(下記には映画のネタばれが含まれていますので、これから観る!と言う方は読まないで下さい)
先日、「溺れる魚」を観てきました。堤監督の何とも言えない独特な世界観を存分に楽しめたのですが、ストーリーがイマイチ理解できませんでした。(理解しようとするほうが無茶なのか・・・?)
結局、渡辺謙は過去の殺人事件(IZAMの家族が殺された)には関わっていないと言う事ですか?では誰が犯人なんですか?
それとも、この映画の中では「犯人が誰か?」なんてことはあまり意味の無い事なんでしょうか?
映画の感想も交えて、教えて下さい。宜しくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

回答ではないのですが…



既にご存知かもしれませんが、
「溺れる魚」の感想掲示板(参考URL)がありますので、
ご覧になってみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.eigaseikatu.com/title/1254/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q老人と海について。

ヘミング・ウェイの『老人と海』についての質問です。
話の初めの方に(老人が海に出る前です)老人と少年の会話で次のようなものがあります。

「親方そんなに目が悪いのかい?」
「めくらも同然だよ。」
「変じゃないか」と老人は言った、「あいつは、海亀とりはやらなかったぜ。あれをやると、きっと目をダメにする」…

ここで出てくる、「海亀とり」ですが、なぜ「海亀とり」をすると目が悪くなるのでしょうか?誰か教えてください!!

因みに、原作の英文はこちらです↓↓
“Are his eyes that bad?”
“He is almost blind.”
“It is strange,”the ole man said.“He never went turtle-ing.That is what kills the eyes.”

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

漁師や地元民に伝わる迷信から来た言い回し(ジンクス)ではないでしょうか?
日本でも昔から『亀』は長寿や幸運など縁起の良い生き物の象徴とされています。
諸外国でも『海の神様の使い・幸運・幸せ・長寿』等々『亀』は、特別な生き物として考えていた国も多いようです。
その特別な生き物を殺して商品とする訳ですから、失明(目がつぶれる)するほどの『罰(バチ)』が当たると言う意味だと思います。
60年も前に書かれた作品なので、今では信じられない言い伝えや迷信が数多く存在していたはずです。
面白いですよね。

Q映画監督の堤幸彦さんに、映画監督としての才能がないと思うのですが、

映画監督の堤幸彦さんに、映画監督としての才能がないと思うのですが、
業界では評価が高い監督さんなのでしょうか?

彼の作品を拝見するかぎり、とても良作と呼べるものがないのですが…
ファンの方には申し訳ないです。

Aベストアンサー

ご安心ください。堤幸彦監督に映画監督としての才能がないと思われている方は、あなた以外にもたくさんいるようです。

ただ、業界内ではどうなのか私には分かりません。

1998年に『踊る大捜査線 THE MOVIE』(監督:本広克行)が大ヒットして、テレビ局が映画製作に本格的に乗り出すようになってきました。テレビドラマも映画も演出経験のある堤監督は、テレビ局側にとっては映画を製作するとき使いやすく、重宝がられて起用されたのではないでしょうか。そして、大コケしたりする作品もある一方、原作モノなどで大ヒットする作品もあって、現在でも仕事が途絶えずあるのだと私は思います。

参考URL:http://hakaiya.com/best/zerw/index.html

Q英語 to 不定詞 「老人と海」(続き)

前回の質問で、消化不良をおこしましたので、自分なりの「理解」を述べたいとおもいます。

No one would steal from the old man but it was better to take the sail and the heavy lines home as the dew was bad for them and,though he was quite sure no local people would steal from him,the old man thought that a gaff and a harpoon were needless temptations to leave in a boat.

ここで、私の意見ですが、「省略がある」、と考えると、文法的に理解ができます。


(1)to leave them in a boat.  とすると、leave は、他動詞になるとおもいますが、
   いかがですか?


(2)他動詞だとすれば、老人が、主語になると思いますが、いかがですか?


(3)老人の動作だとすれば、to leave 以降は、副詞的用法となりますか?


