AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

皆様宜しくお願いします。

最近こちらでSUMPRODUCT関数をお教えいただいてから色々な集計に使っていて、かなり重宝しております。
ところで、私は簡単な集計にはSUMIF関数やCOUNTIF関数等を、複数条件にはSUMPRODUCT関数を使用しているのですが、集計作業においてSUMPRODUCT関数では出来ないものってどんなものでしょうか?
お暇なときにご返答をいただければと思います。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ここへの回答の多くで使われているSUMPRODUCT関数を使ったものは


SUMPRODUCT関数の本来の使い方ではなく、SUMPRODUCT関数の特性を利用したものです。
配列数式の設定やデバッグが面倒なので、自動的に配列としてパラメータを指定出来るSUMPRODUCT関数を使っているように思えます。
    • good
    • 0

こんにちは。



>集計作業においてSUMPRODUCT関数では出来ないものってどんなものでしょうか?

回答はあってないようなものですね。全体の分母が決まっていないまま、ある事象の数個の条件に満足しても、それ以外の条件を挙げるということは、集合の論理としては、成り立ちません。全体が決まっていて、それに対して、該当する集合と該当しない補集合が成り立つのであって、この場合は、全体が決まっていないわけですから、補集合が成り立ちませんね。

ただ、先日、同様の質問で、SUMPRODUCT を考えてみましたが、

個々の引数に関して、

あくまでも、引数として、配列になっているものが、ひとつの条件です。
配列数式自体は、SUMPRODUCT では不可能です。

例:
=SUMPRODUCT(IF(ISNUMBER(A1:A10),1,""))

これはSUMPRODUCT は生きていません。中の引数は、配列ではなく、配列数式だから、成り立ちません。この場合は、SUMPRODUCT なしで、配列確定(Shift+Ctrl - Enter)をすればよいわけです。これは、並べ替えの関数、LARGE, SMALL で、支障が出てきますので、かなり工夫が必要になってきます。

また、いくつかの関数で、配列を受けないものがあります。
例:N関数
=SUMPRODUCT(N(A1:A10))

これらの関数に関しては、Microsoft 側では公開していませんので、個々に試してみなくては分かりません。ある程度は、時代的に古い関数が、配列を引数に取らない傾向にあります。例えば、RANK関数が、それにあたります。なぜ、変更しなかったかというよりも、ほとんど、過去の関数のオリジナリティは、Microsoft 側にないからなのだと思います。

それから、配列は、列全体(例:A:A) というようなスタイルは受けられないということです。
    • good
    • 0

質問が広範囲すぎて、どういうケースを言っているか、回答者側に質問を回されて、探し捉えるのは難しいのですが


この質問コーナーの質問の回答を見る限り、複数条件の集計では、ほぼSUMPRODUCT関数で賄えると思います。
こういう一般的な質問の回答は余程経験を積み記憶力の良い人で無いと答え難い。具体的な場合があれば聞く、また答えるでどうでしょう。
また当質問はSUMであり論点がずれますが、条件付き平均などを出すときに、SUMPRODUCTは(SUMPRODUCTでの合計)/(SUMPRODUCTでの件数合計)になり、直接的ではないと思う。
また双対性がある(一方で解ければ他方でも解ける)ように見える、配列数式とSUMPRODUCT関数ですが、配列数式で解けるが、SUMPRODUCT関数で表現するのが難しいと感じるときが、時どきありますが、それも小生が多少の時間では出来ないだけ、知ってる人ならできるのかもしれませんが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QACCESS IIF関数 複数条件の設定について

 選択クエリにおいて、あるフィールド「 X」 のレコード数値が
 
  0<[X]<=50   であれば A 
  50<[X]<=100  であれば B 
  100<[X]<=150  であれば C

 と表記させるフィールド「Y」を追加したいと考えています。
 この場合、Yのフィールド設定で指定する数式についてご教授願います。

 一応、
  IIf(0<[X]<=50,"A","") Or IIf(50<[X]<=100,"B","") Or IIf(100<[X]<=150,"C","")

  としましたが、実行すると、Yの列がすべて「-1」と表記されてしまいます。

 何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

a)IIF関数で対応する場合:
 IIF関数の第2引数または第3引数に、IIF関数を入れ子とする必要があります。

式: IIF([X]<=0, "", IIF([X]<=50, "A", IIF([X]<=100, "B", IIF([X]<=150, "C", ""))))


b)別の組込関数を使用する場合:
 IIF関数は二択ですので入れ子にする必要がありますが、Accessのクエリで
 使用できる、似た機能の関数に、Switch関数というものもあります。
 これであれば、入れ子にする必要がなくなります。
 (詳しくは、Accessのヘルプを参照下さい)

式: Switch([X]<=0, "", [X]<=50, "A", [X]<=100, "B", [X]<=150, "C", True, "")


なお、数学あるいは一般生活では確かに「0<[X]<=50」という表記をしますが、
Accessの関数などではこれだと正しい結果が得られません。
正しく認識させるためには、等号・不等号を挟んだ式は、「左辺」と「右辺」の
2つの要素からなる形にする必要があります。
(「0<[X]<=50」は「[X]>0 And [X]>=50」と分割してやる、と)

但し、今回のご質問のような『連続した範囲』であれば、前(左)で既出となる
式の要素で「[X]<=0」が「真(=-1)」とならなかった時点で、「[X]>0」が保証
されますので、上記のように、「[X]>0」を省略して「[X]<=50」だけを条件として
指定すればOk、ということになります。
(「0<[X]<=50」の次が「80<[X]<120」などのように、「50~80」が欠けた
 場合は、省略ができない、と)


【参考】
「0<[X]<=50」は、このままだと「0 < ([X]<=50)」という式と解釈されます。
この場合、「[X]<=50」は、「真(=-1)」か「偽(=0)」か「Null」のいずれかに
なります。
何にせよ、「0<[X]<=50」全体として「正(=-1)」となることがないため、
ご質問の式では、IIF関数は常に第3引数に指定された値「""」を返す
ことになります。

この結果、式全体としては「"" Or "" Or ""」という形となり、「0かNull」
以外なので、「真(=-1)」という値が返された、ということです。

なお、Nullについては、以前、他の方の質問につけた回答も、併せて参考までに:
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4850675.html

a)IIF関数で対応する場合:
 IIF関数の第2引数または第3引数に、IIF関数を入れ子とする必要があります。

式: IIF([X]<=0, "", IIF([X]<=50, "A", IIF([X]<=100, "B", IIF([X]<=150, "C", ""))))


b)別の組込関数を使用する場合:
 IIF関数は二択ですので入れ子にする必要がありますが、Accessのクエリで
 使用できる、似た機能の関数に、Switch関数というものもあります。
 これであれば、入れ子にする必要がなくなります。
 (詳しくは、Accessのヘルプを参照下さい)

式: Switch([X]<=0, "", [X]<=50, "A"...続きを読む

Qクエリで「データ型が一致しません」と表示される

クエリ1とクエリ2をクエリ3で結合するとクエリ3で「データ型が一致しません」と表示されます。

クエリ1のSQL文
SELECT Trim(Replace([PC管理台帳.使用者氏名]," ","")) AS 式1, PC管理台帳.新PC名, PC管理台帳.部署名, PC管理台帳.マシンベンダ名, PC管理台帳.マシンモデル
FROM PC管理台帳;

クエリ1では[使用者氏名]の苗字と名前のスペースを置換しました。

クエリ2のSQL文
SELECT 職員アカウント.職員番号, Trim(Replace([職員アカウント.氏名]," ","")) AS 式1, 職員アカウント.パスワード, 職員アカウント.メールアドレス
FROM 職員アカウント;

クエリ2では[氏名]の苗字と名前のスペースを置換しました。

クエリ3で[使用者氏名]と[氏名]が一致しているものを抽出したいです。

ちなみにクエリ3のSQL文は
SELECT [クエリ2].[式1], [クエリ2].[職員番号]
FROM クエリ1 INNER JOIN クエリ2 ON [クエリ1].[式1]=[クエリ2].[式1];

これでクエリ3をひらくと
「データ型が一致しません」
と表示されます。

どなたかアドバイスお願いします

クエリ1とクエリ2をクエリ3で結合するとクエリ3で「データ型が一致しません」と表示されます。

クエリ1のSQL文
SELECT Trim(Replace([PC管理台帳.使用者氏名]," ","")) AS 式1, PC管理台帳.新PC名, PC管理台帳.部署名, PC管理台帳.マシンベンダ名, PC管理台帳.マシンモデル
FROM PC管理台帳;

クエリ1では[使用者氏名]の苗字と名前のスペースを置換しました。

クエリ2のSQL文
SELECT 職員アカウント.職員番号, Trim(Replace([職員アカウント.氏名]," ","")) AS 式1, 職員アカウント.パスワー...続きを読む

Aベストアンサー

「データ型が一致しません」のエラーが発生するパターンのひとつに、『結合に使用している演算
フィールド(ご質問の件では式1が該当)の結果がエラーとなるレコードが含まれている』というのが
あります。
クエリ1・クエリ2の式1にはReplace関数が使われていますが、Replace関数の第1引数にNullを
指定すると、エラーになります。
従って、恐らく「PC管理台帳」テーブルの「使用者名」か、「職員アカウント」テーブルの「氏名」の
どちらか(或いは双方)が、空欄(Null)になったままのレコードがある可能性があります。
(なお、Trim関数は、第1引数がNullであってもエラーになりません)

上記推測が当たっていれば、
 a)上記フィールドが空欄になっているレコードをなくす
  (その上で、今後のことを考えると値要求を「はい」に設定しておくことをお勧めします)
 b)式1の関数を下記のように変更する
のどちらかの対応をされれば、ご質問のエラーは解消されるものと思います。


式1の変更で対応する場合は、それぞれ以下のようにしてみてください:
(「[PC管理台帳.使用者名]」と「[職員アカウント.氏名]」は、それぞれ「[PC管理台帳].[使用者名]」と
 「[職員アカウント].[氏名]」の誤記と判断して記述しています)

クエリ1:
Select Replace(Nz([PC管理台帳].[使用者氏名], ""), " ", "", 1, -1, 1) As 式1, PC管理台帳.新PC名, PC管理台帳.部署名, PC管理台帳.マシンベンダ名, PC管理台帳.マシンモデル From PC管理台帳;

クエリ2:
Select 職員アカウント.職員番号, Replace(Nz([職員アカウント].[氏名], ""), " ", "", 1, -1, 1) As 式1, 職員アカウント.パスワード, 職員アカウント.メールアドレス, From 職員アカウント;


Nz関数は、第1引数がNull(=文字列扱い不可の空白)だった場合に、第2引数の値に置換する関数
です。第2引数に「""」(空文字=文字列扱い可の空白)を指定することで、Replace関数がエラーに
なるのを回避しています。
Replace関数の一番最後の引数「1」は、半角/全角を区別させないためのものです。これにより、
スペースは全て削除されるため、Trim関数は不要になります。
(その前の「1, -1」は、それぞれ開始位置と置換する文字数の指定です。この辺りは、詳しくは
 ヘルプを確認して下さい)

「データ型が一致しません」のエラーが発生するパターンのひとつに、『結合に使用している演算
フィールド(ご質問の件では式1が該当)の結果がエラーとなるレコードが含まれている』というのが
あります。
クエリ1・クエリ2の式1にはReplace関数が使われていますが、Replace関数の第1引数にNullを
指定すると、エラーになります。
従って、恐らく「PC管理台帳」テーブルの「使用者名」か、「職員アカウント」テーブルの「氏名」の
どちらか(或いは双方)が、空欄(Null)になったままのレコードがある可能性があ...続きを読む

QACCESS 重複データを1つだけ表示したい(初心者です)

ACCESSで複数のフィールドに全く同じレコードが複数存在します
(例)
フィールド1  フィールド2  フィールド3
愛知      田中      12
愛知      田中      12
愛知      田中      12
三重      山本      23
三重      山本      23
岐阜      鈴木      33
岐阜      鈴木      33

もともと他のデーターベースからCSVで落としたものをインポートしているので、データの存在自体はどうしようもありませんが、これらの重複しているデータを1件だけ表示したいのです。つまり
(例)
フィールド1  フィールド2  フィールド3
愛知      田中      12
三重      山本      23
岐阜      鈴木      33

どのようにすればよいでしょうか。

Aベストアンサー

クエリにて[固有のレコード]プロパティーを[はい]にします

QAccessを開くと「排他モードじゃないので変更しても保存できない」との旨の表示が出てしまう。

「Access 2000」を使用して顧客管理用のデータベースを作成し、複数のパソコンで使用できるように原本を共有ドキュメントに入れて、ネットワーク上の他のパソコンではショートカットを作成し、それぞれがそのデータベースを開いたり編集したり出来るようにしています。

しかし、特定のパソコンだけそのデータベースを開く際に「現在、このデータベースは排他モードでアクセスしていません。変更しても、後で保存できない可能性があります。」と表示され、中身を編集したり保存出来ないようになっています。

たしかに、「規定の開くモード」は「共有モード」になっており、排他モードにはしていないです。

この設定で会社の大多数のパソコンでは上記メッセージが出ることなくちゃんと編集ができるのに、どうして特定のパソコンだけこのようなメッセージが表示されて編集を保存できないのでしょうか?
現在の設定のまま使えるようにするための方法はありますでしょうか?

まだAccessを使い始めたばかりで、記載した情報も少ないかもしれませんが、何か分かりましたら教えてください。

「Access 2000」を使用して顧客管理用のデータベースを作成し、複数のパソコンで使用できるように原本を共有ドキュメントに入れて、ネットワーク上の他のパソコンではショートカットを作成し、それぞれがそのデータベースを開いたり編集したり出来るようにしています。

しかし、特定のパソコンだけそのデータベースを開く際に「現在、このデータベースは排他モードでアクセスしていません。変更しても、後で保存できない可能性があります。」と表示され、中身を編集したり保存出来ないようになっています。

...続きを読む

Aベストアンサー

> 特定のパソコンだけそのデータベースを開く際に「現在、このデータベースは排他モードで
> アクセスしていません。変更しても、後で保存できない可能性があります。」と表示

<可能性・1>
ご質問の「特定のパソコン」の『既定の開くモード』が「共有モード」で、「大多数のパソコン」では
「排他モード」になっているのだとすると、「現在の設定のまま」というのは難しいと思います。
(逆にいうと、ご質問の現象が『既定の開くモード』に起因したものなら、その設定の変更で対応
 できるはず、ということ)

なお、Accessの「排他モード」には、私が知る限り少なくとも2種類あります。
で、『既定の開くモード』で指定する「排他モード」であれば、Access2000では、実際には他の
人が使用中であっても、同じファイルを開くことができたと思いますので、まずはその設定を
変更することで問題が解決できないか、確認されてみてはいかがでしょうか。

2種類の排他モードについての参考として、以前の回答へのリンクを載せておきます:
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3688575.html
※念のため今回再試したところ、『既定の開くモード』の「排他モード」でも、重複起動させると
  「使用できませんでした」とのメッセージが返されました。(Access2003にて確認)
  もしかしたら、Office2003 SP2でこの辺りは修正が掛かったかもしれません。
  ただ、今回のご質問のAccess2000では、従来の動作のままのはずですので、試してみる
  価値はあるかと思います。


<可能性・2>
他の大多数のパソコンでも『既定の開くモード』が「共有モード」だとすると、上記の話は
成り立ちません。
・・・というより、同時に使用している場合、他のパソコンでも「後で保存できない可能性が」
とのメッセージが出るはずの状況です。(Accessの仕様として、そうなっているはず、と)

この場合は、念のため、他のパソコンのショートカットのリンク先が、本当にネットワーク上の
原本を開く形になっているか、確認してみてください。
というのは、Accessによるの運用方法として、「データを保存するテーブルのみのファイル」と
「フォームなど、テーブル以外のものからなるファイル」の二つを作成して、後者から前者に
テーブルのリンクを張る(リンクテーブル)、というものがあり、他のパソコンのショートカットが、
実は各パソコンにコピーされたファイル(フォームなど+リンクテーブル)にリンクしたもの、
という可能性が考えられるためです。
※これは、shocola_ttさん以外の方がそのデータベースを作成されたと想像しての回答です。

この構成の場合は、「特定のパソコン」にその原本のコピーを作成して、作業はこのファイル
で行う、という形にすれば、問題が解決すると思います。
(上記の通りなら、原本内にあるのはテーブルではなくリンクテーブルなので、入力/編集の
 対象となるデータ自体は共有されていることになります)

> 特定のパソコンだけそのデータベースを開く際に「現在、このデータベースは排他モードで
> アクセスしていません。変更しても、後で保存できない可能性があります。」と表示

<可能性・1>
ご質問の「特定のパソコン」の『既定の開くモード』が「共有モード」で、「大多数のパソコン」では
「排他モード」になっているのだとすると、「現在の設定のまま」というのは難しいと思います。
(逆にいうと、ご質問の現象が『既定の開くモード』に起因したものなら、その設定の変更で対応
 できるはず、というこ...続きを読む

QAccess 別テーブルにある値を抽出条件にしたい

OS:WindowsXP SP3
使用ソフト: Microsoft Access2003


選択クエリにて、別テーブルのフィールドにある値すべてを抽出条件にできますか?


ホームページに来て頂いた方の検索キーワードを集計しております。
テーブル1には『検索キーワード履歴』フィールドがあり、お客様が使用した検索キーワードが入力されています。(約2万件)
テーブル2には『除外キーワード候補』フィールドがあり、不要なキーワードが入力されています。(約10件)


クエリにて、『検索キーワード履歴』から『除外キーワード候補』の値を全て除いた結果を出力させたいのですが、
抽出条件をどのように指定したらいいのか分かりません。

そもそも、別テーブルのフィールドにある値すべてを除外させる抽出条件って指定できるのでしょうか。
SQLを用いる方法でも構いませんので教えてください。

Aベストアンサー

SELECT * FROM テーブル1
WHERE NOT EXISTS
(SELECT * FROM テーブル2 WHERE テーブル1.検索キーワード履歴 = テーブル2.除外キーワード候補)
OR 検索キーワード履歴 IS NOT NULL
とか
SELECT * FROM テーブル1
WHERE 検索キーワード履歴 NOT IN (SELECT 除外キーワード候補 FROM テーブル2 )
ということ?
1フィールドに1キーワードの場合です。

Qクエリーの抽出条件の入力の仕方を教えて下さい

アクセスでクエリーを作成する時、チェックボックスにレが付いてるデータだけを抽出して作成したいのですが、
抽出条件の所に何と入力すればよいでしょうか。よろしくお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

文章から察するにフォーム上のチェックマークの付いたレコードがあって、それらのレコードをクエリで抽出するってことですよね?
ならば、クエリのデザイン画面で抽出欄に「-1」を指定することで抽出できます。

QACCESS クエリで、グループ化したものをカウントしたい

SQLでなくクエリで、グループ化したものをカウントしたいのですが、クエリを2個作ればよいのはわかるのですが、これを1つのクエリで作るのは可能でしょうか?

現状:
クエリ1 グループ化
クエリ2 クエリ1の結果をカウント

あまりにクエリを作り過ぎる為、今後の向上の為にと思い、質問します。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>>Sum(1/DCount("*","テーブル名","グループ='" & [グループ] & "'"))
>が理解できませんでした。(再現もできませんでした)
質問にテーブルの情報がなかったのでこのように書きました

グループとは質問の1段目のクエリでグループに指定したフィールドの名前です

グループAが3レコード、Bが2レコードあれば

1/3+1/3+1/3+1/2+1/2=2

という結果が得られます

Qaccess フォームを開くと「パラメーターの入力」ウィンドウが開いてしまう

access2007
OS:winXP
 access初心者です。
 テーブルにて主キーの変更を行なったらその後フォームを開くたびに「パラメーターの入力」ウィンドウが勝手に出てくるようになってしまいました。
 何も入力せずにOKを押せばそのままフォームは開くのですが煩わしいので非表示にしたいです。
 変更するにはどのようにしたら良いのでしょうか?また、再発防止のためになんでこのような設定になってしまったのかも教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

横レス失礼致します。

> 「パラメーターの入力」ウィンドウに出てくる項目はテーブルからは消去したのですが、
> フォームのデザインビューで表示されるフィールドリストの中には残っていました

フィールドリストに残っているということは、そのフォームのレコードソースに指定している
テーブル/クエリに、その名前のフィールドがある、ということを意味しています。
テーブルからは削除済みとのことですので、恐らくそのフォームはレコードソースに
クエリ(又はSQL文)を使用しているものと推測します。

テーブルから削除されたフィールドがクエリ内に残っていると、そのクエリを実行したとき
(→そのクエリをレコードソースとするフォームを開いた場合を含む:コントロールでの
使用有無は問いません)に、「パラメータの入力」ダイアログが表示されます。
ですので、まずはレコードソースに指定しているクエリまたはSQL文の中に、テーブルから
削除したフィールドが残っていると思いますので、探してみてください。
(フィールドリストに、そのフィールドの名前が出ている(=「式1」などになっていない)という
 ことは、クエリのデザインビュー上で「フィールド名: ~」とするか、SQL文上で「As」を
 使用して、別名をつけているものと思います)

横レス失礼致します。

> 「パラメーターの入力」ウィンドウに出てくる項目はテーブルからは消去したのですが、
> フォームのデザインビューで表示されるフィールドリストの中には残っていました

フィールドリストに残っているということは、そのフォームのレコードソースに指定している
テーブル/クエリに、その名前のフィールドがある、ということを意味しています。
テーブルからは削除済みとのことですので、恐らくそのフォームはレコードソースに
クエリ(又はSQL文)を使用しているものと推測します...続きを読む

Qエクセル関数 重複をのぞいて個数を数える方法

いつもお世話になっています
セルに
a  b  c  a  b b
と入力したとき、個数を数える方法は知っていますが、種類が3個だと集計するにはどんな関数を使えばいいのでしょうか。

Aベストアンサー

下記URLの方法は如何でしょう。

「重複しないデータを数える」
http://integer.exblog.jp/2132536/

「リストから重複するデータをはぶいた件数(個数)をカウントする」
http://ameblo.jp/xls/entry-10073848203.html

「重複しないセル数」ユーザー定義関数の説明
http://www.katch.ne.jp/~kiyopon/soft/juhukunai.html

Qアクセスで#エラーを表示させない方法は?

アクセス2000を使用しています。フォームにテキストボックスを貼り付けて、計算式を入れています。計算できない数値になると、#エラーと表示されます。目障りなので、#エラー という表示を消したいのですが、どうしたらよろしいでしょうか?宜しくお願い申し上げ候。

Aベストアンサー

はじめは「IIF関数とIsError関数を使用して」と考えたものの、IIF関数は引数がエラーになった時点で
エラーが返されてしまう(=元の木阿弥)ので、どうしたものかと思ったのですが・・・
とりあえず、「見た感じ、何も表示されていないように見える」ということで、『条件付書式』での対応と
いうのはいかがでしょうか。

1)当該フォームをデザインビューで開く
2)当該テキストボックスを選択
3)メニューで「書式(O)→条件付き書式(D)」を選択
4)『条件付き書式設定』ダイアログが開くので、『条件1(1)』枠の左端にあるコンボボックスで「式」を選択
5)上記コンボボックスの隣が1つのテキストボックスになるので、そこに以下のような式を入力
 IsError([テキスト0])
 ※上記の式は当該テキストボックスの名前が「テキスト0」の場合です。
6)上記テキストボックスの下、右から2番目に「A」と表示された、文字色を指定するボタンがあるので、
 その左の小さな「▼」をクリックし、当該テキストボックスの背景と同じ色(既定では白のはず)を選択
7)『OK』ボタンをクリックしてダイアログを閉じる

・・・以上です。
これで、『テキスト0』の計算式がエラーになった場合は、文字色が背景と同じ色になるので、「#エラー」と
いう表示はされていないように見える、という状態にすることができると思います。

はじめは「IIF関数とIsError関数を使用して」と考えたものの、IIF関数は引数がエラーになった時点で
エラーが返されてしまう(=元の木阿弥)ので、どうしたものかと思ったのですが・・・
とりあえず、「見た感じ、何も表示されていないように見える」ということで、『条件付書式』での対応と
いうのはいかがでしょうか。

1)当該フォームをデザインビューで開く
2)当該テキストボックスを選択
3)メニューで「書式(O)→条件付き書式(D)」を選択
4)『条件付き書式設定』ダイアログが開くので、『条件1(1)』枠の...続きを読む


人気Q&Aランキング