ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

ふと疑問に思ったので質問させていただきます。

Xは、代理人YにX所有の甲土地を100万円で売却するように命じてYはそれを承諾した。
しかし、Yは持ち前の商才を活かして甲土地を300万円で売却した。
そこで、Yは、受領した300万円のうち100万円をXに渡し、残りの200万円を着服した。
Xは、残りの200万円も引渡すように求めたが、Yは応じようとしない。

このケースと類似の判例または基本書等の記述があれば、教えていただきたいと思います。
回答者さまの私見・解釈は、今回はご遠慮ください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2の回答者です。


こんなん、どうでっしゃろ。
加藤雅信「事務管理・不当利得・不法行為 新民法大系V」第2版[有斐閣、平成17年]24頁~28頁
谷口知平ほか「新版注釈民法18 債権9」[有斐閣、平成3年]318頁~334頁
要するに、ご質問のケースでは「準事務管理」ということがキーワードになりそうです。
ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2008/05/06 15:30

今回のご質問は、「類似の判例または基本書等の記述」の有無ということで、回答者の私見・解釈は遠慮しろというご注文です。


質問者さまのご注文に該当しそうな記述は、私が見つけたものでは、内田教授の教科書です。(内田貴「民法II 債権各論」第2版[東京大学出版会、2007年]525頁~526頁)

ただし、私が私見を述べたうえで「内田教授もこう言っている」という傍証としてであれば、内田教授の著述を引用できると思うのですが、ご質問のようなケースで内田教授の著述の該当箇所のみを引用して、著作権上の問題がないか、私には判断ができませんでした。
それで、記載箇所をお教えすることに止めたいと思います。
悪しからずご了承願います。
図書館等で該当の図書に当たっていただければと思います。
    • good
    • 0

私見をご遠慮つったんじゃ、誰も返事できないよ。



簡単。
任意代理人なら、委任契約。
法定代理人なら、管理権の濫用とか、後見人の善管注意義務とか。
判例が必要なほど難しくないだろ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング