出産前後の痔にはご注意!

β-(ベータマイナス)壊変では原子核のプラス電荷によりβ-線が引き寄せられるので,エネルギースペクトルは0でも頻度分布が存在する。一方,β+(ベータプラス)壊変ではβ+線が反発されるので0における頻度分布は0となる。

という記述をみつけたのですが,どうしても納得できません。β-線が引き寄せられるなら,エネルギー0での計数率は0になるとしか考えられません。また,β+線も同様にエネルギー0のものであっても反発力により計測されると思います。どう考えても逆の記述がされているとしか思えません。
誤植として自分の考えを採用してもいいのでしょうか?それとも自分には見落としていた部分があり,教科書の記述のほうが正しいのでしょうか?
知恵を貸してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「0における頻度分布は0となる」というのは、「0近辺の…」あるいは「0に外挿した…」と読むべきです。

他の回答者にあるように、エネルギー0のものは測定できませんから。

この部分の前に、「電子エネルギーは、壊変による欠損質量の約半分を最大値とし、そこからエネルギー0まで連続的に分布する」とかの記述があるはずです。さらにスペクトルに関して関数形が示されていれば教育的にも良いのでしょうが、0に向かって次第に減少しエネルギー0では関数値は0になります。ご質問の部分は、この連続スペクトルの電子電荷による違いを定性的に説明しようとしたものを思われます。ですから、「電荷がないとした場合のスペクトルに比べ0近辺(または、0に外挿した)の頻度は多くなる/少なくなる」ことを言いたいのだと思われ、それは記述通りになると思います。
    • good
    • 1

>測定器のデータでは回答者様のようなスペクトルになるので,やはり教科書の文章の記述が誤っていたようです。



私は、測定器のデータは、教科書のようになりますが???
    • good
    • 1

β崩壊した直後(電子・陽電子が原子核のすぐ側にいる時)の電子・陽電子のエネルギースペクトルについて想定しているのでしょうが、現実問題としてそんなものは測定できませんよね。

(原子核のすぐ近くに測定器を置くことはできないので)

我々が測定できるのは、原子核(or原子)から十分(~1m)離れた位置における電子・陽電子のエネルギースペクトルです。おそらく、教科書ではこっちについて言及しているのでしょう。前後の文脈が分からないので、嘘かもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。測定器のデータでは回答者様のようなスペクトルになるので,やはり教科書の文章の記述が誤っていたようです。

お礼日時:2008/05/08 17:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qステンレス と ステンレススチールの違いを教えてください

質問タイトルのままですが・・・

違いについて教えて欲しいと思いました

何でも良いのでお願いします

購入の際の参考にしたいです

Aベストアンサー

>ステンレススチールのキッチンバサミを買うのと
>ステンレス18-8は どちらが良いのだろう
>というところで悩み 質問させていただきました

ステンレス18-8とは#4さんの回答のURLにあるように、SUS304の事で、非常に広く一般的に使用されているステンレス(鋼)です。

「ステンレススチールのキッチンバサミ」・・・これはたぶんSUS440系のステンレス(鋼)と思われます。

「どちらが良いのか」と言う質問には使用用途が異なるので回答出来ないと言う事です。

SUS304は金属組織がオーステナイト系(簡単に言うと城の石垣状)で非磁性体です。金属表面に耐食性の酸化皮膜が形成されていて、サビを寄せ付けません。

SUS440系は熱処理等を加え金属組織がマルテンサイト(針状組織)に変化し、磁性体になり磁石に張り付きます。この金属はステンレスとは言えどサビます。

Q強制振動の例

強制振動の事例について調べています。
宿題で出たので…

調べた結果「ブランコをこぐ」というのが強制振動の例だと分かりました。

他にはどんなのがあるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

おおーきなノッポの古時計、おじいーさんのー時計ぃー
  ・・・ぜんまいなどで振り子を振らせつづけます
(私が小さい頃、家にありました。止まらないように、時々ねじでぜんまいを巻きます)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%AF%E3%82%8A%E5%AD%90%E6%99%82%E8%A8%88

水晶振動子 ・・・ 電気で振動させます
(腕時計、パソコンなどに使われています)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%99%B6%E6%8C%AF%E5%8B%95%E5%AD%90


以上、ご参考になりましたら幸いです。

Q文献値を教えてください!!

学生実験で、気体の屈折率を測定し、
文献値を参考にして未知資料の特定をしないといけないのですが、
文献値がどの本にも載っていません。。。

載っている本、URLなど教えてください!!

お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

ごく0℃、1気圧でごくありふれたものなら理科年表にでています。もしかしたら化学便覧にもでているかも知れません。
理科年表には
Arで1.000284、酸素で1.000272、空気で1.000292、水蒸気で1.000252などの数字がありますが、これでものを同定できるのでしょうか?もしかして私の方で質問を誤解していたらすみません。

Q放射性崩壊のエネルギーの計算(?)ってできますか。

放射性物質、たとえば炭素14は放射線というエネルギーみたいなのを出して窒素14になると思います。

そんなふうな過程を放射性崩壊というと思うのですが、放射性崩壊には速度というか半減期というものがあります。

炭素14は5730年、ヨウ素131は8日。放射能の強さは単位時間あたりに崩壊する原子数に比例するらしいので、たぶんヨウ素131は恐ろしく放射能が強いような気がします。

この場合のエネルギーはどんなふうに計算できるのですか。熱量とかに換算できるのでしょうか。

福島原発問題のせいで放射性物質というものに興味を持つようになってしまいました(汗)

Aベストアンサー

例えば炭素14は、ベータ崩壊で、崩壊エネルギーは0.156MeVだそうです。

MeVという単位は、メガ・エレクトロン・ボルト、と読みますが、
1eV = 1.602×10^-19 J
だそうです。

ヨウ素131は、ベータ崩壊+ガンマ崩壊で、崩壊エネルギーは0.971MeVだそうです。

ヨウ素131は質量数が131だから、1mol=6.02×10^23個で131g
1gあたり4.60×10^21個あるわけですね。
これが8日で半分になるので、2.30×10^21個が崩壊して、
2.30×0.971で2.233×10^21MeV 2.233×10^27eV
2.233×10^27×1.602×10^-19 = 3.578×10^8J
8.55×10^4kcal

ヨウ素131 1gから8日間で8万5千キロカロリーのエネルギーを放出する、ということですかね。
50人分の1日の摂取カロリーくらいですね。


なんか、計算が間違っていそうです。

Q共振回路の応用例

共振回路はどのようなことに応用されていますか?

携帯電話やラジオに使われていると聞くことはありますが、どのように応用されているか教えてください。


携帯やラジオ以外でも使われているもの、どのようにおうようされているか 教えてください。

Aベストアンサー

ラジオ等に使われる共振回路はインダクタンス(L)を持つコイルと、静電容量(C)を持つコンデンサで構成される回路で、きっかけの電力が与えられるとLとCの値に応じた周期で振動する電力を保つ回路です。

その周期(秒)はLとCの値によって決まります。
周期=2×π×√(L×C)で表されます。

またこれを1秒間の振動数(ヘルツ)であらわすと
周波数(f)=1/(2×π×√(L×C))となります。(中学校の時、無線の試験のため、この公式を覚えました)

以下は小学生の頃、工作で作りました。ゲルマラジオの回路です。バリコン(可変コンデンサ)とコイルでLC共振回路が入っています。
http://www.k5.dion.ne.jp/~radio77/guide/kouzou.htm


分かり易い応用例としては、以下のようなものがあります。
ビデオレンタル店等の万引き防止タグは、薄いシートにLC共振回路が描かれたものが商品に張り付けてあります。
店の出口のゲートでは、この回路に共振する周波数の電波が放出されていて、この共振回路の共振を検出すると警報音がなる仕組みになっています。

自動車のスマートキー(鍵をささずに、スマートキーを持っているだけでエンジンを掛けることが出来る)も、キー内部にLC共振回路が内蔵されています。自動車からある周波数の電波が発せられていて、キー内部のLC共振回路が「発電」します。
キーは発電した電力を使って、コード(暗号)を自動車に向けて電波で送ります。暗号が正しければ、車はエンジンをかけることを許可します。(持ち歩くキー自体は必ずしも電池は必要でないところがポイントです)

実際の応用例は、無線機など電波を使う機器だけでなく、普通のオーディオ機器にも有線電話にも、テレビにもあらゆるところで使われていますので、興味があれば勉強してみてください。

ラジオ等に使われる共振回路はインダクタンス(L)を持つコイルと、静電容量(C)を持つコンデンサで構成される回路で、きっかけの電力が与えられるとLとCの値に応じた周期で振動する電力を保つ回路です。

その周期(秒)はLとCの値によって決まります。
周期=2×π×√(L×C)で表されます。

またこれを1秒間の振動数(ヘルツ)であらわすと
周波数(f)=1/(2×π×√(L×C))となります。(中学校の時、無線の試験のため、この公式を覚えました)

以下は小学生の頃、工作で作りました。ゲルマラジオの回路で...続きを読む


人気Q&Aランキング