出産前後の痔にはご注意!

こんにちわ、セルライトは色々な質問が来ていますが、目的の情報が見当たらなかったので質問いたしますm(_ _)m

セルライトにはとにかくマッサージと聞き、毎日マッサージをしていたら、柔らかくなりタプンタプンになりました。
次の段階としては何をすれば痩せていくんでしょうか?
筋トレはセルライトが有る時はやらない方が良いとも聞きますし、このままマッサージだけで細くなるのかどうか……
リンパマッサージもしてはいるのですが、余り変化がない気がします。

回答お待ちしてますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

有酸素運動と適度なカロリー制限ですねぇ。



リンパマッサージなどは、代謝後に出た老廃物や水分をスムーズに排出したり、むくみなどを解消する効果がありますね。ということは、代謝した老廃物を流すにはまず代謝(脂肪を燃焼)しておかなければいけないと思います。マッサージで脂肪は燃焼しないことが証明されてますから、まず運動して脂肪を燃やし、それからマッサージしたらいいと思います。

脂肪は、体にとって大事な貯蔵エネルギーなので、揉んだりマッサージした程度では溶けないように守られています。体を動かして燃焼する以外には、手術で切り取るか、熱湯で煮るかしかありません。
逆に、運動したり食事制限してエネルギーが足りないときは必ず燃焼します。ほかにエネルギーが無いので、セルライトなどで固まって燃焼しなくなるということもありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
食事は野菜中心の素食な方なので、やはり運動ですか………

マッサージで脂肪は消費しない、運動しても大丈夫、ということが判っただけでもありがたいです!
ありがとうございますm(_ _)m

お礼日時:2008/05/08 21:46

孫引きで申し訳ないんですが、こんなものを。


http://hobab.fc2web.com/sub4-zesshoku.htm

再反論は#6-7さんの通りなので割愛

参考URL:http://hobab.fc2web.com/sub4-zesshoku.htm
    • good
    • 2

 aiha_s さん、こんにちわ。



 客観的に見て、質問者さんの問題の解決の為には、「KY」とされるにはデータが必要と思われます。 
 
    • good
    • 4

 aiha_s さん、こんにちわ。

スポーツトレーナーです。

 私はセルライトというのがよく分からないです。現象のような事は知っていますが、定義が分からないという意味です。

 その時々見かける宣伝文句について考えてみると、あまり正確ではないなあ、と感じますので、私がそういう気付いたところを記したいと思います。


 脂肪は運動を行うとホルモンが分泌され、それにより分解され血中に入り、アルブミンと結びつき遊離脂肪酸となり、ATP回路で燃焼されて、減っていきます。

 マッサージは関与しないと思います。マッサージのような弱い入力でどうにかなる、柔らかくなるという事は無く、運動により分泌される内分泌系の与える影響の方が大きいと思われます。

 仮にマッサージで柔らかくなるとするとそれは物理的な分解ですから、血がにじむ程度に行わないと効果がでないと思います。
 そうだとしても、血中に溶ける大きさにはならないでしょう。血中に溶けたとしても遊離脂肪酸でないとATPの燃焼回路で燃焼できないです。

 柔らかいと燃焼するという根拠も無いと思います。
 そうだとしたら、体脂肪の柔らかいところは常に燃焼されて固いところは燃焼されないとなるはずです。その展開に沿うとあごやウエストやなどは一生体脂肪が付かないとなるわけですが、そうでは無く、柔らかい部位にも体脂肪率が上がると同時に付いてきます。

 また、「付いて凝り固まり、燃焼しにくくなる」というのも見かけますが、もしそうだとすると、付いたばかりでは柔らかいはずで、すぐに燃焼される事になります。
 そうすると「凝り固まる」という事自体があり得なく感じます。


 科学も医学もなんでもですが、学術論文が無いものは定義付けされていない訳ですから、確証されていないという事です。

 例えば「私は火星人を見た。見ていない人は遅れている」という人がおられても、火星人について検討のしようがありません。
 もし見つけた事が大事なのであれば、それを発表すれば良いだけでしょう。これは火星人を見てない人が遅れているからではなく、発表側の努力が足りないのか、論ずるだけのデータが無いから、回りが検討できないのでしょう。
 これが「火星人」がきちんと定義づけられているのであれば、対処の方法もあると思います。

 だからセルライトが重要と感じる方は、それを立証しないと周りの人は動いてくれないでしょう。
 もしセルライトというものが存在するとしたら、それを学術論文として発表しその真意のほどを外部に求めれば良いだけです。

 そのセルライトという物体そのものを捉えるのではなく、その出来上がる行程、分解される行程。こういうのが正しく立証されて初めて価値があると思います。
 そういうのが人間の代謝であるとするとノーベル賞ものの発見でしょう。他の病気の治療にも役立つかもしれません。
 それが学者や公的な研究所で「ああ、それは正しいだろう」となれば科学や医学、それに困っている人たちの進歩に役立つと思いますので、その為にもそういう業界の人には頑張ってもらいたいです。

 こういうのは医学よりも生理学の方ですから、東大とかで好きな人がたくさんいると思います。微力ながら私としても論文が出たら協力させていただきたいと考えております。
    • good
    • 5

詭弁を用いるのはエセ科学・ニセ科学の特徴ですな。



「セルライト」(あえてカギかっこ付き)なるものがどういうものであるかという言葉の定義すら、整備された科学の中にはありませんが、俗説というか商売用語の中にはあるのは確かです。
しかし、「セルライト」(あえてカギかっこ付き)ができる条件か、とか、「セルライト」(あえてカギかっこ付き)が消えていく理由などについては、「セルライト」(あえてカギかっこ付き)ということばこそ用いなくとも、医学の上では明らかになっているんです。
要は脂肪なんだからぽつぽつと凸部ができるし、脂肪全体量が減れば凸部も見えなくなります。「セルライト」(あえてカギかっこ付き)があるからやせないとか、「セルライト」(あえてカギかっこ付き)を減らすには~とかの風説は一切間違っているのです。
そんな証明もされていない新説を出さなくとも、実証されている説があるんです。新説が正しいとでも言うのなら医学論文でも書いて正しいと認められてからですよ。

ということで#2さんのおっしゃるとおり、「セルライト」(あえてカギかっこ付き)など忘れて普通に脂肪を落とそうとすれば勝手に消えてくれます。

>でもやはり「消費カロリー>摂取カロリー」になれば痩せるのは絶対でしょうね^^
それで続けないとやせません。
摂取エネルギーが減った分、体は吸収効率を上げることで今までと同じだけのエネルギーを得ようとします。この防御機能が働くためしばらくはやせにくい状態が続きます。しかし、ここで摂取エネルギーを元に戻すと、吸収効率はあがったままなので結果として今までより多くのエネルギーを取り入れることとなり、リバウンドという状態に陥ります。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3996921.html
    • good
    • 1

医学的に、セルライトが規定されてないのは、医学が遅れているだけなので、気にしないでいきましょう。


「医学が最先端。正しい」と思っているのは間違いです。
実社会で「常識」となってだいぶ経ってから、医学の学問に取り入れられる例は多いですから。

実際、脂肪の固かったものがマッサージで柔らかくなるのは、あなたも私も経験した通り事実なのですから。
柔らかくなれば脂肪が燃焼しやすくなるのも事実です。

私は、夕方17時以降食べないようにしてたら、日々、痩せていきました。
セルライトのマッサージなしで同じ事が実現出来たか?を考えると難しかっただろうと思います。
    • good
    • 4

>セルライトにはとにかくマッサージと聞き、毎日マッサージを


>していたら、柔らかくなりタプンタプンになりました。

実際のところ、セルライトって医学的には存在が認められていない物質だったってご存知でしょうか(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AB% …)?つまりセルライトって言うのは、美容・健康業界がでっち上げたウソで、セルライトが運動じゃ消えにくいっていう話も、お客さんを取るためのガセネタだったりします。セルライト「っぽい」凹凸は、マッサージにより血行が良くなったため、見えなくなっただけです。

>次の段階としては何をすれば痩せていくんでしょうか?
>筋トレはセルライトが有る時はやらない方が良いとも聞きますし、
>このままマッサージだけで細くなるのかどうか……
>リンパマッサージもしてはいるのですが、余り変化がない気がします。

セルライトのことは忘れて、適切な運動(筋トレ)と食事管理を組み合わせることで、「消費カロリー>摂取カロリー」の状態を保ちましょう。そうすれば、脂肪は自然と少なくなっていき、皮膚表面の凹凸もなくなっていきますよ。

あと#1さんのおっしゃるように、マッサージだけで細くなることは、決してありません。基本は筋トレと食事管理で、十分脂肪は燃焼されてスリムになっていきます。有酸素運動は、それに加えて脂肪燃焼のペースをさらに上げるためのオプションとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
そうなんですよねー………セルライト自体の定義がアヤフヤなので、対処法もアヤフヤというか諸説有り過ぎる気がします。
クチコミという文化が確立されてからは、余計に情報過多ですね><

でもやはり「消費カロリー>摂取カロリー」になれば痩せるのは絶対でしょうね^^
参考にします!

お礼日時:2008/05/08 21:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q固い脂肪と柔らかい脂肪

同じ脂肪でも固い脂肪の人と柔らかい脂肪の人がいます
高校生くらいの女の子の太ももとか見てるとパンパンに張り詰めてます
胸のおっぱいも固い人、ポワポワな人、むにゅむにゅな人、ぶにぶにの人と多種多様です。
何が違うのですか?種類の違いによって痩せやすい痩せにくいがありますか

Aベストアンサー

>種類の違いによって痩せやすい痩せにくいがありますか

直接的には関係ないです。

もむとやせるというような「職業」の人はイロイロいいますが、
その脂肪組織から、脂肪が流れ出すころとは絶対にありませんし、
実際に、流れたら、「油滴」が血管を流れるので、コレステロールで騒ぐようなレベルの段階ではありません。

だから、揉んで脂肪がどうとかいうのはウ・ソ。
硬いのがやせにくいとか、いうのは、もともとが筋肉質で
余り、脂肪そのものが多くないので、重たいだけです。

その上で、確かに脂肪層の固さに個人差があります。
ちょっと、太目のおばあちゃんの脂肪に触ったことがありますか?
たれているというのではなくちゃんと、ポヨンとしている脂肪ですが、
触ると余りのやわらかさにきっと、あなたがお若い方なら驚かれます。

ソウ、女性は閉経すると、脂肪組織が柔らかくなります。
コラーゲン、エラスチンなどの組織(固さとハリを保つ)が脂肪層から徐々に失われていくのと、女性ホルモンは水分を保持する。

脂肪以外の要素が失われていくとき、脂肪組織(オッパイ、皮下脂肪)は
やわらかくなるのです。
当然、同じ年齢でもホルモンレベルに差異はあるので、固さにも個人差がある。

ただ、年をとるのは、どんどんとやわらかくなる脂肪ということと同義です。

そういう意味で、中年の女性のやわらかい脂肪がやせやすいかというと
そういうことはないわけですから、固さでどうとか言う話も
ウ・ソだとわかりますね?

>種類の違いによって痩せやすい痩せにくいがありますか

直接的には関係ないです。

もむとやせるというような「職業」の人はイロイロいいますが、
その脂肪組織から、脂肪が流れ出すころとは絶対にありませんし、
実際に、流れたら、「油滴」が血管を流れるので、コレステロールで騒ぐようなレベルの段階ではありません。

だから、揉んで脂肪がどうとかいうのはウ・ソ。
硬いのがやせにくいとか、いうのは、もともとが筋肉質で
余り、脂肪そのものが多くないので、重たいだけです。

その上で、確か...続きを読む

Q運動するようになり、太ももが柔らかくなったのは何故

最近、有酸素運動をするようになり、何故か太ももが柔らかくなってきたのですが、何故なのでしょうか?
よく歩いたりもするので、筋肉が鍛えられてしっかりして来るのかと思いましたが、ふくらはぎばかりしっかりして太ももはたるたるになってきました。

汗もかくので水分が奪われしわっぽくなるのは何となく理解できるのですが、脂肪が柔らかくなるのはどうしてなんでしょう?

そういうものなんでしょうか^^?

Aベストアンサー

風船と同じだと考えてみてください。

風船の空気を抜けば萎んでたるたるになるように、
人間の体も、脂肪が急に減れば皮膚がたるたるになります。

超肥満体の人が数十キロの減量を行えば、皮膚が垂れ下がって、
全身がたるたるになってしまいます。

大体の場合は、時間を掛けてゆっくり痩せれば、皮膚の余りも自然と無くなるものですが、
急激に痩せて脂肪だけが早くなくなると、所謂、皮余りが生じてしまうものです。

空気の抜けた風船が柔らかくなるのと同じ様に、
人間の体も張りが無くなり柔らかくなると考えてみてください。

Q脂肪は揉むことで本当に燃焼する?

知り合いの女の子がお腹の肉を気にしているらしく、エステに通っているんだそうです。
運動した方が早いんじゃないの?と訊いたところ、先に脂肪を落としてから筋肉をつけないと、霜降り状態になってお腹はへこまないとエステの人に言われたとのこと。
100歩譲って霜降りの話が本当だとして、エステのマッサージで脂肪が取れるのかは疑問です。
揉むだけで脂肪はなくなるもんなんでしょうか?

Aベストアンサー

部分燃焼はしませんよ。まったくしません。

なぜなら、脂肪というのは全身から消費されるものだからです。
だからいくら脳で「お腹の脂肪から燃やす!」と念じてもムリですし、
お腹をマッサージしてもムリなんです。人体の仕組み上ね。

顔:5
腹:5
尻:5

と脂肪の比があるとして、

顔:5
腹:2
尻:5

とかには絶対になりません。

顔:4
腹:4
尻:4

なるとすれば、こういうことです。

ただし、もむことによって燃焼しやすい脂肪に変えることは可能です。
ですから、燃焼しやすい状態になった脂肪なら、
『ある程度』は優先的に燃焼されるといってよいでしょう。(微々たるものです)



しかし忘れてはいけないのが、『脂肪は運動をしないと燃焼しない』という事。
マッサージ程度では燃焼しませんよ。見違えるほどには。
確かに筋肉を強制的に動かしますから運動効果は若干ありますが、
正直言えば走ったほうが当然燃焼されますし。

そして、一度燃焼しやすく変質した脂肪は、やがて燃焼しづらい脂肪に戻ります。
ですから、一番望ましいのは、エステに言った後に運動することです。
燃焼しやすい状態になった脂肪が、燃焼しやすい状態を維持している間に運動すべきです。



しかし、筋肉に変化しやすいというのは正解です。
ですから細身のまま痩せたいなら、高負荷の運動をさけ、
有酸素運動で燃焼させるよう心がければ大丈夫です。
ウォーキングとかね。あとは食事制限。



まぁエステは長く通ってもらってナンボですから…。商売上。
確かにエステマッサージを受ければ一時的に細くなれますしね。
すぐに目に見えて細くなる一番の理由は、むくみの解消です。

しかし、『実は単なるむくみの解消』という事実を告げず、
痩せた痩せたというのはエステの常套手段です。

まぁ、だまされてるんですね、早い話が。
ところが、燃焼しやすい脂肪に変えている事は事実だから、
100%だましているわけでもない。だから成り立つ商売です。
自分も努力しないと、絶対に痩せません。

良心的なエステは、かならず食事制限と運動について、カウンセラーがつきますよ。

部分燃焼はしませんよ。まったくしません。

なぜなら、脂肪というのは全身から消費されるものだからです。
だからいくら脳で「お腹の脂肪から燃やす!」と念じてもムリですし、
お腹をマッサージしてもムリなんです。人体の仕組み上ね。

顔:5
腹:5
尻:5

と脂肪の比があるとして、

顔:5
腹:2
尻:5

とかには絶対になりません。

顔:4
腹:4
尻:4

なるとすれば、こういうことです。

ただし、もむことによって燃焼しやすい脂肪に変えることは可能です。
ですから、燃焼しやすい状態になった脂...続きを読む

Q年齢とともに脂肪組織がふにゃふにゃに柔らかくなる理由は?

年齢とともに脂肪組織がふにゃふにゃに柔らかくなる理由は?

医療従事者の方に質問させてください。

私は10代のころからポッチャリ体型だったのですがそのころはデブはデブなりに肌はピーンと張っていました。
しかし27歳頃でしょうか?ある年齢を境に同じデブでも全身の皮膚がくちゃっ、だらんとした感じになるように。綿の抜けた毛布みたいな感じにです。

思わず顔の余分なお肉をもんでみると、若いころはピーンと固かった脂肪がフニャフニャ柔らかくなっています。

脂肪は老化によって柔らかくなるのでしょうか?
また、そうだとしたら脂肪が年齢とともに柔らかくなるメカニズムをぜひ医療従事者の方にお聞きしたいのです。
どうぞよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

脂肪が柔らかくなっているんではなくて、周囲の支持組織、具体的には筋肉であり、膠原線維が少なくなってきていることが原因だと思います。
いわゆるコラーゲンですね。
脂肪組織も肌と同じで、皮膚の張りを作っているのがコラーゲンですから、年をとると昔ほど張りがなくなるというのは肌も脂肪組織も同じです。

蛇足ですが、だからといって、食事でコラーゲンをとっても無駄なんです。コラーゲンは一度アミノ酸まで分解されないと吸収されないので、アミノ酸をとっているのと一緒ですし、摂取したアミノ酸が肌のコラーゲンに変わるかといわれると必ずしもそうならないですから。もしもコラーゲンを食べて肌の張りが戻るならば、髪の毛を食べれば髪の毛が生えてくるはずなのですから。

Q太ももの肉をマッサージして柔らかくすると、細くなり易いですか?

友達が「足やせのエルセ○ーン」に通って足やせをしました。
その時に筋肉が硬いと痩せにくいので、手でしごいたりして、まず柔らかくしたそうです。

ももの肉を取りたいので、痛いくらい手でしごいたり、ローラーでコロコロしてますが、気のせいか柔らかくなってきた気がします。

ストレッチは週に一回しています。体は柔らかい方です。
運動も週に2~4回(最低2時間位)しています。

細くするためには、まだ筋肉トレーニングの様な事をしない方がいいですか?(もも上げ○秒とか)

後は食事療法ですか?

一応、身長160cmで標準体重です。体脂肪も標準です。筋肉量も多いほうです。(店頭の体重計を利用して計測してみました)
見た目は太っていません(上半身は特に痩せていると言われます)が、
ももが太くてコンプレックスです。

夏に向かって、ももの出せるウェアを着たいので、がんばりたいのですが。
現在、足を揃えて立って、膝上10cm位は隙間があります。
でもまだ足の付け根が太いです。

手でつまんで引っ張ると隙間ができる感じです。
手で引っ張れるので脂肪ですね。
タプタプしている感じがあり、すっきりとさせたいです。

良い方法はないでしょうか?
出来たら、今から三カ月後をめどにがんばりたいですが。

友達が「足やせのエルセ○ーン」に通って足やせをしました。
その時に筋肉が硬いと痩せにくいので、手でしごいたりして、まず柔らかくしたそうです。

ももの肉を取りたいので、痛いくらい手でしごいたり、ローラーでコロコロしてますが、気のせいか柔らかくなってきた気がします。

ストレッチは週に一回しています。体は柔らかい方です。
運動も週に2~4回(最低2時間位)しています。

細くするためには、まだ筋肉トレーニングの様な事をしない方がいいですか?(もも上げ○秒とか)

後は食事療法...続きを読む

Aベストアンサー

マッサージは血行や張りや凝りの改善には効果はあると思いますが、細くなるとは考えずらいです。

ストレッチを運動(何をやってるか解りませんが)は良いと思います。
筋トレは身体が締まってきますので有酸素運動を行いつつ筋トレを行うと効果的です。

閑話休題・・。
ダイエットを考えてるのでしたら食事制限(普通に食べて量を減らす)とジョギングやウォーキング等の有酸素運動を行うと良いと思います。
併せて、太腿でしたらスクワットを行うと引き締まるので効果的です。

Qエステ痩身行きました。効果ってこんなものですか?

今年の5月から下半身痩身エステに通っています。
私は俗にいう「下半身デブ」です。

15回コースで20万でした。

約2ヶ月かけて15回終了しましたが、結果は以下です。↓

年齢    24歳。
身長    163cm。
体重    50kg→→→48.3kg(-1.6kg)
体脂肪率  21.2%→→→19.2%(-2.0%)
ウェスト  64.1cm→→→62.1cm(-2.0cm)
ヒップ   88.8cm→→→88.5cm(-0.3cm)
太もも   51.7cm→→→50.2cm(-1.5cm)
ふくらはぎ 34.4cm→→→34.3cm(-0.1cm)
足首    22.2cm→→→21.1cm(-1.1cm)

エステに通いながら、毎日こんな事もしていました。
・ウォーキング(毎日30分~40分)
・腹筋、背筋(50回ずつ)
・夕食を19時前に取る
・入浴中に足の脂肪をほぐすマッサージ

下半身のみの痩身プログラムだったのに関わらず、上半身の方が痩せてしまいました・・・。
体重や体脂肪が落ちたのは、毎日のウォーキングと食事時間を制限したためだと思います・・・。

だけど、エステシャンは「こんなに効果がでるなんて!通ってて良かったね♪体重も体脂肪も順調に落ちてる☆」と満面の笑みで話しかけてきます・・・。

ふくらはぎが-0.1cmって聞いてショックでした。

効果ってこんなもんなんですかね(;;)?

周りの誰からも「足、痩せた?」とは言われません。

むしろ「顔周りが痩せた?」と言われる始末。

20万って私にとって大金だったのに。。。効果にいまいち納得が言っていません。

さらにコースが終るときに「まだまだセルライト落とせるよ!もっと痩せますよ!」と散々言われ、新しいコース計画表を提示されました。
自宅で出来るエステセット「全身用の超音波+EMS+イオンマット」で42万円です・・・。

自宅でも頑張れば絶対痩せると言われました・・・。

信用してよいのか?

なにはともあれ、エステ体験者の皆さん!
20万でこの効果って普通なんですか?

今年の5月から下半身痩身エステに通っています。
私は俗にいう「下半身デブ」です。

15回コースで20万でした。

約2ヶ月かけて15回終了しましたが、結果は以下です。↓

年齢    24歳。
身長    163cm。
体重    50kg→→→48.3kg(-1.6kg)
体脂肪率  21.2%→→→19.2%(-2.0%)
ウェスト  64.1cm→→→62.1cm(-2.0cm)
ヒップ   88.8cm→→→88.5cm(-0.3cm)
太もも   51.7cm→→→50.2cm(-1.5cm)
ふくらはぎ 34.4cm→→→34.3cm(-0.1cm)
足首    22.2cm→→→21.1cm(-1.1cm...続きを読む

Aベストアンサー

あくまでも個人的な意見として聞いてください。
色々なエステを「体験」し実際数か所通ったこともあります。

サロンによって色々な方法があると思いますが、その人との相性が絶対あります。
一概に効果が無いということではありませんが、参考までにお読みいただければと思います。

エステに通うということは、エステの力を借りて努力するということなのだと思っています。(通って得た私なりの感想です)
食事制限や軽い運動のすすめ、早い時間に食事を済ませるなどの食事指導、血流を良くするように心がけるetc…。言われませんでしたか?その方が効果が出ますよって。
で、それをやったことを確認してくれる・褒めてくれる・評価してくれる・疲れをいやすようにマッサージをしてくれる…のがエステの役割なのだと思います。
エステの施術を受けるからと言うよりも上記の役割によって痩せるのではないかと思います。

だから結局 自宅セット…自宅…。やるのはあ・な・た★
ちょっとした手助けと励ますのがエステ。(それで稼いでるのがエステ)

頑張れば痩せますよ!自宅で!エステじゃなくても。(励ましてもらえませんが)
ここで疑問を書かれるということは信用が薄くなっているのだと思います。それがストレスになればダイエットの天敵です。
すでに2か月頑張ってこられたのなら自宅で出来ることを引き続き実践し、ストレス解消&リンパマッサージを兼ねて時折エステじゃなくてもフットマッサージに行けば同じような効果は得られると思います。

追加で40万払ってもやせたいと思うなら美容整形外科の脂肪溶解注射の方がよっぽど効果があると思いますよ。

>自宅でも頑張れば絶対痩せると言われました・・・。
しつこいようですが誰でも(下半身に限定はできませんが)自宅で頑張れば痩せられます!と思いませんか?

2か月頑張った分、やせやすい体質になっていると思いますのでご自身の生活のペースを崩さずつづければエステと同等の結果が出るはずです。

ちなみに体験談ですが、肩こりなどがあるから筋肉を柔らかくする方が先ですね~~。であっという間に20万円分終了。痩せる以前にという定義に行きつく前に終わりました。
耳つぼのハリもしましたがプロテインを購入すること運動すること(自宅で)が前提。でも肩こり腰など和らげるのが先ですね~~。で耳に打つより腰やらに打たれて1キロもやせずに10万終了…。その他もろもろ。

なのでエステの効果って普通かと言われれば普通なのではないかと(嫌味こもってますが)思います。

あくまでも個人的な意見として聞いてください。
色々なエステを「体験」し実際数か所通ったこともあります。

サロンによって色々な方法があると思いますが、その人との相性が絶対あります。
一概に効果が無いということではありませんが、参考までにお読みいただければと思います。

エステに通うということは、エステの力を借りて努力するということなのだと思っています。(通って得た私なりの感想です)
食事制限や軽い運動のすすめ、早い時間に食事を済ませるなどの食事指導、血流を良くするように心...続きを読む

Q体脂肪は落ちたけど体重が減らない

ジムに通いはじめてもうすぐ2ヶ月になります。

エアロバイク25分、ウェイトトレーニング6種、ウォーキング30分。このメニューを週3回です。
今日、初日以来2回目の体脂肪測定をしたのですが、8%も減っていました。でも体重が1キロしか減っていません。食べることが好きなのでなるべくなら食事制限はしたくないのですが、2ヶ月で1キロ減では目標まで遠すぎるので、せめて1ヶ月1.5キロくらい落としたいのです。

最初に脂肪が減って、ある程度減ったら体重が落ちていくものなのですか?これから体重が減っていくでしょうか?それとも食事制限も必要なのでしょうか?

野菜は意識して食べるようにしています。お菓子は週1~2回くらい食べます・・。白米大好きです。

アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

頑張ってますね。以前私もappleeさんと同じような
トレーニングをしてました。

体脂肪が落ちたけど体重が減らないと言うのは
筋肉が増えた為だと考えられます。
いい傾向だと思いますよ。
ご存知かと思いますが、筋肉は脂肪を燃やしてくれるんです。だから適度に筋肉の付いた身体は脂肪を燃焼しやすい身体、つまり痩せやすくなってくるんです。

もう2ヵ月後が楽しみですね。筋肉が増えるたびにスリムで締まった身体になると思いますよ。

食事制限というよりは、食事内容だと思います。
大豆類(納豆・豆腐など)や青魚(鰺・秋刀魚)は
脂肪を燃焼してくれるそうです。
そういった食事を多めに摂るのも効果的ですよ。

Q内臓脂肪は落ちたが、皮下脂肪が落ちない~!(悲鳴)

こちら厄年の日本男子です。
半年前、思い立ってフィットネスを始めました。筋トレ・エアロバイクをしてます。
最初全く変化がなかったのですが、3か月して急に効果が現れ始めました。内臓脂肪がびっくりするほど落ちたんです。
ところが、皮下脂肪はいまだタプタプしてます。男子たるもの、外見にこだわらず実力をつけることに精進しなければいけないのですが、せっかくここまできたんです。できればなんとかこの皮下脂肪を落としたい。
今やってる筋トレ・エアロバイクを継続するだけで大丈夫でしょうか。ちなみに私は小学生の頃は、肥満児一歩手前でした。
すみません、どうかご回答おまちしております。

Aベストアンサー

こんにちは☆ダイエットコンサルタントのアゲハです。

Patek-pさん、がんばりましたね。
今はどんどん体が変化されるのを楽しんでいらっしゃるのでは?!

ご質問の件ですが、No2さんもお話されたように、
内臓脂肪→皮下脂肪の順番で基本的には落ちていきます。

それプラス、
内臓脂肪と皮下脂肪では落とし方が若干異なります。
内臓脂肪を落とす場合、基本的には有酸素運動
例えば20分以上のエアロバイク、ウォーキング等です。(サプリメント不使用の場合)

皮下脂肪を落とす場合、
(1) 皮下の体温を上げる
この為にフィットネスにあるお風呂などを活用し、体温を上げる

(2) 気になる部分をマッサージする
マッサージすることで皮下脂肪が遊離脂肪酸に変換され、痩せやすい状態になります

(3) 気になる部分の筋力トレーニング
たるみが出ている皮下の筋肉が少ない場合が多いので、そこの部分を鍛える。

フィットネスにはインストラクターがいると思うので、その人を捕まえて、そこの部分を鍛える筋力トレーニング法、とくに、その部分の「等尺性収縮」で行なうトレーニングを教えてもらってください。

「等尺性収縮」は筋肉の量が増えるので、やせたい質にもなるし、見た目のたるみも取ってくれます。

(4)筋力トレーニング後は有酸素運動:エアロバイクで脂肪を燃やす。

この順序、方法で筋肉を増やし、脂肪を燃やせば、痩せてしまった体になると思います。

また、成長期に体が大きい場合、脂肪細胞の数が他者よりも多く、また、脂肪細胞自体大きいので、痩せるまでに若干時間がかかったものと思われます。

でも、効果が出てきているので、続けてがんばってくださいね。

応援しています。

私のHPも痩せる特集をしていますので、時々遊びに来てくださいね☆

こんにちは☆ダイエットコンサルタントのアゲハです。

Patek-pさん、がんばりましたね。
今はどんどん体が変化されるのを楽しんでいらっしゃるのでは?!

ご質問の件ですが、No2さんもお話されたように、
内臓脂肪→皮下脂肪の順番で基本的には落ちていきます。

それプラス、
内臓脂肪と皮下脂肪では落とし方が若干異なります。
内臓脂肪を落とす場合、基本的には有酸素運動
例えば20分以上のエアロバイク、ウォーキング等です。(サプリメント不使用の場合)

皮下脂肪を落とす場合、
(1) 皮下...続きを読む

Q体脂肪2%減。何グラムくらいの脂肪が減ったのでしょう?

まだ2週間しか経っていませんが、毎朝ジョギング30分、腹筋、背筋、腕立て、スクワットそれぞれ20回、
食事面は間食なし、朝、昼は普通に食べて(特に朝はしっかり食べます)
夕食はご飯は食べずにおかずのみ、腹八分目に抑えるようにして現在も続行中です。

2週間経過した時点で体重は0.6kg減、体脂肪2%減、と非常に少ない数字ではありますがお腹周りの贅肉が明らかに減り、
若干くびれも出てきたほどです。
とてもビックリしたのですが、体脂肪2%減てどのくらいの重さの脂肪が減ったのでしょうか?
体重で減っている0.6kg分なのか、それとも腹筋で引き締まっただけなんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

体脂肪率=体脂肪の重さ/体重×100ですから

減った体脂肪の重さは
(元の体脂肪率×元の体重)-(今の体脂肪率×今の体重)
です

50kg25%から49.4kg23%へと変化したなら減った体脂肪は{(50×0.25)-(49.4×0.23)}≒1.4kgですし
100kg35%から99.4kg33%の場合は{(100×0.35)-(99.4×0.23)}≒2.2kgとなります

減った体脂肪-0.6kgが増えた筋肉(+水分)と言う事になります。

Q筋肉で体重が重くなった後、また減るのですか?

http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1435283

↑あと3キロ体重を落としたいということで質問したのですが、また疑問がわいてきたので質問します。

食事は今のままで、筋トレやヨガをして代謝を良くして痩せるという方法を考えていますが、筋肉がつくと体は重くなってしまうとのこと。その後、体重は少しずつ減っていくのでしょうか。

減量をしたい理由は、体力がないのと腰痛があるので、自分の体が重いと感じるためです(階段を昇っているときなど)もっと身軽になりたいと思います。

夜寝る前にやっている筋トレのおかげで、かなり体力はついてきているのですが、てっとり早くもう少し体重が減れば楽になると思うのです。

体脂肪より体重を減らしたい場合は、筋トレよりも有酸素運動の方が良いでしょうか。

支離滅裂な文章で申し訳ありません。どなたがアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

筋トレを始めて4~5週間目ごろに神経が発達し、パワーが飛躍的に向上します。その際は筋肥大・筋肉の増加はほとんどありません。しかし効率的な筋肉に変わりますので基礎代謝も微増します。筋トレを始めて6~8週間目ぐらいから筋肥大と筋肉の増加が始まります。大きな筋肉へと発達しますので基礎代謝も増えます。この頃から今までの(体重が維持されている)食事をしていても、自然と減ってくるようです。

筋肉を1キロ増やすのにはハードトレーニングと効率的な栄養補給を行っても男性で3ヶ月ぐらいかかります。ですので筋トレを始めて一時的に体重が増えるのは、体が水分を蓄えたり、運動により栄養吸収がよくなったりするためです。

ちなみに脂肪が1キロ燃えるのには約7000kcalのエネルギー消費が必要です。しかも運動をしても、その運動エネルギーが全て脂肪を燃やしてくれるわけではありません。一般的な有酸素運動でも多くて半分から1/3程度だと思います。一生懸命運動しても脂肪を1キロ退治するのに1ヶ月はかかります。

>てっとり早くもう少し体重が減れば楽になると思うのです。
ほとんどの方は時間をかけてじっくりとダイエットをされていますので、あせらずゆっくりダイエットしましょう。特に怪我をされているようですので決して無理をしないでください。倦怠感がある時などは完全に休養することをお勧めします。1週間ぐらい休んでもどうってことはないですから。

なお、有酸素だけで痩せると基本的に基礎代謝も減りますので、筋トレをメニューに加えているのは正解だと思います。
*知り合いに基礎代謝が1500kcalもあった人が有酸素で減量に成功したのですが、基礎代謝が1200kcalに落ちました。そこから筋トレを始めたのですが、基礎代謝がさがってるため、筋トレをしても少しの栄養しか取れなくなり(栄養を取りすぎると太るため)、効率的なトレーニングができず基礎代謝を戻すのに数年かかりました。

筋トレを始めて4~5週間目ごろに神経が発達し、パワーが飛躍的に向上します。その際は筋肥大・筋肉の増加はほとんどありません。しかし効率的な筋肉に変わりますので基礎代謝も微増します。筋トレを始めて6~8週間目ぐらいから筋肥大と筋肉の増加が始まります。大きな筋肉へと発達しますので基礎代謝も増えます。この頃から今までの(体重が維持されている)食事をしていても、自然と減ってくるようです。

筋肉を1キロ増やすのにはハードトレーニングと効率的な栄養補給を行っても男性で3ヶ月ぐらいかか...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング