痔になりやすい生活習慣とは?

巨人戦を見る機会が少なくなりましたが、久しぶりに巨人戦を見ています。代打で清水隆行が出てきました。かつては最多安打も獲得した清水ですが、今年は2軍にいたこともあり、まだ2打数1安打ということにびっくりしました。長年レギュラーだった選手がどうして?という思いがあります。

若手の起用・台頭や本人の体力の衰えなどあるのかもしれませんが、同世代の小笠原や谷がレギュラーであるのに対し、どうしてこうなっちゃったんだろうという疑問があります。弾丸ライナーの鋭さはかつての淡口を彷彿とさせます。それとも、ケガでもしたのでしょうか。まあ、レフトの守備はお粗末な部分は否めませんが、しばらく見ない間に「どうして?」なのです。

疑問を解消できる方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

本当のところは分かりませんが、一番の理由は、巨人の体質から来るものではないでしょうか。


常勝巨人が宿命付けられていて、常にチームを強くする必要があると思っているチームです。それはチーム(会社)としてどのような将来像を持ち、どこに投資を行うか、常に考え続けていることだと思います。(巨人におんぶに抱っこの球団は、それを批判しますが、球団ごとのカラーであり、戦略だと私は思っています)
話が逸れましたが、他球団からベテランを連れてくるのは、例年のことです。最近の外野手では、谷であり、ラミレスです。
それが100%監督の希望であるとは限らず、でも取った以上は使わないと球団批判にもなります。だから使わざるを得ないのです。
谷もラミレスも守備力が低い割には、それなりに働いている状態で、そこに守備力が弱い清水を常に使い続けることは、首脳陣としても頭が痛いことでしょう。
そのような宿命を背負っているチームにおいて、抜群の成績で首脳陣を認めさせなければ生き残れないのも事実です。今年で言えば亀井は、そのチャンスを手に入れました。(昨年は矢野が掴みかけていましたが)
どちらにしても今年の巨人の状況下で、守備力の弱い清水は辛い立場でしょう。
私は好きな選手なので、頑張って欲しいのですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。私も最近のメンバーをよく知らないようです。ラミレスも守備力はひどいですが、主砲であるし、やはり外から取った選手は使わないわけにはいかないという事情もあるのですね。そうか、小久保が巨人に入ったころは江藤が使い捨てのような形になりました。各球団の主力選手があふれかえっている巨人にいては、例え過去に実績のある選手でも苦境にたたされるのですね。

最近はスポーツニュースで見る程度なので、亀井や矢野あるいは坂本の実力がどのくらいのものかよくわかりませんが、巨人にいて安泰と思っている選手がどのくらいいるのか。正直、FAで入っても2,3年サイクルで使い捨てするような球団になってしまいましたね。清水は原監督に気に入られて、2002年だったか優勝に貢献し、最多安打も取得しましたが、出場機会がないのであれば、外に出してあげたいですね。

お礼日時:2008/05/06 02:59

FA残留せずに、FAで他球団移籍を考えなかったのが最大の原因。


巨人の体質では、飼い殺しになる選手は他球団に比べても高くなってしまいます。
あれだけ毎年他球団からFAで選手を引っ張ってきておきながら、プロテクトによって中軸の選手を囲ってしまうとこうなるという事。
FAシステムにも問題はあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。飼い殺しはかわいそうですね。プロテクトで囲まれるのもかわいそうですね。FA制度も問題があると。いい選手は海外に出て行ってしまうし、いろいろ問題あります。

巨人戦を見なくなったせいか、巨人ブランドってそれほど魅力を感じなくなっています。でも、あぶれている人材をみんなうまく活用できるような方法があればいいですね。

お礼日時:2008/05/06 03:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング