AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

人が亡くなると、哀悼の意を表すため「ご冥福をお祈りします」といいます。
しかし、ある調べ物をしていて、これは誤りだと主張する人がいた覚えがあります。
逆に死者を侮辱する心無い言葉だと。(浄土真宗だったような…)
なので私はこの言葉を素直に使えなくなってしまいました。

亡くなった人への哀悼の気持ちがないわけではなく、ちゃんといいたいのだけれど、
このことが頭をよぎって「どういったらいいのか」と悩んでしまうのです。

素直に使って、いいものなのでしょうか。

また、仏教以外の神道やキリスト教などではどうすればいいのか、
という疑問もあります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

弔辞に「他界、永眠、天寿、天命」などの言葉が多用されますが、どの宗教においても使える言葉ではありません。



「他界(冥界)」については、死後の世界を想定し、目に見えない存在(霊、魂)が行き住む場所を意図する言葉です。
浄土真宗では、悟りの世界(極楽浄土)に往き、生まれるのですから、『往生に素懐を遂げる』という言葉をご遺族は使用します。
「永眠」については、霊として復活する恐怖から、「永遠に目を覚まさないで」との願望も意図する言葉です。
浄土真宗では、極楽浄土で仏となられた故人は、休む暇なく私たちを真実に目覚めさせようとはたらいてくださるのですから「永眠」は不適切です。
従って浄土真宗では、「死」は眠りではなく、確固たる事実なのですから『死去』という言葉をご遺族は使用します。
「逝去」は他人の死の尊敬語です。
死に対する尊敬の部分を抜いた普通の表現は「死去」であります。
「他界、永眠、天寿、天命」などは耳触りが良く、多用されがちですが、前述のように仏教的な用語ではありません。
近親者との別れた悲しみを踏まえ、お念仏(仏法)に遇えた慶びを挨拶に頂戴するほうが、御同朋(仏教徒)として嬉しく思います。弔辞には、浄土真宗の教えにふさわしい用語を使用されることをご提案いたします。◎ 仏教でも、浄土真宗でも、故人の冥福を祈りません。
既にご承知と思いますが、冥福とは、「冥土(冥途)で幸福になる」と言う意味です。そして、この「冥土(冥途)」とは、仏教以外のものの考え方なのです。
つまり、ご遺族に「ご冥福をお祈りします」とご挨拶されることは、「亡くなられた方は、冥土(冥途)へ迷い込んだ」と言うことを意味し、「お浄土の故人を侮辱する無責任で心ない表現」と言えます。
亡くなられた方は、何の障害もなく、お浄土に往かれています。亡くなれば「迷う者」として、「祈る(供養)」と言うことは、果たして遺されたご家族の悲しい気持ちに対してふさわしいものでしょうか。
浄土真宗にご縁が深い方へのご挨拶なら、「○○さんのご冥福をお祈りします」ではなく、「○○さんのご遺徳を偲び、哀悼の意を表します」とか「ご生前のご苦労を偲び 、謹んで敬弔の意を表します」、「お浄土でお遇いさせていただくまで、しばらくのお別れです。長い間お世話になり、有難うございました」など、浄土真宗の教えにふさわしい言葉に言い換えましょう。

*****************************
以上が、インターネットで、検索した内容でした。

すなわち、「ご冥福をお祈りします」と言う言葉が、国内において、宗教を問わず、慣用化しているかどうかなんでしょうね。

ご自分が、浄土宗でもなく、仏教徒でも、ないなら、「ご冥福をお祈りします」を使っても問題は、ないと解釈すべきなんでしょうね。

ちなみに、良く、「天国で、幸せに」などと言いますが、仏教では、天国は無く、極楽ですから、これも、誤用なのかもしれませんが、現代日本では、舶来主義なのか、天国、冥福は、一般的に使うようになったですね。これは、マスコミの放送用語によるものと思われます。献灯と言う言葉も、マスコミでは、キャンドルサービスに、変えられます。古くから、神社仏閣の灯篭などに、献灯は、非常におおく使われていますが、多くの日本人が、生活の中では、使っていないからでしょうね。

結論は、それほど、気にされなくても良いと言う事でしょうか。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

ありがとうございます。

仏教でもキリスト教でも慣用化されている…んですかね。
ちょっと寂しい気はします。

お礼日時:2008/05/10 18:04

浄土真宗の寺で生まれ育ちました。


#5さんの記述にあれ?と思ったので投稿します。
浄土真宗でも四十九日法要はしますよ。
ただ、ほかの宗派のように、故人が極楽に行けるように祈るためではありません。

浄土真宗の死にまつわる一連の儀式は、故人の死を悲しむとともに、その縁によって集まった人が、仏の教えにふれることができる場を持ててありがたいなあ、というスタンスで法要を行うのです。

「冥福を祈る」というのは「死後、迷わず幸福になれますように」ということです。
浄土真宗では臨終即往生といって、「南無阿弥陀仏(阿弥陀様に全てゆだねます)」と唱えることで極楽へ往生できると教えています。
つまり死んでから迷っているヒマはないのです。

また、浄土真宗では日頃から「祈る・願う」ということをしません。
ただ「仏法僧に帰依し、仏様の教えを守って生活します」と誓い、阿弥陀様にまかせておけば全て良いようにしてくださるんです。
故人のことだって阿弥陀様がきちんとしてくださることは疑いないことなので、迷いの多い私たちが「祈って」あげる必要はないんです。

「冥福を祈る」のも「安らかに眠って」もらうのも、発言者それぞれの信仰の問題なので、たとえ私の肉親の葬儀の時にそういわれても「それは失礼だ!」とは思いません。
その人の信じる宗教にしたがって、心を込めてくださっているのですから。
うちの門徒さんが言っているのを聞くとおいおい・・・とは思いますがね。

他宗についてはわかりませんが、市販のマナー集や葬儀社のサイトは話半分の参考程度に信じるのがいいと思います。
浄土真宗の立場から見ると、けっこうおかしなことが書かれていたりしますから、キリスト教や神道、仏教の他宗派についても専門家がみたら???なことがあるんじゃないかな。
一番確かなのは各宗派の公式HPや、お寺なり教会なりの住職や神父がやっているサイトだと思います。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

ありがとうございます。

あまり深刻にならなくてもよいのでしょうかね。
少し安心しました。

お礼日時:2008/05/10 18:07

冥福というのは死後の幸福のことです。



仏教の多くの宗派では、亡くなった人はすぐに仏様になるわけではなく、49日間(7日間×7)「冥土」をさまよい、生前の行いに対する裁きを受け、生前の行いによって次に転生する世界が決まるといわれています。ですので、満中陰とか四十九日法要を行うわけです。

香典の袋に「御霊前」と書く場合と、「御仏前」と書く場合があり、四十九日法要の前は「御霊前」、四十九日法要後は「御仏前」なのですが、それはこうした理由によります。

この言葉は、あくまで仏教用語であるため、神道やキリスト教など他宗教では使いません。また、同じ仏教でも浄土真宗の場合は「冥福を祈る」ことはありません。

どうして浄土真宗は「冥福を祈らない」のかというと、浄土真宗では、亡くなった方を「諸仏」と見るからです。諸仏の方々は、「この世でのはたらきが終われば、阿弥陀如来さまのお浄土へお還りになる(お浄土にお生まれになる)」と考えるからです。

冒頭に述べたように、故人は49日間(7日間×7)「冥土」をさまようわけですが、浄土真宗の人は「ご冥福をお祈りします」とご挨拶することは、「亡くなられた方は、冥土(冥途)へ迷い込んだ」ということを意味し、「お浄土の故人を侮辱する無責任で心ない表現」と考えます。

浄土真宗では、故人は何の障害もなくお浄土にいくわけなので、ちょっと意味が異なるのです。

つまり、「亡くなった方は、この世でのはたらきを終えて、阿弥陀如来さまのお浄土へ還られた(お浄土へ生まれた)」と、浄土真宗では考えるため、四十九日法要などもありませんし、死を汚らわしいと考えないので、葬式後塩で清めることもしません。四十九日法要をするとしても、それは「やっと無事仏になった」というよりも「遺族の心が整理され、別れの悲しみが癒され、本当に落ち着いて故人の死と向き合えるようになった」という意味合いが強いと思います。

いずれにせよ、他宗教や浄土真宗の場合であれば、「冥福をお祈り申し上げます」ではなく「哀悼の意を表します」「お悔やみ申し上げます」と表現した方ががいいでしょうね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。

相手の宗派まで考えてというのが本来かもしれないですが、
大変だし、不自然なので、「哀悼の意を表します」などにしようと思います。

お礼日時:2008/05/10 18:06

ANo.2のjo-zenです。

補足します。

なぜ、浄土真宗では使ってはいけないのか、その詳細については、以下のURLを参考にしてみてください。

 http://www7.ocn.ne.jp/~kokubo/manner7.htm
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。

