医療の世界では放射性同位元素を利用して検査などをしているそうですが、
どのような目的で利用されているのでしょうか。この放射性同位元素を
利用するメリットはどんなことですか?
きっと安全だから使っているのでしょうが、人体への影響はないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 放射性同位元素を用いる検査のことを一般に“核医学検査”といいます。


 核医学検査のメリットは動態検査が可能なことです。つまり、一般のX線検査では臓器や組織の形はよく観察できるのですが、血液がしっかり循環しているか、というようなことは分かりません。対して、核医学検査ではγ線などを放出する放射性同位元素を化合物に標識(くっつける)した標識化合物を体内に投与することによってその化合物の集まる臓器や組織が分かります。そのかわり画像はX線よりずっと悪いです。また、何分かごとに撮像する事によって経時的変化も観察できます。
 例えば、γ線を放出する核種を腎臓に取り込まれるような化合物にくっつけ、血液中に投与し、ガンマカメラで撮像すればちゃんと腎臓が機能しているか、尿管がつまっていないかが分かります。何秒かごとに撮像すればその経時的変化も分かります。
 β線放出核種を標識した化合物を用いればCTやMRIみたいな断層像も撮像できます。
 例えば、脳に血液がいっているか、血管がつまっていないかなどはβ線標識化合物で断層像を得ることができます。
 核医学検査で用いる放射性医薬品の量は少量なので薬による副作用は一般に少ないようです。
 また、核医学に用いる放射性同位元素は物理学的半減期(放射能が半分になるまでの時間)が数時間から数十時間と短いし、排泄されるため、一生ずっと被曝し続けるということはありません。もちろん制限はありますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 分かりやすく答えて頂きありがとうございました。
 もし、私がこの検査を受けるように医師から言われたら、少し悩んでしまいそうです。
なぜなら、たとえ短時間でも私の体から放射線は出続けますから、私の周囲の人達への影響が心配です。

お礼日時:2001/02/19 19:29

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「核医学における放射性同位元素を用いたイメージング技術」

ご参考まで。

参考URL:http://www2.ionbeam.hosei.ac.jp/thesis/1996/1-1. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2001/02/16 12:15

放射能を帯びた元素を体内に注入しますと、元素の種類によって特定の臓器に集まりやすい性質があります。

体内に入れたその元素が放出している放射能(ガンマ線)をシンチカメラで捕らえ、その集り具合を画像で観察できます。たとえば、テクネシウムMDPというラジオアイソトープは骨の病変部に速やかに集まる性質があるため、X線より早い時期に鮮明な画像を観察できます。また、骨や肝臓などへのがんの転移巣を探すためにも用いられています。影響は皆無ではないので、X線のように、制限や限度があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/19 19:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q放射性同位元素について

医療の世界では放射性同位元素を利用して検査などをしているそうですが、
どのような目的で利用されているのでしょうか。この放射性同位元素を
利用するメリットはどんなことですか?
きっと安全だから使っているのでしょうが、人体への影響はないのでしょうか。

Aベストアンサー

 放射性同位元素を用いる検査のことを一般に“核医学検査”といいます。
 核医学検査のメリットは動態検査が可能なことです。つまり、一般のX線検査では臓器や組織の形はよく観察できるのですが、血液がしっかり循環しているか、というようなことは分かりません。対して、核医学検査ではγ線などを放出する放射性同位元素を化合物に標識(くっつける)した標識化合物を体内に投与することによってその化合物の集まる臓器や組織が分かります。そのかわり画像はX線よりずっと悪いです。また、何分かごとに撮像する事によって経時的変化も観察できます。
 例えば、γ線を放出する核種を腎臓に取り込まれるような化合物にくっつけ、血液中に投与し、ガンマカメラで撮像すればちゃんと腎臓が機能しているか、尿管がつまっていないかが分かります。何秒かごとに撮像すればその経時的変化も分かります。
 β線放出核種を標識した化合物を用いればCTやMRIみたいな断層像も撮像できます。
 例えば、脳に血液がいっているか、血管がつまっていないかなどはβ線標識化合物で断層像を得ることができます。
 核医学検査で用いる放射性医薬品の量は少量なので薬による副作用は一般に少ないようです。
 また、核医学に用いる放射性同位元素は物理学的半減期(放射能が半分になるまでの時間)が数時間から数十時間と短いし、排泄されるため、一生ずっと被曝し続けるということはありません。もちろん制限はありますが。

 放射性同位元素を用いる検査のことを一般に“核医学検査”といいます。
 核医学検査のメリットは動態検査が可能なことです。つまり、一般のX線検査では臓器や組織の形はよく観察できるのですが、血液がしっかり循環しているか、というようなことは分かりません。対して、核医学検査ではγ線などを放出する放射性同位元素を化合物に標識(くっつける)した標識化合物を体内に投与することによってその化合物の集まる臓器や組織が分かります。そのかわり画像はX線よりずっと悪いです。また、何分かごとに撮像する...続きを読む

Q放射性物質について(主に放射線医学について)

現在、福島原発の放射線について様々なことが言われていますね。

情報不足が想像をかきたて、真偽定かでないまま情報が飛び交い、正しい情報を手に入れることすら難しい状況なのかな。と思います。

そのことを想定したうえでご質問させていただきますし、こちらも専門としておりませんのでお返事はご挨拶程度にさせていただくことをご了承くださいませ。

個人的にネットなどで原子炉の仕組みなど調べていたのですが、疑問に思ったことを質問させていただきますね。

現在空気中に放出されている放射性物質ですが、半減期が数秒のものや分単位のもの、一週間程度のもの、化学反応をおこせば年単位のものなどいろいろあるようですね。

それらは空気中に存在する時の単位であることと思いますが、

質問(1) 体内に入った時は半減期は変化したりするのでしょうか。

テレビでは「放射性物質を体外に出す方法というものはなく、勝手に体から出ていく」と専門家の方から説明がありましたが、

質問(2)どの放射性物質でも言えることなのでしょうか。

質問(3)体内にとどまる期間はどれぐらいなのでしょうか。

たとえば「ヨウ素は甲状腺にたまりやすいから甲状腺癌にかかりやすい」とありましたが、

質問(4)身体部位によってとどまる期間の差があったりするのでしょうか。

もし可能であれば、参考にされたURLと一緒に教えていただければ幸いでございます。

よろしくお願いいたします。

現在、福島原発の放射線について様々なことが言われていますね。

情報不足が想像をかきたて、真偽定かでないまま情報が飛び交い、正しい情報を手に入れることすら難しい状況なのかな。と思います。

そのことを想定したうえでご質問させていただきますし、こちらも専門としておりませんのでお返事はご挨拶程度にさせていただくことをご了承くださいませ。

個人的にネットなどで原子炉の仕組みなど調べていたのですが、疑問に思ったことを質問させていただきますね。

現在空気中に放出されている放射性物質です...続きを読む

Aベストアンサー

1) 抗菌薬でもなんでも体から排出されていきます。ある物資が体から半減期T1で排出されるとします。
また、その物質が半減期T2で崩壊していくとしますと、体における半減期Tは1/T=1/T1+1/T2という式で表せます。

2) 半減期の長い、短いの差はありますが、この式自体は変わりません。ただし、体からの排出は単純に一つの半減期で表せないこともあります。この辺は薬物動態の本を読んでください。

3) 体内にとどまる期間は、物質の半減期に従います。脂溶性だと長期となる傾向があります。

4) ヨウ素は甲状腺にヨウ素を貯めるプールがあるので、甲状腺には長くとどまります。カルシウムなどは骨に沈着します。臓器によって親和性が異なります。

Q放射性同位元素

放射性同位元素が限りなく放射能を排出し尽くしたらどうなるのですか?
放射性ヨウ素の場合、ただのヨウ素になってしまうとか、計測不能であっても同位番号は変わらないとか?
後者の場合とすると、放射能の高いものと計測不能なものとの区別は?