(4)目的語 them を省略してもなお、leave は、他動詞といえますか?


(5)to be left in a boat . と書き直すと、形容詞的ですか? 副詞的ですか?



(6)to leave の to の前に、「カンマ」を入れる表現方法がありますか?


(7)その場合、副詞的用法と、いえますか?


(8)形容詞的用法は、名詞を修飾する限定用法のみが存在し、
  to 不定詞の形容詞的用法に、叙述用法はない、といえますか?

前回の質問で、消化不良をおこしましたので、自分なりの「理解」を述べたいとおもいます。

No one would steal from the old man but it was better to take the sail and the heavy lines home as the dew was bad for them and,though he was quite sure no local people would steal from him,the old man thought that a gaff and a harpoon were needless temptations to leave in a boat.

ここで、私の意見ですが、「省略がある」、と考えると、文法的に理解ができます。


(...続きを読む

Aベストアンサー

>国語の世界では、「象は、鼻が、長い。」  主語は、どっち、か?  と、言う大論争が、かつてありました。  「主題」(テーマ)と、言う単語を持ち出して解決しました。

興味のある話題なのでちょっとお邪魔します。(笑)
この論争は本当に解決したのでしょうか。

この文には主語がひとつもない。日本語にそもそも主語など不要なのだから当然と言えば当然だが、二重主語どころではないのだ。「象は」は主題であり、文がここで切れている。「象について話しますよ」と聞き手の注意を引いておき、それに続く話し手のコメントが「鼻が長い」だ。「主語」という外来の範疇に囚われているから総主「論争」などが出てくるので、これは初めから前提が間違っている「疑似問題」なのである。 (『日本語文法の謎を解く』79~80ページ)という三上章氏の主張を質問者様は支持されるということでしょうか。

「象は鼻が長い」は「象は鼻が長い動物である」という「入れ子型文」(英語では関係代名詞を使って表すことのできる文)の述部省略という考えは思い浮かびませんか。「象」という「主語」が含意(内包)している「動物」という「範疇」の言葉を省略できるのが日本語の面白くてユニークなところなのではないでしょうかね。


本題の議論に戻って一言。
>A gaff is a temptaion to leave in a boat.

これを形容詞用法で訳してみましょう。
「魚かぎは、船に残すための誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残すような誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残すべき誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残そうとする誘惑するものである。」

また、タフ構文なるもので訳すと
「魚かぎを船に残すということは、誘惑するものである。」

>A gaff is a needless tamptation to leave in a boat.

同じく、形容詞用法で訳してみましょう。
「魚かぎは、船に残すための避けられるはずの誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残すような避けられるはずの誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残すべき避けられるはずの誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残そうとする避けられるはずの誘惑するものである。」

タフ構文での訳は
「魚かぎを船に残すということは、避けられるはずの誘惑するものである。」

どちらも意味が異味になっちゃいますね。(LOL)!!

以上、参考になれば幸いです。

追伸:「接続法」の動詞については別の質問の折に説明させて頂きたいと思っております。「仮定法」との「論理積」はありますが、ほんのわずかです。

>国語の世界では、「象は、鼻が、長い。」  主語は、どっち、か?  と、言う大論争が、かつてありました。  「主題」(テーマ)と、言う単語を持ち出して解決しました。

興味のある話題なのでちょっとお邪魔します。(笑)
この論争は本当に解決したのでしょうか。

この文には主語がひとつもない。日本語にそもそも主語など不要なのだから当然と言えば当然だが、二重主語どころではないのだ。「象は」は主題であり、文がここで切れている。「象について話しますよ」と聞き手の注意を引いておき、それに続...続きを読む

Q渡辺謙とかが出てた「怒り」っていう映画の中で、広瀬すずってレ◯プされるんですか?

渡辺謙とかが出てた「怒り」っていう映画の中で、広瀬すずってレ◯プされるんですか?

Aベストアンサー

米兵にレイプされます。

Q『老人と海』の女性の朗読が聴けるサイトを教えて

『The Old Man and the Sea』 の女性の朗読サイト
または、男声でもクリアな音声が聴けるサイトを
お教えください。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

あー、懐かしい。中学校の時に読みましたよ、これ。

http://lite.air-nifty.com/air/2009/03/x95-f6c8.html

ここで一応全部かどうかはわかりませんが聞けました。男の人ですけど。
こんな所かな?英語圏のサイトで合法のフリーはありませんでした。
違法なら、Torrent系であると思います。

The old man and the sea audio book

で検索するとごろごろ出てきますけど、リンク切ればっかで探すのめんどうになったので、
自分で探してみてください。
買ってもよいならこちらとか。

http://books.simonandschuster.ca/Old-Man-and-the-Sea/Ernest-Hemingway/9780743565134

Q旬な人気映画作品を入替なしで何回も観れる映画館はありませんか?

東京または関東近郊で、ザ・マジックアワーなどの人気作品を入替なしで何回も続けて観れる映画館はないでしょうか?

Aベストアンサー

シネコン以外の昔からある映画館なら結構ある(といっても激減だが)はずですよ。毎回満員になるようなら入れ替えにするでしょうけど。そこまでは入っていないと思いますから

私のテリトリー(神奈川)だとマジックアワー上映館で入れ替え無しは、相鉄ムービル(時々並ばせることがあるので、その場合は入れ替えになります)、フジサワ中央(こちらは大丈夫でしょう)です。神奈川だとあとはシネコンばかりなので確実に入れ替え制です。
もっとも、最近は時間つぶしで映画を見る人が少なく、実際はほとんど入れ替わってしまうので居心地は悪いでしょうが、退場を強制されることはありません。

アドバイスとしては、○○映画とか、××座、テアト△△といった名称であればシネコンはないはずなので多分入れ替え無しかと(名画座ばかりで封切館は少ないと思いますが)。また、○○東宝、○○東映、○○松竹といった名称のものも同様ですが、都心地区では最近は座席指定、入れ替えになるようです。

Qあらすじって誰が書いてるんでしょうか?

私にとって、なくてはならないが、時に手ひどく裏切られるもの。それは、文庫のあらすじ。

ハードカバーや新書にはあまりないが、文庫には大抵ついているあらすじ。

あらすじを読んで本を買ったら、中身が大して面白くなかった場合は、まぁいいとします。相手も売るためにがんばっているのだから。

しかし、許せないのは、あらすじでほとんど話が終わっている場合!

あらすじ
「幼馴染のAとB。お互いに相手を意識しているが、すれ違う二人。そんな時に親友のOがAを好きだと言い出して?!Aを体育館裏に呼び出したB、果たして二人の関係は?!番外編AB君の日常も同時収録!」

本文を読み始める、すれちがうAとB。文庫の半分まで来ている。体育館裏、5分の4ページまで来てしまった。

あれ、もうページが残り少ないぞ・・・。

もしや、このパターン・・・。

あらすじで話がほとんどおわってるぅ~!

こんなことなら、あらすじ読んで、最後の1~2ページ立ち読みすればよかったよ!

あらすじを書いたやつが悪いのか?あらすじで語られる内容しか書けない作者が悪いのか?!

一体、あらすじって、誰が書いてるんでしょうね?

私にとって、なくてはならないが、時に手ひどく裏切られるもの。それは、文庫のあらすじ。

ハードカバーや新書にはあまりないが、文庫には大抵ついているあらすじ。

あらすじを読んで本を買ったら、中身が大して面白くなかった場合は、まぁいいとします。相手も売るためにがんばっているのだから。

しかし、許せないのは、あらすじでほとんど話が終わっている場合!

あらすじ
「幼馴染のAとB。お互いに相手を意識しているが、すれ違う二人。そんな時に親友のOがAを好きだと言い出して?!Aを体...続きを読む

Aベストアンサー

ホント、たまに腹立つあらすじとか、ありますよね!
結末さえ書かなきゃいいと思ってるのか、前半のクライマックス書いてくれたりして「このあらすじさえなきゃ、もっと楽しめたのにー!」って、悔しい思いをします。

あらすじを書いてるのは(多分ですが)編集者が多いんじゃないかと思います。
まず最初の読者というのは担当編集者でしょうし。
そういえば「世界の中心で愛を叫ぶ」というパクリタイトルも編集者が付けたそうですね。
あれだけ売れたのもこのタイトルによる所が大きいと思われるので、この場合はいい仕事をしたわけですね。

>あらすじで語られる内容しか書けない作者が悪いのか?!
中にはそういう作者もいるでしょうが、まともな小説でもこういうことがありますので、やはりあらすじを書いたやつが悪いんでしょう。

「売るためなら全部書いちゃうぜ!後は知ったことか!」と思ってるのか、単に読者の気持ちがわからなくて真っ正直に「あらすじ」を書いてるのか、どっちなんでしょうね_ _;

Q知人からの紹介で観たくなった映画の題名が判りません。映画マニアのかた御

知人からの紹介で観たくなった映画の題名が判りません。映画マニアのかた御力を貸してください。

内容は、日本映画だと思います、最近のものと御伺いしております。ジャンルは戦争映画、現代映画と思います。 今現在この日本で安楽に暮らしているわれわれ日本人に、第二時世界戦争(と思います)で戦っている兵隊さんがひょっこり今の時代に現れて、 あなたは幸せですか? と問いかける ここが印象に残っています。ストーリーなど詳しい事は全く記憶に無いもので仕方ありません。知人から御伺いしてそういえば4,5年前位にテレビで紹介があった記憶がうっすらよみがえってきました。テレビCMでしか記憶に無いでしたので今回レンタルでも良いからみて見ようと思います。

どうぞ宜しく御願いいたします。

Aベストアンサー

映画じゃなくてドラマじゃないかな。

終戦ドラマスペシャル の歸國(きこく)
間違っていたらごめんなさい。

参考URL:http://www.tbs.co.jp/kikoku2010/

Qジャンプあらすじ

ジャンプあらすじ


週刊少年ジャンプを次の木曜日から買おうとおもうのですが
漫画のあらすじがぜんぜんわかりません
各まんがの簡単なあらすじをおしえていただけませんか
おねがいします

Aベストアンサー

http://www.shonenjump.com/j/rensai/index.html

Q映画「亀は意外と早く泳ぐ」を観て、とても面白かったのですが、この映画の

映画「亀は意外と早く泳ぐ」を観て、とても面白かったのですが、この映画のような日常生活が舞台のコメディみたいな映画はありますか?
オススメの映画等ありましたら是非教えて下さい。

Aベストアンサー

「亀~」、おもしろいですよね!それぞれの役者も新境地開拓といった感じでかなり笑いました。ローテンション、オフビートめの日常に、少々の不思議な出来事が舞い込む、、、という雰囲気で、今までおもしろかった映画(邦画)を挙げます。

みんなのいえ
新婚夫婦が家を建てるまでの、夫妻それぞれの親、大工、デザイナー、様々な人々が自分の希望を押し通そうとする仲を、夫妻(特に夫)がオロオロ取りもつコメディ。

刑務所の中
刑務所内の日常生活が驚くほど平和で、小さなことにも全力を出したりささいなことに喜びを感じたり、おもしろいです。食事がとてもおいしそう。男子校の合宿みたいです。

たみおのしあわせ
オクテの息子と、女好きの父親がそれぞれ結婚に向かっていく、結婚式までの生活を描く。オダギリジョーと麻生久美子が出るあたり、「時効警察」っぽいです。ローテンションな日常コメディですが、徐々に盛り上がってきます。

曲がれ!スプーン
クリスマスイブになると、普段は正体を隠して生活している超能力者が集まる「カフェ・ド・念力」を訪れた新人ADと、なんとか正体をバラすまいとする超能力者たちの押し問答を描くコメディ。

サマータイムマシンブルース
夏休みをダラダラ部室で過ごすSF研究会の大学生たちのもとに、未来からタイムマシンがやってきた。彼らはそれに乗って昨日へ行き、壊れたエアコンのリモコンを取ってくる、、というもったいない使い方しかしないSFコメディ。ボケっとしているようで、意外と正確に伏線が回収されていく、よくできたストーリーです。

運命じゃない人
平凡な生活を送る「日本一いい人」のサラリーマンが、恋人に振られて落ち込んでいると、友人の探偵が他の女性をナンパしてきてくれるのだが、その女性にはヤクザと大金の影が、、、5人の男女と2000万円の大金をめぐる、一晩の騒動を描くコメディ。それぞれの視点で繰り返しストーリーを追うことで、素晴らしい伏線回収と謎解きが体験できます。これは近年まれに見るくらいよくできたミステリーとコメディの融合でした。

全然大丈夫
中学生のころから何ら変わらない日常を送る、古本屋と清掃屋の30歳の友達同士の男二人。ある日古本屋で、異常なほど手先が不器用な、対人恐怖症の美女が働き始める。そして男二人とも、美女に恋をしてしまう。三人とも変な人なので、つっこみの存在しない空間が繰り広げられています。

下妻物語
茨城県下妻市から東京代官山まで3時間かけてロリータファッションを買いに来る女子高生と、50ccをふかして「茨城統一」を目指すヤンキー少女という正反対の二人が、徐々に友情を育んでいく。サイケデリックでハイテンションですが、画や設定がぶっとんでいるわりに脚本がきちんとしているので、おもしろいです。

イン・ザ・プール
強迫神経症、継続性勃起症、プール依存症という変な病気を持った患者たちが、自分よりももっと変な精神科医に当たってしまった、というコメディ。精神科医役の松尾スズキの怪演が必見です。

クワイエットルームにようこそ
精神病棟に運び込まれたライターの女性の、精神病棟での日常生活を描く。患者の自由な行動と、やたらとたくましい看護師の攻防がおもしろかったです。

自虐の詩
非常に貧しい生活を送る女性と、内縁のヤクザの夫の日常生活。壁が薄すぎて、周りにもれる生活音を、住民たちが楽しんでいるあたりがおもしろかったです。中谷美紀が異様に薄幸が似合っていました。「亀~」でいうところのクジャク的存在の、主人公の少女時代からの豪快な友人「熊本さん」も登場します。

川の底からこんにちは
東京から田舎に戻り、両親のしじみ加工工場を継ぐことになった、覇気のないOLを描く。パートのおばちゃんたちに混じって、毎朝「工場歌」を歌うところがシュールでおかしいです。

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
田んぼしかない田舎に生まれた、自称「東京の実力派女優」の、傲慢で自意識過剰な姉と、そんな姉をマンガに描く陰気な妹。姉と関係を持っているらしい兄と、30代で兄と結婚するまで男性と付き合った経験のなかった、いつも張り付いたような笑顔を絶やさない不気味な兄嫁。ダメな家族が集まった夏休みを描く。かなりブラックです。

恋の門
コスプレと同人誌製作・販売が趣味のOLと、拾った石にマンガを描く「漫画芸術家」の童貞青年のラブストーリー。サブカル感がはんぱないです。松尾スズキ監督。「亀~」の三木聡監督と、演出や出演者が似ている気がします。

ご参考になれば幸いです。

「亀~」、おもしろいですよね!それぞれの役者も新境地開拓といった感じでかなり笑いました。ローテンション、オフビートめの日常に、少々の不思議な出来事が舞い込む、、、という雰囲気で、今までおもしろかった映画(邦画)を挙げます。

みんなのいえ
新婚夫婦が家を建てるまでの、夫妻それぞれの親、大工、デザイナー、様々な人々が自分の希望を押し通そうとする仲を、夫妻(特に夫)がオロオロ取りもつコメディ。

刑務所の中
刑務所内の日常生活が驚くほど平和で、小さなことにも全力を出したりささいなこ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報