浄土真宗以外の仏教自体でも、使わないようですね。

お礼日時:2008/05/10 18:02

以下のURLを参考にしてみてください。



 http://www.heart-denpo.com/message/ex03_1.html

「哀悼の意を表します。」「お祈りもうしあげます」などの表現を用いた方が汎用性があるようです。

また浄土真宗でもこの言葉は使わないので注意が必要のようです。
以下のURLを参考にしてみてください。

 http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%BD%CA%A1
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

こういう言い回しがあるのですね。参考になります。

お礼日時:2008/05/10 17:57

そんなことを言っていたら、全ての宗教宗派の教義を覚えなくてはならないことになりますよ。


むしろ、あなたがある宗教を信心しておられたとすると、その教義に逆らってまで相手の教義にあわせた哀悼の言葉を述べるおつもりですか?
素直にあなたの気持ちを表せばいいのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

うちは仏教のある宗派で、あまり深くかかわっているわけではないんですけどね。
でも気持ちを述べるのはまだ抵抗がありますね。

お礼日時:2008/05/09 19:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご冥福をお祈りいたします。」について

亡くなった遺族の方に対して
「この度は誠にご愁傷さまでございました。ご冥福をお祈りいたします。」
と言うのは変でしょうか?

「ご冥福をお祈りいたします。」は故人に対して使う言葉と知ったので
遺族に対してかける言葉としては変でしょうか?

ご教示よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

宗教宗派にとらわれない様にする為には
お悔やみ申し上げます
が正解です
ご愁傷様は仏教のみただし宗派によって使わない
ご冥福を申し上げますは遺族に対して使用しない

Q「お悔み申し上げます」と「ご冥福をお祈りします」を使う対象は?

「お悔み申し上げます」と「ご冥福をお祈りします」を使う対象は
どちらかが故人で
どちらかが遺族ですよね?

どちらがどちらかわからないので教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簡単に言います

「お悔み申し上げます」=ご遺族にかける言葉

「ご冥福をお祈りします」=故人や遺影に向かってかける言葉

Q「充分」と「十分」の使い分け教えてください

題名のとおりですが、どう使い分けるのか知りたいです。

たとえば、「私はじゅうぶん満足した」のときは、十分でいいんですよね???

どちらをどう使い分けるのか教えてください。

Aベストアンサー

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。
☆この二つの文字の違いは何か?
【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。
  原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。
     九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。
     更に9+1は十分大きい ⇒ 数が足りている状態。 
  ☆数詞、段階を踏むデジタルな思想です。
【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。
  原意:長い、高い から 成長した大人、肥満、肥大、振る舞う、 
     などを意味するようになり、現在に至っています ⇒ 充ちる(満ちる)。
  ☆基本は動詞、切れ目なく満ちる、満たす、果たす、アナログ的思想です。
【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。
  【十分】の発音はshi2fen1   【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。
  【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 

さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。
 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。
 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。
    としたいところです。
  
【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。
 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc)
ついでに、
  「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。

いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
...続きを読む

Q親が亡くなった人にかける言葉

先日、私の職場の同僚のお父さんが亡くなりました。
私は、こういう経験がなく、今度彼女に会ったら何て言ったらいいのかわかりません。
もう3日も休んでいるので、何も言わないのもおかしい気がするし。
それとも、触れるべきではないのでしょうか?
今度会ったときに何て言おうかと悩んでいます。
相手を気遣い、かつ不快にさせないことばがあるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。 30代オンナです。

私は5年前に実母を癌で亡くしました。
そのときに会社の皆さん、友人たちにいろいろな言葉をかけてもらいました。
「大変だったね」「何かできることあったら言ってね」等々なぐさめやねぎらい(お通夜・お葬式は大変だった!)の言葉はどれもありがたいものでした。

ただ、うちの母親の場合56歳という若さで亡くなったのでそれは私自身とても残念で悲しいことでした。
唯一「まだ、若かったのに残念ね・・」という言葉には正直辛く感じました。

わたくしごとをゴタゴタ並べてしまいましたが、やはり何か言葉をかけてあげたほうが良いと思います。
腫れ物を触るように気をつかっていただいたことがあり逆にこっちが気をつかっちゃったりしたことがありました。

ただ、なくなった直後は葬式やら事務手続き等でとても忙しくて亡くなったんだ実感というものが感じられません。
できたら、落ち着いた頃に(49日が終わり、2か月くらいたったころ)食事にでも誘ってお話を聞いてあげてみてください。

Q曹洞宗 住職への弔電の打ち方を教えてください。

曹洞宗の住職が逝去され、弔電を打ちたいのですが。中々、文例がございません。少し仏教用語を入れた内容にしたいのです。日が差し迫っております。どうぞお助けください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。。

 仏式の祭式に関する仕事をしております。仕事上、お寺さんと接する機会が多いです。

 曹洞宗のお寺さんとのことで、自分が経験した宗派ではないのですが、少し記してみます。ご参考になればよいのですが。

 各宗派で使用する仏教用語が異なるので、難しいところですが、お寺さんがお亡くなりになることを「遷化(せんげ)」とするとよいと思います。(浄土系宗派は使わないのでは?思いますが、曹洞宗では通用するはずです。一般人の「逝去」にあたる言葉です。)
 一般的な電文を置き換えると、「このたびの御老師様の遷化の報に接し、痛惜に堪えません・・・」といった感じでしょうか。(←お寺さんがある程度のお歳で亡くなったことを前提としております。)

 以降の電文は、質問者さんとお寺さんとの関わりがわからないので、なんともいえませんし弔辞でなく弔電ということであれば、そう長くはできないでしょう。特に印象深い出来事やお姿があれば「○○されていたお姿が忘れることができません。」とか「△△とお教えいただいたことが思い起こされます。」などと一文を入れて、「これからは、本師釈迦牟尼仏のお傍にて、未熟な私達をお導きください。合掌」というところでしょうか。(←葬儀向けに少々演出しております。ご宗旨の教義とは少々異なるイメージになりますが、葬儀で、一般の方からの弔電であれば、こういう表現も可だろうと思います。)

 親しく、お世話になったお寺さんであれば、祖師様の文を引いて、ご指導しいていただいたご恩を表現してみても良いと思います。(←やや演出に過ぎるきらいがありますので、お付き合いの度合いでお考え下さい。)

 道元禅師は著作『永平初祖学道用心集』の「第五、参禅学道は正師を求むべき事」の中で、「たとひ良材たりと雖も、良工を得ずんば奇麗いまだ彰(あらは)れず。たとひ曲木(きょくぼく)と雖も、若し好手に遇はば、妙巧(みょうく)忽(たちま)ち現ず」と記しておられます。「道元禅師の、たとひ曲木と雖も、若し好手に遇はば、妙巧忽ち現ず、のお言葉通り、曲木である私達を良工の好手さながらにお導きくださいました。」といった具合で文章にできるでしょう。
 ただ、ここまでくると、電文を受付の方に伝えること自体がたいへんになりますけど・・・(今後、お手紙かなにかを書く際に参考になさってください。)

 お寺さんの場合、「冥福を祈る」といった言い回しはしないですね。
 前述いたしましたが、単に仕事上、お寺さんと付き合いがあるというだけですので、識者の方が見るとおかしなところがあるかもしれません。一般の方が発信する場合、一般的な電文で打っても差し支えはありません。どうしても電文ができない、ということであれば、普通に発信してよろしいかと思います。

 長々と失礼しました。では。

こんばんは。。

 仏式の祭式に関する仕事をしております。仕事上、お寺さんと接する機会が多いです。

 曹洞宗のお寺さんとのことで、自分が経験した宗派ではないのですが、少し記してみます。ご参考になればよいのですが。

 各宗派で使用する仏教用語が異なるので、難しいところですが、お寺さんがお亡くなりになることを「遷化(せんげ)」とするとよいと思います。(浄土系宗派は使わないのでは?思いますが、曹洞宗では通用するはずです。一般人の「逝去」にあたる言葉です。)
 一般的な電文を...続きを読む

Q郵便局の営業時間(土曜日)

町の郵便局って、土曜日は何時から何時まで営業していますか?

また、平日の営業時間も教えて下さい!

Aベストアンサー

NO2です。
お振込みなら、ATMで大丈夫ですよね?
口座をお持ちでなくても、振込みできたと思います。
ATM (平日)・・8:45~19:00
  (土日祝)・・9:00~19:00
ですが、全ての時間に全てを取り扱っているわけではないそうなので、電話して聞いてみた方がいいかもしれません。
また、窓口がよければ、
  (平日)・・9:00~16:00
  (土日祝)・・取り扱いなし
となっています。

参考URL:http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=4&pg=1&grp=dpo&ino=BA157941

Q「よいお年を」に続くのは「お迎えください」ですか。それとも「お送りください」ですか?

タイトルのとおりです。それとも二つとも間違いでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年末におくる言葉ですね。
「良いお年をお迎え下さい」が正解です。

今、ちらっと検索したら、今年の残り数日を良い年としてお過ごし下さいのような、
ちょっとへんてこな文脈で覚えてらっしゃる方がけっこういらっしゃるんですね。
その意味で使うなら、「お送り下さい」よりも、「お過ごし下さい」だけど、
「良い年末をお過ごし下さい」もちょっと変な気がします。

似たようなQ&Aを発見したので、おまけで記載させていただきました。

参考URL:http://www.hatena.ne.jp/1105010059

Q“謹んでお悔やみ申し上げます”に対する返答の仕方は?

学校や勤務先に身内の不幸があった場合、
「謹んでお悔やみ申し上げます」
と言われるのですが、そういわれたときの受け答え方として、相手にはどう答えればいいのでしょうか?
仮に
「ありがとうございます。」
なんて言うのも、なんかおかしい気がしますし。

Aベストアンサー

こんにちは。

お悔やみの言葉に対してのお礼ですから「お気遣い(お心遣い)有難うございます」という感じで宜しいのではないでしょうか。
目上の方であるような場合は「有難うございます」よりも「恐縮です」「痛み入ります」というような言い方のほうが相応しいかもしれません。

Q縦書きの数字の表記方法は?

例えば「21」を縦書きで表記する場合、「二一」と
「二十一」はどちらが正しいのでしょうか。
「10」の場合は「一〇」か「十」で悩みます。

Aベストアンサー

基本的に、どちらも間違いではない、ということになるとは思いますが、通常は
・二桁の場合は「二十一」というように、「十」を入れる。
・三桁以上の場合は「一二三」というように、「十」「百」を入れない
・ただし「千」「一万」といったような数の場合には、そのまま漢字で書く

というようにすることが多いですね。もともと日本語で書く時の本則は「百二十三」というように、「十」も「百」も入れるものです。各桁の数字だけ書く、というのは、算用数字の記載法を漢数字の記載に取り入れたための、いわば便方ですね。このほうが、算用数字に慣れた目には解りやすいし、文字数の節約になる(こういった表記は、活字印刷から始まっています。活字の場合、文字数がそのままコストに跳ね返ってきますので、新聞・出版業界では「123」を「一二三」とするような表記を採用したわけです)
漢字で(二人とか三人という意味の)「にさんにん」と書く場合、「二三人」と書いていたわけです。今でもそう書く人は少なくありません(今では「二、三人」と書く人も出てきていますが)。「23人」を漢字で書く時に「二三人」と書くと、この「二三人」が「にさんにん」のことなのか、「23人」のことなのか、曖昧になる。そのため、二桁だけは「二十三」というように「十」を入れて書こう、というのが暗黙の了解になっているわけです。

基本的に、どちらも間違いではない、ということになるとは思いますが、通常は
・二桁の場合は「二十一」というように、「十」を入れる。
・三桁以上の場合は「一二三」というように、「十」「百」を入れない
・ただし「千」「一万」といったような数の場合には、そのまま漢字で書く

というようにすることが多いですね。もともと日本語で書く時の本則は「百二十三」というように、「十」も「百」も入れるものです。各桁の数字だけ書く、というのは、算用数字の記載法を漢数字の記載に取り入れたための、いわ...続きを読む

Q彼女とする罰ゲーム&おしおき・・・何かいいのあります??

変な質問ですみません。
彼女とボーリングしたり、ビリヤードしたりするとき、対決しますよね?そのとき負けた時の罰ゲームでいけてる罰ゲームおしおきってあります??

ちなみに私がよくするのは・・・(恥ずかしいのですが)
・夜飯のおごり
・変な顔写真(写メールで)
・3分間何されてもうごいちゃだめ
などなどです。
ばかっぷると思われるものも大歓迎!みなさんどんなことして遊んでるんですか??

Aベストアンサー

罰ゲーム、おもしろいですよね!
私はそのゲーム料金とかジュースとかごはんとかデザートとか、その日かかるこまごました支払いを負けた方が負担するという、なんとも現実的なものばかりしてました。
でもラブラブカップルっぽい、ハニカミプランみたいなものとかいいかもしれませんね。
たとえば、負けた方が勝った方の好きなところを10個耳もとでささやくとか、あえて人通りの多いところで立ち止まり見つめあって「愛してる」と言うとか。
意外と正面きって言うことが少ないような、ちょっと照れるようなことを罰ゲームにすると、より二人の中も深まるかもです。
ほかにおもしろ系だと、ボーリングを使った一発芸だとか、ムチャ振りモノマネで一時間過ごすとか、ゲームが終わってカウンターにお会計に行くときおもしろいことを言わせるとか。
・・・あんまりおもしろ系でもなかったですね。すいません。

結局いけてるものはないですが、まーなにかの参考になれば。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング