ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

いつもお世話になってます。

転職を機にスーツ通勤になったので現在スーツに関して勉強中です。
スーツや革靴は休ませるために続けて着ない(履かない)方が長持ちするとのことですが、私の場合会社ですぐに作業着に着替えるので通勤のみの使用になります。
この場合、一般的にスーツや革靴は何枚(何足)でローテーションさせるべきでしょうか。
またネクタイに関しても同様に考えるべきでしょうか。
アドバイス宜しくお願いします。

A 回答 (2件)

あくまで個人的な一意見ですが。



イキナリ余談から入りますが、衣服や靴を維持していくということを考えた時に「湿気」と「汗」は大敵であるということをまず知ってください。
特にこれからの時期的なことを考えると尚更神経を遣わなくてはいけない部分になってきます。
それでも湿気に関してはまぁ対応策は色々ありますからどうにでもなります。
ですが「汗」に関しては「体質的な部分」ですからすぐに治るようなモノでもありません。
例えば靴を履いた後「中が臭う」というような場合は靴の質が云々では無く臭いの元はあなたの「足の汗+雑菌」から出ているということです。
その汗を靴の革が「吸い込んでしまっている」のが原因です。
その靴を休ませずに履き続けることで更に「悪循環」になって行きます。
あなた自身の体質的に「汗を掻きやすいかどうか」という部分を今一度チェックしてみてください。

で、本題ですが、通勤時間や実際に着用している時間等を考えると、とりあえず最初は「スーツ2着、靴2足」からのスタートでもいいと思います。
私個人の理想を言わせていただくなら「スーツ3着、靴3足」がベストだろうとは思います。
仮に「完全週休2日」として週5日とした時、スーツ、靴共に2つずつではどちらか片方は5日のうち「3日」は出番になってしまうでしょう?
土日を休ませるとしても、5日のうち3日というのは例え「1日おき」だとしてもちょっとローテーションとしてはキツイのではないか?、というのが個人的な感覚です。
毎週必ず「2日休める」とは限らないし「仕事以外の目的」でスーツ、靴を着用する機会だってあるかもしれませんよね?
これがもし「3つ(3足)」あれば、1日着用した物を2日休ませることが出来ますからかなり「負荷」も違うだろうという感じがします。

私の場合はスーツ、靴共に1度着用した物は「3日休ませる」ようにローテーションしてます。
中に着るシャツやタイ類は買った物、貰った物、諸々で1週間毎日違う物を着用していくことが出来るようになりました。
それでも、1度身に付けてしまった物は多少でも汗などを吸っていますからケアの面もキッチリやっているつもりです。

質問者さんの場合は普通の会社員の方のように丸1日着用しているわけではないようですから、仮に2セットだったとしても実際は私が思っているよりダメージは少ないのかもしれません。
それならそれでいい意味で「安上がり」ですからもっと長持ちするようケアをしてください。
それでも、No.1さんの回答のように「非常事態」というのもある程度は考えておく、というのも私もアリだと思いますね。

まずは後1セットですね。
予算的に余裕があるなら「緊急用」に備えてもう1セット。
計「3セット」あれば気分的にもかなり「余裕」が出てくるように思います。
シャツやタイなどはあればあったでどれだけ持っていてもソンをすることは無いでしょう。

後は、靴を新たに購入の際は一緒に「シューツリー(シューキーパー)」を買うことをお勧めします。
1日履いて帰宅後に靴の中に差し込んでおくと中の汗、湿気などを吸い取ってくれます。
つま先のシワなども伸ばしてくれて新品の時に近い形状を維持出来ます。
シューツリーも靴と同じで「ピンキリ」なんですが、高いから性能がいいというワケではありません。
目的は「汗を吸い取ること」なので安くてもいいので必ず「木製の物」を選んでください。

予算的には正直キビしいかな?、という感じもしますが、これくらい揃えておけばまぁ問題は無いだろうというあくまで「理想論的」なお話です。
    • good
    • 0

通勤だけだとかなりの短時間になるようですね。


その場合だと、必要最低限でいいわけですから…
スーツ2着。(一着交互に)
靴2足。(一足交互に)
ある程度質の良いネクタイ3本(一日着けて2日休ませる)
というのが基本となります。
しかしどのくらいの時間midori-3さんが通勤に時間をかけるのかが分からないので何ともいえませんが…
これが基本だと思っていただいて結構だとおもいます。

ただどれだけ短時間だとしてもスーツと靴は2つずつ用意しておいたほうがいいと思います。
短時間でも湿気は溜まりますし、汚れはつきます。いつどんな緊急事態が生じうるとも限りませんし(朝、起きたらズボンのお尻部分が破れていたとか)やっぱり2つは必要なのではないでしょうか。
ネクタイが3本というのは、実はネクタイを1日中、身に着けるサラリーマンでも同じなんです。3本あったら緊急事態にも対応できますし、良いネクタイならば2日休ませたらシワも回復します。

私も週に2日はスーツを2、3時間着て、すぐに着替えるという仕事についてますが、それでも同じスーツ・靴は続けて使用しないようにしていますよ。

この回答への補足

補足です。
通勤時間は片道一時間半です。
電車通勤ですので一時間は電車の中です。(内二十分は満員電車)

今は同じスーツと靴で毎日しようしてましたので、もう1セット買おうと思います。
特にネクタイの話は勉強になりました。
アドバイスありがとうございました。

補足日時:2008/05/05 21:01
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q靴は2~3日おきに履いた方が長持ち?

こんばんは。お世話になります。

よく「靴は2~3日おきに履いた方が長持ちする」とか、「1日履いたら1日休ませる」とか、その類のことを聞きます。

(靴に限らず、服もですが)

なんとなく素直に、「じゃ、2足買って交互に履いた方がいいかな」と思っていたのですが・・・・・・


これってひょっとして、

「毎日履いたら1年しかもたないが、1日おきに履いたら2年もった」

=「どちらも、履いた回数は365回」

とか、そういういうことでしょうか?

それとも、休ませながら履いた方が、実質的な使用回数を増やせるということなのでしょうか?


後者なら今2足買ってもいいけど、前者だったら1足を履き潰してから買おうかなあ。。などとケチなことを考えています。

Aベストアンサー

後者です。
靴は1日履いたら、2日休ませるのが基本です。
なぜかと言うと、靴を履くと足から大量の汗を欠きます。
また、靴にいろいろな力が掛かるので形崩れします。
それを充分に乾かし、シューキーパーで形を整え直すのです。
なので、最低3.5足無いとローテーションできないですが、
2足を交互に履くのでも1足履き潰すよりはマシでしょう。

Q革靴、店頭でのベストフィットか、ギチギチか?

革靴のサイズは、いつも悩みます。店頭で試着してちょうどいいことを確認して買ったはずの靴がすぐ(1回から3回の着用)に伸びて中敷きを入れる、というパターンが多いです。

ではワンサイズ下は?というと、入ることは入りますがいかにもギチギチ感満点です。伸びればちょうどよくなるかもしれませんが、どこまで伸びてくれるか分かりませんよね。

さて革靴のサイズ、店頭でのベストフィットで買うのと、伸びを見込んで明らかにきつめのものを買うの、どちらがよいでしょうか?店頭でのベストフィットで買い、緩くなれば紐締めまたは中敷き対応でやむを得ないのでしょうか?紐締め対応は、ちょうどいい感じが難しく全体的にきつくなったりするので苦手です。

靴は、0.5刻みでなく0.25刻みで作って欲しいと思う今日この頃です。それなら迷わず「24.75」を買うのに。

私に靴の王道パターン(明らかに大きめの作りであるリーガルを除く)は、店頭・室内で足にはめた感じでは25.0がベストで買ってくるが、100mほど歩けば伸びを感じ、数回以内の着用で中敷きを入れるようになる、です。そのパターンの失敗に懲りて明らかにギチギチの24.5を1回だけ買ったことがありますが、数回着用してもなぜかギチギチのままで、(安物だったこともあり)結局廃棄に至りました。

革靴のサイズは、いつも悩みます。店頭で試着してちょうどいいことを確認して買ったはずの靴がすぐ(1回から3回の着用)に伸びて中敷きを入れる、というパターンが多いです。

ではワンサイズ下は?というと、入ることは入りますがいかにもギチギチ感満点です。伸びればちょうどよくなるかもしれませんが、どこまで伸びてくれるか分かりませんよね。

さて革靴のサイズ、店頭でのベストフィットで買うのと、伸びを見込んで明らかにきつめのものを買うの、どちらがよいでしょうか?店頭でのベストフィットで買い、...続きを読む

Aベストアンサー

伸びると靴の形が変わっちゃいますしね(型崩れ)

ちょっと似たような質問の回答に捨て寸のことを書きましたけどそれはご存知でしょうか?

>ごく一般的な靴ですと、1cmもつま先に余裕

靴には「捨て寸」というものがあります。「捨て寸」とは靴の爪先の空間のことで、普通、指から靴の先までに1cm~2cm位の空間が無ければなりません。捨て寸の長さは靴のデザインによって違い、先のとがったものほど長くなります。尖ったものには捨て寸2~3cm位あるものもあります。(トウシューズ、バレエシューズには捨て寸はありません)
 幅のちょうどいい靴を履くと甲の革のところで押さえられて足が止まり、爪先には適正な「捨て寸」が確保されます。ところが幅や厚みのゆるい靴を履くと、甲のところで押さえられず足が正しい位置で止まらず前に滑り、本来足を入れてはいけない「捨て寸」の部分にまで足が入ってしまいます。靴の爪先は狭くなっているので、親指が寄せられたり指が重なったり曲がったりして大変窮屈な状態となり、外反母趾やハンマー・トウの原因になります。

>甲の部分(幅)がぶかぶかになると思うのですが。
ワイズは、1日の疲労でむくんだり、体調によってサイズが変わるものなので、
大きめサイズを選んで、中敷などで調節する方をオススメします。

ということで別々の問題です。

爪先の捨て寸とワイズに分けて考えましょう。

という回答で・・・どうでしょう参考になりましたか?

伸びると靴の形が変わっちゃいますしね(型崩れ)

ちょっと似たような質問の回答に捨て寸のことを書きましたけどそれはご存知でしょうか?

>ごく一般的な靴ですと、1cmもつま先に余裕

靴には「捨て寸」というものがあります。「捨て寸」とは靴の爪先の空間のことで、普通、指から靴の先までに1cm~2cm位の空間が無ければなりません。捨て寸の長さは靴のデザインによって違い、先のとがったものほど長くなります。尖ったものには捨て寸2~3cm位あるものもあります。(トウシューズ、バレエシューズには捨て...続きを読む

Qオールデンは本当に良い物なんでしょうか?

私は右足の付け根に痛みを抱えており、普通の革靴を履くと右足が凝ったような状態になります。
普段はニューバランスのM996を愛用しており、趣味の観光旅行や街歩き等はほとんどこれで済ませているのですが、たまにジャケット等のキレイ目な服を着たい気分の時は流石にスニーカーだとアンバランスです。
そういう時はトリッカーズのブーツを履くのですが、これは重たい上にアッパーの革も底も堅いので、非常に足に負担が掛かってしまいます。

そこで「履き心地が良くて質の高い革靴」と言われているオールデンのコードバンシューズを考えてみたのですが、巷間言われてるように本当にいい靴なんでしょうか?
あまりに雑誌(Begin、メンズクラブ等々)で「いい!いい!」の大合唱で、逆に胡散臭く感じています。
実際、雑誌で大人気のクロケット&ジョーンズも↓のように「決して質の高い物ではない」と言われており、オールデンもひょっとしたら「大して良くも無いものを雑誌が勝手に持ち上げてるだけ」なのかなぁと疑問に思いました。
流石に10万円の靴であり、おいそれと買えるわけでもないんで、その辺りの実感を皆様にお聞きしたいのですが。
(「店で試し履きすればいい」というのは重々承知なんですが、やはり高額な靴なんで躊躇してしまいます。「履きジワが付いたから買い取って下さい」と言われるのも嫌ですし。それに、たかだか数分の試し履きじゃ分らない部分も多いと思いますので。)

http://blog.tsushin.tv/alceste/item/19857

私は右足の付け根に痛みを抱えており、普通の革靴を履くと右足が凝ったような状態になります。
普段はニューバランスのM996を愛用しており、趣味の観光旅行や街歩き等はほとんどこれで済ませているのですが、たまにジャケット等のキレイ目な服を着たい気分の時は流石にスニーカーだとアンバランスです。
そういう時はトリッカーズのブーツを履くのですが、これは重たい上にアッパーの革も底も堅いので、非常に足に負担が掛かってしまいます。

そこで「履き心地が良くて質の高い革靴」と言われているオールデ...続きを読む

Aベストアンサー

 とても日本人的な質問で興味を持ちました。あなたの言っていることは車で言えば メルセデスとBMWとジャガーとボルボなどなど、どれが一体ベストか、と言っているのと同じなのではないかと思います。この件について まず第一に検討するべきと思われるのは、それぞれのメーカーが、日本の各取引先の気まぐれなリクエストに基づいて作成している既製靴レベルにおける木型があなたの足に合うかどうかということ、二番目に各社のデザイン、ディテイル、仕上げなどがあなたの感覚に合うかどうか、つまるところ、いわば”もの”の良し悪しではなく、好き嫌いの問題となるのではないでしょうか。 こればっかりは、実際に購入をされてみて5年10年履き続けてみないと、しかもたった一足だけであるメーカーについて判断をくだすのは、いささか不公平ということもあるかと思います。 今後は、特別知的水準が高いとは言えない日本の雑誌や各ショップのセールスの言い分の全てを鵜呑みにはせず、少しずつ自分で買っては試しを繰り返し、何が、どこの靴が自分に合うのか、感覚を磨いていくしかないと思います。私自身について言えば16年ほどニューヨークに住んでおり、当地で服飾関係の仕事をしています。仕事がらマサチューセッツのオールデンの本社には何度も訪れたことがありますし、クロケットについても昔からよく知っています。社長のジョナサン ジョーンズとも話したことがあります。またグレンソンの日本でのセールスの責任者はかつて日本で仕事をしていた時代の上司でもあります。トリッカーズには友人がおり、話を聞く機会があります。これら各メーカーについて、まず私たちが認識、かつリスペクトしなくてはいけないことは、これらの会社が全て、19世紀後半以降、3世紀に跨ったビジネスを続けてきている、という事実で、浮き沈みの激しい欧米のビジネスの世界においては 極めてマレなことであり、彼らが存在し続けることが出来てきたその理由と意義について 一度ならず考えるてみるべきではないでしょうか。 個人的には、どの社にも共通していることとして、勤勉、誠実、堅実などなど、マックス ウエーバー言うところの”プロテスタンティズムの精神”を体現化しているところにその秘訣の一部があるのではと思っています。
 各社ともほんの数十年前までは、ほとんど自社の名前も出さず、取引先の靴屋やメンズショップのリクエストに応じて、日本人の好きな、いわゆる”別注品”を手がけてきていたわけです。 ここで私が何を言いたいのかというと、いい意味で不器用なオールデンはともかく、クロケットについて、メイクに関しては、必ずしも自社の主義主張ではなく、マーケットに応じて、つまり取引先の意向がかなり反映されたものもある、またはあったということです。 これは、例えば価格帯をどのあたりで設定して、販売時の利益率をどの程度見込むかというビジネスの基本の部分でもあるのですが、これに柔軟に応えられるクロケットであるからこそ取引先から重宝がられてきたわけで、そのためにクロケットのメーカーとしての真の実力を見誤るということのないようにしたいものです。 実際クロケットは、パリのジョン ロブが高級既製靴を開発する際、1980年代初頭にもかなりの貢献はしました。この際の実績は、彼らのハンドグレードラインと現在呼ばれている商品にも当然活かされていますし、パリに直営店を開いて以降、新しい木型にも積極的に挑戦をし、新境地を開いてきました。 とは言え、もしクロケットを買われるのであれば、日本の各ショップが”別注”している、そのシーズン限りの”旬”なデザインのものを買うのではなく、出来ればロンドンまで出向き、直営店において、もっとも靴をよく知っているセールスマンから購入されたら如何かと思います。
 私はオールデンのコードヴァンの靴だけで 合計40、50足は持っていますが、確かに一足一足 シワの出方も異なるし、シワの部分から色素が逃げて 白っぽくなったりするものさえありますが、逆に言えば、一足とて同じものはないということなのです。試しにお店で代表色であるバーガンディのご自分のサイズを全部出させて見るといいです。染料をあまり使わないこともあって、一足づつ全て微妙に色合いが異なっているはずです。別の言い方をすれば、コードヴァンの靴は、製品ではなく、むしろ作品に近いニュアンスを持っていること、そして購入してからか手入れを行い、自分で靴を育てていかなければいけないところがコードヴァン素材の魅力であり、大変さであると思います。手入れをきちんとしないと、日本の冬の乾燥時に皮が切れてしまうことさえ起こりえます。 以上、その靴の出来が良かろうが、悪かろうが その事実を受け入れがたいというのであれば、コードヴァンを買われるのは、しばらく見合わせておかれた方が良いかもしれません。
 オールデン社について付け加えると、オーソぺディックシューという足の形に問題のある人向けに いわゆる矯正靴を開発して業界内で認められてきた会社で、ビジネスの規模そのものは昔から決して大きくはありません。また軍靴についても有名です。こうした実績が第二次大戦後にブルックス ブラザーズ社の目に止まり、取引が始まったわけです。特にシェルコードヴァンは、その独特の風合い、色合いからブルックスを代表する商品に成長し、オールデンの評判も合せて高まっていきました。 かつてのブルックスの商品部には、靴の神様のようなバイヤーがいて、オールデンの営業マンが 新作の靴の品定めをそのバイヤー氏に依頼し、彼は指一本を靴底にあてて、重量のバランスをチェックしていました。 また当時のブルックスにおいては、コードヴァンのオックスブラッドとも呼ばれる、バーガンディの深みのある色合いは、あらゆるスーツの色に合うものと教えられたものです。但し、今でこそ希少価値ゆえに高級素材とされているコードヴァンですが、ヨーロッパ、特に英国では、昔からクラップcrapと呼ばれ、ちょっとした屑物扱いでした。私はロンドンのバーリントンモール内で、 プラダに買われる以前のチャーチ社のグラフトンという名のウイングティップを買いましたが、その名もGrafton Crapでした。店長と話をしましたが、”ものによってだが、シワがひどく出るし、皮の質も個体差が激しく(馬一頭から一足分しか取れない)、しかも履いてみないことには わからない。靴の素材としては、質のいいカーフの方が適しているのではないか。もともとこの靴もロンドンで仕事をしているアメリカ人のリクエストで生まれたようなものだ。”などということを言っていました。実際、現在 農耕馬の激減にもよりますが、質の高いコードヴァンは、ほとんどが米国製であって、そのためヨーロッパのメーカーが使用すると米国製の靴よりも日本においては、販売価格が2割以上割高となるようです。個人的には、オールデンを試されたいのであれば、Jacobson(ジェイコブスンと発音するのが正解ですが、多分日本では ジャコブソンと言われているでしょう。)という矯正靴を改良したモデルで、カーフ素材のものから試されたらよいか、と思います。それから、履き心地ということであれば、米国製のもうひとつの雄、アレン エドモンズを試されてみては如何でしょうか。米国においては、両者とも価格帯はほぼ一緒なのですが、日本での価格は オールデンの方が 総じて高めのように思えます。アレン エドモンズのパークアヴェニューは普段履きのドレスシューズとして個人的にもお薦めです。ヨーロッパのような繊細さは感じれられないかもしれませんが、男には、タフさ、力強さの方が重要なのではないでしょうか。

 とても日本人的な質問で興味を持ちました。あなたの言っていることは車で言えば メルセデスとBMWとジャガーとボルボなどなど、どれが一体ベストか、と言っているのと同じなのではないかと思います。この件について まず第一に検討するべきと思われるのは、それぞれのメーカーが、日本の各取引先の気まぐれなリクエストに基づいて作成している既製靴レベルにおける木型があなたの足に合うかどうかということ、二番目に各社のデザイン、ディテイル、仕上げなどがあなたの感覚に合うかどうか、つまるところ、...続きを読む

Q靴は何年もちますか?

運動靴、革靴などみなさんは何年くらい履き続けますか?

週3日以上履くようなお気に入りの靴の場合、何年くらいもつものでしょう?

Aベストアンサー

私の場合は、ソールを二回張替て履きつぶれる感じです

何年間かというと、履く頻度によりけりです

普段履きだけでも10足くらいあるので、たまにしか履かない靴は20年以上もっています

週3日以上履いて何年もつかは、歩く距離によるでしょう
ほとんど歩かなければ何年ももつでしょうし、毎回十数km歩けば、一年もつソールは無いでしょう


人気Q&Aランキング