【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

おそらく計算式をご存じの方なら、簡単に出せるのでしょうが、当方、デジタルベースでは、動画を作製した経験がありません。
(デジタルビデオカメラを持っていません)

たとえば、現行テレビジョンに放送する素材を基本として考えた場合、16:9サイズの作品25分ぶんで、どれくらいのデータサイズになるのでしょう。

また、これが「フルハイビジョン放送」を前提とした場合、どう変わってくるのでしょう。

計算式の基本等も含めてご教示いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

アナログ放送などの場合、画面縦横比は4:3で解像度は720x480(もしくは720x486)です。

(1ドットの大きさが正方形でないです)
次に1ドットあたりのデータ量ですが、「デジタルベースで映像素材を作る」段階だと、RGB各8ビットの1ドットあたり24ビットで作るのが普通ですね。
そうなると、720x480x3で、1枚あたり約1MBになります。
NTSC規格は1秒間に29.97コマなので、1秒間に約30MB
25分間だと約43GBになります。
16:9サイズということですが、DVDなどでよく使われている「スクイーズ」方式の場合、上記720x480の解像度のまま、表示を16:9にします。(1ドットの大きさが縦に小さくなる)。その場合はデータ量は43GBで同じ。
上下に黒を入れる「レターボックス」表示の場合、縦方向の解像度が3/4になりますので、約33GBに減ります。

HD解像度の場合ですが、「フルハイビジョン」は解像度が1920x1080になります。
同じように計算すると、横1920ドット×縦1080ドット×3バイト×29.97枚×60秒×25分=260GBになります。

以上、非圧縮動画のデータ量ですが、実際には、こんなデータ量は扱ってられませんので、業務用・放送用機器でもデータ量の削減を行っています。
まず、1ドットあたりの情報も3バイトも使うのは無駄です。
人間の視覚特性として、輝度には敏感だが色の変化には鈍感なので、
輝度解像度はそのまま色解像度を落としたりします。
放送・業務用機器だとDigitalBETACAMやD1は4:2:2(色解像度は横1/2)で、1ドットあたり16ビット(2バイト)
DVDなどの場合は4:2:0(色解像度は縦横1/2)、miniDVなどの場合は4:1:1(色解像度は横1/4)で、どちらも1ドットあたり1.5バイト(12ビット)になります。
このように色解像度を落とすだけで、非圧縮のままでもデータ量は2/3~1/2に減ります。

それでも、やはりデータ量は多くなりますので、業務用・放送用のビデオ機器でもDCT(JPEGみたいな圧縮)やMPEG2/MPEG4だとかの圧縮かけて記録するのが普通です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん丁寧な説明をいただき、ありがとうございます。
色解像度の削減など、全く知らない世界のことでしたので、とても参考になりました。
パソコンの扱うデータ容量が、フロッピー数枚の時代から、気がつけばテラバイトへ進化していったことから考えて、いつかは無圧縮デジタル画像を扱うのが当たり前の時代が来るのかな、などと思ってした質問でした。容量、計算速度ともに100倍くらいになれば、まるきり夢物語でもないような気がします。もちろん、通信での利用など、常に圧縮技術は必要だとは思いますが。

お礼日時:2008/05/09 12:48

仮にSD16:9画像を640×360と仮定してフルカラーのBMPファイルを一枚作成し、


その容量に、設定した一秒間のフレームレート(通常30フレームぐらい)を時間で掛け算すれば無圧縮のデータが計算できるかと思います。
HDでもお好きな解像度で同様の計算をすれば完全無圧縮動画の計算が出来るかと思います。

完全無圧縮がいかに非現実的な物かと、動画圧縮のすごさが理解できるかと思いますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おかげさまで、どれくらい大きいのか実感できました。でも、計算速度やHDD容量が大きくなれば、それほど非現実とは思いません。
たかだか20年前には、「テラバイト」なんて、正気の沙汰ではないデータ量だったはずですが、今は、まあふつうに「大容量」ですものね。回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/09 12:57

>たとえば、現行テレビジョンに放送する素材を基本として考えた場合、16:9サイズの作品


デジタル放送であればもとの解像度があるので、そのまま、もしくはそれより低い解像度で録画することになるかと思いますが、アナログ放送であれば解像度という物がないので(走査線の数や水平方向の周波数を考えて似たようなものを考える事はできますが)基本的に録画の解像度の基準のようなものはありません。

計算方法ですが、縦の解像度x横の解像度x色深度xフレームレートx時間
という事になります。
これに音声分のデータが加わります。

無圧縮だとたいていものすごい容量になってしまいます。

この回答への補足

その、「縦の解像度や横の解像度、色震度……」についての基礎知識がないのでわからないのです。
また、テレビ放送を例に出したのは、この手の質問で、よく「画像サイズにもよりますが」との回答があることが多いので、統一するつもりで基準として書きました。
ものすごい量になるのはわかるのですが、具体的にどれくらいになるのかを知りたいのです。
現実的な録画を前提としなくてけっこうですので、教えていただけると助かります。

補足日時:2008/05/09 08:43
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問が言葉足らずで申し訳ありません。補足説明致しました。よろしくお願いします。

お礼日時:2008/05/09 08:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無圧縮のAVIって?

 MPEG2の動画をそのまま保存するととても容量が大きいので、圧縮したいのですが、きれいに保存したいならAVIの無圧縮が良いよとアドバイスを頂いたことがあるんですが、無圧縮のAVIがよく解かりません。
 普段使っている携帯動画変換君というソフトでAVIというのはとても画像が粗くなるんですが、無圧縮のAVIというのはどういうソフトを使えばいいのでしょうか?。

Aベストアンサー

無圧縮AVI意外は何らかの方式で圧縮されています。更にメジャーな圧縮方式は非可逆圧縮なので(程度の差はあるが)画質は低下します。
非可逆圧縮で有名なのはJPEG画像です。JPEGは人間の目では識別できない色の違いを省略することでファイルサイズを縮小しています。つまり、画質は悪くなる。MPEG2やDivX等のMPEGベースの動画もほぼ同じ原理です。

MPEG2の動画を無圧縮AVIに変換しても元動画以上に画質が向上するわけではありません。失われた情報はどのような手段を講じても元通りには出来ません。つまり、画質が良くなるわけではない。

無圧縮AVIはMPEG2等の圧縮する元に使用すれば変換した後の動画の画質はやろうとしている場合の画質よりも高画質です。

つまり、大元となる動画ソースがない限り再圧縮する場合は画質を犠牲にしなくてはいけません。

DVカメラをパソコンに取り込む場合は、可逆圧縮か無圧縮形式の筈です。可逆圧縮は画質低下がありません。

更に画質の要素り一つとして画面サイズがありますが、携帯機器向けの動画は画面サイズ(画像サイズ)がDVDビデオの4分の1以下です。これをパソコンの画面で拡大表示すれば画質が悪く見えるのは至極当然のこと。
720*480のMPEG2ファイルを携帯向け機器のMPEG4(3gpp等)に変換し携帯機器で視聴すれば画質低下はまず気になりません。

無圧縮AVIは720*480の画面サイズで保存すると1分で1GBくらいになります(多分)。

無圧縮AVI意外は何らかの方式で圧縮されています。更にメジャーな圧縮方式は非可逆圧縮なので(程度の差はあるが)画質は低下します。
非可逆圧縮で有名なのはJPEG画像です。JPEGは人間の目では識別できない色の違いを省略することでファイルサイズを縮小しています。つまり、画質は悪くなる。MPEG2やDivX等のMPEGベースの動画もほぼ同じ原理です。

MPEG2の動画を無圧縮AVIに変換しても元動画以上に画質が向上するわけではありません。失われた情報はどのような手段を講じても元通りには出来ません。つまり、画...続きを読む

Q画像容量の計算方法が分かりません

画像容量の計算方法が分かりません。

例えば

・800×600ピクセル、24ビットカラー画像の容量

・256×256ピクセル、256段階グレースケール画像の容量

などは、どのように考えれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

・24ビット = RGB各8ビット(256階調)
・256階調(グレースケール) = 8ビット
・1Byte = 8bit
・ファイルやメモリの容量は2の10乗(1024)ごとに単位がK、M、Gと変わっていく

24ビットカラー画像のだと、1ピクセルあたり3Byte。
800×600×3 = 1,440,000Byte
≒1406.25KB
≒1.37MB

256段階グレースケール画像のだと、1ピクセルあたり1Byte。
256×256×1 = 65,536Byte
≒64KB
≒0.06MB

Q地上波放送は何Mbpsですか。

アナログ、デジタル(12セグ)の各地上波をMPEG2(現在の通常DVDを想定)で通常に録画した場合、最大何Mbps(これ以上高い値で録画しても意味が無い値)になるのでしょうか?
以上、ご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

概ね#1,#2さんの通りなんですが、話の整理上被る部分もありますが合わせて参照下さい。

以下の整理になります。

1)放送される番組の映像ビットレートについて
◆地上デジタル放送
SD番組(解像度720×480)は概ね8Mbps、HD番組(解像度1920×1080、但し、現状は殆んどが1440×1080)は15~17Mbps
◆BSデジタル放送
SD番組(解像度720×480)で概ね12Mbps、HD番組(解像度1920×1080、但し、現状は殆んどが1440×1080で1920は若干のみ)では24Mbps
◆CS放送(現在はデジタルのみ)
SD番組(※1)で2~8Mbps、HD番組(解像度1920×1080)では15~20Mbpsで、SDもHDも番組やチャンネルによりかなりバラつきがある。
◆注記
 ※1:CSの場合、解像度に関しては、狭帯域CS(スカパー!)は480×480のものが殆んどで720×480のチャンネルは若干。広帯域CS(110度CS+α)では狭帯域CSに比べて720×480のチャンネルが多少多くなっている。スカパー!とスカパー110との比較で、同じ提供チャンネル番組でも、使用衛星によるサービスの違いで解像度や圧縮変換レートが異なっており、スカパー110の方が若干画質が良いと言われるのはこの辺りの運用上の差異に因るもの。

◆アナログ放送(地上波もBSも):元々が圧縮映像データを前提としていないのでビットレートの概念はありません。
(厳密にいえば、サイマル放送開始以降はアナログ放送に流すソースもデジタル映像ソースが元になっているものもあると思いますが、それが全てではないので基本的には無関係です。)

2)録画について
質問で「DVDでのMPEG2録画」と書いてあるので、TS録画にビットレート設定の概念が関係ないのはご存知かと思われますのでそこの説明は省きます。

で、DVDビデオ規格(VR,Video両規格)への録画という観点で説明します。
放送されている映像の圧縮ビットレート以上で録画することに意味があるかどうかは、正直明言・断定できません。

少なくとも原理としては、どんな高レートで製作された映像ソースでも、TS録画ではない限り、レコーダー側で再エンコードをする事になります。再エンコードである限りは、オリジナルより必ず劣化する事になります。どんな高レートに設定してもです。
異なるのは、高レートにするほど劣化の程度が低く抑えられるという事です。

劣化の程度や、低く抑えられる程度は、エンコーダーの性能その他により千差万別です。ご自分で実際にやってみての判断・満足・妥協、その他になります。理論(理屈)だけは説明してあげられますが、他人が押し付けられる事ではありませんので。(どれくらい美味しいとか、どれくらいまずいかとか、痛いとか痛くないとか、綺麗か綺麗じゃないかとか、全部主観ですから。)

概ね#1,#2さんの通りなんですが、話の整理上被る部分もありますが合わせて参照下さい。

以下の整理になります。

1)放送される番組の映像ビットレートについて
◆地上デジタル放送
SD番組(解像度720×480)は概ね8Mbps、HD番組(解像度1920×1080、但し、現状は殆んどが1440×1080)は15~17Mbps
◆BSデジタル放送
SD番組(解像度720×480)で概ね12Mbps、HD番組(解像度1920×1080、但し、現状は殆んどが1440×1080で1920は若干のみ)では24Mbps
◆CS放送(現在はデジタルのみ)
SD番組(※1)で2~8Mbps、HD...続きを読む

QH264の圧縮率について教えてください

動画変換の練習のためにテレビからDVD-RAMに録画してできたファイルを
圧縮処理してみたのですが、いま一つ圧縮率が足りないように思いご質問させていただきます。
テレビからクリッピングしたDVD-RAMのファイルの容量は15.3MB
これをVSODivxToDVDでVOBに変換すると24.8MB
このVOBファイルをDVD2AVIでプロジェクトファイルを作ると
4.75MBのWAVファイルが作成されます。
最後にaviutlでプロジェクトファイルを開いてH264で変換すると、2.53MBの
AVIファイルが作成されるので、これとWAVファイルを合成して
最終的に7.31MBのAVIファイルが出来上がりました。
結果的に最初のDVD-RAMのファイルの2分の1弱に圧縮されていますが
少し圧縮率に不満があります。
何か良い方法はありませんか。
記憶違いかもわかりませんが、mp3をWAVのようにみせかけて
合成する裏技があるとか、どこかのサイトに書いてあったような気がしますが、
そんな方法があれば、ファイル容量がだいぶ少なくできますが...
ちなみに画像の大きさは640×430です。
よろしくお願いします。

動画変換の練習のためにテレビからDVD-RAMに録画してできたファイルを
圧縮処理してみたのですが、いま一つ圧縮率が足りないように思いご質問させていただきます。
テレビからクリッピングしたDVD-RAMのファイルの容量は15.3MB
これをVSODivxToDVDでVOBに変換すると24.8MB
このVOBファイルをDVD2AVIでプロジェクトファイルを作ると
4.75MBのWAVファイルが作成されます。
最後にaviutlでプロジェクトファイルを開いてH264で変換すると、2.53MBの
...続きを読む

Aベストアンサー

ひょっとしてですが、
音声は非圧縮ですか?
aviならmp3にでもすればだいぶ違うと思うんですが…

LameACM.infを導入すればaviutlで結合時に音声をmp3にエンコードできると思いますよ。
http://jumper-x.hp.infoseek.co.jp/begin/7sound/2/index.html

QテレビでYUVはなぜ採用されたのでしょう

質問はタイトルの通りです。
仕事の関係でYUVに接する機会があったのですが、
そもそもアナログでも最初からRGBを採用すれば良かったのではないかと思いました。

それに対する結論はRGBだと情報量が多くなるので、
情報量がより少ないYUVが採用されたと一応結論づけていました。

ところが実際にYUVをみてみるとYC分離だのやっていることが結構複雑で、
とてもRGBとYUVの情報量の差だけの問題ではないような気がしてきました。

すると次に考えたのは電気的特性からYUVが採用されたのではないかということです。
しかし、ここまで来ると私では全くのお手上げになってしまいました。
ご存じの方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 専門分野なので少し詳しく説明致します。

 日本のテレビ放送はNTSC方式で白黒のテレビから放送が始められ、1CH当りの周波数帯域割り当ては6MHZです、この中に映像信号と音声信号を包括する必要が有り、映像搬送波は下から1.25MHZの位置に有り更に其の上4.5MZに音声搬送波が有る為、映像信号帯域幅は4.2MHZとなっています。(4.5+1.25=5.75音声帯域として6-5.75=0.25MHZとなり4.5-0.25=4.25だが干渉を防ぐ為映像帯域を4.2MHZとしている)
 水平解像度は4200÷16(水平走査線周波数15.75+帰線時間分0.25)=262.5になりますが此れを出発点を変えて奇数と偶数に分けて2回送る事により、525本の解像度を得ていますが、合計1秒間に30枚の画面を送る事になります。(インターレース方式と言う)

 此処に更にカラーの信号を載せて白黒と互換性を図るのですが、映像信号で鮮鋭度が必要なのは輝度信号で此れをY信号と言い、映像搬送波から3.58MHZ上にカラー信号用の副搬送波を設けて、(この信号は水平同期信号の後ろにバースト信号として送りこの信号で3.58MHZの水晶発信機の同期を取る)この搬送波にI、Q信号と言う直交2相変調によるカラー信号を送ります。(映像信号と同居するのでインターリーブと言う)
 この信号を復調してマゼンタとシアンの色信号を取り出しますが、此れは赤と青つまりYUVでは有りません、更にイエローが欠落しています、これを輝度信号と足し算して赤、青、緑の信号を作るのです。
 此処でなぜRGBでは無くYMCを使うのかと言うと加算回路が簡単になるからです。
 尚、色信号は細かい情報を送る必要が無く最高1.5MHZの帯域で現在のアナログカラーテレビの色を再現しています。

 専門分野なので少し詳しく説明致します。

 日本のテレビ放送はNTSC方式で白黒のテレビから放送が始められ、1CH当りの周波数帯域割り当ては6MHZです、この中に映像信号と音声信号を包括する必要が有り、映像搬送波は下から1.25MHZの位置に有り更に其の上4.5MZに音声搬送波が有る為、映像信号帯域幅は4.2MHZとなっています。(4.5+1.25=5.75音声帯域として6-5.75=0.25MHZとなり4.5-0.25=4.25だが干渉を防ぐ為映像帯域を4.2MHZとしている)
 水平解像度は4200÷16(水平走査線周波数15.75+帰線時間分0.25)...続きを読む

Q動画の無圧縮形式について

動画の無圧縮形式について
動画の無圧縮形式の拡張子(無圧縮RGBなど)を知りたいのですが、なにがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 mov(クイックタイム)とかで、コーデックをTGAとかがオススメです。

 最近のaviは分かりませんが、昔は2G制限とかがあったと思います。
 今でもデータが大きいAVIはプレイヤー上で再生されなかったり、コピーがうまくいかなかったりするので。

QexFATに欠点はありますか?

 自分はwindowsとmacの両方で使えるように
外付けHDDケースをexFATにしたのですが、win mac共に
標準な形式ではないので不安があります。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

exFATは、File Allowcation Tableを利用する古典的なファイルシステムで、標準的と言えば標準的なファイルシステムです。ただ、これは最新のPC向けOSの付加機能に最適化されたものではなく、主に外部ストレージ向けとなっています。

それは、その構造が単純であることが理由です。
ファイルシステムは、FAT12/16/32の延長線上にあります。

そのため、ジャーナル管理やメタデータの管理機能はなく、ファイルインデックスの作成に必要な検索情報のリンク作成、ファイルシステムによる高度な欠陥管理がない、ファイルに対する追加情報の収録などができない、その他ACLのような所有者情報やアクセス権などを示す情報が記録できない。ファイルシステムレベルでの暗号化に対応しないという欠点があります。
また、これに付随するOS提供のサービスの一部も利用が制限されることがあります。(ファイルの自動<バックグラウンド>検索、バックグラウンドメタデータ保存、ボリュームシャドウコピーなど)

即ち、あくまで特定の用途としてデジタルカメラ、携帯情報端末やスマートフォンなどにおける外部ストレージとして使うには、価値があるが、それ以外だと例えば沢山の種類名称のフォルダやファイルが混在した中から、テスト1というファイルを検索するときに、時間が掛かる。

アクセス権を設定できないため、このファイルはAユーザーには触らせたくない(変更や消去されると困る)といった場合に、アクセス制限を加えることができないといった点が生じます。


これらが可能なのは、NTFS、HFSなどの高度なメタデータ管理とセキュリティ管理の概念を持つファイルシステムとなります。ということになります。

まあ、取り立てて危険性や欠点があるわけではないです。
むしろ、今不便を感じないならよいでしょう。ただし、それぞれのファイルに対してアクセス権を付与したいといった場合には、不向きです。

即ち、互換性と軽量性(仕組みとして単純)であるというだけの話です。

exFATは、File Allowcation Tableを利用する古典的なファイルシステムで、標準的と言えば標準的なファイルシステムです。ただ、これは最新のPC向けOSの付加機能に最適化されたものではなく、主に外部ストレージ向けとなっています。

それは、その構造が単純であることが理由です。
ファイルシステムは、FAT12/16/32の延長線上にあります。

そのため、ジャーナル管理やメタデータの管理機能はなく、ファイルインデックスの作成に必要な検索情報のリンク作成、ファイルシステムによる高度な欠陥管理がない、ファイ...続きを読む

QBDビデオ規格が1080/60p非対応な理由

60iと24pにしか対応していませんがなぜでしょうか?最近の機種だとプレイヤー側で60pに独自対応しているパターンは多いそうですがBDビデオ規格自体は1080/60pに対応していません。この理由を教えてください。

Aベストアンサー

詳しくは、分かりませんが、画質が落ちるからだと思います。
BDMV(BD-Video)の映像部分の最大ビットレートは、40Mbpsと決められています。

現在の60iや24Pでもほぼこの上限の40Mbpsまで使ってます。
画質を落とさずに60P化すると80Mbpsのビットレートを必要とするため、60P化するためには、
圧縮率を2倍に高める(画質落とす)必要があるのです。

現在の60iと圧縮率を2倍にした60Pで、どちらが綺麗か?
規格制定元の判断は、60iの方が綺麗だから60Pは不要、だと思います。

現在、発売されている、レコーダーやプレーヤーは、最大40Mbpsを再生できるように作られていますので、
規格を変えて、80Mbpsも記録できるようにしたら、既存の製品では再生できなくなりますので、
安易には規格変更もできません。

尚、レコーダーで採用されているBDAVやビデオカメラで採用されているAVCHDは、60Pの録画も
できるようになっている製品もありますが、圧縮率を高めて、40Mbps以下にしています。

Q"PAL"と"NTSC"って何ですか。

"PAL"と"NTSC"って何ですか。
これってビデオかなんかの規格ですか。
結構いそいでます。教えて下さい。

Aベストアンサー

テレビの規格で、解像度や電波送信の方法などが違ってきます。
日本ではNTSCですが、ヨーロッパ、中国はPALになっているそうです。
何らかの変換をしないと両者の画像は交換できないみたいです。

コンピューターで見れば大抵PALかNTSCかの選択が出来るようなので問題ないかもしれません。

参考URL:http://www1g.mesh.ne.jp/aloha/tushin/oubun/a69.htm

Q紅しょうがは塩分多い?

私はよく牛丼屋に行きますが、
紅しょうがをかなり山盛りにして食べます。
最近ではBSEのこともあり、しょうがの
解毒作用がBSEにも効くのでは?と勝手に思い込んで
いつもより多めにしょうがを食べます。

でも最近、塩分のことが気になりだしました。
紅しょうが(牛丼屋さんのもの)というのは
かなり塩分を含んでいるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

加工食品の腐敗を防止する役目と調味の両方を兼ねるものが食塩です。
食塩で完全に腐敗を防止は出来ないので他の保存料が問題です。
最近は塩分の摂り過ぎに注意する人が多いのでナトリュムで表示している商品が目立ちます。
約1.5倍が食塩に換算されるくらいが目安になります。
皆さんが回答の100g中ナトリュム2.4gは食塩3パーセントをナトリュムに換算表示と思います。
現代の表示法の魔法と思います。


人気Q&Aランキング