Aベストアンサー

 回答番号:ANo.3です。

>放射性ヨウ素の場合、ただのヨウ素になってしまうとか、

 放射性ヨウ素にも色々あります。
 その代表的なものは、ヨウ素121、ヨウ素123、ヨウ素125、ヨウ素126、ヨウ素128、ヨウ素129、ヨウ素130、ヨウ素131、ヨウ素132、ヨウ素133、等です。
 ヨウ素121は、半減期2.12時間で、軌道電子捕獲するか、或いは陽電子を放出する事で、γ線を放出し、放射性のテルル121に変わります。
 テルル121は、半減期16.78日で、軌道電子捕獲する事でγ線を放出し、安定なアンチモン121に変わります。
 ヨウ素123は、半減期13.27時間で、軌道電子捕獲する事でγ線を放出し、放射性のテルル123mに変わります。
 テルル123mは、半減期119.7日でγ線を放出し、安定なテルル123に変わります。
 ヨウ素124は、半減期4.18日で、軌道電子捕獲するか、或いは陽電子を放出する事で、γ線を放出し、安定なテルル124に変わります。
 ヨウ素125は、半減期年59.40日で、軌道電子捕獲する事でγ線を放出し、放射性のテルル125mに変わります。
 テルル125mは、半減期57.40日でγ線を放出し、安定なテルル125に変わります。
 ヨウ素126は、半減期13.11日で、軌道電子捕獲するか陽電子放出をする事で、γ線を放出して、安定なテルル126に変わるか、或いはβ線とγ線を放出する事で、安定なキセノン126に変わります。
 ヨウ素128は、半減期22.99分で、軌道電子捕獲するか陽電子放出をする事で、γ線を放出して、安定なテルル128に変わるか、或いはβ線とγ線を放出する事で、安定なキセノン128に変わります。
 ヨウ素129は、半減期1570万年で、β線とγ線を放出し、安定なキセノン129に変わります。
 ヨウ素130は、半減期12.36時間で、β線とγ線を放出し、安定なキセノン130に変わります。
 ヨウ素131は、半減期8.021日で、β線とγ線を放出し、放射性のキセノン131mに変わります。
 キセノン131mは、半減期11.84日でγ線を放出し、安定なキセノン131に変わります。
 ヨウ素132は、半減期20.8時間で、β線とγ線を放出し、安定なキセノン132に変わります。
 ヨウ素133は、半減期2.19日で、β線とγ線を放出し、放射性のキセノン133mに変わります。
 キセノン133mは、半減期2.19日でγ線を放出し、安定なキセノン133に変わります。


>放射能の高いものと計測不能なものとの区別は?

 上記の様に、別の元素に変わる場合が多いため、その場合は全く別の物質ですから、区別する事が出来ます。
 キセノン131mとキセノン131は放射線を出しているか否かで区別する事が出来ます。
 キセノン131mとキセノン133mは、どちらもγ線を出しますが、出しているγ線のエネルギーが異なりますし、原子1個の質量が異なりますから、区別する事が出来ます。
 安定な同位体同士は、原子1個の質量を比べる事で、区別する事が出来ます。

 回答番号:ANo.3です。

>放射性ヨウ素の場合、ただのヨウ素になってしまうとか、

 放射性ヨウ素にも色々あります。
 その代表的なものは、ヨウ素121、ヨウ素123、ヨウ素125、ヨウ素126、ヨウ素128、ヨウ素129、ヨウ素130、ヨウ素131、ヨウ素132、ヨウ素133、等です。
 ヨウ素121は、半減期2.12時間で、軌道電子捕獲するか、或いは陽電子を放出する事で、γ線を放出し、放射性のテルル121に変わります。
 テルル121は、半減期16.78日で、軌道電子捕獲する事でγ線を放出し、安定なアンチモン121に変わ...続きを読む

Q放射線科医と放射線技師の違い

こんにちわ。
放射線技師というのは、よく病院に行って怪我などをしたときにレントゲンをとってくれたりする人のことですよね。
では、放射線科医というのはいったいどのようなことをするのでしょうか??
放射線を使って治療をするのでしょうか?
気になっています。
どなたか教えてください!

Aベストアンサー

放射線とはご存知の通り取り扱いに関して非常に慎重な操作を要するものです。ですから放射線を扱う職業は全て資格制度が作られています。

放射線技士というのは『診療放射線技師』という国家資格で、医療分野での専門職です。おっしゃるとおり医師のオーダーによってX線写真を実際に撮影したり、CT・RIも扱います。本来はMRIは被爆するわけではないのですが放射線技師がしていますね(なぜだろう?)そうした診断に使われる機械以外にも医療の世界では放射線を治療に使っていまして、ガンマ線治療や陽子線治療などありますね。これらの機械を患者さんに必要以上の危険をあたえず安全に操作する技術を持った職業でもあります。

一方、放射線科医というのは医師の専門領域の1つです。専門は放射線診断装置(X線単純からCT・RI・MRIなどなど)による画像の専門的な解析(読影といいます)および、放射線治療機器を用いた治療です。

ここまで読まれて、あれ?と思われるかもしれません。共通なんです。元々あまたある医療職というのは医師の多岐にわたる職分を分担して行うように作られたものです。(例外は看護婦くらいでしょうか、看護婦は医療補助の側面以外に看護という専門職の唯一の担い手です)臨床検査については臨床検査技師…なども同じです。
放射線科技師に出来なくて放射線科医に出来ることは、技師に出来なくて医師に出来ることと等価です。つまり『診断』『治療』行為です。放射線の照射線量の決定は治療行為の決定でありますから医師の仕事なんです。
放射線技師は医師の指示・監督下で放射線を扱う業務の補助を行うというのが正しい表現だと思います。

まわりくどいかき方をしましたが、いいたいことをまとめます。診断を行い、治療行為に責任を持つのは放射線科医(医師)ですが、実際に検査行為や治療行為を担当するのは両者であり、どちらがどちらだけというものではありません。白衣を着た放射線科医に実際に出会われるとしたら、検診などの画像検査の結果について説明を受ける時か、放射線治療の必要が起こった場合などでしょうね。

放射線とはご存知の通り取り扱いに関して非常に慎重な操作を要するものです。ですから放射線を扱う職業は全て資格制度が作られています。

放射線技士というのは『診療放射線技師』という国家資格で、医療分野での専門職です。おっしゃるとおり医師のオーダーによってX線写真を実際に撮影したり、CT・RIも扱います。本来はMRIは被爆するわけではないのですが放射線技師がしていますね(なぜだろう?)そうした診断に使われる機械以外にも医療の世界では放射線を治療に使っていまして、ガンマ線治療や陽子線治療...続きを読む

Q使用済み核燃料中間貯蔵施設?

使用済み核燃料の中間貯蔵施設、青森県が受け入れを表明とのことですが、新聞記事、ネットでのニュースを読んでもなんかしっくりしません。

三村知事は、受け入れの前提として、核燃料サイクル政策の堅持や50年後の搬出について確約を得た。

この主旨は、50年後には総て排出され、使用済み核燃料が中間処理施設から「無くなる」と解釈していいのでしょうか?

個人的には、中間処理施設に搬入、再搬入、再再搬入、再処理工場へ搬出?、再再搬入と行われると考えると、50年後の搬出は結局「永久貯蔵」と何ら変りが無いように感じます。20-30年後に完全搬出だとまだ「現実的に考えられるタイムスパン」なのですが?

どなたか、解釈願います。 ありがとうございます。

Aベストアンサー

この主旨はその通りでしょう。
でも、誰が50年後の約束を確認できるのでしょうか?

僕の考えでは、なし崩し的にそのまま永久貯蔵と言うことになりますよ。

そのころには、僕は生きていないでしょう。生きていたとすれば90歳を過ぎています。

確約した人も、他の人もみんなこの世の中から、居なくなっていますね。
無責任な確約でしょう。

Q放射線治療を受けた体内に放射線はいつまで残ってますか

過去に放射線治療を受けた人が放射能の計測器(なんていうんですか)をあてると反応するんでしょうか。
照射した部位にそれはずっと存在しているんじゃないですか。

Aベストアンサー

医療関係者ではないので
>放射線は同じ所には2度とかけられませんよね
これ初めて聞きました。

放射線治療はDNAに傷をつけて
その部分のガン細胞を死に導くためのものです。
健全な細胞にも傷をつけてしまいますが
ガン細胞のほうが放射線の影響を受けやすいため
健全な細胞の方が多く生き延びます。
生き延びた健全な細胞は、
傷を治そうと頑張りますが
それでも完全には治りません。
それが質問者様が読まれた本に書いてあった「記憶」なのだと思います。

文章が苦手なため読みにくい、理解しにくい文面になってしまい申し訳ありません。
疑問点があれば、こたえられる限りこたえますので補足請求してください。

Q中間貯蔵施設 受け入れ反対の双葉町

「気持ち」はわかるのですが、 既に汚染されている地域の土地を収用して、そこに設置が現実的方法だと考えるのですが、双葉町は反対(町長=町の意志)していますね。

では、外に設置すれば、そこへの汚染物質の移動、新たな汚染などがありますね。
例えば山形へ移送して作る、と言っても、、、。

それとも神奈川に作る???

とても現実的ではないですね。

反対する気持ちはわかるのですが、「どうしたら良い」というのがニュースでも見えません。
このことはどう言っているのでしょうか? ご存知の方教えてください。

また、このまま中間施設の設置決定が延びれば、徐線も進まない(既にソロソロ各地域も一杯になりつつあるようですし)、 ですね、「何しろ イヤ!」と目の前に問題があっても目をつぶってしまっているようにしか見えないのですが、、、、。

Aベストアンサー

放射性物質がどうこう言うより、「中間貯蔵施設」がなし崩しに「最終処分場」になってしまう懸念だと思います。
要は、政府の言うことやること何一つ信用できないって事だと思います。

Qジェネリック医薬品の安全性

最近ジェネリック医薬品のCMが多く流れていますが、総務省(厚生省)の中に許可を出す部署はあってもその医薬品の効能が同じかを審査する機関がないと聞きました。
本当の薬とジェネリック薬品の効き目は違うものがあると思い不安です。

Aベストアンサー

同じかは生物学的同等性試験と,溶出試験だけですから,臨床的に確かめられたわけでは有りませんので,ご心配の通りです.安全性に関してのデータもあるわけではありません.
薬を貰う時に先生に,先発品でお願いしますといいます.

所詮ジエネリック品というのは,開発能力,資金が無いため,売れている薬を真似して作っただけですから,有用性の何のデータも持ち合わせていません.単に先発品とにているであろうというだけのデータしかありません.最近儲かっているものですから尤もらしく宣伝はしていますが,中味がありません.

Q危険物施設 地下タンク貯蔵所の位置について

危険物貯蔵所において、地下タンク貯蔵所は保安距離が必要になることはないと思うのですが
建物の地下に設置する場合は、基礎等の構造物との距離が問題になることは無いのでしょうか?
直埋設型とタンク室のそれぞれにおいて教えてください。

Aベストアンサー

ご質問にある危険物貯蔵所とは、ガソリンスタンドのような、いわゆる業務用の施設を指すのでしょうか?だとすると、直埋設型、タンク室を問わず、消防法10条・12条、危険物の規制に関する政令13条、険物の規制に関する規則 等の面で様々な規制を受けます。また、お住いの自治体によっては条例でさらに厳しい制約を設けている場合もありますので、質問者さんのケースを具体的に調べてみないと判断できない部分があります。所轄の消防署に直接相談に行かれてはどうでしょう。いくつか書類を提出させられるかも知れませんが、丁寧に教えてくれるはずです。

Q人体の細胞のサイクルについて

人体の細胞が完全に古い細胞から新しい細胞へ全て入れ替わるのにかかる期間は大体どれくらいなんでしょうか?

Aベストアンサー

昔の記憶だけなのですが・・約7年・・自信ありません。


人気Q&Aランキング