり損をすることさえあると知ってください。  であって、その上での社会生活での女性としてのたしなみというふうに全体的に美容を理解すると気が楽になるのではないでしょうか。

太ってても魅力的な女性、これはもうほんとうに魅力的だと思いませんか? 大勢の人にとってというのは、ここまではそうとうな魅力でないとだめですが、 でもほんとうは、愛する人にじっくりとどこまでも自分の魅力をわかってもらえるようになればいいのであれば、 特に若いうちは料理その他あらゆることを深くひろく学習されることをおすすめしたいですね。

柔道部活も 思いっきり打ち込んで二の腕と太ももの太い美人を目指してください(笑)。   ぁ その笑顔があれば、「がたいのいい女性」はかえって「健気さ」という名の女性美として見えてきたりします。 そういうふうに受け取ることのできるすてきな男性達は 多いとおもいます。

へんな回答となってしまいました。でもこれは男性の思いとしては1つの真実だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そのような見方もあるのですね。目からウロコが落ちた思いです。
確かに、見た目よりも幅広い知識を携えている人や料理がプロ並みにうまい人には尊敬の念を抱きます!
内面の自信は外にもあふれ出ますものね。谷選手を見ると、かっこいいと思います。
私は前々から姿勢だけは、気をつけて背筋をつねに伸ばしていますが、最近は食事をちょっと抑えるようになりました。案外大丈夫なもので、今までが食べすぎだったんだな~と感じています。
ちょうど試合も近く、減量しなくてはならないのでがんばります。
今回は3キロ近く落とさねばならなくて、初めてこんなに落とさなければならないので不安です。いままでは1キロ程度でした・・・。

話がそれてしまいました。最近、柔道をやめることばかり考えていたので、新たな見方に救われました。もうちょっとがんばってみます!
ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/07 21:03

一般的に柔道やレスリングのような組技系の競技は太りやすいといわれています。



その理由は
1.普通のスポーツは自分の身体を動かすだけに筋肉を使いますが、組技系はそれに加え、相手の体重を移動させたり、相手の力に力負けしないようにパワーを必要とするため、大変激しいカロリー消費を必要として、必然的に食事の量が増える傾向にある。

そのため大食が習慣化される。

2.そしてこの多くのパワーを必要とする競技特性により、筋肉肥大を促すような筋肉の使い方をする傾向が、他のスポーツよりも大きいのです。
昔はこの一気に力むような行動を「気張り」なんて言いましたね。

3.そしてもう一つが、柔道という競技自体、体重が多い方が有利な特性を持っているためついつい沢山食べるのが許容される風潮自体があるんですね。

もっとも現在は階級制があるので、無限定に身体を大きくすれば良いってもんでもないですが。

さて、このような特性を持つ柔道を実践されてる女性が、いかに女性的な身体の線を保つかですが、これはやはり食事量の制限しかないと思います。

以下は質問者さんには多少不愉快な内容かもしれませんが、悪意は無いので冷静に聞いてください。

質問者さんは、ご自分を筋肉質で、それがゆえに太っているとおっしゃっています。

しかし実際に、日本人女性で筋肉のみで太っているという女性は、特殊なドーピングをしているビルダー以外では、私は寡聞にして実例を見たことがありません。

女性はホルモンの関係で「筋肉太りしている」と言えるほどの筋肉量をつけるのは、ほぼ不可能と言って過言ではないのです。

ほとんど(99%)の固太りの女性と言うのは、筋肉+脂肪で太っているのです。

では筋肉だけで脂肪をとことん削り落とした場合には充分なパワーが出ないかと言うと、そんなことはありません。

フィギュアの浅田真央は163cm45kgの体型でベンチプレス47キロ、スクワット80キロの重さで普段のトレーニングをこなしています。
またハンマー投げ室伏広治の妹、室伏由佳は170cm67kgでやはりベンチは楽に100キロを超えます。(一説には握力70キロ、ベンチ130キロとか?)
http://www.tbs.co.jp/seriku/program/welove_poste …

ちなみに下記はベンチ・プレスの女子日本記録です
http://www.jpa-powerlifting.or.jp/japan-rec/reco …

ですから、体型を細くキープしたいなら、やはり食事制限しかありません。
しかしあなたの場合には日常の稽古に支障の無いように厳密なカロリー計算が必要になります。

もしも本格的に減量をしたいなら、ボディー・ビルの専門誌などで研究をする必要が出てきます。

それと手首・足首についてですが、女性の場合には男性に比べ、手首足首のような関節部分にも脂肪細胞を持っていたり、むくみの傾向がある人が多いです。

たぶんあなたの先輩方が手首足首太いのはこの脂肪かむくみが原因です。
なぜなら人間は手首や足首の部分には筋肉が無いので、その部分が鍛錬により極端に太くなることは考えられないからです。

しかし幸いあなたの場合には、そういう傾向は無いようなので特に注意する必要はないでしょう。

もう20歳くらいになってると思いますので、成長期と違い極端に骨自体が太くなることは無いからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧な説明をありがとうございます!
浅田真央さんのベンチ47キロにはびっくりです!華奢にみえるのに、すばらしいですね。スケート選手もジャンプ力をつけるのに足の筋肉は発達していますが、皆さんきれいですよね。
私は始めた当初、急激に2キロ減って、それをいいことにばくばく食べていたのでそれが原因かもしれません。
手足首に筋肉がないことも驚きです。太ももが太いのと、くびれがまったくないのが悩みですが、少しづつ研究していきたいと思います!
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/05 20:12

 まず腿が太いのはいいことじゃないでしょうかね。

太いとみっともないのはふくらはぎで、腿が細いと女性の大き目のヒップと細い腿がアンバランスで奇妙なスタイルになってしまいます。

 腕の太いのは確かに水平に上げると目立ちますが、いつもは手を下げた姿勢ですから殆ど問題ないのでは? それに水平に上げてもプルンプルンと揺れるわけではないからいいではありませんか。

 貴方は美しい体型が一つしかないと思い込んではいませんか。怒り肩でも綺麗に見える人とそうでない人がいます。それはなで肩でも同じことですよね。自分の体型を悲観的に見て悩むなんて愚の骨頂です。それをいかに綺麗に見せるかを工夫すればいいではありませんか。その方法が必ずある筈です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> 貴方は美しい体型が一つしかないと思い込んではいませんか。

理想の体型はあります。それに向けて努力しているつもりです。しかし、いかにきれいに見せるかの工夫も大事ですね。よーく自分の体を見て、きれいに見えるところを探してキープしたり、明らかにまずいところは改善してゆきたいです。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2008/05/05 20:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q柔道の選手が痩せない理由

棟田選手とか柔道家には太っている人が非常に多いですがなぜ毎日ハードな練習をしているのに痩せないのでしょうか?相撲取りは朝食抜きで練習をし昼食を取った後に昼寝をするから太っているのは知っていますが柔道の選手はそのような生活はしてないはずなのになぜでしょう?

Aベストアンサー

他の回答者の皆さんのおっしゃるとおりです。

私もいくつか補足させていただきます。

1.まず幼少時・少年期にスポーツを始める際に、柔道を選択する男子には割合的に他のスポーツにくらべ肥満体型の少年や、身体の大きな傾向の少年が一定数含まれているという要素が大きいです。

脂肪細胞というのは、近年の研究では成長後もいくぶんか数を増やすということが分かってきましたが、それでも基本的には幼少時の栄養状態や遺伝的素養によりある程度決定されると言われています。
そして肥満とはこの脂肪細胞が増えるのではなく、元々持っている各脂肪細胞ひとつひとつが大きくなることを意味します。

つまり柔道を子どもの頃からやっている男児は比較的大食いで、脂肪細胞の数も多く太りやすい体質をもっている人が多いのです。

ご存知のとおり、筋肉を増大する際には充分な負荷過重プラス充分な栄養が必須となります。
そしてその際にはある程度脂肪も増量するのが一般です。
(ボディ・ビルダーなどはこの増量期の後に意識的に減量期を実施し、脂肪をそり落とします)

柔道の選手は元々の増大しやすい体質プラス激しい運動量にともなう多量のカロリー摂取により、身体が大きくなりやすい性質を持っているといえます。

もちろん中量級以下の選手では、試合に向けての減量がなされるのですが、重量級ではその必要が無いため、充分な栄養+激しい運動+元々の体質⇒運動しているのに肥満体型、となるのでしょう。

2.柔道の競技特性と体型については次の質問の、私の回答No6をお読みください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4860274.html

3.なお相撲取りの食事についてですが、多少誤解をお持ちです。

相撲取りは一日2食で太るといわれていますが、実際の相撲取りは2食ではない人の方が多いです。

たしかに朝食を多量にとると充分な稽古が出来ないことや、かつての豊かでない時代に充分に吸収を行いたいという理由などから、伝統的に朝食はとらない風習があり、朝食は食べない力士は今でも多いです。

しかし近年は空腹状態からの激しい運動&その後の多大なカロリー摂取は血糖値の急激な落下上昇を招くという危険から、朝稽古前に軽く腹に入れるという部屋もあると聞きます。

そしてなにより、力士はその後昼と夜の2食しか食べないわけでなく、一般的に間食や夜食を充分に食べるのが普通です。

ですから力士が太るのは2食だからではなく、あくまでも通常人の数倍のカロリーを摂取するからであると考えるべきです。

ちなみにここ20年くらいには力士の筋トレ採用がかなり一般化しているので、夜などに充分な筋トレをしてその後たっぷりと夜食をとるという力士は沢山いると聞きます。

特に太れなくて悩んだ寺尾(現・錣山親方)のようないわゆる「ソップ型」の力士などは、寝る前に夜食を一生懸命食べるのに苦しんだなんて逸話は沢山あります。

他の回答者の皆さんのおっしゃるとおりです。

私もいくつか補足させていただきます。

1.まず幼少時・少年期にスポーツを始める際に、柔道を選択する男子には割合的に他のスポーツにくらべ肥満体型の少年や、身体の大きな傾向の少年が一定数含まれているという要素が大きいです。

脂肪細胞というのは、近年の研究では成長後もいくぶんか数を増やすということが分かってきましたが、それでも基本的には幼少時の栄養状態や遺伝的素養によりある程度決定されると言われています。
そして肥満とはこの脂肪...続きを読む

Q柔道選手の体はなぜあんなにすごいの?

オリンピックを見ていても、柔道選手は特別いい体をしているなとおもうんですが、前にテレビで野村選手が器具を使った筋トレはしたことないって言っていたのですが、どうやってあんな体を作りだしたんでしょうか??
また、普段柔道選手はどういう練習メニューをされているんでしょうか?栄養補給のタイミング等も教えてほしいです。

Aベストアンサー

柔道経験者です。

まず前提としてどういう体型を「いい身体」とするかってのがあります。
以下の回答は多少質問者さんの認識を否定してしまう内容も含まれてしまいますが、悪気はありませんので気に障ったらご容赦ください。

まず質問者さんが柔道家の中でも60キロ台の選手が特にいい身体に思えるのには2つ理由があります。

(1)質問者さんはおそらく、締まっていて筋肉がある程度くっきりと現れるような体型が好みって傾向があるのだと思います。

柔道という競技は、その競技特性として常に自分の身体の移動に加え、相手の身体をコントロールするという性質を持っています。
競技の間ずっと50キロ以上時には100キロ以上の物体(しかも自分の動きに逆らおうとする物体)をコントロールしようとし続けるなんて競技はオリンピック種目の中でも、重量挙げのようなものは別として柔道とレスリング以外にありません。
したがって当然に筋トレ的要素が他の種目に比べ高くなります。

さらに柔道は恒常的に畳に叩きつけられるという要素もあるため、必然的に身体が大きく、というより「分厚く」なる要因が非常に高いのです。(これはやってみると分かりますが、単純に筋トレなどで身体を鍛えていても投げられる耐性はできません)

相手を投げる動作などで「ウォーッ」と力を身体に加える動作を、昔は「気張り」などと呼び、この反復継続が柔道に適した身体を作り上げると言われていました。

そのため必然的に柔道家は分厚く強い体型を備えることになります。

ところで、そのような競技のトップ選手の身体で60キロそこそこの選手というのは、実は男性としてはかなり元の体型が小さな部類に含まれる体型なのです。
つまり背も高くないし、また胸郭や肩幅その他の骨格も元々は比較的キャシャな部類に入る体型なのです。
(余談ですが谷亮子が長く世界のトップに君臨できたのも、女子とはいえ柔道という競技で48キロ以下に体重をセーブするのは、元の身体がかなり小さい=世界、特に欧米の層が極端に薄いという「僥倖」もありました)

ですので60キロそこそこの選手というのは、元の骨組みが小さいところに筋肉がつくので、写真で見るとかなり「いい身体」に見えます。
これはちょうど、さほどたいした運動をしていないジャニーズの男の子や、ウォーターボーイズの男の子とかが痩せているとかなり「いい身体」に見えるのと同じ原理です。

60キロ級の選手はたしかに裸の肉体は見事ですが、実際に向かい合ってみるとその体型は80キロ・100キロ級の選手と比べると、その「圧倒感・存在感」にははるかに及ばないのが実感できます。

ましてや身体を「造形」する専門家であるボディ・ビルダーには、「いい身体」って意味ではとても及びません。
ビルダーがあなたにとって「異様」に見えるのは、おそらくビルダーがコンテスト時に極限まで脂肪を削ってしまうことや、身体に特殊なオイルを塗ったりすることなどの要素から、見慣れていないって原因があると思います。
(もちろん筋力も柔道家ではビルダーに勝てませんが)。

ですので60キロクラスの柔道家が、スポーツ選手の中でも「格別」に思えるのは、あなたの「錯覚」もひとつあります。

(2)とはいえ、同じ60キロ級のスポーツ選手の中でも他の競技に比べ、たしかに「ゴツイ」印象を与えることも事実です。

これはボクシングと比較するとその特異性が際立ちます。
ボクシングと言う競技は、まずバーベルを挙げるような筋力よりも、筋肉をパーンとはじかせるバネのような筋肉特性が求められます。
また柔道に比較すると試合時間が極めて長く、持久力勝負の要素がとても大きいのです。
実際ボクシングはパンチ力なんかよりも、持久力の要素の方が強いくらいで、試合前半の生きの良いパンチではダウンしないのに、後半お互いフラフラになった状態でのパンチでKOが起きるなんてのはこれが理由です。

ボクサーが柔道家のような筋肉を付けたら、とても10ラウンド12ラウンドみたいな長丁場は持ちません。
しかし柔道家は相手の重い体重をコントロールする能力が求められ、かつそれは長くて10分程度の時間です。

そのためかなりゴツイ身体が備わるのです。
さらに軽量級では必然的に体重の減量で脂肪をそぎ落とすので、質問者さんのおっしゃるような「いい身体」が出来るわけです。

さて、ではそのようなゴツイ体型が柔道だけで出来るのかと言えば、たしかに思いっきり食事をして柔道の稽古をオーバーワークにならないレベルでやれば、ある程度は出来ると思います。
何十年も前の柔道選手は、さほど筋トレの知識実践が無くても、そういう体型を作っていた事実がありますから。

しかし現代のオリンピッククラスのトップ選手で、一切筋トレをしないという選手はおそらく居ないと思います。

単純に稽古量がハンパ無いというだけでは、大きな身体は出来ません。
たしかに柔道にはエビや脇締めなど独特な稽古法がありますが、これらは筋肉を大きくするという種類の運動ではありませんし、またそれが素人にとってキツイのは、経験が無いからだけで、一流柔道家にテニスを練習に参加させたらあっと言う間にへばることでしょう。

ちなみに余談ですが、個人的好みとしては、私は一番好きな体型は120キロクラスの格闘家の身体です。
ジュロム・レ・バンナに憧れてます(笑)
http://www.k-1.co.jp/jp/fighter/player.php?index=banner

なにか補足質問があればどうぞ。

柔道経験者です。

まず前提としてどういう体型を「いい身体」とするかってのがあります。
以下の回答は多少質問者さんの認識を否定してしまう内容も含まれてしまいますが、悪気はありませんので気に障ったらご容赦ください。

まず質問者さんが柔道家の中でも60キロ台の選手が特にいい身体に思えるのには2つ理由があります。

(1)質問者さんはおそらく、締まっていて筋肉がある程度くっきりと現れるような体型が好みって傾向があるのだと思います。

柔道という競技は、その競技特性として常に自...続きを読む

Q子どもが柔道を習い始めましたが…

小学校低学年の息子が、柔道をやってみたいと言い出し、数ヶ月前から、近所の道場に通い始めました。
先生3人に対し、習いに来ている子どもたちは50人近くいて、
生徒さんの親兄弟、その道場に通っていた中高生が指導してくださっています。
…というか、生徒さんのほとんどは、親か兄弟が柔道をされている方ばかりで、
親兄弟に柔道経験がないのは、うちくらいです。。。

子どもたちの指導を一緒にしているくらいですから、
うち以外のみなさんは、家族ぐるみで親しくされていて、
完全にボランティアで指導に来てくださっているので、仕方のないことですが、
稽古中、ご自身のお子さん(兄弟さん)や、親しいお子さんの指導に一生懸命で、
うちの子は、時々声をかけてもらえる程度で、熱心に指導してもらえることがほとんどありません。

入門して数ヶ月…週4回、2時間の練習には一度も休まず参加していますが、
初回に礼法や受け身を教わり、2回目に大腰を教わっただけで、
3回目以降は打ち込みや乱取りをするように言われ、当然、毎回やられっぱなしです。

また、練習試合をやる際も、うちの子の相手は、「頑張れ」「技かけろ」と声をかけれもらえますが、
うちの子は応援されることが一度もなく…開始数秒であっけなく投げられて終わりです。


息子には、投げられるのも練習の一つ、まずは受け身を覚えないと!と励まし、
最初の頃は、息子自身も、頑張って投げられ続けていましたが、
最近になって、負けてばかりで悔しい、強くなりたい、と、練習から帰ると1時間ほど泣き叫ぶようになりました。
(週4回なので、なぐさめたり、励ましたりするのも辛くなってきました。)

上級生の動きを見学して、打ち込み乱取りを続けていれば、
特に指導してもらわなくても上達するのであれば、励まして様子を見たいと思いますが、
柔道経験がなく、的確なアドバイスもできませんが、親として何かしてあげられることがあるなら、
家でも練習をさせたいと思っています。

柔道経験のある方、子どもの指導をされている方のご意見を聞かせていただけたら嬉しいです。

小学校低学年の息子が、柔道をやってみたいと言い出し、数ヶ月前から、近所の道場に通い始めました。
先生3人に対し、習いに来ている子どもたちは50人近くいて、
生徒さんの親兄弟、その道場に通っていた中高生が指導してくださっています。
…というか、生徒さんのほとんどは、親か兄弟が柔道をされている方ばかりで、
親兄弟に柔道経験がないのは、うちくらいです。。。

子どもたちの指導を一緒にしているくらいですから、
うち以外のみなさんは、家族ぐるみで親しくされていて、
完全にボランティアで指導に来...続きを読む

Aベストアンサー

柔道歴10年の中年です。

他の回答者も言うように、50人規模の柔道場というのはそうとう
大規模としか言えません。俺自身、警察で柔道を習っていましたが、
先生が5-6人、子供が各学年5-8人で総勢20-30人、中学生になると
時間帯をずらして稽古をさせていました。

で、本題ですが、3回目から打ち込みはともかく乱取り参加というのは、
乱暴という印象すら感じます。俺の中学時代は、基礎動作(エビとか)と
受け身で数ヶ月は費やしました。その危機管理ができているのかという疑問。

次に柔道に限らないですが、初心者が短期間で強くなるなんて漫画の
世界だけです。通常の社会人だって、できない事は5W1Hなどをしっかり
考えて対策を考えて行動します。子供にそれを求めるのは難しいかも
しれませんが、どんな世界にだって頭を使う事は求められるのです。
プロ野球の現役最年長である山本昌選手も同じ事を言っています。

https://www.youtube.com/watch?v=FYEUNzj3o5Q

20年ぐらい前の柔道漫画にだって、柔「道」っていうんだから長い。
完璧な技を持ってる者なんて無に等しい。5-6年の経験を持っていても
それはよちよち歩きを卒業したぐらいだ。みたいな言葉がありました。

個人的印象ですが、習って数ヶ月ですといくつかの技を教えてもらって
その中から得意技を1つか2つ、徹底的に練習して磨き上げ「始める」
時期なのです。全国大会にでる高校生だって、持ち技は驚くほど少ない。
但し、その一つ一つが武器なのです。

「学問に王道無し」と言いますが、柔道も同じです。
俺の親も師範も同じ事を言うでしょうが、俺も同じ言葉を贈ります。
「泣き叫ぶぐらいの時間があれば考えろ。泣き叫ぶだけで強くなる
ならばそうしろ。ありえないけどね」

現状だと、強豪選手の練習相手にしかなりません。サンドバッグですな。
慰めるだけではその繰り返しにしかならないので、その次を導いてあげましょう。
それは柔道未経験の方にでもできます。

最後に、強くなる時期なんて皆バラバラです。
打ち込み(適格な技の反復練習)の強化は継続ですな。立ち技で
勝てなければ寝技もあります。個人的には寝技の強い奴はむちゃくちゃ怖い。
怪我をする事なく楽しんでください。勝つ事のみを求めると歪みますので。

柔道歴10年の中年です。

他の回答者も言うように、50人規模の柔道場というのはそうとう
大規模としか言えません。俺自身、警察で柔道を習っていましたが、
先生が5-6人、子供が各学年5-8人で総勢20-30人、中学生になると
時間帯をずらして稽古をさせていました。

で、本題ですが、3回目から打ち込みはともかく乱取り参加というのは、
乱暴という印象すら感じます。俺の中学時代は、基礎動作(エビとか)と
受け身で数ヶ月は費やしました。その危機管理ができているのかという疑問。

次に柔道に限らないですが、...続きを読む

Q女子柔道選手が柔道耳にならないのはなぜですか?

オリンピックなどに出る為に相当練習しなくてはならないのは男子も女子も同じはずですが、なぜか柔道耳になっているのは男子ばかり。

なぜ女子選手は柔道耳になっていないのでしょうか。

Aベストアンサー

なりますよ。

ただ女性は髪を伸ばしていて耳を露出していない人が男性に比べて多いですし、柔道耳を気にして耳を保護して練習したりする人がいるそうで、男性に比べると柔道耳の選手の割合は少ないみたいです。

Q筋肉がついて太い足を細くしたい!

はじめまして!
高校時代3年間、短距離の選手をしていたせいか、

下半身がかなり太く、少し筋肉質で太いような気もします。

ふくらはぎが32センチ、
太股が46センチもあります。

ちなみに身長は150、体重は44です。


どうにかして足を細くしたいです…
努力も継続も自信がありますし絶対に細くなるまで続けます!
だから皆さんお願いします。

周りが細い子ばかりなので余計嫌になります。

経験談でも何でもいいので
色々方法などを沢山教えてください。

Aベストアンサー

No.1です。ご返信ありがとうございます。


>食事を減らせば足も細くなりますか?

細くなりますよ、と言いたいところですが、嫌でも食事を減らさなければこれからもっと太くなっていきます。どのぐらい減らせば細くなるのかは簡単には言えません。無理をせず、まずは普通の人と同じぐらいの食事量にするそこから、経過を見ながら少しずつ工夫したらいいと思います。

なぜ福島選手の例を出したかというと、恐らく日本で最もハードにトレーニングしている人の一人。それでも、そこまでやってるのにそんなに太くないですよね?
身体や筋肉が太くなるのは、トレーニングのせいではないからです。食べた栄養が足されていって肉になります。多く食べている人は、その分体に付く肉も増える、というだけです。彼女はほかの太い陸上選手と比べて、ビルドアップするほどたくさんは食べないのでしょう。

スポーツ選手は、運動でエネルギーを消費するので常に普通の人の2倍ぐらい食べていて普通体型をキープしています。スポーツ選手でなくても、部活やってる人は知らず知らず文化部の人よりもたくさん食べています。たくさん動いているのに食事の量が同じなら、ガリガリに痩せてしまうんです。

鍛えると筋肉が付いて太くなるとか重くなるという人がいますが、それは完全に迷信です。逆に運動をやめることでエネルギーを消費しなくなり、食べる量だけ以前のままで、太る場合が多いです。ちなみに、女性はいくらハードにトレーニングしても筋肉はほとんど付きません。筋肉が付くためには男性ホルモンが重要だからです。特に運動していなくても、もともと男性は筋肉質になるようにできているし、女性はふっくらしますよね。

太ももの贅肉は固いので一見筋肉だと思いがちですが、女性で太い場合はほぼ皮下脂肪です。スポーツでも、ソフトボールやってるコや柔道やってる子はガッチリしているイメージがあると思いますが、それも筋肉ではなくて皮下脂肪です。
細くならなくてもいいスポーツだから気を付けないだけで、食べ過ぎを我慢していれば女子柔道をやっている人でも新体操の選手のようにスリムです。

短距離走は全体的にみてとてもスタイルを良く保てる運動ですから、似たようなトレーニングをこれからもつづけたほうがいいです。長距離選手のほうがスラっとしてスタイルよく見えるかもしれませんが、そんなことはありません。上半身の痩せ方が、決してスタイルが良いとは言えないし、脚はそんなに細くもありません。ウォーキングだの軽いジョギングのほうがいいなんてのは、少しレベルの低い話です。

短距離や中距離などの無酸素運動やハードなランニングは、体型を若々しく保つのにとても効果的です。どこまで本格的な陸上部だったかわかりませんが、今後は走るだけではなくて少々上半身も動かすようにしましょう。質問者さんの脚が特に太いのは、上半身がアンバランスに細いというのもありますからね。

上半身・下半身をバランスよく動かして、それで食事量をコントロールしていれば、ばらんすよく痩せていきます。


>食事制限などはどのようにすればいいのでしょうか…?

食事はパンですか?ごはんですか?
どちらにしても、その主食を減らしてください。
1回の御飯の主食を3割ぐらい減らします。今までご飯お替りしてたならもうやめること。おやつも、パンやケーキなどの炭水化物や糖分の多いものは日常的には食べないようにして、友達と遊びに行くときだけにするとか工夫してください。飲み物も、糖分が入っているものは控えて、お茶、せめてノンカロリーコーラなんかで我慢するようにしましょう。

運動部だった人にとって、トレーニングを努力するのは苦ではないけれど食事を減らすのはキツいですけどね。でも、いずれ慣れますよ。とにかく、出されたものを全部食べず、御飯を残すことに慣れること。

それと、脚の太さは時々計るようにしましょう。感覚で太くなったとか細くなったとか言ってると、なかなか進みません。実際には細くなってるのに、上半身がもっと痩せてしまったせいで太ももが太いままだと勘違いする人も多いです。そういうのは、脚もしっかり細くなっているのに、上半身が変な痩せ方をして細くなりすぎているだけです。

本気で食事を減らしたい人は、カロリーブックなどをかってカロリー計算をしたりレコーディングダイエットをしたりします。でも、カロリー計算にも問題があって、まず最初はいちいち食材のカロリーを覚えなければならない。非常に面倒です。
また、カロリーが低いものばかり選ぶようになって、栄養を気にしない人も出てくる。
普通の規則正しい食事を摂っているのにガッチリしているなら、食べ過ぎているのは主食である炭水化物のはずですから、それだけを3割減らすとか、とにかく残すとか、そういう工夫で十分だと思います。

念を押しますが、脚が太くなるなどと思わず、筋トレでもなんでも続けていったほうがいいですよ。夏に海に行って水着になった時、自分より細いなあと思っていた友達より、自分のほうがだいぶスタイルが良いことに気づくと思います。

No.1です。ご返信ありがとうございます。


>食事を減らせば足も細くなりますか?

細くなりますよ、と言いたいところですが、嫌でも食事を減らさなければこれからもっと太くなっていきます。どのぐらい減らせば細くなるのかは簡単には言えません。無理をせず、まずは普通の人と同じぐらいの食事量にするそこから、経過を見ながら少しずつ工夫したらいいと思います。

なぜ福島選手の例を出したかというと、恐らく日本で最もハードにトレーニングしている人の一人。それでも、そこまでやってるのにそんなに太くな...続きを読む

Q柔道か空手か、警察官を目指す娘の習い事

はじめまして、質問させていただきます。
うちの小1の娘が将来警察官になりたいと言っており、さらに格闘技や武道を習得していると良いという情報を仕入れてきました。

そこで、親としても(小柄な娘が警察官になれるかは別として)将来の護身のためにも何か習わせてやりたいと思っています。
とはいえ親子共々それらに関する知識に疎いので、何を習わせるか、何を習いたいのか迷っているところです。

・比較的安全で女の子でも力がつくもの
・将来的に役立つ可能性が高いもの
・できれば出費がかさまないもの

現在、柔道・空手・合気道の3択で考えているのですが、ご意見をお願いします。
実際にお子様が、格闘技や武道をやられている親御さんの回答もお待ちしております。

Aベストアンサー

自分が空手道を嗜んでおります。
合気道も少し触れました。

剣道・柔道などが一般的ではありますが
ケガの率は、公表されていないだけで結構高いと聞きます。
(最近は改善されていると思います)
警察官の武道としては有利に働くようですが、
費用、(女性が行うという前提での)安全面から、現状ではあまりお勧めは出来ません。

合気道はお金がかからず、女性の護身術として
恐らく最も良いものであると思います。
さほど筋力も必要とせず、武道としての基礎も身に付きますし
動きの鍛錬、力の流れの鍛錬も出来ます。

空手道は、自分が嗜んでいることを差し引いても最も勧められます。
自分は指導者の立場であり、競技者の立場でもあります。

安全面については、極真空手などの接触型(いわゆる格闘空手)ではなければ
他の武道に比べて非常によく配慮されています。
試合、練習、試験においても、まず第一に安全と健康から考えられていますし
空手道自体を健康のために、と始める方は年齢問わずいらっしゃいます。
子供でも、お年寄りでも安全に行えるスポーツです。

費用面ですが、これは他に比べてどうなのかまでは分かりませんが
道具を使うスポーツに比べて比較的安価ではないかと思います。
基本的には(少なくとも自分の流派では)道着とサポーター程度が初期費用で
あとは毎月の月謝(3000円程度)と、試合、試験の費用くらいでしょうか。
年間にして総額でも5万円いくかいかないか程度です。
お金をかけようと思えばもっとかかるものもありますが
そういったものは試合を本格的に勝ち上がっていく選手の場合です。

空手道の良いところは何よりも精神面、心が鍛えられるところです。
技術としては体の動かし方や動きそのものの鍛錬ももちろんできます。
護身術、警察官としての実務にも耐える技術でもありますし
実際に警察官の方で空手道を習っていらっしゃる方もたくさん見えます。
ただ、それ以上に仲間と一緒にやる練習や、道場訓による精神的な鍛練は
他の武道よりも一層重心を置いて指導している武道です。

加えて、生涯続けられるスポーツであるという点が良いところです。
定年を迎えてから始める方も見えますし、親子でやっている方もいます。
自分のように競技をしながら指導し、審判や審査員として関わることも出来ます。

流派は現在主流としては剛柔流、和道会、糸東流、松濤館流などです。
個人的には松濤館流をお勧めしたいところですが(自分の所属なので)
型に関しては剛柔流や糸東流、組手に関しては和道会がお勧めです。
松濤館は、最も古く、言ってしまえば古臭いです。
その分、伝統的でもありますが、試合などで勝ちあがるには熟練が必要になってきます。


なお、上記の金額はおおよそであり、私の周囲の環境からですので
あくまでも参考の数字と思ってください。
違う部分も多分にあります。
流派についての印象も、個人的なものです。
実態については、競技の結果や、道場を訪れて現場の人に尋ねてみてください。

自分が空手道を嗜んでおります。
合気道も少し触れました。

剣道・柔道などが一般的ではありますが
ケガの率は、公表されていないだけで結構高いと聞きます。
(最近は改善されていると思います)
警察官の武道としては有利に働くようですが、
費用、(女性が行うという前提での)安全面から、現状ではあまりお勧めは出来ません。

合気道はお金がかからず、女性の護身術として
恐らく最も良いものであると思います。
さほど筋力も必要とせず、武道としての基礎も身に付きますし
動きの鍛錬、力の流れの鍛錬も出...続きを読む

Q空手で脚は太くなる?

中2女子です。
私は小3から週2で空手をやっています。
1回の練習は約3時間です。

皆に「蹴りが得意だね」と言われて、小学生の頃はそれが嬉しかったのですが、中学生になって他の人より私の脚は太いことに気付きました。
少し力を入れるとふくらはぎの筋肉が見える?んです。
腕で力こぶを作ったときに盛り上がって硬くなるのと同じ感じです。
腕も脚も筋肉は道場の女子の中で一番あります。
こないだ男子に「脚太いな」と言われたし、陸上部の子にまで「陸上やってる脚みたい」と言われてしまい、すごくショックでした。

空手で脚が太くなる事はありますか?

Aベストアンサー

>空手で脚が太くなる事はありますか?

ありません。
この質問は、相撲をやると太るのか?という話と似ています。力士が太るのは、通常の人の4~5倍の食事を毎日吐くまで食わされるためです。相撲のけいこで筋肉や脂肪が付いたり身体が大きくなったりしているわけではありません。

脂肪や筋肉は、食事から摂った余分なカロリーを利用して肥大します。
どれほど鍛えようと、普段食ってる量の限界以上に太くなることはないんです。材料が限られています。

もちろん、空手でもなんでも鍛えれば筋肉は付きやすくなります。
じゃあ空手やってない場合は太くならないのか?いいえ、筋肉になるはずだった余分なカロリーが、筋肉ではなく贅肉として脚に付きますよね。

皮下脂肪は体積が大きいので、筋肉がつくよりも太くなりますね。鍛える人のほうが太くなるなんて事はありえないんです。

鍛えて太くなった人は、必ずその鍛えた分を帳消しにしてさらに上回る量の食事を毎日摂っています。

あなたはたくさん食べる人なんですよ。空手の練習で消費していた分のカロリーもあるので、空手習ってるおかげでその程度の太さで済んでいる。細くなりたいなら、朝起きてから寝るまで細い人と同等の食事量で過ごさなくてはなりません。きっとすごく腹が減ると思います。

細い人と同じ量の食事量で生活しているなら、空手どころか相撲だろうとラグビーだろうと太くなることはあり得ません。というか、食事量が同じなら、運動すりゃするほど痩せていきます。

>空手で脚が太くなる事はありますか?

ありません。
この質問は、相撲をやると太るのか?という話と似ています。力士が太るのは、通常の人の4~5倍の食事を毎日吐くまで食わされるためです。相撲のけいこで筋肉や脂肪が付いたり身体が大きくなったりしているわけではありません。

脂肪や筋肉は、食事から摂った余分なカロリーを利用して肥大します。
どれほど鍛えようと、普段食ってる量の限界以上に太くなることはないんです。材料が限られています。

もちろん、空手でもなんでも鍛えれば筋肉は付きやすく...続きを読む

Q柔道耳にならないです

僕は柔道をやっているのですが、いつまで経っても俗にいう柔道耳になりません。ならない人は、ならないままなのでしょうか?

柔道耳になって一人前と聞くので・・。

Aベストアンサー

体質的にならない人はならないですよ
というよりも やってもやっても耳が沸きにくい人はいますね
と言っても 「やってもならない人」は一割にも満たないんじゃないでしょうか

私は医学にも人体生理にも全く通じていない者ですが
あくまで競技の経験者としての経験則的なとこで言えば
沸きにくい人は 打撲なんかの際に腫れや内出血がでににく また耳の軟骨が異常に柔らかいです
質問者様がそういう体質でないなら 練習が足りないと言っていいと思います

それは練習時間や期間の問題ではなく 耳を沸かす機会が少ないということです
よくこの問題についてこのサイトで質問がされていますが 「徐々にそうなる」というような回答を見ることがあります
私は柔道を中高の六年間 アマレスを大学の四年間やったものですが
徐々に沸いた人はみたことがありませんし 聞いた覚えもありません
沸くときは急です 一発と言ってもいい

要は 耳の内出血です
耳の軟骨が損傷するほどの「一発」を与えれば 耳が内出血します
そうすると軟骨と皮膚の間に血が溜まって盛り上がります
この時点でかなり腫れたと思うでしょうが まだまだです
翌日の朝には更にそれの1.5倍程になって 耳が丸くなるほどです そして痛いですよぉ
その後 個人差はありますが概ね二週間から一月程度で 
沸き当日のサイズよりすこし小さいぐらいに固まり 痛みもなくなります
(固まるまでの期間中は 将来のために少し大きめのイヤホンをして寝たほうがいいですよ)

さて 耳は「強く打つ」あるいは「擦る」 このどちらかですぐに腫れます
(この「擦る」というのは「しゅっしゅ」とか「すりすり」の擦るではなく 押さえつけて「ぐりっ」ってやつです
 耳をもみあげ方向に折りたたんで 押さえたまま後頭部に向かってずらしつつ 元に戻してみてください
 軟骨が「ぐりっ」て「ぐちっ」ってなりましたね それですw)

とは言うものの強く打つにしても 相当強くかつクリーンヒットしなければなりませんし
擦るのもかなりの圧力で「ぐりっ」としなければなりません
その機会にめぐり合うのはたとえ毎日何時間も練習したとしても
今日かも明日かも知れませんし 一年後か いや永劫めぐり合わないかもしれません
何せ柔道は クリーンヒットとかぐりっを狙う競技じゃないですからね
良くないアクシデントですよ

その良くないアクシデントに出会いたいと願うなら その機会と可能性を増すために
練習あるのみですね
他の回答者さんも言っておられますが 
寝技 ケンカ四つの釣手の差し合い 奥襟の攻防なんかが沸かし易いです
書いた順で高確率と感じます

よく寝技をしなければ・・・ とも言いますが 
確かに私の左耳は純レスリング寝技製ですが 右耳は柔道の立技でできたものです
「ケンカ四つの釣手の差し合い」での「ぐりっ」と強打の合わせ技です
(一発じゃないの?という疑問の答えは追記部にあります)
だから寝技しなくてもできますよ 寝技嫌いも安心w



追記です これ以降は読まなくていいですw

つまり 狙えば簡単にできるんですよ
耳から寄せていく動作や耳をぶつける動作で確率は上がりますよね
もっといえば 何も柔道をしなくても沸かせられるんです
叩けばいいし 擦れば沸きます
それを目的にすればクリーンヒットも出易くなります
自力では難しいでしょうけどね できないということはないんでしょうけど 痛いですから
人にやったり 人からやられたりというのは・・・・ 環境によっては無くはないです・・・

その際によくある方法はというと
まず思いっきり擦るんですね これで大きく沸く人もいるんですけどほとんどがそうじゃないです
大抵が豆粒ぐらいの小さな沸きになります 我々の高校ではこれはタネと呼んでいました
そしてタネが出たのを確認してから タネ目掛けて耳を叩き潰すようにチョップします
するとかなりの確率で大きく沸いてきます

タネがある状態での強打はすごく沸きやすいです タネ無しでの強打とはまるで違います
ちなみに私は「「ケンカ四つの釣手の差し合い」でタネを作り
不完全な投げで耳あたりから畳に落ちて右耳を沸かせました

体質的にならない人はならないですよ
というよりも やってもやっても耳が沸きにくい人はいますね
と言っても 「やってもならない人」は一割にも満たないんじゃないでしょうか

私は医学にも人体生理にも全く通じていない者ですが
あくまで競技の経験者としての経験則的なとこで言えば
沸きにくい人は 打撲なんかの際に腫れや内出血がでににく また耳の軟骨が異常に柔らかいです
質問者様がそういう体質でないなら 練習が足りないと言っていいと思います

それは練習時間や期間の問題ではなく 耳を...続きを読む

Q背が高くて痩せている人の柔道。

背が高くて痩せている人の柔道。

186センチ、72キロの長身、細身です。
柔道を始めたのですが、周りに似たような体格の人が少なく、
どんな技を身に着けたものか迷っています。

アドバイスをもらえないでしょうか。

あと、体落としが好きなのですが、
私の体格はこの技に合いますでしょうか。

あわせて教えてもらえるとうれしいです。

Aベストアンサー

お答えします。

柔道経験者です。背は高くないですが。

長身の方ともよく組んでいましたが、やはり内股、払い腰、大腰などは多いですね。
体落としがお好きであれば、使い続けても良いかと思います。

同じ階級で対戦することがあると思いますので体落としは体落としで練習して、もうひとつ得意技を身につけたらいかがでしょう?

支え釣り込み足や出足払いなどもよいと思います。

あまりアドヴァイスになってなくてすみません。
がんばってください。

Q初心者OLが習う空手か柔道って…

女性25歳です。
定時で帰れる職場なので、平日に何かしたい!と色々習い事をしています。
良く言えば多趣味、悪く言えば飽き性のちょっとかみ…。
今まで興味があれば英語、フランス語、絵画、革細工、料理、裁縫、茶道、華道、ジム、なんてしてきました。
どれもやり始めは気合まんまんですが、年会費の更新時期になる頃には、他に興味がうつってやめてきました。細々続けているのもあります。
(でもどれも嫌いになったわけではないし基本はわかったので、家で一人で勉強したり、気が向いたら絵を書いたり…まったく関わらなくなったわけではありませんが、熱は冷めてきます)

こんな継続性のない私ですが、昔から空手や柔道に憧れがあります。
しかも単純な理由で、ベストキッドを見たから…YAWARAを全巻読んだから…。。。
柔道は試合を見るのも好きです。
最近、これだけ興味があるなら1度やってみたらどうなんだろーと考えてワクワクしています。
ただ、運動神経がありません。結構全般が苦手です。
中学校の頃はなぎなた部に所属していたので、もともと武道は好きではありますが。
(↑ただ、弱小部でした。私も強いわけではありませんでした)

こんな不純な動機&熱しやすく冷めやすい私でも、始めてしまっていいものなのでしょうか??
なんとなくイメージで、英会話教室を始めるより、空手や柔道を始める方が、もっと真剣味が必要といいますか…真剣に取り組んでいる人の邪魔になってしまうんじゃないかとか…考えてしまっています。
女性が趣味半分でお稽古に来ている…そんな道場あるんでしょうか?
もっと本気でやる気がないなら、やめておくべきでしょうか?

(一応ネットで検索等もしたものの、小さい子からおじいさんまで来ている!とは書いていても、20代初心者の女性は少ないのでは~?と疑問が。詳細まではわかりませんでした)

ご意見等ありましたらお願い致します_(._.)_

*ちなみに大阪在住です*

女性25歳です。
定時で帰れる職場なので、平日に何かしたい!と色々習い事をしています。
良く言えば多趣味、悪く言えば飽き性のちょっとかみ…。
今まで興味があれば英語、フランス語、絵画、革細工、料理、裁縫、茶道、華道、ジム、なんてしてきました。
どれもやり始めは気合まんまんですが、年会費の更新時期になる頃には、他に興味がうつってやめてきました。細々続けているのもあります。
(でもどれも嫌いになったわけではないし基本はわかったので、家で一人で勉強したり、気が向いたら絵を書いたり…まった...続きを読む

Aベストアンサー

格闘技経験者です。打撃・柔術・護身などやっています。

興味があるならやってみては?というのが私流です。今まで続かなくとも嵌る物はないとは言い切れないのですからね。

武道に関しましては運動神経は一流選手でも目指さない限りは余り関係がないものです。運動神経とは脳と筋肉の量と強さと働きであってやり続ければある程度は付いて来るものですが、技術は勿論ですけど護身法・社会での活用法などは知識としても学ぶわけですので、技術がすべてでは有りません。継続の意味・必要性・やり方など学ぶには良い場と思います。

>女性が趣味半分でお稽古に来ている…そんな道場あるんでしょうか?
一昔前は流血当たり前の武道の世界でしたが・・・現在はそれでは会員が集まらないので有名どころの空手道場などではフィットネス感覚で空手を学べるようになってきています。子供クラス、社会人クラス、選手育成クラス、女性クラスなどクラス分けされてる道場も珍しくありませんので、目標にあわせて参加しやすくなっております。私の知る限りは趣味半分ならヤル気あるほうと思います。
私の通っている某有名フルコン空手道場でも若い女性は多いですね。年齢層では高校生~50代まで居ます。柔術の方が女性は少ないです。
始めた理由も、武道が好きな人、護身術を学びたい人、痩せたい人から、彼氏を作りたい人までほんと様々です。

一度体験入門などされてはどうでしょうか?中に入ってみると礼節はありますが厳格なイメージとは明らかに違うことに気がつくと思います。

格闘技経験者です。打撃・柔術・護身などやっています。

興味があるならやってみては?というのが私流です。今まで続かなくとも嵌る物はないとは言い切れないのですからね。

武道に関しましては運動神経は一流選手でも目指さない限りは余り関係がないものです。運動神経とは脳と筋肉の量と強さと働きであってやり続ければある程度は付いて来るものですが、技術は勿論ですけど護身法・社会での活用法などは知識としても学ぶわけですので、技術がすべてでは有りません。継続の意味・必要性・やり方など学ぶには良...続きを読む


人気Q&Aランキング